Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

klist

ローカルの資格キャッシュおよびキー表のエントリを表示できます。

形式

klist [ [-c] [-f] [-e] [-a [-n]] ] [-k [-t] [-K] ] [name] [-help]]

説明

klistツールは、ローカルの資格キャッシュおよびキー表のエントリを表示します。kinitツールを使用して資格キャッシュを変更した後や、ktabツールを使用してキータブを変更した後は、klistツールを使用して資格キャッシュまたはキータブの内容を表示することが、変更内容を確認する唯一の方法です。klistツールでは、Kerberosデータベースは変更されません。

コマンド

-c

資格キャッシュのエントリを一覧表示します。資格キャッシュ・エントリ用のオプションは次のとおりです。

-f

資格フラグを表示します。

-e

暗号化の種類を表示します。

-a

アドレスを表示します。

-n

-aオプションが指定されている場合は、アドレスを逆引き解決しないでください。

-k

キータブのエントリを一覧表示します。キータブ・エントリ用のオプションは次のとおりです。

-t

キータブ・エントリのタイムスタンプを表示します。

-K

キータブ・エントリのDES鍵を表示します。

name

資格キャッシュ名またはキー・タブ名を指定する。名前が指定されていない場合、klistツールでは、キャッシュ名およびキータブのデフォルト値が使用されます。これらのデフォルト値は、kinitのドキュメントに一覧表示されています。

-help

説明を表示する。

キー・タブ・エントリのタイムスタンプとDESキーを含めて、キー表内のエントリを一覧表示する場合

klist -k -t -K FILE:\temp\mykrb5cc

資格フラグとアドレス・リストを含めて、資格キャッシュのエントリを一覧表示する場合

klist -c -f FILE:\temp\mykrb5cc

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.