プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
11gリリース2 (11.2)
B56311-12
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

DB_RECYCLE_CACHE_SIZE

プロパティ 説明
パラメータ・タイプ 大整数
構文 DB_RECYCLE_CACHE_SIZE = integer [K | M | G]
デフォルト値 0(DB_RECYCLE_CACHE_SIZEは、デフォルトでは構成されない)
変更の可/不可 ALTER SYSTEM
値の範囲 最小値: 0(ゼロより大きい値は、グラニュル・サイズ×プロセッサ・グループ数または4MB×CPU数のいずれか大きい方に自動的に変更される)

最大値: オペレーティング・システム依存

基本/基本以外 基本以外

DB_RECYCLE_CACHE_SIZEには、RECYCLEバッファ・プールのサイズを指定します。RECYCLEプール内のバッファのサイズは、プライマリ・ブロック・サイズ(DB_BLOCK_SIZE初期化パラメータで定義済のブロック・サイズ)です。


関連項目:

  • 「DB_KEEP_CACHE_SIZE」

  • これらのパラメータの設定および複数バッファ・プールの使用方法の詳細は、『Oracle Databaseパフォーマンス・チューニング・ガイド』を参照してください。