Java SE 7でのSwingの拡張機能

次の項目について説明します。

JLayerクラス

JLayerクラスは、Swingコンポーネントの柔軟で強力なデコレータです。使用すると、基本となるコンポーネントを直接変更しなくても、コンポーネント上で描画したり、コンポーネント・イベントに応答したりすることができます。詳細については、「The Java Tutorial」のJLayerを使用してコンポーネントをデコレートする方法を参照してください。

Nimbusルック・アンド・フィール

Nimbusルック・アンド・フィール(L&F)は、com.sun.java.swingから標準API名前空間であるjavax.swingに移動しました。詳細は、javax.swing.plaf.nimbusパッケージを参照してください。これはデフォルトのL&Fではありませんが、簡単に使用できます。詳細およびアプリケーションでNimbusを使用するための簡単な3つのメソッドの例については、JavaチュートリアルのNimbusルック・アンド・フィールに関するセクションを参照してください。

重量コンポーネントと軽量コンポーネント

従来、重量(AWT)コンポーネントと軽量(Swing)コンポーネントを同じコンテナ内で混在させることには問題がありました。しかし、Java SE 7では重量コンポーネントと軽量コンポーネントの混在は簡単に実現できるようになりました。その方法については、記事「Mixing Heavyweight and Lightweight Components」を参照してください。

形状付きウィンドウと半透明ウィンドウ

Java SE 7リリースでは、透明度を持つウィンドウや矩形以外の形状のウィンドウがサポートされます。「The Java Tutorial」の一部である「How to Create Translucent and Shaped Windows」を参照してください。

JColorChooserクラスのHSL (色相-彩度-輝度)色の選択

JColorChooserクラスにHSVタブが追加され、HSL (色相-彩度-輝度)カラー・モデルを使用してカラーを選択することができるようになりました。

また、関連する拡張機能を次のテクノロジで利用しています。


Copyright © 1993, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.