モジュール java.base

パッケージjava.security.interfaces


パッケージjava.security.interfaces
RSA Laboratory Technical Note PKCS#1で定義されているRSA (Rivest, Shamir and Adleman AsymmetricCipher algorithm)キーと、NISTのFIPS-186で定義されているDSA (Digital Signature Algorithm)キーを生成するためのインタフェースを提供します。

これらのインタフェースは、キーの実装のキー・データがアクセス可能な場所に存在している場合のみ使用できます。 キーの実装のキー・データがアクセス不可能な保護された記憶域(ハードウェア・デバイスなど)にある場合、これらのインタフェースは使用できません。

ハードウェア・デバイス用Keyクラスの設計方法など、これらのインタフェースの使用方法に関する開発者向け情報は、次の暗号プロバイダの開発者ガイドを参照してください。

パッケージの仕様

  • PKCS #1: RSA Cryptography Specifications,バージョン2.2 (RFC 8017)
  • Federal Information Processing Standards Publication (FIPS PUB) 186: Digital Signature Standard (DSS)

関連項目

詳細については、次を参照してください。
  • {extLink security_guide_jca Java暗号化アーキテクチャ・リファレンス・ガイド}
導入されたバージョン:
1.1