Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

extcheck

ターゲットのJava Archive (JAR)ファイルと現在インストールされている拡張機能JARファイル間のバージョンの競合を検出します。

形式

extcheck [options] targetfile.jar

options

コマンド行オプション。「オプション」を参照してください。

targetfile.jar

ターゲットJARファイル。バージョンの競合を検出するために、現在インストールされている拡張機能JARファイルと比較されます。

説明

extcheckユーティリティは、指定されたJARファイルのタイトルおよびバージョンがJava SE SDKにインストールされている拡張機能と競合していないかをチェックします。拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使って、バージョンが同じか、より新しい拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べることができます。

extcheckコマンドは、targetfile.jarファイルのマニフェスト内のヘッダーSpecification-titleおよびSpecification-versionを、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべてのJARファイル内の対応するヘッダーと比較します。デフォルトでは、拡張機能ディレクトリはOracle Solarisではjre/lib/ext、Windowsでは\jre\lib\extです。extcheckコマンドは、java.lang.Package.isCompatibleWithメソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。

競合が検出されない場合のリターン・コードは0です。

拡張機能ディレクトリ内のJARファイルのマニフェストに、同一のSpecification-title、および同一またはより新しいSpecification-version番号がある場合は、0でないエラー・コードが返されます。targetfile.jarのマニフェスト・ファイルにSpecification-titleまたはSpecification-version属性がない場合も、0でないエラー・コードが返されます。

オプション

-verbose

拡張機能ディレクトリ内のJARファイルを、チェック時に一覧表示します。また、ターゲットJARファイルのマニフェストの属性、および競合するJARファイルについても報告します。

-Joption

Java仮想マシン(JVM)にoptionを渡します(optionは、Java起動ツールのリファレンス・ページに記載されているいずれかのオプション)。たとえば、-J-Xms48mと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。java(1)を参照してください。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.