Solaris 64 ビット 開発ガイド

ラッパー

32 ビットおよび 64 ビット固有のバージョンのアプリケーションが必要な場合、シェルスクリプトラッパーを使うと、ユーザーがバージョンに関して意識する必要がなくなります。32 ビットおよび 64 ビットバージョンが必要な、Solaris オペレーティング環境の多くのツールが、この例として当てはまります。ラッパーを利用すると、特定のハードウェアプラットフォーム上で実行可能な固有の命令セットを isalist() コマンドを使って調べ、それに基づいて適切なバージョンのツールを実行させることができます。

次に、ネイティブ命令セットラッパーの例を示します。


#! /bin/sh 
 
CMD='basename $0'
DIR='dirname $0'
EXEC=
for isa in '/usr/bin/isalist'; do	
	if [-x ${DIR}/${isa}/${CMD}]; then		
		EXEC=${DIR}/${isa}/${CMD}
		break	
	fi
done
if [-z "${EXEC}"]; then	
		echo 1>&2 "$0: no executable for this architecture"
		exit 1
 
fi
exec ${EXEC} "${@}"

この例には問題が 1 つあります。$0 引数が、その引数自身の実行可能プログラムに対する完全パス名であることを前提にしていることです。このような理由から、汎用的なラッパーである isaexec() が作成され、32 ビットおよび 64 ビット固有のアプリケーションの問題に対処しています。引き続きこの isaexec(3C) ラッパーについて説明します。

/usr/lib/isaexec

isaexec(3C) は 32 ビット実行可能バイナリファイルです。直前の節で説明したようなシェルスクリプトラッパー機能を実行しますが、その際引数リストも正確に保存します。実行可能プログラムの完全パス名は /usr/lib/isaexec ですが、この名前で実行するようには設計されていません。このプログラムでは、isalist(1) によって選択された複数のバージョンで存在するプログラムの主要な名前 (プログラム実行時にユーザーが使用する名前) にコピーされたり、リンク (シンボリックリンクではなくハードリンク) される可能性があります。

たとえば、truss(1) コマンドは、次の 3 つの実行可能ファイルとして存在します。

sparcv7sparcv9 サブディレクトリの実行可能プログラムは、実在する truss(1) 実行可能プログラムで、それぞれ 32 ビットおよび 64 ビットプログラムです。ラッパーファイルの /usr/bin/truss は、/usr/lib/isaexec にハードリンクされています。

isaexec(3C) ラッパーは、完全に解決されたシンボリックリンクがない自分のパス名を、argv[0] 引数とは別に getexecname(3C) を使用して調べ、sysinfo(SI_ISALIST , ...) を使用して isalist(1) を取得します。そして、その結果得られた自分自身のディレクトリのサブディレクトリリストを調べ、自分の名前がある最初の実行可能ファイルに対して exec(2) を実行します。そのとき isaexec(3C) ラッパーは、引数ベクトルと環境ベクトルを変更せずに渡します。このようにして、argv[0] は最初に指定されたとおりに最終的なプログラムイメージに渡されます。サブディレクトリ名を含むように修正された完全パス名に変換された形ではありません。


注 –

ラッパーが存在する場合があるため、実行可能プログラムを他の場所に移動する際は注意が必要です。実際のプログラムではなく、ラッパーを移動してしまう可能性があります。


isaexec()

多くのアプリケーションでは、すでに起動ラッパープログラムを使用して、環境変数の設定、一時ファイルの消去、デーモンの起動などを行なっています。libc(3LIB) 内の isaexec(3C) インタフェースを利用すると、前述のようなシェルスクリプトラッパーの例で使用しているのと同じアルゴリズムを、カスタマイズしたラッパープログラムから直接呼び出すことができます。