Sun Java System Portal Server 7.1 配備計画ガイド

スプリットトンネリング

スプリットトンネリングにより、VPN クライアントは、VPN に接続または VPN から切断することなく、セキュリティー保護されたサイトおよびセキュリティー保護されていないサイトの両方に接続できます。この場合の VPN は Netlet です。クライアントは、暗号化パスを通して情報を送信するか、または非暗号化パスを使用して送信するかどうかを判別します。スプリットトンネリングの問題点は、セキュリティー保護されていないインターネットから、クライアントを介して VPN によるセキュリティー保護ネットワークに直接接続が可能であることです。スプリットトンネリングをオフにすると両方の接続が同時に許可されることがなくなり、インターネット侵入に対する VPN 接続 (この場合は Netlet 接続) の脆弱性が低減します。

Portal Server は、ポータルサイトに接続されている間、複数のネットワーク接続を禁止したりシャットダウンしたりしませんが、権限のないユーザーが他のユーザーのセッションに便乗 (piggybacking) する行為を次の方法で阻止します。