国際化対応言語環境の利用ガイド

XmNlayoutDirection リソース

XmNlayoutDirection リソース はオブジェクトレイアウトを制御します。このリソースは、LayoutObject の方向の値を次のように使用します。

XmNlayoutDirection の概要 (特に、XmStringDirectionXmNlayoutDirection の関係) については、 『Motif Programmer's Guide (Release 2.1)』の 11.3 節を参照してください。

レイアウト方向の決定

XmNlayoutDirectionXmDEFAULT_DIRECTION として指定されている場合、ウィジェットのレイアウトの方向は作成時に支配的な擬似 XOC に設定されます。動的テキスト (XmText および XmTextField) では、ウィジェットに使用されている XmRendition に関連付けられた擬似 XOC が支配的擬似 XOC になります。静的テキスト (XmListXmLabelXmLabelG) のレイアウト方向は、方向の指定されている最初の合成文字列コンポーネントに基づいて設定されます。次の 2 通りのいずれかで指定します。

XmNlayoutDirectionXmDEFAULT_DIRECTION として設定されていない場合、XmNlayoutModifier @ls orientation の値がレイアウト修飾子文字列に明示的に指定されていなければ、XmNlayoutDirection の値は XOC およびその LayoutObject に受け渡されます。

XmNlayoutDirectionXmNlayoutModifier @ls orientation の両方の値が明示的に指定されている場合、上記の動作の中間になります。ウィジェットオブジェクトのレイアウトは XmNlayoutDirection により制御され、レイアウトの変換は XmNlayoutModifier @ls orientation の値により制御されます。

詳細については、『CAE Specification: Portable Layout Services: Context-dependent and Directional Text』(The Open Group: Feb 1997; ISBN 1-85912-142-X; document number C616) を参照してください。このマニュアルでは、コンテキストに依存する双方向のテキスト変換を、既存の POSIX ロケールモデルに対する論理拡張として処理するときに使用する、移植可能な機能について説明しています。複合テキスト言語 (Complex-text languages) をサポートしたいシステムプログラマまたはアプリケーションプログラマを対象としています。