機械翻訳について

jwebserverコマンド

名前

サーバー - Java Simple Web Serverの起動

シノプシス

jwebserver [options]

options
コマンド行オプション。 オプションの詳細については、Optionsを参照してください。

説明

jwebserverツールは、プロトタイプ、テストおよびデバッグに使用される最小限のHTTPサーバーを提供します。 単一のディレクトリ階層として機能し、静的ファイルのみを処理します。 HTTP/1.1のみがサポートされています。HTTP/2およびHTTPSはサポートされていません。

べき等なHEADおよびGETリクエストのみが処理されます。 その他のリクエストは、501 - Not Implementedまたは405 - Not Allowedレスポンスを受け取ります。 GETリクエストは、次のように処理されるディレクトリにマップされます:

MIMEタイプは、組込み表を使用して自動的に構成されます。 たとえば、.htmlファイルはtext/htmlとして提供され、.javaファイルはtext/plainとして提供されます。

jwebserverはjdk.httpserverモジュールにあり、かわりにjava -m jdk.httpserverを使用して起動できます。 これは、com.sun.net.httpserverパッケージのwebサーバーの実装に基づいています。 com.sun.net.httpserver.SimpleFileServerクラスは、再利用および拡張のためにサーバーとそのコンポーネントを取得するプログラム的な方法を提供します。

使用法

jwebserver [-b bind address] [-p port] [-d directory]
           [-o none|info|verbose] [-h to show options]
           [-version to show version information]

オプション

-hまたは-?あるいは--help
ヘルプ・メッセージを出力して終了します。
-b addrまたは--bind-address addr
バインド先のアドレスを指定します。 デフォルト : 127.0.0.1または::1 (loopback)。 すべてのインタフェースで、-b 0.0.0.0または-b ::を使用します。
-d dirまたは--directory dir
使用するディレクトリを指定します。 デフォルト: 現在のディレクトリ。
-o levelまたは--output level
出力形式を指定します。none | info | verbose デフォルト: info
-p portまたは--port port
リスニングするポートを指定します。 デフォルト: 8000
-versionまたは--version
バージョン情報を出力して終了します。

サーバーを停止するには、Ctrl + Cを押します。

サーバーの起動

次のコマンドは、Simple Web Serverを起動します:

$ jwebserver

起動が成功すると、サーバーはローカル・アドレスと、提供されているディレクトリの絶対パスを示すメッセージをSystem.outに出力します。 次に例を示します。

$ jwebserver
Binding to loopback by default. For all interfaces use "-b 0.0.0.0" or "-b ::".
Serving /cwd and subdirectories on 127.0.0.1 port 8000
URL http://127.0.0.1:8000/

構成

デフォルトでは、サーバーはフォアグラウンドで実行され、ループバック・アドレスとポート8000にバインドされます。 これは、-bおよび-pオプションを使用して変更できます。
たとえば、簡易Webサーバーをすべてのインタフェースにバインドするには、次を使用します:

$ jwebserver -b 0.0.0.0
Serving /cwd and subdirectories on 0.0.0.0 (all interfaces) port 8000
URL http://123.456.7.891:8000/

これにより、ネットワーク上のすべてのホストからwebサーバーにアクセスできるようになります。 サーバーが機密情報をリークできないことが確実でないかぎり、これを行わないでください。

別の例として、次のコマンドを使用してポート9000で実行します:

$ jwebserver -p 9000

デフォルトでは、現在のディレクトリのファイルが処理されます。 -dオプションで別のディレクトリを指定できます。

デフォルトでは、すべてのリクエストがコンソールに記録されます。 次のように出力されます。

127.0.0.1 - - [10/Feb/2021:14:34:11 +0000] "GET /some/subdirectory/ HTTP/1.1" 200 -

ログ出力は、-oオプションを使用して変更できます。 デフォルト設定はinfoです。 verbose設定には、リクエスト・ヘッダーとレスポンス・ヘッダーに加えて、リクエストされたリソースの絶対パスも含まれます。

サーバーの停止

正常に起動すると、サーバーは停止するまで実行されます。 Unixプラットフォームでは、SIGINTシグナル (ターミナル・ウィンドウのCtrl+C)を送信することによってサーバーを停止できます。

ヘルプ・オプション

-hオプションは、jwebserverの使用方法とオプションを説明するヘルプ・メッセージを表示します。