プライマリ・コンテンツに移動
Java Platform, Standard Editionセキュリティ開発者ガイド
リリース9
E91919-01
目次へ移動
目次

前
次
次へ

はじめに

このガイドでは、Javaセキュリティのテクノロジ、ツール、およびJava Platform, Standard Edition (Java SE)上のよく使用されるセキュリティ・アルゴリズム、メカニズムおよびプロトコルの実装について説明します。

対象読者

このドキュメントは、包括的なJavaセキュリティ・フレームワークを使用してアプリケーションを構築する、経験のある開発者が対象となっています。また、アプリケーションをセキュアに管理するための一連のツールを使用するユーザーまたは管理者が対象となっています。

ドキュメントのアクセシビリティについて

Oracleのアクセシビリティへの取り組みについては、Oracle Accessibility ProgramのWebサイト(http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc)にアクセスしてください。

Oracle Supportへのアクセス

サポートをご購入のOracleのお客様は、My Oracle Supportにアクセスして電子サポートを受けることができます。詳細は、http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=info、聴覚に障害があるお客様はhttp://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trsを参照してください。

関連ドキュメント

他のJDK 9ガイドについては、Oracle JDK 9のドキュメントを参照してください。

表記規則

このマニュアルでは次の表記規則を使用します。

規則 意味

太字

太字は、操作に関連するGraphical User Interface要素、または本文中で定義されている用語および用語集に記載されている用語を示します。

イタリック体

イタリックは、ユーザーが特定の値を指定するプレースホルダ変数を示します。

固定幅フォント

固定幅フォントは、段落内のコマンド、URL、サンプル内のコード、画面に表示されるテキスト、または入力するテキストを示します。