Java Platform, Standard Editionツール・リファレンス
目次      

rmiregistry

現在のホストの指定したポート上でリモート・オブジェクト・レジストリを開始します。

形式

rmiregistry [ port ]

port

リモート・オブジェクト・レジストリを開始する現在のホストのportの番号。

説明

rmiregistryコマンドは、現在のホストの指定したポート上にリモート・オブジェクト・レジストリを作成し、開始します。ポートを省略した場合は、ポート1099上でレジストリが開始されます。rmiregistryコマンドからは何も出力されません。通常は、次のようにバックグラウンドで実行されます。

rmiregistry &

リモート・オブジェクト・レジストリは、ブートストラップのネーム・サービスです。同一ホスト上のRMIサーバーが、リモート・オブジェクトを名前にバインドするために使用します。その後、ローカルおよびリモート・ホスト上のクライアントはリモート・オブジェクトを検索し、リモート・メソッドの呼出しを行うことができます。

通常、レジストリは最初のリモート・オブジェクトの位置を指定するために使用され、アプリケーションはそのオブジェクトのメソッドを呼び出す必要があります。その後、そのオブジェクトは他のオブジェクトを探すためのアプリケーション固有のサポートを提供します。

java.rmi.registry.LocateRegistryクラスのメソッドは、ローカル・ホスト、またはローカル・ホストとポートで動作するレジストリを取得するために使用されます。

java.rmi.NamingクラスのURLベースのメソッドは、レジストリで動作し、任意のホストおよびローカル・ホスト上のリモート・オブジェクトの検索に使用できます。リモート・オブジェクトに単純な名前(文字列)をバインドしたり、新しい名前をリバインド(古いバインドをオーバーライド)します。またリモート・オブジェクトをアンバインドしたり、レジストリにバインドされたURLを出力します。

オプション

-J

任意のJavaオプションとともに使用して、-Jの後に続くオプション(-Jとオプションの間にはスペースを入れない)をJavaインタプリタに渡します。

関連項目

目次      

Copyright © 1993, 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.