ATOK for Solaris ユーザーガイド

記号の一覧から選んで入力する

文字パレットでは、いろいろな記号が種類ごとに分類されているので、目的の記号を簡単に見つけることができます。

  1. ATOK パレットの「文字パレット」をクリックします。

    この図については本文中で説明しています。

    文字パレットが起動します。


    ヒント –

    Ctrl+F11 キーを押しても、文字パレットを起動できます。ただし、使用する環境やアプリケーションによって、キー操作が効かない場合は、「キー操作が効かない場合」を参照してください。


  2. 「記号・よく使う文字」シートの左側で、「通常記号」の「記号・マーク」、「括弧」、「矢印」など、入力したい記号の種類を選択します。

  3. 右側の一覧で、入力したい記号を選択します。

    この図については本文中で説明しています。
  4. 「確定」をクリックします。

    選択した記号がカーソル位置に入力されます。


注 –

「確定」をクリックしても正しく入力できない場合

クリップボード経由で入力すると正しく入力できることがあります。

クリップボード経由で入力するには、文字パレット上で入力したい文字や記号を選択して「編集 - コピー」を選択し、アプリケーションに切り替えて貼り付けを実行します。

文字パレットの「フォント」で設定した文字のフォントは、実際に入力する文字のフォントには反映されません。

文字パレットから入力した文字が正しく表示されない場合は、「入力した文字が正しく表示されない場合」を参照してください。