Java Native Interface

Java Native Interface (JNI)は、Javaネイティブ・メソッドを記述したり、Java仮想マシンをネイティブ・アプリケーションに組み込んだりするための標準プログラミング・インタフェースです。主な目的は、所定のプラットフォーム上のすべてのJava仮想マシンの実装間で、ネイティブ・メソッド・ライブラリをバイナリ互換とすることにあります。

JNI 6.0 APIの仕様

Java Native Interface 6.0の仕様では、Solaris、Linux、およびWindowsプラットフォーム上でJNIメカニズムを使用してオブジェクトを表示するためにAWTパッケージがどのように設計されているかについて説明します。

JNI APIの拡張機能

JNIの拡張機能では、このテクノロジにさらに拡張機能が追加された時点で、それらの拡張機能が報告されます。

詳細情報

JNI FAQを参照してください。


Copyright © 1993, 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.