Home
Home

Oracle Database
  11g リリース2 (11.2)

Grid Computing

グリッド・コンピューティングは、ユーザーが、データがどこにあるかあるいはどのコンピュータが要求したのかを意識せずに、コンピュータをユーティリティに代えます。ユーザーは、いつでも望むだけの情報あるいは計算を得ることが可能です。データベース管理者にとって、グリッドは資源の割り当ておよび情報の共有、高可用性を意味します。Real Application ClustersおよびOracle Clusterwareを持つOracleデータベースは、データベース・グリッドのインフラストラクチャを提供します。Automatic Storage Managementは、ストレージ・グリッドのインフラストラクチャを提供します。Oracle Enterprise Manager Grid Controlは、グリッドの全体的管理手段を提供します。

Essentials

2日でReal Application Clustersガイド HTML ZIP

Supporting Documentation

このページ内のドキュメントには、Oracle ClusterwareおよびOracle Real Applications Clustersのデプロイの管理方法が記載されています。

Quality of Service Managementユーザーズ・ガイド HTML ZIP

Oracle Real Application Clusters

Oracle Real Application Clustersは、数台の標準的なマシンのリソースの処理をプールし、グリッド内の複数にクラスタ化されたノードを横切って実行するためのシングル・データベースを可能とします。

Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド HTML ZIP

Oracle Clusterware

Oracle Clusterwareは、シングル・サーバーのクラスタ化を可能にするポータブルなクラスタ・ソフトウェアです。そのためシングル・サーバーはシングル・システムとして連携します。Oracle Clusterwareはまた、Oracle Real Application Clusters (RAC)に要求されるインフラストラクチャも提供します。Oracle Clusterwareは、Oralceアプリケーションあるいはクラスタ内の他の種類のアプリケーションの保護も可能にします。

Clusterware管理およびデプロイメント・ガイド HTML ZIP

Oracle Automatic Storage Management

Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)は、データベースとストレージの間で仮想化レイヤを提供します。それはシングル・ディスク・グループとして複数のディスクを扱い、データベースを動作させたままで、ディスクを動的に追加あるいは削除することを可能にします。

Automatic Storage Management管理者ガイド HTML ZIP

See Also