ヘッダーをスキップ
Oracle® Databaseユーティリティ
11gリリース2 (11.2)
B56303-06
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

11 オブジェクト、LOBおよびコレクションのロード

この章の内容は、次のとおりです。

列オブジェクトのロード

制御ファイルの列オブジェクトは、その属性によって記述されています。列オブジェクトの基になるオブジェクト型がNOT FINALであると宣言されると、制御ファイルの列オブジェクトは、基になるオブジェクト型から導出されたサブタイプの(導出および宣言された)属性によって記述されます。データ・ファイルでは、列オブジェクトの各属性に対応するデータは、単純なリレーショナル列に対応するデータ・フィールドと同様の形式でデータ・ファイルに記述されています。


注意:

SQL*Loaderによる列オブジェクトなどの複合データ型のサポートによって、制御ファイル内に、2つの同じフィールド名が存在する可能性があります。1つは列に対応し、もう1つは列オブジェクトの属性に対応する場合です。制御ファイルに同名のフィールドが存在する場合、特定の句がフィールド(たとえば、WHENNULLIFDEFAULTIFSIDOIDREFBFILEなど)を参照できるため、名前の重複が発生する場合があります。

したがって、フィールドを参照する句を使用する場合、フルネームを使用する必要があります。たとえば、フィールドfld1COLUMN OBJECTであると指定され、フィールドfld2を含む場合、NULLIFなどの句でfld2を指定するときは、完全なフィールド名fld1.fld2を使用する必要があります。


次に、列オブジェクトのロードに関する例を示します。

ストリーム・レコード形式への列オブジェクトのロード

例11-1に、事前にサイズが決まっているフィールドにデータがある例を示します。終了文字は、物理レコードの終わりを示します。オペレーティング・システムのファイル処理句(os_file_proc_clause)のカスタム・レコード・セパレータを使用して、物理レコードの終わりを示すこともできます。

例11-1 ストリーム・レコード形式への列オブジェクトのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE departments
   (dept_no     POSITION(01:03)    CHAR,
    dept_name   POSITION(05:15)    CHAR,
1   dept_mgr    COLUMN OBJECT
      (name     POSITION(17:33)    CHAR,
       age      POSITION(35:37)    INTEGER EXTERNAL,
       emp_id   POSITION(40:46)    INTEGER EXTERNAL) )

データ・ファイル(sample.dat)

101 Mathematics  Johny Quest       30   1024
237 Physics      Albert Einstein   65   0000

注意:

  1. この列オブジェクトの型指定は、ネストした列オブジェクトの記述にも繰り返し使用できます。

可変レコード形式への列オブジェクトのロード

例11-2に、デリミタ付きフィールドにデータがある例を示します。

例11-2 可変レコード形式への列オブジェクトのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
1 INFILE 'sample.dat' "var 6"
INTO TABLE departments
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
2  (dept_no
   dept_name, 
   dept_mgr       COLUMN OBJECT
      (name       CHAR(30), 
      age         INTEGER EXTERNAL(5), 
      emp_id      INTEGER EXTERNAL(5)) )

データ・ファイル(sample.dat)

3  000034101,Mathematics,Johny Q.,30,1024,
   000039237,Physics,"Albert Einstein",65,0000,

注意:

  1. "var"文字列には、各レコードの先頭にある長さフィールドのバイト数(この例では6)が含まれます。値が指定されない場合、デフォルトは5バイトです。可変レコードの最大サイズは、2^32-1です。それ以上の値を指定するとエラーになります。

  2. 位置を指定しなくても、一般構文では同じ結果(列オブジェクトの名前の後に、カッコで囲まれた属性のリストが続く)になります。また、省略された型指定については、デフォルトで長さが255のCHAR型になります。

  3. 最初の6バイト(斜体で示した部分)に、次のレコードの長さを指定します。これらの長さ指定には、emp_idフィールドの後の終了記号のために無視される改行文字も含まれます。

ネストした列オブジェクトのロード

例11-3に、ネストした列オブジェクト(他の列オブジェクト内にネストした1つの列オブジェクト)の制御ファイルの記述方法を示します。

例11-3 ネストした列オブジェクトのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE `sample.dat'
INTO TABLE departments_v2
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   (dept_no      CHAR(5), 
   dept_name     CHAR(30), 
   dept_mgr      COLUMN OBJECT
      (name      CHAR(30), 
      age        INTEGER EXTERNAL(3),
      emp_id     INTEGER EXTERNAL(7),
1     em_contact COLUMN OBJECT
         (name      CHAR(30), 
         phone_num  CHAR(20))))

データ・ファイル(sample.dat)

101,Mathematics,Johny Q.,30,1024,"Barbie",650-251-0010,
237,Physics,"Albert Einstein",65,0000,Wife Einstein,654-3210,

注意:

  1. このエントリでは、列オブジェクトにネストした列オブジェクトを指定します。

導出サブタイプを使用した列オブジェクトのロード

例11-4に、NOT FINALのベース・オブジェクト型を拡張して新しく導出されたサブタイプを作成する例を示します。表定義の列オブジェクトは、ベース・オブジェクト型であると宣言されますが、サブタイプがベース・オブジェクト型から導出される場合は、SQL*Loaderによってサブタイプを列オブジェクトにロードできます。

例11-4 サブタイプを使用した列オブジェクトのロード

オブジェクトの型定義

CREATE TYPE person_type AS OBJECT
  (name     VARCHAR(30),
   ssn      NUMBER(9)) not final;

CREATE TYPE employee_type UNDER person_type
  (empid    NUMBER(5));

CREATE TABLE personnel
  (deptno   NUMBER(3),
   deptname VARCHAR(30),
   person   person_type);

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE personnel
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   (deptno        INTEGER EXTERNAL(3),
    deptname      CHAR,
1   person        COLUMN OBJECT TREAT AS employee_type
      (name       CHAR,
       ssn        INTEGER EXTERNAL(9),
2      empid      INTEGER EXTERNAL(5)))

データ・ファイル(sample.dat)

101,Mathematics,Johny Q.,301189453,10249,
237,Physics,"Albert Einstein",128606590,10030,

注意:

  1. TREAT AS句で指定すると、SQL*Loaderでは、実際の宣言型がperson_typeである列オブジェクトpersonが、導出型employee_typeであると宣言されたかのように処理されます。

  2. empid属性はemployee_typeの属性であるため、ここで使用できます。TREAT AS句が指定されていない場合、この属性は列の宣言型の属性ではないため、エラーが発生します。

オブジェクトに対するNULL値の指定

非スカラー・データ型でNULL値を指定する場合、スカラー・データ型で指定するよりも複雑です。オブジェクトは、その属性のサブセットをNULLにするか、すべての属性をNULL(NULLオブジェクトにかぎります)にするか、またはオブジェクト自身をNULL(アトミックNULLオブジェクト)にできます。

NULL属性の指定

列オブジェクトに対応するフィールドでは、NULLIF句を使用して、特殊属性をNULLに初期化するフィールド条件を指定できます。例11-5に、この方法を示します。

例11-5 NULLIF句を使用したNULL属性の指定

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE departments
  (dept_no      POSITION(01:03)    CHAR,
  dept_name     POSITION(05:15)    CHAR NULLIF dept_name=BLANKS,
  dept_mgr      COLUMN OBJECT
1    ( name     POSITION(17:33)    CHAR NULLIF dept_mgr.name=BLANKS,
1    age        POSITION(35:37)    INTEGER EXTERNAL NULLIF dept_mgr.age=BLANKS,
1    emp_id     POSITION(40:46)    INTEGER EXTERNAL NULLIF dept_mgr.empid=BLANKS))

データ・ファイル(sample.dat)

2  101             Johny Quest            1024
   237   Physics   Albert Einstein   65   0000

注意:

  1. 各属性に対応するNULLIF句は、属性値をNULLにする条件を示します。

  2. dept_mgrのage属性の値はNULLです。dept_nameの値もNULLです。

アトミックNULLの指定

列オブジェクトがNULL値(アトミックNULL)を取る条件を制御ファイルで指定するには、NULLIF句で使用するオブジェクトの名前は、マップ・フィールドの論理的な組合せに基づいている必要があります(たとえば、例11-5では、指定されたマップ・フィールドは、dept_nodept_namenameageおよびemp_idです。dept_mgrは、データ・ファイルのどのフィールドにも対応していない(マップされていない)ため、指定されたマップ・フィールドではありません)。

前述の方法は使用可能ですが、オブジェクトがNULL値を取るための条件が、マップ・フィールドに依存していない場合は、理想的な方法ではありません。このような場合は、FILLERフィールドを使用できます。

FILLERフィールドをデータ・ファイルのフィールドにマップし(列オブジェクトがアトミックNULLかどうかを示す)、そのFILLERフィールドを列オブジェクトのNULLIF句のフィールド条件で使用できます。この例を例11-6に示します。

例11-6 FILLERフィールドを使用したデータのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE departments_v2
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   (dept_no         CHAR(5),
   dept_name        CHAR(30),
1  is_null          FILLER CHAR,
2  dept_mgr         COLUMN OBJECT NULLIF is_null=BLANKS
      (name         CHAR(30) NULLIF dept_mgr.name=BLANKS, 
      age           INTEGER EXTERNAL(3) NULLIF dept_mgr.age=BLANKS,
      emp_id        INTEGER EXTERNAL(7) 
                    NULLIF dept_mgr.emp_id=BLANKS,
      em_contact    COLUMN OBJECT NULLIF is_null2=BLANKS
         (name      CHAR(30) 
                    NULLIF dept_mgr.em_contact.name=BLANKS, 
         phone_num  CHAR(20) 
                    NULLIF dept_mgr.em_contact.phone_num=BLANKS)),
1  is_null2         FILLER CHAR)       

データ・ファイル(sample.dat)

101,Mathematics,n,Johny Q.,,1024,"Barbie",608-251-0010,,
237,Physics,,"Albert Einstein",65,0000,,650-654-3210,n,

注意:

  1. FILLERフィールド(データ・ファイルがマップされており、対応する列がない)はCHAR型(デリミタ付きフィールドであるため、CHARのデフォルトはCHAR(255))のフィールドです。NULLIF句は、FILLERフィールド自体には使用できません。

  2. is_nullフィールドが空白の場合は、NULL(アトミックNULL)の値を取得します。

ユーザー定義コンストラクタを使用した列オブジェクトのロード

Oracle Databaseでは、すべてのオブジェクト型に対してデフォルトのコンストラクタが自動的に提供されます。このコンストラクタを使用するには、コンストラクタに対するコールで、その型のすべての属性を引数として指定する必要があります。オブジェクトの新しいインスタンスが作成されると、その属性は引数リスト内の対応する値を取ります。このコンストラクタは、属性値コンストラクタと呼ばれます。SQL*Loaderでは、列オブジェクトのロード時に、デフォルトで属性値コンストラクタが使用されます。

1つ以上のユーザー定義コンストラクタを作成することによって、属性値コンストラクタを上書きできます。ユーザー定義コンストラクタを作成する場合、オブジェクトの新しいインスタンスが作成されると、常に、ユーザー定義論理を実行する型本体を指定する必要があります。ユーザー定義コンストラクタの引数リストは、属性値コンストラクタと同じ場合もありますが、型本体で実装される論理は異なります。

ユーザー定義コンストラクタのファンクションの引数リストが属性値コンストラクタの引数リストと一致する場合、従来型パスとダイレクト・パスではSQL*Loaderの動作が異なります。従来型パス・モードでは、ユーザー定義コンストラクタがコールされます。ダイレクト・パス・モードでは、属性値コンストラクタがコールされます。例11-7に、この違いを示します。

例11-7 一致するコンストラクタを使用した列オブジェクトのロード

オブジェクトの型定義

CREATE TYPE person_type AS OBJECT
     (name     VARCHAR(30),
      ssn      NUMBER(9)) not final;

   CREATE TYPE employee_type UNDER person_type
     (empid    NUMBER(5),
   -- User-defined constructor that looks like an attribute-value constructor
      CONSTRUCTOR FUNCTION
        employee_type (name VARCHAR2, ssn NUMBER, empid NUMBER)
        RETURN SELF AS RESULT);

   CREATE TYPE BODY employee_type AS
     CONSTRUCTOR FUNCTION
        employee_type (name VARCHAR2, ssn NUMBER, empid NUMBER)
      RETURN SELF AS RESULT AS
   --User-defined constructor makes sure that the name attribute is uppercase.
      BEGIN
        SELF.name  := UPPER(name);
        SELF.ssn   := ssn;
        SELF.empid := empid;
        RETURN;
      END;

   CREATE TABLE personnel
     (deptno   NUMBER(3),
      deptname VARCHAR(30),
      employee employee_type);

制御ファイルの内容

LOAD DATA
   INFILE *
   REPLACE
   INTO TABLE personnel
   FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
      (deptno        INTEGER EXTERNAL(3),
       deptname      CHAR,
       employee      COLUMN OBJECT
         (name       CHAR,
          ssn        INTEGER EXTERNAL(9),
          empid      INTEGER EXTERNAL(5)))

   BEGINDATA
1  101,Mathematics,Johny Q.,301189453,10249,
   237,Physics,"Albert Einstein",128606590,10030,

注意:

  1. この制御ファイルが従来型パス・モードで実行された場合、名前フィールドのJohny Q.およびAlbert Einsteinは、両方とも大文字でロードされます。これは、従来型パス・モードではユーザー定義コンストラクタがコールされるためです。これに対し、この制御ファイルがダイレクト・パス・モードで実行された場合、名前フィールドは入力データに表示されているとおりにロードされます。これは、ダイレクト・パス・モードでは属性値コンストラクタがコールされるためです。

引数リストが属性値コンストラクタと一致しないユーザー定義コンストラクタの作成もできます。この場合は、従来型パス・モードおよびダイレクト・パス・モードの両方で、属性値コンストラクタがコールされます。例11-8に示す定義について考えてみます。

例11-8 一致しないコンストラクタを使用した列オブジェクトのロード

オブジェクトの型定義

CREATE SEQUENCE employee_ids
    START     WITH  1000
    INCREMENT BY    1;

   CREATE TYPE person_type AS OBJECT
     (name     VARCHAR(30),
      ssn      NUMBER(9)) not final;

   CREATE TYPE employee_type UNDER person_type
     (empid    NUMBER(5),
   -- User-defined constructor that does not look like an attribute-value 
   -- constructor
      CONSTRUCTOR FUNCTION
        employee_type (name VARCHAR2, ssn NUMBER)
        RETURN SELF AS RESULT);

   CREATE TYPE BODY employee_type AS
     CONSTRUCTOR FUNCTION
        employee_type (name VARCHAR2, ssn NUMBER)
      RETURN SELF AS RESULT AS
   -- This user-defined constructor makes sure that the name attribute is in
   -- lowercase and assigns the employee identifier based on a sequence.
        nextid     NUMBER;
        stmt       VARCHAR2(64);
      BEGIN

        stmt := 'SELECT employee_ids.nextval FROM DUAL';
        EXECUTE IMMEDIATE stmt INTO nextid;

        SELF.name  := LOWER(name);
        SELF.ssn   := ssn;
        SELF.empid := nextid; 
        RETURN;
      END;

   CREATE TABLE personnel
     (deptno   NUMBER(3),
      deptname VARCHAR(30),
      employee employee_type);

例11-7で説明した制御ファイルがこれらの定義に従って使用された場合、名前フィールドは、入力データに表示されているとおりに(大文字と小文字の組合せで)ロードされます。これは、従来型パス・モードおよびダイレクト・パス・モードの両方で属性値コンストラクタがコールされるためです。

SQL式でユーザー定義コンストラクタを明示的に参照することによって、従来型パス・モードを使用してこの表をロードすることもできます。例11-9に、この方法を示します。

例11-9 コンストラクタが一致しない場合のSQLを使用した列オブジェクトのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
   INFILE *
   REPLACE
   INTO TABLE personnel
   FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
      (deptno        INTEGER EXTERNAL(3),
       deptname      CHAR,
       name          BOUNDFILLER CHAR,
       ssn           BOUNDFILLER INTEGER EXTERNAL(9),
1      employee      EXPRESSION "employee_type(:NAME, :SSN)")

   BEGINDATA
1  101,Mathematics,Johny Q.,301189453,
   237,Physics,"Albert Einstein",128606590,

注意:

  1. この場合、従業員列オブジェクトが、SQL式を使用してロードされます。この式によって、正しい数の引数が含まれているユーザー定義コンストラクタが起動されます。名前フィールドのJohny Q.およびAlbert Einsteinは、両方とも小文字でロードされます。また、各行の従業員列オブジェクトの従業員識別子は、employee_ids順序番号から値を取ります。

例11-9に示した制御ファイルがダイレクト・パス・モードで使用された場合は、次のエラーが通知されます。

SQL*Loader-951: Error calling once/load initialization
ORA-26052: Unsupported type 121 for SQL expression on column EMPLOYEE.

オブジェクト表のロード

オブジェクト表のロードに必要な制御ファイルの構文は、典型的なリレーショナル表のロードの場合とほぼ同じです。例11-10に、主キーベースのオブジェクト識別子(OID)を使用したオブジェクト表のロード例を示します。

例11-10 主キーOIDを使用したオブジェクト表のロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
DISCARDFILE 'sample.dsc'
BADFILE 'sample.bad'
REPLACE
INTO TABLE employees 
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   (name    CHAR(30)                NULLIF name=BLANKS,
   age      INTEGER EXTERNAL(3)     NULLIF age=BLANKS,
   emp_id   INTEGER EXTERNAL(5))

データ・ファイル(sample.dat)

Johny Quest, 18, 007,
Speed Racer, 16, 000,

前述の制御ファイルを見ただけでは、ロードされる表がシステム生成OIDを持つオブジェクト表か、主キーOIDを持つオブジェクト表か、またはリレーショナル表かを判断できません。

すでにシステム生成OIDを含むデータをロードし、新しいOIDを生成するのではなく、データ・ファイル内の既存のOIDを使用するように指定する必要がある場合もあります。そのような場合は、INTO TABLE句に続けてOID句を使用します。

OID (fieldname)

この場合、fieldnameには、システム生成OIDを含むデータ・フィールドにマップされた、フィールド指定リストのフィールド名(通常はFILLERフィールド)を指定します。SQL*Loaderでは、その指定されたOIDが、正しい形式で、グローバルな独自性を保持したOIDであるとみなされます。そのため、OracleのOIDジェネレータを使用してOIDを生成し、ロードされたOIDの一意性を確保する必要があります。

また、そのOID句は、主キーOIDではなく、システム生成のOIDでのみ使用できます。

例11-11に、行オブジェクトを使用したシステム生成OIDのロード例を示します。

例11-11 OIDのロード

制御ファイルの内容

   LOAD DATA
   INFILE 'sample.dat'
   INTO TABLE employees_v2 
1  OID (s_oid)
   FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
      (name    CHAR(30)                NULLIF name=BLANKS,
      age      INTEGER EXTERNAL(3)    NULLIF age=BLANKS,
      emp_id   INTEGER EXTERNAL(5),
2     s_oid    FILLER CHAR(32))

データ・ファイル(sample.dat)

3  Johny Quest, 18, 007, 21E978406D3E41FCE03400400B403BC3,
   Speed Racer, 16, 000, 21E978406D4441FCE03400400B403BC3,

注意:

  1. OID句には、s_oidのロード・フィールドがOIDを含むように指定します。カッコが必要です。

  2. s_oidに有効な16進数が含まれていない場合、そのレコードは拒否されます。

  3. データ・ファイルのOIDは文字列で、32バイトの16進数として解釈されます。32バイトの16進数は、後で16バイトのRAWに変換されてオブジェクト表に格納されます。

サブタイプを使用したオブジェクト表のロード

オブジェクト表の列オブジェクトがNOT FINALに基づいている場合、SQL*Loaderによって導出サブタイプをオブジェクト表にロードできます。前述のとおり、オブジェクト表に導出サブタイプをロードする場合に必要な構文は、典型的なリレーショナル表のロードの場合とほぼ同じです。ただし、この場合、実際に使用するサブタイプがオブジェクト表で有効であるかどうかをSQL*Loaderで判断できるように、サブタイプに名前を指定する必要があります。この概念を例11-12に示します。

例11-12 サブタイプを使用したオブジェクト表のロード

オブジェクトの型定義

CREATE TYPE employees_type AS OBJECT
  (name     VARCHAR2(30),
   age      NUMBER(3),
   emp_id   NUMBER(5)) not final;

CREATE TYPE hourly_emps_type UNDER employees_type
  (hours    NUMBER(3));

CREATE TABLE employees_v3 of employees_type;

制御ファイルの内容

   LOAD DATA

   INFILE 'sample.dat'
   INTO TABLE employees_v3
1  TREAT AS hourly_emps_type
   FIELDS TERMINATED BY ','
     (name     CHAR(30),
      age      INTEGER EXTERNAL(3),
      emp_id   INTEGER EXTERNAL(5),
2     hours    INTEGER EXTERNAL(2))

データ・ファイル(sample.dat)

   Johny Quest, 18, 007, 32,
   Speed Racer, 16, 000, 20,

注意:

  1. TREAT AS句で指定すると、SQL*Loaderでは、実際の宣言型がemployee_typeであるオブジェクト表が、hourly_emps_type型であると宣言されたかのように処理されます。

  2. hours属性はhourly_emps_typeの属性であるため、ここで使用できます。TREAT AS句が指定されていない場合、この属性はオブジェクト表の宣言型の属性ではないため、エラーが発生します。

REF列のロード

SQL*Loaderは、システム生成OIDのREF、主キーベースのREF列および主キーを使用可能な有効範囲なしREF列をロードできます。これらの各列については、次の項で説明するとおり、表名を指定する方法が重要です。

REF句における表名の指定


注意:

この項で説明する内容は、SQL*LoaderおよびOracle Databaseのリリースがいずれも11gリリース1(11.1)以上の環境にのみ適用されます。SQL*Loader、Oracle Databaseまたはその両方が以前のリリースの環境には適用されません。

SQL*Loader制御ファイルでは、REF列に対応するフィールドの記述は、列名の後にREF句を記述することによって行います。REF句には、引数として表名とロードされるREF列の型に適用可能な属性を取ります。表名は、(FILLERフィールドを使用して)動的に、または定数として指定できます。また、表名は、スキーマ名の有無にかかわらず指定できます。

REF句で指定する表名が、定数として、またはFILLERフィールドを使用して指定されるかどうかにかかわらず、大/小文字を区別して認識されます。このため、次のような状況が発生します。

  • ユーザーSCOTTが、小文字で表名を引用符で囲まずにtable2という名前の表を作成する場合、その表は次のいずれの方法でもREF句で使用できます。

    • REF(constant 'TABLE2', ...)

    • REF(constant '"TABLE2"', ...)

    • REF(constant 'SCOTT.TABLE2', ...)

  • ユーザーSCOTTが、大文字と小文字を組み合せた名前を引用符で囲んで"Table2"という名前の表を作成する場合、その表は次のいずれの方法でもREF句で使用できます。

    • REF(constant 'Table2', ...)

    • REF(constant '"Table2"', ...)

    • REF(constant 'SCOTT.Table2', ...)

いずれの状況においても、constantがFILLERフィールドに置換された場合、同じ値がデータ・セクションに書き込まれると、例に示したとおり値が処理されます。

システム生成OID型のREF列

システム生成REF列をロードする場合、SQL*Loaderでは、REF列を構築する実OIDが残りのデータとともにデータ・ファイル内にあるとみなされます。REF列に対応するフィールドの記述は、列名の後にREF句を記述することによって行います。

REF句には、引数として表名とOIDを取ります。その引数は、定数として、または(FILLERフィールドを使用して)動的に指定できます。適切な構文については、「ref_spec」を参照してください。例11-13に、システム生成OID型のREF列のロード例を示します。

例11-13 システム生成REF列のロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE departments_alt_v2
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
  (dept_no      CHAR(5),
   dept_name    CHAR(30),
1 dept_mgr     REF(t_name, s_oid),
   s_oid        FILLER CHAR(32),
   t_name       FILLER CHAR(30))

データ・ファイル(sample.dat)

22345, QuestWorld, 21E978406D3E41FCE03400400B403BC3, EMPLOYEES_V2,
23423, Geography, 21E978406D4441FCE03400400B403BC3, EMPLOYEES_V2,

注意:

  1. 指定した表が存在しない場合、レコードは拒否されます。また、dept_mgrフィールド自体には、データ・ファイルのフィールドはマップされません。

主キーREF列

主キーREF列をロードするには、SQL*Loader制御ファイルのフィールドで列名の後にREF句を記述する必要があります。REF句には、カンマで区切ったフィールド名および定数値のリストが引数として必要です。最初の引数は表名で、その後にロードするREF列の基になる主キーOIDを指定する引数を記述します。適切な構文については、「ref_spec」を参照してください。

SQL*Loaderでは、引数の順序は、参照されている表で主キーOIDを作成する列の相対順序に一致しているとみなされます。例11-14に、主キーREF列のロード例を示します。

例11-14 主キーREF列のロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE departments_alt
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
 (dept_no       CHAR(5),
 dept_name      CHAR(30),
 dept_mgr       REF(CONSTANT 'EMPLOYEES', emp_id),
 emp_id         FILLER CHAR(32))

データ・ファイル(sample.dat)

22345, QuestWorld, 007,
23423, Geography, 000,

主キーが使用可能な有効範囲なしREF列

主キーが使用可能な有効範囲なしREF列によって、システム生成および主キーの両方の型のREFを参照できます。このようなREF列をロードするための構文は、システム生成OID型のREF列または主キーREF列にロードする場合と同じです。例11-13「システム生成REF列のロード」および例11-14「主キーREF列のロード」を参照してください。

主キーが使用可能な有効範囲なしREF列をロードする場合は、次の制限が適用されます。

  • 単一表へのロード中は、この列からシステム生成または主キーのいずれかの型のREFのみを参照できます。両方は参照できません。両方の型の参照を試行すると、データ行が拒否され、参照表名が無効であることを示すエラー・メッセージが表示されます。

  • この列に有効範囲なし主キーREFをロードする場合、単一表へのロード中は、1つのオブジェクト表のみ参照できます。複数の有効範囲なし主キーREF(いくつかのREFはオブジェクト表Xを指し、別のREFはオブジェクト表Yを指す)をロードする場合、次のいずれかの操作を実行する必要があります。

    • 単一表へのロードを2回実行します。

    • 有効範囲なし主キーREFのオブジェクト表名など、WHEN句によってデータのいくつかの要素が指定されている複数のINTO TABLE句を使用して、ロードを1回実行します。次に例を示します。

      LOAD DATA 
      INFILE 'data.dat' 
      
      INTO TABLE orders_apk 
      APPEND 
      when CUST_TBL = "CUSTOMERS_PK" 
      fields terminated by "," 
      ( 
        order_no   position(1)  char, 
        cust_tbl FILLER     char, 
        cust_no  FILLER     char, 
        cust   REF (cust_tbl, cust_no) NULLIF order_no='0' 
      ) 
      
      INTO TABLE orders_apk 
      APPEND 
      when CUST_TBL = "CUSTOMERS_PK2" 
      fields terminated by "," 
      ( 
        order_no  position(1)  char, 
        cust_tbl FILLER     char, 
        cust_no  FILLER     char, 
        cust   REF (cust_tbl, cust_no) NULLIF order_no='0' 
      ) 
      

    これらの方法のいずれも使用しない場合、データ行が拒否され、参照されている表の名前が無効であることを示すエラー・メッセージが表示されます。

  • コレクション内の有効範囲なし主キーREFは、SQL*Loaderではサポートされていません。

  • このREF列にシステム生成のREFをロードする場合は、「システム生成OID REF列」で説明されている制限も適用されます。

  • このREF列に主キーREFをロードする場合は、「主キーREF列」で説明されている制限も適用されます。


    注意:

    主キーが使用可能な有効範囲なしREF列の場合、SQL*Loaderでは、(REFディレクティブまたはデータ行のいずれかから)最初の有効な解析済オブジェクト表が取得され、オブジェクト表のOID型を使用してその単一表へのロードで参照可能なREF型が決定されます。

LOBのロード

LOBは、ラージ・オブジェクト型です。SQL*Loaderでは、次のLOB型がサポートされています。

  • BLOB: 非構造化バイナリ・データを含む内部LOB。

  • CLOB: 文字データを含む内部LOB。

  • NCLOB: 各国語キャラクタ・セットの文字を含む内部LOB。

  • BFILE: サーバー側のオペレーティング・システム・ファイルのデータベース表領域外に格納されるBLOB

LOBは列データ型で、NCLOB以外は、オブジェクトの属性データ型です。LOBは実際の値を持ち、その値はNULLでも「値なし(空)」でもかまいません。LOBに格納される長さ0のフィールドがある場合は、SQL*Loaderによって空のLOBが作成されます。(他のデータ型の場合は、このデータ型とは異なり、長さ0の文字列に対して、列はSQL*LoaderによってNULLに設定されます。)つまり、NULL値をLOB列にロードする方法は、NULLIF句を使用する方法のみです

XML列は、SYS.XMLTYPE型であると宣言された列です。SQL*Loaderは、XML列をCLOBと同様に処理します。次の項で説明するプライマリ・データ・ファイルまたはLOBFILEからのLOBデータのロード方法は、XML列のロードに適用できます。


注意:

LOBフィールドにSQL文字列は指定できません。これは、LOBFILE_specを指定する場合も同じです。

LOBは非常に大きくなくことがあるため、次の項で説明するように、SQL*LoaderはLOBデータをプライマリ・データ・ファイルから(他のデータと一緒に)ロードするか、またはLOBFILEからロードすることができます。


参照:

ラージ・オブジェクト(LOB)データ型の詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。

プライマリ・データ・ファイルからのLOBデータのロード

プライマリ・データ・ファイルから内部LOB(BLOBCLOBおよびNCLOB)またはXML列をロードするには、次の標準SQL*Loader形式を使用できます。

  • 事前にサイズが決まっているフィールド

  • デリミタ付きフィールド

  • Length-Value Pairフィールド

これらの各形式については、次の項で説明します。

事前に決められたサイズのフィールドのLOBデータ

例11-15に示すように、これはLOBデータをロードする場合、最も高速で、概念的に単純な形式です。


注意:

ロードするLOBデータは、サイズが均等ではないため、サイズが小さいデータ・フィールドに空白を埋め込み、全LOBデータが同じサイズになるようにできます。

この形式でLOBをロードするには、ロード時のデータ型としてCHARまたはRAWを使用する必要があります。

例11-15 事前に決められたサイズのフィールドのLOBデータ

制御ファイルの内容

LOAD DATA 
INFILE 'sample.dat' "fix 501"
INTO TABLE person_table
   (name       POSITION(01:21)       CHAR,
1  "RESUME"    POSITION(23:500)      CHAR   DEFAULTIF "RESUME"=BLANKS)

データ・ファイル(sample.dat)

Julia Nayer      Julia Nayer
             500 Example Parkway
             jnayer@us.example.com ...

注意:

  1. DEFAULTIF句が使用されているため、RESUMEが含まれているデータ・フィールドが空の場合、NULLのLOBではなく、空のLOBになります。ただし、DEFAULTIFではなくNULLIF句が使用されている場合は、空のデータ・フィールドではなくNULLになります。

    また、ロード時に、CHAR以外にもSQL*Loaderのデータ型を使用できます。たとえば、BLOBのロード時、RAWデータ型を使用する場合があります。

デリミタ付きフィールドのLOBデータ

この形式で、同じ列(データ・ファイルのフィールド)で異なるサイズのLOBを、問題なく処理できます。ただし、このような柔軟性によって、SQL*Loaderで区切り文字列を探してデータをスキャンする必要があるため、パフォーマンスに影響します。

単一キャラクタのデリミタで、文字列のデリミタを指定する場合は、データ・ファイルのキャラクタ・セットに注意してください。データ・ファイルのキャラクタ・セットが制御ファイルのキャラクタ・セットと異なる場合は、デリミタを16進数の表記法で指定できます(X'hexadecimal string')。デリミタを実際に16進数の表記法で指定する場合は、入力データ・ファイルのキャラクタ・セット中の有効な文字で指定する必要があります。一方、16進数の表記法で指定しない場合、デリミタは、クライアント(制御ファイル)のキャラクタ・セットで指定してください。この場合、デリミタは、SQL*Loaderによってデータ・ファイル内で検索される前に、データ・ファイルのキャラクタ・セットに変換されます。

次のことに注意してください。

  • 文字列デリミタを使用した区切り構文がサポートされます(囲みデリミタを区切りとします)。

  • マルチ・キャラクタの囲みデリミタの前に空白は入れられません。

  • フィールドがWHITESPACEで終わる場合、先頭の空白は切り捨てられます。


    注意:

    SQL*LoaderによるCLOBデータ移動時のフィールドのデフォルト最大長は255バイトですが、最大2GBまでの値を指定できます。デリミタ付きフィールドでは、長さが指定されている場合、その長さが最大長として使用されます。値が指定されない場合、デフォルトは255バイトです。デリミタ付きで255バイトを超えるCHARフィールドの場合、最大長を指定する必要があります。CHARデータ型の詳細は、「CHAR」を参照してください。

例11-16にデリミタ付きフィールドへのLOBデータのロードの例を示します。

例11-16 デリミタ付きフィールドのLOBデータのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA 
INFILE 'sample.dat' "str '|'"
INTO TABLE person_table
FIELDS TERMINATED BY ','
   (name        CHAR(25),
1  "RESUME"     CHAR(507) ENCLOSED BY '<startlob>' AND '<endlob>')

データ・ファイル(sample.dat)

Julia Nayer,<startlob>        Julia Nayer
                          500 Example Parkway
                          jnayer@us.example.com ...   <endlob>
2  |Bruce Ernst, .......

注意:

  1. <startlob>および<endlob>は、囲み文字列です。デフォルトのバイト長セマンティクスでは、CHAR(507)を使用して読み込むことができるLOBの最大長は507バイトです。文字長セマンティクスが使用された場合、最大長は507文字になります。詳細は、「文字長セマンティクス」を参照してください。

  2. レコード・セパレータ'|'は、<endlob>のすぐ後にあり、その後に改行文字が続く場合、改行は、次のレコードの一部として解釈されます。代替方法は、レコード・セパレータに改行部分を作成することです(たとえば'|\n'、または16進数の表記法ではX'7C0A')。

Length-Value PairフィールドのLOBデータ

VARCHARVARCHARCまたはVARRAWデータ型を使用して、Length-Value Pairフィールドで編成されたLOBデータをロードできます。このロード方法を使用すると、デリミタ付きフィールドを使用するよりも高いパフォーマンスを得ることができます。ただし、柔軟性は損なわれる場合があります(たとえば、各LOBのロード前に、LOBの長さの確認が必要です)。例11-17に、Length-Value PairフィールドのLOBデータのロード例を示します。

例11-17 Length-Value PairフィールドへのLOBデータのロード

制御ファイルの内容

  LOAD DATA 
1 INFILE 'sample.dat' "str '<endrec>\n'"
  INTO TABLE person_table
  FIELDS TERMINATED BY ','
     (name       CHAR(25),
2    "RESUME"    VARCHARC(3,500))

データ・ファイル(sample.dat)

  Julia Nayer,479                Julia Nayer
                             500 Example Parkway
                             jnayer@us.example.com
                                    ... <endrec>
3    Bruce Ernst,000<endrec>

注意:

  1. バックスラッシュ・エスケープ文字がサポートされていない場合、例の中でレコード・セパレータとして使用されている文字列は、16進数の表記法で表現されます。

  2. "RESUME"は、CLOB列に対応するフィールドです。制御ファイルでは、VARCHARCがそのフィールドで、フィールド長は3バイト、最大サイズは500バイト(バイト長セマンティクスで)です。文字長セマンティクスが使用された場合、長さは3文字で最大サイズは500文字です。詳細は、「文字長セマンティクス」を参照してください。

  3. VARCHARCのlengthサブフィールドは、0(サブフィールドの値が空)です。このため、LOBインスタンスは、空に初期化されます。

LOBFILEからのLOBデータのロード

LOBデータは、非常に長いデータであるため、プライマリ・データ・ファイルからではなく、LOBFILEからロードすると有効です。LOBFILEでは、LOBデータのインスタンスは、フィールド(事前に決められたサイズ、デリミタ付き、Length-Value)内にあるとみなされますが、これらのフィールドは、レコードに編成されていません(LOBFILEにはレコードの概念がありません)。そのため、レコードを扱うことによって発生する処理のオーバーヘッドを回避できます。このようなデータの編成方法は、LOBのロードにとって理想的です。

LOBFILEからロードしたLOBをメモリーに合わせる必要はありません。SQL*Loaderでは、64KB単位でLOBFILEが読み込まれます。

LOBFILEのデータ・フィールドは、次のいずれかの型です。

  • ファイルの内容全体を読み込む単一のLOBフィールド

  • サイズが決められたフィールド(固定長フィールド)

  • デリミタ付きフィールド(TERMINATED BYまたはENCLOSED BY)

    PRESERVE BLANKS句は、LOBFILEから読み込むフィールドには使用できません。

  • Length-Value Pairフィールド(可変長フィールド)

    この型のフィールドからデータをロードするためには、SQL*Loaderデータ型のVARRAWVARCHARまたはVARCHARCを使用します。

これらの各フィールド型の使用例については、「LOBFILEからのLOBデータのロードの例」を参照してください。前述のすべてのフィールド型は、XML列のロードに使用できます。

LOBFILE構文については、「lobfile_spec」を参照してください。

動的および静的LOBFILE指定

LOBFILEを静的に指定(制御ファイルにファイル名を指定)するか、または動的に指定(FILLERフィールドをファイル名のソースとして使用)できます。いずれの場合も、LOBFILEがEOFで終了しない場合は、LOBFILEの終わりに到達するとファイルがクローズされ、そのファイルからさらにデータを読み込む場合は、空のフィールドからデータを読み込むことになります。

ただし、LOBFILEをEOFで終了する場合は、ファイルからデータを読み込むと、常に、ファイル全体が戻されます。

同じLOBFILEを、2つの異なるフィールドのソースとして指定しないでください。指定すると、通常、2つのフィールドは、データを別々に読み取ります。

LOBFILEからのLOBデータのロードの例

この項では、LOBFILEの異なるフィールド型からデータをロードする例を示します。

ファイル当たり1つのLOB

例11-18では、各LOBFILEは、それぞれ1つのLOBのソースです。この方法で編成されたLOBデータをロードするには、列名またはフィールド名の後にLOBFILEデータ型を指定します。

例11-18 LOBFILE当たり1つのLOBを使用したLOBデータのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA 
INFILE 'sample.dat'
   INTO TABLE person_table
   FIELDS TERMINATED BY ','
   (name      CHAR(20),
1  ext_fname    FILLER CHAR(40),
2  "RESUME"     LOBFILE(ext_fname) TERMINATED BY EOF)

データ・ファイル(sample.dat)

Johny Quest,jqresume.txt,
Speed Racer,'/private/sracer/srresume.txt',

セカンダリ・データ・ファイル(jqresume.txt)

             Johny Quest
         500 Oracle Parkway
            ...

セカンダリ・データ・ファイル(srresume.txt)

         Speed Racer
     400 Oracle Parkway
        ...

注意:

  1. FILLERフィールドは、SQL*LoaderのCHARデータ型を使用して読み込まれる、40バイトのデータ・フィールドにマップされています。ここでは、デフォルトのバイト長セマンティクスの使用を想定しています。文字長セマンティクスが使用された場合、フィールドは40文字データ・フィールドにマップされます。

  2. SQL*Loaderでは、FILLERフィールドext_fnameのLOBFILE名が使用されます。(CHARデータ型を使用する)LOBFILEの最初のバイトからEOF文字までのデータがロードされます。既存のLOBFILEが指定されていない場合、RESUMEフィールドは空に初期化されます。

事前に決められたサイズのLOB

例11-19では、制御ファイルの特定の列にロードするLOBのサイズを指定します。ロード時、列にロードしたLOBデータは、指定したサイズとみなされます。事前に決められたサイズのフィールドでは、データ解析機能を最適に実行できます。ただし、すべてのLOBデータが必ずしも同じサイズであるとはかぎりません。

例11-19 事前に決められたサイズのLOBを使用したLOBデータのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA 
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE person_table
FIELDS TERMINATED BY ','
   (name     CHAR(20),
1  "RESUME"    LOBFILE(CONSTANT '/usr/private/jquest/jqresume.txt')
               CHAR(2000))

データ・ファイル(sample.dat)

Johny Quest,
Speed Racer,

セカンダリ・データ・ファイル(jqresume.txt)

             Johny Quest
         500 Oracle Parkway
            ...
             Speed Racer
         400 Oracle Parkway
            ...

注意:

  1. このエントリでは、現行のロード・セッション中、最後にロードされたバイト位置に続けてロードを開始し、CHARデータ型を使用して、jqresume.txt LOBFILEから2000バイトのデータをロードするように指定しています。ここでは、デフォルトのバイト長セマンティクスの使用を想定しています。文字長セマンティクスが使用された場合、SQL*Loaderでは、最後にロードされた文字の直後の文字から順番に、2000文字のデータがロードされます。詳細は、「文字長セマンティクス」を参照してください。

デリミタ付きフィールドのLOB

例11-20では、LOBFILEがデリミタ付きフィールドである場合の、LOBデータの例を示します。この形式では、サイズの異なるLOBを同じ列にロードしても、問題は発生しません。ただし、このような柔軟性によって、SQL*Loaderで区切り文字列を探してデータをスキャンする必要があるため、パフォーマンスに影響します。

例11-20 デリミタ付きLOBを使用したLOBデータのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA 
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE person_table
FIELDS TERMINATED BY ','
   (name     CHAR(20),
1  "RESUME"    LOBFILE( CONSTANT 'jqresume') CHAR(2000) 
               TERMINATED BY "<endlob>\n")

データ・ファイル(sample.dat)

Johny Quest,
Speed Racer,

セカンダリ・データ・ファイル(jqresume.txt)

             Johny Quest
         500 Oracle Parkway
            ... <endlob>
             Speed Racer
         400 Oracle Parkway
            ... <endlob>

注意:

  1. CHARの最大長に2000が指定されているため、SQL*Loaderで、フィールドの最大長を推測でき、メモリーの使用量を最適化できます。最大長を指定する場合、小さすぎる値は指定しないように注意してください。TERMINATED BY句は、LOBを終了する文字列を指定します。かわりに、ENCLOSED BY句も使用できます。ENCLOSED BY句を使用すると、LOBFILE内でのLOBの相対的な位置指定に関して、多少柔軟に対応できます(LOBFILE内のLOBには順序が不要)。

Length-Value Pairで指定したLOB

例11-21では、LOBFILEの各LOBの先頭でデータ長が定義されています。VARCHARVARCHARCまたはVARRAWデータ型を使用して、この方法で編成されたLOBデータをロードできます。

このロード方法を使用すると、デリミタ付きフィールドを使用するより高いパフォーマンスを得ることができます。ただし、柔軟性は損なわれます(たとえば、各LOBのロード前に、LOBの長さの確認が必要です)。

例11-21 Length-Value Pairを指定したLOBを使用したLOBデータのロード

制御ファイルの内容

LOAD DATA 
INFILE 'sample.dat'
INTO TABLE person_table
FIELDS TERMINATED BY ','
   (name          CHAR(20),
1  "RESUME"       LOBFILE(CONSTANT 'jqresume') VARCHARC(4,2000))

データ・ファイル(sample.dat)

Johny Quest,
Speed Racer,

セカンダリ・データ・ファイル(jqresume.txt)

2      0501Johny Quest
       500 Oracle Parkway
          ... 
3      0000   

注意:

  1. VARCHARC(4,2000)のエントリによって、LOBFILEのLOBがLength-Value Pair形式であり、最初の4バイトが長さを示すことをSQL*Loaderに指定します。この2000という値は、フィールドの最大サイズが2000であることを示します。ここでは、デフォルトのバイト長セマンティクスの使用を想定しています。文字長セマンティクスが使用された場合、最初の4文字は文字単位の長さとして解釈されます。フィールドの最大サイズは2000文字です。詳細は、「文字長セマンティクス」を参照してください。

  2. Johny Questの前の0501は、次の501文字がLOBのデータであることを示します。

  3. このエントリは、LOBが空である(NULLではない)ことを示します。

LOBFILEからLOBをロードする場合の考慮点

LOBFILEからデータをロードする場合は、次のことに注意してください。

  • LOBおよびXML列のみがLOBFILEからロードできます。

  • 特定のLOBのロードが失敗した場合、そのLOBを含むレコードは拒否されません。かわりに、そのレコードのLOBは、空のLOBになります。XML列の場合、LOBのロード中に失敗するとNULL値が挿入されます。

  • LOB列に対応するフィールドの最大長を指定する必要はありません。最大長を指定すると、SQL*Loaderでは最大長をメモリー使用量の最適化のヒントに使用します。そのため、最大長の指定では、実際の最大長よりも小さい値を指定しないでください。

  • LOBFILEからデータをロード中、位置指定(pos_spec)はできません。

  • NULLIFまたはDEFAULTIFのフィールド条件は、LOBFILEから読み込まれたフィールドに基づくことはできません。

  • 存在しないLOBFILEをフィールドのデータ・ソースに指定すると、そのフィールドは初期化されて空になります。そのフィールドを空にできない場合は、NULLに初期化されます。

  • 表レベル・デリミタは、LOBFILEから読み込まれるフィールドには指定できません。

  • 従来型パス・モードでSQL式を使用してXML列をロードするか、LOB列を参照する場合は、SQL*LoaderでLOBデータを一時LOBとして処理する必要があります。このような場合のロード・パフォーマンスを最適化するには、『Oracle Database SecureFilesおよびラージ・オブジェクト開発者ガイド』の一時LOBのパフォーマンスに関するガイドラインを参照してください。

BFILE列のロード

BFILEデータ型には、データベースの外側にあるオペレーティング・システム・ファイルの非構造化バイナリ・データが格納されます。BFILE列または属性には、データを含む外部ファイルを示すロケータが格納されます。BFILEとしてロードされるファイルは、ロード時に存在している必要はなく、後で作成できます。SQL*Loaderでは、必要なオブジェクト(サーバーのファイル・システム上の物理ディレクトリに対する論理的な別名)がすでに作成されていると想定しています。詳細は、『Oracle Database SecureFilesおよびラージ・オブジェクト開発者ガイド』を参照してください。

BFILE列に対応する制御ファイルのフィールドの記述は、列名の後にBFILE句を記述して行います。BFILE句には、引数としてディレクトリ・オブジェクト(server_directoryの別名)名の後にBFILE名が必要です。いずれの引数も文字列定数として指定するか、他のフィールドを介して動的にロードできます。詳細は、『Oracle Database SQL言語リファレンス』を参照してください。

次の2つのBFILEのロード例を示します。例11-22では、1つのファイル名のみを動的に指定する方法を、例11-23では、BFILEとディレクトリ・オブジェクトの両方を動的に指定する方法を示します。

例11-22 BFILEを使用したデータのロード: ファイル名のみを動的に指定

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE sample.dat
INTO TABLE planets
FIELDS TERMINATED BY ','
   (pl_id    CHAR(3), 
   pl_name   CHAR(20),
   fname     FILLER CHAR(30),
1  pl_pict   BFILE(CONSTANT "scott_dir1", fname))

データ・ファイル(sample.dat)

1,Mercury,mercury.jpeg,
2,Venus,venus.jpeg,
3,Earth,earth.jpeg,

注意:

  1. ディレクトリ名は引用符に囲まれており、そのまま使用されるため、文字列は大文字にせずそのまま指定します。

例11-23 BFILEを使用したデータのロード: ファイル名およびディレクトリを動的に指定

制御ファイルの内容

LOAD DATA
INFILE sample.dat
INTO TABLE planets
FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   (pl_id    NUMBER(4), 
   pl_name   CHAR(20), 
   fname     FILLER CHAR(30),
1  dname     FILLER CHAR(20),
   pl_pict   BFILE(dname, fname) )

データ・ファイル(sample.dat)

1, Mercury, mercury.jpeg, scott_dir1,
2, Venus, venus.jpeg, scott_dir1,
3, Earth, earth.jpeg, scott_dir2,

注意:

  1. dnameは、ロードしたファイルに対応するディレクトリ名を含む、データ・ファイルのフィールドにマップされています。

コレクション(ネストした表およびVARRAY)のロード

LOBと同様、コレクションも、プライマリ・データ・ファイル(データ・インライン)またはSDF(データ・アウトライン)のいずれかからロードできます。SDFの詳細は、「セカンダリ・データ・ファイル(SDF)」を参照してください。

コレクション・データをロードする場合、コレクションに属するデータのインスタンスが終了したことをSQL*Loaderに伝える機能が必要です。これには、2つの方法があります。

  • それぞれのネストした表またはVARRAYインスタンスにロードされる行または要素の数を指定するには、DDL構文のCOUNT関数を使用します。COUNTに指定する値は、数字または数字を含む文字列のいずれかで、制御ファイルでCOUNT句よりも先に記述する必要があります。この位置の依存性は、COUNT句に固有です。COUNT(0)またはCOUNT(cnt_field)を指定して、カレント行のcnt_fieldが0の場合は、NULLIF句によって上書きされないかぎり、空のコレクション(NULLではない)になります。詳細は、「count_spec」を参照してください。

    制御ファイルでCOUNT句によってフィールドが指定され、そのフィールドがカレント行でNULLに設定されている場合、そのカウントを使用するコレクションは、カレント行でも空に設定されます。

  • TERMINATED BYおよびENCLOSED BY句を使用して、一意のコレクション・デリミタを指定します。SDF句が使用されている場合、この方法は使用できません。

制御ファイルでは、コレクションは、列オブジェクトと同様に記述します。詳細は、「列オブジェクトのロード」を参照してください。一部、次のような相違点があります。

  • コレクションの記述には、前述の2つの機能を使用します。

  • コレクションの記述には、セカンダリ・データ・ファイル(SDF)を指定できます。

  • 同じSDFのフィールド上にないかぎり、NULLIFまたはDEFAULTIF句ではSDFのフィールドを参照できません。

  • フィールド名を引数として使用する句には、同じコレクションのフィールドに対するDDL指定でないかぎり、コレクション内のフィールド名を使用できません。

  • フィールド・リストには、非FILLERフィールドが1つと、複数のFILLERフィールドが含まれている必要があります。VARRAYが列オブジェクトのVARRAYの場合、列オブジェクトの属性は、ネストしたフィールド・リストに記述されます。

ネストした表およびVARRAYでの制限事項

ネストした表およびVARRAYには次の制限事項があります。

  • field_listには、collection_fld_specを含めることはできません。

  • VARRAY内にネストしたcol_obj_specには、collection_fld_specを含めることはできません。

  • field_listの一部として指定したcolumn_nameは、VARRAYパラメータを前に付けたcolumn_nameと同一である必要があります。

また、ネストした表を含む表にロードする場合、複数のロードへの細分化およびSIDの生成は自動的に行われないため注意してください。

例11-24に、VARRAYおよびネストした表のロード例を示します。

例11-24 VARRAYおよびネストした表のロード

制御ファイルの内容

   LOAD DATA
   INFILE 'sample.dat' "str '\n' "
   INTO TABLE dept
   REPLACE
   FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   (
     dept_no       CHAR(3),
     dname         CHAR(25) NULLIF dname=BLANKS,
1    emps          VARRAY TERMINATED BY ':'
     (
       emps        COLUMN OBJECT
       (
         name      CHAR(30),
         age       INTEGER EXTERNAL(3),
2        emp_id    CHAR(7) NULLIF emps.emps.emp_id=BLANKS
     )
   ),
3   proj_cnt      FILLER CHAR(3),
4   projects      NESTED TABLE SDF (CONSTANT "pr.txt" "fix 57") COUNT (proj_cnt)
  (
    projects    COLUMN OBJECT
    (
      project_id        POSITION (1:5) INTEGER EXTERNAL(5),
      project_name      POSITION (7:30) CHAR 
                        NULLIF projects.projects.project_name = BLANKS
    )
  )
)

データ・ファイル(sample.dat)

 101,MATH,"Napier",28,2828,"Euclid", 123,9999:0
 210,"Topological Transforms",:2

セカンダリ・データ・ファイル(SDF)(pr.txt)

21034 Topological Transforms
77777 Impossible Proof

注意:

  1. TERMINATED BY句では、VARRAYのインスタンス終了記号(COUNT句は使用されていないことに注意)を指定します。

  2. このFILLERフィールドの存在によって発生するフィールド名の競合は、フルネームによるフィールド参照(ドット表記法を使用)によって解決されます。

  3. proj_cntは、COUNT句に対する引数として使用するFILLERフィールドです。

  4. このエントリでは、次の内容が指定されます。

    • pr.txtと呼ばれるSDFをデータのソースとして指定します。また、SDF内で固定レコード形式を指定します。

    • COUNT句が0の場合、コレクションは空に初期化されます。コレクションを空に初期化するもう1つの方法は、DEFAULTIF句を使用する方法です。ネストした表のフィールドの記述に対応するメイン・フィールド名は、そのネストした非FILLERフィールドのフィールド名、特に、列オブジェクトのフィールド名の記述と同じです。

セカンダリ・データ・ファイル(SDF)

セカンダリ・データ・ファイル(SDF)とプライマリ・データ・ファイルの概念は類似しています。プライマリ・データ・ファイルと同様に、SDFはレコードの集まりで、各レコードはフィールドで構成されています。SDFは、制御ファイルのフィールドごとに指定されます。これは、大きいネストした表およびVARRAYをロードする場合に有効です。


注意:

SDFをデータ・ソースとして命名できるのは、collection_fld_specのみです。

SDFを指定するには、SDFパラメータを使用します。SDFパラメータの後に、ファイル指定文字列、または1つ以上のファイル指定文字列を含むデータ・フィールドにマップされたFILLERフィールドを指定します。

プライマリ・データ・ファイルの場合、各SDFについて次を指定できます。

  • レコード形式(固定、ストリームまたは可変)の指定。また、ストリーム・レコード形式が使用される場合、レコード・セパレータを指定できます。

  • レコード・サイズの指定

  • CHARACTERSET句を使用した、SDFのキャラクタ・セットの指定(「異なる文字コード体系の処理」を参照)。

  • 特にSDF指定(SDF指定を含むコレクションのすべてのメンバー・フィールドまたは属性で、LOBFILEフィールドを含むフィールドを除く)のあるフィールドに対するデフォルトのデリミタの指定(デリミタ指定を使用)

SDFについては、次のことにも注意してください。

  • 存在しないSDFをフィールドのデータ・ソースに指定すると、そのフィールドは初期化されて空になります。そのフィールドを空にできない場合は、NULLに初期化されます。

  • 表レベル・デリミタは、SDFから読み込まれるフィールドには指定できません。

  • 64KBを超えるSDFをロードするには、READSIZEパラメータを使用してより大きな物理レコード・サイズを指定できます。コマンドラインからでも、OPTIONS句の一部としてでもREADSIZEパラメータを指定できます。

動的および静的SDF指定

SDFを静的に指定(実際のファイル名を指定)するか、または動的に指定(FILLERフィールドをファイル名のソースとして使用)できます。いずれの場合も、SDFのEOFに到達するとファイルはクローズされ、そのファイルからさらにデータを読み込む場合は、空のフィールドからデータを読み込むことになります。

動的セカンダリ・ファイル指定では、動作は多少異なります。参照ファイルの指定が変更されると、常に、古いファイルはクローズされ、データは新しい参照先ファイルの最初から読み込まれます。

このようなデータ・ソース・ファイルの動的な切替えは、リセットの効果があります。たとえば、SQL*Loaderを使用して、現行のファイルから前回オープンしていたファイルに切り替える場合、前回オープンしていたファイルを再オープンし、そのファイルの最初からデータが読み込まれます。

同じSDFを、2つの異なるフィールドのソースとして指定しないでください。指定すると、通常、2つのフィールドは、データを別々に読み取ります。

親表を子表から分割してのロード

ネストした表の列を含む表をロードする場合、親表を子表から分割してロードする場合があります。SID(システム生成またはユーザー定義)がロード時にわかっている場合(SIDがデータとともにデータ・ファイルにある場合)、親表と子表を別々にロードできます。

例11-25に、ユーザー定義SIDを使用した親表のロード方法を示します。

例11-25 ユーザー定義SIDを使用した親表のロード

制御ファイルの内容

   LOAD DATA
   INFILE 'sample.dat' "str '|\n' "
   INTO TABLE dept
   FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   TRAILING NULLCOLS
   ( dept_no   CHAR(3),
   dname       CHAR(20) NULLIF dname=BLANKS ,
   mysid       FILLER CHAR(32),
1  projects    SID(mysid))

データ・ファイル(sample.dat)

101,Math,21E978407D4441FCE03400400B403BC3,|
210,"Topology",21E978408D4441FCE03400400B403BC3,|

注意:

  1. mysidは、実際のSIDを含むデータ・ファイルのフィールドにマップされているFILLERフィールドで、SID句に対する引数として指定できます。

例11-26に、ユーザー定義SIDを使用した子表(ネストした表の記憶表)のロード方法を示します。

例11-26 ユーザー定義SIDを使用した子表のロード

制御ファイルの内容

   LOAD DATA
   INFILE 'sample.dat'
   INTO TABLE dept
   FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"'
   TRAILING NULLCOLS
1  SID(sidsrc)
   (project_id     INTEGER EXTERNAL(5),
   project_name   CHAR(20) NULLIF project_name=BLANKS,
   sidsrc FILLER  CHAR(32))

データ・ファイル(sample.dat)

21034, "Topological Transforms", 21E978407D4441FCE03400400B403BC3,
77777, "Impossible Proof", 21E978408D4441FCE03400400B403BC3,

注意:

  1. 表レベルのSID句を指定すると、SQL*Loaderによって、ネストした表の記憶表がロードされます。sidsrcは、実際のSIDのソースである、FILLERフィールド名です。

VARRAY列ロード時のメモリーの問題

次に、VARRAY列をロードする場合の注意事項を示します。

  • VARRAYは、データベースにロードされる前にクライアント・メモリーに作成されます。VARRAYの各要素には、データベースにロードする前に、4バイトのクライアント・メモリーが必要です。そのため、1000個の要素を持つVARRAYをロードする場合は、VARRAYをデータベースにロードする前に、それぞれのVARRAYインスタンスに、4000バイト以上のクライアント・メモリーが必要です。多くの場合、SQL*Loaderでは、VARRAYの構築やロードに、2倍から3倍のメモリー量を必要とします。

  • BINDSIZEパラメータを使用して、SQL*Loaderでレコードのロードに割り当てるメモリーの量を指定します。BINDSIZEに指定された値に応じて、SQL*Loaderで、ロード中の各フィールドのサイズを考慮し、1回のトランザクションでロードできる行数を判断します。行数が多ければトランザクションは少なくなり、パフォーマンスは向上します。ただし、システムのメモリー量に制限がある場合、パフォーマンスを優先せず、SQL*Loaderで算出した値より低い値をROWSに指定できます。

  • 非常に大きいVARRAYまたは多数の小さいVARRAYが原因で、ロード中にメモリーが不足する場合があります。この場合は、BINDSIZEまたはROWSにより小さい値を指定し、再ロードします。