Java(tm) Web Start

Java Web Startバージョン1.7.0は、Java(tm) Platform, Standard Edition 7 JDKに含まれています。

概要

Java Web Startは、Webブラウザ上でクリックするだけでフル装備のアプリケーションを起動できる機能を提供する、アプリケーション配備のためのテクノロジです。この機能を利用すれば、表計算プログラムやインターネット・チャット・クライアントなどのアプリケーションを、複雑なインストール手順を踏まずに、簡単にダウンロードして起動できるようになります。

Java Web Startには、Javaプラットフォームのセキュリティ機能が組み込まれているため、アプリケーションのデータやファイルの整合性が損なわれることはありません。さらに、Java Web Startテクノロジを使うと、最新のJava SEテクノロジを任意のブラウザで利用できます。

Java Web Startでは、Webページ上のリンクをクリックするだけで、アプリケーションを起動できます。そのアプリケーションがコンピュータに存在しない場合は、Java Web Startにより、必要なすべてのファイルが自動的にダウンロードされます。ダウンロード後は、ファイルがコンピュータ上にキャッシュされるため、デスクトップ上のアイコンかブラウザ上のリンクを使って、必要なときにいつでも起動できるようになります。また、どの方法でアプリケーションを起動しても、常に最新バージョンのアプリケーションが起動されます。

拡張機能

ドキュメント


Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.