Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

wsimport

Webアプリケーション・アーカイブ(WAR)ファイルにパッケージ化できるJAX-WSポータブル・アーティファクトを生成し、Antタスクを提供します。

形式

wsimport [ options ] wsdl

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

wsdl

Webサービスを呼び出す方法、予測されるパラメータおよび返されるデータ構造に関するマシン判読可能形式の説明を含むファイル。

説明

wsimportコマンドは、次のJAX-WSポータブル・アーティファクトを生成します。これらのアーティファクトは、WSDLドキュメント、スキーマ・ドキュメントおよびエンドポイント実装とともに、WARファイルにパッケージ化して配備できます。wsimportコマンドは、wsimport Antタスクも提供します。次の「Wsimport Ant Task」ページの「Tools」タブを参照してください。
http://jax-ws.java.net/nonav/2.1.1/docs/wsimportant.html

  • サービス・エンドポイント・インタフェース(SEI)

  • サービス

  • wsdl:faultから例外クラスがマップされます(存在する場合)

  • 応答wsdl:messageから非同期応答Beanが派生されます(存在する場合)

  • JAX-Bが生成する値タイプ(スキーマの型からマップされたJavaクラス)

wsgenコマンドを開始するには、次の処理を行います。

Oracle Solaris/Linux:

/bin/wsimport.sh -help

Windows:

\bin\wsimport.bat -help

オプション

-d directory

生成される出力ファイルを格納する場所を指定します。

-b path

外部のJAX-WSまたはJAXBバインディング・ファイルを指定します。-bオプションを使って、複数のJAX-WSおよびJAXBバインディング・ファイルを指定できます。これらのファイルを使って、パッケージ名やBean名などをカスタマイズできます。JAX-WSおよびJAXBバインディング・ファイルの詳細は、次の「WSDL Customization」の「Users Guide」タブを参照してください。
http://jax-ws.java.net/nonav/2.1.1/docs/wsimportant.html

-B jaxbOption

jaxbOptionオプションをJAXBスキーマ・コンパイラに渡します。

-catalog

外部エンティティ参照を解決するカタログ・ファイルを指定します。-catalogオプションは、TR9401、XCatalogおよびOASIS XML Catalog形式をサポートします。次の「Catalog Support」ページの「Users Guide」タブを参照してください。
http://jax-ws.java.net/nonav/2.1.1/docs/catalog-support.html

-extension

ベンダー拡張を許可します。拡張を使用すると、アプリケーションの移植性が失われたり、他の実装で機能しなくなる可能性があります。

-help

wsimportコマンドのヘルプ・メッセージを表示します。

-httpproxy: host:port

HTTPプロキシ・サーバーを指定します。デフォルトは8080です。

-keep

生成されたファイルを保持します。

-p name

WSDLおよびスキーマのバインディング・カスタマイズや仕様で定義されているデフォルトのアルゴリズムをオーバーライドするターゲット・パッケージを指定します。

-s directory

生成されるソース・ファイルを格納する場所を指定します。

-verbose

コンパイラのメッセージを表示します。

-version

リリース情報を出力します。

-wsdllocation location

@WebServiceClient.wsdlLocationの値を指定します。

-target

指定されたJAX-WS仕様バージョンに従ってコードを生成します。バージョン2.0では、JAX-WS 2.0仕様に準拠したコードを生成します。

-quiet

wsimportコマンドの出力を抑制します。

-bオプションを使って、複数のJAX-WSおよびJAXBバインディング・ファイルを指定できます。これらのファイルを使って、パッケージ名やBean名など、様々な要素をカスタマイズできます。JAX-WSおよびJAXBバインディング・ファイルの詳細は、次のカスタマイズに関するドキュメントを参照してください。
https://jax-ws.java.net/nonav/2.1.2/docs/customizations.html

非標準オプション

-XadditionalHeaders

要求またはレスポンス・メッセージにバインドされないヘッダーをJavaメソッドのパラメータにマップします。

-Xauthfile file

承認情報を含むファイルを指定するWSDL URIです。このURIの形式は次のとおりです。

http://user-name:password@host-name/web-service-name>?wsdl。

-Xdebug

デバッグ情報を出力します。

-Xno-addressing-databinding

W3CEndpointReferenceTypeとJavaのバインディングを有効にします。

-Xnocompile

生成されたJavaファイルをコンパイルしません。

次の例は、http://stockquote.example.com/quote?wsdlをインポートすることで、Javaアーティファクトを生成およびコンパイルします。

wsimport -p stockquote http://stockquote.example.com/quote?wsdl

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.