国際化対応言語環境の利用ガイド

印刷レイアウト prolog ファイル

印刷レイアウト prolog ファイル (mp.*.ps) には、印刷のページレイアウトを制御するルーチンが含まれています。これらの prolog ファイルでは、印刷ページのヘッダーやフッターに、ユーザー名、印刷日付、ページ番号を印刷するだけでなく、その他の情報を提供することができます。たとえば、prolog ファイルには、印刷可能領域や、印刷のランドスケープやポートレートモードを指定できます。

印刷レイアウト prolog ファイルには、次のものがあります。

prolog ファイルには、一定の標準関数が定義されていなければなりません。これらの関数は、新しい印刷ページの開始や終了、または新しい列の終了で呼び出されます。これらの関数の実装では、印刷出力の印刷属性が定義されます。

mp バイナリは、実行時に次の PostScript 変数を定義します。user namesubjectprint time などの動的情報を印刷するためのこれらの変数は、すべての印刷レイアウトファイルで使用できます。これらの変数からとられた情報は、通常、印刷ページのヘッダーやフッターに表示されます。

User

mp を実行しているユーザーの名前。この情報はシステム passwd ファイルから取得されます。

MailFor

印刷する記事のタイプを保持するための変数。この変数の値には、次のものがあります。

  • Listing for – 入力がテキストファイルの場合

  • Mail for – 入力がメールファイルの場合

  • Article from – 入力がニュースグループからの記事の場合

Subject

メールやニュースのヘッダーからとられた件名。-s オプションを使用すれば、通常のテキストファイルの他に、メールファイルやニュースファイルに対しても件名を強制的に指定できます。

Timenow

ヘッダーやフッターに表示する印刷時刻。この情報は localtime() 関数からとられます。

印刷レイアウト prolog ファイルには、次の関数が実装されています。これらの関数ではサブ関数を使用できます。

endpage

使用法: page_number endpage

印刷ページの終わりに達したときに呼び出されます。この関数はページのグラフィックコンテキストを復元し、showpage を出します。prolog ファイルによっては、ヘッダーやフッターの情報が、カラムバイカラムではなく、ページバイページモードのときに表示されることがあります。この関数の実装方法によっては、ヘッダーやフッターのグレイスケールロゼンジを表示するサブ関数を呼び出すこともできます。

newpage

使用法: page_number newpage

新しいページの表示時に実行されるルーチンまたはコマンド。これらのルーチンの機能には、ランドスケープ印刷モードの設定や、印刷グラフィックコンテキストの保存、ページ座標の変換などがあります。

endcol

使用法: page_number col_number endcol

新しい印刷位置への移動など、ヘッダーやフッター情報を表示するときに使用します。

新しい印刷レイアウト prolog ファイルを追加するには、次の変数を prolog ファイルに明示的に定義する必要があります。

NumCols

印刷ページのカラム数。デフォルトは 2 です。

PrintWidth

印刷領域の幅をインチ単位で指定します。デフォルトは 6 です。

PrintHeight

印刷領域の高さをインチ単位で指定します。デフォルトは 9 です。