Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

jmc

Java Mission Controlは、プロファイリング、モニタリング、および診断ツールのスイートです。

形式

jmc [ options ]


オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述してください。オプションの指定順序に決まりはありません。jmcコマンドで使用するオプションの詳細については、「オプション」を参照してください。

説明

注意: Java Mission Controlを本番で使用するには、商用ライセンスが必要です。商用機能の詳細とそれらを有効化する方法については、http://www.oracle.com/technetwork/java/javaseproducts/にアクセスしてください。

Java Mission Controlは、HotSpot JVMの本番時のプロファイリングと診断を行うツールです。Java Mission Controlの主な機能は管理コンソールとJava Flight Recorderの2つですが、ほかにもいくつかの機能がツールからダウンロードできるプラグインとして用意されています。Java Mission Controlは、Eclipse IDE用のプラグインのセットとしても使用可能です。

オプション

Java Mission Controlを起動するときに、次のオプションを使用できます。

-help

jmcコマンドのヘルプを出力します。

-version

Java Mission Controlのバージョンを出力して終了します。

-showversion

Java Mission Controlのバージョンを出力して続行します。

-debug

デバッグ出力を有効にします。

-consoleLog

Eclipseログをコンソールに出力します。(Eclipseのフラグ)。

Windowsでは、このオプションを次のように使用します。

JAVA_HOME\bin\jmc.exe -consoleLog 2>&1 | more
-data workspace

Java Mission Controlの実行中に使用されるワークスペースを設定します。デフォルトのワークスペースは$HOME/.jmcです。(Eclipseのフラグ)。

-open file

Java Mission Controlでfileを開きます。たとえば、フライト記録ファイル(.jfrファイル)を開きます。

eclipse-option

配下のEclipseプラットフォームにこのeclipse-optionを渡します。例 -nosplash

-vmargs jvm-arguments

JAVA_HOME/binにあるjmc.iniファイルで指定されたJVM引数をオーバーライドします。

--launcher.appendVmargs

JVM引数を、-vmargsフラグからjmc.iniファイルの引数に追加します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.