国際化対応言語環境の利用ガイド

XmStringDirection リソース

XmStringDirection は、文字列に含まれる各文字の表示方向を指定するデータ形式です。

XmNlayoutDirection リソースは、文字列の方向を指定するコンポーネントを持たないすべての複合文字列 (XmString) に対してデフォルトのレンダリング方向を設定します。したがって、XmNlayoutDirection リソースに対して適切な値を設定するだけで、レイアウト方向を設定できます。複合文字列の各コンポーネントの方向を指定する必要はありません。アプリケーションにおいて XmString がレンダリングされる場合、その文字列が方向 (XmStringDirection) を明示して作成されたかどうかが確認されます。文字列が方向コンポーネントを提供しない場合、アプリケーションは XmNlayoutDirection リソースの値から現在のウィジェットを確かめ、その値を XmString のデフォルトのレンダリング方向として使用します。