Solaris 10 11/06 ご使用にあたって

ハードウェア関連の注意事項とバグ情報

Solaris 10 リリースのハードウェア関連の注意事項とバグ情報について説明します。

日本語 106 キーボードを kdmconfig から設定できない (6463842)

システムに日本語 106 キーボードが接続されている場合に、kdmconfig でキーボードタイプ Japanese-106/type7 を選択しても、リブート後はシステムに U.S. 配列が適用されます。エラーメッセージは表示されません。

回避方法: eeprom コマンドを実行して kbd-type を設定します。


# eeprom kbd-type='Japanese(106)'

システムをリブートします。

SPARC: DR: cfgadm -c configure Command Fails on Slot of Starcat and Silverstone (6452077)

このバグは、ユーザーが Crystal 2R Fibre Channel カードなどの、64 ビット MEM 要求を行うカードをホットプラグして設定しようとするときに、ホットプラグ可能なスロットを備えた既存のすべての PCI プラットフォームに影響します。

エラーメッセージは表示されません。ただし、設定は失敗し、カードは使用できません。

回避方法: ありません。カードをスロットに挿入した状態でシステムをリブートすると、カードが設定され動作可能になります。

デバイス固有の負荷分散設定が mpathadm で表示されない

mpathadm show logical-unit サブコマンドでは、Current Load Balance プロパティーに対するグローバルな負荷分散設定値が表示されます。ただし、特定の製品の負荷分散タイプを変更する csi_vhci.conf 内のエントリは、その設定が有効になっている場合でも、mpathadm の出力に反映されません。

登録ツールが原因で一部のフレームバッファー上の電源管理が妨げられる (6321362)

登録ツールのバックグラウンドプロセスが実行されたままになっていると、Elite3D および Creator3D フレームバッファーは電源管理を停止します。この障害が発生すると、システムが電源管理状態のときに節約される電力量が少なくなります。条件によっては、sys-suspend がハングアップすることもあります。エラーメッセージは表示されません。システムの保存停止処理または復元再開処理中に、そのシステムがハングアップすることがあります。

回避方法:

ログインしてから約 60 秒後に、毎回次のコマンドを実行してください。


# pkill -f basicreg.jar
# pkill -f swupna.jar

SPARC: Solaris 10 OS で Sun Crypto Accelerator 4000 ボードバージョン 1.0 および 1.1 がサポートされていない

Solaris 10 OS には、新しい暗号化フレームワークが用意されていますが、バージョン 1.0 および 1.1 の Sun Crypto Accelerator 4000 ボードのソフトウェアとファームウェアはこのフレームワークを利用しません。したがって、これらのバージョンは Solaris 10 OS ではサポートされていません。

2.0 リリースでは新しいフレームワークを使用します。Solaris 10 OS の使用を予定している現在の Sun Crypto Accelerator 4000 ユーザーは、このリリースを無償アップグレードで利用できます。Sun Crypto Accelerator 4000 は輸出が規制されている製品であるため、Sun エンタープライズサービスまたは最寄りの販売ルートを通じて無償アップグレードを受ける必要があります。詳細は、Sun の製品サイトにある Sun Crypto Accelerator 4000 Web ページを参照してください。

特定の USB 2.0 コントローラが使用できない

一部の USB 2.0 コントローラは EHCI ドライバとの互換性がないため、サポートされていません。次のメッセージが表示されます。


Due to recently discovered incompatibilities with this 
USB controller, USB2.x transfer support has been disabled. 
This device will continue to function as a USB1.x controller. 
If you are interested in enabling USB2.x support please refer 
to the ehci(7D) man page. 
Please refer to www.sun.com/io for Solaris Ready products 
and to www.sun.com/bigadmin/hcl for additional compatible 
USB products.

USB デバイスに関する最新情報については、http://www.sun.com/io_technologies/USB-Faq.html を参照してください。

サポートされる USB デバイスと対応するハブの構成

この Solaris リリースでは、USB 1.1 と USB 2.0 の両方のデバイスをサポートします。次の表は、特定の構成で動作する USB デバイスをまとめたものです。接続の種類は、コンピュータに直接接続しても、USB ハブ経由で接続してもかまいません。USB 1.1 のデバイスとハブは低速または全速であることに注意してください。USB 2.0 のデバイスとハブは高速です。ポートと動作速度の詳細については、『Solaris のシステム管理 (デバイスとファイルシステム)』を参照してください。

表 2–1 USB デバイスと構成

USB デバイス 

接続の種類 

USB 2.0 ストレージデバイス 

直接、USB 1.1 ハブ、USB 2.0 ハブ 

USB 1.1 デバイス (オーディオデバイスを除く) 

直接、USB 1.1 ハブ、USB 2.0 ハブ 

USB 1.1 オーディオデバイス 

直接、USB 1.1 ハブ 

USB 2.0 オーディオデバイス 

サポートされません 

x86: Solaris 10 OS で特定のデバイスドライバにいくつかの制限がある

次のリストは、このリリースの Solaris 10 (x86 版) における特定のドライバとインタフェースの制限事項を示しています。

チェックポイントの再開

この機能は、すべてのデバイスタイプでオフになっています。detach() 関数の DDI_SUSPEND コードでは、DDI_FAILURE を返すようにしてください。

電源管理

この機能は、USB デバイスでは利用できません。電源管理コンポーネントを作成しないでください。電源管理コンポーネントが作成されるときにだけ pm_raise_power()pm_lower_power() が呼び出されるようにドライバを作成します。

モニターのないシステムでの DVD-ROM/CD-ROM

リムーバブルメディアなどの対話型デバイスの電源管理は、モニターおよびモニターを制御しているグラフィックスカードの電源管理と連動しています。画面が有効になっているときは、CD-ROM ドライブやフロッピーディスクなどのデバイスは全電力モードとなります。モニターのないシステムでは、これらのデバイスは低電力モードに切り替わることがあります。CD またはフロッピーディスクの電力を元に戻すには、volcheck と入力して、各リムーバブルデバイスから最新の状態を取得します。

代替手段として、Dtpower GUI を使用して、使用しているシステムの電源管理を使用不可にすることができます。電源管理を無効にすることにより、これらのデバイスは常に通常の電力モードになります。

x86: US 英語以外のキーボードを指定するには手動による構成が必要

デフォルトでは、kdmconfig プログラムはシステムに接続されているキーボードタイプとして、一般的な US 英語 (104 キー) を指定します。システムのキーボードが US 英語キーボードでない場合は、インストール時にそのキーボードタイプを手動で指定する必要があります。指定しない場合、システムの実際のキーボードタイプと矛盾しているデフォルトのキーボード仕様でインストールが続行されます。

回避方法 1: システムのキーボードが US 英語キーボードでない場合は、インストール時に次の手順を実行してください。

  1. 「Proposed Window System Configuration For Installation」が表示されたら、Esc キーを押します。


    注 –

    キーボードタイプを含む「Proposed Window System Configuration For Installation」の情報は 30 秒間しか表示されません。構成の設定を変更する場合は、30 秒以内に Esc キーを押す必要があります。そうしないと、表示された設定でインストールが続行されます。


  2. キーボードタイプをシステムのキーボードに対応するタイプに変更します。

  3. Enter キーを押して変更を受け入れ、インストールを続行します。

回避方法 2: すでに Solaris 10 OS が動作しているシステムのキーボードタイプを変更する場合は、kdmconfig プログラムを使用します。システムで実行している X サーバーの種類に応じて、次のいずれかを実行してください。

SPARC: Sun Expert3D および Sun Elite3D ハードウェアの電源管理システムが動作しない環境がある (6321362)

Sun BladeTM 1000 または Sun Blade 2000 ワークステーションの Sun Expert3D または Sun Elite3D カードは通常、アイドル期間が経過したあとに低電力モードに切り替わります。ただし、これらのカードが Xserver の主ヘッドとして設定されている場合には、電源管理システムは動作しません。関係するカードは通常電力のまま動作し、電力は節約されません。エラーメッセージは表示されません。

回避方法: ありません。

SPARC: テープデバイスに接続される特定のホストバスアダプタ用の jfca ドライバによってエラーが発生することがある (6210240)

次のホストバスアダプタ (HBA) がテープデバイスに接続されるときに、その HBA 用の jfca ドライバによってシステムパニックまたは入出力エラーが発生することがあります。

特定の操作が実行されているときに、これらの HBA 用の jfca ドライバは競合状態に陥りやすいため、エラーが発生します。特定の操作は、次のとおりです。

次の例のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

回避方法: テープデバイスを SG-PCI1FC-JF2 または SG-PCI2FC-JF2 の HBA に接続しないでください。

同一バスを共有する特定のデバイス間で競合が発生する (6196994)

Quad FastEthernet (QFE) カードが次のアダプタのいずれかと同一バスを共有する場合、バスの競合が発生します。

これらのアダプタによって使用される ce ドライバの infinite-burst パラメータは、デフォルトで有効になっています。このため、同一バスを共有する QFE ポートに利用できるバス時間はほとんどないか、まったくありません。

回避方法: QFE カードをリスト内のネットワークアダプタと同じバス上に配置しないでください。

hat_getkpfnum() DDI 関数は旧式とされている (5046984)

hat_getkpfnum() DDI 関数は旧式とされています。開発者は、hat_getkpfnum() DDI インタフェースを使用しないようにデバイスドライバを更新する必要があります。ドライバが hat_getkpfnum() を使用していると、次のような警告メッセージが表示されます。


WARNING: Module mydrv is using the obsolete hat_getkpfnum(9F)
interface in a way that will not be supported in
a future release of Solaris. Please contact the
vendor that supplied the module for assistance,
or consult the Writing Device Drivers guide,
available from http://www.sun.com for migration
advice.
---
Callstack of bad caller:
       hat_getkpfnum_badcall+93
       hat_getkpfnum+6e
       mydrv_setup_tx_ring+2d
       mydrv_do_attach+84
       mydrv_attach+242
       devi_attach+6f
       attach_node+62
       i_ndi_config_node+82
       i_ddi_attachchild+4a
       devi_attach_node+4b
       devi_attach_children+57
       config_immediate_children+6e
       devi_config_common+77
       mt_config_thread+8b

ドライバが hat_getkpfnum() を使用しているかどうかを確認するには、ドライバのソースコードを参照するか、nm() を使用してドライバのシンボルを調べます。たとえば、ドライバ mydrv を調べる場合は、次の構文を入力します。


% nm /usr/kernel/drv/mydrv | grep hat_getkpfnum

ドライバが hat_getkpfnum() を使用しないように移行する方法については、『Writing Device Drivers』の付録 B「Summary of Solaris DDI/DKI Services」を参照してください。

x86: Sun Fire V65x サーバーで Adaptec SCSI Card 39320D カードを 2 枚使用すると、システムがパニックになることがある (5001908)

Sun Fire V65x サーバーで Adaptec SCSI Card 39320D カードを 2 枚使用すると、システムがパニックになることがあります。パニックが発生するのは、Solaris 10 ソフトウェアのインストール後にはじめてリブートしているときです。次のエラーメッセージが表示されます。


Initializing system  Please wait... 
1 run-time error M6111: MATH
	- floating-point error: stack underflow

回避方法: 2 枚目の Adaptec 製カードを取り外してください。

x86: Solaris OS (x86 版) ではソフトシステムシャットダウンがサポートされていない (4873161、5043369)

Solaris OS (x86 版) では、コマンドによって開始されるソフトシステムシャットダウンをサポートしていません。シャットダウンのコマンドは、電源ボタンを押して電源をオフにする操作をシミュレートしたものです。x86 ベースのシステムでは、Solaris OS の動作中にこのコマンドを実行すると、オペレーティングシステムが正しくシャットダウンされずに即座に電源がオフになります。シャットダウンプロセスが正しく行われないと、ファイルシステムが破壊されることがあります。

回避方法: 電源をオフにする前に、まずオペレーティングシステムをシャットダウンしてください。次の手順を実行します。

  1. スーパーユーザーになります。

  2. inithaltshutdown など、Solaris OS を正しくシャットダウンするコマンドのいずれかを実行します。次に例を示します。


    # shutdown
    
  3. オペレーティングシステムが完全にシャットダウンされたら、次のいずれかの方法で電源をオフにします。

    • システムがソフトシャットダウンをサポートしている場合は、コマンドを実行して電源をオフにします。

    • システムがソフトシャットダウンをサポートしていない場合は、電源スイッチを使用して手動で電源をオフにします。

オペレーティングシステムをシャットダウンするコマンドの詳細については、init(1M)halt(1M)shutdown(1M) の各マニュアルページを参照してください。システムの電源をオフにする方法については、システムのマニュアルを参照してください。

一部の DVD および CD-ROM ドライブで Solaris をブートできない (4397457)

SunSwiftTM PCI Ethernet/SCSI ホストアダプタ (X1032A) カードの SCSI 部分のデフォルトタイムアウトは、Sun の SCSI DVD-ROM ドライブ (X6168A) のタイムアウト条件を満たしていません。一部のメディアでは、DVD-ROM で頻繁にタイムアウトエラーが発生します。例外は、OpenBoot PROM によって SCSI タイムアウト値を上書きする Sun Fire 6800、4810、4800、および 3800 システムのみです。

回避方法: ほかのプラットフォームでは、システムボード上の SCSI インタフェースまたは DVD-ROM 互換 SCSI アダプタを使用してください。次に例を示します。