クラス
java.sql.SQLExceptionの使用

SQLExceptionを使用するパッケージ
パッケージ 説明
java.sql
Javaプログラミング言語を使用して、データ・ソース(通常はリレーショナル・データベース)に格納されているデータにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
javax.sql
Javaプログラミング言語からサーバー側のデータ・ソースにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
javax.sql.rowset
JDBC RowSet実装用の標準インタフェースと基底クラスです。
javax.sql.rowset.serial
Javaプログラミング言語でのSQL型とデータ型の直列化可能マッピングを可能にするユーティリティ・クラスを提供します。
javax.sql.rowset.spi
サード・パーティ・ベンダーが同期プロバイダの実装で使用する必要がある標準クラスおよびインタフェースです。
  • java.sqlでのSQLExceptionの使用

    java.sqlSQLExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  BatchUpdateException
    バッチ更新操作中にエラーが発生したときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  DataTruncation
    MaxFieldSizeを超過した以外の理由でデータ値が予期せず切り捨てられたときに、DataTruncation例外としてスローされる例外(書込み時)、またはDataTruncation警告として報告される例外(読取り時)です。
    class  SQLClientInfoException
    1つ以上のクライアント情報プロパティをConnectionで設定できなかったときに、SQLExceptionのサブクラスがスローされます。
    class  SQLDataException
    SQLStateクラス値が「22」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLFeatureNotSupportedException
    SQLStateクラス値が「0A」(ゼロA)のときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLIntegrityConstraintViolationException
    SQLStateクラス値が「23」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLInvalidAuthorizationSpecException
    SQLStateクラス値が「28」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLNonTransientConnectionException
    SQLStateクラス値が「08」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLNonTransientException
    SQLExceptionの原因が修正されないかぎり、同じ操作を再試行してもインスタンスが失敗するときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLRecoverableException
    アプリケーションが回復ステップを実行してトランザクション全体(分散トランザクションの場合はトランザクション・ブランチ)を再試行すれば前回失敗した操作が成功する可能性があるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLSyntaxErrorException
    SQLStateクラス値が「42」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLTimeoutException
    Statement.setQueryTimeoutDriverManager.setLoginTimeoutDataSource.setLoginTimeoutXADataSource.setLoginTimeoutで指定されたタイムアウトの期限が切れたときにスローされる、SQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLTransactionRollbackException
    SQLStateクラス値が「40」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLTransientConnectionException
    SQLStateクラス値が「08」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときのための、SQLExceptionのサブクラスです。
    class  SQLTransientException
    前回失敗した操作が、アプリケーション・レベルの機能による介入がなくても再試行時に成功する可能性がある状況では、SQLExceptionのサブクラスがスローされます。
    class  SQLWarning
    データベース・アクセスの警告に関する情報を提供する例外です。
    SQLExceptionを返すjava.sqlのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    SQLException SQLException.getNextException()
    setNextException(SQLException ex)によってこのSQLExceptionオブジェクトにチェーンされた例外を取得します。
    SQLExceptionのパラメータを持つjava.sqlのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void SQLException.setNextException​(SQLException ex)
    チェーンの最後にSQLExceptionオブジェクトを追加します。
    SQLExceptionを投げるjava.sqlのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void Connection.abort​(Executor executor)
    オープン接続を終了します。
    boolean ResultSet.absolute​(int row)
    カーソルをこのResultSetオブジェクト内の指定された行番号に移動します。
    boolean Driver.acceptsURL​(String url)
    指定されたURLに接続できるとドライバが判断するかどうかを取得します。
    void PreparedStatement.addBatch()
    このPreparedStatementオブジェクトのコマンドのバッチに、パラメータのセットを追加します。
    void Statement.addBatch​(String sql)
    このStatementオブジェクトの現在のコマンドのリストに、指定されたSQLコマンドを追加します。
    void ResultSet.afterLast()
    カーソルをこのResultSetオブジェクトの終端、つまり最終行の直後に移動します。
    boolean DatabaseMetaData.allProceduresAreCallable()
    getProceduresメソッドによって返されるすべてのプロシージャが、現在のユーザーから呼び出せるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.allTablesAreSelectable()
    getTablesメソッドによって返されるすべての表が、現在のユーザーによってSELECT文中で使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.autoCommitFailureClosesAllResultSets()
    autoCommitがtrueの場合に、ResultSetが保持可能であっても、すべてのオープンされたResultSetがクローズされたことをSQLExceptionが示すかどうかを取得します。
    void ResultSet.beforeFirst()
    カーソルをこのResultSetオブジェクトの先端、つまり先頭行の直前に移動します。
    default void Connection.beginRequest()
    独立した作業単位であるリクエストがこの接続から始まっていることを運転手に知らせます。
    Connection ConnectionBuilder.build()
    このBuilderによって定義されたオブジェクトのインスタンスを返します。
    ShardingKey ShardingKeyBuilder.build()
    このBuilderによって定義されたオブジェクトのインスタンスを返します。
    void Statement.cancel()
    DBMSおよびドライバの両方がSQL文の終了をサポートする場合に、このStatementオブジェクトを取り消します。
    void ResultSet.cancelRowUpdates()
    このResultSetオブジェクトの現在の行に対して行った更新を取り消します。
    void Statement.clearBatch()
    このStatementオブジェクトの現在のSQLコマンド・リストを空にします。
    void PreparedStatement.clearParameters()
    現在のパラメータ値をすぐにクリアします。
    void Connection.clearWarnings()
    このConnectionオブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。
    void ResultSet.clearWarnings()
    このResultSetオブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。
    void Statement.clearWarnings()
    このStatementオブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。
    void Connection.close()
    自動的な解除を待たずに、ただちにこのConnectionオブジェクトのデータベースとJDBCリソースを解除します。
    void ResultSet.close()
    自動的にクローズされるときにResultSetオブジェクトのデータベースとJDBCリソースが解放されるのを待つのではなく、ただちにそれらを解放します。
    void Statement.close()
    自動的にクローズされるときにStatementオブジェクトのデータベースとJDBCリソースが解放されるのを待つのではなく、ただちにそれらを解放します。
    void Statement.closeOnCompletion()
    このStatementに依存するすべての結果セットがクローズされたときにこのStatementがクローズされることを示します。
    void Connection.commit()
    直前のコミット/ロールバック以降に行われた変更をすべて永続的なものにし、このConnectionオブジェクトが現在保持するデータベース・ロックをすべて解除します。
    Connection Driver.connect​(String url, Properties info)
    指定されたURLにデータベース接続を試みます。
    Array Connection.createArrayOf​(String typeName, Object[] elements)
    Arrayオブジェクトを生成するファクトリ・メソッドです。
    Blob Connection.createBlob()
    Blobインタフェースを実装しているオブジェクトを構築します。
    Clob Connection.createClob()
    Clobインタフェースを実装しているオブジェクトを構築します。
    NClob Connection.createNClob()
    NClobインタフェースを実装しているオブジェクトを構築します。
    SQLXML Connection.createSQLXML()
    SQLXMLインタフェースを実装しているオブジェクトを構築します。
    Statement Connection.createStatement()
    SQL文をデータベースに送るためのStatementオブジェクトを生成します。
    Statement Connection.createStatement​(int resultSetType, int resultSetConcurrency)
    指定された型と並行処理でResultSetオブジェクトを生成するStatementオブジェクトを生成します。
    Statement Connection.createStatement​(int resultSetType, int resultSetConcurrency, int resultSetHoldability)
    指定された型、並行処理、および保持機能でResultSetオブジェクトを生成するStatementオブジェクトを生成します。
    Struct Connection.createStruct​(String typeName, Object[] attributes)
    Structオブジェクトを生成するファクトリ・メソッドです。
    boolean DatabaseMetaData.dataDefinitionCausesTransactionCommit()
    トランザクションのデータ定義文が、トランザクションを強制的にコミットさせるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.dataDefinitionIgnoredInTransactions()
    このデータベースによって、トランザクションでデータ定義文が無視されるかどうかを取得します。
    void ResultSet.deleteRow()
    このResultSetオブジェクトおよび基になるデータベースから、現在の行を削除します。
    boolean DatabaseMetaData.deletesAreDetected​(int type)
    ResultSet.rowDeletedメソッドを呼び出すことによって可視の行が削除されたことを検出できるかどうかを取得します。
    static void DriverManager.deregisterDriver​(Driver driver)
    DriverManagerの登録済ドライバ・リストから、指定されたドライバを削除します。
    boolean DatabaseMetaData.doesMaxRowSizeIncludeBlobs()
    getMaxRowSizeメソッドの戻り値がSQLデータ型のLONGVARCHARおよびLONGVARBINARYを含むかどうかを取得します。
    default void Connection.endRequest()
    独立した作業単位であるリクエストが完了したことを運転手に知らせます。
    default String Statement.enquoteIdentifier​(String identifier, boolean alwaysQuote)
    SQL識別子を返します。
    default String Statement.enquoteLiteral​(String val)
    単一引用符で囲まれたStringを返します。
    default String Statement.enquoteNCharLiteral​(String val)
    一重引用符で囲まれ、大文字のNで始まる国別文字セット・リテラルを表すStringを返します。
    boolean PreparedStatement.execute()
    このPreparedStatementオブジェクトの、あらゆる種類のSQL文を実行します。
    boolean Statement.execute​(String sql)
    複数の結果を返す可能性のある指定されたSQL文を実行します。
    boolean Statement.execute​(String sql, int autoGeneratedKeys)
    複数の結果を返す可能性のある指定されたSQL文を実行し、すべての自動生成キーを検索可能にするかどうかについてドライバに通知します。
    boolean Statement.execute​(String sql, int[] columnIndexes)
    複数の結果を返す可能性のある指定されたSQL文を実行し、指定された配列で示された自動生成キーを検索可能にすることをドライバに通知します。
    boolean Statement.execute​(String sql, String[] columnNames)
    複数の結果を返す可能性のある指定されたSQL文を実行し、指定された配列で示された自動生成キーを検索可能にすることをドライバに通知します。
    int[] Statement.executeBatch()
    コマンドのバッチをデータベースに送信して実行し、すべてのコマンドが正常に実行されると、更新カウントの配列を返します。
    default long[] Statement.executeLargeBatch()
    コマンドのバッチをデータベースに送信して実行し、すべてのコマンドが正常に実行されると、更新カウントの配列を返します。
    default long PreparedStatement.executeLargeUpdate()
    このPreparedStatementオブジェクトのSQL文を実行します。それはSQLデータ操作言語(DML)文(INSERT文、UPDATE文、DELETE文など)であるか、DDL文のような何も返さないSQL文でなければなりません。
    default long Statement.executeLargeUpdate​(String sql)
    指定されたSQL文を実行します。SQL文は、INSERT文、UPDATE文、DELETE文、またはSQL DDL文のような何も返さないSQL文の場合があります。
    default long Statement.executeLargeUpdate​(String sql, int autoGeneratedKeys)
    指定されたSQL文を実行し、このStatementオブジェクトによって生成された自動生成キーを検索可能にするかどうかについて指定されたフラグでドライバに通知します。
    default long Statement.executeLargeUpdate​(String sql, int[] columnIndexes)
    指定されたSQL文を実行し、指定された配列で示された自動生成キーを検索可能にすることをドライバに通知します。
    default long Statement.executeLargeUpdate​(String sql, String[] columnNames)
    指定されたSQL文を実行し、指定された配列で示された自動生成キーを検索可能にすることをドライバに通知します。
    ResultSet PreparedStatement.executeQuery()
    このPreparedStatementオブジェクトのSQLクエリーを実行し、そのクエリーによって生成されたResultSetオブジェクトを返します。
    ResultSet Statement.executeQuery​(String sql)
    単一のResultSetオブジェクトを返す、指定されたSQL文を実行します。
    int PreparedStatement.executeUpdate()
    このPreparedStatementオブジェクトのSQL文を実行します。それはSQLデータ操作言語(DML)文(INSERT文、UPDATE文、DELETE文など)であるか、DDL文のような何も返さないSQL文でなければなりません。
    int Statement.executeUpdate​(String sql)
    指定されたSQL文を実行します。SQL文は、INSERT文、UPDATE文、DELETE文、またはSQL DDL文のような何も返さないSQL文の場合があります。
    int Statement.executeUpdate​(String sql, int autoGeneratedKeys)
    指定されたSQL文を実行し、このStatementオブジェクトによって生成された自動生成キーを検索可能にするかどうかについて指定されたフラグでドライバに通知します。
    int Statement.executeUpdate​(String sql, int[] columnIndexes)
    指定されたSQL文を実行し、指定された配列で示された自動生成キーを検索可能にすることをドライバに通知します。
    int Statement.executeUpdate​(String sql, String[] columnNames)
    指定されたSQL文を実行し、指定された配列で示された自動生成キーを検索可能にすることをドライバに通知します。
    int ResultSet.findColumn​(String columnLabel)
    指定されたResultSetの列ラベルをResultSet列インデックスにマッピングします。
    boolean ResultSet.first()
    カーソルをこのResultSetオブジェクト内の先頭行に移動します。
    void Array.free()
    このメソッドは、Arrayオブジェクトを解放して、保持されているリソースを解放します。
    void Blob.free()
    このメソッドは、Blobオブジェクトを解放して、保持されているリソースを解放します。
    void Clob.free()
    このメソッドは、Clobオブジェクトが保持するリソースを解放します。
    void SQLXML.free()
    このメソッドはこのオブジェクトをクローズして、このオブジェクトが保持していたリソースを解放します。
    boolean DatabaseMetaData.generatedKeyAlwaysReturned()
    自動生成キーの列を表す指定された列名またはインデックスが有効であり、文が成功した場合に、生成されたキーが常に返されるかどうかを取得します。
    Object Array.getArray()
    このArrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の内容を、Javaプログラミング言語の配列の形式で取り出します。
    Object Array.getArray​(long index, int count)
    このArrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の一部を取り出します。指定されたindexで始まり、最大でcountの連続するSQL配列要素が格納されます。
    Object Array.getArray​(long index, int count, Map<String,​Class<?>> map)
    このArrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の一部を取り出します。指定されたindexで始まり、最大でcountの連続するSQL配列要素が格納されます。
    Object Array.getArray​(Map<String,​Class<?>> map)
    このArrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の内容を取り出します。
    Array CallableStatement.getArray​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC ARRAYパラメータの値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取り出します。
    Array CallableStatement.getArray​(String parameterName)
    JDBC ARRAYパラメータの値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取り出します。
    Array ResultSet.getArray​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取得します。
    Array ResultSet.getArray​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして取得します。
    InputStream Clob.getAsciiStream()
    このClobオブジェクトによって指定されたCLOB値をASCIIストリームとして取得します。
    InputStream ResultSet.getAsciiStream​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、ASCII文字のストリームとして取得します。
    InputStream ResultSet.getAsciiStream​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、ASCII文字のストリームとして取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getAttributes​(String catalog, String schemaPattern, String typeNamePattern, String attributeNamePattern)
    指定されたスキーマおよびカタログで使用可能なユーザー定義の型(UDT)のための指定された型の指定された属性に関する記述を取得します。
    Object[] Struct.getAttributes()
    このStructオブジェクトが表すSQL構造化型の属性の順序付けされた値を作成します。
    Object[] Struct.getAttributes​(Map<String,​Class<?>> map)
    このStructオブジェクトが表すSQL構造化型の属性の順序付けされた値を作成します。
    boolean Connection.getAutoCommit()
    このConnectionオブジェクトの現在の自動コミット・モードを取得します。
    int Array.getBaseType()
    このArrayオブジェクトによって指定された配列の要素のJDBCの型を取得します。
    String Array.getBaseTypeName()
    このArrayオブジェクトによって指定された配列の要素のSQLの型名を取得します。
    String Ref.getBaseTypeName()
    このRefオブジェクトが参照する、完全指定されたSQL構造化型のSQL名を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getBestRowIdentifier​(String catalog, String schema, String table, int scope, boolean nullable)
    行を一意に識別する表の最適な列セットに関する記述を取得します。
    BigDecimal CallableStatement.getBigDecimal​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC NUMERICパラメータの値を、その値と同じ小数点以下の桁数を持つjava.math.BigDecimalオブジェクトとして取り出します。
    BigDecimal CallableStatement.getBigDecimal​(int parameterIndex, int scale)
    非推奨。
    getBigDecimal(int parameterIndex)またはgetBigDecimal(String parameterName)を使用します。
    BigDecimal CallableStatement.getBigDecimal​(String parameterName)
    JDBC NUMERICパラメータの値を、その値と同じ小数点以下の桁数を持つjava.math.BigDecimalオブジェクトとして取り出します。
    BigDecimal ResultSet.getBigDecimal​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、完全な精度のjava.math.BigDecimalとして取得します。
    BigDecimal ResultSet.getBigDecimal​(int columnIndex, int scale)
    非推奨。
    getBigDecimal(int columnIndex)またはgetBigDecimal(String columnLabel)を使用します。
    BigDecimal ResultSet.getBigDecimal​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、完全な精度のjava.math.BigDecimalとして取得します。
    BigDecimal ResultSet.getBigDecimal​(String columnLabel, int scale)
    非推奨。
    getBigDecimal(int columnIndex)またはgetBigDecimal(String columnLabel)を使用します。
    InputStream Blob.getBinaryStream()
    このBlobインスタンスによって指定されたBLOB値をストリームとして取り出します。
    InputStream Blob.getBinaryStream​(long pos, long length)
    Blob値の一部(バイト位置posから長さlengthバイト分)を格納したInputStreamオブジェクトを返します。
    InputStream ResultSet.getBinaryStream​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、未解釈のバイトのストリームとして取得します。
    InputStream ResultSet.getBinaryStream​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、未解釈のbyteのストリームとして取得します。
    InputStream SQLXML.getBinaryStream()
    このSQLXMLインスタンスによって指定されたXML値をストリームとして取り出します。
    Blob CallableStatement.getBlob​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC BLOBパラメータの値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
    Blob CallableStatement.getBlob​(String parameterName)
    JDBC BLOBパラメータの値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
    Blob ResultSet.getBlob​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
    Blob ResultSet.getBlob​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして取り出します。
    boolean CallableStatement.getBoolean​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC BITまたはBOOLEANパラメータの値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。
    boolean CallableStatement.getBoolean​(String parameterName)
    JDBC BITまたはBOOLEANパラメータの値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。
    boolean ResultSet.getBoolean​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。
    boolean ResultSet.getBoolean​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbooleanとして取り出します。
    byte CallableStatement.getByte​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC TINYINTパラメータの値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
    byte CallableStatement.getByte​(String parameterName)
    JDBC TINYINTパラメータの値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
    byte ResultSet.getByte​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
    byte ResultSet.getByte​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyteとして取り出します。
    byte[] Blob.getBytes​(long pos, int length)
    このBlobオブジェクトが表すBLOB値の全部または一部をバイト配列として取り出します。
    byte[] CallableStatement.getBytes​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC BINARYまたはVARBINARYパラメータの値を、Javaプログラミング言語のbyte値の配列として取り出します。
    byte[] CallableStatement.getBytes​(String parameterName)
    JDBC BINARYまたはVARBINARYパラメータの値を、Javaプログラミング言語のbyte値の配列として取り出します。
    byte[] ResultSet.getBytes​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyte配列として取得します。
    byte[] ResultSet.getBytes​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のbyte配列として取得します。
    String Connection.getCatalog()
    このConnectionオブジェクトの現在のカタログ名を取得します。
    String ResultSetMetaData.getCatalogName​(int column)
    指定された列の表のカタログ名を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getCatalogs()
    このデータベースで使用可能なカタログ名を取得します。
    String DatabaseMetaData.getCatalogSeparator()
    このデータベースがカタログ名と表名のセパレータとして使用するStringを取得します。
    String DatabaseMetaData.getCatalogTerm()
    「catalog」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
    Reader CallableStatement.getCharacterStream​(int parameterIndex)
    指定されたパラメータの値をJavaプログラミング言語のjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader CallableStatement.getCharacterStream​(String parameterName)
    指定されたパラメータの値をJavaプログラミング言語のjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader Clob.getCharacterStream()
    このClobオブジェクトによって指定されたCLOB値をjava.io.Readerオブジェクト(または文字のストリーム)として取り出します。
    Reader Clob.getCharacterStream​(long pos, long length)
    Clob値の一部(文字位置posから長さlength文字分)を格納したReaderオブジェクトを返します。
    Reader ResultSet.getCharacterStream​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader ResultSet.getCharacterStream​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader SQLXML.getCharacterStream()
    このSQLXMLインスタンスによって指定されたXML値をjava.io.Readerオブジェクトとして取得します。
    Properties Connection.getClientInfo()
    ドライバでサポートされる各クライアント情報プロパティの名前と現在の値が含まれるリストを返します。
    String Connection.getClientInfo​(String name)
    名前で指定されたをクライアント情報プロパティの値を返します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getClientInfoProperties()
    ドライバがサポートするクライアント情報プロパティのリストを取得します。
    Clob CallableStatement.getClob​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC CLOBパラメータの値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Clobオブジェクトとして取り出します。
    Clob CallableStatement.getClob​(String parameterName)
    JDBC CLOBパラメータの値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Clobオブジェクトとして取り出します。
    Clob ResultSet.getClob​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のClobオブジェクトとして取り出します。
    Clob ResultSet.getClob​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のClobオブジェクトとして取り出します。
    String ResultSetMetaData.getColumnClassName​(int column)
    Javaクラスの完全指定された名前を返します。列から値を検索するためにResultSet.getObjectメソッドが呼び出されると、このJavaクラスのインスタンスが生成されます。
    int ResultSetMetaData.getColumnCount()
    このResultSetオブジェクトの列数を返します。
    int ResultSetMetaData.getColumnDisplaySize​(int column)
    指定された列の通常の最大幅を文字数で示します。
    String ResultSetMetaData.getColumnLabel​(int column)
    印刷や表示に使用する、指定された列の推奨タイトルを取得します。
    String ResultSetMetaData.getColumnName​(int column)
    指定された列の名前を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getColumnPrivileges​(String catalog, String schema, String table, String columnNamePattern)
    表の列へのアクセス権に関する記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getColumns​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern, String columnNamePattern)
    指定されたカタログで使用可能な表列の記述を取得します。
    int ResultSetMetaData.getColumnType​(int column)
    指定された列のSQL型を取得します。
    String ResultSetMetaData.getColumnTypeName​(int column)
    指定された列のデータベース固有の型名を取得します。
    int ResultSet.getConcurrency()
    このResultSetオブジェクトの並行処理モードを取得します。
    Connection DatabaseMetaData.getConnection()
    このメタデータ・オブジェクトを生成した接続を取得します。
    static Connection DriverManager.getConnection​(String url)
    指定されたデータベースのURLへの接続を試みます。
    static Connection DriverManager.getConnection​(String url, String user, String password)
    指定されたデータベースのURLへの接続を試みます。
    static Connection DriverManager.getConnection​(String url, Properties info)
    指定されたデータベースのURLへの接続を試みます。
    Connection Statement.getConnection()
    このStatementオブジェクトを生成したConnectionオブジェクトを取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getCrossReference​(String parentCatalog, String parentSchema, String parentTable, String foreignCatalog, String foreignSchema, String foreignTable)
    主キー、または親表の一意性制約を表す列を参照する指定された外部のキー表中の外部キー列に関する記述を取得します(親表は同じ表または異なる表)。
    String ResultSet.getCursorName()
    このResultSetオブジェクトが使用するSQLカーソルの名前を取得します。
    int DatabaseMetaData.getDatabaseMajorVersion()
    基本となるデータベースのメジャー・バージョン番号を取得します。
    int DatabaseMetaData.getDatabaseMinorVersion()
    基本となるデータベースのマイナー・バージョン番号を取得します。
    String DatabaseMetaData.getDatabaseProductName()
    このデータベース製品の名前を取得します。
    String DatabaseMetaData.getDatabaseProductVersion()
    このデータベース製品のバージョン番号を取得します。
    Date CallableStatement.getDate​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC DATEパラメータの値をjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
    Date CallableStatement.getDate​(int parameterIndex, Calendar cal)
    指定されたJDBC DATEパラメータの値をjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。日付の作成には、指定されたCalendarオブジェクトを使用します。
    Date CallableStatement.getDate​(String parameterName)
    JDBC DATEパラメータの値をjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
    Date CallableStatement.getDate​(String parameterName, Calendar cal)
    JDBC DATEパラメータの値をjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。日付の作成には、指定されたCalendarオブジェクトを使用します。
    Date ResultSet.getDate​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
    Date ResultSet.getDate​(int columnIndex, Calendar cal)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
    Date ResultSet.getDate​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
    Date ResultSet.getDate​(String columnLabel, Calendar cal)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Dateオブジェクトとして取り出します。
    int DatabaseMetaData.getDefaultTransactionIsolation()
    このデータベースのデフォルトのトランザクション遮断レベルを取得します。
    double CallableStatement.getDouble​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC DOUBLEパラメータの値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
    double CallableStatement.getDouble​(String parameterName)
    JDBC DOUBLEパラメータの値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
    double ResultSet.getDouble​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
    double ResultSet.getDouble​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のdoubleとして取り出します。
    static Driver DriverManager.getDriver​(String url)
    指定されたURLを認識するドライバを獲得しようとします。
    String DatabaseMetaData.getDriverName()
    このJDBCドライバの名前を取得します。
    String DatabaseMetaData.getDriverVersion()
    このJDBCドライバのバージョン番号をStringとして取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getExportedKeys​(String catalog, String schema, String table)
    指定された表の主キー列(表によってエクスポートされた外部キー)を参照する外部キー列に関する記述を取得します。
    String DatabaseMetaData.getExtraNameCharacters()
    引用符で囲まれていない識別名に使用できるすべての「特殊」文字(a-z、A-Z、0-9、および_以外)を取得します。
    int ResultSet.getFetchDirection()
    このResultSetオブジェクトのフェッチ方向を取得します。
    int Statement.getFetchDirection()
    このStatementオブジェクトから生成された結果セットのデフォルトである、データベース表から行をフェッチする方向を取得します。
    int ResultSet.getFetchSize()
    このResultSetオブジェクトのフェッチ・サイズを取得します。
    int Statement.getFetchSize()
    このStatementオブジェクトから生成されたResultSetオブジェクトのデフォルトのフェッチ・サイズである、結果セットの行数を取得します。
    float CallableStatement.getFloat​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC FLOATパラメータの値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
    float CallableStatement.getFloat​(String parameterName)
    JDBC FLOATパラメータの値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
    float ResultSet.getFloat​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
    float ResultSet.getFloat​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のfloatとして取り出します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getFunctionColumns​(String catalog, String schemaPattern, String functionNamePattern, String columnNamePattern)
    指定されたカタログのシステム関数またはユーザー関数のパラメータと返される型に関する記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getFunctions​(String catalog, String schemaPattern, String functionNamePattern)
    指定されたカタログで使用可能なシステム関数およびユーザー関数に関する記述を取得します。
    ResultSet Statement.getGeneratedKeys()
    このStatementオブジェクトを実行した結果として作成された自動生成キーを取得します。
    int Connection.getHoldability()
    このConnectionオブジェクトを使用して生成されたResultSetオブジェクトの現在の保持機能を取得します。
    int ResultSet.getHoldability()
    このResultSetオブジェクトの保持機能を取得します。
    String DatabaseMetaData.getIdentifierQuoteString()
    SQL識別子を引用するのに使用する文字列を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getImportedKeys​(String catalog, String schema, String table)
    その表の外部キー列(表によってインポートされる主キー)を参照する主キー列に関する記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getIndexInfo​(String catalog, String schema, String table, boolean unique, boolean approximate)
    指定された表のインデックスと統計情報に関する記述を取得します。
    int CallableStatement.getInt​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC INTEGERパラメータの値を、Javaプログラミング言語のintとして取り出します。
    int CallableStatement.getInt​(String parameterName)
    JDBC INTEGERパラメータの値を、Javaプログラミング言語のintとして取り出します。
    int ResultSet.getInt​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のintとして取り出します。
    int ResultSet.getInt​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のintとして取り出します。
    int DatabaseMetaData.getJDBCMajorVersion()
    このドライバのJDBCメジャー・バージョン番号を取得します。
    int DatabaseMetaData.getJDBCMinorVersion()
    このドライバのJDBCマイナー・バージョン番号を取得します。
    default long Statement.getLargeMaxRows()
    このStatementオブジェクトによって生成されるResultSetオブジェクトに含めることのできる最大行数を取得します。
    default long Statement.getLargeUpdateCount()
    更新カウントとして現在の結果を取得します。結果がResultSetオブジェクトであるか、または結果がない場合は -1を返します。
    long CallableStatement.getLong​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC BIGINTパラメータの値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
    long CallableStatement.getLong​(String parameterName)
    JDBC BIGINTパラメータの値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
    long ResultSet.getLong​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
    long ResultSet.getLong​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のlongとして取り出します。
    int DatabaseMetaData.getMaxBinaryLiteralLength()
    このデータベースで、インライン・バイナリ・リテラル中に入れられる16進数の最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxCatalogNameLength()
    このデータベースでの、カタログ名の最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxCharLiteralLength()
    このデータベースでの、キャラクタ・リテラルの最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxColumnNameLength()
    このデータベースでの、列名の最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxColumnsInGroupBy()
    このデータベースでの、GROUP BY節中の列数の最大値を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxColumnsInIndex()
    このデータベースでの、インデックス中の列数の最大値を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxColumnsInOrderBy()
    このデータベースでの、ORDER BY節中の列数の最大値を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxColumnsInSelect()
    このデータベースでの、SELECTリスト中の列数の最大値を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxColumnsInTable()
    このデータベースでの、表中の列数の最大値を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxConnections()
    このデータベースに対して可能な並行接続の最大数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxCursorNameLength()
    このデータベースでの、カーソル名の最大文字数を取得します。
    int Statement.getMaxFieldSize()
    このStatementオブジェクトによって生成されるResultSetオブジェクトの文字およびバイナリの各列値に対し返される最大バイト数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxIndexLength()
    このデータベースでの、インデックスの全部分を含む、インデックスの最大バイト数を取得します。
    default long DatabaseMetaData.getMaxLogicalLobSize()
    このデータベースでLOBの論理サイズとして許容される最大バイト数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxProcedureNameLength()
    このデータベースでの、プロシージャ名の最大文字数を取得します。
    int Statement.getMaxRows()
    このStatementオブジェクトによって生成されるResultSetオブジェクトに含めることのできる最大行数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxRowSize()
    このデータベースでの、1行の最大バイト数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxSchemaNameLength()
    このデータベースでの、スキーマ名の最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxStatementLength()
    このデータベースでの、SQL文の最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxStatements()
    このデータベースの同時にオープンできるアクティブな文の最大数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxTableNameLength()
    このデータベースでの、表名の最大文字数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxTablesInSelect()
    このデータベースでの、SELECT文の最大表数を取得します。
    int DatabaseMetaData.getMaxUserNameLength()
    このデータベースでの、ユーザー名の最大文字数を取得します。
    DatabaseMetaData Connection.getMetaData()
    このConnectionオブジェクトが接続を表すデータベースに関するメタデータを格納するDatabaseMetaDataオブジェクトを取得します。
    ResultSetMetaData PreparedStatement.getMetaData()
    このPreparedStatementオブジェクトが実行されるときに返されるResultSetオブジェクトの列に関する情報を格納するResultSetMetaDataオブジェクトを取得します。
    ResultSetMetaData ResultSet.getMetaData()
    このResultSetオブジェクトの列の数、型、およびプロパティを取得します。
    boolean Statement.getMoreResults()
    Statementオブジェクトの次の結果に移動します。この結果がResultSetオブジェクトの場合はtrueを返し、getResultSetメソッドで得られた現在のResultSetオブジェクトをすべて暗黙にクローズします。
    boolean Statement.getMoreResults​(int current)
    Statementオブジェクトの次の結果に移動します。指定されたフラグによって指定された命令に従ってすべての現在のResultSetオブジェクトを処理し、次の結果がResultSetオブジェクトの場合はtrueを返します。
    Reader CallableStatement.getNCharacterStream​(int parameterIndex)
    指定されたパラメータの値をJavaプログラミング言語のjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader CallableStatement.getNCharacterStream​(String parameterName)
    指定されたパラメータの値をJavaプログラミング言語のjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader ResultSet.getNCharacterStream​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    Reader ResultSet.getNCharacterStream​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値をjava.io.Readerオブジェクトとして取り出します。
    NClob CallableStatement.getNClob​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC NCLOBパラメータの値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.NClobオブジェクトとして取り出します。
    NClob CallableStatement.getNClob​(String parameterName)
    JDBC NCLOBパラメータの値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.NClobオブジェクトとして取り出します。
    NClob ResultSet.getNClob​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして取り出します。
    NClob ResultSet.getNClob​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして取り出します。
    int Connection.getNetworkTimeout()
    ドライバがデータベース要求の完了を待つミリ秒数を取得します。
    String CallableStatement.getNString​(int parameterIndex)
    指定されたNCHARNVARCHAR、またはLONGNVARCHARパラメータの値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String CallableStatement.getNString​(String parameterName)
    指定されたNCHARNVARCHAR、またはLONGNVARCHARパラメータの値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String ResultSet.getNString​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String ResultSet.getNString​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String DatabaseMetaData.getNumericFunctions()
    このデータベースで使用可能なカンマで区切った数学関数のリストを取得します。
    Object CallableStatement.getObject​(int parameterIndex)
    指定されたパラメータの値をJavaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
    <T> T CallableStatement.getObject​(int parameterIndex, Class<T> type)
    OUTパラメータparameterIndexの値を表すオブジェクトを返し、変換がサポートされている場合には、そのパラメータのSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。
    Object CallableStatement.getObject​(int parameterIndex, Map<String,​Class<?>> map)
    OUTパラメータparameterIndexの値を表すオブジェクトを返し、mapを使用してそのパラメータ値のカスタム・マッピングを行います。
    Object CallableStatement.getObject​(String parameterName)
    パラメータの値をJavaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
    <T> T CallableStatement.getObject​(String parameterName, Class<T> type)
    OUTパラメータparameterNameの値を表すオブジェクトを返し、変換がサポートされている場合には、そのパラメータのSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。
    Object CallableStatement.getObject​(String parameterName, Map<String,​Class<?>> map)
    OUTパラメータparameterNameの値を表すオブジェクトを返し、mapを使用してそのパラメータ値のカスタム・マッピングを行います。
    Object Ref.getObject()
    このRefオブジェクトによって参照されるSQL構造化型インスタンスを取得します。
    Object Ref.getObject​(Map<String,​Class<?>> map)
    参照されるオブジェクトを取得し、そのオブジェクトを指定された型マップを使用してJava型へマップします。
    Object ResultSet.getObject​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
    <T> T ResultSet.getObject​(int columnIndex, Class<T> type)
    このResultSetオブジェクトの現在の行の指定された列の値を取得し、変換がサポートされている場合には、その列のSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。
    Object ResultSet.getObject​(int columnIndex, Map<String,​Class<?>> map)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
    Object ResultSet.getObject​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
    <T> T ResultSet.getObject​(String columnLabel, Class<T> type)
    このResultSetオブジェクトの現在の行の指定された列の値を取得し、変換がサポートされている場合には、その列のSQL型を要求されたJavaデータ型に変換します。
    Object ResultSet.getObject​(String columnLabel, Map<String,​Class<?>> map)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のObjectとして取り出します。
    String ParameterMetaData.getParameterClassName​(int param)
    インスタンスがPreparedStatement.setObjectメソッドに渡されるJavaクラスの完全指定された名前を取得します。
    int ParameterMetaData.getParameterCount()
    このParameterMetaDataオブジェクトが情報を含むPreparedStatement内のパラメータの数を取得します。
    ParameterMetaData PreparedStatement.getParameterMetaData()
    このPreparedStatementオブジェクトのパラメータの数、型、およびプロパティを取得します。
    int ParameterMetaData.getParameterMode​(int param)
    指定されたパラメータのモードを取得します。
    int ParameterMetaData.getParameterType​(int param)
    指定されたパラメータのSQL型を取得します。
    String ParameterMetaData.getParameterTypeName​(int param)
    指定されたパラメータのデータベース固有の型名を取得します。
    int ParameterMetaData.getPrecision​(int param)
    指定されたパラメータに指定された列のサイズを取得します。
    int ResultSetMetaData.getPrecision​(int column)
    指定された列に指定された列のサイズを取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getPrimaryKeys​(String catalog, String schema, String table)
    指定された表の主キー列の記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getProcedureColumns​(String catalog, String schemaPattern, String procedureNamePattern, String columnNamePattern)
    指定されたカタログのストアド・プロシージャ・パラメータと結果列に関する記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getProcedures​(String catalog, String schemaPattern, String procedureNamePattern)
    指定されたカタログで使用可能なストアド・プロシージャに関する記述を取得します。
    String DatabaseMetaData.getProcedureTerm()
    「procedure」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
    DriverPropertyInfo[] Driver.getPropertyInfo​(String url, Properties info)
    このドライバの有効なプロパティについての情報を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getPseudoColumns​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern, String columnNamePattern)
    指定されたカタログおよびスキーマ内の特定の表で使用できる擬似列または隠し列の説明を取得します。
    int Statement.getQueryTimeout()
    ドライバがStatementオブジェクトの実行を待つ秒数を取得します。
    Ref CallableStatement.getRef​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC REF(<structured-type>)パラメータの値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
    Ref CallableStatement.getRef​(String parameterName)
    JDBC REF(<structured-type>)パラメータの値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
    Ref ResultSet.getRef​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
    Ref ResultSet.getRef​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のRefオブジェクトとして取り出します。
    ResultSet Array.getResultSet()
    このArrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の要素を含む結果セットを取得します。
    ResultSet Array.getResultSet​(long index, int count)
    インデックスindexで始まり、最大でcountの連続した要素が格納されている部分配列の要素を保持する結果セットを取得します。
    ResultSet Array.getResultSet​(long index, int count, Map<String,​Class<?>> map)
    インデックスindexで始まり、最大でcountの連続した要素が格納されている部分配列の要素を保持する結果セットを取得します。
    ResultSet Array.getResultSet​(Map<String,​Class<?>> map)
    このArrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の要素を含む結果セットを取得します。
    ResultSet Statement.getResultSet()
    ResultSetオブジェクトとして現在の結果を取得します。
    int Statement.getResultSetConcurrency()
    このStatementオブジェクトから生成されたResultSetオブジェクトの結果セットの並行処理を取得します。
    int DatabaseMetaData.getResultSetHoldability()
    このデータベースでのResultSetオブジェクトのデフォルトの保持機能を取得します。
    int Statement.getResultSetHoldability()
    このStatementオブジェクトから生成されたResultSetオブジェクトの結果セットの保持機能を取得します。
    int Statement.getResultSetType()
    このStatementオブジェクトから生成されたResultSetオブジェクトの結果セットのタイプを取得します。
    int ResultSet.getRow()
    現在の行の番号を取得します。
    RowId CallableStatement.getRowId​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC ROWIDパラメータの値をjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
    RowId CallableStatement.getRowId​(String parameterName)
    指定されたJDBC ROWIDパラメータの値をjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
    RowId ResultSet.getRowId​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
    RowId ResultSet.getRowId​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.RowIdオブジェクトとして取り出します。
    RowIdLifetime DatabaseMetaData.getRowIdLifetime()
    このデータソースがSQL ROWID型をサポートしているかどうか、およびRowIdオブジェクトが有効である有効期間を示します。
    int Savepoint.getSavepointId()
    このSavepointオブジェクトが表すセーブポイントの生成されたIDを取得します。
    String Savepoint.getSavepointName()
    このSavepointオブジェクトが表すセーブポイントの名前を取得します。
    int ParameterMetaData.getScale​(int param)
    指定されたパラメータの小数点以下の桁数を取得します。スケールが適用できないデータ型の場合は、0が返されます。
    int ResultSetMetaData.getScale​(int column)
    指定された列の小数点以下の桁数を取得します。スケールが適用できないデータ型の場合は、0が返されます。
    String Connection.getSchema()
    このConnectionオブジェクトの現在のスキーマ名を取得します。
    String ResultSetMetaData.getSchemaName​(int column)
    指定された列の表のスキーマを取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getSchemas()
    このデータベースで使用可能なスキーマ名を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getSchemas​(String catalog, String schemaPattern)
    このデータベースで使用可能なスキーマ名を取得します。
    String DatabaseMetaData.getSchemaTerm()
    「schema」に対するデータベース・ベンダーの推奨用語を取得します。
    String DatabaseMetaData.getSearchStringEscape()
    ワイルドカード文字をエスケープするのに使用できる文字列を取得します。
    short CallableStatement.getShort​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC SMALLINTパラメータの値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
    short CallableStatement.getShort​(String parameterName)
    JDBC SMALLINTパラメータの値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
    short ResultSet.getShort​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
    short ResultSet.getShort​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のshortとして取り出します。
    <T extends Source>
    T
    SQLXML.getSource​(Class<T> sourceClass)
    このSQLXMLインスタンスによって指定されたXML値を読み込むためのSourceを返します。
    String DatabaseMetaData.getSQLKeywords()
    このデータベースのSQLキーワードであって、SQL:2003のキーワードではない、すべてのキーワードをカンマで区切ったリストを取得します。
    int DatabaseMetaData.getSQLStateType()
    SQLException.getSQLStateによって返されるSQLSTATEがX/Open (現在はOpen Group)のSQL CLIであるかSQL:2003であるかを示します。
    String SQLData.getSQLTypeName()
    このオブジェクトが表すSQLユーザー定義型の完全指定名を返します。
    String Struct.getSQLTypeName()
    このStructオブジェクトが表すSQL構造化型のSQL型名を取得します。
    SQLXML CallableStatement.getSQLXML​(int parameterIndex)
    指定されたSQL XMLパラメータの値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
    SQLXML CallableStatement.getSQLXML​(String parameterName)
    指定されたSQL XMLパラメータの値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
    SQLXML ResultSet.getSQLXML​(int columnIndex)
    このResultSetの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
    SQLXML ResultSet.getSQLXML​(String columnLabel)
    このResultSetの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.SQLXMLオブジェクトとして取り出します。
    Statement ResultSet.getStatement()
    このResultSetオブジェクトを生成したStatementオブジェクトを取得します。
    String CallableStatement.getString​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC CHARVARCHAR、またはLONGVARCHARパラメータの値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String CallableStatement.getString​(String parameterName)
    JDBC CHARVARCHAR、またはLONGVARCHARパラメータの値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String ResultSet.getString​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String ResultSet.getString​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のStringとして取り出します。
    String SQLXML.getString()
    このSQLXMLインスタンスによって指定されたXML値の文字列表現を返します。
    String DatabaseMetaData.getStringFunctions()
    このデータベースで使用可能なカンマで区切った文字列関数のリストを取得します。
    String Clob.getSubString​(long pos, int length)
    このClobオブジェクトによって指定されたCLOB値内の指定された部分文字列のコピーを取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getSuperTables​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern)
    このデータベースの特定のスキーマで定義されている表階層の説明を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getSuperTypes​(String catalog, String schemaPattern, String typeNamePattern)
    このデータベースの特定のスキーマで定義されているユーザー定義型(UDT)階層の説明を取得します。
    String DatabaseMetaData.getSystemFunctions()
    このデータベースで使用可能なカンマで区切ったシステム関数のリストを取得します。
    String ResultSetMetaData.getTableName​(int column)
    指定された列の表名を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getTablePrivileges​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern)
    カタログで使用可能な各表に対するアクセス権に関する記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getTables​(String catalog, String schemaPattern, String tableNamePattern, String[] types)
    指定されたカタログで使用可能な表に関する記述を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getTableTypes()
    このデータベースで使用可能な表のタイプを取得します。
    Time CallableStatement.getTime​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC TIMEパラメータの値をjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
    Time CallableStatement.getTime​(int parameterIndex, Calendar cal)
    指定されたJDBC TIMEパラメータの値をjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。時間の作成には、指定されたCalendarオブジェクトを使用します。
    Time CallableStatement.getTime​(String parameterName)
    JDBC TIMEパラメータの値をjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
    Time CallableStatement.getTime​(String parameterName, Calendar cal)
    JDBC TIMEパラメータの値をjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。時間の作成には、指定されたCalendarオブジェクトを使用します。
    Time ResultSet.getTime​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
    Time ResultSet.getTime​(int columnIndex, Calendar cal)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
    Time ResultSet.getTime​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
    Time ResultSet.getTime​(String columnLabel, Calendar cal)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timeオブジェクトとして取り出します。
    String DatabaseMetaData.getTimeDateFunctions()
    このデータベースで使用可能な時間関数と日付関数をカンマで区切ったリストを取得します。
    Timestamp CallableStatement.getTimestamp​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC TIMESTAMPパラメータの値をjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
    Timestamp CallableStatement.getTimestamp​(int parameterIndex, Calendar cal)
    指定されたJDBC TIMESTAMPパラメータの値をjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。Timestampオブジェクトの作成には、指定されたCalendarオブジェクトを使用します。
    Timestamp CallableStatement.getTimestamp​(String parameterName)
    JDBC TIMESTAMPパラメータの値をjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
    Timestamp CallableStatement.getTimestamp​(String parameterName, Calendar cal)
    JDBC TIMESTAMPパラメータの値をjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。Timestampオブジェクトの作成には、指定されたCalendarオブジェクトを使用します。
    Timestamp ResultSet.getTimestamp​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
    Timestamp ResultSet.getTimestamp​(int columnIndex, Calendar cal)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
    Timestamp ResultSet.getTimestamp​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
    Timestamp ResultSet.getTimestamp​(String columnLabel, Calendar cal)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.sql.Timestampオブジェクトとして取り出します。
    int Connection.getTransactionIsolation()
    このConnectionオブジェクトの現在のトランザクション遮断レベルを取得します。
    int ResultSet.getType()
    このResultSetオブジェクトの型を返します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getTypeInfo()
    このデータベースでサポートされているすべてのデータ型に関する記述を取得します。
    Map<String,​Class<?>> Connection.getTypeMap()
    このConnectionオブジェクトに関連付けられたMapオブジェクトを取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getUDTs​(String catalog, String schemaPattern, String typeNamePattern, int[] types)
    特定のスキーマで定義されているユーザー定義型(UDT)の説明を取得します。
    InputStream ResultSet.getUnicodeStream​(int columnIndex)
    非推奨。
    getUnicodeStreamの代わりにgetCharacterStreamを使用
    InputStream ResultSet.getUnicodeStream​(String columnLabel)
    非推奨。
    代わりにgetCharacterStreamを使用してください
    int Statement.getUpdateCount()
    更新カウントとして現在の結果を取得します。結果がResultSetオブジェクトであるか、または結果がない場合は -1を返します。
    URL CallableStatement.getURL​(int parameterIndex)
    指定されたJDBC DATALINKパラメータの値をjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
    URL CallableStatement.getURL​(String parameterName)
    JDBC DATALINKパラメータの値をjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
    String DatabaseMetaData.getURL()
    このDBMSのURLを取得します。
    URL ResultSet.getURL​(int columnIndex)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
    URL ResultSet.getURL​(String columnLabel)
    このResultSetオブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Javaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして取り出します。
    String DatabaseMetaData.getUserName()
    このデータベースに記録されているユーザー名を取得します。
    ResultSet DatabaseMetaData.getVersionColumns​(String catalog, String schema, String table)
    行の任意の値が変更された場合に、自動的に更新される表の列に関する記述を取得します。
    SQLWarning Connection.getWarnings()
    このConnectionオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。
    SQLWarning ResultSet.getWarnings()
    このResultSetオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。
    SQLWarning Statement.getWarnings()
    このStatementオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。
    void ResultSet.insertRow()
    挿入行の内容を、このResultSetオブジェクトおよびデータベースに挿入します。
    boolean DatabaseMetaData.insertsAreDetected​(int type)
    ResultSet.rowInsertedメソッドを呼び出すことによって可視の行が挿入されたことを検出できるかどうかを取得します。
    boolean ResultSet.isAfterLast()
    カーソルがこのResultSetオブジェクト内の最終行より後ろにあるかどうかを取得します。
    boolean ResultSetMetaData.isAutoIncrement​(int column)
    指定された列が自動的に番号付けされるかどうかを示します。
    boolean ResultSet.isBeforeFirst()
    カーソルがこのResultSetオブジェクト内の先頭行より前にあるかどうかを取得します。
    boolean ResultSetMetaData.isCaseSensitive​(int column)
    列の大文字小文字が区別されるかどうかを示します。
    boolean DatabaseMetaData.isCatalogAtStart()
    完全指定された表名の開始部分にカタログが現れるかどうかを取得します。
    boolean Connection.isClosed()
    このConnectionオブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
    boolean ResultSet.isClosed()
    このResultSetオブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
    boolean Statement.isClosed()
    このStatementオブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
    boolean Statement.isCloseOnCompletion()
    このStatementに依存するすべての結果セットがクローズされたときにこのStatementがクローズされるかどうかを示す値を取得します。
    boolean ResultSetMetaData.isCurrency​(int column)
    指定された列がキャッシュの値かどうかを示します。
    boolean ResultSetMetaData.isDefinitelyWritable​(int column)
    指定された列の書込みが必ず成功するかどうかを示します。
    boolean ResultSet.isFirst()
    カーソルがこのResultSetオブジェクト内の先頭行にあるかどうかを取得します。
    boolean ResultSet.isLast()
    カーソルがこのResultSetオブジェクトの最終行にあるかどうかを取得します。
    int ParameterMetaData.isNullable​(int param)
    指定されたパラメータでnull値が許可されるかどうかを取得します。
    int ResultSetMetaData.isNullable​(int column)
    指定された列にNULL値が許可されるかどうかを示します。
    boolean Statement.isPoolable()
    Statementがプール可能かどうかを示す値を返します。
    boolean Connection.isReadOnly()
    このConnectionオブジェクトが読込み専用モードかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.isReadOnly()
    このデータベースが読込み専用モードかどうかを取得します。
    boolean ResultSetMetaData.isReadOnly​(int column)
    指定された列が絶対的に書込み可能でないかどうかを示します。
    boolean ResultSetMetaData.isSearchable​(int column)
    指定された列をwhere節で使用できるかどうかを示します。
    boolean ParameterMetaData.isSigned​(int param)
    指定されたパラメータの値が符号付き数値かどうかを取得します。
    boolean ResultSetMetaData.isSigned​(int column)
    指定された列の値が符号付き数値かどうかを示します。
    default boolean Statement.isSimpleIdentifier​(String identifier)
    identifierが単純なSQL識別子かどうかを取得します。
    boolean Connection.isValid​(int timeout)
    接続がクローズされていて、まだ有効である場合はtrueを返します。
    boolean Wrapper.isWrapperFor​(Class<?> iface)
    これが、指定されたインタフェースを実装している場合や、そのようなオブジェクトの直接的または間接的なラッパーである場合は、trueを返します。
    boolean ResultSetMetaData.isWritable​(int column)
    指定された列への書込みを成功させることができるかどうかを示します。
    boolean ResultSet.last()
    カーソルをこのResultSetオブジェクト内の最終行に移動します。
    long Blob.length()
    このBlobオブジェクトによって指定されるBLOB値内にあるバイトの数を返します。
    long Clob.length()
    このClobオブジェクトによって指定されたCLOB値の文字数を取得します。
    boolean DatabaseMetaData.locatorsUpdateCopy()
    LOBへの変更が、コピーに対して行われたのか、LOBに直接行われたのかを示します。
    void ResultSet.moveToCurrentRow()
    カーソルを、記憶されているカーソル位置(通常は現在の行)に移動します。
    void ResultSet.moveToInsertRow()
    カーソルを挿入行に移動します。
    String Connection.nativeSQL​(String sql)
    指定されたSQL文をシステムの本来のSQL文法に変換します。
    boolean ResultSet.next()
    カーソルを現在の位置から順方向に1行移動します。
    boolean DatabaseMetaData.nullPlusNonNullIsNull()
    このデータベースが、NULL値と非NULL値の連結をNULLとすることをサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.nullsAreSortedAtEnd()
    NULL値が、ソート順にかかわらず末尾にソートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.nullsAreSortedAtStart()
    NULL値が、ソート順にかかわらず先頭にソートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.nullsAreSortedHigh()
    NULL値が高位にソートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.nullsAreSortedLow()
    NULL値が下位にソートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.othersDeletesAreVisible​(int type)
    ほかで行われた削除が可視かどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.othersInsertsAreVisible​(int type)
    ほかで行われた挿入が可視かどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.othersUpdatesAreVisible​(int type)
    ほかで行われた更新が可視かどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.ownDeletesAreVisible​(int type)
    結果セット自身の削除が可視かどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.ownInsertsAreVisible​(int type)
    結果セット自身の挿入が可視かどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.ownUpdatesAreVisible​(int type)
    指定されたResultSetオブジェクトについて、結果セット自身の更新が可視かどうかを取得します。
    long Blob.position​(byte[] pattern, long start)
    このBlobオブジェクトが表すBLOB値内で指定されたバイト配列patternが始まるバイト位置を取得します。
    long Blob.position​(Blob pattern, long start)
    このBlobオブジェクトによって指定されたBLOB値内でpatternが始まるバイト位置を取得します。
    long Clob.position​(String searchstr, long start)
    このClobオブジェクトで表されるSQL CLOB値内で、指定された部分文字列searchstrが現れる文字位置を取得します。
    long Clob.position​(Clob searchstr, long start)
    このClobオブジェクト内で、指定されたClobオブジェクトsearchstrが現れる文字位置を取得します。
    CallableStatement Connection.prepareCall​(String sql)
    データベースのストアド・プロシージャを呼び出すためのCallableStatementオブジェクトを生成します。
    CallableStatement Connection.prepareCall​(String sql, int resultSetType, int resultSetConcurrency)
    指定された型と並行処理でResultSetオブジェクトを生成するCallableStatementオブジェクトを生成します。
    CallableStatement Connection.prepareCall​(String sql, int resultSetType, int resultSetConcurrency, int resultSetHoldability)
    指定された型と並行処理でResultSetオブジェクトを生成するCallableStatementオブジェクトを生成します。
    PreparedStatement Connection.prepareStatement​(String sql)
    パラメータ付きSQL文をデータベースに送るためのPreparedStatementオブジェクトを生成します。
    PreparedStatement Connection.prepareStatement​(String sql, int autoGeneratedKeys)
    自動生成キーを取得する機能を持つデフォルトのPreparedStatementオブジェクトを生成します。
    PreparedStatement Connection.prepareStatement​(String sql, int[] columnIndexes)
    指定された配列によって指定された自動生成キーを返す機能を持つデフォルトのPreparedStatementオブジェクトを生成します。
    PreparedStatement Connection.prepareStatement​(String sql, int resultSetType, int resultSetConcurrency)
    指定された型と並行処理でResultSetオブジェクトを生成するPreparedStatementオブジェクトを生成します。
    PreparedStatement Connection.prepareStatement​(String sql, int resultSetType, int resultSetConcurrency, int resultSetHoldability)
    指定された型、並行処理、および保持機能でResultSetオブジェクトを生成するPreparedStatementオブジェクトを生成します。
    PreparedStatement Connection.prepareStatement​(String sql, String[] columnNames)
    指定された配列によって指定された自動生成キーを返す機能を持つデフォルトのPreparedStatementオブジェクトを生成します。
    boolean ResultSet.previous()
    カーソルをこのResultSetオブジェクト内の前の行に移動します。
    Array SQLInput.readArray()
    ストリームからSQL ARRAY値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のArrayオブジェクトとして返します。
    InputStream SQLInput.readAsciiStream()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをASCII文字のストリームとして返します。
    BigDecimal SQLInput.readBigDecimal()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のjava.math.BigDecimalオブジェクトとして返します。
    InputStream SQLInput.readBinaryStream()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それを未解釈のバイト・ストリームとして返します。
    Blob SQLInput.readBlob()
    ストリームからSQL BLOB値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のBlobオブジェクトとして返します。
    boolean SQLInput.readBoolean()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のbooleanとして返します。
    byte SQLInput.readByte()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のbyteとして返します。
    byte[] SQLInput.readBytes()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のバイトの配列として返します。
    Reader SQLInput.readCharacterStream()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをUnicode文字のストリームとして返します。
    Clob SQLInput.readClob()
    ストリームからSQL CLOB値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のClobオブジェクトとして返します。
    Date SQLInput.readDate()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをjava.sql.Dateオブジェクトとして返します。
    double SQLInput.readDouble()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のdoubleとして返します。
    float SQLInput.readFloat()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のfloatとして返します。
    int SQLInput.readInt()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のintとして返します。
    long SQLInput.readLong()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のlongとして返します。
    NClob SQLInput.readNClob()
    ストリームからSQL NCLOB値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のNClobオブジェクトとして返します。
    String SQLInput.readNString()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のStringとして返します。
    Object SQLInput.readObject()
    ストリームの先頭にあるデータを読み込み、それをJavaプログラミング言語のObjectとして返します。
    default <T> T SQLInput.readObject​(Class<T> type)
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のObjectとして返します。
    Ref SQLInput.readRef()
    ストリームからSQL REF値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のRefオブジェクトとして返します。
    RowId SQLInput.readRowId()
    ストリームからSQL ROWID値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のRowIdオブジェクトとして返します。
    short SQLInput.readShort()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のshortとして返します。
    void SQLData.readSQL​(SQLInput stream, String typeName)
    データベースから読み出したデータをこのオブジェクトに設定します。
    SQLXML SQLInput.readSQLXML()
    ストリームからSQL XML値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のSQLXMLオブジェクトとして返します。
    String SQLInput.readString()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをJavaプログラミング言語のStringとして返します。
    Time SQLInput.readTime()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをjava.sql.Timeオブジェクトとして返します。
    Timestamp SQLInput.readTimestamp()
    ストリーム内の次の属性を読み込み、それをjava.sql.Timestampオブジェクトとして返します。
    URL SQLInput.readURL()
    ストリームからSQL DATALINK値を読み込み、その値をJavaプログラミング言語のjava.net.URLオブジェクトとして返します。
    void ResultSet.refreshRow()
    現在の行をデータベース内の最新の値で再表示します。
    static void DriverManager.registerDriver​(Driver driver)
    指定されたドライバをDriverManagerに登録します。
    static void DriverManager.registerDriver​(Driver driver, DriverAction da)
    指定されたドライバをDriverManagerに登録します。
    void CallableStatement.registerOutParameter​(int parameterIndex, int sqlType)
    順番parameterIndexのOUTパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    void CallableStatement.registerOutParameter​(int parameterIndex, int sqlType, int scale)
    順番parameterIndexのパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    void CallableStatement.registerOutParameter​(int parameterIndex, int sqlType, String typeName)
    指定された出力パラメータを登録します。
    default void CallableStatement.registerOutParameter​(int parameterIndex, SQLType sqlType)
    順番parameterIndexのOUTパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    default void CallableStatement.registerOutParameter​(int parameterIndex, SQLType sqlType, int scale)
    順番parameterIndexのパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    default void CallableStatement.registerOutParameter​(int parameterIndex, SQLType sqlType, String typeName)
    指定された出力パラメータを登録します。
    void CallableStatement.registerOutParameter​(String parameterName, int sqlType)
    parameterNameという名前のOUTパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    void CallableStatement.registerOutParameter​(String parameterName, int sqlType, int scale)
    parameterNameという名前のパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    void CallableStatement.registerOutParameter​(String parameterName, int sqlType, String typeName)
    指定された出力パラメータを登録します。
    default void CallableStatement.registerOutParameter​(String parameterName, SQLType sqlType)
    parameterNameという名前のOUTパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    default void CallableStatement.registerOutParameter​(String parameterName, SQLType sqlType, int scale)
    parameterNameという名前のパラメータをJDBC型sqlTypeとして登録します。
    default void CallableStatement.registerOutParameter​(String parameterName, SQLType sqlType, String typeName)
    指定された出力パラメータを登録します。
    boolean ResultSet.relative​(int rows)
    カーソルを正または負の相対行数だけ移動します。
    void Connection.releaseSavepoint​(Savepoint savepoint)
    現在のトランザクションから指定されたSavepointオブジェクトと以降のSavepointオブジェクトを削除します。
    void Connection.rollback()
    現在のトランザクションにおけるすべての変更を取り消し、現在このConnectionオブジェクトが保持しているすべてのデータベース・ロックを解除します。
    void Connection.rollback​(Savepoint savepoint)
    指定されたSavepointオブジェクトが設定されたあとに行われたすべての変更を元に戻します。
    boolean ResultSet.rowDeleted()
    行が削除されているかどうかを取得します。
    boolean ResultSet.rowInserted()
    現在の行に挿入があったかどうかを取得します。
    boolean ResultSet.rowUpdated()
    現在の行が更新されているかどうかを取得します。
    void PreparedStatement.setArray​(int parameterIndex, Array x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Arrayオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void CallableStatement.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void CallableStatement.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x, long length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    OutputStream Clob.setAsciiStream​(long pos)
    このClobオブジェクトが表すCLOB値へのASCII文字の書込みに使用するストリームを取得します。ストリームはposの位置から開始します。
    void PreparedStatement.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void PreparedStatement.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void PreparedStatement.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x, long length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void Connection.setAutoCommit​(boolean autoCommit)
    この接続の自動コミット・モードを指定された状態に設定します。
    void CallableStatement.setBigDecimal​(String parameterName, BigDecimal x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。
    void PreparedStatement.setBigDecimal​(int parameterIndex, BigDecimal x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。
    OutputStream Blob.setBinaryStream​(long pos)
    このBlobオブジェクトが表すBLOB値への書込みに使用できるストリームを取得します。
    void CallableStatement.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void CallableStatement.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void CallableStatement.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x, long length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void PreparedStatement.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void PreparedStatement.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void PreparedStatement.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x, long length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    OutputStream SQLXML.setBinaryStream()
    このSQLXMLインスタンスが表すXML値への書込みに使用するストリームを取得します。
    void CallableStatement.setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream, long length)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setBlob​(String parameterName, Blob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Blobオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream, long length)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setBlob​(int parameterIndex, Blob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Blobオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setBoolean​(String parameterName, boolean x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのboolean値に設定します。
    void PreparedStatement.setBoolean​(int parameterIndex, boolean x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのboolean値に設定します。
    void CallableStatement.setByte​(String parameterName, byte x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのbyte値に設定します。
    void PreparedStatement.setByte​(int parameterIndex, byte x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのbyte値に設定します。
    int Blob.setBytes​(long pos, byte[] bytes)
    このBlobオブジェクトが表すBLOB値へ指定されたバイト配列をposの位置から書き込み、書き込まれたバイト数を返します。
    int Blob.setBytes​(long pos, byte[] bytes, int offset, int len)
    このBlobオブジェクトが表すBLOB値へ指定されたbyte配列の全部または一部を書き込み、書き込まれたバイト数を返します。
    void CallableStatement.setBytes​(String parameterName, byte[] x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのバイト配列に設定します。
    void PreparedStatement.setBytes​(int parameterIndex, byte[] x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのバイト配列に設定します。
    void Connection.setCatalog​(String catalog)
    このConnectionオブジェクトのデータベースに作業のためのサブスペースを選択するために、カタログ名を設定します。
    void CallableStatement.setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader)
    指定されたパラメータを指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader, int length)
    指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    Writer Clob.setCharacterStream​(long pos)
    このClobオブジェクトが表すCLOB値へのUnicode文字のストリームの書込みに使用する、posの位置のストリームを取得します。
    void PreparedStatement.setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader)
    指定されたパラメータを指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader, int length)
    指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    Writer SQLXML.setCharacterStream()
    このSQLXMLインスタンスが表すXML値への書込みに使用するストリームを取得します。
    void CallableStatement.setClob​(String parameterName, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setClob​(String parameterName, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setClob​(String parameterName, Clob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Clobオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setClob​(int parameterIndex, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setClob​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setClob​(int parameterIndex, Clob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Clobオブジェクトに設定します。
    void Statement.setCursorName​(String name)
    後続のStatementオブジェクトのexecuteメソッドによって使用されるSQLカーソル名を指定されたStringに設定します。
    void CallableStatement.setDate​(String parameterName, Date x)
    アプリケーションを実行している仮想マシンのデフォルトのタイムゾーンを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void CallableStatement.setDate​(String parameterName, Date x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void PreparedStatement.setDate​(int parameterIndex, Date x)
    アプリケーションを実行している仮想マシンのデフォルトのタイムゾーンを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void PreparedStatement.setDate​(int parameterIndex, Date x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void CallableStatement.setDouble​(String parameterName, double x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのdouble値に設定します。
    void PreparedStatement.setDouble​(int parameterIndex, double x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのdouble値に設定します。
    void Statement.setEscapeProcessing​(boolean enable)
    エスケープの処理をオンまたはオフに設定します。
    void ResultSet.setFetchDirection​(int direction)
    このResultSetオブジェクト内の行が処理される方向についてのヒントを提供します。
    void Statement.setFetchDirection​(int direction)
    Statementオブジェクトを使用して作成されたResultSetオブジェクトの行が処理される方向についてのヒントをドライバに提供します。
    void ResultSet.setFetchSize​(int rows)
    このResultSetオブジェクトでより多くの行が必要なときにデータベースから取り出す必要がある行数についてのヒントをJDBCドライバに提供します。
    void Statement.setFetchSize​(int rows)
    このStatementで作成されたResultSetオブジェクトでより多くの行が必要なときにデータベースから取り出す必要がある行数についてのヒントをJDBCドライバに提供します。
    void CallableStatement.setFloat​(String parameterName, float x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのfloat値に設定します。
    void PreparedStatement.setFloat​(int parameterIndex, float x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのfloat値に設定します。
    void Connection.setHoldability​(int holdability)
    このConnectionオブジェクトを使用して生成されたResultSetオブジェクトのデフォルトの保持機能を指定された保持機能へ変更します。
    void CallableStatement.setInt​(String parameterName, int x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのint値に設定します。
    void PreparedStatement.setInt​(int parameterIndex, int x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのint値に設定します。
    default void Statement.setLargeMaxRows​(long max)
    このStatementオブジェクトで作成された任意のResultSetオブジェクトが含むことのできる最大行数の制限値を、指定された数に設定します。
    void CallableStatement.setLong​(String parameterName, long x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのlong値に設定します。
    void PreparedStatement.setLong​(int parameterIndex, long x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのlong値に設定します。
    void Statement.setMaxFieldSize​(int max)
    このStatementオブジェクトによって生成されるResultSetオブジェクトの文字およびバイナリの各列値に対し返される最大バイト数の制限を設定します。
    void Statement.setMaxRows​(int max)
    このStatementオブジェクトで作成された任意のResultSetオブジェクトが含むことのできる最大行数の制限値を、指定された数に設定します。
    void CallableStatement.setNCharacterStream​(String parameterName, Reader value)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setNCharacterStream​(String parameterName, Reader value, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setNCharacterStream​(int parameterIndex, Reader value)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setNCharacterStream​(int parameterIndex, Reader value, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setNClob​(String parameterName, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setNClob​(String parameterName, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setNClob​(String parameterName, NClob value)
    指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setNClob​(int parameterIndex, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setNClob​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setNClob​(int parameterIndex, NClob value)
    指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。
    void Connection.setNetworkTimeout​(Executor executor, int milliseconds)
    ConnectionまたはConnectionから作成されたオブジェクトが、データベースが任意の1つの要求に応答するのを待つ最大期間を設定します。
    void CallableStatement.setNString​(String parameterName, String value)
    指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setNString​(int parameterIndex, String value)
    指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setNull​(String parameterName, int sqlType)
    指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
    void CallableStatement.setNull​(String parameterName, int sqlType, String typeName)
    指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
    void PreparedStatement.setNull​(int parameterIndex, int sqlType)
    指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
    void PreparedStatement.setNull​(int parameterIndex, int sqlType, String typeName)
    指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
    void CallableStatement.setObject​(String parameterName, Object x)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void CallableStatement.setObject​(String parameterName, Object x, int targetSqlType)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void CallableStatement.setObject​(String parameterName, Object x, int targetSqlType, int scale)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    default void CallableStatement.setObject​(String parameterName, Object x, SQLType targetSqlType)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    default void CallableStatement.setObject​(String parameterName, Object x, SQLType targetSqlType, int scaleOrLength)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void PreparedStatement.setObject​(int parameterIndex, Object x)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
    void PreparedStatement.setObject​(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void PreparedStatement.setObject​(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType, int scaleOrLength)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    default void PreparedStatement.setObject​(int parameterIndex, Object x, SQLType targetSqlType)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    default void PreparedStatement.setObject​(int parameterIndex, Object x, SQLType targetSqlType, int scaleOrLength)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void Ref.setObject​(Object value)
    このRefオブジェクトが参照する構造化型値をObjectの指定されたインスタンスに設定します。
    void Statement.setPoolable​(boolean poolable)
    Statementをプールすること、またはプールしないことを要求します。
    void Statement.setQueryTimeout​(int seconds)
    ドライバがStatementオブジェクトの実行を待つ秒数を、指定された秒数に設定します。
    void Connection.setReadOnly​(boolean readOnly)
    ドライバがデータベースの最適化を有効にできるように、ヒントとして、この接続を読込み専用モードに設定します。
    void PreparedStatement.setRef​(int parameterIndex, Ref x)
    指定されたパラメータを、指定されたREF(<structured-type>)値に設定します。
    <T extends Result>
    T
    SQLXML.setResult​(Class<T> resultClass)
    このSQLXMLインスタンスによって指定されたXML値を設定するためのResultを返します。
    void CallableStatement.setRowId​(String parameterName, RowId x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setRowId​(int parameterIndex, RowId x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。
    Savepoint Connection.setSavepoint()
    現在のトランザクションで名前のないセーブポイントを作成し、それを表す新しいSavepointオブジェクトを返します。
    Savepoint Connection.setSavepoint​(String name)
    現在のトランザクションで指定された名前のセーブポイントを作成し、それを表す新しいSavepointオブジェクトを返します。
    void Connection.setSchema​(String schema)
    アクセスするスキーマ名を設定します。
    default void Connection.setShardingKey​(ShardingKey shardingKey)
    このConnectionで使用するshardingKeyを指定
    default void Connection.setShardingKey​(ShardingKey shardingKey, ShardingKey superShardingKey)
    このConnectionで使用するshardingKeyおよびsuperShardingKeyを指定
    default boolean Connection.setShardingKeyIfValid​(ShardingKey shardingKey, int timeout)
    この接続のシャーディング・キーを設定および検証します。
    default boolean Connection.setShardingKeyIfValid​(ShardingKey shardingKey, ShardingKey superShardingKey, int timeout)
    この接続のシャーディング・キーを設定および検証します。
    void CallableStatement.setShort​(String parameterName, short x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのshort値に設定します。
    void PreparedStatement.setShort​(int parameterIndex, short x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのshort値に設定します。
    void CallableStatement.setSQLXML​(String parameterName, SQLXML xmlObject)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setSQLXML​(int parameterIndex, SQLXML xmlObject)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。
    void CallableStatement.setString​(String parameterName, String x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのString値に設定します。
    int Clob.setString​(long pos, String str)
    このClobオブジェクトが指定するCLOB値へ、指定されたJava Stringposの位置に書き込みます。
    int Clob.setString​(long pos, String str, int offset, int len)
    strの文字offsetから始まるlen個の文字を、このClobが表すCLOB値に書き込みます。
    void PreparedStatement.setString​(int parameterIndex, String x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのString値に設定します。
    void SQLXML.setString​(String value)
    このSQLXMLインスタンスによって指定されたXML値を指定されたString表現に設定します。
    void CallableStatement.setTime​(String parameterName, Time x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void CallableStatement.setTime​(String parameterName, Time x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void PreparedStatement.setTime​(int parameterIndex, Time x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void PreparedStatement.setTime​(int parameterIndex, Time x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void CallableStatement.setTimestamp​(String parameterName, Timestamp x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void CallableStatement.setTimestamp​(String parameterName, Timestamp x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void PreparedStatement.setTimestamp​(int parameterIndex, Timestamp x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void PreparedStatement.setTimestamp​(int parameterIndex, Timestamp x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void Connection.setTransactionIsolation​(int level)
    このConnectionオブジェクトのトランザクション遮断レベルを指定されたものに変更することを試みます。
    void Connection.setTypeMap​(Map<String,​Class<?>> map)
    このConnectionオブジェクトの型マップとして、指定されたTypeMapオブジェクトをインストールします。
    void PreparedStatement.setUnicodeStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    非推奨。
    setCharacterStreamを使用
    void CallableStatement.setURL​(String parameterName, URL val)
    指定されたパラメータを指定されたjava.net.URLオブジェクトに設定します。
    void PreparedStatement.setURL​(int parameterIndex, URL x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.net.URL値に設定します。
    boolean DatabaseMetaData.storesLowerCaseIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、小文字で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.storesLowerCaseQuotedIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、小文字で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.storesMixedCaseIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.storesMixedCaseQuotedIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.storesUpperCaseIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.storesUpperCaseQuotedIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別しないで処理し、大文字で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsAlterTableWithAddColumn()
    このデータベースによって、追加列のあるALTER TABLEがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsAlterTableWithDropColumn()
    このデータベースによって、ドロップ列のあるALTER TABLEがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsANSI92EntryLevelSQL()
    このデータベースによって、ANSI92エントリ・レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsANSI92FullSQL()
    このデータベースによって、ANSI92完全レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsANSI92IntermediateSQL()
    このデータベースによって、ANSI92中間レベルのSQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsBatchUpdates()
    このデータベースによってバッチ更新がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCatalogsInDataManipulation()
    データ操作文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCatalogsInIndexDefinitions()
    インデックス定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCatalogsInPrivilegeDefinitions()
    特権定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCatalogsInProcedureCalls()
    プロシージャ呼出し文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCatalogsInTableDefinitions()
    表定義文でカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsColumnAliasing()
    このデータベースによって列の別名がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsConvert()
    このデータベースによって、JDBC型間の変換に使用されるJDBCスカラー関数CONVERTがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsConvert​(int fromType, int toType)
    このデータベースによって、JDBC型fromTypetoTypeの間の変換に使用されるJDBCスカラー関数CONVERTがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCoreSQLGrammar()
    このデータベースによって、ODBC Core SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsCorrelatedSubqueries()
    このデータベースによって相関サブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsDataDefinitionAndDataManipulationTransactions()
    このデータベースによって、トランザクションで、データ定義文とデータ操作文の両方がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsDataManipulationTransactionsOnly()
    このデータベースによって、トランザクションでデータ操作文だけがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsDifferentTableCorrelationNames()
    表相互関係名がサポートされる場合、表の名前と異なる名前であるという制限を付けるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsExpressionsInOrderBy()
    このデータベースによって、ORDER BYリスト中で式がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsExtendedSQLGrammar()
    このデータベースによって、ODBC Extended SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsFullOuterJoins()
    このデータベースによって、完全入れ子の外部結合がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsGetGeneratedKeys()
    文が実行されたあとに自動生成キーを取得できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsGroupBy()
    このデータベースによって、なんらかの形式のGROUP BY節がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsGroupByBeyondSelect()
    SELECT文中のすべての列がGROUP BY節に含まれるという条件で、このデータベースによって、GROUP BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsGroupByUnrelated()
    このデータベースによって、GROUP BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsIntegrityEnhancementFacility()
    このデータベースによって、SQL Integrity Enhancement Facilityがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsLikeEscapeClause()
    このデータベースによって、LIKEエスケープ節の指定がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsLimitedOuterJoins()
    このデータベースによって、外部結合に関し、制限されたサポートが提供されるかどうかを取得します
    boolean DatabaseMetaData.supportsMinimumSQLGrammar()
    このデータベースによって、ODBC Minimum SQL文法がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsMixedCaseIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符なしのSQL識別子を、大文字小文字を区別して処理し、大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsMixedCaseQuotedIdentifiers()
    このデータベースが、大文字小文字が混在する引用符付きのSQL識別子を、大文字小文字を区別して処理し、結果として大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsMultipleOpenResults()
    CallableStatementオブジェクトから複数のResultSetオブジェクトを同時に返すことが可能かどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsMultipleResultSets()
    このデータベースによって、executeメソッドの単一の呼び出しからの複数のResultSetオブジェクトの取得がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsMultipleTransactions()
    このデータベースが一度に複数のトランザクションを(異なった接続で)オープンできるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsNamedParameters()
    このデータベースによって、呼出し可能文への名前付きパラメータがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsNonNullableColumns()
    このデータベースの列をnullを許さない列として定義できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsOpenCursorsAcrossCommit()
    このデータベースによって、コミット間でカーソルがオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsOpenCursorsAcrossRollback()
    このデータベースによって、ロールバック間でカーソルがオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsOpenStatementsAcrossCommit()
    このデータベースによって、コミット間で文がオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsOpenStatementsAcrossRollback()
    このデータベースによって、ロールバック間で文がオープンされたままの状態がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsOrderByUnrelated()
    このデータベースによって、ORDER BY節でSELECT文中にない列の使用がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsOuterJoins()
    このデータベースによって、外部結合のなんらかの形式がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsPositionedDelete()
    このデータベースによって、位置指定されたDELETE文がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsPositionedUpdate()
    このデータベースによって、位置指定されたUPDATE文がサポートされるかどうかを取得します。
    default boolean DatabaseMetaData.supportsRefCursors()
    このデータベースによってREF CURSORがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsResultSetConcurrency​(int type, int concurrency)
    このデータベースが、指定された結果セットのタイプと与えられた並行処理の種類の組み合わせをサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsResultSetHoldability​(int holdability)
    このデータベースが、指定された結果セットの保持機能をサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsResultSetType​(int type)
    このデータベースが、指定された結果セットのタイプをサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSavepoints()
    このデータベースによってセーブポイントがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSchemasInDataManipulation()
    データ操作文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSchemasInIndexDefinitions()
    インデックス定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSchemasInPrivilegeDefinitions()
    特権定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSchemasInProcedureCalls()
    プロシージャ呼出し文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSchemasInTableDefinitions()
    表定義文でスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSelectForUpdate()
    このデータベースによってSELECT FOR UPDATE文がサポートされるかどうかを取得します。
    default boolean DatabaseMetaData.supportsSharding()
    このデータベースがシャーディングをサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsStatementPooling()
    このデータベースによって文のプールがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsStoredFunctionsUsingCallSyntax()
    このデータベースが、ストアド・プロシージャ・エスケープ構文を使用した、ユーザー定義関数またはベンダー関数の呼出しをサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsStoredProcedures()
    このデータベースによって、ストアド・プロシージャ・エスケープ構文を使用するストアド・プロシージャ・コールがサポートされるかどうかを判定します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSubqueriesInComparisons()
    このデータベースによって、比較式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSubqueriesInExists()
    このデータベースによって、EXISTS式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSubqueriesInIns()
    このデータベースによって、IN式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsSubqueriesInQuantifieds()
    このデータベースによって、定量化された式中でサブクエリーがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsTableCorrelationNames()
    このデータベースによって表相互関係名がサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsTransactionIsolationLevel​(int level)
    このデータベースが、指定されたトランザクション遮断レベルをサポートするかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsTransactions()
    このデータベースによってトランザクションがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsUnion()
    このデータベースによってSQL UNIONがサポートされるかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.supportsUnionAll()
    このデータベースによってSQL UNION ALLがサポートされるかどうかを取得します。
    void Blob.truncate​(long len)
    このBlobオブジェクトが表すBLOB値をlenバイトの長さに切り詰めます。
    void Clob.truncate​(long len)
    このClobが指定するCLOB値をlen文字の長さに切り詰めます。
    <T> T Wrapper.unwrap​(Class<T> iface)
    標準以外のメソッド、またはプロキシによって公開されない標準メソッドにアクセスできるようにするために、指定されたインタフェースを実装しているオブジェクトを返します。
    void ResultSet.updateArray​(int columnIndex, Array x)
    指定された列をjava.sql.Array値で更新します。
    void ResultSet.updateArray​(String columnLabel, Array x)
    指定された列をjava.sql.Array値で更新します。
    void ResultSet.updateAsciiStream​(int columnIndex, InputStream x)
    指定された列をASCIIストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateAsciiStream​(int columnIndex, InputStream x, int length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateAsciiStream​(int columnIndex, InputStream x, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateAsciiStream​(String columnLabel, InputStream x)
    指定された列をASCIIストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateAsciiStream​(String columnLabel, InputStream x, int length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateAsciiStream​(String columnLabel, InputStream x, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つasciiストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBigDecimal​(int columnIndex, BigDecimal x)
    指定された列をjava.math.BigDecimal値で更新します。
    void ResultSet.updateBigDecimal​(String columnLabel, BigDecimal x)
    指定された列をjava.sql.BigDecimal値で更新します。
    void ResultSet.updateBinaryStream​(int columnIndex, InputStream x)
    指定された列をバイナリ・ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBinaryStream​(int columnIndex, InputStream x, int length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBinaryStream​(int columnIndex, InputStream x, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBinaryStream​(String columnLabel, InputStream x)
    指定された列をバイナリ・ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBinaryStream​(String columnLabel, InputStream x, int length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBinaryStream​(String columnLabel, InputStream x, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つバイナリ・ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateBlob​(int columnIndex, InputStream inputStream)
    指定された列を、指定された入力ストリームを使用して更新します。
    void ResultSet.updateBlob​(int columnIndex, InputStream inputStream, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームを使用して更新します。
    void ResultSet.updateBlob​(int columnIndex, Blob x)
    指定された列をjava.sql.Blob値で更新します。
    void ResultSet.updateBlob​(String columnLabel, InputStream inputStream)
    指定された列を、指定された入力ストリームを使用して更新します。
    void ResultSet.updateBlob​(String columnLabel, InputStream inputStream, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームを使用して更新します。
    void ResultSet.updateBlob​(String columnLabel, Blob x)
    指定された列をjava.sql.Blob値で更新します。
    void ResultSet.updateBoolean​(int columnIndex, boolean x)
    指定された列をboolean値で更新します。
    void ResultSet.updateBoolean​(String columnLabel, boolean x)
    指定された列をboolean値で更新します。
    void ResultSet.updateByte​(int columnIndex, byte x)
    指定された列をbyte値で更新します。
    void ResultSet.updateByte​(String columnLabel, byte x)
    指定された列をbyte値で更新します。
    void ResultSet.updateBytes​(int columnIndex, byte[] x)
    指定された列をbyte配列値で更新します。
    void ResultSet.updateBytes​(String columnLabel, byte[] x)
    指定された列をbyte配列値で更新します。
    void ResultSet.updateCharacterStream​(int columnIndex, Reader x)
    指定された列を文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateCharacterStream​(int columnIndex, Reader x, int length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateCharacterStream​(int columnIndex, Reader x, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader)
    指定された列を文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader, int length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateClob​(int columnIndex, Reader reader)
    指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateClob​(int columnIndex, Reader reader, long length)
    指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateClob​(int columnIndex, Clob x)
    指定された列をjava.sql.Clob値で更新します。
    void ResultSet.updateClob​(String columnLabel, Reader reader)
    指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateClob​(String columnLabel, Reader reader, long length)
    指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateClob​(String columnLabel, Clob x)
    指定された列をjava.sql.Clob値で更新します。
    void ResultSet.updateDate​(int columnIndex, Date x)
    指定された列をjava.sql.Date値で更新します。
    void ResultSet.updateDate​(String columnLabel, Date x)
    指定された列をjava.sql.Date値で更新します。
    void ResultSet.updateDouble​(int columnIndex, double x)
    指定された列をdouble値で更新します。
    void ResultSet.updateDouble​(String columnLabel, double x)
    指定された列をdouble値で更新します。
    void ResultSet.updateFloat​(int columnIndex, float x)
    指定された列をfloat値で更新します。
    void ResultSet.updateFloat​(String columnLabel, float x)
    指定された列をfloat 値で更新します。
    void ResultSet.updateInt​(int columnIndex, int x)
    指定された列をint値で更新します。
    void ResultSet.updateInt​(String columnLabel, int x)
    指定された列をint値で更新します。
    void ResultSet.updateLong​(int columnIndex, long x)
    指定された列をlong値で更新します。
    void ResultSet.updateLong​(String columnLabel, long x)
    指定された列をlong値で更新します。
    void ResultSet.updateNCharacterStream​(int columnIndex, Reader x)
    指定された列を文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateNCharacterStream​(int columnIndex, Reader x, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateNCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader)
    指定された列を文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateNCharacterStream​(String columnLabel, Reader reader, long length)
    指定された列を、指定されたバイト数を持つ文字ストリーム値で更新します。
    void ResultSet.updateNClob​(int columnIndex, Reader reader)
    指定された列を、指定されたReaderを使用して更新します。ストリームの終わりに達するまで必要に応じてストリームからデータが読み込まれます。
    void ResultSet.updateNClob​(int columnIndex, Reader reader, long length)
    指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateNClob​(int columnIndex, NClob nClob)
    指定された列をjava.sql.NClob値で更新します。
    void ResultSet.updateNClob​(String columnLabel, Reader reader)
    指定された列を、指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateNClob​(String columnLabel, Reader reader, long length)
    指定された列を、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトを使用して更新します。
    void ResultSet.updateNClob​(String columnLabel, NClob nClob)
    指定された列をjava.sql.NClob値で更新します。
    void ResultSet.updateNString​(int columnIndex, String nString)
    指定された列をString値で更新します。
    void ResultSet.updateNString​(String columnLabel, String nString)
    指定された列をString値で更新します。
    void ResultSet.updateNull​(int columnIndex)
    指定された列をnull値で更新します。
    void ResultSet.updateNull​(String columnLabel)
    指定された列をnull値で更新します。
    void ResultSet.updateObject​(int columnIndex, Object x)
    指定された列をObject値で更新します。
    void ResultSet.updateObject​(int columnIndex, Object x, int scaleOrLength)
    指定された列をObject値で更新します。
    default void ResultSet.updateObject​(int columnIndex, Object x, SQLType targetSqlType)
    指定された列をObject値で更新します。
    default void ResultSet.updateObject​(int columnIndex, Object x, SQLType targetSqlType, int scaleOrLength)
    指定された列をObject値で更新します。
    void ResultSet.updateObject​(String columnLabel, Object x)
    指定された列をObject値で更新します。
    void ResultSet.updateObject​(String columnLabel, Object x, int scaleOrLength)
    指定された列をObject値で更新します。
    default void ResultSet.updateObject​(String columnLabel, Object x, SQLType targetSqlType)
    指定された列をObject値で更新します。
    default void ResultSet.updateObject​(String columnLabel, Object x, SQLType targetSqlType, int scaleOrLength)
    指定された列をObject値で更新します。
    void ResultSet.updateRef​(int columnIndex, Ref x)
    指定された列をjava.sql.Ref値で更新します。
    void ResultSet.updateRef​(String columnLabel, Ref x)
    指定された列をjava.sql.Ref値で更新します。
    void ResultSet.updateRow()
    基になるデータベースを、このResultSetオブジェクトの現在の行の新しい内容に更新します。
    void ResultSet.updateRowId​(int columnIndex, RowId x)
    指定された列をRowId値で更新します。
    void ResultSet.updateRowId​(String columnLabel, RowId x)
    指定された列をRowId値で更新します。
    boolean DatabaseMetaData.updatesAreDetected​(int type)
    ResultSet.rowUpdatedメソッドを呼び出すことによって可視の行が更新されたことを検出できるかどうかを取得します。
    void ResultSet.updateShort​(int columnIndex, short x)
    指定された列をshort値で更新します。
    void ResultSet.updateShort​(String columnLabel, short x)
    指定された列をshort値で更新します。
    void ResultSet.updateSQLXML​(int columnIndex, SQLXML xmlObject)
    指定された列をjava.sql.SQLXML値で更新します。
    void ResultSet.updateSQLXML​(String columnLabel, SQLXML xmlObject)
    指定された列をjava.sql.SQLXML値で更新します。
    void ResultSet.updateString​(int columnIndex, String x)
    指定された列をString値で更新します。
    void ResultSet.updateString​(String columnLabel, String x)
    指定された列をString値で更新します。
    void ResultSet.updateTime​(int columnIndex, Time x)
    指定された列をjava.sql.Time値で更新します。
    void ResultSet.updateTime​(String columnLabel, Time x)
    指定された列をjava.sql.Time値で更新します。
    void ResultSet.updateTimestamp​(int columnIndex, Timestamp x)
    指定された列をjava.sql.Timestamp値で更新します。
    void ResultSet.updateTimestamp​(String columnLabel, Timestamp x)
    指定された列をjava.sql.Timestamp値で更新します。
    boolean DatabaseMetaData.usesLocalFilePerTable()
    このデータベースが、各表にファイルを使用するかどうかを取得します。
    boolean DatabaseMetaData.usesLocalFiles()
    このデータベースが、ローカル・ファイルに表を格納するかどうかを取得します。
    boolean CallableStatement.wasNull()
    最後に読み込まれたOUTパラメータの値がSQL NULLかどうかを取得します。
    boolean ResultSet.wasNull()
    最後に読み込まれた列の値がSQL NULLであるかどうかを通知します。
    boolean SQLInput.wasNull()
    最後に読み込まれた値がSQL NULLかどうかを取得します。
    void SQLOutput.writeArray​(Array x)
    SQL ARRAY値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeAsciiStream​(InputStream x)
    次の属性をASCII文字のストリームとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeBigDecimal​(BigDecimal x)
    次の属性をjava.math.BigDecimalオブジェクトとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeBinaryStream​(InputStream x)
    次の属性を未解釈のバイト・ストリームとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeBlob​(Blob x)
    SQL BLOB値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeBoolean​(boolean x)
    次の属性をJavaのboolean型としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeByte​(byte x)
    次の属性をJavaのbyte型としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeBytes​(byte[] x)
    次の属性をbyte型の配列としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeCharacterStream​(Reader x)
    次の属性をUnicode文字のストリームとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeClob​(Clob x)
    SQL CLOB値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeDate​(Date x)
    次の属性をjava.sql.Dateオブジェクトとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeDouble​(double x)
    次の属性をJavaのdouble型としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeFloat​(float x)
    次の属性をJavaのfloat型としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeInt​(int x)
    次の属性をJavaのint型としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeLong​(long x)
    次の属性をJavaのlong型としてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeNClob​(NClob x)
    SQL NCLOB値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeNString​(String x)
    次の属性をJavaプログラミング言語のStringとしてストリームに書き込みます。
    default void SQLOutput.writeObject​(Object x, SQLType targetSqlType)
    指定されたオブジェクトに格納されたデータをストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeObject​(SQLData x)
    指定されたSQLDataオブジェクトに格納されたデータをストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeRef​(Ref x)
    SQL REF値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeRowId​(RowId x)
    SQL ROWID値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeShort​(short x)
    次の属性をJavaのshort型としてストリームに書き込みます。
    void SQLData.writeSQL​(SQLOutput stream)
    このオブジェクトをデータ・ソースのSQL値に変換し、指定されたSQLデータ・ストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeSQLXML​(SQLXML x)
    SQL XML値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeString​(String x)
    次の属性をJavaプログラミング言語のStringとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeStruct​(Struct x)
    SQL構造化型値をストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeTime​(Time x)
    次の属性をjava.sql.Timeオブジェクトとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeTimestamp​(Timestamp x)
    次の属性をjava.sql.Timestampオブジェクトとしてストリームに書き込みます。
    void SQLOutput.writeURL​(URL x)
    SQL DATALINK値をストリームに書き込みます。
  • javax.sqlでのSQLExceptionの使用

    SQLExceptionを返すjavax.sqlのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    SQLException ConnectionEvent.getSQLException()
    このConnectionEventオブジェクトのSQLException値を取得します。
    SQLException StatementEvent.getSQLException()
    ドライバがスローしようとしているSQLExceptionを返します。
    SQLExceptionを投げるjavax.sqlのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    PooledConnection PooledConnectionBuilder.build()
    このBuilderによって定義されたオブジェクトのインスタンスを返します。
    XAConnection XAConnectionBuilder.build()
    このBuilderによって定義されたオブジェクトのインスタンスを返します。
    void RowSet.clearParameters()
    このRowSetオブジェクトのコマンド用のパラメータ・セットをクリアします。
    void PooledConnection.close()
    このPooledConnectionオブジェクトが表す物理接続を閉じます。
    default ConnectionBuilder DataSource.createConnectionBuilder()
    新しいConnectionBuilderインスタンスを作成
    default PooledConnectionBuilder ConnectionPoolDataSource.createPooledConnectionBuilder()
    新しいPooledConnectionBuilderインスタンスを作成
    default ShardingKeyBuilder CommonDataSource.createShardingKeyBuilder()
    新しいShardingKeyBuilderインスタンスを作成
    default XAConnectionBuilder XADataSource.createXAConnectionBuilder()
    新しいXAConnectionBuilderインスタンスを作成
    void RowSet.execute()
    このRowSetオブジェクトにデータを格納します。
    Connection DataSource.getConnection()
    このDataSourceオブジェクトが表すデータ・ソースへの接続の確立を試みます。
    Connection DataSource.getConnection​(String username, String password)
    このDataSourceオブジェクトが表すデータ・ソースへの接続の確立を試みます。
    Connection PooledConnection.getConnection()
    Connectionオブジェクト(このPooledConnectionオブジェクトが表す物理接続のハンドル)を作成し、返します。
    Connection RowSetInternal.getConnection()
    このRowSetオブジェクトに渡されたConnectionオブジェクトを取得します。
    boolean RowSet.getEscapeProcessing()
    このRowSetオブジェクトのエスケープの処理が有効かどうかを取得します。
    int CommonDataSource.getLoginTimeout()
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を取得します。
    int ConnectionPoolDataSource.getLoginTimeout()
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を取得します。
    int DataSource.getLoginTimeout()
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を取得します。
    int XADataSource.getLoginTimeout()
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を取得します。
    PrintWriter CommonDataSource.getLogWriter()
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターを取得します。
    PrintWriter ConnectionPoolDataSource.getLogWriter()
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターを取得します。
    PrintWriter DataSource.getLogWriter()
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターを取得します。
    PrintWriter XADataSource.getLogWriter()
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターを取得します。
    int RowSet.getMaxFieldSize()
    ある列値で返される最大バイト数を取得します。
    int RowSet.getMaxRows()
    このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大行数を取得します。
    ResultSet RowSetInternal.getOriginal()
    このRowSetオブジェクトの元の値を格納するResultSetオブジェクトを取得します。
    ResultSet RowSetInternal.getOriginalRow()
    現在行だけの元の値を格納するResultSetオブジェクトを取得します。
    Object[] RowSetInternal.getParams()
    このRowSetオブジェクトのコマンド用に設定済みのパラメータを取得します。
    PooledConnection ConnectionPoolDataSource.getPooledConnection()
    プールされた接続として使用可能な、データベースへの物理接続の確立を試みます。
    PooledConnection ConnectionPoolDataSource.getPooledConnection​(String user, String password)
    プールされた接続として使用可能な、データベースへの物理接続の確立を試みます。
    int RowSet.getQueryTimeout()
    ドライバが文の実行を待つ最大秒数を取得します。
    Map<String,​Class<?>> RowSet.getTypeMap()
    このRowSetオブジェクトに関連付けられたSQLユーザー定義型のカスタム・マッピングがある場合には、それを指定するMapオブジェクトを取得します。
    String RowSet.getUrl()
    このRowSetオブジェクトが接続を確立するのにDataSourceオブジェクトではなくDriverManagerを使用する場合に、接続を作成するために使用するurlプロパティを取得します。
    XAConnection XADataSource.getXAConnection()
    分散トランザクションで使用可能な、物理データベース接続の確立を試みます。
    XAConnection XADataSource.getXAConnection​(String user, String password)
    指定されたユーザー名とパスワードを使用して、物理データベース接続の確立を試みます。
    XAResource XAConnection.getXAResource()
    このXAConnectionオブジェクトの分散トランザクションへの参加を管理するために、トランザクション・マネージャによって使用されるXAResourceオブジェクトを取得します。
    void RowSetReader.readData​(RowSetInternal caller)
    呼び出すRowSetオブジェクトの新しい内容を読み込みます。
    void RowSet.setArray​(int i, Array x)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したArray値に設定します。
    void RowSet.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。
    void RowSet.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.io.InputStream値に設定します。
    void RowSet.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void RowSet.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void RowSetMetaData.setAutoIncrement​(int columnIndex, boolean property)
    指定した列に自動的に番号が割り振られるかどうかを設定します。デフォルトでは、RowSetオブジェクトの列には番号は自動的に割り振られません。
    void RowSet.setBigDecimal​(int parameterIndex, BigDecimal x)
    このRowSetオブジェクト・コマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。
    void RowSet.setBigDecimal​(String parameterName, BigDecimal x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。
    void RowSet.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。
    void RowSet.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.io.InputStream値に設定します。
    void RowSet.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void RowSet.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void RowSet.setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream, long length)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setBlob​(int i, Blob x)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したBlob値に設定します。
    void RowSet.setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream, long length)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setBlob​(String parameterName, Blob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Blobオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setBoolean​(int parameterIndex, boolean x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava boolean値に設定します。
    void RowSet.setBoolean​(String parameterName, boolean x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのboolean値に設定します。
    void RowSet.setByte​(int parameterIndex, byte x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava byte値に設定します。
    void RowSet.setByte​(String parameterName, byte x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのbyte値に設定します。
    void RowSet.setBytes​(int parameterIndex, byte[] x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、byte値の指定したJava配列値に設定します。
    void RowSet.setBytes​(String parameterName, byte[] x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのバイト配列に設定します。
    void RowSetMetaData.setCaseSensitive​(int columnIndex, boolean property)
    指定した列で大文字・小文字を区別するかどうかを設定します。
    void RowSetMetaData.setCatalogName​(int columnIndex, String catalogName)
    指定した列のテーブルのカタログ名を、指定されたStringに設定します(存在する場合)。
    void RowSet.setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setCharacterStream​(int parameterIndex, Reader reader, int length)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.io.Reader値に設定します。
    void RowSet.setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader)
    指定されたパラメータを指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setCharacterStream​(String parameterName, Reader reader, int length)
    指定されたパラメータを、指定された文字数である指定されたReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setClob​(int parameterIndex, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setClob​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setClob​(int i, Clob x)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したClob値に設定します。
    void RowSet.setClob​(String parameterName, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setClob​(String parameterName, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setClob​(String parameterName, Clob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Clobオブジェクトに設定します。
    void RowSetMetaData.setColumnCount​(int columnCount)
    このRowSetオブジェクトの列数を、指定した数に設定します。
    void RowSetMetaData.setColumnDisplaySize​(int columnIndex, int size)
    指定された列の通常の最大幅(文字数)を、指定されたintに設定します。
    void RowSetMetaData.setColumnLabel​(int columnIndex, String label)
    印刷と表示で使用する推奨列のタイトルを、指定したStringに設定します(存在する場合)。
    void RowSetMetaData.setColumnName​(int columnIndex, String columnName)
    指定した列の名前を、指定されたStringに設定します。
    void RowSetMetaData.setColumnType​(int columnIndex, int SQLType)
    指定された列のSQL型を、指定した型に設定します。
    void RowSetMetaData.setColumnTypeName​(int columnIndex, String typeName)
    指定した列の、データ・ソースに固有の型名を、指定されたStringに設定します(存在する場合)。
    void RowSet.setCommand​(String cmd)
    このRowSetオブジェクトのcommandプロパティにSQLクエリーを設定します。
    void RowSet.setConcurrency​(int concurrency)
    このRowSetオブジェクトの並行性を、指定した並行性レベルに設定します。
    void RowSetMetaData.setCurrency​(int columnIndex, boolean property)
    指定した列が金額を表すかどうかを設定します。
    void RowSet.setDataSourceName​(String name)
    このRowSetオブジェクトのデータ・ソース名プロパティを、指定したStringに設定します。
    void RowSet.setDate​(int parameterIndex, Date x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void RowSet.setDate​(int parameterIndex, Date x, Calendar cal)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したjava.sql.Date値に設定します。
    void RowSet.setDate​(String parameterName, Date x)
    アプリケーションを実行している仮想マシンのデフォルトのタイムゾーンを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void RowSet.setDate​(String parameterName, Date x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Date値に設定します。
    void RowSet.setDouble​(int parameterIndex, double x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava double値に設定します。
    void RowSet.setDouble​(String parameterName, double x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのdouble値に設定します。
    void RowSet.setEscapeProcessing​(boolean enable)
    このRowSetオブジェクトのエスケープの処理をオンまたはオフに設定します。
    void RowSet.setFloat​(int parameterIndex, float x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava float値に設定します。
    void RowSet.setFloat​(String parameterName, float x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのfloat値に設定します。
    void RowSet.setInt​(int parameterIndex, int x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava int値に設定します。
    void RowSet.setInt​(String parameterName, int x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのint値に設定します。
    void CommonDataSource.setLoginTimeout​(int seconds)
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を指定します。
    void ConnectionPoolDataSource.setLoginTimeout​(int seconds)
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を指定します。
    void DataSource.setLoginTimeout​(int seconds)
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を指定します。
    void XADataSource.setLoginTimeout​(int seconds)
    データベースへの接続試行中に、このデータ・ソースが待機する最長時間(秒)を指定します。
    void CommonDataSource.setLogWriter​(PrintWriter out)
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターをjava.io.PrintWriterオブジェクトに設定します。
    void ConnectionPoolDataSource.setLogWriter​(PrintWriter out)
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターをjava.io.PrintWriterオブジェクトに設定します。
    void DataSource.setLogWriter​(PrintWriter out)
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターをjava.io.PrintWriterオブジェクトに設定します。
    void XADataSource.setLogWriter​(PrintWriter out)
    このDataSourceオブジェクトのログ・ライターをjava.io.PrintWriterオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setLong​(int parameterIndex, long x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava long値に設定します。
    void RowSet.setLong​(String parameterName, long x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのlong値に設定します。
    void RowSet.setMaxFieldSize​(int max)
    列値に返される最大バイト数を、指定されたバイト数に設定します。
    void RowSet.setMaxRows​(int max)
    データベース・アクセス・エラーが発生した場合、このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大の行数を、指定した値に設定します。
    void RowSetInternal.setMetaData​(RowSetMetaData md)
    指定したRowSetMetaDataオブジェクトを、このRowSetオブジェクトのRowSetMetaDataオブジェクトとして設定します。
    void RowSet.setNCharacterStream​(int parameterIndex, Reader value)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、Readerオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNCharacterStream​(int parameterIndex, Reader value, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNCharacterStream​(String parameterName, Reader value)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNCharacterStream​(String parameterName, Reader value, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNClob​(int parameterIndex, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNClob​(int parameterIndex, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNClob​(int parameterIndex, NClob value)
    指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNClob​(String parameterName, Reader reader)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNClob​(String parameterName, Reader reader, long length)
    指定されたパラメータをReaderオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNClob​(String parameterName, NClob value)
    指定されたパラメータをjava.sql.NClobオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNString​(int parameterIndex, String value)
    指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNString​(String parameterName, String value)
    指定されたパラメータを指定されたStringオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setNull​(int parameterIndex, int sqlType)
    このRowSetオブジェクトのSQLコマンド内の指定されたパラメータを、SQL NULLに設定します。
    void RowSet.setNull​(int paramIndex, int sqlType, String typeName)
    このRowSetオブジェクトのSQLコマンド内の指定されたパラメータを、SQL NULLに設定します。
    void RowSet.setNull​(String parameterName, int sqlType)
    指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
    void RowSet.setNull​(String parameterName, int sqlType, String typeName)
    指定されたパラメータをSQL NULLに設定します。
    void RowSetMetaData.setNullable​(int columnIndex, int property)
    指定した列の値をNULLに設定できるかどうかを設定します。
    void RowSet.setObject​(int parameterIndex, Object x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、Java Objectに設定します。
    void RowSet.setObject​(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、Java Objectに設定します。
    void RowSet.setObject​(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType, int scaleOrLength)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定したJava Objectに設定します。
    void RowSet.setObject​(String parameterName, Object x)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void RowSet.setObject​(String parameterName, Object x, int targetSqlType)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void RowSet.setObject​(String parameterName, Object x, int targetSqlType, int scale)
    指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
    void RowSet.setPassword​(String password)
    このRowSetオブジェクトのデータベース・パスワードを、指定したStringに設定します。
    void RowSetMetaData.setPrecision​(int columnIndex, int precision)
    指定された列の10進桁数を、指定されたintに設定します。
    void RowSet.setQueryTimeout​(int seconds)
    データベース・アクセス・エラーが発生した場合にドライバが文の実行を待つ最大時間を、指定した秒数に設定します。
    void RowSet.setReadOnly​(boolean value)
    このRowSetオブジェクトが読取り専用かどうかを、指定したbooleanに設定します。
    void RowSet.setRef​(int i, Ref x)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したRef値に設定します。
    void RowSet.setRowId​(int parameterIndex, RowId x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setRowId​(String parameterName, RowId x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.RowIdオブジェクトに設定します。
    void RowSetMetaData.setScale​(int columnIndex, int scale)
    指定された列の小数点以下の桁数を、指定されたintに設定します。
    void RowSetMetaData.setSchemaName​(int columnIndex, String schemaName)
    指定した列のテーブル・スキーマの名前を、指定されたStringに設定します(存在する場合)。
    void RowSetMetaData.setSearchable​(int columnIndex, boolean property)
    指定された列をwhere節で使用できるかどうかを設定します。
    void RowSet.setShort​(int parameterIndex, short x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava short値に設定します。
    void RowSet.setShort​(String parameterName, short x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのshort値に設定します。
    void RowSetMetaData.setSigned​(int columnIndex, boolean property)
    指定した列が符号付き数であるかどうかを設定します。
    void RowSet.setSQLXML​(int parameterIndex, SQLXML xmlObject)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setSQLXML​(String parameterName, SQLXML xmlObject)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.SQLXMLオブジェクトに設定します。
    void RowSet.setString​(int parameterIndex, String x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたJava String値に設定します。
    void RowSet.setString​(String parameterName, String x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのString値に設定します。
    void RowSetMetaData.setTableName​(int columnIndex, String tableName)
    指定した列のテーブル名を、指定されたStringに設定します(存在する場合)。
    void RowSet.setTime​(int parameterIndex, Time x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void RowSet.setTime​(int parameterIndex, Time x, Calendar cal)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したjava.sql.Time値に設定します。
    void RowSet.setTime​(String parameterName, Time x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void RowSet.setTime​(String parameterName, Time x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Time値に設定します。
    void RowSet.setTimestamp​(int parameterIndex, Timestamp x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void RowSet.setTimestamp​(int parameterIndex, Timestamp x, Calendar cal)
    このRowSetオブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定したjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void RowSet.setTimestamp​(String parameterName, Timestamp x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void RowSet.setTimestamp​(String parameterName, Timestamp x, Calendar cal)
    指定されたCalendarオブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Timestamp値に設定します。
    void RowSet.setTransactionIsolation​(int level)
    このRowSetオブジェクトのトランザクション遮断レベルを設定します。
    void RowSet.setType​(int type)
    このRowSetオブジェクトの型を、指定した型に設定します。
    void RowSet.setTypeMap​(Map<String,​Class<?>> map)
    このRowSetオブジェクトのデフォルトの型マップとして指定されたjava.util.Mapオブジェクトをインストールします。
    void RowSet.setUrl​(String url)
    このRowSetオブジェクトがDriverManagerを使って接続を作成するときに使用するURLを設定します。
    void RowSet.setURL​(int parameterIndex, URL x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.net.URL値に設定します。
    void RowSet.setUsername​(String name)
    このRowSetオブジェクトのusernameプロパティを、指定したStringに設定します。
    boolean RowSetWriter.writeData​(RowSetInternal caller)
    RowSetWriterオブジェクトの行セットに加えた変更を、データを取得した場所からデータ・ソースへ書き戻します。
    SQLExceptionのパラメータを持つjavax.sqlのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    ConnectionEvent​(PooledConnection con, SQLException ex)
    指定したPooledConnectionオブジェクトとSQLExceptionオブジェクトによって初期化されたConnectionEventオブジェクトを構築します。
    StatementEvent​(PooledConnection con, PreparedStatement statement, SQLException exception)
    指定されたPooledConnectionPreparedStatement、およびSQLExceptionを持つStatementEventを構築します。
  • javax.sql.rowsetでのSQLExceptionの使用

    javax.sql.rowsetSQLExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  RowSetWarning
    RowSetオブジェクトに設定されたデータベース警告に関する情報を提供するSQLExceptionの拡張です。
    SQLExceptionを投げるjavax.sql.rowsetのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void JoinRowSet.addRowSet​(RowSet[] rowset, int[] columnIdx)
    指定されたRowSetオブジェクトの配列に含まれる1つ以上のRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、各RowSetオブジェクトの一致列を指定された列インデックスの配列内の一致列に設定します。
    void JoinRowSet.addRowSet​(RowSet[] rowset, String[] columnName)
    指定されたRowSetオブジェクトの配列に含まれる1つ以上のRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、各RowSetオブジェクトの一致列を指定された列名の配列内の一致列に設定します。
    void JoinRowSet.addRowSet​(Joinable rowset)
    指定されたRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加します。
    void JoinRowSet.addRowSet​(RowSet rowset, int columnIdx)
    指定されたRowSetオブジェクトをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、指定された列をRowSetオブジェクトの一致列として設定します。
    void JoinRowSet.addRowSet​(RowSet rowset, String columnName)
    rowsetをこのJoinRowSetオブジェクトに追加し、指定された列を一致列に設定します。
    void BaseRowSet.clearParameters()
    このRowSetオブジェクトのコマンドの実行時に設定される、このRowSetオブジェクトのパラメータの内部表現に含まれる現在のパラメータ値をすべてクリアします。
    boolean CachedRowSet.columnUpdated​(int idx)
    このCachedRowSetオブジェクトの現在の行内の指定された列が更新されたかどうかを示します。
    boolean CachedRowSet.columnUpdated​(String columnName)
    このCachedRowSetオブジェクトの現在の行内の指定された列が更新されたかどうかを示します。
    void CachedRowSet.commit()
    CachedRowSetオブジェクトのSyncProviderには、ResultSetConnectionオブジェクトか、コンストラクタに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    void JdbcRowSet.commit()
    JdbcRowSetには、ResultSetConnectionオブジェクトか、コンストラクタに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    CachedRowSet RowSetFactory.createCachedRowSet()
    CachedRowSetの新しいインスタンスを作成します。
    CachedRowSet CachedRowSet.createCopy()
    このCachedRowSetオブジェクトのデータのディープ・コピーであるRowSetオブジェクトを作成します。
    CachedRowSet CachedRowSet.createCopyNoConstraints()
    このCachedRowSetオブジェクトのデータのディープ・コピーであるが、独立しているCachedRowSetオブジェクトを作成します。
    CachedRowSet CachedRowSet.createCopySchema()
    このCachedRowSetオブジェクトの空のコピーであるCachedRowSetオブジェクトを作成します。
    FilteredRowSet RowSetFactory.createFilteredRowSet()
    FilteredRowSetの新しいインスタンスを作成します。
    JdbcRowSet RowSetFactory.createJdbcRowSet()
    JdbcRowSetの新しいインスタンスを生成します。
    JoinRowSet RowSetFactory.createJoinRowSet()
    JoinRowSetの新しいインスタンスを作成します。
    RowSet CachedRowSet.createShared()
    このCachedRowSetオブジェクトと同じデータによって、バックアップされた新しいRowSetオブジェクトを返します。
    WebRowSet RowSetFactory.createWebRowSet()
    WebRowSetの新しいインスタンスを作成します。
    boolean Predicate.evaluate​(Object value, int column)
    このメソッドは、値がsetFilter()メソッドを使って設定されたフィルタ・リング基準(複数の制約が存在する場合は複数の基準)内に収まっているかどうかをチェックするために、FilteredRowSetオブジェクトによって呼び出されます。
    boolean Predicate.evaluate​(Object value, String columnName)
    このメソッドは、値がsetFilterメソッドを使って設定されたフィルタリング基準内に収まっているかどうかをチェックするためにFilteredRowSetオブジェクトによって呼び出されます。
    void CachedRowSet.execute​(Connection conn)
    データ・ソースとなる結果セットを生成するための指定の接続を使用して、このCachedRowSetオブジェクトにデータを読み込みます。
    boolean JdbcRowSet.getAutoCommit()
    JdbcRowSetには、元のResultSetConnectionオブジェクトか、それに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    String RowSetMetaDataImpl.getCatalogName​(int columnIndex)
    指定された列内の値の派生元である表のカタログ名を取得します。
    String RowSetMetaDataImpl.getColumnClassName​(int columnIndex)
    指定された列内の値をマップするJavaプログラミング言語のクラスの完全修飾名を取得します。
    int RowSetMetaDataImpl.getColumnCount()
    このRowSetMetaDataImplオブジェクトを作成したRowSetオブジェクト内の列数を取得します。
    int RowSetMetaDataImpl.getColumnDisplaySize​(int columnIndex)
    指定された列の通常の最大幅を表す文字数を取得します。
    String RowSetMetaDataImpl.getColumnLabel​(int columnIndex)
    印刷や表示に使用される、指定された列の推奨列タイトルを取得します。
    String RowSetMetaDataImpl.getColumnName​(int columnIndex)
    指定された列の名前を取得します。
    int RowSetMetaDataImpl.getColumnType​(int columnIndex)
    指定された列に格納された値のSQL型の型コード(java.sql.Types定数の1つ)を取得します。
    String RowSetMetaDataImpl.getColumnTypeName​(int columnIndex)
    指定された列内に格納された値のDBMS固有の型名を取得します。
    int BaseRowSet.getConcurrency()
    このRowSetオブジェクトの並行処理を返します。
    boolean BaseRowSet.getEscapeProcessing()
    このRowSetオブジェクトでエスケープ処理が有効になっているかどうかを確認します。
    int BaseRowSet.getFetchDirection()
    このRowSetオブジェクトの現在のフェッチ方向の設定を取得します。
    int BaseRowSet.getFetchSize()
    このRowSetオブジェクトのフェッチ・サイズを返します。
    int JoinRowSet.getJoinType()
    このJoinRowSetインスタンスを管理するSQL JOIN型を記述するintを返します。
    int[] CachedRowSet.getKeyColumns()
    このCachedRowSetオブジェクトの行を一意に識別するキーを構成する列を示す1つ以上の列番号を格納する配列を返します。
    int[] Joinable.getMatchColumnIndexes()
    setMatchColumn(int[] columnIdxes)メソッドを使って、このRowSetオブジェクトに設定された一致列のインデックスを取得します。
    String[] Joinable.getMatchColumnNames()
    setMatchColumn(String [] columnNames)メソッドを使って、このRowSetオブジェクトに設定された一致列の名前を取得します。
    int BaseRowSet.getMaxFieldSize()
    このRowSetオブジェクト内の列の値として使用可能な最大バイト数を取得します。
    int BaseRowSet.getMaxRows()
    このRowSetオブジェクトに含めることのできる最大行数を取得します。
    ResultSet CachedRowSet.getOriginal()
    このCachedRowSetオブジェクトの元の値を格納するResultSetオブジェクトを返します。
    ResultSet CachedRowSet.getOriginalRow()
    このCachedRowSetオブジェクトの現在行の元の値のみを格納するResultSetオブジェクトを返します。
    Object[] BaseRowSet.getParams()
    このRowSetオブジェクトのコマンドに設定されたパラメータ値(オブジェクトとプリミティブ)を含む配列を取得し、すべてのパラメータが設定されていない場合はSQLExceptionオブジェクトをスローします。
    int RowSetMetaDataImpl.getPrecision​(int columnIndex)
    指定された列内に格納された値の合計桁数を取得します。
    int BaseRowSet.getQueryTimeout()
    ドライバがクエリーの実行を待つ最大秒数を取得します。
    String[] JoinRowSet.getRowSetNames()
    このJoinRowSetオブジェクトに追加されたRowSetオブジェクトの名前を含むString配列を返します。
    Collection<?> JoinRowSet.getRowSets()
    このJoinRowSetオブジェクトに追加されたRowSetオブジェクトを含むCollectionオブジェクトを返します。
    RowSetWarning CachedRowSet.getRowSetWarnings()
    このRowSetオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。
    RowSetWarning JdbcRowSet.getRowSetWarnings()
    このJdbcRowSetオブジェクトに関する呼出しによって報告される最初の警告を取得します。
    int RowSetMetaDataImpl.getScale​(int columnIndex)
    指定された列内に格納された値の小数点以下の桁数を取得します。
    String RowSetMetaDataImpl.getSchemaName​(int columnIndex)
    指定された列の値の派生元である表のスキーマ名を取得します。
    boolean BaseRowSet.getShowDeleted()
    削除マークが付けられた行を現在の行とともに表示するかどうかを示すbooleanを取得します。
    boolean CachedRowSet.getShowDeleted()
    削除マークが付けられた行を現在の行とともに表示するかどうかを示すbooleanを取得します。
    boolean JdbcRowSet.getShowDeleted()
    削除マークが付けられた行を現在の行とともに表示するかどうかを示すbooleanを取得します。
    SyncProvider CachedRowSet.getSyncProvider()
    このCachedRowSetオブジェクトのSyncProvider実装を取得します。
    String CachedRowSet.getTableName()
    このCachedRowSetオブジェクトの作成に使用されたオブジェクト(テーブル)の識別子を返します。
    String RowSetMetaDataImpl.getTableName​(int columnIndex)
    指定された列内の値の派生元である表の名前を取得します。
    int BaseRowSet.getType()
    このRowSetオブジェクトの型を返します。
    String BaseRowSet.getUrl()
    JDBCテクノロジを使用可能なドライバを使って、このRowSetオブジェクトのjavax.sql.Readerオブジェクトがリレーショナル・データベースとの接続を作成するために使用するJDBC URLを取得します。
    String JoinRowSet.getWhereClause()
    JoinRowSetオブジェクトで使用される、SQLによく似たWHERE節の記述を返します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isAutoIncrement​(int columnIndex)
    指定された列に格納された値に自動的に番号が付けられるかどうか、つまりこの値が読取り専用であるかどうかを確認します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isCaseSensitive​(int columnIndex)
    指定された列の名前の大文字と小文字が区別されるかどうかを示します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isCurrency​(int columnIndex)
    指定された列に格納された値がキャッシュ値かどうかを示します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isDefinitelyWritable​(int columnIndex)
    指定された列に対する書込み操作が必ず成功するかどうかを示します。
    int RowSetMetaDataImpl.isNullable​(int columnIndex)
    指定された列にNULL値を格納できるかどうかを示す定数を取得します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isReadOnly​(int columnIndex)
    指定された列が絶対的に書込み可能でないかどうか(読取り専用であるかどうか)を示します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isSearchable​(int columnIndex)
    指定された列に格納された値をWHERE節で使用できるかどうかを示します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isSigned​(int columnIndex)
    指定された列に格納された値が符号付きの数かどうかを示します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isWrapperFor​(Class<?> interfaces)
    これが、指定されたインタフェースを実装している場合や、そのようなオブジェクトの直接的または間接的なラッパーである場合は、trueを返します。
    boolean RowSetMetaDataImpl.isWritable​(int columnIndex)
    指定された列に対する書込み操作が成功する可能性があるかどうかを示します。
    static RowSetFactory RowSetProvider.newFactory()
    RowSetFactory実装の新しいインスタンスを作成します。
    static RowSetFactory RowSetProvider.newFactory​(String factoryClassName, ClassLoader cl)
    指定されたファクトリ・クラス名からRowSetFactoryの新しいインスタンスを作成します。
    boolean CachedRowSet.nextPage()
    CachedRowSetの現在のページを増分します。
    protected void BaseRowSet.notifyCursorMoved()
    このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、カーソルが移動したことを通知します。
    protected void BaseRowSet.notifyRowChanged()
    このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、行が変更されたことを通知します。
    protected void BaseRowSet.notifyRowSetChanged()
    このRowSetオブジェクトに登録されているすべてのリスナーに、コンテンツ全体が変更されたことを通知します。
    void CachedRowSet.populate​(ResultSet data)
    このCachedRowSetオブジェクトに、指定されたResultSetオブジェクトのデータを読み込みます。
    void CachedRowSet.populate​(ResultSet rs, int startRow)
    このCachedRowSetオブジェクトに、指定されたResultSetオブジェクトのデータを読み込みます。
    boolean CachedRowSet.previousPage()
    CachedRowSetの現在のページを減分します。
    void WebRowSet.readXml​(InputStream iStream)
    ストリーム・ベースのXML入力を読み込み、このWebRowSetオブジェクトを生成します。
    void WebRowSet.readXml​(Reader reader)
    指定されたReaderオブジェクトから、XML形式でWebRowSetオブジェクトを読み取ります。
    void CachedRowSet.release()
    このCachedRowSetオブジェクトの現在のコンテンツを解放し、登録済みのすべてのリスナーにrowSetChangedイベントを送信します。
    void CachedRowSet.restoreOriginal()
    このCachedRowSetオブジェクトを元の値(前回の変更セットの前の値)に戻します。
    void CachedRowSet.rollback()
    CachedRowSetオブジェクトのSyncProviderには、元のResultSetConnectionオブジェクトか、それに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    void CachedRowSet.rollback​(Savepoint s)
    CachedRowSetオブジェクトのSyncProviderには、元のResultSetConnectionオブジェクトか、それに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    void JdbcRowSet.rollback()
    JdbcRowSetには、元のResultSetConnectionオブジェクトか、それに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    void JdbcRowSet.rollback​(Savepoint s)
    JdbcRowSetには、元のResultSetConnectionオブジェクトか、それに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    void CachedRowSet.rowSetPopulated​(RowSetEvent event, int numRows)
    登録済みリスナーに、指定されたRowSetEventオブジェクト内のRowSetオブジェクトが多数の追加行を読み込んだことを通知します。
    void BaseRowSet.setArray​(int parameterIndex, Array array)
    指定されたパラメータをJavaプログラミング言語のArrayオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。
    void BaseRowSet.setAsciiStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void BaseRowSet.setAsciiStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void JdbcRowSet.setAutoCommit​(boolean autoCommit)
    JdbcRowSetには、元のResultSetConnectionオブジェクトか、それに渡されるJDBCプロパティが含まれます。
    void RowSetMetaDataImpl.setAutoIncrement​(int columnIndex, boolean property)
    指定された列が自動的に番号付けされて読取り専用として扱われるかどうかを、指定されたboolean値に設定します。
    void BaseRowSet.setBigDecimal​(int parameterIndex, BigDecimal x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.lang.BigDecimal値に設定します。
    void BaseRowSet.setBigDecimal​(String parameterName, BigDecimal x)
    指定されたパラメータを、指定されたjava.math.BigDecimal値に設定します。
    void BaseRowSet.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x)
    このRowSetオブジェクトのコマンド内の指定されたパラメータを、指定された入力ストリームに設定します。
    void BaseRowSet.setBinaryStream​(int parameterIndex, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定されたjava.io.InputStreamオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x)
    指定されたパラメータを指定された入力ストリームに設定します。
    void BaseRowSet.setBinaryStream​(String parameterName, InputStream x, int length)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
    void BaseRowSet.setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBlob​(int parameterIndex, InputStream inputStream, long length)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBlob​(int parameterIndex, Blob x)
    指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のBlobオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBlob​(String parameterName, InputStream inputStream, long length)
    指定されたパラメータをInputStreamオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBlob​(String parameterName, Blob x)
    指定されたパラメータを指定されたjava.sql.Blobオブジェクトに設定します。
    void BaseRowSet.setBoolean​(int parameterIndex, boolean x)
    指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のbooleanに設定します。
    void BaseRowSet.setBoolean​(String parameterName, boolean x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのboolean値に設定します。
    void BaseRowSet.setByte​(int parameterIndex, byte x)
    指定されたパラメータを、指定されたJavaプログラミング言語のbyteに設定します。
    void BaseRowSet.setByte​(String parameterName, byte x)
    指定されたパラメータを指定されたJavaのbyte値に設定します。
    void BaseRowSet.setBytes​(int parameterIndex, byte[] x)
    指定されたパラメータを、指定されたバイト配列に設定します。
    void BaseRowSet.