Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次    

jjs

Nashornエンジンを起動します。

形式

jjs [options] [script-files] [-- arguments]
options

jjsコマンドの1つ以上のオプションを空白文字で区切ったものです。詳細は、「オプション」を参照してください。

script-files

Nashornを使用して解析する1つ以上のスクリプト・ファイルを空白文字で区切ったものです。ファイルを指定しない場合は、対話型シェルが起動されます。

arguments

二重ハイフンのマーカー(--)の後ろにある値はすべて、引数としてスクリプトまたは対話型シェルに渡されます。これらの値には、argumentsプロパティを使用することでアクセスできます(例3を参照)。

説明

jjsコマンド行ツールは、Nashornエンジンを起動するために使用されます。このツールを使用すると、1つまたは複数のスクリプト・ファイルを解析したり、対話型シェルを実行したりできます。

オプション

jjsコマンドのオプションによって、Nashornでスクリプトが解析される条件が制御されます。

-cp path
-classpath path

サポートするクラス・ファイルへのパスを指定します。複数のパスを設定するために、オプションを繰り返したり、各パスをセミコロン(;)で区切ったりできます。

-Dname=value

プロパティ名に値を割り当てることで、スクリプトに渡されるシステム・プロパティを設定します。次の例は、Nashornを対話型モードで起動し、myKeyという名前のプロパティにmyValueを割り当てる方法を示しています。

>> jjs -DmyKey=myValue
jjs> java.lang.System.getProperty("myKey")
myValue
jjs>

このオプションを繰り返すと、複数のプロパティを設定できます。

-doe
--dump-on-error

エラーが発生したときに完全なスタック・トレースを提供します。デフォルトでは、簡単なエラー・メッセージのみが出力されます。

-fv
--fullversion

完全なNashornバージョン文字列を出力します。

-fx

スクリプトをJavaFXアプリケーションとして起動します。

-h
-help

オプションとその説明のリストを出力します。

--language=[es5]

ECMAScript言語バージョンを指定します。デフォルトのバージョンはES5です。

-ot
--optimistic-types=[true|false]

再コンパイルの最適化を解除してオプティミスティック・タイプ仮定を有効または無効にします。オプティミスティック・タイプを使用した実行によって最終的な速度が向上しますが、ウォームアップ時間が増える場合があります。

-scripting

シェル・スクリプトの機能を有効にします。

-strict

一般的なコーディング・エラーを簡単に検出できるように、より厳しく標準(ECMAScript Edition 5.1)に準拠させる厳密モードを有効にします。

-t=zone
-timezone=zone

スクリプトの実行用に指定したタイムゾーンを設定します。OSに設定され、Dateオブジェクトで使用されているタイムゾーンはオーバーライドされます。

-v
-version

Nashornバージョン文字列を出力します。

例1 - Nashornを使用してスクリプトを実行する
jjs script.js
例2 - Nashornを対話型モードで実行する
>> jjs
jjs> println("Hello, World!")
Hello, World!
jjs> quit()
>>
例3 - Nashornに引数を渡す
>> jjs -- a b c
jjs> arguments.join(", ")
a, b, c
jjs>

関連項目

jrunscript

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.