Solaris 10 インストールガイド (ネットワークインストール)

非大域ゾーンをインストールしている場合の Solaris OS のアップグレード

Solaris 10 1/06 以降のリリースでは、Solaris ゾーン区分技術により、大域ゾーンである Solaris の単一インスタンス内の非大域ゾーンを構成できるようになりました。非大域ゾーンはアプリケーション実行環境の 1 つで、そこではプロセスがほかのすべてのゾーンから隔離されます。非大域ゾーンがインストールされたシステムが稼働している場合は、標準の Solaris アップグレードプログラムを使用して Solaris 10 1/06 リリースにアップグレードできます。アップグレードに使用できるのは、Solaris の対話式インストールプログラムか、カスタム JumpStart です。非大域ゾーンがインストールされている場合のアップグレードには、若干の制限があります。

Solaris 対話式インストールプログラムの使用法については、『Solaris 10 インストールガイド (基本編)』を参照してください。