ヘッダーをスキップ
Oracle® Database SQL言語リファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56299-06
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

ALTER PROFILE

用途

ALTER PROFILE文を使用すると、プロファイルのリソース制限またはパスワード管理パラメータを追加、変更または削除できます。

ALTER PROFILE文を使用すると、プロファイルに対して行った変更は、このプロファイルの現行のセッションのユーザーには影響しません。後続セッションのユーザーのみに影響します。


関連項目:

プロファイルの作成の詳細は、「CREATE PROFILE」を参照してください。

前提条件

ALTER PROFILEシステム権限が必要です。

構文

alter_profile::=

alter_profile.gifの説明が続きます。
alter_profile.gifの説明

(resource_parameters::=password_parameters::=を参照)

resource_parameters::=

resource_parameters.gifの説明が続きます。
resource_parameters.gifの説明

(size_clause::=を参照)

password_parameters::=

password_parameters.gifの説明が続きます。
password_parameters.gifの説明

セマンティクス

ALTER PROFILE文のキーワード、パラメータおよび句の意味は、すべてCREATE PROFILE文のキーワード、パラメータおよび句と同じです。

DEFAULTプロファイルから制限を削除することはできません。

詳細は、「CREATE PROFILE」および次の例を参照してください。

パスワードを無効にする例: 次の文は、new_profileプロファイル(「プロファイルの作成例:」で作成)のパスワードを90日間再利用できないようにします。

ALTER PROFILE new_profile 
   LIMIT PASSWORD_REUSE_TIME 90 
   PASSWORD_REUSE_MAX UNLIMITED;

デフォルトのパスワード値の設定例: 次の文は、app_userプロファイル(「プロファイルのリソース制限の設定の例:」で作成)のPASSWORD_REUSE_TIME値をDEFAULTプロファイルに定義された値にデフォルト設定します。

ALTER PROFILE app_user 
   LIMIT PASSWORD_REUSE_TIME DEFAULT
   PASSWORD_REUSE_MAX UNLIMITED;

ログインおよびパスワード・ロック時間の制限例: 次の文は、プロファイルapp_userFAILED_LOGIN_ATTEMPTSを5に、PASSWORD_LOCK_TIMEを1に変更します。

ALTER PROFILE app_user LIMIT
   FAILED_LOGIN_ATTEMPTS 5
   PASSWORD_LOCK_TIME 1;

この文を使用すると、ログインに5回失敗した場合に、app_userのアカウントは1日ロックされます。

パスワードの有効期限および猶予期間の変更例: 次の文は、プロファイルapp_user2PASSWORD_LIFE_TIMEを90日に、PASSWORD_GRACE_TIMEを5日に変更します。

ALTER PROFILE app_user2 LIMIT
   PASSWORD_LIFE_TIME 90
   PASSWORD_GRACE_TIME 5;

同時セッションの制限例: 次の文は、プロファイルapp_userに同時実行セッションの新しい制限5を指定します。

ALTER PROFILE app_user LIMIT SESSIONS_PER_USER 5; 

現在、プロファイルapp_userSESSIONS_PER_USERの制限が定義されていない場合は、このプロファイルに制限5が追加されます。プロファイルに制限が定義されている場合は、前述の文によってその制限が5に再定義されます。プロファイルapp_userが割り当てられているすべてのユーザーは、同時実行のセッションが5件に制限されます。

プロファイル制限の削除例: 次の文は、プロファイルapp_userIDLE_TIME制限を削除します。

ALTER PROFILE app_user LIMIT IDLE_TIME DEFAULT;

プロファイルapp_userが割り当てられているユーザーは、以降のセッションからプロファイルDEFAULTに定義されたIDLE_TIME制限に従います。

プロファイル・アイドル時間の制限例: 次の文は、プロファイルDEFAULTにアイドル時間の制限(2分)を定義します。

ALTER PROFILE default LIMIT IDLE_TIME  2; 

IDLE_TIMEの制限は、次のユーザーに適用されます。

  • プロファイルが明示的に割り当てられていないユーザー

  • IDLE_TIMEの制限が定義されていないプロファイルが明示的に割り当てられているユーザー

次の文は、プロファイルapp_user2に無制限のアイドル時間を設定します。

ALTER PROFILE app_user2 LIMIT IDLE_TIME UNLIMITED; 

プロファイルapp_user2が割り当てられているすべてのユーザーは、以降のセッションから無制限のアイドル時間が許可されます。