プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Enterprise Managerコマンドライン・インタフェース
12c リリース5 (12.1.0.5)
B70512-09
  目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
 
次
 

5 Verbリファレンス

この章では、すべてのEM CLI Verbの完全なリストをカテゴリ別およびアルファベット順に示します。各Verbには完全な構文と使用方法に関する情報があります。

5.1 Verbのカテゴリ

この項では、このリリースのすべてのVerbを次のカテゴリに分けて示します。

基本操作Verb

注意: これらのVerbはインストール後にすぐ使用できます。


argfile
help
login
logout
setup
status
sync
version

ホスト追加Verb


continue_add_host
get_add_host_status
list_add_host_platforms
list_add_host_sessions
retry_add_host
submit_add_host

アプリケーション・データ・モデルVerb


associate_target_to_adm
export_adm
list_adms
verify_adm

エージェント管理Verb


get_agent_properties
get_agent_property
modify_monitoring_agent
resecure_agent
restart_agent
secure_agent
set_agent_property
start_agent
stop_agent
unsecure_agent

エージェント・アップグレードVerb


get_agent_upgrade_status
get_signoff_agents
get_signoff_status
get_upgradable_agents
signoff_agents
upgrade_agents

アプリケーション・データ・モデルVerb


associate_target_to_adm
export_adm
import_adm
show_operations_list
update_audit_settings

監査設定Verb


disable_audit
enable_audit
show_audit_settings
show_operations_list
update_audit_settings

ベアメタル・プロビジョニングVerb


bareMetalProvisioning

BI PublisherレポートVerb


deploy_bipublisher_reports
deploy_bipublisher_selfupdates
grant_bipublisher_roles
revoke_bipublisher_roles
setup_bipublisher
unregister_bipublisher

ビッグ・データ・アプライアンス


delete_bda_cluster
discover_bda_cluster
discover_cloudera_cluster
relocate_bda_target
show_bda_clusters

ブラックアウトVerb


add_blackout_reason
create_blackout
delete_blackout
get_blackout_details
get_blackout_reasons
get_blackout_targets
get_blackouts
stop_blackout

CFW Verb


cancel_cloud_service_requests
delete_cloud_service_instances
delete_cloud_user_objects
get_cloud_service_instances
get_cloud_service_requests
get_cloud_user_objects

チャージバックVerb


add_chargeback_entity
assign_charge_plan
assign_cost_center
create_charge_entity_type
create_charge_item
delete_charge_item
export_charge_plans
export_custom_charge_items
get_metering_data
import_charge_plans
import_custom_charge_items
list_chargeback_entities
list_chargeback_entity_types
list_charge_item_candidates
list_charge_plans
list_cost_centers
remove_chargeback_entity
unassign_charge_plan
unassign_cost_center

クローニングVerb


clone_as_home
clone_crs_home
clone_database
clone_database_home
create_clone
extend_as_home
extend_crs_home
extend_rac_home

コンプライアンスVerb


associate_cs_targets
export_compliance_group
export_compliance_standard_rule
export_standard
fix_compliance_state
import_compliance_object
remove_cs_target_association

構成データ


get_config_searches
get_target_types
run_config_seaches

構成/アソシエーション履歴


disable_config_history
enable_config_history
set_config_history_retention_period

構成の比較


config_compare
get_config_templates

コネクタVerb


publish_change_request_ccc
update_ticket_status

資格証明Verb


clear_credential
clear_default_pref_credential
clear_monitoring_credential
clear_preferred_credential
create_credential_set
create_named_credential
delete_credential_set
delete_named_credential
get_credtype_metadata
get_duplicate_credentials
get_named_credential
list_named_credentials
merge_credentials
modify_named_credential
set_credential
set_default_pref_cred
set_monitoring_credential
set_preferred_credential
show_credential_set_info
show_credential_type_info
test_named_credential
update_host_password
update_monitoring_creds_from_agent
update_password
update_target_password

資格証明Verb - Oracle Database


update_db_password
update_credential_set

データベース・ジョブVerb


create_database
data_transfer
dbimport
delete_database
refresh_database

データベース・マシン・ターゲットにカスタマ・サポートID(CSI)割当てVerb


assign_csi_for_dbmachine_targets

データベース・プロファイル・ジョブVerb


create_dbprofile
describe_dbprofile_input
edit_dbprofile
list_dbprofiles
refresh_dbprofile

データ・サブセットVerb


export_subset_definition
generate_subset
import_subset_definition
import_subset_dump
import_subset_dump
list_subset_definitions

DBaaS Verb


『Oracle Enterprise Manager Cloud管理ガイド』管理者用のEM CLIのフローに関する説明を参照してください。

プラガブル・データベース・ジョブVerb


delete_pluggable_database
pdb_backup
pdb_clone_management

デプロイメント・プロシージャVerb


confirm_instance
delete_instance
describe_procedure_input
get_executions
get_instance_data
get_instance_status
get_instances
get_procedure_types
get_procedure_xml
get_procedures
get_retry_arguments
get_runtime_data
ignore_instance
reschedule_instance
resume_instance
retry_instance
save_procedure_input
stop_instance
submit_procedure
suspend_instance
update_and_retry_step
update_procedure_input

Diagcheck Verb


apply_diagcheck_exclude
define_diagcheck_exclude
diagchecks_deploy_status
diagchecks_deploy_tglist
list_diagcheck_exclude_applies
list_diagcheck_exclusions
list_diagchecks
undeploy_diagchecks
update_diagchecks

診断スナップショットVerb


create_diag_snapshot
delete_diag_snapshot

検出とエージェントへのプッシュVerb


delete_siebel
discover_coherence
discover_fa
discover_gf
discover_siebel
discover_wls
generate_discovery_input
refresh_fa
run_fa_diagnostics

検出事前チェックVerb


fmw_discovery_prechecks

コマンド実行Verb


execute_hostcmd
execute_sql

イベントとインシデントVerb


clear_problem
create_resolution_state
delete_resolution_state
get_resolution_states
modify_incident_rule
modify_resolution_state
publish_event

Fusion MiddlewareプロビジョニングVerb


create_fmw_domain_profile
create_fmw_home_profile
create_inst_media_profile
delete_fmw_profile
describe_fmw_profile
list_fmw_profiles

ゴールド・イメージVerb


create_custom_plugin_update
delete_custom_plugin_update
import_custom_plugin_update
list_custom_plugin_updates
list_patches_in_custom_plugin_update

グループVerb


create_group
delete_group
get_group_members
get_groups
modify_group

インシデント・ルールVerb


add_target_to_rule_set
delete_incident_record
remove_target_from_rule_set

インストールVerb


get_agentimage
get_agentimage_rpm
get_supported_platforms

内部メトリックVerb


get_internal_metric
list_internal_metrics

Java EEアプリケーション・コンポーネントVerb


create_jeeappcom
upload_jeeappcomp_file

ジョブVerb


create_job
create_job_from_library
create_library_job
delete_job
delete_library_job
describe_job
describe_job_type
describe_library_job
export_jobs
get_job_execution_detail
get_jobs
get_job_types
import_jobs
resume_job
retry_job
stop_job
submit_job
suspend_job

ライセンスVerb


grant_bipublisher_roles
grant_license_with_validation
revoke_license_no_validation
revoke_license_with_validation

ログ管理Verb


associate_cs_targets

マスキングVerb


export_masking_definition
generate_masking_script
import_masking_definition
list_masking_definitions
reassoc_masking_definition
save_masking_script
submit_masking_job

メトリック収集およびアラートVerb


clear_stateless_alerts
collect_metric
get_metrics_for_stateless_alerts
get_on _demand_metrics
get_unsync_alerts
metric_control
sync_alerts

メトリック拡張Verb


export_metric_extension
get_unused_metric_extensions
import_metric_extension
publish_metric_extension
save_metric_extension_draft

メトリックVerb


get_threshold
modify_threshold

監視テンプレートVerb


apply_template
export_template
import_template
list_templates
modify_collection_schedule

通知Verb


subscribeto_rule

OMS構成プロパティ


get_oms_config_property
get_oms_inventory
get_oms_logging_property
list_oms_config_properties
list_oms_logging_properties
list_trace
set_logging_property
set_oms_property
trace

OMS CPUアクティビティ・レポートVerb


dump_activity_list
generate_activity_report

OMSプラグイン・デプロイメントVerb


deploy_plugin_on_agent
deploy_plugin_on_server
get_ext_dev_kit
get_plugin_deployment_status
list_plugins_on_agent
list_plugins_on_server
redeploy_plugin_on_agent
undeploy_plugin_from_agent
undeploy_plugin_from_server

Oracle Database as Service (DBaaS) Verb


config_db_service_target
get_db_sys_details_from_dbname
set_db_service_properties

パッケージ・フュージョン・アプリケーションの問題Verb


package_fa_problem

パッチVerb


create_patch_plan
delete_patch_plans
delete_patches
describe_patch_plan_input
get_connection_mode
get_patch_plan_data
list_aru_languages
list_aru_platforms
list_aru_products
list_aru_releases
list_patch_plans
search_patches
set_connection_mode
set_patch_plan_data
show_patch_plan
submit_patch_plan
upload_patches

サブシステムのping Verb


set_reverse_ping_interval

Platform as a Service (PaaS) Verb


add_forwarders_for_paas_agent
deregister_forwarder_agents
enable_forwarder_agents
register_forwarder_agents

プラガブル・データベース・ジョブVerb


create_pluggable_database
migrate_noncdb_to_pdb

前提条件チェックVerb


list_prerequisites
list_prerequisites

権限委任設定Verb


apply_privilege_delegation_setting
clear_default_privilege_delegation_setting
clear_privilege_delegation_setting
create_privilege_delegation_setting
delete_privilege_delegation_settings
list_privilege_delegation_settings
list_target_privilege_delegation_settings
set_default_privilege_delegation_setting
test_privilege_delegation_setting

プロビジョニングVerb


provision

再構成ジョブVerb


convert_to_cluster_database

冗長性グループVerb


create_red_group
create_redundancy_group
modify_red_group
modify_redundancy_group
view_redundancy_group

CoherenceリフレッシュVerb


refresh_coherence

WLSドメインのリフレッシュVerb


refresh_wls

レポートのインポートおよびエクスポートVerb


export_report
get_reports
import_report

リソースVerb


list

ソフトウェア・ライブラリVerb


stage_swlib_entity_files

セキュア通信Verb


get_ca_info
get_onetime_registration_token
secure_agents

自己更新Verb


apply_update
download_update
export_update
get_update_status
import_update
import_update_catalog
remove_update
verify_updates

サービスVerb


add_beacon
apply_template_tests
assign_test_to_target
change_service_system_assoc
compare_sla
create_aggregate_service
create_service
delete_metric_promotion
delete_sla
delete_test
delete_test_threshold
disable_sla
disable_test
download_ats_test_databank_file
download_ats_test_zip
edit_sl_rule
enable_sla
enable_test
export_sla
extract_template_tests
get_aggregate_service_info
get_aggregate_service_members
get_test_thresholds
import_appreplay_workload
import_sla
list_sla
modify_aggregate_service
remove_beacon
remove_service_system_assoc
run_avail_diag
run_promoted_metric_diag
set_availability
set_key_beacons_tests
set_metric_promotion
set_properties
set_test_threshold
sync_beacon
upload_ats_test_databank_file

サーバー生成アラート・メトリックVerb


validate_server_generated_alerts

Siebel Verb


list_siebel_enterprises
list_siebel_servers
update_siebel

SiteGuard Verb


add_siteguard_aux_hosts
add_siteguard_script_credential_params
add_siteguard_script_hosts
configure_siteguard_lag
create_operation_plan
create_siteguard_configuration
create_siteguard_credential_association
create_siteguard_script
delete_operation_plan
delete_siteguard_aux_host
delete_siteguard_configuration
delete_siteguard_credential_association
delete_siteguard_lag
delete_siteguard_script
delete_siteguard_script_hosts
get_operation_plan_details
get_operation_plans
get_siteguard_aux_hosts
get_siteguard_credential_association
get_siteguard_health_checks
get_siteguard_lag
get_siteguard_script_credential_params
get_siteguard_script_hosts
get_siteguard_scripts
run_prechecks
schedule_siteguard_health_checks
stop_siteguard_health_checks
submit_operation_plan
update_operation_plan
update_siteguard_configuration
update_siteguard_credential_association
update_siteguard_lag
update_siteguard_script

ソフトウェア・ライブラリVerb


add_swlib_storage_location
create_swlib_entity
create_swlib_folder
list_swlib_entities
list_swlib_entity_subtypes
list_swlib_entity_types
list_swlib_folders
list_swlib_storage_locations
refer_swlib_entity_files
reimport_swlib_metadata
remove_swlib_storage_location
stage_swlib_entity_files
switch_swlib_oms_agent_storage
update_swlib_entity
upload_swlib_entity_files
verify_swlib

ソフトウェア・メンテナンスVerb


db_software_maintenance

SSA Verb


cleanup_dbaas_requests
create_database_size
create_dbaas_quota
create_paas_zone
create_pool
create_service_template
db_cloud_maintenance
delete_database_size
delete_dbaas_quota
delete_paas_zone
delete_pool verb
delete_service_template
get_dbaas_quota
get_dbaas_request_settings
get_paas_zone_detail
get_pool_allowed_placement_constraints
get_pool_capacity
get_pool_detail
get_pool_filtered_targets
get_saved_configs
get_service_template_detail
get_service_templates
list_database_sizes
rename_service_template
update_dbaas_quota
update_dbaas_request_settings
update_paas_zone
update_pool
update_service_template

システムVerb


create_system
delete_system
get_system_members
modify_system

ターゲット・データVerb


add_target
add_target_property
change_target_owner
create_assoc
delete_assoc
delete_target
get_target_properties
get_targets
list_allowed_pairs
list_assoc
list_target_property_names
manage_agent_partnership
migrate_to_lifecycle_status
modify_lifecycle_stage_name
modify_target
relocate_targets
remove_target_property
rename_target
set_standby_agent
set_target_property_value

トレースVerb


generate_ui_trace_report
trace_set_property

ユーザー定義メトリック(UDM)の移行Verb


abort_udmmig_session
analyze_unconverted_udms
create_udmmig_session
list_unconverted_udms
udmmig_list_matches
udmmig_request_udmdelete
udmmig_retry_deploys
udmmig_session_details
udmmig_submit_metricpicks
udmmig_summary
udmmig_update_incrules

データベース・ジョブの更新Verb


upgrade_database

ユーザー管理Verb


create_role
create_user
delete_role
delete_user
get_supported_privileges
grant_privs
grant_roles
modify_role
modify_user
revoke_privs
revoke_roles

ユーザー・セッション管理Verb


list_active_sessions

5.2 -input_fileの構文ガイドライン

5.2.1 -input_fileの構文

このオプションは、引数をファイルで指定できるようにします。次に例を示します。

emcli xyzverb -input_file="arg1:file1.txt" -input_file="arg2:file2.txt" 

この文字列は次のように変換されます。

emcli xyzverb -arg1=<contents of file1.txt> -arg2=<contents of file2.txt>
emcli xyzverb -input_file="name:/tmp/b1.txt"  -input_file="type:/tmp/b2.txt" 
-input_file="bcnName:/tmp/b3.txt" 

この例では、SSOサーバーなどの外部ユーザー・ストアにすでに作成されているUser1をEnterprise Managerユーザーにします。priv_fileの内容は
view_target;host1.example.com:hostです。User1にはhost1.example.com:hostターゲットの表示権限があります。

emcli create_user
      -name="User1"
      -type="EXTERNAL_USER"
      -input_file="privilege:/home/user1/priv_file"

5.2.2 ジョブ用の-input_file

多くのジョブのVerbでは、プロパティ・ファイルに必要なすべてのプロパティを指定できます。コマンドラインにもいくつかのプロパティを指定できます。コマンドラインに設定したプロパティは、ファイルに設定されている値を上書きします。

プロパティ・ファイルは、name=valueのペアで構成されています。たとえば、myFile.txtに次を入力するとします。

name=MY JOB 1
    type=OSCommand
    description=this is a test job
    target_list=target1:host
    variable.default_shell_command=ls -l
    schedule.frequency=IMMEDIATE

その後、次を実行します。

emcli create_job -input_file=property_file:myFile.txt

これにより、優先資格証明を使用したMY JOB 1というOSコマンド・ジョブが作成されます。

プロパティの使用方法

Create Verbについては、ファイルに設定されているすべてのプロパティが使用されます。suspendやresumeなどの複数のジョブに作用するVerbについては、searchプロパティのみが使用されます(名前、タイプ、ターゲット、スケジュールされた開始時間および終了時間)。

プロパティ・ファイルの作成

プロパティ・ファイルを作成する場合、まず作成するジョブに類似したものを記述するか、またはジョブ・タイプを記述します(あるいはその両方を行います)。これにより、指定したジョブ・タイプで必要なプロパティがリストされます。

ジョブの変数の決定

ジョブの多くのプロパティは類似しています。次に例を示します。

name、type、description、kind、targetType、cred、schedule notification

ジョブ・タイプに必要な変数は、ジョブによって異なります。必要な変数を知るには、ジョブ・タイプを記述します。

たとえば、次のコマンドでは、ジョブMYJOB1に基づきプロパティ・ファイル・テンプレートが作成されます。これでは、このジョブで設定されるプロパティがリストされます。

emcli describe_job [-verbose] -name=MyJob1 > myPropFile.txt

この例では、OSコマンド・ジョブのプロパティ・ファイル・テンプレートを作成します。これは、必須およびオプションのすべての変数を含むこのジョブ・タイプで許可されるプロパティをリストします。非推奨とマークされる変数は使用しないようにする必要があります。

emcli describe_job_type [-verbose] -type=OSCommand > myPropFile.txt

5.3 セパレータおよびサブセパレータの上書き

すべてのVerbでセパレータとサブセパレータを上書きできるわけではありません。デフォルトのセパレータとサブセパレータはそれぞれセミコロン(;)とコロン(:)です。セパレータは複数の値を取る引数に使用し、サブセパレータは値そのものに複数の値がある場合に使用します。片方または両方を上書きできます。

構文は次のとおりです。

separator=<option_for_which_separator_has_to_be_applied>="separator_value"

database2およびdatabase3を含むグループを作成するセパレータおよびサブセパレータを使用したコマンド例は、次のとおりです。

emcli create_group -name="tstgrp" -add_targets="database2:oracle_database;
database3:oracle_database"

このコマンドを変更のベースに使用して、これらの例はセパレータ、サブセパレータ、またはその両方の上書きを示します。

emcli create_group -name="tstgrp1" -add_targets="database2:oracle_database,
database3:oracle_database" -separator=add_targets="," 

emcli create_group -name="tstgrp2" -add_targets="database2&oracle_database,
database3&oracle_database" -separator=add_targets="," -subseparator=add_targets="&" 

emcli create_group -name="tstgrp3" -add_targets="database2&oracle_database;
database3&oracle_database" -subseparator=add_targets="&" 

EM CLI Verb

次の項で、すべてのEM CLI Verbの説明、書式およびオプションについて示します。Verbの一部には1つ以上の例が記載されているものもあります。

abort_udmmig_session

ユーザー定義メトリック(UDM)のセッションのメトリック拡張への移行を中断します。

書式

emcli abort_udmmig_session
        -session_id=<sessionId>
        [-input_file=specific_tasks:<complete_path_to_file>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • session_id

    セッションが作成されたときに返されたIDまたはudmmig_summaryの出力からのIDを指定します。

  • input_file

    1行に1つずつ、次の書式でターゲットUDMを含むファイル名を指します。

    <targetType>,<targetName>,<collection name>
    

    テンプレートを指定するには、targetType=Templateを使用します。ターゲットのすべてのUDMを中断するには、収集名に*を使用します。入力ファイルはUTF-8形式である必要があります。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

例1

この例では、指定した移行セッションを中断します。UDMは未変換リストに返されます。

emcli abort_udmmig_session -session_id=<sessionId>

例2

この例では、指定したUDMをセッションから削除して、移行セッションを部分的に中断します。

emcli abort_udmmig_session -session_id=<sessionId> -input_file=specific_tasks:<complete file path>

add_beacon

ビーコンをビーコンの監視セットに追加します。有効なすべてのテストがビーコンに送信されます。

書式

emcli add_beacon
      -name=target_name
      -type=target_type
      -bcnName=beacon_name
      [-dontSetKey]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    サービス・ターゲット名。

  • type

    サービス・ターゲット・タイプ。

  • bcnName

    追加するビーコン名。

  • dontSetKey

    追加されたビーコンが自動的にキー・ビーコンとならないことを示します。このオプションは、サービスおよびテストの可用性計算にビーコンを含めない場合にのみ使用します。

この例では、タイプがgeneric_serviceのMyTargetサービス・ターゲットにMyBeaconをキー・ビーコンとして追加します。

emcli add_beacon -name='MyTarget' -type='generic_service'
      -bcnName='MyBeacon'

add_blackout_reason

新しいブラックアウト理由を追加します。このアクションは、スーパー管理者のみが実行できます。

書式

emcli add_blackout_reason -name="<blackout reason>"

この例では、Testing Purposesというブラックアウト理由を追加します。

emcli add_blackout_reason -name="Testing Purposes"

add_chargeback_entity

チャージバックに指定のエンティティを追加します。

書式

add_chargeback_entity 
     -entity_name="eName"
     -entity_type="eType" 
     -usage_mode="uMode" 

パラメータ

  • entity_name

    チャージバックに追加するエンティティの名前。

  • entity_type

    チャージバックに追加するエンティティのタイプ。

  • usage_mode

    チャージバックに追加する使用モード。list_chargeback_entity_types -entity_typeと入力すると、特定のエンティティ・タイプの使用モードを確認できます。

関連項目


assign_charge_plan
assign_cost_center
list_chargeback_entities
list_chargeback_entity_types
list_charge_plans
list_cost_centers
remove_chargeback_entity
unassign_charge_plan
unassign_cost_center

add_forwarders_for_paas_agent

指定したPaaSエージェントにフォワーダを追加します。

書式

emcli add_forwarders_for_paas_agent
      -paas_agent_name="paas_agent_name"
      -agent_list="agent_list"

パラメータ

  • paas_agent_name

    ハイブリッド・エージェントのエージェント名。

  • agent_list

    空白で区切られたフォワーダ・エージェント・リスト。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、paas_agent_1およびpaas_agent_2をpaas_agentに転送します。

emcli add_forwarders_for_paas_agent       -paas_agent_name=<paas_agent>      -agent_list="paas_agent_1,paas_agent_2"

add_siteguard_aux_hosts

新しい補助ホストとシステムを関連付けます。補助ホストは、システムの一部ではなく、Enterprise Manager Cloud Controlによって管理されるホストです。これらのホストを使用して任意のスクリプトを実行できます。このホストで実行している他のターゲットは、Site Guard操作計画の一部にはなりません。

書式

emcli add_siteguard_aux_hosts
        -system_name="name_of_the_system"
        -host_name="name_of_the_auxiliary_host"

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • system_name

    システムの名前。

  • host_name

    現在のユーザーが追加する必要のある補助ホストの名前。このホストは、Enterprise Manager Cloud Controlで管理する必要があります。

例1

この例では、補助ホストhost1.domain.comaustin-systemに追加します。

emcli add_siteguard_aux_hosts
        -system_name="austin-system"
        -host_name="host1.domain.com"

例2

この例では、補助ホストhost1.domain.comおよびhost2.domain.comをシステムaustin-systemに追加します。

emcli add_siteguard_aux_hosts 
        -system_name="austin-system"
        -host_name="host1.domain.com"
        -host_name="host2.domain.com"

例3

この例では、austin-systemの一部である補助ホストhost1.domain.comおよびhost2.domain.comをシステムに関連付けます。

emcli add_siteguard_aux_hosts
        -system_name="austin-system"
        -host_name="host1.domain.com;host2.domain.com"

add_siteguard_script_credential_params

Site Guardスクリプトのパラメータとして名前付き資格証明を追加します。この資格証明のユーザー名とパスワードの値はスクリプト内でアクセスできます。

関連項目: emcli delete_siteguard_script_credential_params、emcli get_siteguard_script_credential_params

書式

emcli add_siteguard_script_credential_params        -script_id="Id associated with the script"         -credential_name="name of the credential"         [-credential_owner="credential owner"] 

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • script_id

    スクリプトID。

  • credential_name

    資格証明の名前。

  • credential_owner

    資格証明の所有者。資格証明の所有者がログインしているユーザーと同じである場合、このパラメータを指定する必要はありません。

例1

次のコマンドは、スクリプトIDおよび資格証明の名前をsiteguardスクリプトに追加します。

emcli add_siteguard_script_credential_params 
      -script_id="1" 
      -credential_name="NAMED_CREDENTIAL_X" 

例2

次のコマンドは、スクリプトIDおよび資格証明の名前を資格証明の所有者がSG_ADMINであるsiteguardスクリプトに追加します。

emcli add_siteguard_script_credential_params 
      -script_id="2" 
      -credential_name="NAMED_CREDENTIAL_Y" 
      -credential_owner="SG_ADMIN" 

add_siteguard_script_hosts

ホストをSite Guard構成スクリプトに追加します。

書式

emcli add_siteguard_script_hosts
      -script_id=<script_id>
      -host_name=<name1;name2;...>

パラメータ

  • script_id

    スクリプトに関連付けられたID。

  • host_name

    このスクリプトを実行するホストの名前。複数のホスト名を指定できます。

emcli add_siteguard_script_hosts
      –script_id=”10”
      –host_name ="host1.domain.com"

関連項目

create_siteguard_script

get_siteguard_script_hosts

add_swlib_storage_location

ソフトウェア・ライブラリ内に記憶域の場所を追加します。

書式

emcli add_swlib_storage_location 
        -name="location_name" 
        -path="location_path" 
        [-type="OmsShared|OmsAgent|Http|Nfs|ExtAgent"] 
        [-host="hostname"] 
        [-credential_set_name="setname"] | [-credential_name="name" - credential_
owner="owner"] [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    記憶域の場所の名前。

  • path

    記憶域の場所のパス。選択した記憶域のタイプによって、ファイル・システムのパスまたはURLのいずれかになります。

  • type

    記憶域の場所のタイプ。デフォルトはOmsSharedです。

  • host

    記憶域の場所のパスが存在するホストのターゲット名。このパラメータは、記憶域のタイプがOmsAgent、NfsおよびExtAgentの場合に必要です。記憶域のタイプがNfsの場合、ホストはEnterprise Manager内のターゲットである必要はありません。

  • credential_set_name

    ホスト・ターゲットのリポジトリに格納されている優先資格証明のセット名。これは、記憶域のタイプがOmsAgentおよびExtAgentの場合に必要なパラメータです。セット名は次のいずれかにできます。

    • HostCredsNormal: デフォルトの権限のない資格証明セット

    • HostCredsPriv: 権限付きの資格証明セット

  • credential_name

    リポジトリに格納されている名前付き資格証明の名前。このパラメータは、記憶域のタイプがOmsAgentおよびExtAgentの場合に必要です。このパラメータはcredential_ownerパラメータとともに指定する必要があります。

  • credential_owner

    リポジトリに格納されている名前付き資格証明の所有者。このパラメータは、記憶域のタイプがOmsAgentおよびExtAgentの場合に必要です。このパラメータはcredential_nameパラメータとともに指定する必要があります。

例1

この例では、myOMSSharedLocationという名前のOMS共有ファイル・システム記憶域の場所をパス/u01/swlibに追加します。

emcli add_swlib_storage_location 
        -name="myOMSSharedLocation" 
        -path="/u01/swlib"

例2

この例では、myOMSAgtLocationという名前のOMSエージェント・ファイル・システム記憶域の場所をホストfs1.us.acme.comにあるパス/u01/swlibに追加します。ACME_USERに所有されている名前付き資格証明MyAcmeCredsが、この場所からのファイルの読取りまたは書込みに使用されます。

emcli add_swlib_storage_location 
        -name="myOMSAgtLocation" 
        -path="/u01/swlib"
        -type="OmsAgent"
        -host="fs1.us.acme.com"  
        -credential_name="MyAcmeCreds"
        -credential_owner="ACME_USER"

delete_siteguard_aux_host

システムに関連付けられた補助ホストを削除します。

書式

emcli delete_siteguard_aux_host
        -system_name="name_of_the_system"
        [-host_name="name_of_the_auxiliary_host"] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • system_name

    補助ホストを削除するシステムの名前。

  • host_name

    削除する補助ホストの名前。指定しない場合、システムに関連付けられているすべてのホストが削除されます。

例1

この例では、austin-systemに関連付けられている補助ホストをすべて削除します。

emcli delete_siteguard_aux_host 
        -system_name="austin-system"

例2

この例では、austin-systemに関連付けられている補助ホストhost1.domain.comを削除します。

emcli delete_siteguard_aux_host 
        -system_name="austin-system" 
        -host_name="host1.domain.com"

例3

この例では、austin-systemに関連付けられている補助ホストhost2.domain.comを削除します。

emcli delete_siteguard_aux_host 
        -system_name="austin-system" 
        -host_name="host2.domain.com"

add_target

Enterprise Managerで監視するターゲットを追加します。指定されたターゲット・タイプは、管理エージェントで存在するかどうかと必要なプロパティがあるかどうか(ホスト・ターゲット・タイプの場合はユーザー名とパスワード、データベース・ターゲット・タイプの場合はログイン資格証明など)がチェックされます。ターゲット・タイプの必須プロパティは、このタイプの新しいターゲットを追加するときに指定する必要があります。

oracle_databaseターゲット・タイプでは、監視資格証明とともにロールを指定する必要があります。ロールが通常の場合、ユーザー名はdbsnmpにする必要があります。それ以外の場合、ロールはSYSDBAにする必要があります。ユーザー名はSYSDBA権限を持つ任意のユーザーです。


注意:

このVerbは、コンポジット・ターゲットには使用できません。このVerbでは、親ターゲット(IASなど)と子ターゲット(OC4Jなど)の間に関連を追加することはできません。

コマンドライン形式

emcli add_target
      -name="name"
      -type="type"
      -host="hostname"
      [-properties="pname1:pval1;pname2:pval2;..."]
      [-separator=properties="sep_string"]
      [-subseparator=properties="subsep_string"]
      [-credentials="userpropname:username;pwdpropname:password;..."]
      [-input_file="parameter_tag:file_path"]
      [-display_name="display_name"]
      [-groups="groupname1:grouptype1;groupname2:grouptype2;..."]
      [-timezone_region="gmt_offset"]
      [-monitor_mode="monitor_mode"]
      [-instances="rac_database_instance_target_name1:target_type1;..."]
      [-force=true|false]
      [-timeout="time_in_seconds"]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

add_target
      (name="name"
      ,type="type"
      ,host="hostname"
      [,properties="pname1:pval1;pname2:pval2;..."]
      [,separator=properties="sep_string"]
      [,subseparator=properties="subsep_string"]
      [,credentials="userpropname:username;pwdpropname:password;..."]
      [,input_file="parameter_tag:file_path"]
      [,display_name="display_name"]
      [,groups="groupname1:grouptype1;groupname2:grouptype2;..."]
      [,timezone_region="gmt_offset"]
      [,monitor_mode="monitor_mode"]
      [,instances="rac_database_instance_target_name1:target_type1;..."]
      [,force=true|false]
      [,timeout="time_in_seconds"])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ターゲット名。名前には、コロン(:)、セミコロン(;)、先行または後続の空白を使用できません。

  • type

    ターゲット・タイプ。標準のターゲット・タイプには、hostoracle_databaseoracle_apacheoracle_listenerおよびoracle_emdが含まれます。自分の環境で使用可能なすべてのターゲット・タイプを確認するには、
    $AGENT_HOME/sysman/admin/metadata
    ディレクトリをチェックしてください。メタデータ・ファイル(XML)は、各ターゲット・タイプに存在します。

  • host

    このターゲット・インスタンスのデータを収集する管理エージェントを実行しているシステムのネットワーク名。

  • properties

    ターゲット・インスタンスのプロパティの名前と値のペア(prop_name:prop_valueなど)のリスト。nameは、ターゲット・タイプのメタデータ定義で識別されます。このファイルで定義されている名前と完全に一致する必要があります。メタデータ・ファイルは、$AGENT_HOME/sysman/admin/metadataにあります。


    注意:

    このverbは、グローバルなターゲット・プロパティの設定をサポートしていません。ターゲット・プロパティを設定するには、set_target_property_valuesを使用することをお薦めします。

  • separator=properties

    -propertiesの値で、名前と値のペアを区切る文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタは「;」です。

    セパレータ・パラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • subseparator=properties

    -propertiesオプションの値で、各名前と値のペアの名前と値を区別する文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタは「:」です。

    サブセパレータ・パラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • credentials

    ターゲット・インスタンスの監視資格証明(名前と値のペア)。nameは、ターゲット・タイプのメタデータ定義で資格証明プロパティとして識別されます。credentialsは、ターゲットのメタデータ・ファイルの定義とまったく同じように指定する必要があります。メタデータ・ファイルは、$AGENT_HOME/sysman/admin/metadataにあります。

  • input_file

    -credentialsオプションとともに使用すると、パスワードなどの特定のターゲットの監視資格証明の値を別のファイルで格納できます。-input_fileでは、タグとローカルのファイル・パス間のマッピングを指定します。タグは、-credentialsオプションの特定の監視資格証明のかわりに指定します。タグにはコロン(:)とセミコロン(;)は使用できません。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • display_name

    Enterprise Manager Cloud Controlコンソールに表示されるターゲット名。

  • groups

    このターゲット・インスタンスが属するグループの名前と値のペアのリスト。groupname:grouptype;groupname2:grouptype2という書式に従います。

  • timezone_region

    このターゲット・インスタンスのGMTオフセット。(-7または-04:00の書式を使用。)

  • monitor_mode

    0、1、または2。デフォルトは0です。1はOMSを介したモニタリング、2はエージェントを介したモニタリングを指定します。

  • instances

    RACデータベース・ターゲットに含まれるRACデータベース・インスタンスの名前と値のペアのリスト。クラスタ・データベースを追加する前にデータベース・インスタンス・ターゲットを追加する必要があります。

  • force

    同名のターゲットが存在する場合でもターゲットを強制的に追加します。ターゲットのプロパティを最新の入力で更新します。

  • timeout

    コマンドがターゲットをエージェントに追加するまでに待機する秒数。デフォルトは10分です。

次の2つの例は、databaseという名前のoracle_databaseターゲットを追加します。資格証明の指定方法に注意してください。名前と値のペアの名前はoracle_databaseメタデータ・ファイルから使用されます。そのファイルで使用されている名前と完全に一致する必要があります。これは、プロパティnameにも適用されます。次の例では、データベース・ターゲットの最小限の必須の資格証明とプロパティを使用しています。

例1 - コマンドライン形式

emcli add_target
      -name="database"
      -type="oracle_database"
      -host="myhost.us.example.com"
      -credentials="UserName:dbsnmp;password:dbsnmp;Role:Normal"
      -properties="SID:semcli;Port:15091;OracleHome:/oracle;
MachineName:smpamp-example.com" -groups="Group1:group;Group2:group"

例2 - スクリプトおよび対話形式

add_target
      (name="database"
      ,type="oracle_database"
      ,host="myhost.us.example.com"
      ,credentials="UserName:dbsnmp;password:dbsnmp;Role:Normal"
      ,properties="SID:semcli;Port:15091;OracleHome:/oracle;
MachineName:smpamp-example.com" ,groups="Group1:group;Group2:group")

次の2つの例は、databaseという名前のoracle_databaseターゲットを追加します。これらの例は、input_fileを使用して、資格証明を偽造する方法を示します。パスワードは、実際にはat_pwd_fileという名前のファイルにあります。input_file引数は、PWD_FILEをcredentials引数のat_pwd_fileの内容に置き換えるために使用しています。

例3 - コマンドライン形式

emcli add_target
      -name="database"
      -type="oracle_database"
      -host="myhost.us.example.com"
      -credentials="UserName:dbsnmp;password:PWD_FILE;Role:Normal"
      -properties="SID:semcli;Port:15091;OracleHome:/oracle;
MachineName:smpamp-example.com" -input_file="PWD_FILE:/emcli_dir/pwdfiles/at_pwd_file"

例4 - スクリプトおよび対話形式

add_target
      (name="database"
      ,type="oracle_database"
      ,host="myhost.us.example.com"
      ,credentials="UserName:dbsnmp;password:PWD_FILE;Role:Normal"
      ,properties="SID:semcli;Port:15091;OracleHome:/oracle;
MachineName:smpamp-example.com" ,input_file="PWD_FILE:/emcli_dir/pwdfiles/at_pwd_file")

次の2つの例は、特定のインストール済RACデータベース・インスタンスおよびクラスタウェアを使用してRACデータベースを追加する方法を示しています。これらの例では、cluster_databaseという名前のrac_databaseターゲットと、newdb_clusterという名前のクラスタを追加します。RACインスタンスは、特定のホスト上のインスタンスから選択します。このVerbは、データベース・インスタンスとクラスタウェアのインストール後にコールする必要があります。RACデータベースはマルチエージェント・ターゲットであるため、monitor_modeに1を設定します。

例4 - コマンドライン形式

emcli add_target
      -name="cluster_database"
      -type="rac_database"
      -host="myhost.us.example.com"
      -monitor_mode="1"
      -properties="ServiceName:service.example.com;ClusterName:
newdb_cluster" -instances="database_inst1:oracle_database;database_inst2:
oracle_database"

例5 - スクリプトおよび対話形式

emcli add_target
      (name="cluster_database"
      ,type="rac_database"
      ,host="myhost.us.example.com"
      ,monitor_mode="1"
      ,properties="ServiceName:service.example.com;ClusterName:
newdb_cluster" ,instances="database_inst1:oracle_database;database_inst2:
oracle_database")

次の2つの例では、mylistという名前のoracle_listenerターゲットを追加します。LsnrNamelistener.oraファイルで構成されたリスナーの名前、ListenerOraDirlistener.oraファイルが保存されているディレクトリです。

例6 - コマンドライン形式

emcli add_target
      -name="mylist"
      -type="oracle_listener"
      -host="myhost.example.com"
      -properties="LsnrName:LISTENER;ListenerOraDir:/oracle/lsnr;
Port:15091;OracleHome:/oracle;Machine:smpamp-sun1.us

例7 - スクリプトおよび対話形式

add_target
      (name="mylist"
      ,type="oracle_listener"
      ,host="myhost.example.com"
      ,properties="LsnrName:LISTENER;ListenerOraDir:/oracle/lsnr;
Port:15091;OracleHome:/oracle;Machine:smpamp-sun1.us)

add_target_property

特定のターゲット・タイプの新規ターゲット・プロパティを追加します。このターゲット・タイプのすべてのターゲットには、この新規ターゲット・プロパティが割り当てられます。

書式

emcli add_target_property
         -target_type="target_type"
         -property="prop_name"

パラメータ

  • target_type

    このプロパティを追加する必要のあるターゲット・タイプ。このプロパティを既存のすべてのターゲット・タイプに追加するには、ワイルドカード文字(*)を指定します。

  • property

    このターゲット・タイプに対して作成するプロパティの名前。プロパティ名では大文字と小文字が区別されます。プロパティ名は、次のOracle提供のターゲット・プロパティ名(英語)と同じにすることはできません。

    Comment、Deployment Type、Line of Business、Location、Contact

例1

この例では、oracle_databaseというタイプのすべてのターゲットに
Owner Nameプロパティを追加します。

emcli add_target_property -target_type="oracle_database" -property="Owner Name"

例2

この例では、すべてのターゲット・タイプにOwnerプロパティを追加します。

emcli add_target_property -target_type="*" -property="Owner"

add_target_to_rule_set

エンタープライズ・ルール・セットにターゲットを追加します。

権限の要件: スーパー管理者は、Oracleが提供する事前定義された(デフォルトの)ルール・セットを除く、すべてのエンタープライズ・ルール・セットにターゲットを追加できます。それにターゲットを追加できるのは、ルール・セットの所有者または共同作成者のみです。

書式

emcli add_target_to_rule_set 
      -rule_set_name="rule set name"
      -target_name="target name"
      -target_type="internal name for the target type. For example, host"
      [-rule_set_owner=<ruleset owner>] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • rule_set_name

    エンタープライズ・ルール・セットの名前。このオプションは、ターゲットのリストと関連付られているルール・セットのみに使用できます。

  • target_name

    追加するターゲットの名前。

  • target_type

    追加するターゲットのターゲット・タイプ。例: host

  • rule_set_owner

    オプションで指定できる、ルール・セットの所有者。

例1

この例では、rulesというルール・セットにホスト・ターゲットmyhost.comを追加します。このルール・セットは管理者sysmanが所有しています。

emcli add_target_to_rule_set -rule_set_name='rules' -target_name='myhost.com' -target_type='host' -rule_set_owner='sysman'

add_virtual_platform

Oracle Virtual Platformを、リモートから監視するためにXenベースのハイパーバイザを追加します。ハイパーバイザ上で実行されている関連付られているOracle ServerおよびOracle Virtual Serverも追加されます。

同時に複数のハイパーバイザを追加できます。このコマンドは、ターゲットを追加するために発行されたジョブの名前と実行識別子を返します。

Oracle Virtual Platformおよびその関連ターゲットを削除するには、delete_target Verbを使用します。

書式

emcli add_virtual_platform 
       -name="host_name/IP_address_or_list_from_an_input_file"
       -agent="agent_target_name"
       [-failover_agent="failover_agent_target_name"]
       -credentials="property_name1:property_value1;property_name2:
property_value2;..." [-wait_for_completion=true|false] [-wait_for_completion_timeout=<time_in_minutes>] [-separator=credentials="separator_for_key_value_pairs"] [-subseparator=credentials="separator_for_key_value_pair"] [-input_file="FILE:file_path_or_name:FILE"] [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    Enterprise ManagerでOracle Virtual Platformとして追加されるXenベースのハイパーバイザのIPアドレスまたはホスト名。この値を提供する方法は2つあります。ターゲットが1つのみの場合は、この値は、コマンドラインからホスト名またはIPアドレスを直接渡することができます。値が複数ある場合は、ファイルにホスト名、IPアドレスまたはIPアドレスの範囲を列挙して、-input_fileパラメータを使用してその入力ファイル名を渡すことができます。ホスト名またはIPアドレスを区切るには、新しい行を使用します。各行には、マシンのホスト名、IPアドレス、またはIPアドレスの範囲を指定します。

    詳細は、例を参照してください。

  • agent

    Oracle Virtual Platformおよび関連ターゲットを監視するために使用するプライマリ・エージェントのターゲット名。

  • failover_agent

    Oracle Virtual Platformおよび関連ターゲットを監視するために使用するフェイルオーバー・エージェントのターゲット名。

  • credentials

    ターゲット・インスタンスの監視資格証明(名前と値のペア)。nameは、ターゲット・タイプのメタデータ定義で資格証明プロパティとして定義されます。メタデータ・ファイルは、$AGENT_HOME/sysman/admin/metadataにあります。

    様々なオプションの詳細は、例を参照してください。

  • wait_for_completion

    発行したジョブが終了するまでCLIが待機するのかを示すフラグ。デフォルト値はfalseです。値がtrueの場合、Oracle Virtual Platformの追加が成功または失敗した際にジョブの進捗状況がコマンドラインに出力されます。

  • wait_for_completion_timeout

    ジョブが終了するためにCLIが停止して待機する時間(分)。このパラメータは、パラメータwait_for_completionがtrueの場合のみ適用されます。値が負またはゼロの場合、ジョブの終了は待機されません。

    詳細は、例を参照してください。

  • separator=credentials

    資格証明のキーと値のペアのカスタムのセパレータ。-credentialsオプションの値で、名前と値のペアを区切る文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタは「;」です。

    セパレータ・パラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • subseparator=credentials

    キーと値のペアのカスタムのセパレータ。-credentialsオプションの値で、各名前と値のペアの名前と値を区別する文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタは「:」です。

    サブセパレータ・パラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file

    -credentialsオプションとともにオプションで使用。このオプションを使用すると、パスワードやSSHキーなど特定のターゲットを監視するの資格証明値を別のファイルに設定できます。

    タグとローカルのファイル・パス間のマッピングを指定します。このタグは、特定の-credentialsプロパティ値のかわりに指定します。

例1

この例では、ルート・ユーザーのホスト資格証明を使用してOracle Virtual Platformを追加します。プロパティOVSUsernameの値はユーザー名に、OVSPasswordはパスワードに使用します。プロパティprivilegedUserの値は、監視時に仮想化に固有のメトリックを収集するか(true)収集しないか(false)を示します。パスワードは、コマンドラインから渡します。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838 
-credentials='type:DMOvsBasicCreds;PrivilegeType:none;privilegedUser:true;
OVSUsername:root;OVSPassword:mypassword'

例2

この例では、ルート・ユーザーのホスト資格証明を使用してOracle Virtual Platformを追加します。プロパティOVSUsernameの値はユーザー名に、OVSPasswordはパスワードに使用します。プロパティprivilegedUserの値は、監視時に仮想化に固有のメトリックを収集するか(true)収集しないか(false)を示します。ルート・ユーザーのパスワードは、入力ファイルpassword.txtから読み取られます。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838
      -credentials='type:DMOvsBasicCreds;PrivilegeType:none;privilegedUser:true;
          OVSUsername:root;OVSPassword:PWD_FILE'
      -input_file='PWD_FILE:password.txt'

例3

この例では、ルート・ユーザーのホスト資格証明を使用して複数のOracle Virtual Platformを追加します。ホスト名、IPアドレスまたはIPアドレス範囲が複数ある場合、ホスト名リスト・ファイルに新しい行で区切って指定します。

注意: 複数のターゲットを追加する場合、追加するすべてのハイパーバイザで同じ資格証明が使用されます。

次に、ホスト名リスト・ファイルの例を示します。

example1.com
192.168.1.0
10.172.10.2-254



emcli add_virtual_platform 
      -input_file='name:hostnames.txt' 
      -agent=example.com:1838
      -credentials='type:DMOvsBasicCreds;PrivilegeType:none;privilegedUser:true;
           OVSUsername:root;OVSPassword:mypassword'

例4

この例では、Unix Sudoユーザー・ホスト資格証明を使用してOracle Virtual Platformを追加します。プロパティPrivilegeCommandの値は、Sudoコマンドを実行するために使用します。%RUN_AS%および%COMMAND%は、Sudoコマンドを実行するユーザーおよびそのコマンドに置き換えます。プロパティEnablePseudoTerminalの値は、Sudoでttyターミナルが必要か(true)不要か(false)を示します。パスワードは、コマンドラインから渡します。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838
      -credentials='type:DMOvsBasicCreds;PrivilegeType:sudo;privilegedUser:true;
          RunAs:root;PrivilegeCommand:/usr/bin/sudo -S -u %RUN_AS%%COMMAND%;
          EnablePseudoTerminal:false;OVSUsername:root;OVSPassword:mypassword'

例5

この例では、Unix PowerBrokerユーザー・ホスト資格証明を使用してOracle Virtual Platformを追加します。プロパティPrivilegeCommandの値は、PowerBrokerコマンドを実行するために使用します。%RUN_AS%および%COMMAND%は、PowerBrokerコマンドを実行するユーザーおよびそのコマンドに置き換えます。プロパティPowerBrokerProfileの値は、PowerBrokerプロファイルとして使用されます。プロパティPowerBrokerPasswordPromptの値は、PowerBrokerパスワードのプロンプトとして使用されます。パスワードは、コマンドラインから渡します。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838
      -credentials='type:DMOvsBasicCreds;PrivilegeType:powerbroker;RunAs:root;
           PrivilegeCommand:/usr/bin/pbrun -l -u %RUN_AS%
%COMMAND%;PowerBrokerProfile:profile;
PowerBrokerPasswordPrompt:myprompt; privilegedUser:true;OVSUsername:root;OVSPassword:mypassword'

例6

この例では、パスフレーズなしのSSHキー認証を必要とするUnix Sudoユーザーを使用してOracle Virtual Platformを追加します。SSHプライベート・キー、SSHパブリック・キーおよびパスワードは、入力ファイルより読み取られます。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838   
      -credentials='type:DMOvsSshKeyCreds;PrivilegeType:sudo;privilegedUser:true;
            RunAs:root;PrivilegeCommand:/usr/bin/sudo -S -u %RUN_AS% %COMMAND%;
            EnablePseudoTerminal:false;SshPrivateKey:PRIVATE_KEY;
            SshPublicKey:PUBLIC_KEY;OVSUsername:sudoer1;OVSPassword:PWD_FILE' 
      -input_file='PRIVATE_KEY:id_dsa' 
      -input_file='PUBLIC_KEY:id_dsa.pub' 
      -input_file='PWD_FILE:password'

例7

この例では、パスフレーズを使用するSSHキー認証を必要とするUnix Sudoユーザーを使用してOracle Virtual Platformを追加します。SSHプライベート・キー、SSHパブリック・キーおよびパスワードは、入力ファイルより読み取られます。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com -agent=example.com:1838
      -credentials='type:DMOvsSshKeyCreds;PrivilegeType:sudo;privilegedUser:true;
           RunAs:root;PrivilegeCommand:/usr/bin/sudo -S -u %RUN_AS% %COMMAND%;
           EnablePseudoTerminal:false;PassPhrase:welcome1;
           SshPrivateKey:PRIVATE_KEY;SshPublicKey:PUBLIC_KEY;OVSUsername:sudoer1;
           OVSPassword:PWD_FILE' 
      -input_file='PRIVATE_KEY:id_dsa' 
      -input_file='PUBLIC_KEY:id_dsa.pub' 
      -input_file='PWD_FILE:password'

例8

この例では、パスフレーズなしのSSHキー認証を必要とするUnix PowerBrokerユーザーを使用してOracle Virtual Platformを追加します。SSHプライベート・キー、SSHパブリック・キーおよびパスワードは、入力ファイルより読み取られます。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838
      -credentials='type:DMOvsSshKeyCreds;PrivilegeType:powerbroker;
           privilegedUser:true;RunAs:root;PrivilegeCommand:
/usr/bin/pbrun -l -u %RUN_AS% %COMMAND%; PowerBrokerProfile:profile;PowerBrokerPasswordPrompt:myprompt; SshPrivateKey:PRIVATE_KEY;SshPublicKey:PUBLIC_KEY; OVSUsername:myuser;OVSPassword:PWD_FILE' -input_file='PRIVATE_KEY:id_dsa' -input_file='PUBLIC_KEY:id_dsa.pub' -input_file='PWD_FILE:password'

例9

この例では、ホストに対する権限がないユーザーの資格証明を使用してOracle Virtual Platformを追加します。追加されるターゲットの仮想化メトリックは監視されません。パスワードはプロンプト時に指定します。

emcli add_virtual_platform 
      -name=example.com 
      -agent=example.com:1838 
      -credentials='type:DMOvsBasicCreds;privilegedUser:false;
           OVSUsername:simpleton;OVSPassword:password'

analyze_unconverted_udms

UDMを分析し、一意のUDM、使用可能な一致およびこれらの一致するメトリック拡張に適用できるテンプレートをリストします。

書式

emcli analyze_unconverted_udms 
      [-session_id=<sessionId>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • session_id

    分析対象のセッションのID。セッションIDを指定しないと、すべての未変換のUDMが含まれる分析セッションが作成されます。将来の起動でこのセッションIDを指定して、新しい分析を生成できます。

例1

この例では、既存のメトリック拡張にあるすべての未変換UDMの一致をリストします。

emcli analyze_unconverted_udms 

例2

この例では、指定した移行セッションにあるすべての未変換UDMの一致をリストします。

emcli list_unconverted_udms -session_id=<sessionId>

apply_diagcheck_exclude

診断チェックの除外をターゲット・インスタンスのセットに適用します。除外名を定義して、特定の診断チェックを除外できます。ルールで指定されたチェックが除外されるように、すべての診断チェックが特定のターゲット・タイプに対して評価されたときに、このルールが適用されます。

書式

emcli apply_diagcheck_exclude
        -target_type="type"
        -exclude_name="name"
        [-target_name="target_name" ]*

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    ターゲットのタイプ。

  • exclude_name

    除外に使用するための名前。exclude_nameを作成するには、define_diagcheck_exclude Verbを使用します。

  • target_name

    除外を適用するためのターゲット名。

apply_privilege_delegation_setting

指定したターゲットでsudoまたはPowerBroker設定をアクティブ化します。

コマンドライン形式

emcli apply_privilege_delegation_setting
         -setting_name="setting"
         -target_type="host/composite"
         [-target_names="name1;name2;..."]
         [-input_file="FILE:file_path"]
         [-force="yes/no"]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

apply_privilege_delegation_setting
         (setting_name="setting"
         ,target_type="host/composite"
         [,target_names="name1;name2;..."]
         [,input_file="FILE:file_path"]
         [,force="yes/no"])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • setting_name

    適用する設定の名前。

  • target_names

    ターゲット名のリスト。新しく発行された設定は、このリストのEnterprise Managerターゲットに適用されます。

    • すべてのターゲットは同じタイプである必要があります。

    • 要素のターゲット・タイプがgroupの場合、ターゲット・リストに複数の要素を含めることはできません。

    • 前述のグループには、1つ以上のホスト・ターゲットが含まれる必要があります。

  • target_type

    設定を適用するターゲットのタイプ。有効なターゲット・タイプは、hostまたはcomposite(グループ)です。

  • input_file

    ターゲット名を含むファイルのパス。これにより、別のファイルのターゲットを渡すことができます。ファイルにはコロン(:)とセミコロン(;)は使用できません。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • force

    yesの場合、操作は継続され、無効なターゲットは無視されます。デフォルトはnoです。

この例では、sudo_settingという名前の権限設定を適用します。この設定は、hostタイプのターゲットに適用され、host1host2などに適用されます。

例1 - コマンドライン形式

emcli apply_privilege_delegation_setting
      -setting_name=sudo_setting
      -target_type=host
      -target_names="host1;host2;"

例2 - スクリプトおよび対話形式

apply_privilege_delegation_setting
      (setting_name="sudo_setting"
      ,target_type="host"
      ,target_names="host1;host2")

この例では、sudo_settingという名前の権限設定を適用します。この設定は、hostタイプのターゲットに適用され、host1host2などに適用されます。forceフラグは、設定がすべての有効なターゲットに適用され、無効なターゲットは無視されることを示します。

例3 - コマンドライン形式

emcli apply_privilege_delegation_setting
      -setting_name=sudo_setting
      -target_type=host
      -target_names="host1;host2;"
      -force=yes

例4 - スクリプトおよび対話形式

apply_privilege_delegation_setting
      (setting_name="sudo_setting", 
       target_type="host", 
       target_names="host1;host2", force="yes")

この例では、sudo_settingという名前の権限設定を適用します。この設定は、hostタイプのターゲットに適用され、ホスト名は1行ごとに1つのホストが含まれる/home/jdoe/file.txtから選択されます。forceフラグは、設定がすべての有効なターゲットに適用され、無効なターゲットは無視されることを示します。

例5 - コマンドライン形式

emcli apply_privilege_delegation_setting
      -setting_name=sudo_setting
      -target_type=host
      -input_file="FILE:/home/jdoe/file.txt"
      -force=yes

例6 - スクリプトおよび対話形式

apply_privilege_delegation_setting
      (setting_name="sudo_setting"
      ,target_type="host"
      ,input_file="FILE:/home/jdoe/file.txt"
      ,force="yes")

apply_template

指定したターゲットのリストに監視テンプレートを適用します。Verbのパラメータはどんな順番でも指定できます。

書式

emcli apply_template
        -name="template_name"
        -targets="tname1: ttype1;tname2: ttype2;..."
        [-copy_flags="0" or "1" or "2"]
        [-replace_metrics="0" or "1"]
        [-input_file="FILE1:file_name"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    データベースに存在するテンプレート名。名前には、コロン(:)、セミコロン(;)、先行または後続の空白を使用できません。

  • targets

    ターゲットは次の順番で指定してください。

    TargetName1:TargetType1;TargetName2:TargetType2

    次に例を示します。

    db1:oracle_database;my db group:composite

    セミコロン(;)はターゲットを指定する際のセパレータです。コンポジット以外のターゲットは、テンプレートが適用可能なターゲット・タイプであると理想的です。そうでない場合、テンプレートはこのターゲットに適用されません。コンポジット・ターゲットの場合、テンプレートは、そのテンプレートを適用可能なターゲット・タイプに属するメンバー・ターゲットにのみ適用されます。

  • copy_flags

    これは、複数のしきい値を持ったメトリックにのみ適用されます。

    0: テンプレートとターゲットに共通するキー値に対してしきい値設定を適用します。

    1: ターゲットのキー値のしきい値設定を削除し、それらをテンプレートのキー値のしきい値設定で置き換えます。

    2: テンプレートに定義されたすべてのキー値にしきい値設定を適用します。デフォルトは0です。

  • replace_metrics

    0は、テンプレートには含まれないがターゲットで使用可能なメトリックのしきい値が変更されないことを示します。これはデフォルト値です。1は、ターゲットに存在するがテンプレートに存在しないメトリックのしきい値がNULLに設定されることを示します。つまり、ターゲットのこのようなメトリックは監視されないため、アラートは生成されません。

  • input_file

    このパラメータを使用して、ファイルの場所を指定できます。これには、テンプレートにユーザー定義メトリック(UDM)が含まれている場合、UDMに使用する資格証明が含まれています。file_nameは、実際は、場所のパスを指定したファイルの名前です。これには、UDMに適用可能な資格証明が含まれています。次に例を示します。

    emcli apply_template -name="template1"  -targets="mydb1:oracle_database" 
      -input_file= "FILE1:/usr/template/apply_udm_credentials.txt"
    

    この例では、タイプがoracle_databaseのターゲットmydb1にtemplate1という名前の監視テンプレートを適用します。UDMに必要な資格証明はファイル/usr/template/apply_udm_credentials.txtからアクセスされます。

    ファイルapply_udm_credentials.txtの内容は、次の書式のいずれかにする必要があります。

    • すべてのUDMがすべてのターゲットに同じ資格証明を使用します。次に例を示します。

      credListType:all;
      usr_name:joe1;passwrd:pass1;
      
    • 各UDMがすべてのターゲットに専用の資格証明を使用します。次に例を示します。

      credListType:perUDM;
      udm_name:UDM1;usr_name:joe1;passwrd:pass1;
      udm_name:UDM2;usr_name:joe2;passwrd:pass2;
      
    • 各UDMが異なるターゲットに異なる資格証明を使用します。次に例を示します。

      credListType:perTargetperUDM;
      udm_name:UDM1;tgt_name:TNAME1;usr_name:joe1;passwrd:pass1;
      udm_name:UDM1;tgt_name:TNAME2;usr_name:joe2;passwrd:pass2;
      udm_name:UDM2;tgt_name:TNAME1;usr_name:joe3;passwrd:pass3;
      udm_name:UDM2;tgt_name:TNAME2;usr_name:joe4;passwrd:pass4;
      

    指定するすべての入力テキスト・ファイルにcredListTypeを指定することが重要です。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

例1

この例では、my_db_templateという名前の監視テンプレートを適用します。このテンプレートはタイプoracle_databaseのターゲットに適用され、タイプoracle_databaseの中のdb1とタイプcompositeの中のmy_db_groupに適用されます。

コンポジット・ターゲットの場合、テンプレートは、そのテンプレートを適用可能なターゲット・タイプに属するメンバー・ターゲットにのみ適用されます。copy_flagsを指定しない場合、デフォルトで、テンプレートとターゲットの両方に共通の監視オブジェクトに対してしきい値設定が適用されます。

emcli apply_template -name="my_db_template"
          -targets="db1:oracle_database;my_db_group:composite"

例2

この例では、my_db_templateという名前の監視テンプレートを適用します。このテンプレートはタイプoracle_databaseのターゲットに適用され、タイプoracle_databaseの中のdb1とタイプcompositeの中のmy_db_groupに適用されます。

コンポジット・ターゲットの場合、テンプレートは、そのテンプレートを適用可能なターゲット・タイプに属するメンバー・ターゲットにのみ適用されます。この場合、copy_flagsオプションが1に指定されているので、ターゲットのしきい値設定が繰り返し適用されます。

emcli apply_template -name="my_db_template"
          -targets="db1:oracle_database;my_db_group:composite"
          -copy_flags="1"

例3

この例では、my_db_templateという名前の監視テンプレートを適用します。このテンプレートはタイプがoracle_databaseのターゲットに適用できます。これは、タイプがoracle_databaseのdb1とタイプがcompositeのmy_db_groupに適用しています。

コンポジット・ターゲットの場合、テンプレートは、そのテンプレートを適用可能なターゲット・タイプに属するメンバー・ターゲットにのみ適用されます。この場合、copy_flagsオプションが2に指定されているので、ターゲットのしきい値設定が繰り返し適用されます。ターゲットのみに存在してテンプレートに存在しないキーがターゲットに保持され、これらの設定は影響を受けません。

emcli apply_template -name="my_db_template"
          -targets="db1:oracle_database;my_db_group:composite"
          -copy_flags="2"

例4

この例では、my_db_templateという名前の監視テンプレートを適用します。このテンプレートはタイプoracle_databaseのターゲットに適用され、タイプoracle_databaseの中のdb1とタイプcompositeの中のmy_db_groupに適用されます。

コンポジット・ターゲットの場合、テンプレートは、そのテンプレートを適用可能なターゲット・タイプに属するメンバー・ターゲットにのみ適用されます。この場合、copy_flagsオプションが1に指定されているので、ターゲットのしきい値設定が繰り返し適用されます。さらに、UDMに必要な資格証明がファイル/usr/vmotamar/db_credentials.txtの中に含まれています。

emcli apply_template -name="my_db_template"
          -targets="db1:oracle_database;my_db_group:composite"
          -copy_flags="1" -input_file= "FILE1:/usr/vmotamar/db_credentials.txt"

例5

この例では、my_db_templateという名前の監視テンプレートを適用します。このテンプレートは、oracle_databaseというタイプのターゲットに適用できます。このコマンドは、タイプがoracle_databaseのdb1とタイプがcompositeのmy_db_groupの2つのターゲットに、このテンプレートを適用します。

コンポジット・ターゲットの場合、テンプレートは、そのテンプレートを適用可能なターゲット・タイプに属するメンバー・ターゲットにのみ適用されます。この場合、
copy_flagsオプションが1に指定されているので、テンプレートの設定がターゲットの設定に置き換えられます。テンプレート内のすべてのキーがターゲットにコピーされ、ターゲット内にある不要キーは削除されます。UDMに必要な資格証明は、ファイル/usr/user/db_credentials.txtにあります。

replace_metricsが1に設定されているということは、ターゲットに存在するがテンプレートに存在しないメトリックのしきい値がNULLに設定されることを示します。つまり、ターゲットのこれらのメトリックは監視されないため、アラートは生成されません。

emcli apply_template -name="my_db_template"
          -targets="db1:oracle_database;my_db_group:composite"
          -copy_flags="1" -replace_metrics="1" -input_file=
"FILE1:/usr/user/db_credentials.txt"

apply_template_tests

ファイルからリポジトリ・ターゲットに変数およびテスト定義を適用します。

書式

emcli apply_template_tests
      -targetName=target_name
      -targetType=target_type
      -input_file=template:template_filename
      [-input_file=variables:<variable_filename>]
      [-input_file=atsBundleZip:<ats_bundle_zip_filename>]
      [-useBundleDatabankFile]
      [-useFirstRowValues]
      [-overwriteExisting=all | none | <test1>:<type1>;<test2>:<type2>;...]
      [-encryption_key=key]
      [-swlibURN=<URN_for_swlib_entity>] 
      [-swlibPath=<Path_for_swlib_entity>] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • targetName

    ターゲット名。

  • targetType

    ターゲット・タイプ。

  • input_file=template

    テスト定義を含む入力ファイルの名前。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=variables

    変数定義を含む入力ファイルの名前。この属性が指定されていない場合、テスト定義を含む同じファイルから変数が抽出されます。

    変数ファイルの書式は次のとおりです。

    <variables xmlns="template">
    <variable name="<name1>" value="<value1>"/>
    <variable name="<name2>" value="<value2>"/>
    ...
    </variables>
    

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=atsBundleZip

    テンプレートに定義されているATSバンドルzipの名前。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • useBundleDatabankFile

    このパラメータを指定した場合、バンドルのデータバンク・ファイルが使用されます。

  • useFirstRowValues

    このパラメータを指定した場合、最初の行の値が使用されます。

  • overwriteExisting

    テストがターゲットにすでに存在する場合、どのテストを上書きするかを指定します。値は次のとおりです。

    1. none(デフォルト): ターゲットの既存のテストはすべて上書きされません。

    2. all: ターゲットに同じ名前のテストがある場合、そのテストはテンプレート・ファイルで指定されたテスト定義で上書きされます。

    3. <test1>:<type1>;<test2>:<type2>;...: ターゲットに、<test1>、<test2>などの同じ名前のテストがある場合、これらはテンプレート・ファイルの定義で上書きされます。

  • encryption_key

    ファイルの内容を復号化するオプションの鍵。ファイルの暗号化に使用した鍵と同じ鍵を指定します。

  • swlibURN

    URNを介したソフトウェア・ライブラリ・エンティティのロード。OATZ zipファイルおよびZipファイル名などの該当するエンティティ・データは、新しいサービス・テストに関連付けられます。OATS zipファイルをサービス・テストに関連付けるには、このパラメータまたは-swlibPathパラメータのいずれかが必要です。

  • swlibPath

    エンティティ・パスを介したソフトウェア・ライブラリ・エンティティのロード。OATZ zipファイルおよびZipファイル名などの該当するエンティティ・データは、新しいサービス・テストに関連付けられます。OATS zipファイルをサービス・テストに関連付けるために、このパラメータまたは-swlibURNパラメータのいずれかが必要です。

これらの例を実行するには、次の権限が必要です。

  • サーバー・プール・ターゲットでのOPERATOR権限。

  • 現在ターゲットを監視しているすべてのビーコンでのOPERATOR権限。また、「任意のビーコンの使用」権限も必要です。

例1

この例では、ファイルの内容の復号化に鍵
my_passwordを使用して、ファイルmy_template.xmlに含まれるテスト定義を汎用サービス・ターゲット
my_targetに適用します。my_websiteまたは
my_scriptという名前のテストがターゲットに存在する場合、ファイルのテスト定義で上書きされます。

emcli apply_template_tests
      -targetName='my_target' -targetType='generic_service'
      -input_file=template:'my_template.xml' -encryption_key='my_password'
      -overwriteExisting='my_website:HTTP;my_script:OS'

例2

この例では、ファイルmy_variables.xmlに指定された変数の値を使用して、ファイル
my_template.xmlに含まれるテスト定義をWebアプリケーション・ターゲットmy_targetに適用します。テンプレート・ファイルに指定されたテストと同じ名前のテストがターゲットにある場合、そのテストは上書きされます。

emcli apply_template_tests
          -targetName='my_target' -targetType='website' 
          -input_file=template:'my_template.xml' -input_file=variables:
'my_variables.xml' -overwriteExisting='all'

apply_update

更新を適用します。

書式

emcli apply_update 
        -id="internal id" 

パラメータ

  • id

    適用する更新の内部識別子。

この例では、更新を適用する対象となるジョブを発行して、発行時にジョブ実行IDを出力します。

emcli apply_update 
        -id="914E3E0F9DB98DECE040E80A2C5233EB"

argfile

Verbとそれに関連する引数が両方ともASCIIファイルに含まれている1つ以上のEM CLI Verbを実行します。argfileにより、非常に柔軟にVerbを使用できます。たとえば、ブラックアウトするターゲットの大きなリストを指定する場合(create_blackout Verb)に、argfile Verbを使用してファイルからターゲット・リストを入力できます。

このファイルでは、複数のEM CLI Verbを呼び出すことができます。各Verb呼出しは、改行で区切る必要があります。

書式

emcli argfile <file_name>
      [-delim=<delimiter_string>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • delim

    引数ファイルの2つのVerb間でデリミタとして使用される文字列。デフォルトのデリミタは改行です。

assign_charge_plan

指定したエンティティにチャージ・プランを割り当てます。

書式

assign_charge_plan 
      -entity_name="eName" 
      -entity_type="eType" 
      -plan_name="pName" 
      -[entity_guid="entity_guid"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • entity_name

    チャージ・プランを割り当てるエンティティの名前。

  • entity_type

    チャージ・プランを割り当てるエンティティのタイプ。

  • plan_name

    割り当てるチャージ・プランの名前。

  • entity_guid

    チャージバックに追加するエンティティのguid。

    チャージバック内で指定したエンティティ名およびエンティティ・タイプで1つ以上のエンティティがアクティブな場合、このコマンドは作成日、親エンティティ名、エンティティguidなどのその他の詳細とともに、それらのエンティティをすべてリストします。そのリストから正しいエンティティを選択し、エンティティ名およびエンティティ・タイプのかわりにエンティティguidをパラメータとして使用し、再度コマンドを実行します。

この例では、oracle_databaseエンティティ、db1にチャージ・プランplan1を割り当てます。

emcli assign_charge_plan -entity_name="db1" -entity_type="oracle_database" -plan_name="plan1"

assign_cost_center

指定したエンティティにコスト・センターを割り当てます。

書式

assign_cost_center 
     -entity_name="eName" 
     -entity_type="eType" 
     -cost_center_name="cName" 
     -[entity_guid="entity guid" ] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • entity_name

    コスト・センターを割り当てるエンティティの名前。

  • entity_type

    コスト・センターを割り当てるエンティティのタイプ。

  • cost_center

    割り当てるコスト・センターの名前。

  • entity_guid

    チャージバック内のエンティティのguid。

    チャージバック内で指定したエンティティ名およびエンティティ・タイプで1つ以上のエンティティがアクティブな場合、このコマンドは作成日、親エンティティ名、エンティティguidなどのその他の詳細とともに、それらのエンティティをすべてリストします。そのリストから正しいエンティティを選択し、エンティティ名およびエンティティ・タイプのかわりにエンティティguidをパラメータとして使用し、再度コマンドを実行します。

この例では、oracle_databaseエンティティ、db1にコスト・センターcc1を割り当てます。

emcli assign_cost_center -entity_name="db1" -entity_type="oracle_database" -cost_center_name="cc1"

assign_csi_at_target_level

指定するターゲット名およびタイプにカスタマ・サポートID(CSI)を割り当てるか更新します。

書式

emcli assign_csi_at_target_level 
      -target_name="Target_name"
      -target_type="Target_type"
      -csi="Customer_Support_IDentifier_value"
      -mos_id="My_Oracle_Support_ID"

パラメータ

  • target_name

    Cloud Controlターゲットの名前。

  • target_type

    Cloud Controlターゲットのタイプ。

  • csi

    割り当てるカスタマ・サポートID値。

  • mos_id

    My Oracle Support(MOS)のユーザーID。

emcli assign_csi_at_target_level 
      -target_name="myhost.us.example.com"
      -target_type="oracle_example_type"
      -csi=12345678
      -mos_id="abc@xyz.com"

assign_csi_for_dbmachine_targets

データベース・マシン名に関連付けられたすべてのExadata、RACおよびデータベース・ターゲットのカスタマ・サポートID(CSI)の割当てまたは更新を行います。

書式

emcli assign_csi_for_dbmachine_targets
      -target_name="database_system_name"
      -csi="customer_support_identifier_value"
      -mos_id="my_oracle_support_ID"

パラメータ

  • target_name

    データベース・システム・ターゲットの名前。

  • csi

    割り当てるカスタマ・サポートID(CSI)。

  • mos_id

    My Oracle Support(MOS)のユーザーID。

この例では、CSI 1234567をデータベース・システムabcdef.company.comに割り当てます。

emcli assign_csi_for_dbmachine_targets 
      -target_name=abcdef.company.com
      -csi=1234567 
      -mos_id=abc@xyz.com

assign_test_to_target

テスト・タイプをターゲット・タイプに割り当てます。テスト・タイプtをターゲット・タイプTに割り当てると、タイプTのすべてのターゲットを、タイプtのテストで問い合せることができます。

書式

emcli assign_test_to_target
      -testtype=test-type_to_be_assigned
      -type=target_type
      [-tgtVersion]=version_of_target_type

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • testtype

    割り当てるテスト・タイプ。内部名を使用します。WebトランザクションのかわりにHTTPを使用します。

  • type

    サービス・ターゲット・タイプ。

  • tgtVersion

    ターゲット・タイプのバージョン。指定しない場合、最新のバージョンが使用されます。

この例では、テスト・タイプHTTPをタイプが汎用サービスv2のターゲットに割り当てます。

emcli assign_test_to_target -testtype='HTTP' -type='generic_service'
      -tgtVersion='2.0'

associate_cs_targets

指定した標準をリストされているターゲットに関連付けます。

注意: 標準がOracleによって提供されている場合、<std_name>は標準の内部名です。

書式

 associate_cs_targets
  -name="<std_name>"
  -version="<std_version>"
  -author="<author_name>"
  -target_list="<target_name>[,<target_name>,<group_name>:Group]*"
  -target_list_file="<file_name>"
 
[ ] indicates that this parameter is optional

パラメータ

  • name

    標準の名前。

  • version

    標準のバージョン。

  • author

    標準の作成者。標準がOracleによって提供されている場合、<std_name>は標準の内部名(sysmanなど)です。

  • target_list

    ターゲットの名前。コンプライアンス標準を1つまたは少数のターゲットに関連付ける場合、このオプションが役に立ちます。ターゲットはカンマで区切ります。グループ・ターゲットを指定する場合、:Groupを追加する必要があります。次に例を示します。

    -target_list="slc0host"

    -target_list="slc0host,slc-host01"

    -target_list="slc0host,host_grps:Group"

  • target_list_file

    ターゲットのリストが含まれるファイルの名前。ターゲットは、カンマ区切りの値であっても、ターゲットが個別行にリストされたファイル内にあってもかまいません。次に例を示します。

    -target_list_file=slc0host,slc0host1,slc0host02

    -target_list_file="slc0host.txt"。この場合、slc0host.txtには次の行が含まれます。

    slc0host

    slc0host01

    slc0host02

    注意: target_listオプションまたはtarget_list_fileオプションを使用してください。

例1

次の例では、target_listを指定します。

emcli associate_cs_targets 
-name="secure configuration for host" 
-version="1" 
-author="sysman" 
-target_list="host1,host2,group1:Group"

例2

次の例では、target_list_fileを指定します。

emcli associate_cs_targets 
-name="secure configuration for host"
-version="1" 
-author="sysman" 
-target_list_file="file with target name list"

associate_target_to_adm

既存のアプリケーション・データ・モデルにターゲットを関連付けます。

書式

emcli associate_target_to_adm
     -adm_name=<application_data_model_name>
     -target_name=<target_name>
     -target_type=<target_type>

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • adm_name

    ターゲットを関連付けるアプリケーション・データ・モデル名。

  • target_name

    ターゲットを関連付けるアプリケーション・データ・モデル名。

  • target_type

    アプリケーション・データ・モデルに関連づけられるターゲットのタイプ。

出力

成功またはエラーを示すメッセージ

この例では、ターゲットtest_databaseをSample_ADMというアプリケーション・データ・モデルに関連付けます。

emcli associate_target_to_adm       -adm_name=Sample_ADM       -target_name=test_database
       -target_type=oracle_pdb

bareMetalProvisioning

テスト・タイプをターゲット・タイプに割り当てます。テスト・タイプtをターゲット・タイプTに割り当てると、タイプTのすべてのターゲットを、タイプtのテストで問い合せることができます。

書式

emcli bareMetalProvisioning
       [-input_file="config_properties:input_XML"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • input_file

    ベアメタル・プロビジョニング用のXSDに準拠している入力XMLファイル。BMPのプロビジョニングに使用される詳細なXMLファイルは、下記を参照してください。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

emcli bareMetalProvisioning
       [-input_file="config_properties:input XML"]

XMLの例のファイル

<?xml version="1.0"?>
<DeployedImage><ImageName>OracleLinux</ImageName><OperatingSystemType>Oracle Enterprise Linux x86 32 bit</OperatingSystemType>
 
<!--Specify the Operating system type for this operation. Supported operating system types are : Oracle Enterprise Linux x86 32 bit, Oracle Enterprise Linux x86 64 bit, RedHat Enterprise Linux x86 32 bit, RedHat Enterprise Linux x86 64 bit, SUSE Linux Enterprise Server x86 32 bit, SUSE Linux Enterprise Server x86 64 bit-->
<TargetInfo><TargetType>MAC</TargetType>
 
<!--Specify the target type for this provisioning operation as follows : MAC : If the provisioning target type is mac address. RE_IMAGE : If reprovisioning the existing EM targets. Subnet : If provisioning all the targets in a Subnet.-->
<Target><MACAddress>aa:bb:cc:dd:ee:ff</MACAddress><NetworkInterface><InterfaceName>eth0</InterfaceName><Configuration>Dhcp</Configuration>
 
<!--Specify the network interface type as follows : Dhcp : If the interface configuration is to be dynamically assigned from a DHCP server. Static : If the interface configuration is to be statically configured. Network Profile : If the interface configuration is to be fetched from a Network Profile.-->
<Type>Non Bonding</Type>
 
<!--Specify the network interface type as follows : Non Bonding : If the interface is not part of any bond. Bonding Master : If the interface is supposed to be the Bonding master of a bond. Bonding Slave : If the interface is supposed to be a Bonding slave as part of bond.-->
<!-- Following are bonding configuration-->
<BondingMode>1</BondingMode>
 
<!--Specify the Bonding Mode in case the interface has the role of Bonding Master.-->
<SlaveDevices>eth1,eth2</SlaveDevices>
 
<!--Specify the Slave devices as a csv string in case the interface has the role of Bonding Master. For ex : eth1,eth2-->
<PrimarySlaveDevice>eth1</PrimarySlaveDevice>
 
<!--Specify the Primary Slave device in case the interface has the role of Bonding Master.-->
<ARPInterval>200</ARPInterval><ARPIPTarget>10.177.244.121</ARPIPTarget><ARPFrequency>400</ARPFrequency><ARPDownDelay>200</ARPDownDelay><ARPUpDelay>200</ARPUpDelay>
 
<!--bonding configuration-->
<!-- If Configuration is Static <IPAddress></IPAddress> <HostName></HostName> <Netmask></Netmask> <Gateway></Gateway> <DNSServers></DNSServers> -->
<IsBootable>true</IsBootable>
 
<!--Specify if the network interface is the bootable one.-->
</NetworkInterface></Target>
 
<!-- If TargetType is RE_IMAGE: replace <MACAddress> with following <HostName>myhost.us.example.com</HostName> <BootableMac>aa:bb:cc:dd:ee:ff</BootableMac> -->
<!-- If TargetType is Subnet: replace <MACAddress> with following <SubnetIP>10.244.177.252</SubnetIP> <SubnetMask>255.255.252.0</SubnetMask> -->
</TargetInfo>
 
<!-- If TargetType is RE_IMAGE: <HostTargetsPreferredCredSetName>cred1<.HostTargetsPreferredCredSetName> Specify the preferred credentials name to be used for accessing the EM Host targetse to be Re-imaged. -->
<StageServer>myhost.us.example.com</StageServer>
 
<!--Specify the Stage Server host name. For ex : myhost.mydomain.com-->
<StageStorage>/scratch/stage</StageStorage>
 
<!--Specify the Stage Storage on the stage server. For ex : /scratch/stage-->
<StageServerPreferredCredSetName>Cred1</StageServerPreferredCredSetName>
 
<!--Specify the preferred credentials name to be used for accessing the stage server.-->
<StageServerPrereqs>false</StageServerPrereqs>
 
<!--Specify if the pre-requisties check should be run on the stage server before starting the provisioning.-->
<BootServer>myhost.us.example.com</BootServer>
 
<!--Specify the Boot Server host name. For ex : myhost.mydomain.com-->
<BootServerPreferredCredSetName>Cred1</BootServerPreferredCredSetName>
 
<!--Specify the preferred credentials name to be used for accessing the boot server.-->
<BootServerPrereqs>false</BootServerPrereqs>
 
<!--Specify if the pre-requisties check should be run on the boot server before starting the provisioning.-->
<DhcpServer>myhost.us.example.com</DhcpServer>
 
<!--Specify the Dhcp Server host name. This is required only if DHCP automation is required. For ex : myhost.mydomain.com Note : Dhcp automation is supported only for the MAC and RE_IMAGE provisioning types.-->
<DhcpServerPreferredCredSetName>Cred1</DhcpServerPreferredCredSetName>
 
<!--Specify the preferred credentials name to be used for accessing the Dhcp server.-->
<DhcpServerPrereqs>false</DhcpServerPrereqs>
 
<!--Specify if the pre-requisties check should be run on the Dhcp server before starting the provisioning.-->
<RpmRepository>oelrepos</RpmRepository>
 
<!--Specify the RPM repository name to be used for provisioning operation. For ex : OEL4U8repos-->
<RootPassword>password</RootPassword>
 
<!--Specify the root password for the provisioned machines.-->
<TimeZone>Africa/Algiers</TimeZone>
 
<!--Specify the time zone for the provisioned machines.-->
<AgentInstallUser>oraem</AgentInstallUser>
 
<!--Specify the user name for installing EM agent on the provisioned machines. For ex : oraem-->
<AgentInstallGroup>dba</AgentInstallGroup>
 
<!--Specify the agent installation user's group for installing EM agent on the provisioned machines. For ex : dba-->
<AgentBaseInstallationDirectory>/var/lib/oracle/agent12g</AgentBaseInstallationDirectory>
 
<!--Specify a directory for installing EM agent on the provisioned machines. For ex : /var/lib/oracle/agent12g-->
<OracleInventoryLocation>/var/lib/oracle/oraInventory</OracleInventoryLocation>
 
<!--Specify a directory for storing oracle installed product's inventory on the provisioned machines. For ex : /var/lib/oracle/oraInventory-->
<AgentRegistrationPassword>password</AgentRegistrationPassword>
 
<!--Specify agent registration password for installing EM agent on the provisioned machines.-->
<AgentRpmUrl>http://myhost.us.example.com/oracle-agt.12.1.0.0.1-i386.rpm</AgentRpmUrl>
 
<!--Specify a http URL for fetching agent RPM. This is not mandatory if the agent rom is already placed at the staged location-->
<ReferenceAnaconda/>
 
<!--Specify a reference anaconda as a string. It will be used to capture properties like Keyboard, mouse. If not provided they will be defaulted to default values.-->
<PackageList>@base</PackageList>
 
<!--Specify the package list to be installed on the provisioned machines.-->
<ACPI>off</ACPI>
 
<!--Specify the ACPI value for the provisioned machines. Supported values are : on, off-->
<ParaVirtualizedKernel>false</ParaVirtualizedKernel>
 
<!--Specify if the provisioned machines should be booted with paravirtualized kernels.-->
<PostInstallScript>%post echo "post" </PostInstallScript>
 
<!--This section provides the option of adding commands to be run on the system once the installation is complete. This section must start with the %post command.-->
<FirstBootScript>#!/bin/sh # chkconfig: 345 75 25 # description: Bare Metal Provisioning First boot service # </FirstBootScript>
 
<!--This section provides the option of adding commands to run on the system when it boots for the first time after installation.-->
<RequireTTY>false</RequireTTY>
 
<!--Specify if tty is required on the provisioned machines.-->
<SeLinux>Disabled</SeLinux>
 
<!--Specify the SELinux configuration for the provisioned machines. Supported values are : Disabled, Enforcing, Permissive-->
<MountPointSettings/>
 
<!--Specify /etc/fstab settings for the provisioned machines.-->
<NISSettings/>
 
<!--Specify /etc/yp.conf settings for the provisioned machines.-->
<NTPSettings/>
 
<!--Specify /etc/ntp.conf settings for the provisioned machines.-->
<KernelParameterSettings/>
 
<!--Specify /etc/inittab settings for the provisioned machines.-->
<FirewallSettings/>
 
<!--Specify the firewall settings for the provisioned machines.-->
<HardDiskProfiles>
 
<!--Specify the Hard Disk profiles for the provisioned machines.-->
<HardDiskConfiguration>
 
<!--Specify the hard disk configuration details-->
<DeviceName>hda</DeviceName>
 
<!--Specify the device name for the disk. For ex : hda,hdb-->
<Capacity>10000000</Capacity>
 
<!--Specify the disk capacity in MB. For ex : 1024-->
</HardDiskConfiguration></HardDiskProfiles><PartitionConfigurations>
 
<!--Specify the partition configurations for the provisioned machines.-->
<PartitionConfiguration>
 
<!--Specify the partition configuration details.-->
<MountPoint>/</MountPoint>
 
<!--Specify the mount point for the partition. For ex : /, /root-->
<DeviceName>hda</DeviceName>
 
<!--Specify the disk name on which this partition has to be configured. For ex : hda,hdb-->
<SystemDeviceName>/dev/hda1</SystemDeviceName>
 
<!--For ex : /dev/hda1-->
<FileSystemType>ext3</FileSystemType>
 
<!--Specify the File System type for this partition. Supported file system types are : ext2, ext3, ocfs2, swap, Raid, LVM-->
<Size>4096</Size>
 
<!--Specify the size in MB for this partition. For ex : 5120-->
</PartitionConfiguration></PartitionConfigurations><RaidConfigurations>
 
<!--Specify the RAID configurations for the provisioned machines.-->
<RaidConfiguration>
 
<!--Specify the RAID configuration details-->
<MountPoint>raid.100</MountPoint>
 
<!--Specify the raid id . For ex : raid.100-->
<RaidLevel>0</RaidLevel>
 
<!--Specify the RAID Level for this raid device. Supported RAID Levels are : Raid 0, Raid 1, Raid 5, Raid 6-->
<Partitions>/dev/hda1,/dev/hda2</Partitions>
 
<!--Specify the raid partitions for this raid device as a csv string. For ex : /dev/hda1, /dev/hda2-->
<FileSystemType>ext3</FileSystemType>
 
<!--Specify the File System type for this partition. Supported file system types are : ext2, ext3, ocfs2, swap, LVM-->
</RaidConfiguration></RaidConfigurations><LogicalVolumeGroups>
 
<!--Specify the Logical Volume Groups for the provisioned machines.-->
<LogicalVolumeGroup>
 
<!--Specify the logical volume group configuration details-->
<GroupName>LVG1</GroupName>
 
<!--Specify the Logical group name. For ex : mygrp-->
<Partitions>/dev/hda1</Partitions>
 
<!--Specify the partitions that take part in this logical volume group as a csv string. For ex : /dev/hda1, /dev/hda2-->
<Raids>raid.100</Raids>
 
<!--Specify the RAIDs that take part in this logical volume group as a csv string. For ex : raid.100, raid.200-->
</LogicalVolumeGroup></LogicalVolumeGroups><LogicalVolumes>
 
<!--Specify the Logical Volumes for the provisioned machines.-->
<LogicalVolume>
 
<!--Specify the logical volume configuration details.-->
<MountPoint>/u01</MountPoint>
 
<!--Specify the mount point for this logical volume. For ex : /, /root-->
<LogicalVolumeName>LV1</LogicalVolumeName>
 
<!--Specify the logial volume name. For ex : myvols-->
<LogicalGroupName>LVG1</LogicalGroupName>
 
<!--Specify the logical group name where this volume should be created. For ex : mygrp-->
<FileSystemType>ext3</FileSystemType>
 
<!--Specify the File System type for this partition. Supported file system types are : ext2, ext3, ocfs2, swap-->
<Size>4096</Size>
 
<!--Specify the size in MB for this partition. For ex : 5120-->
</LogicalVolume></LogicalVolumes></DeployedImage>

cancel_cloud_service_requests

指定したユーザーが開始したスケジュールされたクラウド・サービス・リクエストを取り消します。キャンセルは、スケジュールされたリクエストにのみ可能であることに注意してください。

書式

emcli cancel_cloud_service_requests
      -user="username"
      [-family="family"]
      [-ids="id1;id2..."]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user

    リクエストを開始したユーザーの名前。

  • family

    クラウド・リクエストをフィルタするために使用するサービス・ファミリ名。

  • ids

    クラウド・リクエストをフィルタするために使用するリクエストIDのリスト。各IDはセミコロン(;)で区切ってください。

例1

この例では、user1が所有するすべてのスケジュール済クラウド・リクエストをキャンセルします。

emcli cancel_cloud_service_requests -user="user1"

例2

この例では、family1サービス・ファミリによって所有され、user1に所有されるすべてのクラウド・リクエストを取り消します。

emcli cancel_cloud_service_requests -user="user1" -family="family1"

例3

この例では、user1が所有するクラウド・リクエスト1および2をキャンセルします。

emcli cancel_cloud_service_requests -user="user1" -ids="1;2"

change_service_system_assoc

特定のサービスをホストするシステムを変更します。

書式

emcli change_service_system_assoc
      -name='name'
      -type='type'
      -systemname='system_name'
      -systemtype='system_type'
      -keycomponents='keycomp1name:keycomp1type[;keycomp2name:keycomp2type;...]'

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    サービス名。

  • type

    サービス・タイプ。

  • systemname

    サービスが置かれているシステム。

  • systemtype

    システム・タイプ

  • keycomponents

    サービスに使用されているシステムのキー・コンポーネントの名前とタイプのペア(keycomp_name:keycomp_typeなど)のリスト。

この例では、my serviceという汎用サービスのシステムを、指定されたキー・コンポーネントを備えたmy systemという汎用システムに変更します。

emcli change_service_system_assoc
      -name='my service' -type='generic_service'
      -systemname='my system' -systemtype='generic_system'
      -keycomponents='database:oracle_database; mytestbeacon:oracle_beacon'

change_target_owner

ターゲットの所有者を変更します。

書式

emcli change_target_owner
        -target="target_name:target_type"
        [-target="target_name:target_type"]
        -owner="current_target_owner_name"
        -new_owner="new_owner_name"

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target

    所有者を変更するターゲット名とターゲット・タイプ。

  • owner

    ターゲットの既存の所有者の名前。このパラメータのデフォルト値は、現在ログインしているユーザーです。

  • new_owner

    ターゲットの新しい所有者の名前。

この例では、2つのターゲットの所有権をadminからadmin2に変更します。

emcli change_target_owner
          -target="abc.oracle.com:host"
          -target="testDBSystem:oracle_database"
          -owner="admin1"
          -new_owner="admin2"

cleanup_dbaas_requests

ホストおよびEnterprise Managerからリクエストをクリーンアップします。このVerbでは、指定したパラメータによって次を実行します。

  • プールの失敗したすべてのリクエストのクリーンアップ。

  • プールのすべてのリクエストのクリーンアップ。

  • 特定のユーザーの失敗したリクエストのクリーンアップ。

  • 特定のユーザーのすべてのリクエストのクリーンアップ。

書式

emcli help cleanup_dbaas_requests
emcli cleanup_dbaas_requests        [-ids="<request id>"]        [-pool_name="<pool name>" -pool_type="
                     <database|schema|pluggable_database>" 
        [-user="<SSA user name>"] 
        [-all]]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • ids

    クラウド・リクエストをフィルタするために使用するセミコロン(;)で区切られたリクエストID。

  • pool_name

    リクエストをクリーンアップする必要のあるプールの名前。

  • pool_type

    プールのタイプ。次のいずれかの値を入力します。

    • データベース・プールの場合: database

    • スキーマ・プールの場合: schema

    • プラガブル・データベース・プールの場合: pluggable_database

  • user

    リクエスト削除のフィルタリングで使用するユーザー名。

  • all

    これを指定した場合、(成功および失敗した)すべてのリクエストがクリーン・アップされ、スケジュール済状態のリクエストはキャンセルされ、進行中のリクエストは現状維持される。パラメータを指定しない場合、失敗したリクエストのみクリーンアップされる。


注意:

idsおよびpool_nameパラメータは同時には使用できません。

例1

この例では、指定したリクエストID 10のクリーンアップを実行します。

emcli cleanup_dbaas_requests -ids="10"

例2

この例では、指定したリクエストID 10、11、12のクリーンアップを実行します。

emcli cleanup_dbaas_requests -ids="10;11;12"

例3

この例では、失敗したすべてのリクエストをクリーンアップします。

emcli cleanup_dbaas_requests -pool_name="database_pool" -pool_type="database"

例4

この例では、失敗および成功した両リクエストをすべてクリーンアップします。このプロセスでは、原則としてプールがリセットされます。

emcli cleanup_dbaas_requests -pool_name="database_pool" -pool_type="database" -all

例5

この例では、特定のユーザーの失敗および成功したすべてのリクエストをクリーンアップします。このオプションは、システムからユーザーがいなくなり、そのユーザーが所有するすべてのサービス・インスタンスを管理者がクリーンアップする場合に役立ちます。

emcli cleanup_dbaas_requests -pool_name="database_pool" -pool_type="database" -all -user="SSA_USER" 

clear_credential

指定されたユーザーの優先資格証明または監視資格証明を消去します。

書式

emcli clear_credential
      -target_type="ttype"
      [-target_name="tname"]
      -credential_set="cred_set"
      [-user="user"]
      [-oracle_homes="home1;home2"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    ターゲットのタイプ。oracle_homesパラメータを指定する場合、hostにする必要があります。

  • target_name

    ターゲットの名前。このオプションを省略して、エンタープライズ優先資格証明を消去します。oracle_homesパラメータを指定する場合、ターゲット名はホスト名にする必要があります。

  • credential_set

    設定対象の資格証明セット。

  • user

    対象の資格証明を使用するEnterprise Managerユーザー。省略すると、現行ユーザーの資格証明に適用されます。この値は、監視資格証明では無視されます。

  • oracle_homes

    ターゲット・ホストのOracleホームの名前。資格証明は、指定されたすべてのホームで消去されます。

emcli clear_credential
       -target_type=oracle_database
       -target_name=myDB
       -credential_set=DBCredsNormal
       -user=admin1
emcli clear_credential
       -target_type=oracle_database
       -credential_set=DBCredsNormal
       -user=admin1

clear_default_pref_credential

ユーザーのデフォルトの優先資格証明として設定されている名前付きの資格証明を消去します。名前付き資格証明は資格証明ストアから削除されません。この名前付き資格証明をデフォルト優先資格証明として使用するユーザー設定のみが消去されます。

書式

emcli clear_default_pref_cred 
        -set_name="set_name"
        -target_type="ttype"

パラメータ

  • set_name

    デフォルト優先資格証明がこの資格証明セットについて消去されます。

  • target_type

    資格証明セットのターゲット・タイプ。

この例では、HostCredsNormal資格証明セットのホスト・ターゲット・タイプに設定されているデフォルト優先資格証明を消去します。

emcli clear_default_pref_cred 
        -set_name=HostCredsNormal
        -target_type=host

clear_default_privilege_delegation_setting

指定したプラットフォームのデフォルトの権限委任設定をクリアします。

書式

標準モード

emcli clear_default_privilege_delegation_setting
        -platform_list="PLATFORM_DEFAULT"
 

インタラクティブまたはスクリプト・モード

clear_default_privilege_delegation_setting(
        platform_list="PLATFORM_DEFAULT"
        )

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • platform_list

    デフォルトの権限委任設定が削除されたプラットフォームのカンマ区切りリスト。サポート対象のプラットフォーム: Linux、HP-UX、SunOSおよびAIX。

終了コード

成功した場合は0です。0以外の値は、Verb処理が正常終了しなかったことを意味します。

例1

この例では、Linux、HP-UX、SunOSおよびAIXプラットフォームのデフォルトの権限委任設定をクリアします。

emcli clear_default_privilege_delegation_setting 
-platform_list="Linux,HP-UX,SunOS,AIX"

clear_monitoring_credential

ターゲットに設定されている監視資格証明を消去します。

書式

emcli clear_monitoring_credential
        -set_name="set_name"
        -target_name="target_name"
        -target_type="ttype"

パラメータ

  • set_name

    監視資格証明がこの資格証明セットについて消去されます。

  • target_name

    このターゲットの優先資格証明が消去されます。

  • target_type

    ターゲットまたは資格証明セットのターゲット・タイプ。

この例では、ターゲットtestdb.example.comに設定されている監視資格証明セット、DBCredsMonitoring資格証明セットを消去します。

emcli clear_monitoring_credential 
        -set_name=DBCredsMonitoring
        -target_name=testdb.example.com
        -target_type=oracle_database

clear_preferred_credential

ユーザーのターゲット優先資格証明として設定されている名前付きの資格証明を消去します。名前付き資格証明は資格証明ストアから削除されません。この名前付き資格証明を優先資格証明として使用するユーザー設定のみが消去されます。

書式

emcli clear_preferred_credential 
        -set_name="set_name"
        -target_name="target_name"
        -target_type="ttype"

パラメータ

  • set_name

    優先資格証明がこの資格証明セットについて設定されます。

  • target_name

    このターゲットの優先資格証明が消去されます。

  • target_type

    ターゲットまたは資格証明セットのターゲット・タイプ。

この例では、ホスト・ターゲットtest.example.comに設定されている優先資格証明セット、HostCredsNormal資格証明セットを消去します。

emcli clear_preferred_credential 
        -set_name=HostCredsNormal
        -target_name=test.example.com
        -target_type=host

clear_privilege_delegation_setting

特定のホストから権限委任設定をクリアします。

書式

emcli clear_privilege_delegation_setting
        -host_names="name1;name2;..."
        [-input_file="FILE:file_path"]
        [-force="yes/no"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • host_names

    ホストの名前。

  • input_file

    ホストのリストを含むファイルのパス。ファイルには1行につき1つのホスト名が必要です。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • force

    yesに設定した場合、無効および到達不可のターゲットが無視され、有効で稼働中のすべてのターゲットから設定が削除されます。noに設定した場合、無効および停止しているターゲットはエラーを発生します。デフォルトはnoです。

例1

emcli clear_privilege_delegation_setting
      -host_names="host1;host2;....."

例2

emcli clear_privilege_delegation_setting
      -host_names="host1;host2;....."
      -force=yes

例3

emcli clear_privilege_delegation_setting
      -input_file="FILE:/home/user/file.txt"
      -force=yes

clear_problem

指定した条件に一致する問題をクリアします(問題のキー、ターゲット・タイプ、期間)。ターゲットの問題をクリアできるのは、ターゲット管理権限を持つユーザーのみです。問題をクリアすると、基礎となるインシデントとイベントもクリアされます。

デフォルトでは、問題通知は送出されません。これを上書きするには、send_notificationオプションを指定します。基礎となるインシデントやイベントをクリアしても、通知は送出されません。

書式

emcli clear_problem
        -problem_key="problem_key"
        -target_type="target_type"
        -older_than="age_of_problem"
        [-target_name="target_name"]
        [-unacknowledged_only="clear_unacknowledged_problems"]
        [-send_notification="send_notifications_for_problems"]
        [-preview]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • problem_key

    クリアする問題の問題キー

  • target_type

    "Oracle Database"に対するoracle_databaseのような内部タイプ名。get_target_typesコマンドを使用して、ターゲット・タイプの内部名を取得できます。

  • older_than

    問題の期間を日単位で指定します。

  • target_name

    既存の非コンポジット・ターゲットの名前。たとえば、単一のデータベースの名前。コンポジット・ターゲットの名前(ターゲット・グループ)は使用できません。

  • unacknowledged_only

    指定した場合、未承認の問題のみクリアされます。このオプションには値は必要ありません。

  • send_notification

    指定した場合、クリアした問題に対して該当する通知があれば送出されます。デフォルトでは、クリアした問題に対する通知は送出されません。このパラメータには値は必要ありません。

  • preview

    コマンドによってクリアされる見込みの問題数を取得します。

例1

この例では、指定した条件に一致する問題数を表示します。

emcli clear_problem -problem_key="ORA-600" -target_type="oracle_database"-preview

例2

この例では、すべてのデータベースにわたって、3日以上発生している(最初のインシデントの発生日に基づく) ORA-600問題をクリアします。

emcli clear_problem -problem_key="ORA-600" -target_type="oracle_database" -older_than="3"

例3

この例では、未承認問題のみをクリアします。

emcli clear_problem -problem_key="ORA-600" -target_type="oracle_database" 
-older_than="3" -unacknowledged_only

例4

この例では、問題がクリアされたときに、該当する通知を送信します。デフォルトでは、クリアした問題に対する通知は送信されません。

emcli clear_problem -problem_key="ORA-600" -target_type="oracle_database" 
-older_than="3" - send_notification

clear_stateless_alerts

指定されたターゲットに関連付けられたステートレス・アラートを消去します。これらのステートレス・アラートを消去できるのはユーザーのみです。Enterprise Managerエージェントでは、これらのアラートは自動的に消去されません。ステートレス・アラートに関連付けられたメトリック内部名を確認するには、
get_metrics_for_stateless_alerts Verbを使用します。

このコマンドを使用して、診断インシデントに関連付けられたステートレス・アラートを消去できません。Enterprise Managerコンソールのこれらのアラートの消去は、関連するインシデントまたは問題を消去することでのみ可能です。

書式

emcli clear_stateless_alerts        -older_than=number_in_days        -target_type=target_type        -target_name=target_name        [-include_members]        [-metric_internal_name=target_type_metric:metric_name:metric_column]        [-unacknowledged_only]        [-ignore_notifications]        [-preview]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • older_than

    アラートの経過時間を日数で指定します。(現在オープンしているステートレス・アラートを対象とするには、0を指定します。)

  • target_type

    内部ターゲット・タイプの識別子(host、oracle_database、emrepなど)。

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • include_members

    コンポジット・ターゲットに適用され、メンバーに属しているアラートも調査されます。

  • metric_internal_name

    クリーンアップされるメトリック。get_metrics_for_stateless_alerts Verbを使用して、特定のターゲット・タイプでサポートされるメトリックの完全なリストを表示できます。

  • unacknowledged_only

    アラートが未確認の場合にのみ、それらのアラートを消去します。

  • ignore_notifications

    このオプションは、消去したアラートに関する通知を送信しない場合に使用します。これにより、通知サブシステムの負荷が軽減される可能性があります。

  • preview

    ターゲットで消去されるアラートの数が表示されます。

この例では、1週間より前の古いデータベース・アラート・ログから生成されるアラートを消去します。この例では、アラートの消去時に通知は送信されません。

emcli clear_stateless_alerts -older_than=7 -target_type=oracle_database -tar 
get_name=database -metric_internal_name=oracle_database:alertLog:genericErrStack -ignore_notifications

clone_as_home

指定されたApplication ServerのOracleホームまたはソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントをターゲット・ホストから指定された接続先にクローニングします。PortalまたはWirelessの場合、OIDユーザーおよびパスワードも必要です。DBベースのリポジトリのみに接続しているJ2EEの場合、DCMスキーマ・パスワードが必要です。

EM CLI経由での変数の受渡し

%perlbin%または%oracle_home%のような変数を使用すると、EM CLIは値そのもののかわりに現在のローカル環境からの変数値を渡します。EM CLIコマンドを使用して変数を渡すために、-prescriptsまたは-postscriptsオプションを使用している場合があり、そのときはバッチファイルの中にEM CLIコマンドを設定しますが、%%%に置き換えて指定します。

書式

emcli clone_as_home
       -input_file="dest_properties:file_path"
       -list_exclude_files="list of files to exclude"
       -isSwLib="true/false"
       -tryftp_copy="true/false"
       -jobname="name of cloning job"
       -iasInstance=instance
       -isIas1013="true/false"
       [-oldIASAdminPassword=oldpass]
       [-newIASAdminPassword=newpass]
       [-oldoc4jpassword=oldpass]
       [-oc4jpassword=newpass]
       [-oiduser=oid admin user]
       [-oidpassword=oid admin password]
       [-dcmpassword=dcm schema password]
       [-prescripts="script name to execute"]
       [-run_prescripts_as_root="true/false"]
       [-postscripts="script to execute"]
       [-run_postscripts_as_root="true/false"]
       [-rootscripts="script name to execute"]
       [-swlib_component ="path:path to component;version:rev"] 
       [-source_params="TargetName:name;HomeLoc:loc;HomeName:name;
         ScratchLoc:Scratch dir Location"
       [-jobdesc="description"]

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • input_file="dest_properties:file_path"

    ターゲットに関する情報を含むファイル。

    ファイルの各行は、1つの接続先に関する情報に対応します。

    書式:

    Destination Host Name1;Destination Home Loc; Home Name; Scratch Location;

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • list_exclude_files

    除外するファイルをカンマで区切ったリスト。ソースがソフトウェア・ライブラリの場合は必要ありません。ワイルドカードとして「*」を使用できます。

  • isSwLib

    ソースがOracleホーム・データベースかソフトウェア・ライブラリかを指定します。

  • ryftp_copy

    FTPでコピーするかどうかを指定します。コマンドラインからEM CLIを使用する場合は、FTPコピー・オプションをfalseに設定する必要があります。

  • jobname

    クローニング・ジョブの名前。

  • iasInstance

    インスタンスの名前。

  • isIas1013

    10.2.3 Iasホームであるかどうかを指定します。

  • oldoc4jpassword

    古いOC4Jパスワード。(10.1.3 Iasホームに必要。)

  • oc4jpassword

    新しいOC4Jパスワード。(10.1.3 Iasホームに必要。)

  • oldIASAdminPassword

    古いApplication Server管理者パスワード。(10.1.3 Iasホームには不要。)

  • newIASAdminPassword

    新しいApplication Server管理者パスワード。(10.1.3 Iasホームには不要。)

  • oiduser

    OID管理者ユーザー。

  • oidpassword

    OID管理者パスワード。

  • dcmpassword

    DCMスキーマ・パスワード。

  • prescripts

    実行するスクリプトのパス。


    注意:

    二重引用符で囲まれたパラメータは、エスケープ(\)文字を使用することによって受渡し可能です。次に例を示します。
    prescripts=" <some value here>=\"some value here\" " 
    

  • run_prescripts_as_root

    前処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、falseに設定されます。

  • postscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • run_postscripts_as_root

    後処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、falseに設定されます。

  • rootscripts

    実行するスクリプトのパス。ジョブ・システム環境変数
    (%oracle_home%%perl_bin%)を使用して、スクリプトの場所を指定できます。

  • swlib_component

    クローニングするソフトウェア・ライブラリへのパス。この場合、isSwLibをtrueに設定する必要があります。

  • source_params

    ソースOracleホーム情報。この場合、isSwLibをfalseに設定する必要があります。

  • jobdesc

    ジョブの説明。指定しない場合、デフォルトの説明が自動的に生成されます。

emcli clone_as_home
   -input_file="dest_properties:/home/destinations.txt"
   -list_exclude_files="centralagents.lst"
   -isSwLib="false"
   -tryftp_copy="false"
   -jobname="clone as home"
   -iasInstance="asinstancename"
   -isIas1013="false"
   -oldIASAdminPassword="oldpassword"
   -newIASAdminPassword="newpassword"
   -prescripts="/home/abc/myscripts"
   -run_prescripts_as_root="true"
   -rootscripts="%oracle_home%/root.sh"
   -source_params="TargetName:host.domain.com;HomeLoc=/home/oracle/appserver1;
HomeName=oracleAppServer1;ScratchLoc=/tmp"

clone_crs_home

指定された宛先ノードにソース・クラスタウェア・ホームの場所またはクラスタウェア・ソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントが指定されている場合、Oracleクラスタウェア・クラスタを作成します。

書式

emcli clone_crs_home
       -input_file="dest_properties:file_path"
       -list_exclude_files="list of files to exclude"
       -isSwLib="true/false"
       -tryftp_copy="true/false"
       -jobname="name of cloning job"
       -home_name="name of home to use when creating Oracle Clusterware cluster"
       -home_location="location of home when creating Oracle Clusterware cluster"
       -clustername=name of cluster to create
       [-isWindows="false/true"]
       [-ocrLoc=ocr location]
       [-vdiskLoc=voting disk location]
       [-prescripts="script name to execute"]
       [-run_prescripts_as_root="true/false"]
       [-postscripts="script to execute"]
       [-run_postscripts_as_root="true/false"]
       [-rootscripts="script name to execute"]
       [-swlib_component ="path:path to component;version:rev"] 
       [-source_params="TargetName:name;HomeLoc:loc;HomeName:name;
         ScratchLoc:Scratch dir Location"]       [-jobdesc="description"]

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • input_file="dest_properties:file_path"

    ターゲットに関する情報を含むファイル。

    ファイルの各行は、1つの接続先に関する情報に対応します。

    書式:

    接続先ホスト名;宛先ノード名;スクラッチ場所;PVTIC;VirtualIP;

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • list_exclude_files

    除外するファイルをカンマで区切ったリスト。ソースがソフトウェア・ライブラリの場合は必要ありません。アスタリスク(*)をワイルド・カードとして使用できます。

  • isSwLib

    ソースがOracleホーム・データベースかソフトウェア・ライブラリかを指定します。

  • tryftp_copy

    FTPでコピーするかどうかを指定します。コマンドラインからemcliを使用する場合は、FTPコピー・オプションをfalseに設定する必要があります。

  • jobname

    クローニング・ジョブの名前。

  • home_name

    Oracleクラスタウェア・クラスタのすべてのホームに使用されるホーム名。

  • home_location

    Oracleクラスタウェア・クラスタのすべてのホームに使用されるホームの場所。

  • clustername

    作成するクラスタの名前。

  • isWindows

    クローニング・ソースがWindowsプラットフォーム上にあるかどうかを指定します。このオプションは、ゴールド・イメージ・ソースからCRSクローニングを作成する場合にのみ適用されます。デフォルト値はfalseです。

  • ocrLoc

    Oracle Cluster Registryの場所。

  • vdiskLoc

    投票ディスクの場所。

  • prescripts

    実行するスクリプトのパス。


    注意:

    二重引用符で囲まれたパラメータは、エスケープ(\)文字を使用することによって受渡し可能です。次に例を示します。
    prescripts=" <some value here>=\"some value here\" " 
    

  • run_prescripts_as_root

    前処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • postscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • run_postscripts_as_root

    後処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトではfalseです。

  • rootscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • swlib_component

    クローニングするソフトウェア・ライブラリへのパス。この場合、isSwLibをtrueに設定する必要があります。

  • source_params

    ソースOracleホーム情報。この場合、isSwLibをfalseに設定する必要があります。

  • jobdesc

    ジョブの説明。指定しない場合、デフォルトの説明が自動的に生成されます。

emcli clone_crs_home -input_file="dest_properties:crs.prop"  -isSwLib="true"
  -tryftp_copy="true" -jobname="crs cloning job2" -home_name="cloneCRS1" 
  -home_location="/scratch/scott/cloneCRS1 " -clustername="crscluster" 
  -ocrLoc="/scratch/shared/ocr" -vdiskLoc="/scratch/shared/vdisk" 
  -postscripts="%perlbin%/perl%emd_root%/admin/scripts/cloning/samples/
post_crs_ create.pl ORACLE_HOME=%oracle_home%" -run_postscripts_as_root="true" -rootscripts="%oracle_home%/root.sh" -swlib_component="path:Components/crscomp;version:.1"

EM CLI経由での変数の受渡し

%perlbin%または%oracle_home%のような変数を使用すると、EM CLIは値そのもののかわりに現在のローカル環境からの変数値を渡します。EM CLIコマンドを使用して変数を渡すために、-prescriptsまたは-postscriptsオプションを使用している場合があり、そのときはバッチファイルの中にEM CLIコマンドを設定しますが、%%%に置き換えて指定します。

clone_database

データベースをクローニングします。

書式

emcli clone_database
      -source_db_name="source_database_name"
      -dest_global_dbname="global_name_of_clone_database" 
      -dest_oracle_sid="clone_database_instance_name"
      [-dest_host_name="clone_host_name"]  
      [-dest_oracle_home="clone_database_oracle_home"] 
      [-source_db_creds_name="source_database_credential_name"] 
      [-source_host_creds_name="source_database_host_credential_name"] 
      [-dest_host_creds_name="clone_database_host_credential_name"] 
      [-asm_inst_creds_name="asm_instance_credential_name"]  
      [-dest_target_name="clone_database_name"] 
      [-clone_type="clone_type"] 
      [-source_staging_area="source_staging_directory"]  
      [-dest_staging_area="clone_database_staging_directory"]  
      [-dest_storage_type="clone_database_storage_type"] 
      [-dest_database_area="clone_database_files_location"] 
      [-dest_recovery_area="clone_database_fast_recovery_area"] 
      [-dest_listener_selection="clone_database_listener_selection"] 
      [[-dest_listener_name="clone_database_listener_name"]
       [-dest_listener_port="clone_database_listener_port"]] 
      [-configure_with_oracle_restart"] 
      [-job_name="job_name"] 
      [-job_desc="job_description"

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • source_db_name

    ソース・データベースのEnterprise Managerターゲット名。単一インスタンス・データベースまたはクラスタ・データベース・インスタンスのいずれも可能です。

  • dest_global_dbname

    クローン・データベースのグローバル・データベース名。通常、<name>.<domain>で指定されます(ここで<name>は、db_unique_nameに使用され、<domain>は
    db_domain_nameパラメータに使用されます)。

  • dest_oracle_sid

    クローン・データベースのインスタンス名。

  • dest_host_name

    クローン・データベースのホスト名。指定しない場合、クローン・データベースはソース・データベースと同じホストに作成されます。

  • dest_oracle_home

    クローン・データベースのOracleホーム。指定しない場合、ソース・データベースのOracle Homeが使用されます。

  • source_db_creds_name

    ソース・データベースの名前付き資格証明。

  • source_host_creds_name

    ソース・データベース・ホストの名前付き資格証明。

  • dest_host_creds_name

    宛先(クローン)のホスト名前付き資格証明。

  • asm_inst_creds_name

    自動ストレージ管理(ASM)の名前付き資格証明。

  • dest_target_name

    クローン・データベースのEnterprise Managerターゲット名。

  • clone_type

    クローニングに使用されるソース・データベース・バックアップのタイプ。有効な値は次のとおりです。

    • DUPLICATE: Recovery Manager (RMAN)によりデータベース・ファイルはクローン・データベース・ホストに直接移動されます。

    • STAGING: データベース・ファイルはステージング領域にバックアップされ、HTTPを介してクローン・データベース・ホストに移動されます。

    • EXISTING_BACKUP: Recovery Manager (RMAN)によりデータベース・ファイルは既存のバックアップからクローン・データベース・ホストにリストアされます。

  • pitr_date

    MM/dd/yyyy hh:mm:a (月/日/年 時:分:AM/PMマーカー)の書式での指定日のクローン・データベース。たとえば、03/22/2014 08:25:AMです。指定しない場合、クローン・データベースは最新のPoint-in-Timeで作成されます。このオプションは、clone_typeがEXISTING_BACKUPの
    場合に使用できます。

  • pitr_scn

    ソース・データベースの指定したシステム変更番号のクローン・データベース。指定しない場合、クローン・データベースは最新のPoint-in-Timeで作成されます。このオプションは、clone_typeがEXISTING_BACKUPの場合に使用できます。

  • encryption_mode

    既存のソース・データベース・バックアップの暗号化モード。指定されていない場合、デフォルト値はNONEです。このオプションは、clone_typeがEXISTING_BACKUPの場合に使用できます。有効な値は次のとおりです。

    • WALLET: バックアップはOracle Encryption Walletを使用して暗号化されます。

    • PASSWORD: バックアップはパスワードを使用して暗号化されます。

    • DUAL: バックアップはOracle Encryption Walletおよびパスワードの両方を使用して暗号化されます。

  • backups_encryption_creds_name

    暗号化されたバックアップのデータベースの名前付き資格証明。このオプションはencryption_modeがPASSWORDまたはDUALの場合使用できます。


    注意:

    このパラメータは、クローン・タイプがEXISTING_BACKUPで、データベース・バックアップがパスワードを使用して暗号化されている場合のみ使用できます。このデータベース資格証明は、Enterprise Managerでユーザー名をbackup_adminに指定してスコープはGLOBALで
    作成する必要があります。

  • tape_settings

    データベースがテープにバックアップされている場合、メディア管理ベンダー設定。このオプションは、clone_typeがEXISTING_BACKUPの場合に使用できます。

  • db_backups_location

    バックアップの宛先ホストの転送場所。,をデリミタに使用して、複数の値を指定できます。このオプションは、clone_typeがEXISTING_BACKUPで、様々なホストにクローニングする場合に使用できます。


    注意:

    このパラメータは、クローン・タイプがEXISTING_BACKUPで、ソース・データベース・バックアップを参照できない様々なホストでデータベースがクローンされるときのみ使用できます。バックアップが宛先ホストから参照可能な場合、このパラメータは指定しないようにする必要があります。
    • データベースのバックアップ・サイズが大容量な場合、宛先ホストから参照可能な共通の場所にバックアップする必要があります。

    • ソース・データベース・バックアップがASMディスク・グループ上にある場合、これらのバックアップは転送されないのでディスクグループが宛先ホストにマウントされるようにします。

    • このパラメータを指定済と指定した場合、この場所で利用可能なすべてのファイルは、宛先ホストの一時的なステージング領域に転送されます。

    • このパラメータは、カンマ(,)をデリミタに使用して複数の値を指定できます。


  • source_staging_area

    ソース・データベースのバックアップを格納するために使用されるステージング領域。このオプションは、clone_typeがSTAGINGの場合に使用できます。

  • dest_staging_area

    ソース・ホストから転送されたバックアップ・ファイルを格納するために使用されるステージング領域。このオプションは、clone_typeがSTAGINGの場合に使用できます。

  • dest_storage_type

    クローン・データベースのストレージ・タイプ。有効な値は次のとおりです。

    • FILE_SYSTEM: クローン・データベース・ファイルは、(Oracle Managed Filesを使用した)標準のファイル・システムに配置されます。

    • ASM: クローン・データベースは自動ストレージ管理(ASM)を使用します。

  • dest_database_area

    クローン・データベース・ファイルのOracle Managed Files (OMF)の場所。これは、(storage_typeがFILE_SYSTEMの場合は)標準のファイル・システムまたは(
    storage_typeがASMの場合は)ASMディスク・グループになります。指定されていない場合、デフォルト値が使用されます。

  • dest_recovery_area

    高速リカバリ領域の場所。指定されていない場合、デフォルト値が使用されます。

  • dest_listener_selection

    選択したクローン・データベース・リスナー。有効な値は次のとおりです。

    • GRID_INFRA: グリッド・インフラストラクチャ・ホームのリスナーを使用します。

    • DEST_DB_HOME: クローン・データベースOracle Homeのリスナーを使用します。

  • dest_listener_name

    クローン・データベースのリスナー名。このオプションは、dest_listener_selectionが
    DEST_DB_HOMEの場合のみ使用できます。指定しない場合、クローン・データベースOracle Homeに存在する最初のTCPリスナーが使用されます。このオプションを指定した場合、dest_listener_portも指定する必要があります。

  • dest_listener_port

    クローン・データベースのリスナー・ポート。このオプションは、dest_listener_selectionが
    DEST_DB_HOMEの場合のみ使用できます。このオプションを指定した場合、dest_listener_nameも指定する必要があります。

  • configure_with_oracle_restart

    クローン・ホストにOracle Restartが構成されている場合、クローン・データベースにOracle Restartを構成します。Oracle Restartは必要に応じて、自動的にデータベースを開始します。

  • job_name

    クローン・ジョブに固有のEnterprise Managerリポジトリ内のジョブ名。

  • job_desc

    ジョブの説明。

例1

emcli clone_database -source_db_name="database" -dest_target_name="dbClone1" -dest_host_name="host1" -dest_oracle_home="/ade/ngade_gct/oracle" -dest_oracle_sid="dbClone1" -dest_global_dbname="dbClone1" -dest_listener_selection="DEST_DB_HOME" -clone_type="DUPLICATE" -dest_storage_type="FILE_SYSTEM" 

例2

emcli clone_database -source_db_name="database" -source_db_creds_name="NC_DBCREDS1" -source_host_creds_name="NC_HOST_CREDS1" -dest_host_name="host1" -dest_host_creds_name="NC_HOST_CREDS2" -dest_oracle_home="/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2" -dest_oracle_sid="TESTDB1" -dest_global_dbname="TESTDB1" -dest_listener_selection="GRID_INFRA" -clone_type="EXISTING_BACKUP" -dest_storage_type="FILE_SYSTEM" db_backups_location="/oracle/dir1"

例3

emcli clone_database -source_db_name="database" -source_db_creds_name="NC_DBCREDS1" -source_host_creds_name="NC_HOST_CREDS1" -dest_host_creds_name="NC_HOST_CREDS2" -dest_oracle_home="/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2" -dest_oracle_sid="TESTDB2" -dest_global_dbname="TESTDB2" -dest_listener_selection="GRID_INFRA" -clone_type="EXISTING_BACKUP" -pitr_date="03/22/2014 08:25:AM" -dest_storage_type="FILE_SYSTEM"

clone_database_home

指定されたOracleホームまたはソフトウェア・ライブラリをターゲット・ホストから指定された接続先にクローニングします。isRacオプションがtrueの場合、RACクラスタが作成されます。isRacオプションがtrueの場合、RACクラスタのホーム名と場所が必要です。

書式

 emcli clone_database_home
       -input_file="dest_properties:file_path"
       -list_exclude_files="files_to_exclude"
       -isSwLib="true|false"
       -isRac="true|false"
       -tryftp_copy="true|false"
       -jobname="name_of_cloning_job"
       [-home_name="home_when_creating_RAC_cluster"]
       [-home_location="location_of_home_when_creating_RAC_cluster"]
       [-prescripts="script_name_to_execute"]
       [-run_prescripts_as_root="true|false"]
       [-postscripts="script_to_execute"]
       [-run_postscripts_as_root="true|false"]
       [-rootscripts="script_name_to_execute"]
       [-swlib_component ="path:path_to_component;version:rev"] 
       [-source_params="TargetName:name;HomeLoc:loc;HomeName:name;
         ScratchLoc:scratch_dir_location"
       [-jobdesc="description"]

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • input_file=dest_properties

    ターゲットに関する情報を含むファイル。ファイルの各行は、1つの接続先に関する情報に対応します。

    データベースをクローニングする場合の書式(isRacがfalse):

    Destination Host Name1;Destination Home Loc; Home Name; Scratch Location;

    RACクラスタをクローニングする場合の書式(isRacがtrue):

    Host Name;Node Name;Scratch Location;

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • list_exclude_files

    除外するファイルをカンマで区切ったリスト。ソースがソフトウェア・ライブラリの場合は必要ありません。ワイルドカードとして「*」を使用できます。

  • isSwLib

    ソースがOracleホーム・データベースかソフトウェア・ライブラリかを指定します。

  • isRac

    クローニングをRACモードで行うかどうかを指定します。isRacオプションがtrueの場合、RACクラスタが作成されます。isRacオプションがtrueの場合、RACクラスタのホーム名と場所が必要です。

  • tryftp_copy

    FTPでコピーするかどうかを指定します。コマンドラインからEM CLIを使用する場合は、FTPコピー・オプションをfalseに設定する必要があります。

  • jobname

    クローニング・ジョブの名前。

  • home_name

    RACクラスタを作成する場合に使用するホーム名。

  • home_location

    RACクラスタを作成する場合に使用するホームの場所。

  • prescripts

    実行するスクリプトのパス。


    注意:

    二重引用符で囲まれたパラメータは、エスケープ(\)文字を使用することによって受渡し可能です。次に例を示します。
    prescripts=" <some value here>=\"some value here\" " 
    

  • run_prescripts_as_root

    前処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトではfalseです。

  • postscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • run_postscripts_as_root

    後処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトではfalseです。

  • rootscripts

    実行するスクリプトのパス。ジョブ・システム環境変数(%oracle_home%%perl_bin%)を使用して、スクリプトの場所を指定できます。

  • swlib_component

    クローニングするソフトウェア・ライブラリへのパス。この場合、isSwLibをtrueに設定する必要があります。

  • source_params

    ソースOracleホーム情報。この場合、isSwLibをfalseに設定する必要があります。

  • jobdesc

    ジョブの説明。指定しない場合、自動的に生成されます。

emcli clone_database_home
      -input_file="dest_properties:clonedestinations"
      -list_exclude_files="*.log,*.dbf,sqlnet.ora,tnsnames.ora,listener.ora"
      -isSwLib="false"
      -isRac="false"
      -tryftp_copy="false"
      -jobname="clone database home"
      -prescripts="/home/joe/myScript"
      -run_prescripts_as_root="true"
      -rootscripts="%oracle_home%/root.sh"
      -source_params="TargetName:host.domain.com;HomeLoc=/oracle/database1; HomeName=OUIHome1;ScratchLoc=/tmp"

EM CLI経由での変数の受渡し

%perlbin%または%oracle_home%のような変数を使用すると、EM CLIは値そのもののかわりに現在のローカル環境からの変数値を渡します。EM CLIコマンドを使用して変数を渡すために、-prescriptsまたは-postscriptsオプションを使用している場合があり、そのときはバッチファイルの中にEM CLIコマンドを設定しますが、%%%に置き換えて指定します。

collect_metric

指定された内部メトリック名に関連するメトリックのセットに関して、収集およびしきい値評価を即座に実行します。メトリック・データ収集としきい値評価がEM CLIの呼出しに対して非同期で発生します。

通常、このコマンドは、オープン・メトリック・アラートまたはエラーが解決されたと判断し、メトリックを即座に収集して再評価することでイベントを消去する場合に使用します。このコマンドは、サーバーが生成するデータベース・メトリックを除くほとんどのメトリックに適用されます。

get_on_demand_metrics Verbを使用して、特定のターゲットでサポートされるメトリックの完全なリストを表示できます。

書式

 emcli collect_metric        -target_name=name        -target_type=type        -metric_name=metric_name | -collection_name=user_defined_metric_name

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • target_type

    内部ターゲット・タイプの識別子(host、oracle_database、emrepなど)。

  • metric_name

    収集されるメトリックのセットを表す内部名。get_on_demand_metrics Verbを使用して、特定のターゲットでサポートされるメトリックのリストを表示できます。

  • collection_name

    ユーザー定義メトリックまたはSQLユーザー定義メトリックの名前。このパラメータは、ユーザー定義メトリックとSQLユーザー定義メトリックにのみ適用されます。

例1

「CPU使用率(%)」メトリックを収集する場合、get_on_demand_metricsコマンドを使用して適切なメトリック内部名(ここではLoad)を確認し、次のようにコマンドを実行します。

emcli collect_metric  -target_type=host  -target_name=hostname.example.com  -metric_name=Load

例2

この例では、MyUDMというユーザー定義メトリックのしきい値を即座に収集および評価します。

emcli collect_metric -target_type=host -target_name=hostname.example.com  -collection=MyUDM

例3

この例では、MySQLUDMというSQLユーザー定義メトリックのしきい値を即座に収集および評価します。

emcli collect_metric -target_type=oracle_database -target_name=database -collection=MySQLUDM

compare_sla

2つのXMLファイルで定義された2つのSLAを比較します。このユーティリティは、指定したディレクトリにsla1_compare.difとsla2_compare.difの差分ツリーを出力します。ユーザーは差分ユーティリティを使用して、これらの2つのファイルを比較できます。2つのsla.xmlを比較して差分を確認します。

書式

emcli compare_sla    -input_file=sla1:'first_xml    -input_file=sla2:'second_xml'    [-dir='directory']

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • input_file=sla1

    最初のXMLファイルのファイル名。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=sla2

    2番目のXMLファイルのファイル名。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • dir

    デフォルトは、ユーザーの現行のディレクトリです。別のディレクトリを指定する必要がある場合、このオプションを出力ファイルsla1_compare.difとsla2_compare.dif用に使用します。

この例では、sla1.xmlとsla2.xmlに定義されている2つのSLAを比較し、現行ディレクトリにsla1_compare.difとsla2_compare.difを出力します。

emcli compare_sla
          -input_file=sla1:sla1.xml -input_file=sla2:sla2.xml

このLinuxの例のように、標準の差分ツールを使用して、ファイルを比較できます。

diff sla1_compare.dif sla2_compare.dif

config_compare

構成の比較ジョブを発行します。

書式

emcli config_compare
      -target_type="oracle_database"
      -first_config="Test Database"
      -second_config="SYSMAN" 
      -job_name="Test Compare Job"
      [-schedule=
      {
          start_time:yyyy/MM/dd HH:mm;
          tz:{java timezone ID};
          frequency:interval/weekly/monthly/yearly;
          repeat:#m|#h|#d|#w;
          months:#,#,...;
          days:#,#,...;
          end_time:yyyy/MM/dd HH:mm;
          grace_period:;
       }]
       [-template_id="18"]
       [-job_description="Test Description"]
       [-mapping_display="Tree"]
       [-email_address]
       [-save_mode="save_all|save_only_diffs"]
 
[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    比較ジョブを発行するターゲット・タイプ。この値は内部名にする必要があります。内部名を取得するには、次のEM CLIコマンドを実行します。

    emcli get_target_types
    
  • first_config

    最初の構成名(ターゲットの最新の構成または保存済構成のいずれも可能)。最新の構成を発行する場合、ターゲット名を入力します。保存済構成を発行する場合、次の書式を使用します。

    "target_name|saved_configuration_name(which is the "name" field from the output of "emcli get_saved_configs" 
    
  • second_config

    2番目以降の構成の名前(1つ以上のターゲットの1つ以上の最新の構成および1つ以上の保存済構成を含むことが可能です)。カンマで区切ることで、複数の構成を指定できます。最新の構成を発行する必要がある場合、ターゲット名を入力します。保存済構成を発行する必要がある場合、次の書式を使用します。

    "target_name|saved_configuration_name(which is the "name" field from the output of "emcli get_saved_configs"
    
  • job_name

    比較ジョブの名前。

  • schedule

    比較ジョブをスケジュールする必要のあるスケジュール。スケジュール・オプションを指定しない場合、比較ジョブは即座に実行されます。

    • start_time: 比較ジョブが実行を開始する時間です。この書式は、yyyy/MM/dd HH:mmです。

      tz: タイムゾーンID(オプション)

    • frequency: 有効値は、once/interval/weekly/monthly/yearlyです(オプション)。

      頻度がintervalに設定されている場合、repeatを指定する必要があります。

      頻度がweeklyまたはmonthlyに設定されている場合、daysを指定する必要があります。

      頻度がyearlyに設定されている場合、daysとmonthsの両方を指定する必要があります。

    • repeat: 比較ジョブを繰り返す頻度です。(頻度がintervalに設定されている場合のみ必要です。)

    • days: 日数のカンマ区切りリストです。(頻度がweekly、monthlyまたはyearlyの場合のみ必要です。)例: repeat=1d

      頻度がweeklyの場合、有効範囲は1と7を含めたその範囲です。

      頻度がmonthlyまたはyearlyの場合、有効範囲は1と30を含めたその範囲です。

    • months: 月のカンマ区切りのリスト。(頻度がyearlyに設定されている場合のみ必要です。)有効範囲は1と12を含むその範囲です。

    • end_time: 比較ジョブの実行の終了時間です(オプション)。指定しない場合、比較ジョブは無限に実行されます。この書式は、yyyy/MM/dd HH:mmです。

    • grace_period: 猶予期間(分)です(オプション)

  • template_id

    テンプレートのID。値は整数です。

  • job_description

    比較ジョブの説明。

  • mapping_display

    treeまたはtableのいずれか。デフォルト値はtreeです。このオプションはコンポジット・ターゲットのみに使用します。注意: template_idを指定する場合、mapping_displayは
    指定しないでください。

  • email_address

    相違がある場合に通知メールを送信する電子メール・アドレス。

  • save_mode

    結果をすべて保存するか相違のみを保存するかの比較エンジンへの通知。有効な入力は、save_allおよびsave_only_diffsです。save_only_diffsオプションでは、相違は管理リポジトリに保存されます。これ以外の場合、すべての比較結果が保存されます。デフォルト値はsave_only_diffsです。

ジョブのステータスをチェックするには:

発行後、次のEM CLIコマンドを発行して比較ジョブのステータスを参照できます。

emcli get_jobs -name="jobName" 

ジョブを中断するには:

発行後、次のEM CLIコマンドを発行して比較ジョブを中断できます。

emcli stop_job -name="jobName"

例1

この例では、1 つのターゲットの最新の構成を複数のターゲットの最新の構成と比較します。比較結果はすべて保存されます。

emcli config_compare
      -target_type="oracle_database"
      -first_config="Test Database"
      -second_config="Test Database","Test_Database"
      -job_name="Test Job" -template_id="18"
      -save_mode="save_all"

例2

この例では、start_timeを指定して、最新の構成を保存済構成と比較します。

emcli config_compare
      -target_type="oracle_database"
      -first_config="Test Database"
      -second_config="Test Database|Test Database|oracle_
database|20140101224530","Test_Database" -job_name="Test Job" -schedule="start_time:2014/06/10 15:45"

例3

この例では、繰返し頻度に1日を指定して、最新の構成と最新の構成と比較します。

emcli config_compare -target_type="oracle_database"
      -first_config="Test Database"
      -second_config="Test Database","Test_Database"
      -job_name="Test Job"
      -schedule="start_time:2014/10/29 2:00;frequency:interval;repeat:1d"

例4

この例では、繰返し頻度に1週間を指定して、最新の構成と最新の構成と比較します。

emcli config_compare
      -target_type="oracle_database"
      -first_config="Test Database"
      -second_config="Test Database","Test_Database"
      -job_name="Test Job"
      -schedule="start_time:2014/08/10 01:00;frequency:interval;repeat:1w" 

例5

この例では、繰返し頻度に土曜日と日曜日を指定して、最新の構成と最新の構成と比較します。

emcli config_compare
      -target_type="oracle_database"
      -first_config="Test Database"
      -second_config="Test Database","Test_Database"
      -job_name="Test Job"
      -schedule="start_time:2014/08/10 01:00;frequency:weekly;
days:6,7;grace_period:60;tz:America/New_York"

config_db_service_target

Oracle Public Cloud用にDatabase as a Service (DBaaS)ターゲットを作成します。

書式

emcli config_db_service_target
      -database_unique_name="database unique name"
      -service_grp_name="service group name"
      -cloud_service_name="cloud service name"
      -operation="operation to be performed"
      -schema_name="schema name"
      -tablespace_name="tablespace name"
      [-subscription_id="subscription ID"]
      [-customer_name="customer name"]
      [-csi_number="CSI number"]
      [-connection_service_name="connection service name"]
      [-cloud_service_version="cloud service version"]
      [-l_o_b="line of business"]

パラメータ

  • database_unique_name

    DBaaSターゲットのベースとするデータベース・ターゲットのDBNameプロパティ。

  • service_grp_name

    DBaaSターゲットのサービス・グループ名。DBaaSターゲット名は、service_grp_name_cloud_service_nameとなります。

  • cloud_service_name

    Oracle Public Cloudサービス名。

  • operation

    DBaaSターゲットで実行する(createなどの)操作。

  • schema_name

    DBaaSターゲットと関連付られているスキーマ名。

  • tablespace_name

    DBaaSターゲットと関連付られている表領域の名前。

  • subscription_id

    DBaaSターゲットのCost Centerプロパティの値。

  • customer_name

    DBaaSターゲットの顧客連絡ポイント。

  • csi_number

    DBaaSターゲットのカスタマ・サポートID(CSI)。

  • connection_service_name

    DBaaSターゲットと関連付られているデータベース・サービス名。

  • cloud_service_version

    DBaaSターゲットのOracle Public Cloud Serviceバージョン。

  • l_o_b

    DBaaSターゲットのライン・オブ・ビジネス(LOB)。

終了コード

0 On success
Non-zero value means verb processing was not successful.

例1

新しいDatabase as a Service (DBaaS)ターゲット(db_serv1)を作成します。スキーマ、表領域名、接続サービス名を指定します。新しいDBaaSターゲットは、db.example.comDBNameプロパティとするDatabaseターゲットに基づきます。

emcli config_db_service_target
      -database_unique_name="db.example.com"
      -service_grp_name="db"
      -cloud_service_name="serv1"
      -operation="Create"
      -schema_name="HR"
      -tablespace_name="SYSTEM"
      -connection_service_name="nservice1"

configure_log_archive_locations

ルート・ターゲットとその子のログ・アーカイブの場所を構成します。ターゲットのログ・アーカイブの場所を構成するには、ホスト名などの構成パラメータ、ログ・アーカイブ・ファイルにアクセス可能な場所、ホストにアクセスするための資格証明、およびログ・アーカイブ・ファイルの場所を把握している必要があります。

書式

emcli configure_log_archive_locations
      -root_target_name="<target_name>"
      -root_target_type="<target_type>"
      [-archive_config_file="<target_archive_config_file_location>"]
      [-no_update]
      [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • root_target_name

    ルート・ターゲットの名前。構成可能なツリー・ターゲット階層は、このルート・ターゲットを使用して作成されます。例のルート・ターゲットは、WebLogicドメインとFusion Applicationインスタンスです。

  • root_target_type

    ルート・ターゲット名のターゲット・タイプ。

  • archive_config_file

    アーカイブ構成ファイルの場所。このファイル内のすべての行に、次の7つのフィールドが同じ順序で含まれる必要があります。

    target_name,target_type,host_target_name,host_cred_type,host_cred_nameまたはnew_cred_user_name,new_cred_password,archive_dir_location

    • target_name

      このターゲットがルート階層の一部である場合、このターゲットとその子は、指定したアーカイブ・パラメータを使用して更新されます。

    • target_type

      前述のターゲットのターゲット・タイプ。

    • host_target_name

      アーカイブの場所にアクセス可能なホスト名。このターゲットを監視する管理エージェントには、Oracle Fusion Middlewareプラグインのリリース12.1.0.4以上がインストールされている必要があります。

    • host_cred_type

      資格証明のタイプ。使用可能な値は、preferred_credentials、named_credentialsまたはnew_credentialsです。

    • host_cred_name

      preferred_credentialsタイプの資格証明セット名またはnamed_credentialsタイプの名前付き資格証明名。

    • new_cred_user_name

      new_credentialsタイプの新しい資格証明ユーザー名。

    • new_cred_password

      new_credentialsタイプの新しい資格証明パスワード。

    • archive_dir_location

      ログ・アーカイブ・ファイルが使用可能なディレクトリの場所。

  • no_update

    このフラグが指定されている場合、アーカイブ・プロパティを使用してすでに構成されているターゲットは再更新されません。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでverbを実行します。

次の例では、Fusionインスタンス・ターゲットとその子のログ・アーカイブの場所を構成します。

 emcli configure_log_archive_locations 
         -root_target_name=fa1 
         -root_target_type=fusion_apps_instance 
         -archive_config_file=/scratch/config.txt 

サンプルのアーカイブ構成ファイル:

新しい資格証明の場合:

fa1,fusion_apps_instance,adc123.oracle.com,new_credentials,user1,pwd1,/scratch/fa1

優先資格証明の場合:

fa1,fusion_apps_instance,adc123.oracle.com,preferred_credentials,credential_set1,,/scratch/fa1

(これは優先資格証明であるため、,,は、new_cred_passwordフィールドが有効でないためにスキップされることを意味します。)

configure_siteguard_lag

システム上のすべてのデータベースまたは選択したデータベースに、適用ラグおよびトランスポート・ラグの制限を構成します。

書式

emcli configure_siteguard_lag
        [-system_name="name_of_the_system"] 
        [-target_name="name_of_the_target_database"] 
        [-property_name="lag_type"] 
        [-value="max_limit_in_seconds"] 
                                            
[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • system_name

    ラグ制限を構成する必要のあるシステムの名前。

  • target_name

    ラグ制限を構成する必要のあるデータベースの名前。

  • property_name

    構成するラグ・プロパティの名前。有効な値はApplyLagおよびTransportLagです。

  • value

    ラグの制限。これらの値は秒で指定します。

例1

この例では、austin-systemのすべてのデータベースに1000秒の適用ラグ制限を構成します。

emcli configure_siteguard_lag
        -system_name="austin-system"
        -property_name="ApplyLag"
        -value="1000"

例2

この例では、austin-systemのデータベースOID-dbに、2500秒のトランスポート・ラグの制限を構成します。

emcli configure_siteguard_lag 
        -system_name="austin-system" 
        -target_name="OID_db" 
        -property_name="TransportLag" 
        -value="2500"

confirm_instance

手動ステップを確認します。ステータスが一時停止、停止、完了またはエラー終了の場合、インスタンスを確認できません。

書式

emcli confirm_instance 
      [-instance=<instance_guid>] 
      [exec=<execution_guid>] 
      [-name=<execution name>] 
      [-owner=<execution owner>] 
      -stateguid=<state_guid>

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • instance

    インスタンスのGUID。

  • exec

    実行GUID。

  • name

    実行名。

  • owner

    実行の所有者。

  • stateguid

    状態GUIDのカンマ区切りリスト。

emcli confirm_instance -instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 -stateguid=51F762417C4943DEE040578C4E087168

emcli confirm_instance -instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 -stateguid='51F762417C4943DEE040578C4E087168,51F762417C4944DEE040578C4E087168'

continue_add_host

以前に発行し、なんらかの段階で失敗したホスト追加セッションの復帰または継続操作を実行します。

書式

emcli continue_add_host
        -session_name="session_name"
        -continue_all_hosts | -continue_ignoring_failed_hosts"
        [-wait_for_completion]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • session_name

    エージェント・デプロイメントの次のフェーズに進めるセッションの名前。

  • continue_all_hosts

    現在のデプロイメント・フェーズが失敗したものを含め、すべてのホスト上のセッションを継続します。

  • continue_ignoring_failed_hosts

    現在のデプロイメント・フェーズが成功したホストのセッションのみを継続します。

  • wait_for_completion

    コマンドを同期モードと非同期モードのどちらで実行するかを指定します。このオプションを(同期モードに)指定すると、コマンドは、ホスト追加セッションが完了するまで待機してから、ユーザーにコマンドライン制御を戻します。

例1

この例では、すべてのホストで、セッションADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PSTを次のデプロイメント・フェーズに進めます。

emcli continue_add_host -session_name='ADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PST' -continue_all_hosts 

例2

この例では、現在のフェーズが成功したホストでのみ、セッションADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PSTを次のデプロイメント・フェーズに同期させて進めます。

emcli continue_add_host -session_name='ADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PST' -continue_ignoring_failed_hosts -wait_for_completion 

convert_to_cluster_database

単一インスタンス・データベースをReal Application Cluster(RAC)データベースに移行します。

書式

  emcli convert_to_cluster_database 
        -sourceTargetName="Single instance database target to be converted to RAC"
        -sysdbaCreds="Named credentials for SYSDBA user"
        -hostCreds="Named credentials for Host"
        [-newOracleHome="RAC Oracle Home, if moving to differnt home"]
        [-racConfigType="ADMIN_MANAGED | POLICY_MA NAGED"]
        [-nodeList="Comma-separated node names for Admin Managed RAC database"]
        [-serverPoolList="Comma-separated list of server pools for Policy Managed
database"] [-databaseArea="Shared storage location for database files"] [-recoveryArea="Shared storage location for recovery files"] [-listenerPort="RAC Listener port"] [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • sourceTargetName

    RACデータベースに移行する単一インスタンス・データベースのEnterprise Managerターゲット名。バージョン10.2.0.1.0以上のデータベースの移行がサポートされています。単一インスタンスのデータベース・ターゲットはRACデータベースが作成されるクラスタのノードのいずれかに存在している必要があります。クラスタはEnterprise Managerターゲットでなければなりません。

  • sysdbaCreds

    RACデータベースに移行するデータベースに対してSYSDBA権限を持つ名前付きデータベースの資格証明。

  • hostCreds

    Oracleホーム・インストールを所有しているユーザーの名前付きホスト資格証明。

  • newOracleHome

    移行対象のデータベースのRAC Oracleホームの場所。移行対象の単一インスタンス・データベースのOracleホームと異なる場合にのみ、これを指定する必要があります。

  • racConfigType

    RAC構成のタイプ。有効な値はPOLICY_MANAGEDおよび
    ADMIN_MANAGEDです。POLICY_MANAGEDはバージョン11.2以上のバージョンでのみ有効です。指定しない場合、デフォルトはADMIN_MANAGEDです。

  • nodeList

    ADMIN_MANAGEDのRACデータベースに有効なノード名のリスト。移行対象の単一インスタンス・データベースが存在するノードが含まれている必要があります。指定しない場合、クラスタ内のすべてのノードが使用されます。

  • serverPoolList

    POLICY_MANAGEDのRACデータベースのサーバー・プール名のカンマ区切りリスト。データベースのバージョンが11.2以上の場合にのみ、適用できます。

  • databaseArea

    RACデータベースのデータファイルの新しい場所。この場所は、クラスタのノードで共有する必要があります。クラスタ・ファイル・システムの場所または自動ストレージ管理ディスク・グループのいずれかにすることができます。指定しない場合、既存のデータベース・ファイルが共有記憶域に存在している必要があります。ファイルはRAC移行中は移動されません。

  • recoveryArea

    RACデータベースの高速リカバリ領域の場所。この場所は、クラスタのノードで共有する必要があります。クラスタ・ファイル・システムの場所または自動ストレージ管理ディスク・グループのいずれかにすることができます。指定しない場合、既存のリカバリ領域の場所が共有記憶域に存在している必要があります。RAC移行中は変更されません。

  • listenerPort

    新しいRACデータベース用に作成される新しいRACリスナーのポート。指定しない場合、既存のリスナーが使用されます。このオプションは、バージョンが10.2および11.1のデータベースのみに適用できます。バージョンが11.2以上のデータベースの場合、この値は無視され、RACデータベースは常にクラウド・インフラストラクチャのホームの既存のリスナーに登録されます。

例1

emcli convert_to_cluster_database -sourceTargetName=sidb 
 -sysdbaCreds=sysCreds  -hostCreds=hostCreds racConfigType=ADMIN_MANAGED

例2

emcli convert_to_cluster_database -sourceTargetName=sidb 
 -sysdbaCreds=sysCreds  -hostCreds=hostCreds racConfigType=POLICY_MANAGED 
 -serverPoolList=sp1,sp2 -databaseArea=+DATA -recoveryArea=+RECOVERY

例3

emcli convert_to_cluster_database -sourceTargetName=sidb 
 -sysdbaCreds=sysCreds  -hostCreds=hostCreds -nodeList=node1,node2 
 -databaseArea=/u01/share/oradata -recoveryArea=/u01/share/fra -listenerPort=1525

create_aggregate_service

集約サービス(名前とそのサブサービス)を定義します。集約サービスの作成後、Enterprise Manager Cloud Controlコンソールから編集して、収集および表示するパフォーマンスと使用状況メトリックを構成できます。

書式

emcli create_aggregate_service
      -name='name'
      -type='type'
      -availType=SUB-SERVICE|SYSTEM|TESTS
      -add_sub_services="name1:type1;name2:type2;..."
      -avail_eval_func=and|or
      [-hostName=<host_name>
      [-agentURL=<agent_url>
      [-properties='pname1|pval1;pname2|pval2;...']
      [-timezone_region=<gmt_offset>]
      [-systemname=<system_name>]
      [-systemtype=<system_type>]
      [-keycomponents='keycomp1name:keycomp1type;keycomp2name:keycomp2type;...']
      [-beacons='bcn1name:bcn1isKey;bcn2name:bcn2isKey;...']
      [-input_file='template:Template_file_name;[vars:Variables_file_name]']
      [-sysAvailType=<availability_type>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    集約サービス名。

  • type

    集約サービス・タイプ。

  • availType

    可用性をサブサービス、システムベースまたはテストベースに設定します。有効な値は、SUB-SERVICE、SYSTEMおよびTESTSです。

    可用性をSYSTEMに設定すると、-systemnameおよび-systemtypeが必要になります。

    可用性をTESTSに設定すると、TESTS、-beacons、テンプレート・ファイル、変数が必要になります。

  • add_sub_services

    サブサービスのリスト。

  • avail_eval_func

    可用性を評価する演算子。andを使用した場合、このaggregate_serviceを使用するには、すべてのサブサービス、テストおよびシステム・コンポーネントが起動している必要があります。orを使用した場合、このaggregate_serviceを起動するには、サブサービス、テストおよびシステム・コンポーネントの1つのみが起動している必要があります。

  • hostName

    このターゲット・インスタンスのデータを収集する管理エージェントを実行しているシステムのネットワーク名。

  • agentURL

    このターゲット・インスタンス用のデータを収集する管理エージェントのURL。ホスト名を入力すると、このフィールドにはホストのエージェントURLが自動的に入力されます。

  • properties

    サービス・インスタンスのプロパティの名前と値のペア(prop_name:prop_valueなど)のリスト。

  • timezone_region

    長い書式(America/Los Angeles)または短い書式(PST)のいずれも可能。タイム・ゾーンを指定しない場合、デフォルトのOMSタイム・ゾーンが使用されます。

  • systemname

    サービスが存在しているシステムの名前。

  • systemtype

    システム名のシステム・タイプをemcli get_targetsを使用して取得。

  • keycomponents

    サービスに使用されているシステムのキー・コンポーネントの名前とタイプのペア(keycomp_name:keycomp_typeなど)のリスト。

  • beacons

    サービスのビーコンを説明する名前とisKeyのペア。isKeyがYに設定されている場合、ビーコンはサービスのキー・ビーコンとして設定されます。可用性をテストベースに設定した場合、サービスには、少なくとも1つのキー・ビーコンが必要です。

  • input_file

    テンプレート・ファイル名は、テンプレート定義を含むXMLファイルです。変数ファイルでは、テンプレートの値を定義します。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

    このパラメータのXMLファイルでの例は、次を参照してください。

  • sysAvailType

    availTypeがシステムベースの場合の可用性のタイプ。可用性をSYSTEM_TARGET_DIRECTLYまたはSELECTED_COMPONENTS_OF_A_SYSTEMのいずれかに設定します。

    可用性にSYSTEM_TARGET_DIRECTLYが設定される場合、システムには可用性(ステータス)が定義されている必要があります。-systemnameおよび-systemtypeは必要なパラメータです。

    可用性がSELECTED_COMPONENTS_OF_A_SYSTEMに設定されている場合、-systemname、-systemtypeおよび-keycomponentsが必要なパラメータです。

    可用性がSYSTEM_TARGET_DIRECTLYに設定されている場合で、システムに可用性(ステータス)が定義されていない場合、可用性セットは無効です。したがって、設定できる唯一のオプションはSELECTED_COMPONENTS_OF_A_SYSTEMです。

     emcli create_aggregate_service -name="My_Name"
                -type="aggregate_service" 
                -add_sub_services="sub1:type1;sub2:type2"
                -avail_eval_func="and"
                -availType="SUB_SERVICE" 
                 -properties="prop1|value1;prop2|value2"
                -timezone_region="PST"
 
     emcli create_aggregate_service -name="My_Name"
                -type="aggregate_service" 
                -add_sub_services="sub1:type1;sub2:type2"
                -avail_eval_func="or"
                -availType="SYSTEM" 
                -systemname="my system" -systemtype="generic_system"
                -sysAvailType="SYSTEM_TARGET_DIRECTLY"
                -timezone_region="PST"
 
     emcli create_aggregate_service -name="My_Name"
                -type="aggregate_service" 
                -add_sub_services="sub1:type1;sub2:type2"
                -avail_eval_func="and"
                -availType="SYSTEM" 
                -systemname="my system" -systemtype="generic_system"
                -sysAvailType="SELECTED_COMPONENTS_OF_A_SYSTEM"
                -keycomponents="database:oracle_database;  
                 mytestbeacon:oracle_beacon"
                -timezone_region="PST"
 
    emcli create_aggregate_service -name="My_Name"
                -type="aggregate_service" 
                -add_sub_services="sub1:type1;sub2:type2"
                -avail_eval_func="or"
                -timezone_region="PST"
                -availType="TESTS" 
                -beacons="MyBeacon:Y;MyOtherBeacon:N"
                -properties="prop1|value1;prop2|value2"
                -input_file="template:mytests.xml" 
                -input_file="variables:myvariable.xml"

XMLの例のinput_file

次のサンプルXMLファイルでは、EM Console Service Testという名前のタイプWeb Transactionのサービス・テストを作成します。このサービス・テストと関連するreadTimeout、Collection Intervalなどのいくつかのプロパティを<properties>のセクションに定義します。

このサービス・テストでは、<mgmt_bcn_step_with_props>の下に手順情報が定義されています。このステップの名前は1.Access Logout pageです。この手順で監視するURLは、手順のプロパティ・セクションで定義されているhttps://myhost.in.domain.com:14513/em/console/logon/logoff?event=loadです。

このXMLファイルでは、<txn_thresholds>の下のトランザクション・レベルでこのサービス・テストのいくつかのしきい値レベルを定義しています。メトリックavg_response_timeでは、メトリック値が6000.0よりも大きい場合には警告アラートを発行し、メトリック値が12000.0よりも大きい場合はクリティカル・アラートを発行するよう示しています。

<?xml version = '1.0' encoding = 'UTF-8'?> <transaction-template template_type="aggregate_service" xmlns="template"> 
<variables> 
<variable name="HOST1" value="myhost.in.domain.com"/> 
<variable name="PORT1" value="14513"/> 
<variable name="PROTOCOL1" value="https"/> 
</variables> 
<transactions> 
<mgmt_bcn_transaction> 
<mgmt_bcn_txn_with_props> 
<mgmt_bcn_txn description="Test for checking the availability of EM Console/Website" is_representative="true" name="EM Console Service Test" monitoring="true" txn_type="HTTP"/> 
<properties> 
<property name="readTimeout" num_value="120000.0" prop_type="2" encrypt="false"/> 
<property name="certValidationMode" string_value="1" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="maxDownloadSize" num_value="1.0E8" prop_type="2" encrypt="false"/> 
<property name="sensitiveValuesProtection" string_value="0" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="failureStringModes" string_value="regularText" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="UserAgent" string_value="Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1) OracleEMAgentURLTiming/3.0" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="successStringModes" string_value="regularText" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="variablesModes" string_value="urlEncode" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="content" string_value="0" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="AcceptLanguage" string_value="en" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="connectionTimeout" num_value="120000.0" prop_type="2" encrypt="false"/> 
<property name="useCache" string_value="yes" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="stringValidationMode" string_value="1" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="granularity" string_value="transaction" prop_type="1" encrypt="false"/> 
<property name="numThreads" num_value="4.0" prop_type="2" encrypt="false"/> 
<property name="retries" num_value="1.0" prop_type="2" encrypt="false"/> 
<property name="timeout" num_value="300000.0" prop_type="2" encrypt="false"/> 
<property name="retryInterval" num_value="5000.0" prop_type="2" encrypt="false"/> 
</properties>
<per_bcn_properties/>
</mgmt_bcn_txn_with_props>
<steps_defn_with_props>
<mgmt_bcn_step_with_props>
<mgmt_bcn_step step_number="1" name="1.Access Logout page" step_type="HTTP"/>
<properties>
<property name="req_mode" num_value="1.0" prop_type="2" encrypt="false"/>
<property name="http_method" string_value="G" prop_type="1" encrypt="false"/>
<property name="url" string_value="{PROTOCOL1}://{HOST1}:{PORT1}/em/console/logon/logoff?event=load" prop_type="1" encrypt="false"/>
</properties>
</mgmt_bcn_step_with_props>
</steps_defn_with_props>
<stepgroups_defn/>
<txn_thresholds>
<mgmt_bcn_threshold warning_threshold="6000.0" warning_operator="0" critical_threshold="12000.0" critical_operator="0" num_occurrences="1">
<mgmt_bcn_threshold_key metric_name="http_response" metric_column="avg_response_time"/>
</mgmt_bcn_threshold>
<mgmt_bcn_threshold warning_threshold="0.0" warning_operator="1" critical_threshold="0.0" critical_operator="1" num_occurrences="1">
<mgmt_bcn_threshold_key metric_name="http_response" metric_column="status"/>
</mgmt_bcn_threshold>
</txn_thresholds>
<step_thresholds/>
<stepgroup_thresholds/>
</mgmt_bcn_transaction>
</transactions>
</transaction-template>

create_assoc

ターゲット・アソシエーション・インスタンスを作成します。

書式

標準モード

emcli create_assoc
       -assoc_type="association type"
       -source="source"
       -dest="destination_target"
       [-separator="separator:attribute_name:character"]
       [-subseparator="subseparator:attribute_name:character"]

インタラクティブ(スクリプト)モード

create_assoc(
      assoc_type="association type"
      ,source="source"
      ,dest="destination_target"
      [,separator="separator:attribute_name:character"]
      [,subseparator="subseparator:attribute_name:character"]
      )

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • source_type

    ソース・ターゲットのタイプ。

  • source

    ソース・ターゲット。

  • dest

    宛先ターゲット。

  • separator

    属性値を複数入力する場合、デフォルトのセパレータはセミコロン(;)。このオプションを使用すると、デフォルトのセパレータ値が上書きされます。

    例: separator="<attribute_name=sep_char>"(ここでattribute_nameは、セパレータ文字を上書きする属性名で、sep_charは新しいセパレータ文字です。)例: separator="att=#"

  • subseparator

    属性値を複数入力する場合、デフォルトのサブセパレータはコロン(:)。このオプションを使用すると、デフォルトのサブセパレータ値が上書きされます。

    例: subseparator="<attribute_name=sep_char>"(ここでattribute_nameは、セパレータ文字を上書きする属性名で、sep_charは新しいサブセパレータ文字です。)例: separator="att=#"


注意:

名前および所有者のパラメータは同時に使用する必要があります。

出力

終了コード

0はVerbの処理が正常終了したことを示します。

0以外の値は、Verb処理が正常終了しなかったことを意味します。

この例では、ターゲットabc_cluster:clusterからターゲットdef.oracle.com:hostおよびghi.oracle.com:hostに、タイプcluster_containsの関連付けを作成します。

emcli create_assoc
       -assoc_type="cluster_contains"
       -source="abc_cluster:cluster"
       -dest="def.oracle.com:host;ghi.oracle.com:host"

許可されるペアのリストについては、emcli list_allowed_pairsを入力してください。

create_blackout

1つ以上の監視対象ターゲットでデータ収集アクティビティを保留するスケジュールされたブラックアウトを作成します。

書式

emcli create_blackout
      -name="name"
      -add_targets="name1:type1;name2:type2;..."...
      -reason="reason"
      [-description="description"]
      [-jobs_allowed]
      [-propagate_targets]
      -schedule=
         frequency:once|interval|weekly|monthly|yearly];
         duration:[HH...][:mm...];
         [start_time:yy-MM-dd HH:mm];
         [end_time:yy-MM-dd HH:mm];
         [repeat:#m|#h|#d|#w];
         [months:#,#,...];
         [days:#,#,...];
         [tzinfo:specified|target|repository]
         [tzoffset:#|[-][HH][:mm]]
         [tzregion:...]

[ ] indicates that the parameter is optional

スケジュール引数の制限:

frequency:once
    requires => duration or end_time
    optional => start_time, tzinfo, tzoffset
frequency:interval
    requires => duration, repeat
    optional => start_time, end_time, tzinfo, tzoffset
frequency:weekly
    requires => duration, days
    optional => start_time, end_time, tzinfo, tzoffset
frequency:monthly
    requires => duration, days
    optional => start_time, end_time, tzinfo, tzoffset
frequency:yearly
    requires => duration, days, months
    optional => start_time, end_time, tzinfo, tzoffset

パラメータ

  • name

    作成するブラックアウトの名前。

  • add_targets

    ブラックアウトに追加するターゲット。それぞれをtarget_name:target_typeとして指定します。このパラメータは複数回指定できます。

  • reason

    ブラックアウトの理由。SUPER_USER権限がある場合(Enterprise Managerのスーパー管理者)、理由には任意のテキスト文字列を使用できます。理由がリストにない場合、許容可能なブラックアウト理由のリストに追加されます。SUPER_USER権限がない場合、get_blackout_reasons Verbから返されるテキスト文字列の1つを指定する必要があります。

  • description

    ブラックアウトに関連する説明またはコメント。説明は2000文字以内で、任意のテキスト文字列を使用できます。

  • jobs_allowed

    このオプションを指定すると、ブラックアウト期間中もブラックアウトされたターゲットに対してジョブを実行できます。このオプションを指定しない場合、これらのターゲットに対して実行される予定のジョブは、ブラックアウト期間中実行できません。ブラックアウトを作成すると、EMCLIまたはEnterprise Manager Cloud Controlコンソールからジョブの許可を変更できません。

  • propagate_targets

    このオプションを指定すると、タイプがホストであるターゲットに対するブラックアウトは、エージェントを含むそのホスト上のすべてのターゲットに対して適用されます。これは、emctlコマンドのnodelevelに相当します。このオプションが指定されているかどうかに関係なく、コンポジットまたはグループのターゲットに対するブラックアウトは、コンポジットまたはグループのすべてのメンバーに適用されます。

  • schedule

    ブラックアウト・スケジュール。frequency引数によって、他の引数が必須かオプションかが決まります。

  • schedule=frequency

    ブラックアウト・スケジュールのタイプ(デフォルトはonce)。

  • schedule=duration

    ブラックアウトの期間を時間と分で指定します(-1は無限)。時間と分はそれぞれ6桁まで指定できます。

  • schedule=start_time

    ブラックアウトの開始日と時間。デフォルト値は現在の日付と時間です。値の書式はyy-MM-dd HH:mmです(例: 2003-09-25 18:34)。

  • schedule=end_time

    ブラックアウトの最終日と時間。frequencyが、weekly、monthlyまたはyearlyの場合、日付部分のみを使用します。frequencyがintervalまたはonceの場合、日付と時間が考慮されます。値の書式はyy-MM-dd HH:mmです(例: 2003-09-25 18:34)。

  • schedule=repeat

    ブラックアウトの開始時間から次の開始時間までの時間。数値の後ろの文字は時間の単位を表し、mは分、hは時間、dは日、wは週を表します。

  • schedule=months

    1から12までの整数で表される月の値のリスト。その年のブラックアウト開始日を月と日で完全に指定するには、各値に対応するday値が必要です。

  • schedule=days

    frequencyがweeklyの場合、1から7(1が日曜日)の整数で表される曜日の値のリストです。frequencyがmonthlyの場合、1から31または-1(月の最終日)の整数で表される日の値のリストです。frequencyがyearlyの場合、1から31または-1(月の最終日)の整数で表される日の値のリストです。この場合、月は、月と日の各ペアの対応する月の値になります。

  • schedule=tzinfo

    タイムゾーンのタイプ。tzinfo引数は、tzoffsetと組み合せて使用されます。使用可能なタイムゾーン・タイプは、specified(GMTとターゲット・タイムゾーンの間のオフセット)、target(指定されたターゲットのタイムゾーン)、およびrepository(リポジトリのタイムゾーン。tzinfoが指定されていない場合のデフォルト設定)です。詳細は、-schedule=tzoffsetを参照してください。

  • schedule=tzoffset

    タイムゾーンの値。tzinfo引数が指定されていないかrepositoryの場合、タイムゾーン値はリポジトリのタイムゾーンになります。この場合、tzoffset引数を指定することはできません。それ以外の場合は、tzoffset引数が必要です。tzinfoがspecifiedに設定されている場合、tzoffset引数では、GMTとタイムゾーン間のオフセットを時間と分で指定します。tzinfoがtargetに設定されている場合、tzoffset引数では、引数として渡されるターゲットのリストに整数のインデックス(最初は1)を指定します。たとえば、tzoffsetが1の場合、-add_targetsパラメータで指定された最初のターゲットのタイムゾーンが使用されます。

    タイムゾーンは、ブラックアウト期間の開始時間と終了時間に適用されます。ブラックアウト期間のスケジュールを設定する際、各ターゲットに関連付けられているタイムゾーンは考慮されません(ただし、tzinfoがtargetに設定されている場合は、指定されたターゲットのタイムゾーンがブラックアウト時間に使用されます)。

  • schedule=[tzregion:<...>]

    使用するタイムゾーン・リージョン。tzinfoパラメータを指定した場合、このパラメータはブラックアウト・スケジュールに使用するタイムゾーンを決定します。それ以外の場合、このパラメータは無視されます。デフォルトはGMTです。

例1

この例では、指定したターゲット(database2)に、即座に開始し、30分間続くブラックアウトb1を作成します。

emcli create_blackout -name=b1 -add_targets=database2:oracle_database
      -schedule="duration::30"
      -reason="good reason1"

例2

この例では、myhostのすべてのターゲットに、即座に開始し、2007-04-26 05:00(タイムゾーン「アメリカ/ニューヨーク」)まで続くブラックアウトb1を作成します。

emcli create_blackout -name=b1 -add_targets=myhost:host
      -propagate_targets -jobs_allowed
      -schedule="end_time:2007-04-26 05:00;tzinfo:specified;
tzregion:America/New_York" -reason="good reason2"

例3

この例では、グループmygroupのすべてのターゲットに、即座に開始し、2007-04-26 05:00(タイムゾーン「アメリカ/ニューヨーク」)まで続くブラックアウトb1を作成します。ブラックアウト中ジョブは実行できません。

emcli create_blackout -name=b1 -add_targets=mygroup:group
      -schedule="end_time:2007-04-26 05:00;tzinfo:specified;
tzregion:America/New_York" -reason="good reason3"

例4

この例では、指定したターゲット(database2およびdatabase3)に、2007-08-24 22:30に開始され30分間続くブラックアウトb1を作成します。タイムゾーンは、database2ターゲットのタイムゾーンです。

emcli create_blackout -name=b1
      -add_targets="database2:oracle_database;database3:oracle_database
      -schedule="frequency:once;start_time:07-08-24 22:30;duration::30;tzinfo:target:tzoffset:1"
      -reason="good reason4"

例5

この例では、指定したターゲット(database2およびdatabase3)に、2007-08-24 22:30に開始され30分間続くブラックアウトb1を作成します。タイムゾーンは、database3ターゲットのタイムゾーンです。

emcli create_blackout -name=b1 -add_targets=database2:oracle_database
      -add_targets=database3:oracle_database
      -schedule="frequency:once;start_time:07-08-24 22:30;duration::30;tzinfo:target;tzoffset:2"
      -reason="good reason5"

例6

この例では、指定したターゲット(database2)に、2007-08-25 03:00からその後毎日開始し、毎回2時間続くブラックアウトb2を作成します。タイムゾーンはリポジトリのタイムゾーンです。

emcli create_blackout -name=b2 -add_targets=database2:oracle_database
      -schedule="frequency:interval;start_time:2007-08-25 03:00;duration:2;repeat=1d"
      -reason="good reason"

例7

この例では、指定したターゲット(database2)で、即座に開始し、その後2日ごとに06-12-31 23:59まで、毎回2時間5分続くブラックアウトb2を作成します。タイムゾーンはリポジトリのタイムゾーンです。

emcli create_blackout -name=b2 -add_targets=database2:oracle_database
      -schedule="frequency:interval;duration:2:5;end_time:06-12-31 23:59;repeat=2d;tzinfo:repository"
      -reason="another good reason"

例8

この例では、myhostotherhostのすべてのターゲットで、毎週日曜から木曜日まで現在の時間に開始するブラックアウトb4を作成します。ブラックアウトは毎回1時間続きます。

emcli create_blackout -name=b4 -add_targets="myhost:host;otherhost:host"
      -propagate_targets
      -schedule="frequency:weekly;duration:1:;days:1,2,3,4,5"
      -reason="very good reason"

例9

この例では、グループmygroup内のすべてのターゲットで、毎月15日と月末の22:30に開始し、2011-11-24まで続く(2011-11-15が実際の最終ブラックアウト日)ブラックアウトb5を作成します。ブラックアウトは毎回1時間10分続きます。ブラックアウト中ジョブを実行できます。

emcli create_blackout -name=b5 -add_targets=mygroup:group
      -propagate_targets -jobs_allowed
      -schedule="frequency:monthly;duration:1:10;start_time:06-10-24 22:30;
end_ time:06-12-24 23:59:days:15,-1" -reason="pretty good reason"

例10

この例では、指定したターゲット(database2)に、それぞれの年の03-02、04-22、09-23の13:30に開始されるブラックアウトb6を作成します。ブラックアウトは毎回2時間続きます。ブラックアウト中ジョブは実行できません。

emcli create_blackout -name=b6 -add_targets=database2:oracle_database
      -propagate_targets
      -schedule="frequency:yearly;duration:2;start_time:07-08-24 13:30:months=3,4,9;days:2,22,23"
      -reason="most excellent reason"

create_charge_entity_type

現在チャージバック・サポートがないEnterprise Managerターゲット・タイプにカスタム・エンティティ・タイプを作成します。指定したEnterprise Managerターゲット・タイプには、1つのカスタム・エンティティ・タイプしか作成できません。

書式

emcli create_charge_entity_type   
        -target_type="target_type"

パラメータ

  • target_type

    カスタム・エンティティ・タイプの名前。

この例では、Enterprise ManagerのApacheターゲット・タイプに、oracle_apacheという新しいChargebackエンティティ・タイプを作成します。

emcli create_charge_entity_type
        -target_type="oracle_apache"

create_charge_item

参照ファイルに指定されているプロパティに基づき、チャージバックにカスタム・チャージ・アイテムを作成します。

書式

emcli create_charge_item  
        -input_file="property_file:filename" 

パラメータ

オプション[-input_file]は、アイテム・プロパティを含むファイルのフルパスです。ファイルには、次のプロパティを定義できます。

  • target_type

    チャージ・アイテムが適用されるターゲット・タイプ。

  • source_data_type

    ソース・データ型。有効な値はmetric、configおよびpropertyです。

  • item_name

    アイテムの名前。

  • metric_group

    list_item_candidatesにリストされているメトリック・グループ名。source_data_type=metricの場合、必須プロパティです。

  • metric_column

    list_item_candidatesにリストされているメトリック列名。source_data_type=metricの場合、必須プロパティです。

  • config_view

    list_item_candidatesにリストされている構成ビュー名。source_data_type=configの場合、このプロパティは必須です。

  • config_key

    list_item_candidatesにリストされている構成キー名。source_data_type=configの場合、このプロパティは必須です。

  • config_column

    list_item_candidatesにリストされている構成列名。source_data_type=configの場合、このプロパティは必須です。

  • config_data_source

    構成メトリックのデータ・ソース。source_data_type=configの場合、このプロパティは必須です。

  • property

    list_item_candidatesにリストされているプロパティ名。source_data_type=propertyの場合、このプロパティは必須です。

  • item_displayname

    項目の表示名。

  • unit

    単位の表示名。

  • aggregation_type

    この項目に使用する集計のタイプ。data type=numberの場合にのみ適用されます。有効な値はsumおよびavgです。デフォルト値はavgです。

  • is_config_condition

    チャージ・プランで条件付きで使用される項目。有効な値は0、1です。デフォルト値は0です。

  • item_category

    項目のカテゴリ。デフォルト値はinstanceです。有効な値はcpu、memory、networkおよびinstanceです。

  • data_type

    有効な値はstringおよびnumberです。デフォルト値は構成およびプロパティ・タイプでは文字列、メトリック・タイプでは数字です。

例1

この例では、チャージのベースを特定のホスト上のプロセスの平均合計とするメトリック・カスタム・チャージ・アイテムを作成します。

emcli create_charge_item -input_file="property_file:/home/user/property_file"
Contents of /home/user/property_file: 
       target_type=host 
       source_data_type=metric 
       item_name=total_proc 
       metric_group=Load 
       metric_column=noOfProcs 
       item_displayname=Total Processes 
       unit=process 
       aggregation_type=avg 
       item_category=instance 
       data_type=number 

例2

この例では、インスタンス・リージョンに基づき様々な用途のチャージ・アイテムに異なるレートをチャージできる構成カスタム・チャージ・アイテムを作成します。

emcli create_charge_item -input_file="property_file:/home/user/property_file" 
Contents of /home/user/property_file: 
       target_type=oracle_database 
       source_data_type=config 
       item_name=custom_config 
       config_view=myCustomCCS 
       config_key=region 
       config_column=country 
       config_data_source=regionList.txt 
       item_display_name=Region of Instance 
       item_category=instance 
       data_type=string 

create_clone

新しいクローニングされたデータベースを作成します。

書式

emcli create_clone 
      -inputFile="File containing properties required for cloning a database" 

パラメータ

  • inputFile

    データベースをクローニングするために必要なプロパティを含むファイルの場所および名前。

次の例は、/u01/files/create_clone.propsファイルに含まれているパラメータを使用してクローニングされたデータベースを作成します。

emcli create_clone        -inputFile=/u01/files/create_clone.props  

create_credential_set

新規資格証明セットを作成します。Enterprise Managerのスーパー管理者のみが新規資格証明セットを作成できます。

書式

  emcli create_credential_set 
        -set_name="set_name"
        -target_type="ttype"
        -supported_cred_types="supported_cred_types"
        -monitoring
        [-auth_target_type = "authenticating_target_type"
        [-description ="description]"

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • set_name

    作成する資格証明セットの名前。

  • target_type

    新規資格証明セットのターゲット・タイプ。

  • supported_cred_types

    この資格証明セットでサポートされている資格証明タイプ。show_credential_type_infoコマンドを使用すると、使用可能な資格証明タイプをリストできます。

  • monitoring

    監視資格証明セットを作成します。

  • auth_target_type

    サポートされている資格証明タイプのターゲット・タイプ。デフォルト値はtarget_typeです。

  • description

    資格証明セットの説明。

この例では、New_Credential_Setという名前の新規資格証明セットを作成します。

emcli create_credential_set 
        -set_name=New_Credential_Set 
        -target_type=host
        -supported_cred_types=HostCreds;HostSSHCreds
        -description="Example credential set"

create_custom_plugin_update

管理エージェントにすでにデプロイされているプラグインを使用してカスタム・プラグイン更新を作成します。ソース・プラグインに適用されたすべてのパッチが含まれます。これは、管理エージェントに対する以降のプラグインすべてのデプロイメントで、Oracle提供のプラグイン・バージョンのかわりに使用します。

書式

emcli create_custom_plugin_update 
      -agent_name="agent_name"
      -plugin_id="plugin_id"
      [-overwrite]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • agent_name

    プラグインとそのパッチがデプロイされている管理エージェント(host:port)。

  • plugin_id

    カスタム・プラグイン機能を作成するために使用する必要があるプラグインのID。管理エージェントにデプロイされているプラグインのリストを表示するには、emcli list_plugins_on_agentを実行します。

  • overwrite

    リポジトリ内のこのプラグインにカスタム・プラグイン更新がすでに存在する場合、既存のカスタム・プラグイン更新を上書きおよび更新します。指定されていない場合、このプラグインに対して新しいカスタム・プラグイン更新は作成されません。後続のプラグインのデプロイメントに対してのみ適用されます。ソース・プラグインが以前にデプロイされた管理エージェントで自動的に再デプロイされることはありません。このような管理エージェントで再デプロイするには、emcli redeploy_plugin_on_agentを実行します。

例1

次の例では、host.example.comという名前の管理エージェントにすでにデプロイされているoracle.sysman.dbプラグインに対するカスタム・プラグイン更新を作成します。oracle.sysman.dbプラグインに対してカスタム・プラグイン更新がすでに存在している場合、このカスタム・プラグイン更新は上書きされず、したがって、新しいカスタム・プラグイン更新は作成されません。

emcli create_custom_plugin_update
      -agent_name="host.example.com" 
      -plugin_id="oracle.sysman.db"

例2

次の例では、リポジトリ内のoracle.sysman.dbに対してすでに存在しているカスタム・プラグイン更新を上書きおよび更新することにより、host.example.comという名前の管理エージェントにすでにデプロイされているoracle.sysman.dbプラグインに対するカスタム・プラグイン更新を作成します。

emcli create_custom_plugin_update 
      -agent_name="host.example.com" 
      -plugin_id="oracle.sysman.db"
      -overwrite 

create_database

データベースを作成します。

書式

emcli create_database
       [-dbType="type_of_database"]
       [-hostTargets="list_of_host_targets"]
       [-cluster="cluster_target_name"]
       -oracleHome="Oracle_Home_location"
       -gdbName="global_database_name"
       -templateName="path_and_display_name_of_the_software_library_entity"
       -hostCreds="named_credential_for_OS_user"
       -sysCreds="named_credential_for_SYS_user"
       -systemCreds="named_credential_for_SYSTEM_user"
       -dbsnmpCreds="named_credential_for_DBSNMP_user"
       [-sid="database_system_identifier"]
       [-racConfigType="RAC_configuration_type"]
       [-nodeList="comma-separated_node_names"]
       [-serverPoolList="comma-separated_list_of_server_pools"]
       [-newServerPool="new_server_pool_name_and_cardinality"]
       [-racOneServiceName="service_name_for_RAC_one-node_database"]
       [-templateInSwlib="TRUE|FALSE"]
       [-templateStageLocation="temporary_directory_on_agent_side"]
       [-storageType="FS|ASM"]
       [-dataFileLocation="Location_of_data_files "]
       [-recoveryAreaLocation="Fast_Recovery_Area_location "]
       [-enableArchiving]
       [-useOMF]
       [-listeners="comma-separated_list_of_listeners_database"]
       [-newListener="new_listener_and_port"] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • dbType

    作成する必要があるデータベースのタイプ。有効な値は次のとおりです。

    • SINGLE_INSTANCE: 特定のホストまたはリストにあるホストにデータベースを作成します。

    • RAC: 複数ノードでクラスタ・データベースを作成します。

    • RACONE: 1ノードのRACデータベースを作成します。

    RACおよびRACONEの場合、クラスタ・パラメータを使用する必要があります。

  • hostTargets

    単一インスタンス・データベースを作成する必要のあるホスト・ターゲットのカンマ区切りリスト。これは、SINGLE_INSTANCEデータベースに必須のパラメータです。

  • cluster

    クラスタを作成する必要のあるRACデータベースのクラスタ・ターゲット名。ターゲット名は有効で、ターゲットにアタッチされているノードが少なくとも1つ含まれている必要があります。これは、RACおよびRACONEデータベースに必須のパラメータです。

  • oracleHome

    ホスト・ターゲットまたはクラスタ・ターゲットのOracleホーム。Oracleホームはすべてのターゲットに存在している必要があります。

  • gdbName

    データベースのグローバル・データベース名。

  • templateName

    ソフトウェア・ライブラリ・エンティティの完全修飾パスおよび表示名。

  • hostCreds

    Oracleホーム・インストールを所有しているユーザーの名前付きホスト資格証明。

  • sysCreds

    SYSユーザーを作成するために使用する名前付きデータベース資格証明。

  • systemCreds

    SYSTEMユーザーを作成するために使用する名前付きデータベース資格証明。

  • dbsnmpCreds

    DBSNMPユーザーを作成するために使用する名前付きデータベース資格証明。

  • sid

    データベースのシステム識別子。SINGLE_INSTANCEの場合、最大長は12で、それ以外は8です。これは英数字で先頭文字をアルファベットにする必要があります。

  • racConfigType

    RAC構成のタイプ。有効な値は次のとおりです。

    • POLICY_MANAGED

    • ADMIN_MANAGED

    指定しない場合、デフォルトはADMIN_MANAGEDです。

  • nodeList

    ADMIN_MANAGEDのRACデータベースに有効なノード名のリスト。指定しない場合、指定したクラスタ・ターゲットのすべてのノードが使用されます。

  • serverPoolList

    POLICY_MANAGEDのRACデータベースのサーバー・プール名のカンマ区切りリスト。

  • newServerPool


    注意:

    serverPoolListまたはnewServerPoolのいずれかを使用できますが、両方は使用できません。newServerPoolの場合、カーディナリティは必須で、0より大きい正の整数にする必要があります。

  • racOneServiceName

    RAC One Nodeデータベースのサービス名。

  • templateInSwlib

    テンプレートがソフトウェア・ライブラリからのものであることを示すブール値。テンプレートがソフトウェア・ライブラリからのものである場合、有効な値はTRUEで、そうでない場合はFALSEです。このパラメータを指定しない場合、デフォルトはFALSEです。

  • templateStageLocation

    テンプレートがホスト・ターゲットにステージングされる必要のある完全修飾パス。

  • storageType

    データベースに優先されている記憶域のタイプ。有効な値は次のとおりです。

    • ファイル・システムの場合、FS。パラメータを指定しない場合、これがデフォルトです。

    • 自動ストレージ管理の場合は、ASM。

  • dataFileLocation

    データファイルの場所。

  • recoveryAreaLocation

    高速リカバリ領域の場所。

  • enableArchiving

    データのアーカイブが必要かどうかを指定します。アーカイブが必要な場合、有効な値はTRUEで、不要の場合はFALSEです。デフォルトはFALSEです。

  • useOMF

    Oracle Managed Filesを使用するかどうかを指定します。

  • listeners

    作成したデータベースを登録するリスナーのカンマ区切りリスト。これはSINGLE_INSTANCEデータベース専用で、RACデータベースの場合は無視されます。

  • newListener

    新規リスナー(name:port)は、新しいリスナーを作成してデータベースを登録します。これはSINGLE_INSTANCEデータベース専用で、RACデータベースの場合は無視されます。

例1

emcli create_database -oracleHome=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2 -gdbName=testdbee -hostCreds=host_named
                       -sysCreds=sys -systemCreds=system -dbsnmpCreds=dbsnmp -templateName=/u01/app/oracle/product/11.2.0/
dbhome_2/assistants/dbca/templates/General_Purpose.dbc -dbType=SINGLE_INSTANCE -hostTargets=host1

例2

emcli create_database -oracleHome=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2 -gdbName=testdbee -hostCreds=host_named
                       -sysCreds=sys -systemCreds=system -dbsnmpCreds=dbsnmp -templateName=/u01/app/oracle/product/11.2.0/
dbhome_2/assistants/dbca/templates/General_Purpose.dbc -dbType=SINGLE_INSTANCE -hostTargets=host1 -newListener=NEWLSNR:1527

例3

emcli create_database -oracleHome=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2 -gdbName=testRACCli -hostCreds=cluster_named -sysCreds=sys -systemCreds=system -dbsnmpCreds=dbsnmp 
                       -templateName=/u01/app/oracle/product/11.2.0/
dbhome_2/assistants/dbca/templates/General_Purpose.dbc -dbType=RAC -cluster=cluster1 -dataFileLocation=/u01/share/oradata -recoveryAreaLocation=/u01/share/fra

例4

emcli create_database -oracleHome=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_2 -gdbName=testdbee -hostCreds=cluster_named
                       -sysCreds=sys -systemCreds=system -dbsnmpCreds=dbsnmp -templateName=/u01/app/oracle/product/11.2.0/
dbhome_2/assistants/dbca/templates/General_Purpose.dbc -dbType=RAC -cluster=cluster1 -racConfigType=POLICY_MANAGED -newServerPool=sp1:2

create_database_size

サービス・テンプレートで指定された値を上書きするデータベース・サイズを指定します。

書式

emcli create_database_size -name="<size name>" 
-description="<size description>"        
[-attributes="cpu:<number of cores>;memory:<memory in GB>;processes:<max number of processes>;storage:<Total Storage in GB allocated to database>;"]
[-source_type="Profile Source"]  

[ ] indicates that the parameter is optional.

注意: 1つ以上の属性を使用してデータベース・サイズを指定してください。異なる属性はセミコロン(;)で区切る必要があります。database_size verbを使用して指定された属性は、サービス・テンプレートで指定された値を上書きします。

パラメータ

  • name

    データベース・サイズの名前を作成します。

  • description

    データベース・サイズの説明を作成します。

  • attributes

    データベース・サイズを定義します。属性をセミコロン(;)で区切る必要があります。次の属性の値を指定できます。

    cpu: CPUコアの合計数。

    memory: 合計最大メモリー(GB)。

    processes: データベースに同時に接続できるプロセスの合計数。

    storage: データベースに割り当てられる合計ストレージ(GB)

次の例では、最大4つのCPU、50GBの記憶域、4GBのメモリーを使用したSmallという名前のデータベース・サイズを作成します。

emcli create_database_size 
      -name=Small 
      -description="Small size database" 
      -attributes="cpu:4;storage:50;memory:4"      
      -source_type="weblogic_domain"  

create_dbprofile

新しいデータベース・プロファイルを作成します。

書式

emcli create_dbprofile
                               -input_file=data:"file:path"
               [-schedule=
                        [frequency:interval|weekly|monthly|yearly];
                        start_time:yy-MM-dd HH:mm;
                        end_time:yy-MM-dd HH:mm;
                               [repeat:#m];
                        [months:#,#,#,...];
                        [days:#,#,#,...];
                        [tz:{timezone ID}];
                        [grace_period:xxx];
        ]
        [-purge_policy=DAYS|SNAPSHOTS: number]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • input_file

    作成されるプロファイルのタイプと使用されるオプションについて完全に記述するプロパティ・ファイル。

  • schedule

    frequency: データベース・プロファイルを作成する頻度タイプ。interval (分単位)、weekly、monthlyまたはyearlyを指定できます。

    start_time: yy-MM-dd HH:mm書式のデータベース・プロファイル・コンポーネントの作成の開始時間を示します。

    end_time: yy-MM-dd HH:mm書式のデータベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しの終了時間を示します。

    repeat: データベース・プロファイルを作成する繰返し率。頻度が間隔の場合、繰返しは分単位です。

    months: データベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しが発生するまでの月数。

    days: データベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しが発生するまでの日数。

    tz: tz:America/New_Yorkなどのタイム・ゾーンID。

    grace_period: データベース・プロファイルの作成を試行する際に許可される最大遅延を定義する期間(分)。ジョブ・システムでは、スケジュールされた時間に猶予期間を加えた期間内に実行を開始できない場合、データベース・プロファイルの作成のスキップが設定されます。デフォルトでは、猶予期間は無期限になっています。

  • purge_policy

    日数またはスナップショットの数に基づいて収集されたデータをパージできます。purge_policyを指定しない場合、デフォルトはNONEです。指定できる値は、DAYS、SNAPSHOTです。

    DAYSの場合、データ・コンポーネントのパージが必要になるまでの日数を指定します。

    SNAPSHOTの場合、データ・コンポーネントの数を選択します。この値より古いデータがパージされます。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、指定したスケジュールおよびパージ・ポリシーを使用してプロパティ・ファイルprofile.txtに基づいて新しいデータベース・プロファイルを作成します。

emcli create_dbprofile -input_file="data:/tmp/profile.txt" -schedule="frequency:interval;start_time:14-10-05 05:30;end_time:14-10-12 05:23;repeat:30;grace_period:60;tz:America/New_York" -purge_policy=DAYS:2

create_dbaas_quota

SSAユーザー・ロール用のデータベース割当て制限を作成します。

書式

emcli create_dbaas_quota
       -role_name="<SSA user role name>"
       -databases="<number of database requests>"
       -schema_services="<number of schema service requests>"
       -pluggable_databases="<number of Pluggable database service requests>"
       -memory="<memory(GB)>"
       -storage="<storage(GB)>"

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • role_name

    割当て制限の作成対象となるSSAユーザー・ロールの名前。

  • databases

    許可されるデータベース・サービス・リクエストの数。たとえば、リクエスト数が10の場合、次のように入力します。

    -databases="10"
    
  • schema_services

    許可されるスキーマ・サービス・リクエストの数。たとえば、リクエスト数が10の場合、次のように入力します。

    -schema_services="10"
    
  • pluggable_databases

    許可されるプラガブル・データベース・サービス・リクエストの数。たとえば、リクエスト数が10の場合、次のように入力します。

    -pluggable_databases="10"
    
  • memory

    許可されるメモリー使用量。たとえば、10GBの場合、次のように入力します。

    -memory="10"
    
  • storage

    許可される記憶域使用量。たとえば、10GBの場合、次のように入力します。

    -storage="10"
    

この例では、My Roleロールに割当て制限を割り当てます。

emcli create_dbaas_quota
       -role_name="My Role"
       -databases="10"
       -schema_services="10"
       -pluggable_databases="10"
       -memory="99"
       -storage="99"

create_dbprofile

新しいデータベース・プロファイルを作成します。

書式

emcli create_dbprofile
                               -input_file=data:"file:path"
               [-schedule=
                        [frequency:interval|weekly|monthly|yearly];
                        start_time:yy-MM-dd HH:mm;
                        end_time:yy-MM-dd HH:mm;
                               [repeat:#m];
                        [months:#,#,#,...];
                        [days:#,#,#,...];
                        [tz:{timezone ID}];
                        [grace_period:xxx];
        ]
        [-purge_policy=DAYS|SNAPSHOTS: number]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • input_file

    作成されるプロファイルのタイプと使用されるオプションについて完全に記述するプロパティ・ファイル。

  • schedule

    frequency: データベース・プロファイルを作成する頻度タイプ。interval (分単位)、weekly、monthlyまたはyearlyを指定できます。

    start_time: yy-MM-dd HH:mm書式のデータベース・プロファイル・コンポーネントの作成の開始時間を示します。

    end_time: yy-MM-dd HH:mm書式のデータベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しの終了時間を示します。

    repeat: データベース・プロファイルを作成する繰返し率。頻度が間隔の場合、繰返しは分単位です。

    months: データベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しが発生するまでの月数。

    days: データベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しが発生するまでの日数。

    tz: tz:America/New_Yorkなどのタイム・ゾーンID。

    grace_period: データベース・プロファイルの作成を試行する際に許可される最大遅延を定義する期間(分)。ジョブ・システムでは、スケジュールされた時間に猶予期間を加えた期間内に実行を開始できない場合、データベース・プロファイルの作成のスキップが設定されます。デフォルトでは、猶予期間は無期限になっています。

  • purge_policy

    日数またはスナップショットの数に基づいて収集されたデータをパージする方法を指定するポリシー。purge_policyを指定しない場合、デフォルトはNONEです。指定できる値は、DAYS、SNAPSHOTです。

    DAYSの場合、データ・コンポーネントのパージが必要になるまでの日数を指定します。

    SNAPSHOTの場合、データ・コンポーネントの数を選択します。この値より古いデータがパージされます。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、指定したスケジュールおよびパージ・ポリシーを使用してプロパティ・ファイルprofile.txtに基づいて新しいデータベース・プロファイルを作成します。

emcli create_dbprofile -input_file="data:/tmp/profile.txt" -schedule="frequency:interval;start_time:14-10-05 05:30;end_time:14-10-12 05:23;repeat:30;grace_period:60;tz:America/New_York" -purge_policy=DAYS:2

create_diag_snapshot

指定したターゲットの診断スナップショットを作成します。

書式

emcli create_diag_snapshot  
      -name=<name>
      -desc=<description>
      -start_time=<yyyy/MM/dd HH:mm> 
      -end_time=<yyyy/MM/dd HH:mm> 
      -targets=<type1:name1;type2:name2;…>
      [-diag_type_odl_target_types=<type1;type2; ….>]
      [-diag_type_odl_online_logs=<true|false>]
      [-diag_type_odl_offline_logs=<true|false>]
      [-diag_type_jvmd_target_types=<type1;type2; ….>]
      [-diag_type_jvmd_properties=”<pname1:pval1;pname2:pval2;…>”]
      [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    作成する診断スナップショットの名前。指定した名前の診断スナップショットが存在していないことを確認してください。

  • desc

    診断スナップショットの説明。

  • start_time

    ログ収集の開始時間。スナップショットには開始時間から終了時間までのすべてのログが含まれます。スナップショットで有効な期間であることを確認してください。

  • end_time

    ログ収集の終了時間。スナップショットには開始時間から終了時間までのすべてのログが含まれます。スナップショットで有効な期間であることを確認してください。

  • targets

    スナップショットのターゲット・タイプとターゲット名のリスト。このリストには、特定のシステムのターゲットをすべて含めることができます。ユーザーは、選択した診断タイプに対して、特定のターゲット・タイプをオプション・パラメータで選択できます。

  • diag_type_odl_target_types

    Oracle Diagnostic Logging (ODL)診断タイプのターゲット・タイプ・リスト。ターゲット・リストからターゲット・タイプのサブセットを選択してスナップショットを作成できます。

  • diag_type_odl_online_logs

    デフォルトでは、スナップショットに対してはオンライン・ログが収集されます。Oracle Diagnostic Logging (ODL)診断タイプに対して、オフライン、オンライン、または両方のログの収集を選択できます。

  • diag_type_odl_offline_logs

    デフォルトでは、スナップショットに対してはオフライン・ログとアーカイブ・ログは収集されません。Oracle Diagnostic Logging (ODL)診断タイプに対して、オフライン、オンライン、または両方のログの収集を選択できます。

  • diag_type_jvmd_target_types

    JVMD診断タイプのターゲット・タイプ・リスト。ターゲット・リストからターゲット・タイプのサブセットを選択してスナップショットを作成できます。

  • diag_type_jvmd_properties

    JVMD診断タイプのログを収集するためのプロパティ・リスト。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでverbを実行します。

例1

この例では、オフライン・ログを使用して、EMGC_DOMAINおよびEMGC_OMS1ターゲットのスナップショットを作成します。ターゲット・タイプ(weblogic_domain、weblogic_j2eeserver)はOracle Diagnostic Logging (ODL)診断タイプに属します。

emcli create_diag_snapshot 
      –name=wls_snapshot 
      –desc= ”Snapshot for Weblogic Domains and Server” 
      –start_date=”2012/10/02 10:30” 
      -end_date=”2012/10/03 22:30” 
      –targets=”weblogic_domain:/EMGC_EMGC_DOMAIN/EMGC_DOMAIN;
                weblogic_j2eeserver: /EMGC_EMGC_DOMAIN/EMGC_DOMAIN/EMGC_OMS1”

例2

この例では、オフライン・ログを使用して、weblogic_j2eeserverターゲット・タイプのスナップショットを作成します。ターゲット・リストに加えて、ターゲット・タイプをフィルタできます。

emcli create_diag_snapshot 
      –name=wls_snapshot 
      –desc=”Snapshot for Weblogic Domains and Server” 
      –start_date=”2012/10/02 10:30” 
      -end_date=”2012/10/03 22:30” 
      –targets=”weblogic_domain:/EMGC_EMGC_DOMAIN/EMGC_DOMAIN;
              weblogic_j2eeserver:/EMGC_EMGC_DOMAIN/EMGC_DOMAIN/EMGC_OMS1;
              weblogic_j2eeserver:/EMGC_EMGC_DOMAIN/EMGC_DOMAIN/EMGC_ADMIN_SERVER” 
      -diag_type_odl_target_types=”weblogic_j2eeserver” 
      -diag_type_odl_offline_logs=true

create_fmw_domain_profile

WebLogicドメインからFusion Middlewareプロビジョニング・プロファイルを作成します。

書式

emcli create_fmw_domain_profile 
        -name="profile_name" 
        -ref_target="reference_target_name" 
        [-description="profile_description"] 
        [-oh_cred="Oracle_home_owner_credentials"] 
        [-includeOh] 
        [-schedule= 
              start_time:yyyy/MM/dd HH:mm; 
              [tz:{java_timezone_ID}]; 
              [grace_period:xxx]; 
        ] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    作成するプロファイルの名前。

  • ref_target

    プロファイルを作成するために参照に使用されるWebLogicドメイン・ターゲットの名前。

  • description

    作成するプロファイルの説明。

  • oh_cred

    参照ホストへのアクセスに使用される名前付き資格証明。書式は次のとおりです。

    CREDENTIAL_NAME:CREDENTIAL_OWNER
    

    すべての操作は、管理サーバー・ホストで実行します。管理サーバー・ホストのOracleホームの所有者の資格証明が必要です。名前付き資格証明を提供しない場合、Oracleホーム・ターゲットのホスト優先資格証明が使用されます。

  • includeOh

    プロファイルのOracleホーム・バイナリを含める。

  • schedule

    デプロイメント・プロシージャのスケジュール。指定しない場合、プロシージャは即座に実行されます。

    • start_time:プロシージャの開始時間。

    • tz: タイム・ゾーンのID。

    • grace_period: 猶予期間(分)。

例1

この例では、優先資格証明を使用して指定したWebLogicドメイン・ターゲットから指定したスケジュールのWebLogicドメイン・プロファイルを作成します。

emcli create_fmw_domain_profile 
      -name="BitlessDomainProfile" 
      -ref_target="/Farm01_base_domain/base_domain" 
      -description="A domain profile without software bits" 
      -schedule="start_time:2014/6/21 21:23;tz:America/New_York;grace_period:60" 

例2

この例では、指定した名前付き資格証明を使用して指定したWebLogicドメイン・ターゲットから、WebLogicドメインとOracleホームを即座に作成します。

emcli create_fmw_domain_profile 
      -name="DomainProfileWithBits" 
      -ref_target="/Farm01_base_domain/base_domain" 
      -oh_cred="MY_HOST_CRED:SYSMAN" 
      -includeOh 

create_fmw_home_profile

OracleホームからFusion Middlewareプロビジョニング・プロファイルを作成します。

書式

emcli create_fmw_home_profile 
        -name="profile_name" 
        -ref_target="reference_target_name" 
        [-description="profile_description"] 
        [-oh_cred="Oracle_home_owner_credentials"] 
        [-schedule= 
              start_time:yyyy/MM/dd HH:mm; 
              [tz:{java timezone ID}]; 
              [grace_period:xxx]; 
        ] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    作成するプロファイルの名前。

  • ref_target

    プロファイルを作成するために参照用に使用されるOracleホーム・ターゲットの名前。

  • description

    作成するプロファイルの説明。

  • oh_cred

    参照ホストへのアクセスに使用される名前付き資格証明。書式は次のとおりです。

    CREDENTIAL_NAME:CREDENTIAL_OWNER
    

    名前付き資格証明を提供しない場合、Oracleホーム・ターゲットのホスト優先資格証明が使用されます。

  • schedule

    デプロイメント・プロシージャのスケジュール。指定しない場合、プロシージャは即座に実行されます。

    • start_time:プロシージャの開始時間。

    • tz: タイム・ゾーンのID。

    • grace_period: 猶予期間(分)。

例1

この例では、優先資格証明を使用して指定したOracleホーム・ターゲットから指定したスケジュールにプロファイルを作成します。

emcli create_fmw_home_profile 
      -name="OhProfile1" 
      -ref_target="/Farm01_base_domain/base_domain" 
      -description="An Oracle Home profile" 
      -schedule="start_time:2014/6/21 21:23;tz:America/New_York;grace_period:60" 

例2

この例では、指定した名前付き資格証明を使用して指定したOracleホーム・ターゲットから、プロファイルを即座に作成します。

emcli create_fmw_home_profile 
      -name="OhProfile2" 
      -ref_target="WebLogicServer_10.3.6.0_myhost.mycompany.com_5033" 
      -oh_cred="MY_HOST_CRED:SYSMAN" 

create_group

グループの名前とメンバーを定義します。グループの作成後、Enterprise Manager Cloud Controlコンソールからグループを編集し、グループ・メンバーに表示するサマリー・メトリックを構成できます。

コマンドライン形式

emcli create_group
      -name="name"
      [-type=<group>]
      [-add_targets="name1:type1;name2:type2;..."]...
      [-is_propagating="true/false"]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

create_group
      (name="name"
      [,type=<group>]
      [,add_targets="name1:type1;name2:type2;..."]...
      [,is_propagating="true/false"])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    グループの名前。

  • type

    グループ・タイプ(group)。デフォルトはgroupです。

  • add_targets

    既存のターゲットをグループに追加します。各ターゲットは、名前と値のペアtarget_name:target_typeで指定します。このオプションは、コマンドライン形式で複数回指定できます。

  • is_propagating

    グループに対する権限をメンバー・ターゲットに伝播するかどうかを示すフラグ。デフォルトはfalseです。

これらの例では、db_groupという名前のデータベースのみのグループを作成します。このグループは、2つのOracleデータベースemp_recpayrollで構成されています。

例1 - コマンドライン形式

emcli create_group 
      -name=db_group
      -add_targets="emp_rec:oracle_database"
      -add_targets="payroll:oracle_database"

例2 - スクリプトおよび対話形式

create_group
       (name="db_group"
       ,add_targets="emp_rec:oracle_database;payroll:oracle_database")

これらの例では、Oracle Database(database2)、リスナー(dblistener)、ホスト(mymachine.myco.com)で構成されるmy_groupという名前の混合メンバー・タイプのグループを作成します。

例3 - コマンドライン形式

emcli create_group 
      -name=my_group
      -add_targets="database2:oracle_database;dblistener:oracle_listener
      -add_targets="mymachine.myco.com:host"

例4 - スクリプトおよび対話形式

create_group
       (name="my_group"
       ,add_targets="database2:oracle_database;
dblistener:oracle_listener;mymachine.myco.com:host")

これらの例では、example.comドメイン内に3つのシステム(smpsundlsunsupersun)で構成される、my_hostsというホストのみのグループを作成します。

例5 - コマンドライン形式

emcli create_group 
      -name=my_hosts
      -add_targets="example.com:host"
      -add_targets="example.com:host;supersun.example.com:host"

例6 - スクリプトおよび対話形式

create_group
(name="my_hosts" ,add_targets="example.com:host;example.com:host;supersun.example.com:host")

create_inst_media_profile

グループの名前とメンバーを定義します。グループの作成後、Enterprise Manager Cloud Controlコンソールからグループを編集し、グループ・メンバーに表示するサマリー・メトリックを構成できます。

コマンドライン形式

emcli create_inst_media_profile 
       -name="profile_name" 
       -host="host_target" 
       -version="media_version" 
       -platform="media_platform" 
       [-description="profile_description"] 
       [-host_cred="Oracle_home_owner_credentials"] 
       -files= 
             WebLogic:WLSFile1; 
             SOA:SOAFile1,SOAFile2; 
             OSB:OSBFile; 
             RCU:RCUFile; 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    作成するプロファイルの名前。

  • host

    すべてのインストール・ファイルが格納されているホスト・ターゲットの名前。

  • version

    インストール・メディアのバージョン。

  • platform

    インストール・メディアの対象プラットフォーム。

  • description

    作成するプロファイルの説明。

  • host_cred

    ファイルへのアクセスに使用される名前付き資格証明。書式は次のとおりです。

    CREDENTIAL_NAME:CREDENTIAL_OWNER. 
    

    名前付き資格証明を提供しない場合、Oracleホーム・ターゲットのホスト優先資格証明が使用されます。

  • files

    ソフトウェア・ライブラリにアップロードされるファイルのリスト。許可される製品は、WebLogic、SOA、OSBおよびRCUです。WebLogicに対するアップロードは任意です。書式は次のとおりです。

    PRODUCT1:FILE1,FILE2;PRODUCT2:FILE3,FILE4
    

例1

この例では、指定したホストの指定した場所からWebLogic Serverのインストール・メディア・ファイルをソフトウェア・ライブラリにアップロードします。優先資格証明は、ファイルへのアクセスに使用されます。

emcli create_inst_media_profile 
      -name="WebLogic1036Installer" 
      -host="myhost.mycompany.com" 
      -description="WebLogic Server 10.3.6.0 installer" 
      -version="10.3.6.0" 
      -platform="Generic" 
      -files="WebLogic:/u01/media/weblogic/wls1036_generic.jar" 

例2

この例では、指定したホストの指定した場所からSOAおよびWebLogic Serverのインストール・メディア・ファイルをソフトウェア・ライブラリにアップロードします。提供された名前付き資格証明はファイルへのアクセスに使用されます。

emcli create_inst_media_profile 
      -name="SOA+WLSInstaller" 
      -host="myhost.mycompany.com" 
      -description="SOA 11.1.1.7.0 and WebLogic Server 10.3.6.0 installer" 
      -version="11.1.1.7.0" 
      -platform="Generic" 
      -host_cred="MY_HOST_CRED:SYSMAN"
      -files="WebLogic:/u01/media/weblogic/
wls1036_generic.jar;SOA:/u01/media/soa/soa1.zip,/u01/media/soa/soa2.zip"

create_jeeappcom

ソフトウェア・ライブラリ内にJava EEアプリケーション・コンポーネントを作成します。作成に成功すると、エンティティのリビジョンがソフトウェア・ライブラリの指定したフォルダに表示されます。

書式

emcli create_jeeappcomp 
        -name="entity_name" 
        -folder_id="folder_id" 
        [-desc="entity_desc"] 
        [-attr="<attr name>:<attr value>"] 
        [-prop="<prop name>:<prop value>"] 
        [-secret_prop="<secret prop name>:<secret prop value>"] 
        [-note="note text"] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    エンティティの名前。

  • folder_id

    エンティティが作成されるフォルダのID。ソフトウェア・ライブラリ・ホームページには、フォルダとエンティティの識別子が、内部IDと呼ばれるカスタム列として表示されます。デフォルトでは、この列は表示されていません。

  • desc

    エンティティの簡単な説明。新しい説明はすべての既存のリビジョンで表示できます。

  • attr

    エンティティの属性を指定するための名前:値のペア。attr_name:attr_valueとして表されます。複数の属性に値を指定するには、-attrオプションを繰り返し指定します。

  • prop

    エンティティの構成プロパティを指定するための名前:値のペア。prop_name:prop_valueとして表されます。複数のプロパティに値を指定するには、このオプションを繰り返し指定します。

  • secret_prop

    構成プロパティとそのシークレット値を指定するための名前:値のペア。シークレット値はコマンドラインで指定しないでください。かわりに、プロパティ名を入力して、[Enter]キーを押します。入力を要求されたら、シークレット値を入力します。

  • note

    エンティティに対して行った変更や、追跡したい変更履歴など、エンティティに関連する情報。

例1

folder_idによって識別されるフォルダ内に、myJeeAppCompと呼ばれるJava EEアプリケーション・コンポーネントを作成します。フォルダIDを検索するには、ソフトウェア・ライブラリのホームページで使用可能な、内部IDと呼ばれるカスタム列を使用します。この列はデフォルトでは表示されていないことに注意してください。

emcli create_jeeappcomp 
      -name="myJeeAppComp"
       folder_  id="oracle:defaultService:em:provisioning:1:cat:B13B3B7B086458CFE040E80A19AA560C"  
+E34

例2

エンティティに関する簡単な説明を使用して、folder_idによって識別されるフォルダ内に、myJeeAppCompという名前のエンティティを作成します。PRODUCT、PRODUCT_VERSIONおよびVENDORなどのエンティティの属性が指定されています。DEFAULT_HOMEという構成プロパティの値が指定されています。エンティティに関連する情報を含むメモが含まれています。

新しく作成されたエンティティ・リビジョンの識別子が標準出力で印刷されます。

emcli upload_jeeappcomp_file
emcli create_jeeappcomp 
        -name="myJeeAppComp"
folder_id="oracle:defaultService:em:provisioning:1:cat:B13B3B7B086458CFE040E80A19AA560C"  
        -desc="myJeeAppComp description" 
        -attr="PRODUCT:JEEApp" 
        -attr="PRODUCT_VERSION:3.0" 
        -attr="VENDOR:Vendor" 
        -prop="DEFAULT_HOME:/u01/myJeeAppComp3/" 
        -note="myJeeAppComp for test servers" 

create_job

ジョブを作成してスケジュールします。このVerbはマルチタスク・ジョブをサポートしています。


注意:

EM CLIでは、create_job Verbで-input_fileにtargetTypeプロパティを設定することによって、OSのスクリプト・ジョブをデータベース・ターゲットに実行できます。次に例を示します。
targetType=oracle_database

他のターゲット・タイプも同様に設定できます。


EM CLIは、次のジョブ・タイプをサポートしています。

ASMSQLScript
ASSOCIATE_CS_FA
ASSOCIATE_DOMAIN_FA
AssociateClusterASM
BlockAgent
CoherenceCacheAddition
CoherenceNodesRefresh
Config Log Archive Locations
DbMachineDashboard
DiscoverPDBEntities
FusionMiddlewareProcessControl
GlassFishProcessControl
InstallKernelModuleJob
Log Rotation
OSCommand
OpatchPatchUpdate_PA
RMANScript
RefreshFromEMStore
RefreshFromMetalink
RefreshFusionInstance
SOABulkRecovery
SQLScript
ShutdownDB
StartDepartedCohNodes
StartDepartedCohStoreNodes
StartFusionInstance
StartupDB
StatspackPurge
StopFusionInstance
Upgrade Exalogic Systems
WebLogic Control
WebLogic Domain Discover
WebLogic Domain Refresh

注意:

すべてのジョブ・タイプがすべてのターゲット・タイプをサポートしているわけではありません。describe_job_type
を使用すると特定のジョブ・タイプでどのターゲット・タイプがサポートされているか判断できます。

書式

emcli create_job
   -input_file=property_file:"filename"
   [-name="job_name"]
   [-type="job_type"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ジョブ名。

  • job_type

    ジョブ・タイプの名前。describe_job_type Verbを使用すると、ジョブ・タイプのテンプレート・プロパティ・ファイルを取得できます。

  • input_file

    ファイル名を指定して、ジョブを作成してスケジュールするためのプロパティをロードします。プロパティ・ファイルを読み取るために、EM CLIクライアントにアクセスできる必要があります。同じジョブ・タイプの別のジョブを使用して、EM CLI Verbのdescribe_jobでプロパティ・ファイルを生成することもできます。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

この例では、/tmp/myjob1_prop.txtにあるプロパティ・ファイルを使用して、ジョブ・タイプがMyJobType1で、MYJOB1という名前のジョブを作成してスケジュールします。

emcli create_job -name=MYJOB1 -job_type=MyJobType1 -input_file="property_file:/tmp/myjob1_prop.txt"

create_job_from_library

ライブラリ・ジョブをテンプレートとして使用して、ジョブを作成します。このVerbはマルチタスク・ジョブをサポートしています。

書式

emcli create_job_from_library
    -lib_job_name="library_job_name"
    -name="new_job_name"
   [-owner="library_job_owner"]
   [-input_file=property_file:"filename"]
   [-appendtargets]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • lib_job_name

    テンプレートとして使用するライブラリ・ジョブ。

  • owner

    ジョブの所有者。このパラメータを指定しないと、デフォルトのジョブ所有者はログインしているEnterprise Manager管理者になります。

  • name

    作成する新しいジョブの名前。名前はプロパティ・ファイル内に指定することもできます。名前を指定しない場合、名前はライブラリ・ジョブの名前から生成されます。

  • input_file

    filenameを提供して、ジョブを作成するプロパティをロードできます。

    プロパティ・ファイルを指定すると、プロパティ・ファイル内の値は上書きされるか、ライブラリ・ジョブ内の既存の値に付加されます。プロパティ・ファイルを指定しない場合、ライブラリ・ジョブは未変更で発行されます。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • appendtargets

    プロパティ・ファイルのターゲットをライブラリ・ジョブの既存のターゲットに付加します。これ以外の場合、プロパティ・ファイルにターゲットが指定されている場合、ライブラリ・ジョブのターゲットは上書きされます。

例1

この例では、ライブラリ・ジョブMYLIBJOB1に基づいてMYJOBという名前のジョブを作成します。

emcli create_job_from_library -lib_job_name=MYLIBJOB1 -name=MyJob

例2

この例では、ライブラリ・ジョブMYLIBJOB1に基づいてMYJOB2という名前のジョブを作成します。/tmp/myjob1_prop.txtのプロパティは、ライブラリ・ジョブの設定を上書きします。

emcli create_job_from_library -lib_job_name=MYLIBJOB1 -name=MyJob2 -input_file=property_file:/tmp/myjob1_prop.txt

create_library_job

ライブラリ・ジョブを作成します。このVerbはマルチタスク・ジョブをサポートしています。

書式

emcli create_library_job
   [-name="job_name"]
   [-type="job_type"]
    -input_file=property_file:"filename"

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ジョブ名。

  • type

    ジョブ・タイプの名前。describe_job_type Verbを使用すると、ジョブ・タイプのテンプレート・プロパティ・ファイルを取得できます。

  • input_file

    ファイル名を指定して、ライブラリ・ジョブを作成するためのプロパティをロードします。プロパティ・ファイルを読み取るために、EM CLIクライアントにアクセスできる必要があります。同じジョブ・タイプの別のライブラリ・ジョブを使用して、EM CLI Verbのdescribe_library_jobでプロパティ・ファイルを生成することもできます。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

この例では、/tmp/myjob1_prop.txtにあるプロパティ・ファイルを使用して、ジョブ・タイプがMyJobType1で、MYLIBJOB1という名前のライブラリ・ジョブを作成します。

emcli create_library_job -name=MYLIBJOB1 -job_type=MyJobType1 
-input_file="property_file:/tmp/myjob1_prop.txt"

create_named_credential

名前付き資格証明を作成します。コマンドラインの引数または入力プロパティ・ファイルを使用すると、入力パラメータを指定できます。パスワードとパラメータ値のためのinput_fileタグもサポートしています。

コマンドライン形式

 emcli create_named_credential         -cred_name=<name>        -auth_target_type=<authenticating_target_type>        -cred_type=<credential_type>        -cred_scope=<credential_scope>        -cred_desc=<credential_description>        -target_name=<target_name>        -target_type=<target_type>        -test         -test_target_name=<test_target_name>        -test_target_type=<test_target_type>        -input_file=<tag:value>        -input_bfile=<tag:value>        -properties_file=<filename>        -attributes=<p1:v1;p2:v2;...>

スクリプトおよび対話形式

 create_named_credential         (cred_name=<name>        ,auth_target_type=<authenticating_target_type>        ,cred_type=<credential_type>        ,cred_scope=<credential_scope>        ,cred_desc=<credential_description>        ,target_name=<target_name>        ,target_type=<target_type>        ,test         ,test_target_name=<test_target_name>        ,test_target_type=<test_target_type>        ,input_file=<tag:value>        ,input_bfile=<tag:value>        ,properties_file=<filename>        ,attributes=<p1:v1;p2:v2;...>)

パラメータ

  • cred_name

    MyBackUpCredsなどの資格証明の名前。properties_fileを使用しない場合、これが必要です。

  • auth_target_type

    認証ターゲット・タイプ(ホストなど)。properties_fileを使用しない場合、これが必要です。

  • cred_type

    資格証明のタイプ。properties_fileを使用しない場合、これが必要です。

  • cred_scope

    使用可能な値は、global|instanceです。デフォルトはglobalです。

  • cred_desc

    資格証明の説明。

  • target_name

    cred_scopeがインスタンスである場合、必要です。

  • target_type

    cred_scopeがインスタンスである場合、必要です。

  • test

    これを使用して、資格証明を保存する前にテストします。

  • test_target_name

    これを使用して、ターゲット名を指定しグローバル資格証明をテストします。cred_scopeがglobalで、testパラメータを使用する場合、必要です。

  • test_target_type

    これを使用して、ターゲット・タイプを指定しグローバル資格証明をテストします。cred_scopeがglobalで、testパラメータを使用する場合、必要です。

  • input_file

    これを使用して、ファイルから機密プロパティ値を指定します。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_bfile

    これを使用して、ファイルからバイナリ・プロパティ値を指定します。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • properties_file

    これを使用して、ファイルのすべてのパラメータを渡します。コマンドラインで指定した値が優先されます。

  • attributes

    次のように資格証明列を指定します。

    colname:colvalue;colname:colvalue
    

    -separator=attributes=<newvalue>を使用すると、セパレータ値を変更でき、-subseparator=attributes=<newvalue>を使用すると、サブセパレータ値を変更できます。

    セパレータおよびサブセパレータ・パラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

この例では、ユーザー名がfooでパスワードがbarである、HostCredsという名前の資格証明を作成します。

例1 - コマンドライン形式

emcli create_named_credential
        -cred_name=NC1
        -auth_target_type=host
        -cred_type=HostCreds
        -attributes="HostUserName:foo;HostPassword:bar"

例2 - スクリプトおよび対話形式

create_named_credential
       (cred_name="NC1" 
       ,auth_target_type="host" 
       ,cred_type="HostCreds"
       ,attributes="HostUserName:foo;HostPassword:bar")

この例では、ユーザー名がfoo、パスワードがbar、権限委任タイプがSUDOおよびRUNASユーザー・ルートの権限委任資格証明を作成します。

例3 - コマンドライン形式

emcli create_named_credential 
        -cred_name=NC1 
        -auth_target_type=host 
        -cred_type=HostCreds
        -attributes="HostUserName:foo;HostPassword:bar;PDPTYPE:SUDO;RUNAS:root"

powerbroker属性を使用するには、次のようにします。

-attributes="HostUserName:foo;HostPassword:bar;PDPTYPE:POWERBROKER;RUNAS:root;
PROFILE:EMGC

例4 - スクリプトおよび対話形式

create_named_credential
       (cred_name="NC1"
       ,auth_target_type="host"
       ,cred_type="HostCreds"
       ,attributes="HostUserName:foo;
        HostPassword:bar;PDPTYPE:SUDO;RUNAS:root")

powerbroker属性を使用するには、次のようにします。

,attributes="HostUserName:foo;HostPassword:bar;PDPTYPE:POWERBROKER;RUNAS:root;
PROFILE:EMGC

この例では、mypasswordfile.txtファイルからパスワードを読み取ります。

例5 - コマンドライン形式

emcli create_named_credential 
        -cred_name=NC1 
        -auth_target_type=host 
        -cred_type=HostCreds
        -attributes="HostUserName:foo;HostPassword:tag"
        -input_file="tag:mypasswordfile.txt"

例6 - スクリプトおよび対話形式

create_named_credential
       (cred_name="NC4",
       ,auth_target_type="host"
       ,cred_type="HostCreds" 
       ,attributes="HostUserName:foo;HostPassword:tag" 
       ,input_file="tag:mypasswordfile.txt")

この例では、標準入力からパスワードを要求します。

例7 - コマンドライン形式

emcli create_named_credential
        -cred_name=NC1
        -auth_target_type=host 
        -cred_type=HostCreds
        -attributes="HostUserName:foo;HostPassword:"

例7 - スクリプトおよび対話形式

create_named_credential
       (cred_name="NC1"
        ,auth_target_type="host"
        ,cred_type="HostCreds"
        ,attributes="HostUserName:foo;HostPassword:bar")

この例では、prop1.txtを複数行のJavaプロパティ・ファイルとして指定します(ここでは、各行でパラメータ=値という形式で指定します)。同じファイルにパスワードを指定できますが、指定しなくても構いません。指定しない場合、要求されます。

例8 - コマンドライン形式

emcli create_named_credential
        -properties_file=prop1.txt

例9 - スクリプトおよび対話形式

create_named_credential
        (properties_file="prop1.txt")

create_operation_plan

Oracle Site Guard操作の操作計画を作成します。

書式

emcli create_operation_plan
        -primary_system_name="name_of_primary_system"
        -standby_system_name="name_of_standby_system"
        -system_name="name_of_system"
        -operation="name_of_operation"
        -name="name_of_operation_plan"
        -role="role_associated_with_system"

パラメータ

  • primary_system_name

    プライマリ・サイトに関連付けられるシステムの名前。このパラメータは、スイッチオーバーまたはフェイルオーバー操作の場合に入力します。

  • standby_system_name

    スタンバイ・サイトに関連付けられるシステムの名前。このパラメータは、スイッチオーバーまたはフェイルオーバー操作の場合に入力します。

  • system_name

    システムの名前。このパラメータは、起動または停止操作の場合に入力します。

  • operation

    操作の機能。例: スイッチオーバー、フェイルオーバー、起動または停止。

  • name

    操作計画の名前。

  • role

    操作(起動または停止)を実行するときに、システムに関連付けられるロール。

例1

emcli create_operation_plan
      -primary_system_name="BISystem1"
      -standby_system_name="BISystem2"
      -operation="switchover"
      -name="BISystem1-switchover-plan"

例2

emcli create_operation_plan
      -system_name="austin"
      -operation="start"
      -name="BISystem1-start-plan"
      -role="Primary"

関連項目

emcli get_operation_plansおよびemcli submit_operation_plan

create_paas_zone

PaaSインフラストラクチャ・ゾーンを作成します。

書式

emcli create_paas_zone
       -name="<PaaS Zone name>"
       -credential="<global named credential>"
       [-hosts="<Host1,Host2,Host3...>"]
       [-ovm_zones="<OVMZone1,OVMZone2,OVMZone3...>"]
       [-roles="<ssaRole1,ssaRole2,..>"]
       [-description="<PaaS Zone description>"]
       [-cpu_utilization="<value between 1 and 100>"]
       [-memory_utilization="<value between 1 and 100>"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    作成するPaaSインフラストラクチャ・ゾーンの名前。

  • credential

    このPaaSインフラストラクチャ・ゾーンでプロビジョニングに使用するグローバル名前付き資格証明。資格証明はすべてのホストで同じである必要があります。クラウド管理者は、所有している名前付き証明書のみ使用できます。

  • hosts

    このPaaSインフラストラクチャ・ゾーンのメンバーとして追加するホスト・ターゲットのカンマ区切りのリスト。

  • ovm_zones

    このPaaSインフラストラクチャ・ゾーンのメンバーとして追加するOracle仮想マシン(OVM)ゾーン・ターゲットのカンマ区切りのリスト。作成するPaaSインフラストラクチャ・ゾーンには、最低1つのホストまたはOVMゾーン・ターゲットを追加する必要があります。

  • roles

    このPaaSインフラストラクチャ・ゾーンにアクセスできるSSAロールのカンマ区切りのリスト。PaaSインフラストラクチャ・ゾーンは、ロールを使用することで、限定されたユーザーに対して使用可能にできます。SSAロールは、このEM CLIコマンドを実行する前にすでに作成されている必要があります。

  • description

    PaaSインフラストラクチャ・ゾーンの説明。

  • cpu_utilization

    配置ポリシー制約を使用すると、クラウド管理者がPaaSインフラストラクチャ・ゾーンのすべてのホストの上限値を設定できます。この制限は、PaaSインフラストラクチャ・ゾーン内のホスト・メンバーが消費するリソースの最大量を制限します。たとえば、本番PaaSインフラストラクチャ・ゾーンでは、CPUの使用率を80%に制限し、開発用PaaSインフラストラクチャ・ゾーンでは使用率を最大95%に制限できます。サービス・インスタンスは、配置制約を満たす1番目のホストにプロビジョニングされます。入力する値は、1から100の間である必要があります。指定しない場合は、デフォルト値の80%が使用されます。

  • memory_utilization

    PaaSインフラストラクチャ・ゾーンで使用されるメモリーの割合を制限する配置ポリシー制約。入力する値は、1から100の間である必要があります。指定しない場合は、デフォルト値の80%が使用されます。

この例では、My PaaS Zoneという名前のPaasインフラストラクチャ・ゾーンを作成します。

emcli create_paas_zone
       -name="My PaaS Zone"
       -credential="ZoneNamedCredentials"
       -hosts="host1.mycompany.com, host2.mycompany.com"
       -roles="SSA_USER_ROLE"
       -description="This is a test PaaS Zone"
       -cpu_utilization="85"
       -memory_utilization="75"

create_patch_plan

指定した名前の新規パッチ計画、およびパッチとターゲットのマップを作成します。

書式

emcli create_patch_plan
        -name="name"
        -input_file=data:"file_path" 
        [-impact_other_targets="add_all | add_original_only | cancel"] 
        [-problems_assoc_patches="ignore_all_warnings | cancel"] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    設定の名前。

  • input_file

    新規パッチ計画を作成する入力データ。名前と値のペアのプロパティでデータを指定する必要があります。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • impact_other_targets

    パッチを計画に追加しているときに、他のターゲットが影響を受ける場合のアクション。このパラメータで使用可能な値は、次のとおりです。

    add_all: 影響を受けるすべてのターゲットを計画に追加します。
    add_original_only: 元のターゲットのみを計画に追加します。
    cancel: 計画の作成を取り消します。

  • problems_assoc_patches

    パッチをターゲットに関連付ける際に問題が発生した場合のアクション。このパラメータで使用可能な値は、次のとおりです。

    ignore_all_warnings: すべての警告を無視します。
    cancel: 計画の作成を取り消します。

関連項目


delete_patches
describe_patch_plan_input
get_connection_mode
get_patch_plan_data
list_aru_languages
list_aru_platforms
list_aru_products
list_aru_releases
list_patch_plans
search_patches
set_connection_mode
set_patch_plan_data
show_patch_plan
submit_patch_plan

upload_patches

『Enterprise Managerライフサイクル管理者ガイド』のEM CLIによるパッチ適用に関する項も参照してください。

http://docs.oracle.com/cd/E24628_01/em.121/e27046/emcli.htm#BABDEGHB

emcli create_patch_plan -name="plan_name" -input_file=data:"/tmp/patchplan.props"
emcli create_patch_plan -name="plan name" -input_file=data:"/tmp/patchplan.props" -impact_other_targets="add_all" 

emcli create_patch_plan -name="plan name"  -input_file=data:"/tmp/patchplan.props" -impact_other_targets="add_all" -problems_assoc_patches="ignore_all_warnings" 

次のサンプル入力ファイルを使用すると、2つのパッチを含むパッチ計画を作成できます。

patch.0.patch_id=4518443
         patch.0.release_id=80102010
         patch.0.platform_id=226
         patch.0.language_id=0
         patch.0.target_name=orclws
         patch.0.target_type=oracle_database
         patch.1.patch_id=4424952
         patch.1.release_id=80102030
         patch.1.platform_id=46
         patch.1.language_id=0
         patch.1.target_name=arac
         patch.1.target_type=rac_database

create_pool

ソフトウェア・プールを作成します。

書式

emcli create_pool
       -name="<software pool name>"
       -target_type="<software pool target type>"
       -paas_zone="<Paas Infrastructure Zone of software pool>"
       -members="<Member1, Member2...>"
       [-description="<software pool description>"]
       [-placement_constraints="<constraint1=value1, constraint2=value2...>"]
       [-member_constraints="<constraint1=value1, constraint2=value2>"]
       [-properties="<property1=value1, property2=value2>"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    作成するソフトウェア・プールの名前。

  • target_type

    ミドルウェア・プールの場合はmwaas_zone、データベース・プールの場合はoracle_cloud_zone、スキーマ・プールの場合はschaas_poolなど、作成するソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

  • paas_zone

    ソフトウェア・プールを作成するPaaSインフラストラクチャ・ゾーンの名前。

  • members

    ソフトウェア・プールのメンバーとして追加するターゲットのカンマ区切りのリスト。追加するターゲットは、指定したメンバー制約を満たしている必要があります。

  • description

    ソフトウェア・プールの説明。

  • placement_constraints

    セルフ・サービス管理者がリソース使用率の上限を設定できるようにする配置制約のカンマ区切りのキー値ペア。これにより、リソース使用量の観点からソフトウェア・プールのメンバーを保護できます。たとえば、本番ソフトウェア・プールにより厳密な制約を課す一方で、開発用ソフトウェア・プールにはより寛大な制約を課すといったことが可能です。

  • member_constraints

    ソフトウェア・プールへのメンバー・ターゲットの追加を設定基準で制限するカンマ区切りのキー値ペア。emcli get_pool_allowed_member_constraints -target_type=<Target type>を実行し、プール・ターゲット・タイプの許可されている可能なメンバー制約のリストを取得します。

  • properties

    プール・ターゲット・タイプに基づいて指定する必要がある追加のプロパティ用のカンマ区切りのキー値ペア。

次の例では、My Poolソフトウェア・プールを作成します。

emcli create_pool
       -name="My Pool"
       -target_type="mwaas_zone"
       -paas_zone="My PaaS Zone"
       -members="MyMember"
       -description="This is a test Pool"
       -placement_constraints="MAX_INSTANCES=20"
       -member_constraints="VERSION=10.3.5.0"

create_pluggable_database

プラガブル・データベースを作成します。

書式

emcli create_pluggable_database
-cdbTargetName="CDB_target_name"
-cdbTargetType="CDB_target_type"
-cdbHostCreds="CDB_host_credentials"
-pdbName="new_PDB_name"
-sourceType="DEFAULT|UNPLUGGED_PDB|CLONE"
[-cdbTargetCreds="CDB_target_credentials"]
[-numOfPdbs="number_of_PDBs"]
[-sourceFromSWLIB="Source_from_software_library"]
[-pdbTemplateInSWLIB="URN_of_PDB_template_component"]
[-sourcePDBTempStagingLocation="source_PDB_temporary_staging_location"]
[-unpluggedPDBType="unplugged_PDB_type"]
[-sourcePDBArchiveLocation="source_PDB_archive_location"]
[-sourcePDBMetadataFile="source_PDB_metadata_file"]
[-sourcePDBDatabackup="source_PDB_data_backup"]
[-sourcePDBName="source_PDB_name"]
[-sourceCDBCreds="source_CDB_credentials"]
[-pdbAdminCreds="PDB_admin_crednentials"]
[-useOMF="use_OMF_location"]
[-sameAsSource="store_data_files_in_same_location_as_source_CDB"]
[-newPDBFileLocation="storage_location_for_data_files_of_created_PDB."]
[-createAsClone="create_PDB_as_clone"]
[-lockAllUsers="locks_PDB users_of_new_PDB."]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • cdbTargetName

    設定の名前。

  • cdbTargetType

    作成する設定のタイプ。

  • cdbHostCreds

    パラメータ値。次のいずれかのパラメータを選択します。

  • pdbName

    指定した名前で、名前と値のペアの間に挿入するデリミタ。デフォルト値はセミコロン(;)です。

  • sourceType

    指定した名前で、名前と値の各ペアにおいて名前と値の間に挿入するセパレータ。デフォルト値はセミコロン(;)です。

例1

emcli create_pluggable_database -cdbTargetName=database -cdbTargetType=oracle_database 
-pdbName=pdb -sourceType=UNPLUGGED_PDB -unpluggedPDBType=ARCHIVE 
-sourcePDBArchiveLocation=/u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_2/assistants/dbca/templates/a.tar.gz
-cdbHostCreds=HOST_CREDS -cdbTargetCreds=DBSNMP -newPDBFileLocation=/u01/app/oradata/pdb 
-pdbAdminCreds=pdb_creds -lockAllUsers

例2

emcli create_pluggable_database -cdbTargetName=database 
-cdbTargetType=oracle_database -pdbName=pdb -numOfPdbs=2 -sourceType=UNPLUGGED_PDB -unpluggedPDBType=RMAN -sourcePDBMetadataFile=/u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_2/assistants/dbca/templates/a.xml -sourcePDBDatabackup=/u01/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_2/assistants/dbca/templates/a.dfb -cdbHostCreds=HOST_CREDS -cdbTargetCreds=DBSNMP -newPDBFileLocation=/u01/app/oradata/pdb -pdbAdminCreds=pdb_creds -createAsClone

create_privilege_delegation_setting

権限委任設定テンプレートを作成し、後で適用します。1つ以上の設定を作成してapply_privilege_delegation_setting Verbを使用する必要があります。

コマンドライン形式

 emcli create_privilege_delegation_setting
         -setting_name="name"
         -setting_type="ttype"
         [-settings="setting"]
         [-separator=settings=";"]
         [-subseparator=settings=","]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

 create_privilege_delegation_setting
         (setting_name="name"
         ,setting_type="ttype"
         [,settings="setting"]
         [,separator=settings=";"]
         [,subseparator=settings=","])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • setting_name

    権限委任設定テンプレートの名前。

  • setting_type

    作成する設定のタイプ。

  • settings

    パラメータ値。次のいずれかのパラメータを選択します。

    %USERNAME% - コマンドを実行するユーザーの名前。
    %RUNAS% - このユーザーとしてコマンドを実行。
    %COMMAND% - sudoコマンド。

    %USER%、%RUNAS%、%COMMAND%は、権限委任設定を作成または変更する際にエンドユーザーがそのまま使用する必要があるトークンです。これらのトークンは、実行されているコマンドに応じて、実行時にユーザー用に実際の値に置き換わります。また、%command%は、10.2.0.5 GCでは大文字(%COMMAND%)にします。

  • separator

    指定した名前で、名前と値のペアの間に挿入するデリミタ。デフォルト値はセミコロン(;)です。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • subseparator

    指定した名前で、名前と値の各ペアにおいて名前と値の間に挿入するセパレータ。デフォルト値はセミコロン(;)です。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

これらの例では、sudo_settingという名前の設定を作成します。設定のタイプはSUDOで、使用するsudoパスは/usr/local/bin/sudoです。sudo引数は次のとおりです。

-S
-u
%RUNAS%
%COMMAND%

例1 - コマンドライン形式

emcli create_privilege_delegation_setting
      -setting_name=sudo_setting
      -setting_type=SUDO
      -settings="SETTINGS:/usr/local/bin/sudo -S -u %RUNAS% %COMMAND%"

例2 - スクリプトおよび対話形式

create_privilege_delegation_setting
       (setting_name="sudo_setting", 
        setting_type="SUDO", 
        settings="SETTINGS:/usr/local/bin/sudo -S -u %RUNAS% %COMMAND%")

これらの例では、pb_settingという名前の設定を作成します。この設定のタイプはPOWERBROKERで、使用されるPowerBrokerパスは/etc/pbrunです。引数は次のとおりです。

%RUNAS%
%PROFILE%
%COMMAND%

例3 - コマンドライン形式

emcli create_privilege_delegation_setting
      -setting_name="pb_setting"
      -setting_type="POWERBROKER"
      -settings="SETTINGS,/etc/pbrun %RUNAS% %PROFILE% %COMMAND%"
      -separator="settings=;"
      -subseparator="settings=,"

例4 - スクリプトおよび対話形式

create_privilege_delegation_setting
      (setting_name=pb_setting
      ,setting_type=POWERBROKER
      ,settings="SETTINGS,/etc/pbrun %RUNAS% %PROFILE% %COMMAND%"
      ,separator="settings=;"
      ,subseparator="settings=,")

これらの例は、例3および4に似ていますが、さらにPASSWORD_PROMPT_STRINGとパスワードも追加しています。

例5 - コマンドライン形式

emcli create_privilege_delegation_setting
      -setting_name="pb_setting"
      -setting_type="POWERBROKER"
      -settings="SETTINGS,/etc/pbrun %RUNAS% %PROFILE% %COMMAND%";
       PASSWORD_PROMPT_STRING,password:"
      -separator="settings=;"
      -subseparator="settings=,"

例5 - スクリプトおよび対話形式

create_privilege_delegation_setting
      (setting_name=pb_setting
      ,setting_type=POWERBROKER
      ,settings="SETTINGS,/etc/pbrun %RUNAS% %PROFILE% %COMMAND%";
       PASSWORD_PROMPT_STRING,password:"
      ,separator="settings=;"
      ,subseparator="settings=,")

create_rbk

指定したターゲットに遡及ブラックアウトを作成し、その可用性を更新します。ターゲットのOPERATORの権限を持つEnterprise Manager管理者のみが、このアクションを実行できます。このコマンドを使用するには、ユーザー・インタフェースで遡及ブラックアウト機能を有効にする必要があります。

書式

emcli create_rbk 
  -reason="<blackout_reason>"
  -add_targets="name1:type1;name2:type2;..."  
  -schedule="start_time:<yyyy-MM-dd HH:mm:ss>;end_time:<yyyy-MM-dd
HH:mm:ss>;[tzregion:<timezone_region>;]" [-propagate_targets] [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • reason

    遡及ブラックアウト用に格納する理由。(Enterprise Managerのスーパー管理者で)SUPER_USER権限がある場合、理由には任意のテキスト文字列を使用できます。理由がリストにない場合、許容可能なブラックアウト理由のリストに追加されます。SUPER_USER権限がない場合、get_blackout_reasons Verbから返されるテキスト文字列の1つを指定する必要があります。

  • add_targets

    遡及ブラックアウトに追加するターゲット。各ターゲットは、
    target_name:target_typeで指定します。このオプションは、複数回指定できます。

  • schedule

    遡及ブラックアウトのスケジュール。遡及ブラックアウト・スケジュールを提供するためには、次の引数は必須です。

    • schedule=start_time: ブラックアウトの開始日/時間。この値の書式は、yyyy-MM-dd HH:mm:ssです。たとえば、2013-09-20 12:12:12です。

    • schedule=end_time: ブラックアウトの終了日/時間。この値の書式は、yyyy-MM-dd HH:mm:ssです。たとえば、2013-09-20 12:15:00です。

    • schedule=tzregion: 使用するタイムゾーン・リージョン。たとえば、UTCです。提供されていない場合、tzregionのデフォルトはUTCです。

  • propagate_targets

    タイプがhostのターゲットに対するブラックアウトは、そのホスト上のエージェント以外のすべてのターゲットに適用されます。このオプションが指定されているかどうかに関係なく、コンポジットまたはグループのターゲットに対するブラックアウトは、コンポジットまたはグループのすべてのメンバーに適用されます。

例1

この例では、Oemrep_Databaseに対して遡及ブラックアウトを作成し、ブラックアウトとしてターゲットの可用性レコードを2013-09-20 12:12:12 UTCから2013-09-20 12:15:00 UTCに更新します。

emcli create_rbk -reason="Testing" 
      -add_targets="Oemrep_Database:oracle_database"
      -schedule="start_time:2013-09-20 12:12:12;end_time:2013-09-20
12:15:00;tzregion:UTC"

例2

この例では、ホストexample.company.com上のすべてのターゲットの遡及ブラックアウトを作成し、ブラックアウトとしてその可用性レコードを2013-09-20 12:12:12 UTCから2013-09-20 12:15:00 UTCに更新します。

emcli create_rbk -reason="Testing" 
      -add_targets="example.company.com:host"
      -schedule="start_time:2013-09-20 12:12:12;end_time:2013-09-20 
12:15:00;tzregion:UTC" -propagate_targets

create_red_group

冗長性グループの名前とメンバーを定義します。冗長性グループの作成後、Enterprise Manager Cloud Controlコンソールから冗長性グループを編集し、冗長性グループ・メンバーに対して表示するグラフを構成できます。

書式

emcli create_red_group
      -name="name"
      [-type=<generic_redundancy_group>]
      -add_targets="name1:type1;name2:type2;..."...
      [-owner=<redundancy_group_owner>]
      [-timezone_region=<actual_timezone_region>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    冗長性グループの名前。

  • type

    冗長性グループのタイプ。デフォルトはgeneric_redundancy_groupです。

  • add_targets

    既存のターゲットを冗長性グループに追加します。各ターゲットは、名前と値のペアtarget_name:target_typeで指定します。このオプションは、複数回指定できます。

  • owner

    冗長性グループの所有者。

  • timezone_region

    この冗長性グループのタイムゾーン・リージョン。

この例では、lsnr_groupという名前の冗長性グループを作成します。このグループは、2つのOracleリスナーemp_recpayrollで構成されています。

emcli create_red_group -name=lsnr_group
      -add_targets="emp_rec:oracle_listener"
      -add_targets="payroll:oracle_listener"

create_redundancy_group

冗長性グループを作成します。

書式

 emcli create_redundancy_group        -redundancyGroupName="redGrpName"        -memberTargetType="tType"        -memberTargetNames="tName1;tName2"        [-group_status_criterion=NUMBER|PERCENTAGE]        [-group_status_tracked=UP|DOWN]        [-group_status_value=<group_status_value>]        [-timezone_region=<valid_time_zone_region>]
        [is_propagating=true|false]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • redundancyGroupName

    冗長性グループの名前。

  • memberTargetType

    構成メンバー・ターゲットのターゲット・タイプ。

  • memberTargetNames

    この冗長性グループのメンバー・ターゲット。

  • group_status_criterion

    このパラメータと次の2つのパラメータで、冗長性グループのステータスを計算します。したがって、3つのオプションをすべて指定する必要があります。キャパシティ・グループではない場合、次の組合せを指定する必要があります。

    -group_status_criterion='NUMBER' -group_status_tracked='UP' -group_status_value='1']
    
  • group_status_tracked

    前述のパラメータを参照してください。

  • group_status_value

    group_status_criterionパラメータを参照してください。

    -group_status_criterion= "PERCENTAGE"の場合、1から100の任意の値を指定できます。-group_status_criterion="NUMBER"の場合、1以上で、存在する
    ターゲットの数以下の任意の値を指定できます。

  • timezone_region

    この冗長性グループのタイムゾーン・リージョン。有効なタイムゾーン・リージョンのリストを確認するには、SQLPLUSで次のコマンドを入力してください。

    SELECT TZNAME FROM V$TIMEZONE_NAMES
    

    このコマンドを実行するには、SELECT_CATALOG_ROLEロールが必要なことがあります。

  • is_propagating

    冗長性グループに対する権限をメンバー・ターゲットに伝播するかどうかを示します。デフォルト値はfalseです。

例1

この例では、メンバー・ターゲットとしてlistener、listener2、listener3を保持するredGrp1という名前の冗長性グループを作成します。ステータスは、メンバー・ターゲットの55%が実行中の場合に冗長性グループが稼働しているものとして計算されます。

    emcli create_redundancy_group -redundancyGroupName='redGrp1'          -memberTargetType='oracle_listener'          -memberTargetNames='listener;listener2;listener3'          -group_status_criterion='PERCENTAGE'          -group_status_tracked='UP'          -group_status_value='55'

例2

この例では、PST8PDTというタイムゾーンでメンバー・ターゲットとしてlistener、listener2、listener3を保持するredGrp1という名前の冗長性グループを作成します。ステータスは、メンバー・ターゲットの2つが実行中の場合に冗長性グループが稼働しているものとして計算されます。

emcli create_redundancy_group -redundancyGroupName='redGrp1'
          -memberTargetType='oracle_listener'
          -memberTargetNames='listener;listener2;listener3'
          -timezone_region='PST8PDT'
          -group_status_criterion='NUMBER'
          -group_status_tracked='UP'
          -group_status_value='2'

create_resolution_state

インシデントまたは問題の状態を記述する新規解決状態を作成します。スーパー管理者のみがこのコマンドを実行できます。新しい状態は常に、「新規」と「クローズ済」の状態の間に追加されます。positionオプションを使用して、状態のリスト全体におけるこの状態の正確な位置を指定する必要があります。指定できる位置は、2と98の間です。

この状態は、デフォルトでインシデントと問題の両方に適用されます。applies_toオプションを使用すると、状態をインシデントと問題のいずれかのみに適用する指定が可能です。コマンドに成功すると、成功メッセージが報告されます。作成に失敗した場合にはエラー・メッセージが報告されます。

書式

emcli create_resolution_state
      -label="label_for_display"
      -position="display_position"
       [-applies_to="INC|PBLM"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • label

    エンドユーザーに表示される状態のラベル。ラベルは32文字以下です。必要に応じて、これを後で変更できます。

  • position

    状態のリスト全体におけるこの状態の位置。ユーザー・インタフェースの状態のリストを表示する際に使用します。指定できる位置は、2と98の間です。必要に応じて、後で状態の位置を変更できます。

    状態を簡単に移動できるように、位置は十分な間隔をおいて設定することをお薦めします。たとえば、2、3、4ではなく5、10、15に位置を設定します。こうすれば位置15から9のように状態を簡単に移動できますが、後者と比べると、前者の場合には順序を変更する余地を空けるために、すべての状態を移動しなければならないからです。

  • applies_to

    状態をインシデントと問題のいずれかのみに適用するように指定します。デフォルトでは、状態はインシデントと問題の両方に適用されます。サポートされている値は、INCまたはPBLMです。

例1

この例では、位置25でインシデントと問題の両方に適用する解決状態を追加します。

emcli create_resolution_state -label="Waiting for Ticket" -position=25

例2

この例では、位置35で問題のみに適用する解決状態を追加します。

emcli create_resolution_state -label="Waiting for SR" -position=35 -applies_to=PBLM

create_role

新しいEnterprise Manager管理者ロールを作成します。

コマンドライン形式

emcli create_role
        -name="role_name"
        [-type="type_of_role"]
        [-description="description"]
        [-roles="role1;role2;..."]
        [-users="user1;user2;..."]
        [-privilege="name[;secure_resource_details]]"
        [-separator=privilege="sep_string"]
        [-subseparator=privilege="subsep_string"]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

create_role
        (name="role_name"
        [,type="type_of_role"]
        [,description="description"]
        [,roles="role1;role2;..."]
        [,users="user1;user2;..."]
        [,privilege="name[;secure_resource_details]]"
        [,separator=privilege="sep_string"]
        [,subseparator=privilege="subsep_string"])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ロール名。

  • type

    ロールのタイプ。このパラメータのデフォルト値はEM_ROLEです。設定可能な別の値はEXTERNAL_ROLEです。

  • description

    ロールの説明。

  • roles

    この新しいロールに割り当てるロールのリスト。現在、組込みロールはPUBLICのみです。

  • users

    ロールを割り当てるユーザーのリスト。

  • privilege

    このロールに与える権限。このオプションは、複数回指定できます。
    注意: 権限では大文字と小文字が区別されません。

    secure_resource_detailsは次のように指定します。

    resource_guid|[resource_column_name1=resource_column_value1[:resource_column_name2=resource_column_value2]..]"
    
  • separator

    privilegeオプションの値で、名前と値のペアを区切る文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタは「;」です。

  • subseparator

    privilegeオプションの値で、各名前と値のペアの名前と値を区別する文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタは「;」です。

この例では、「This is a new role called my_new_role」という1文の説明付きの、my_new_roleという名前のロールを作成します。ロールは、既存の3つのロール(role1role2role3)を組み合せたものです。ロールには、ID 923470234ABCDFE23018494753091111のジョブを表示する権限とターゲットhost1.example.com:hostを表示する権限の2つの権限が追加されています。ロールは、johndoejanedoeに付与されます。

例1 - コマンドライン形式

emcli create_role
      -name="my_new_role"
      -desc="This is a new role called my_new_role"
      -roles="role1;role2;role3"
      -privilege="view_job;923470234ABCDFE23018494753091111"
      -privilege="view_target;host1.example.com:host"
      -users="johndoe;janedoe"

例2 - スクリプトおよび対話形式

create_role
      (name="my_new_role"
      ,desc="This is a new role called my_new_role"
      ,roles="role1;role2;role3"
      ,privilege="view_job;923470234ABCDFE23018494753091111"
      ,privilege="view_target;host1.example.com:host"
      ,users="johndoe;janedoe")

この例では、ロール・タイプはEXTERNAL_ROLEで、「This is an external role.」という1文の説明付きのmy_external_roleという名前のロールを作成します。

例3 - コマンドライン形式

emcli create_role
      -name="my_external_role"
      -type="EXTERNAL_ROLE"
      -desc="This is an external role"

例4 - スクリプトおよび対話形式

create_role
      (name="my_external_role"
      ,type="EXTERNAL_ROLE"
      ,desc="This is an external role")

create_service

Enterprise Managerによって監視されるサービスを追加します。

書式

emcli create_service
      -name='name'
      -type='type'
      -availType=test|system
      -availOp=and|or
      [-hostName=<host_name>
      [-agentURL=<agent_url>
      [-properties='pname1|pval1;pname2|pval2;...']
      [-timezone_region=<gmt_offset>]
      [-systemname=<system_name>]
      [-systemtype=<system_type>]
      [-keycomponents='keycomp1name:keycomp1type;keycomp2name:keycomp2type;...']
      [-beacons='bcn1name:bcn1isKey;bcn2name:bcn2isKey;...']
      [-input_file="template:Template file name]"]
      [-input_file="variables:Variable file name]"]
      [-sysAvailType=<availability_type>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    サービス名。名前には、コロン(:)、セミコロン(;)、先行または後続の空白を使用できません。

  • type

    サービス・タイプ。

  • availType

    可用性をテストベースまたはシステムベースに設定します。可用性をtestに設定すると、テンプレート・ファイル、ビーコン、変数を引数として指定する必要があります。可用性をsystemに設定すると、systemname、systemtypeおよびkeycomponentsを指定する必要があります。

  • availOp

    可用性の演算子。andの場合、すべてのキー・テストとコンポーネントを使用して、可用性を判断します。orの場合、いずれかのキー・テストとコンポーネントを使用して、可用性を判断します。

  • hostName

    このターゲット・インスタンスのデータを収集する管理エージェントを実行しているシステムのネットワーク名。

  • agentURL

    このターゲット・インスタンス用のデータを収集する管理エージェントのURL。ホスト名を入力すると、このフィールドにはホストのエージェントURLが自動的に入力されます。

  • properties

    サービス・インスタンスのプロパティの名前と値のペア(prop_name:prop_valueなど)のリスト。

  • timezone_region

    このターゲット・インスタンスのGMTオフセット(-7または-04:00の書式を使用)。

  • systemname

    サービスが存在しているシステムの名前。

  • systemtype

    サービスを作成するシステムのタイプ。

  • keycomponents

    サービスに使用されているシステムのキー・コンポーネントの名前とタイプのペア(keycomp_name:keycomp_typeなど)のリスト。

  • beacons

    サービスのビーコンを説明する名前とisKeyのペア。isKeyがYに設定されている場合、ビーコンはサービスのキー・ビーコンとして設定されます。可用性をテストベースに設定した場合、サービスには、少なくとも1つのキー・ビーコンが必要です。

  • input_file

    テンプレート・ファイル名は、テンプレート定義を含むXMLファイルです。変数ファイルでは、テンプレートの値を定義します。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • sysAvailType

    availTypeがシステムベースの場合の可用性のタイプ。可用性にsystem target directlyまたはselected components of a systemのいずれかを設定します。

    可用性にsystem target directlyが設定されている場合、システムに可用性(ステータス)が定義されている必要があります。systemnameとsystemtypeは設定が必要なパラメータです。

    可用性がselected components of a systemに設定されている場合、systemname、systemtypeおよびkeycomponentsは設定が必要なパラメータです。

    可用性にsystem target directlyが設定されている場合で、システムに可用性(ステータス)が定義されていない場合、可用性セットは無効です。したがって、設定可能なオプションは、selected components of a systemです。

例1

この例では、my_systemという名前の汎用システムで、指定されたプロパティを持つmy_serviceという名前の汎用サービスを作成します。可用性はシステムベースに設定されていて、可用性はシステム・ターゲット・ステータスに基づいています。

emcli create_service
      -name='my service' -type='generic_service' 
      -availType='system' -availOp='or' 
                        -sysAvailType='system target directly'
      -properties='prop1:value1; prop2:value2'
      -timezone_region='PST8PDT'
      -systemname='my system' -systemtype='generic_system'

例2

この例では、指定したキー・コンポーネントを備えたmy systemという汎用システムで、指定したプロパティを持つmy_serviceという汎用サービスを作成します。可用性はシステムベースに設定されます。

emcli create_service
      -name='my_service' -type='generic_service'
      -availType='system' -availOp='or'
      -properties='prop1:value1; prop2:value2'
      -timezone_region='PST8PDT'
      -systemname='my system' -systemtype='generic_system'
      -keycomponents='database:oracle_database; mytestbeacon:oracle_beacon'

例3

この例では、mytests.xmlに定義されたテスト、キー・ビーコンに設定されたビーコンMyBeacon、および非キー・ビーコンに設定されたMyOtherBeaconを含む、指定したプロパティを持つmy_serviceという汎用サービスを作成します。可用性はテストベースに設定されます。

emcli create_service
      -name='my_service' -type='generic_service'
      -availType='test' -availOp='or'
      -properties='prop1:value1; prop2:value2'
      -timezone_region='PST8PDT'
      -input_file='template:mytests.xml'
      -beacons='MyBeacon:Y;MyOtherBeacon:N'

create_service_template

サービス・テンプレートを作成します。

書式

emcli create_service_template
       -name="<service template>"
       -service_family="<service family>"
       -service_type="<service type>"]
       -pool_target_type="target type of software pools" 
       -software_pools="<SwPool1,SwPool2,SwPool3,...>"
       [-roles="<SsaRole1,SsaRole2,..>"]
       [-description="<service template description>"]
       [-input_file="data:<service executable metadata file>"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    作成するサービス・テンプレートの名前。

  • service_family

    データベースの場合はDBAAS、ミドルウェアの場合はMWAASなど、サービス・テンプレートが作成されるサービス・ファミリ。

  • service_type

    物理ミドルウェア・サービス・テンプレートの場合はPhysicalWLSなど、サービス・テンプレートが作成されるサービス・タイプ。

  • pool_target_type

    サービス・テンプレートに関連付けるソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

  • software_pools

    このサービス・テンプレートに関連付けるソフトウェア・プールのカンマ区切りのリスト。

  • roles

    このサービス・テンプレートにアクセスできるSSAロールのカンマ区切りのリスト。サービス・テンプレートは、ロールを使用することで、限定されたユーザーに対して使用可能にできます。SSAロールは、このEM CLIコマンドを実行する前にすでに作成されている必要があります。

  • description

    サービス・テンプレートの説明です。

  • input_file

    プロシージャ構成変数の値を設定するために必要なJSON形式での構成およびプロファイル・データを含みます。次に例を示します。

    input_file="data:executable.json"
    

この例では、サービス・テンプレートMy Service Templateを作成します。

emcli create_service_template
       -name="Middleware service template August"
       -service_family="MWAAS"
       -service_type="PhysicalWLS"
       -pool_target_type="mwaas_zone"
       -software_pools="MyPoolOH"
       -roles="SSA_USER_ROLE"
       -description="Middleware small instance service template."
       -input_file="data:executable.json"

create_siteguard_configuration

Site Guardのサイト構成を作成します。システムおよびロールを関連付けます。

書式

emcli create_siteguard_configuration
      -primary_system_name=<name>
      -standby_system_name=<name1;name2;...>

パラメータ

  • primary_system_name

    プライマリ・サイトに関連付けられるシステムの名前。

  • standby_system_name

    スタンバイ・システムに関連付けられるシステムの名前。複数のシステム名を指定できます。

emcli create_siteguard_configuration
      -primary_system_name="BISystem1"
      -standby_system_name="BISystem2"

関連項目

update_siteguard_configuration

delete_siteguard_configuration

create_siteguard_credential_association

資格証明をサイト内のターゲットに関連付けます。

書式

emcli create_siteguard_credential_association
      -system_name=<name>
      [-target_name=<name>]
      -credential_type=<type>
      [-credential_name=<name>]
      [-use_preferred_credential=<type>]
      -credential_owner=<owner>

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • system_name

    システムの名前。

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • credential_type

    資格証明のタイプ。HostNormal、HostPrivileged、WLSAdminまたはDatabaseSysdbaのいずれかです。

  • credential_name

    資格証明の名前。このパラメータを指定しない場合、use_preferred_credentialパラメータを指定する必要があります。

  • use_preferred_credential

    資格証明の名前。このパラメータを指定しない場合、credential_nameパラメータを指定する必要があります。

  • credential_owner

    資格証明の所有者。

例1

emcli create_siteguard_credential_association
      -system_name="BISystem1"
      -credential_type="HostNormal"
      -credential_name="HOST-SGCRED"
      -credential_owner="sysman"

例2

emcli create_siteguard_credential_association
      -system_name="BIsystem1"
      -target_name="database-instance"
      -credential_type="HostNormal"
      -credential_name="HOST-DBCRED"
      -credential_owner="sysman"

create_siteguard_script

スクリプト(前処理スクリプト、後処理スクリプトおよびストレージ・スクリプト)をSiteGuard構成に関連付けます。

書式

emcli create_siteguard_script
      -system_name=<name>
      -operation=<name>
      -script_type=<type>
      [-host_name=[<name1;name2;...>]
      -path=<path_of_script>
      [-all_hosts=true|false]
      [-role=Primary|Standby]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • system_name

    システムの名前。

  • operation

    操作の名前。例: Switchover、Failover、StartまたはStop。

  • script_type

    スクリプトのタイプ。Mount、UnMount、Pre-Script、Post-Script、FailoverまたはSwitchoverのいずれかです。

  • host_name

    このスクリプトが実行されるホストの名前。このオプションは、複数回指定できます。

  • path

    スクリプトのパス。

  • all_hosts

    スクリプトを、システム内のすべてのホストで実行できるようにします。このパラメータは、host_nameを無視します。

  • role

    システム・ロールに基づいたスクリプトを構成します。デフォルトでは、スクリプトは、特定のシステムのプライマリ・ロールおよびスタンバイ・ロールの両方に対して構成されます。

例1

emcli create_siteguard_script
      -system_name="BISystem1"
      -operation="Switchover"
      -script_type="Pre-Script"
      -path="/tmp/prescript"
      -all_hosts="true"
      -role="Primary"

例2

emcli create_siteguard_script
      -system_name="BISystem1"
      -operation="Switchover"
      -script_type="Pre-Script"
      -path="/tmp/prescript"
      -host_name="BIHOST1"
      -host_name="BIHOST2"

create_swlib_entity

ソフトウェア・ライブラリにエンティティを作成します。作成に成功すると、エンティティのリビジョンがソフトウェア・ライブラリのホームページの指定したフォルダに表示されます。

書式

emcli create_swlib_entity 
      -name="entity_name" 
      -folder_id="folder_id" 
      [-type]="type_internal_id"] 
      [-subtype]="subtype_internal_id"] 
      [-desc="entity_desc"] 
      [-attr="<attr_name>:<attr value>"] 
      [-prop="<prop_name>:<prop value>"] 
      [-secret_prop="<secret_prop_name>:<secret_prop=_value>"] 
      [-note="note_text"] 

[ ] indicates that the parameter is optionalis optional

パラメータ

  • name

    エンティティの名前。

  • folder_id

    エンティティが作成されるフォルダの識別子。ソフトウェア・ライブラリ・ホームページには、フォルダとエンティティの識別子がカスタム列(内部ID)として表示されます。これらはデフォルトでは非表示です。

  • type

    タイプを特定するには、list_swlib_entity_types verbを使用します。

  • subtype

    エンティティ・サブタイプの内部識別子。タイプがComponentの場合、デフォルトはGeneric Componentサブタイプです。サブタイプを特定するには、list_swlib_entity_types Verbを使用します。

  • desc

    エンティティの説明。

  • attr

    コロン(:)で区切られた属性とその値。複数の属性に値を指定するには、このオプションを繰り返し指定します。

  • prop

    コロン(:)で区切られた構成プロパティとその値。複数のプロパティに値を指定するには、このオプションを繰り返し指定します。

  • secret_prop

    コロン(:)で区切られた構成プロパティとそのシークレット値。コマンドラインでシークレット値を指定しないことをお薦めします。コマンドラインで指定しない場合、値を入力するように要求されます。複数のプロパティに値を指定するには、このオプションを繰り返し指定します。

  • note

    エンティティについてのメモ。複数のメモを指定するには、このオプションを繰り返し指定します。

例1

この例では、指定したフォルダにmyAcmeInstallという名前のエンティティを作成します。エンティティのタイプはComponentで、サブタイプがデフォルトのGeneric Componentです。フォルダ識別子の値はソフトウェア・ライブラリのホームページで確認できます。ソフトウェア・ライブラリ・ホームページには、フォルダとエンティティの識別子がカスタム列(内部ID)として表示されます。これらはデフォルトでは非表示です。

emcli create_swlib_entity 
      -name="myAcmeInstall" 
      -folder_id=
"oracle:defaultService:em:provisioning:1:cat:B13B3B7B086458CFE040E80A19AA560C"

例2

この例では、指定したフォルダに、説明を指定してmyAcmeInstallという名前のエンティティを作成します。エンティティのタイプはComponentで、サブタイプがデフォルトのGeneric Componentです。エンティティの属性の値は、PRODUCT、PRODUCT_VERSIONおよびVENDORが指定されています。DEFAULT_HOMEという名前の構成プロパティの値が指定されています。エンティティについてのメモも指定されています。新しく作成されたエンティティ・リビジョンの識別子が標準出力で印刷されます。

emcli create_swlib_entity 
      -name="myAcmeInstall" 
      -folder_id=
"oracle:defaultService:em:provisioning:1:cat:B13B3B7B086458CFE040E80A19AA560C" -desc="myAcmeInstall description" -attr="PRODUCT:Acme" -attr="PRODUCT_VERSION:3.0" -attr="VENDOR:Acme Corp" -prop="DEFAULT_HOME:/u01/acme3/" -note="myAcmeInstall for test servers"

create_swlib_folder

ソフトウェア・ライブラリにフォルダを作成します。

書式

emcli create_swlib_folder 
      -name="folder_name" 
      -parent_id="parent_folder_id" 
      [-desc="folder_description"] 

[ ] indicates that the parameter is optionalis optional

パラメータ

  • name

    フォルダの名前。

  • parent_id

    フォルダが作成される親フォルダの識別子。ルート・フォルダにフォルダを作成するには、親フォルダの識別子をROOTとして指定します。ソフトウェア・ライブラリ・ホームページには、フォルダとエンティティの識別子がカスタム列(内部ID)として表示されます。これらはデフォルトでは非表示です。

  • desc

    フォルダの説明。

この例では、指定した親フォルダにmyFolderという名前のフォルダを作成します。

emcli create_swlib_folder
       -name="myFolder"
       -parent_id=
"oracle:defaultService:em:provisioning:1:cat:B13B3B7B086458CFE040E80A19AA560C" -desc="myFolder description"

create_system

システムの名前とメンバーを定義します。システムの作成後、Enterprise Manager Cloud Controlコンソールからシステムを編集し、システム・メンバーに対して表示するグラフを構成できます。

書式

emcli create_system
      -name="name"
      [-type=<system>]
      [-add_members="name1:type1:key_member/non_key_member;name2:type2;..."]...
      [-separator=add_members="sep_value"]
      [-subseparator=add_members="subsep_value"]
      -timezone_region="actual_timezone_region"
      [-owner="owner"]
      [-meta_ver="meta_version_of_system_type"]
      [-is_propagating="true|false"]
      [-availability_type="ALL|ANY"]

[ ] indicates that the parameter is optionalis optional

パラメータ

  • name

    システムの名前。

  • type

    システム・タイプ(generic_system)。デフォルトはgeneric_systemです。

  • add_members

    既存のターゲットをシステムに追加します。各ターゲットは、名前と値のペアtarget_name:target_typeで指定します。このオプションは複数回指定できます。
    key_memberでは、このターゲットはシステムの可用性計算の一部であることを指定します。

  • separator

    指定した引数の名前と値のペアのセパレータ。

  • subseparator

    指定した引数の名前と値を区切ります。

  • timezone_region

    実際のタイムゾーン・リージョン。

  • owner

    システムの所有者。

  • meta_ver

    システム・タイプのメタ・バージョン。デフォルトは1.0です。

  • is_propagating

    システムに対する権限をメンバー・ターゲットに伝播するかどうかを示すフラグ。デフォルト値はfalseです。

  • availability_type

    システムの可用性計算方法。key_memberが定義されている場合、
    これを定義する必要があります。ALLは、システムを稼働中としてマークするためにすべてのキー・メンバーが稼働中である必要があることを示します。ANYは、システムを稼働中としてマークするために少なくとも1つのキー・メンバーが稼働中である必要があることを示します。

例1

この例では、下位互換性があるdb_systemという名前の汎用システムを作成します。このシステムは、2つのOracleデータベースemp_recpayrollで構成されています。このシステムの所有者はuser1です。システム・タイプのメタ・バージョンは3.0です。

emcli create_system -name=db_system
      -add_members="emp_rec:oracle_database"
      -add_members="payroll:oracle_database"
      -timezone_region="PST8PDT"
      -owner="user1"

例2

この例では、Oracle Database(database2)、リスナー(dblistener)、ホスト(mymachine.myco.com)で構成されるmy_systemという名前の汎用システムを作成します。このシステムの所有者はログイン・ユーザーです。システム・タイプのメタ・バージョンは1.0です。この例は下位互換性をサポートしています。

emcli create_system -name=my_system
      -add_members="database2:oracle_database;dblistener:oracle_listener
      -add_members="mymachine.myco.com:host"
      -timezone_region="PST8PDT"

例3

この例では、db_system1という名前の汎用システムを作成します。このシステムは、2つのOracleデータベースemp_recとpayrollで構成されています。emp_recはシステムのキー・メンバーです。可用性計算方法は、キー・メンバーのいずれかが稼働していればシステムが稼働しているとみなされる方法です。システム・タイプのメタ・バージョンは3.0です。この例は、システムを作成するための推奨方法を示します。

emcli create_system -name=db_system1
      -add_members="emp_rec$oracle_database$key_member"
      -add_members="payroll$oracle_database"
      -subseparator=add_members="$"
      -timezone_region="PST8PDT"
      -availability_type="ANY"

create_udmmig_session

ユーザー定義メトリック(UDM)をターゲットのメトリック拡張に移行するセッションを作成します。

書式

emcli create_udmmig_session
      -name=<session_name>
      -desc=<session_description>
      [-udm_choice=<specific_udm_to_convert>]*
      {-target=<type:name_of_target_to_migrate> }* 
      | {-input_file=targetList:<complete_path_to_file>};
{-template=<template_name_to_update> }* | {-input_file=templateList:<complete_path_to_file>} [-allUdms] [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    作成する移行セッションの名前。

  • desc

    作成する移行セッションの説明。

  • udm_choice

    特定のUDMを移行する場合、指定します。指定しない場合、すべてのUDMが移行されます。

  • target

    更新するターゲットのタイプ名。複数の値を指定できます。

  • input_file=targetList

    1行に1つずつ、次の書式でターゲットのリストを含むファイル名を指定します。

    <targetType>:<targetName>
    

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • template

    更新する監視テンプレートの名前。複数の値を指定できます。

  • input_file=templateList

    1行に1つずつ、テンプレートのリストを含むファイル名を指定します。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • allUdms

    セッションがターゲットとテンプレートのすべてのUDMを含むように強制します。(デフォルトの動作では、セッションにないものが選択されます。)

例1

この例では、ターゲットtesthost上のhostudmというUDMを移行する、名前がhostsessionの新規セッションを作成します。

emcli create_udmmig_session 
      -name=hostsession -desc="Convert UDMs for Host Target"  
      -udm_choice=hostudm -target=host:testhost

例2

この例では、セッションに存在しないターゲットtesthost上のすべての未変換のUDMを移行する、名前がhostsessionの新規セッションを作成します。

emcli create_udmmig_session 
      -name=hostsession -desc="Convert UDMs for Host Target"
      -target=host:testhost -allUdms

create_user

新しいEnterprise Manager管理者を作成します。

コマンドライン形式

emcli create_user
        -name="name"
        -password="password"
        [-type="user_type"]
        [-roles="role1;role2;..."]
        [-email="email1;email2;..."]
        [-privilege="name[;secure-resource-details]]"
        [-separator=privilege="sep_string"]
        [-subseparator=privilege="subsep_string"]
        [-profile="profile_name"]
        [-desc="user_description"]
        [-expired="true|false"]
        [-prevent_change_password="true|false"]
        [-department="department_name"]
        [-cost_center="cost_center"]
        [-line_of_business="line_of_business"]
        [-contact="contact"]
        [-location="location"]
        [-input_file="arg_name:file_path"]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

emcli create_user
        (name="name"
        ,password="password"
        [,type="user_type"]
        [,roles="role1;role2;..."]
        [,email="email1;email2;..."]
        [,privilege="name[;secure-resource-details]]"
        [,separator=privilege="sep_string"]
        [,subseparator=privilege="subsep_string"]
        [,profile="profile_name"]
        [,desc="user_description"]
        [,expired="true|false"]
        [,prevent_change_password="true|false"]
        [,department="department_name"]
        [,cost_center="cost_center"]
        [,line_of_business="line_of_business"]
        [,contact="contact"]
        [,location="location"]
        [,input_file="arg_name:file_path"])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    管理者名。

  • password

    管理者のパスワード。

  • type

    ユーザーのタイプ。このパラメータのデフォルト値はEM_USERです。このパラメータで使用可能な値は、次のとおりです。

    • EM_USER

    • EXTERNAL_USER

    • DB_EXTERNAL_USER

  • roles

    この管理者に割り当てるロールのリスト。現在、組込みロールとしてPUBLICが含まれています。

  • email

    この管理者の電子メール・アドレスのリスト。

  • privilege

    この管理者に付与する権限。このオプションは、コマンドライン形式で複数回指定できます。元の管理者権限は取り消されます。<secure_resource_details>は次のように指定します。

    resource_guid|[resource_column_name1=resource_column_value1[:resource_column_name2=resource_column_value2]..]"
    

    リソース情報を必要としないシステム権限のリストを取得するには、get_supported_privilegesコマンドを実行します。

  • separator

    privilegeオプションの値で、名前と値のペアを区切る文字列デリミタを指定します。デフォルトのセパレータ・デリミタはセミコロン(;)です。

  • subseparator

    privilegeオプションの値で、各名前と値のペアの名前と値を区別する文字列デリミタを指定します。デフォルトのサブセパレータ・デリミタはコロン
    (:)です。

  • profile

    データベース・プロファイル名。デフォルトのプロファイル名としてDEFAULTを使用します。

  • desc

    追加されるユーザーに関するユーザー説明。

  • expired

    このオプションを使用すると、パスワード期限が即座に切れます。デフォルトはfalseです。

  • prevent_change_password

    trueに設定すると、独自のパスワードを変更できなくなります。デフォルトはfalseです。

  • department

    管理者の部署の名前。

  • cost_center

    組織内の管理者のコスト・センター。

  • line_of_business

    管理者の部門。

  • contact

    管理者の連絡先情報。

  • location

    管理者の場所。

  • input_file

    管理者が引数の値をファイルに指定できるようにします。値の書式は、name_of_argument:file_path_with_file_nameです。このオプションは、複数回指定できます。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

この例では、
new_adminという名前のEnterprise Manager管理者を作成します。この管理者には、ID 923470234ABCDFE23018494753091111のジョブを表示する権限とターゲットhost1.example.com:hostを表示する権限の2つの権限が追加されています。管理者new_adminには、PUBLICロールが付与されます。

例1 - コマンドライン形式

emcli create_user
      -name="new_admin"
      -password="oracle"
      -email="first.last@example.com;joe.shmoe@shmoeshop.com"
      -roles="public"
      -privilege="view_job;923470234ABCDFE23018494753091111"
      -privilege="view_target;host1.example.com:host"

例2 - スクリプトおよび対話形式

create_user
      (name="new_admin"
      ,password="oracle"
      ,email="first.last@example.com;joe.shmoe@shmoeshop.com"
      ,roles="public"
      ,privilege="view_job;923470234ABCDFE23018494753091111"
      ,privilege="view_target;host1.example.com:host")

これらの例では、SSOサーバーなどの外部ユーザー・ストアにすでに作成されているUser1をEnterprise Managerユーザーにします。priv_fileの内容はview_target;host1.example.com:hostです。User1にはhost1.example.com:hostターゲットの表示権限があります。

例3 - コマンドライン形式

emcli create_user
      -name="User1"
      -type="EXTERNAL_USER"
      -input_file="privilege:/home/user1/priv_file"

例4 - スクリプトおよび対話形式

create_user
      (name="User1"
      ,type="EXTERNAL_USER"
      ,input_file="privilege:/home/user1/priv_file")

これらの例では、User1をEnterprise Managerユーザーにし、ユーザーについての説明を指定し、パスワードを変更できないようにします。他のスーパー管理者のみがパスワードを変更できます。プロファイルはMGMT_ADMIN_USER_PROFILEとして設定されます。

例5 - コマンドライン形式

emcli create_user
      -name="User1"
      -desc="This is temp hire."
      -prevent_change_password="true"
      -profile="MGMT_ADMIN_USER_PROFILE"

例6 - スクリプトおよび対話形式

create_user
      (name="User1"
      ,desc="This is temp hire."
      ,prevent_change_password="true"
      ,profile="MGMT_ADMIN_USER_PROFILE")

これらの例では、User1をEnterprise Managerユーザーにし、ユーザーについての説明を指定し、即座にパスワードを期限切れにします。ユーザーは最初にログインすると、パスワードを変更する必要があります。

例7 - コマンドライン形式

emcli create_user
      -name="User1"
      -desc="This is temp hire."
      -expire="true"

例8 - スクリプトおよび対話形式

create_user
      (name="User1"
      ,desc="This is temp hire."
      ,expire="true")

これらの例では、User1をEnterprise Managerユーザーにし、管理者用に説明、部署名、コスト・センター、部門、連絡先および場所を指定します。

例9 - コマンドライン形式

emcli create_user
      -name="User1"
      -password="oracle"
      -desc="This is temp hire."
      -department="dept1"
      -cost_center="testCostCenter"
      -line_of_business="testLineOfBusiness"
      -contact="contact"
      -location="location"

例10 - スクリプトおよび対話形式

emcli create_user
      (name="User1"
      ,password="oracle"
      ,desc="This is temp hire."
      ,department="dept1"
      ,cost_center="testCostCenter"
      ,line_of_business="testLineOfBusiness"
      ,contact="contact"
      ,location="location")

data_transfer

ソースからターゲットへデータを転送します。

書式

emcli data_transfer        -inputFile="File containing properties required for transferring data"

パラメータ

  • inputFile

    データの転送に必要なプロパティを含むファイルの場所。このジョブに必要な必須プロパティは、次のとおりです。

    SOURCE_LOCATION = ソース・ホスト上のデータの場所。

    SRC_HOST = データを含むソース・ホスト。

    SRC_HOST_CREDS = データがあるホストの資格証明。ソース・ホストがOPC上にある場合、これはホストSSH資格証明にする必要があります。

    DEST_HOST = データのコピー先の宛先ホスト。

    DEST_HOST_CREDS = データのコピー先のホストの資格証明。資格証明ホストがOPC上にある場合、これはホストSSH資格証明にする必要があります。

    DEST_LOCATION = データのコピー先の宛先ホスト上の場所。

次の例では、データをソースから、data_transfer.propsファイルに含まれるターゲットに転送します。

emcli data_transfer 
      -input_file=data:/u01/files/data_transfer.props       

dbimport

データをエクスポート・ダンプから、指定したデータベース・ターゲットにインポートします。

書式

emcli dbimport       -inputFile="File containing properties for importing data to a database"

パラメータ

  • inputFile

    データをデータベースに転送するために必要なプロパティを含むファイルの場所。

次の例では、データをエクスポート・ダンプから、dbimport.propsファイルに指定されているデータベース・ターゲットにインポートします。

emcli dbimport 
      -inputFile=/u01/files/dbimport.props

db_cloud_maintenance

データベース・クラウド・メンテナンス・タスクを実行します。

db_cloud_maintenance -activateSoftware

プールの新しいソフトウェアをアクティブ化します。

書式

emcli db_cloud_maintenance -activateSoftware
       -pool_name= "pool_name" 
       -pool_type= "pool_type" l
       [-force= "force" ]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • pool_name

    プールの名前。

  • pool_type

    プールのタイプ。

  • force

    新しいメンバーを強制的にアクティブ化します。

次の例では、新しいメンバーを強制的にアクティブ化し、POOLという名前のOracle Cloud Zoneプールの新しいソフトウェアをアクティブ化します。

emcli db_cloud_maintenance -activateSoftware 
      -pool_name=POOL 
      -pool_type=oracle_cloud_zone 
      -force=true

db_cloud_maintenance -performOperation

指定されたプールの名前付き操作を実行します。

書式

emcli db_cloud_maintenance -performOperation
       -name= "name"
       -description= "description"
       -purpose= "purpose" 
       -pool_name= "pool_name"
       -pool_type= "pool_type" 
        [-start_schedule= "start_schedule"]
        [-end_schedule= "end_schedule" ]
        [-input_file= "data:input_file" ]
        [-target_type= "target_type" ]
        [-target_list= "target_list" ]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    操作の名前。

  • description

    操作の説明。

  • 目的

    操作の目的。

  • pool_name

    プールの名前。

  • pool_type

    プールのタイプ。

  • start_schedule

    スケジュールされた開始時刻。start_scheduleの書式は、yyyy-MM-dd HH:mm:ss(start_schedule="2013-11-11 12:15:30"など)です。デフォルトの開始時間は即時です。

  • end_schedule

    スケジュールされた終了時間。end_scheduleの書式は、yyyy-MM-dd HH:mm:ss(end_schedule="2014-11-11 22:30:00"など)です。デフォルトの終了時間は無期限です。

  • input_file

    メンテナンス・アクションの入力データ(input_file="data:~/input_files/dataなど)。

  • target_type

    デフォルトのターゲット・タイプは目的に基づいて識別されます。たとえば、目的がDEPLOY_DBである場合、デフォルトのターゲット・タイプはoracle_homeになります。

  • target_list

    ターゲットのカンマ区切りリスト。ターゲット・リストは、選択されているターゲット・タイプに基づいたエンティティのリストです。たとえば、target_type=rac_database target_listの場合、ターゲット・リストは"rac1.example.com,rac2.example.com"です。デフォルトのtarget_listは目的に基づいています。たとえば、目的がDEPLOY_DBである場合、デフォルトのターゲット・リストはプールに存在するOracleホームのリストになります。

次の例では、POOLという名前のOracle Cloud ZoneプールのRACデータベースの更新操作を実行します。

emcli -performOperation 
      -name="Update RAC Database " 
      -description="Update RAC database Instance" 
      -purpose="UPDATE_RACDB" 
      -start_schedule="start_time:2014/09/01 00:00" 
      -end_schedule="start_time:2014/09/01 13:00" 
      -pool_name="POOL NAME" 
      -pool_type=oracle_cloud_zone 
      -target_type=rac_database 
      -target_list="rac1.example.com" 

db_software_maintenance

データベース・ソフトウェア・メンテナンス・タスクを実行します。

db_software_maintenance -searchImage

指定されたフィルタに基づいてイメージを検索します。ワイルドカードは'%'を使用します。

書式

emcli db_software_maintenance -searchImage
      [-name_pattern= "name_pattern"]
      [-version_pattern= "version_pattern"]
      [-description_pattern= "description_pattern"]
      [-owner= "owner"]
      [-target_type= "target_type"]
      [-platform_id= "platform_id"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name_pattern

    名前のパターン。

  • version_pattern

    バージョンのパターン。

  • description_pattern

    説明のパターン。

  • version_pattern

    バージョンのパターン。

  • target_type

    ターゲット・タイプ。

  • platform_id

    プラットフォームID(Linux x86_64の226など)。

例1

次の例では、GIを含む名前のデータベース・イメージを検索します。

emcli db_software_maintenance -searchImage
      -name_pattern="%GI%"                

例2

次の例では、Linux x86_64プラットフォーム(プラットフォームID226)のデータベース・イメージを検索します。

emcli db_software_maintenance -searchImage 
-platform_id="226"

db_software_maintenance -updateVersionStatus

イメージのバージョン・ステータスを更新します。

書式

emcli db_software_maintenance -updateVersionStatus
      [-version_id= "version_id"]       -status= "status"

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • version_id

    バージョンID。

  • status

    DRAFT、ACTIVE、CURRENT、RESTRICTEDなどのバージョンのステータス。

次の例では、バージョンID 02A635AOD8D904A4E05362F3E40ADFD8のイメージのバージョンをCURRENTに更新します。

emcli db_software_maintenance -updateVersionStatus 
      -version_id=02A635AOD8D904A4E05362F3E40ADFD8 
      -status=CURRENT

db_software_maintenance -createVersion

既存のソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントを使用して既存のイメージの新しいバージョンを作成します。

書式

emcli db_software_maintenance -updateVersionStatus
      -version_name= "version_name"       -image_id= "image_id"       -external_id= "external_id"          -status= "status"  

パラメータ

  • version_name

    バージョンの名前。

  • image_id

    イメージのID。

  • external_id

    バージョンの外部ID。たとえば、ソフトウェア・ライブラリ・ゴールド・イメージのUniform Resource Name (URN)です。

  • status

    DRAFT、ACTIVE、CURRENT、RESTRICTEDなどのバージョンのステータス。

次の例では、バージョンVersion1を作成します。

emcli db_software_maintenance -createVersion 
      -version_name="Version1" 
      -image_id="01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739F" 
      -external_id="oracle:defaultService:em:provisioning:1:cmp:COMP
      Component:SUB_OracleDB:0191172464DD36B6E05313B2F00AB90A:0.1" 
      -status=CURRENT

db_software_maintenance -deleteImage

イメージを削除します。

書式

emcli db_software_maintenance -deleteImage            
      -image_id= "image_id"      [-force= "force"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • image_id

    削除するイメージのID。

  • force

    イメージにサブスクライブされたターゲットがある場合でも強制的に削除します。

次の例では、ID 01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739Fのイメージを削除します。

emcli db_software_maintenance -deleteImage 
      -image_id="01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739F

db_software_maintenance -createImage

新しいイメージを作成します。

書式

emcli db_software_maintenance -createImage           
       -image_name= "image_name"
       -description= "description"
       -type= "type"
       -target_type= "target_type"
       -version= "version" 
       -platform_id= "platform_id"
       -status= "status"

パラメータ

  • image_name

    イメージの名前。

  • description

    イメージの説明。

  • type

    イメージ・バージョンがソフトウェア・ライブラリにある場合のSWLIBなどのイメージのタイプ。

  • target_type

    イメージのターゲット・タイプ。たとえば、単一インスタンスのOracleデータベースを管理するためにイメージが作成されている場合、ターゲット・タイプはoracle_databaseです。

  • version

    11.2.0.4.0などの製品のRDBMSバージョン。

  • platform_id

    プラットフォームID(Linux x86_64の226など)。

  • status

    PRODUCTIONなどのイメージ・ステータス。

次の例では、GI_11204という名前の新しいイメージを作成します。

emcli db_software_maintenance -createImage 
      -image_name="GI_11204" 
      -description="GI_11204" 
      -type="SWLIB" 
      -target_type=cluster -version=11.2.0.4.0 
      -platform_id=226 -status=PRODUCTION 

db_software_maintenance -getImageSubscriptions

サブスクライブされたターゲットのリストを戻します。

書式

emcli db_software_maintenance -getImageSubscriptions
      -image_id= "image_id" 

パラメータ

  • image_id

    イメージのID。

次の例では、ID ID01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739Fのイメージのターゲットのリストを戻します。

emcli db_software_maintenance -getImageSubscriptions
      -image_id="01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739F"                

db_software_maintenance -getTargetSubscriptions

指定されたターゲットのサブスクリプションのリストを戻します。

書式

emcli db_software_maintenance -getTargetSubscriptions
      -target_name= "target_name"    Target name
      -target_type= "target_type"    Target type
      [-image_type= "image_type"    Image type] 

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • target_type

    ターゲット・タイプ。

  • image_type

    イメージ・タイプ。

次の例では、POOL NAMEという名前のOracle Cloud Zoneターゲットのサブスクリプションのリストを戻します。

emcli db_software_maintenance -getTargetSubscriptions
      -target_name="POOL NAME" 
      -target_type="oracle_cloud_zone"                 

db_software_maintenance -getVersions

指定されたイメージのバージョンのリストを戻します。

書式

emcli db_software_maintenance -getVersions
      -image_id= "image_id"
      [-version_status= "version_status"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • image_id

    イメージの名前。

  • version_status

    バージョンのステータス・フィルタ。

次の例では、ID 01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739Fのイメージのバージョンのリストを戻します。

emcli db_software_maintenance -getVersions
      -image_id="01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739F" 
      -version_status=CURRENT  
                     

db_software_maintenance -getImages

システムに存在するイメージのリストを戻します。

書式

emcli db_software_maintenance -getImages

次の例では、システムに存在するイメージのリストを戻します。

emcli db_software_maintenance -getImages
                     

db_software_maintenance -subscribeTarget

新しいターゲットを作成し、ターゲット・サブスクリプションを変更します。

書式

emcli db_software_maintenance -subscribeTarget      
      -target_name= "target_name"
      -target_type= "target_type"
      -[parent_target_name= "parent_target_name"]
      -[parent_target_type= "parent_target_type"]
      -image_id= "image_id"
      -[version_id= "version_id'

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • target_type

    ターゲット・タイプ。

  • parent_target_name

    親ターゲット名。

  • parent_target_type

    親ターゲット・タイプ。

  • image_id

    イメージID。

  • version_id

    バージョンID。

次の例では、POOL NAMEという名前のOracle Cloud Zoneターゲットを変更します。

emcli db_software_maintenance -subscribeTarget
      -target_name="POOL NAME" 
      -target_type=oracle_cloud_zone 
      -image_id=FE55AD7AB28974EFE04313B2F00AD4A0 
                       

db_software_maintenance -unsubscribeTarget

指定されたターゲットをサブスクライブ解除します。

書式

emcli db_software_maintenance -subscribeTarget      
      -target_name= "target_name" 
      -target_type= "target_type" 
      -image_id= "image_id" 
      [-version_id= "version_id']

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • target_type

    ターゲット・タイプ。

  • image_id

    イメージID。

次の例では、名前POOL NAMEおよびイメージID FE55AD7AB28974EFE04313B2F00AD4A0のOracle Cloud Zoneターゲットをサブスクライブ解除します。

emcli db_software_maintenance -unsubscribeTarget
      -target_name="POOL NAME" 
      -target_type=oracle_cloud_zone 
      -image_id=FE55AD7AB28974EFE04313B2F00AD4A0 
                       

db_software_maintenance -getSubscriptionsForContainer

データベース・プールなどのコンテナ・ターゲットのサブスクリプションを戻します。

書式

emcli db_software_maintenance -getSubscriptionsForContainer      
      -image_id= "image_id"   
      -target_name= "target_name"  
      -target_type= "target_type" 

パラメータ

  • image_id

    イメージID。

  • target_name

    Oracle Enterprise Managerのターゲットの名前。

  • target_type

    ターゲット・タイプ。

次の例では、名前POOL NAMEおよびイメージID FE55AD7AB28974EFE04313B2F00AD4A0のOracle Cloud Zoneターゲットのサブスクリプションを戻します。

emcli db_software_maintenance -getSubscriptionsForContainer
      -target_name="POOL NAME" 
      -target_type=oracle_cloud_zone 
      -image_id=FE55AD7AB28974EFE04313B2F00AD4A0
                       

db_software_maintenance -createSoftwareImage

指定されたOracleホームの新しいソフトウェア・イメージを作成します。createSoftwareImage verbは、テキスト・ファイルからデータを取得するか、getInputVariableListコマンドを使用します。

書式

emcli db_software_maintenance -createSoftwareImage
      [-data= "data"]      [-getInputVariableList= "getInputVariableList"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • データ

    txt入力ファイルのパス。

  • getInputVariableList

    入力ファイルに指定される変数のリストを指定します。

例1

データ・ファイル内で渡されるすべてのパラメータのリストを取得するには、次のコマンドを実行します。

emcli db_software_maintenance -createSoftwareImage
      -getInputVariableList=true                

例2

次の例では、新しいイメージおよびバージョンを作成します。

emcli db_software_maintenance -createSoftwareImage 
-data="input_file=data:"/home/user/input_rac"

この例のinput_racファイルの内容は次のとおりです。

  • IMAGE_NAME=DbGoldImage

  • IMAGE_DESCRIPTION=Gold Image for 11g db

  • REF_TARGET_NAME=ORACLE_HOME

  • IMAGE_SWLIB_LOC=Oracle Home Provisioning Profiles/11.2.0.3.0/linux_x64

  • REF_HOST_CREDENTIALS=ZONE_CREDS:TESTSUPERADMIN

  • WORKING_DIRECTORY=/tmp

  • STORAGE_TYPE_FOR_SWLIB=OmsShared

  • STORAGE_NAME_FOR_SWLIB=swlib

  • VERSION_NAME=Version1

例3

次の例では、既存のイメージに新しいバージョンのみを作成します。

emcli db_software_maintenance -createSoftwareImage 
-data="input_file=data:"/home/user/input_rac"

この例のinput_racファイルの内容は次のとおりです。

  • IMAGE_ID=01B5F14FD57D7B89E05313B2F00A739F

  • REF_TARGET_NAME=ORACLE_HOME

  • IMAGE_SWLIB_LOC=Oracle Home Provisioning Profiles/11.2.0.3.0/linux_x64

  • REF_HOST_CREDENTIALS=ZONE_CREDS:TESTSUPERADMIN

  • WORKING_DIRECTORY=/tm

  • STORAGE_TYPE_FOR_SWLIB=OmsShared

  • STORAGE_NAME_FOR_SWLIB=swlib

  • VERSION_NAME=Version1

define_diagcheck_exclude

グループに対して診断チェック除外を定義し、除外をチェックします。

書式

emcli define_diagcheck_exclude
        -target_type="type"
        -exclude_name="name"
        { [-excl_group="diag_group" ]*
          [-excl_check="diag_check" ]* | 
         -input_file=excl_def:<complete_path_to_file> }

[ ] indicates that the parameter is optionalis optional

パラメータ

  • target_type

    ターゲットのタイプ。

  • exclude_name

    除外に使用するための名前。

  • excl_group

    除外するdiagcheckのグループ。

  • excl_check

    除外するdiagcheckの名前。

  • input_file

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

delete_assoc

ターゲット・アソシエーション・インスタンスを削除します。

書式

標準モード

emcli delete_assoc
       -assoc_type="association type"
       -source="target_name:target_type"
       -dest="target_name1:target_type1[;target_name2:target_type2..]"
       [-separator="separator:attribute_name:character"]
       [-subseparator="subseparator:attribute_name:character"]

インタラクティブ(スクリプト)モード

delete_assoc(
      assoc_type="association type"
      ,source="target_name:target_type"
      ,dest="target_name1:target_type1[;target_name2:target_type2..]"
      [,separator="separator:attribute_name:character"
      [,subseparator="subseparator:attribute_name:character"]      )

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • assoc_type

    アソシエーションのタイプ。

  • source

    ソース・ターゲットのターゲット名およびターゲット・タイプ。

  • dest

    宛先ターゲットのターゲット名およびターゲット・タイプ。

  • separator

    属性値を複数入力する場合、デフォルトのセパレータはセミコロン(;)。このオプションを使用すると、デフォルトのセパレータ値が上書きされます。

    例: separator="<attribute_name=sep_char>"(ここでattribute_nameは、セパレータ文字を上書きする属性名で、sep_charは新しいセパレータ文字です。)例: separator="att=#"

  • subseparator

    属性値を複数入力する場合、デフォルトのサブセパレータはコロン(:)。このオプションを使用すると、デフォルトのサブセパレータ値が上書きされます。

    例: subseparator="<attribute_name=sep_char>"ここでattribute_nameは、セパレータ文字を上書きする属性名で、sep_charは新しいサブセパレータ文字です。例: separator="att=#"

出力

終了コード

0はVerbの処理が正常終了したことを示します。

0以外の値は、Verb処理が正常終了しなかったことを意味します。

この例では、ターゲットabc_cluster:clusterからターゲットdef.oracle.com:hostおよび
ghi.oracle.com:hostのタイプcluster_containsのアソシエーションを削除します。

emcli delete_assoc
      -assoc_type="cluster_contains"
      -source="abc_cluster:cluster"
      -dest="def.oracle.com:host;ghi.oracle.com:host"

delete_bda_cluster

指定したHadoopクラスタ・ターゲットとそのすべての子を削除します。これがBDAターゲット内の最後のクラスタである場合、BDAターゲットとそのすべての子も削除します。

Hadoopクラスタが複数のラックにわたって分散されている場合、BDAラック全体にわたって削除を実行します。BDAラック内に他のクラスタが存在する場合、Hadoopクラスタ・ターゲットを削除する前に共有ターゲットを再配置します。

書式

emcli delete_bda_cluster
        -cluster="cluster_name"

パラメータ

  • cluster

    削除するクラスタの名前。

次の例では、acmeクラスタ・ターゲットとそのすべての子を削除します。acmeがBDAラック内の最後のクラスタである場合、ラックとそのすべての子を削除します。ラック内に他のクラスタが存在する場合、クラスタを削除する前に共有ターゲットを再配置します。

emcli delete_bda_cluster
        -cluster="acme"

delete_blackout

すでに終了したブラックアウトまたは完全に停止したブラックアウトを削除します。進行中のブラックアウトや現在スケジュールされているブラックアウトは削除できません。まずstop_blackoutを実行する必要があります。

書式

emcli delete_blackout
      -name="name"
      [-createdby="blackout_creator"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    削除するブラックアウトの名前。

  • createdby

    ブラックアウトを作成したEnterprise Managerユーザー。デフォルトは現行ユーザーです。別のユーザーが作成したブラックアウトを削除するには、SUPER_USER権限が必要です。

例1

この例では、現行ユーザーが作成したブラックアウトbackup_monthlyを削除します。

emcli delete_blackout -name=backup_monthly

例2

この例では、Enterprise Manager管理者sysadmin2が作成したブラックアウトdb_maintenanceを削除します。現行ユーザーは、ユーザーsysadmin2またはSUPER_USER権限を持つユーザーである必要があります。

emcli delete_blackout -name=db_maintenance -createdby=sysadmin2

delete_charge_item

チャージバックからカスタム・チャージ・アイテムを削除します。

書式

emcli delete_charge_item  
        -target_type="target_type"
        -item_name="item_name"

パラメータ

  • target_type

    カスタム・チャージ・アイテムと関連付られているターゲット・タイプ。

  • item_name

    削除するカスタム・チャージ・アイテムの名前。

例1

この例では、ターゲット・タイプhostと関連付られているtotal_procという名前のカスタム・チャージ・アイテムを削除します。

emcli delete_charge_item
        -target_type="host"
        -item_name="total_proc" 

例2

この例では、ターゲット・タイプOracle Databaseと関連付られているcustom_configという名前のカスタム・チャージ・アイテムを削除します。

emcli delete_charge_item
        -target_type="oracle_database"
        -item_name="custom_config"

delete_cloud_service_instances

指定したフィルタに基づいてクラウド・サービス・インスタンスを削除します。

書式

emcli delete_cloud_service_instances
      -user="username"
      [-family="family"]
      [-type="service type"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user

    削除するサービス・インスタンスをフィルタするために使用するユーザーの名前。

  • family

    クラウド・リクエストをフィルタするために使用するサービス・ファミリ名。

  • type

    削除するサービス・インスタンスをフィルタするために使用するサービス・タイプ。

例1

この例では、指定したユーザー(user1)が所有するすべてのクラウド・インスタンスを削除します。

emcli delete_cloud_service_instances -user="user1"

例2

この例では、指定したユーザー(user1)が所有する指定したサービス・ファミリ(family1)に属するすべてのクラウド・インスタンスを削除します。

emcli delete_cloud_service_instances -user="user1" -family="family1"

例3

この例では、指定したユーザー(user1)が所有する指定したサービス・タイプ(type1)に属するすべてのクラウド・インスタンスを削除します。

emcli delete_cloud_service_instances -user="user1" -type="type1"

例4

この例では、指定したユーザー(user1)が所有し、指定したサービス・ファミリ(family1)および指定したサービス・タイプ(type1)に属するすべてのクラウド・インスタンスを削除します。

emcli delete_cloud_service_instances -user="user1" -family="family1" -type="type1"

delete_cloud_user_objects

クラウド・サービス・インスタンスおよびリクエストを含むクラウド・ユーザー・オブジェクトを削除します。

書式

emcli delete_cloud_user_objects
      -user="username"
      [-purge]
      [-force]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user

    ユーザー・オブジェクトをフィルタリングするために使用するユーザーの名前。

  • purge

    完了したクラウド・サービスのリクエストをパージするフラグを設定する。このパラメータが使用されている場合を除き、デフォルトはfalseです。

  • force

    進行中のリクエストをキャンセルするためのフラグを設定する。ジョブの状態に応じて、手動でクリーンアップする必要のある場合があります。

    慎重に使用してください。操作を一度開始すると元に戻すことはできません。

例1

指定したユーザー(user1)が所有するすべてのクラウド・オブジェクトを削除し、スケジュールされているリクエストをすべてキャンセルします。

emcli delete_cloud_user_objects -user="user1"

例2

指定したユーザー(user1)が所有するすべてのクラウド・オブジェクトを削除し、スケジュールされているリクエストをすべてキャンセルし、完了しているすべてのリクエストをパージします。

emcli delete_cloud_user_objects -user="user1" -purge

例3

指定したユーザー(user1)が所有するすべてのクラウド・オブジェクトを削除し、スケジュールされているリクエストをすべてキャンセルし、進行中のすべてのリクエストをキャンセルします。

emcli delete_cloud_user_objects -user="user1" -force

delete_credential_set

資格証明セットを削除します。Enterprise Managerのスーパー管理者のみが資格証明セットを削除できます。システム既存の資格証明セットは削除できません。

書式

  emcli delete_credential_set        -set_name="set_name"        -target_type="ttype"

パラメータ

  • set_name

    削除する資格証明セットの名前。

  • target_type

    資格証明セットのターゲット・タイプ。

この例では、Old_Credential_Setという名前の資格証明セットを削除します。

emcli delete_credential_set 
        -set_name=Old_Credential_Set 
        -target_type=host

delete_custom_plugin_update

プラグインに対するカスタム・プラグイン更新を削除します。後続のすべてのプラグイン・デプロイメントでは、Enterprise Manager自己更新で使用できる最新の適用可能バージョンまたはリビジョンが使用されます。

このカスタム・プラグイン更新が以前にデプロイされた管理エージェントに自動的に再デプロイされることはありません。後続のプラグインのデプロイメントに対してのみ適用されます。

書式

emcli delete_custom_plugin_update
      -plugin="<plugin_id>:<plugin_version>:<plugin_revision>"

パラメータ

  • plugin

    プラグインのID、バージョンおよびリビジョン。プラグインのバージョンおよびリビジョンを表示するには、emcli list_custom_plugin_updatesを実行します。

次の例では、oracle.sysman.db2プラグインの12.1.0.2.0バージョンのカスタム・プラグイン更新を削除します。

emcli delete_custom_plugin_update       -plugin="oracle.sysman.db2:12.1.0.2.0"

delete_database

Oracle Enterprise Managerからデータベースおよびターゲットを削除します。

書式

emcli delete_database
      -inputFile="File containing properties required for deleting a database"  

パラメータ

  • inputFile

    データベースを削除するために必要なプロパティを含むファイルの場所および名前。

次の例では、/u01/files/delete_database.propsファイルに含まれているパラメータを使用してデータベースを削除します。

emcli delete_database        -inputFile=/u01/files/delete_database.props  

delete_database_size

create_database_size verbを使用して作成されたデータベース・サイズを削除します。

書式

emcli delete_database_size 
      -name="<Existing size name>" 

パラメータ

  • name

    既存のデータベース・サイズの名前。

次の例では、Smallという名前のデータベース・サイズを削除します。

emcli delete_database_size 
      -name=Small

delete_dbaas_quota

SSAユーザー・ロール用のデータベース割当て制限を削除します。

書式

emcli delete_dbaas_quota
       -role_name="<SSA user role  name>"

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • role_name

    割当て制限の削除対象となるSSAユーザー・ロールの名前。

この例では、My Roleの割当て制限を削除します。

emcli delete_dbaas_quota
       -role_name="My Role"

delete_dbprofile

既存のデータベース・プロファイル・コンポーネントを削除します。

書式

emcli delete_dbprofile     -comp_loc="Database Profile component location and name in software library"     [-version="Database Profile component version name"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • comp_loc

    データベース・プロファイル・コンポーネントの場所および名前の組合せ。

  • version

    データベース・プロファイル・コンポーネントのバージョン名。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、プロファイル名がRMAN_Profile、バージョンがRMAN_Backup_10_04_14_12_40_PM、および場所がDatabase Provisioning Profiles/11.2.0.4.0/linux_x64であるデータベース・プロファイル・コンポーネントを削除します。

emcli delete_dbprofile -comp_loc="Database Provisioning Profiles/11.2.0.4.0/linux_x64/RMAN_Profile" -version="RMAN_Backup_10_04_14_12_40_PM"

delete_diag_snapshot

指定した診断スナップショットを削除します。

書式

emcli delete_diag_snapshot
        -name="<diag_snapshot_name>"
        [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    削除する診断スナップショットの名前。指定した名前の診断スナップショットが存在していることを確認してください。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでverbを実行します。

この例では、Snapshot1という名前のスナップショットをCloud Controlから削除します。

emcli delete_diag_snapshot
      -name="Snapshot1"

delete_fmw_profile

ソフトウェア・ライブラリからFusion Middlewareプロビジョニング・プロファイルを削除します。

書式

emcli delete_fmw_profile
      -location="Profile Location" 
       -source="source"
       -dest="association type"
       [-separator="separator:attribute_name:character"]
       [-subseparator="subseparator:attribute_name:character"]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • location

    プロファイルへの完全なソフトウェア・ライブラリ・パス。list_fmw_profiles verbを使用して完全パスを識別します。


注意:

名前および所有者のパラメータは同時に使用する必要があります。

次の例では、ソフトウェア・ライブラリからFusion Middlewareプロファイル「MyProfile」を削除します。

emcli delete_fmw_profile       -location="Fusion Middleware Provisioning/Profiles/MyProfile" 

delete_group

グループを削除します。存在しないグループを削除すると、グループXが存在しないというエラーが生成されます。

書式

emcli delete_group
      -name="name"
      [-type=<group>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    削除するグループの名前。

  • type

    グループ・タイプ(group)。デフォルトはgroupです。

例1

この例では、データベース・ターゲット・タイプで構成されるグループpayroll_groupを削除します。

emcli delete_group -name=payroll_group

例2

この例では、ホスト・ターゲット・タイプで構成されるグループmy_hostsを削除します。

emcli delete_group -name=my_hosts

例3

この例では、混合ターゲット・タイプで構成されるグループmy_groupを削除します。

emcli delete_group -name=my_group

delete_incident_record

提供されたIDに基づいて、最大20のオープン・インシデントを1つ以上削除します。これによって、基礎となるイベントがあるすべてのアソシエーションを削除し、それに従って注釈を付けます。インシデントを削除しても、実際の基礎となるイベントは削除されず、これらのイベントはオープンのまま残ります。

権限の要件: インシデントの管理権限のあるユーザーのみがインシデントを削除できます。デフォルトでは、デフォルト値以外が設定された(Escalation、Priority、Resolution Status、Acknowledgement、Owner AssignmentまたはSuppressionなどの)ワークフロー属性が設定されているインシデントは、-forceオプションが使用されていないかぎり、削除されません。クローズされているインシデント、診断(ADR)インシデント、およびチケットが作成されているインシデントは削除できません。各インシデントの削除ステータスは、コマンドの実行時に表示されます。

書式

emcli delete_incident_record
-incident_number_list="Comma-separated list of incident numbers"
[-force]
[-preview]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • incident_number_list

    削除する(最大20までの)インシデント数のカンマ区切りのリスト。

  • force

    デフォルトでないワークフロー値をチェックせずにインシデントを削除する。

  • preview

    指定したインシデントを(インシデント番号で)削除できるか表示する。

例1

この例では、インシデント173、1886、32、5および853が削除可能であるか表示します。

このコマンドの出力は次のようになります。

emcli delete_incident_record -incident_number_list="173,1886,32,5,853" -preview

========= 
RESULTS   
========= 
=> Incident 173 can be deleted. 
 
=> Incident 1886 can only be deleted using the -force option, as one or more incident workflow attributes have been been used.
 
=> Incident 32 cannot be deleted because there is ticket attached with the incident.
 
=> Incident 5 cannot be deleted because user AdminX does not have at least a manage incident privilege. 
 
=> Incident 853 can be deleted. 

例2

この例では、インシデント178、1886および853をデフォルトではないインシデント・ワークフロー値をチェックせずに削除します。このコマンドの出力は次のようになります。

emcli delete_incident_record -incident_number_list="173,1886,853" -force

========= 
RESULTS   
========= 

=> Incident 173 has been successfully deleted. 
 
=> Incident 1886 has been successfully deleted.
 
=> Incident 853 has been successfully deleted.

delete_instance

停止または完了したデプロイメント・インスタンスを削除します。ステータスが停止、完了またはエラー終了の場合のみ、インスタンスを削除できます。

書式

emcli delete_instance 
      [-instance=<instance_guid>] 
      [-exec=<execution_guid>] 
      [-name=<execution_name>] 
      [-owner=<execution_owner>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • instance

    インスタンスのGUID。

  • exec

    実行GUID。

  • name

    実行名。

  • owner

    実行の所有者。

例1

emcli delete_instance -instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61

例2

emcli delete_instance -exec=2B15CB29C3F9E6CE040578C96093F16

delete_job

フィルタ基準に一致するジョブまたはジョブのセットを削除します。ジョブはいずれかの実行がアクティブの場合、削除できません。すべての実行は、次のいずれかの状態である必要があります。

ABORTED、FAILED、COMPLETED、STOPPED、SKIPPED

ジョブID、ステータスおよび実行中のジョブのリストを取得するには、get_jobsを使用します。

書式

emcli delete_job
      [-job_id="ID1;ID2;..."]
      [-name="job name pattern"]
      [-owner="job owner"]
      [-type="job type"]
      [-targets="target name:target type"]
      [-input_file=property_file:"filename"]
      [-preview]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • job_id

    削除するジョブのセミコロン( ; )区切りのリスト。

    注意: このフィルタは、他のフィルタと一緒に使用できません。

  • name

    削除するジョブの名前またはパターン。ジョブを一意に識別するには、現行ユーザーを使用します。

  • owner

    ジョブの所有者。

  • type

    ジョブのジョブ・タイプ。

  • targets

    削除するジョブのターゲット名とターゲット・タイプ。

  • input_file

    ジョブをフィルタするためのプロパティをfilenameに指定できます。指定したすべてのフィルタ基準と一致するジョブが削除されます。少なくとも1つのフィルタを指定する必要があります。また、ログイン中の管理者が、一致するジョブに対して必要な権限を持つ必要があります。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • preview

    削除されるジョブのみをリストします。指定するオプションのリストで、-previewがオプションに含まれていない場合、ジョブが削除されてから、それらのジョブがリストされます。-previewがオプションの1つである場合、同じリストが表示されますが、ジョブは削除されません。

例1

この例では、ジョブIDが12345678901234567890123456789012の既存のジョブを削除します。

emcli delete_job -job_id=12345678901234567890123456789012

例2

この例では、タイプがBackupのすべてのジョブを削除します。

emcli delete_job -type=Backup

例3

この例では、ログイン中の管理者が所有しているMY_JOBという名前のジョブを停止して削除します。アクティブなジョブを削除するには、stopとdeleteのパターンを使用できます。

emcli stop_job -name=my_job
emcli delete_job -name=my_job

delete_library_job

create_library_jobsコマンドを使用して作成したライブラリ・ジョブを削除します。

書式

emcli delete_library_job
      -name=<"library_job_name">
      [-owner=<"library_job_owner">]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ライブラリ・ジョブの名前。

  • owner

    ライブラリ・ジョブの所有者(現在ログインしているEM CLI管理者と異なる場合)。

例1

この例では、現在ログインしているEnterprise Manager管理者が所有しているライブラリ・ジョブlibjob1を削除します。

emcli delete_library_job -name=libjob1 

例2

この例では、Enterprise Manager管理者emadmin1が所有しているライブラリ・ジョブlibjob2を削除します。

emcli delete_library_job -name=libjob2 -owner=emadmin1 

delete_metric_promotion

プロモート・メトリックを削除します。

書式

emcli delete_metric_promotion
      -name=<service_target_name>
      -type=<service_target_type>
      [-category=<usage/performance/business>]
      [-promotedMetricName=<promoted_metric]
      [-promotedMetricColumn=<promoted_metric_column>]
      -promotedMetricKey=<key_value_of_promoted_metric>

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    サービス・ターゲットの名前。

  • type

    サービス・タイプの名前。

  • category

    プロモート・メトリックが、サービスの使用状況メトリックかパフォーマンス・メトリックかを定義します。これは、プロモート・メトリックの名前とメトリック列を特定します。これを指定しない場合、promotedMetricNameおよびpromotedMetricColumnを指定する必要があります。

  • promotedMetricName

    プロモート・メトリック名。categoryを指定した場合は省略可能です。

  • promotedMetricColumn

    プロモート・メトリック列。categoryを指定した場合は省略可能です。

  • promotedMetricKey

    プロモート・メトリックのキー値を特定します。ユーザー・インタフェースのプロモート・メトリックの表示名に相当します。

この例では、サービスMyTargetでキー値がmymetric1のプロモート・パフォーマンス・メトリックを削除します。

emcli delete_metric_promotion -name='MyTarget' -type='generic_service'
      -category=Performance -promotedMetricKey=mymetric1

delete_named_credential

既存の名前付き資格証明を削除します。

書式

emcli delete_named_credential 
        -cred_owner=<owner>
        -cred_name=<name>

パラメータ

  • cred_owner

    資格証明の所有者。

  • cred_name

    必須の資格証明の名前。ワイルドカードはサポートされていません。

delete_operation_plan

Site Guard構成から指定された操作計画を削除します。

書式

emcli delete_operation_plan
      -name=<plan_name>

パラメータ

  • name

    削除する操作計画の名前。

emcli delete_operation_plan
      -name="BISystem1-switchover"

delete_patch_plans

パッチ計画を削除します。

書式

emcli delete_patch_plans
        -name="plan_names" 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

name

削除するパッチ計画の名前を指定します。このパラメータに対して複数のパッチ計画を指定する場合は、セパレータとしてカンマを使用します。

次の例では、パッチ計画plan_1、plan_2およびplan_3を削除します。

emcli delete_patch_plans -name="plan_1,plan_2,plan_3"

delete_paas_zone

PaaSインフラストラクチャ・ゾーンを削除します。PaaSインフラストラクチャ・ゾーンは、既存のソフトウェア・プールが関連付けられている場合、削除できません。

書式

emcli delete_paas_zone
        -name="<name of PaaS Zone>

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    既存のPaaSインフラストラクチャ・ゾーンの名前。

この例では、My PaaS Zoneという名前のPaasインフラストラクチャ・ゾーンを削除します。

emcli delete_paas_zone
        -name="My PaaS Zone"

delete_patches

ソフトウェア・ライブラリからパッチを削除します。

書式

emcli delete_patches 
      -patch_name=<patch_name> 
      -release=<release_id>
      -platform=<platform_id>

パラメータ

  • patch_name

    パッチ番号。

  • release

    パッチ・リリースID。

  • platform

    パッチ・プラットフォームID。

emcli delete_patches -patch_name=13741363 -release=80112310 -platform=226

関連項目


create_patch_plan
describe_patch_plan_input
get_connection_mode
get_patch_plan_data
list_aru_languages
list_aru_platforms
list_aru_products
list_aru_releases
list_patch_plans
search_patches
set_connection_mode
set_patch_plan_data
show_patch_plan
submit_patch_plan

upload_patches

『Enterprise Managerライフサイクル管理者ガイド』のEM CLIによるパッチ適用に関する項も参照してください。

http://docs.oracle.com/cd/E24628_01/em.121/e27046/emcli.htm#BABDEGHB

delete_pluggable_database

プラガブル・データベース(PDB)を削除します。

書式

emcli delete_pluggable_database
      -cdbTargetName="CDB_of_target_PDBs"
      -cdbTargetType="CDB_target_type"
      -cdbHostCreds="CDB_host_credentials"
      -cdbTargetCreds="CDB_target_credentials"
      -pdbName="PDB_names"
      [-cdbHostPrivCreds="CDB_host_privileged_credentials"]
      [-ignoreStorageWarnings]

[]は、オプションのパラメータであることを示します。

パラメータ

  • cdbTargetName

    削除するPDBが含まれるターゲット・コンテナ・データベース(CDB)。指定するターゲットCDBがEnterprise Managerの有効なターゲットであることを確認します。

  • cdbTargetType

    ターゲットCDBのデータベース・タイプ。oracle_databaseや
    rac_database
    など。

  • cdbHostCreds

    ターゲットCDBがあるホストの資格証明。

  • cdbTargetCreds

    ターゲットCDBの資格証明。

  • pdbName

    削除するPDBの名前。名前はカンマを使用して区切ります。

  • cdbHostPrivCreds

    スナップ・クローン記憶域のマウント・ポイントが配置されているホストの権限付き資格証明。このパラメータが必要となるのは、スナップ・クローンを使用して作成されたPDBを削除する場合のみです。

  • ignoreStorageWarnings

    スナップ・クローンを使用して作成されたPDBを削除する際に生成される可能性がある、記憶域からの警告をすべて無視します。

この例では、HOST_CREDSをCDBホスト資格証明、DB_CREDSをCDBターゲット資格証明として使用して、test_CDB (Oracleの単一インスタンスCDB)に含まれるtest_pdb PDBを削除します。

emcli delete_pluggable_database -cdbTargetName=test_database -cdbTargetType=oracle_database -pdbName=test_pdb -cdbHostCreds=HOST_CREDS -cdbTargetCreds=DB_CREDS

delete_pool verb

ソフトウェア・プールを削除します。ソフトウェア・プールは、関連付けられている既存のサービス・テンプレートがある場合、削除できません。

書式

emcli delete_pool
       -name="<software pool name>"
       -target_type="<software pool target type>"
       
[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    既存のソフトウェア・プールの名前。

  • target_type

    既存のソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

次の例では、ソフトウェア・プールMy Poolを削除します。

emcli delete_pool
       -name="My Pool"
       -target_type="mwaas_zone"
       

delete_privilege_delegation_settings

権限委任設定テンプレートを削除します。

書式

emcli delete_privilege_delegation_settings
      -setting_names="setting_name1;setting_name2;setting_name3;"

パラメータ

  • setting_names

    削除する設定の名前。

この例では、
setting_name1setting_name2およびsetting_name3という名前の権限設定を削除します。

emcli delete_privilege_delegation_settings
        -setting_names="sudo_setting1;sudo_setting2;pbSetting1

delete_resolution_state

既存の解決状態を削除します。通常は、使用しない解決状態のためにこのコマンドを使用します。状態への参照がある場合、代替の解決状態を指定する必要もあります。この場合、参照をこの代替の状態に変更します。このアクションは時間がかかることがあります。

スーパー管理者のみがこのコマンドを実行できます。コマンドに成功すると、成功メッセージが報告されます。削除に失敗した場合にはエラー・メッセージが報告されます。


注意:

このプロセスで更新したインシデントまたは問題について通知は送信されません。

書式

emcli delete_resolution_state
      -label="label of the state to be deleted"
      -alt_res_state_label="alternative resolution state"

パラメータ

  • label

    削除する状態のラベル。

  • alt_res_state_label

    使用する代替のラベル。

この例では、解決状態Waiting for SRを削除し、この状態への参照を状態Work in Progressで置き換えます。

emcli delete_resolution_state  -label="Waiting for SR" -alt_res_state_label="Work in Progress"

delete_role

既存のEnterprise Manager管理者ロールを削除します。

書式

emcli delete_role
      -name="role_name"

パラメータ

  • name

    ロール名。

この例では、existing_roleという名前のロールを削除します。

emcli delete_role -name="existing_role"

delete_service_template

サービス・テンプレートを削除します。

書式

emcli delete_service_template
-name="<service template name>"]
-service_family="<service family name>"]
       
[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • name

    既存のサービス・テンプレートの名前。

  • service_family

    サービス・テンプレートが属するサービス・ファミリ。データベースの場合はDBAAS、ミドルウェアの場合はMWAASなど。

この例では、名前がtemplate2、サービス・ファミリがMWAASのサービス・テンプレートを削除します。

emcli delete_service_template
       -name="Middleware service Template August"
       -service_family="MWAAS"
       

delete_siebel

Siebelサーバー、コンポーネント・グループ、コンポーネント、ワークフローなど1つ以上のSiebelエンタープライズ・インスタンスおよび関連付けられたターゲットを削除します。

書式

emcli delete_siebel 
      -enterprise=<Siebel_enterprise_1>,<Siebel_enterprise_2> 
      [-out_file='<output_file>'] 
      [<-debug>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • enterprise

    Enterprise Managerコンソールに表示されている、Siebelエンタープライズのターゲット名。複数のエンタープライズを同時に削除する必要がある場合、カンマ区切り値を指定します。

  • out_file

    出力ファイルの完全修飾パス。コマンドの出力は、このファイルにリダイレクトされます。

    このオプションを指定すると、削除されたターゲットのリストがファイルに出力されます。このオプションを指定しない場合、リストはコンソールに直接出力されます。

  • debug

    冗長モードで実行し、デバッグ・ログ・メッセージを生成して出力します。

この例では、Siebelエンタープライズ・インスタンスをCloud Controlから削除します。コマンドの出力は、deletion_output.txtファイルにリダイレクトされます。

emcli delete_siebel 
      -enterprise=SBA80_ent1.example.com,SBA78_ent2.us.example.com 
      -out_file='c:\emcli\deletion_output.txt'

delete_siteguard_configuration

Site Guard構成を削除します。指定されたシステムに関連する全体の構成(スクリプト、資格証明アソシエーション、サイト・アソシエーション、操作計画)および関連付けられているすべてのスタンバイ・システムは削除されます。

書式

emcli delete_siteguard_configuration
      -primary_system_name=<name> | -standby_system_name=<name>

パラメータ

  • primary_system_name

    プライマリ・システムの名前。primary_system_nameまたは
    standby_system_nameのいずれかを指定します。

  • standby_system_name

    スタンバイ・システムの名前。

例1

emcli delete_siteguard_configuartion
      -primary_system_name="BISystem1"

例2

emcli delete_siteguard_configuration
      -standby_system_name="BISystem2"

関連項目

create_siteguard_configuration

get_siteguard_configuration

delete_siteguard_credential_association

Site Guard構成から資格証明アソシエーションを削除します。

書式

emcli delete_siteguard_credential_association
      -system_name=<name>
      [-target_name=<name>]
      -credential_type=<type>

{ } indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • system_name

    システムの名前。

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • credential_type

    資格証明のタイプ。HostNormal、HostPrivileged、WLSAdminまたはDatabaseSysdbaのいずれかです。

例1

emcli create_siteguard_credential_association
      -system_name="BISystem1"
      -credential_type="HostNormal"
      -credential_name="HOST-SGCRED"
      -credential_owner="sysman"

例2

emcli create_siteguard_credential_association
      -system_name="BIsystem1"
      -target_name="database-instance"
      -credential_type="HostNormal"
      -credential_name="HOST-DBCRED"
      -credential_owner="sysman"

関連項目

create_siteguard_credential_association

update_siteguard_credential_association

get_siteguard_credential_association

delete_siteguard_lag

システム上のすべてのデータベースまたは選択したデータベースで、適用ラグおよびトランスポート・ラグの制限を更新します。

書式

emcli delete_siteguard_lag
        [-system_name="name_of_the_system"] 
        [-target_name="name_of_the_database"] 
        [-property_name="lag_type"] 

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • system_name

    ラグ制限のプロパティを更新するシステムの名前。

  • target_name

    ラグ制限のプロパティを更新するターゲット・データベースの名前。

  • property_name

    ラグ・プロパティの名前。このパラメータの有効な値はApplyLagTransportLagです。

例1

この例では、austin-systemに構成されているすべてのデータベースのApplyLagプロパティを削除します。

emcli delete_siteguard_lag 
        -system_name="austin-system" 
        -property_name="ApplyLag"

例2

次の例では、austin-systemに構成されているデータベースOID-dbTransportLagプロパティを削除します。

emcli delete_siteguard_lag 
        -system_name="austin-system" 
        -target_name="OID_db" 
        -property_name="TransportLag"

delete_siteguard_script

Site Guard構成から指定されたスクリプトを削除します。

書式

emcli delete_siteguard_script
      -script_id=<script_id>

パラメータ

  • script_id

    スクリプトに関連付けられたID。

emcli delete_siteguard_script
      -script_id="10"

関連項目

create_siteguard_script

get_siteguard_scripts

delete_siteguard_script_hosts

ホストまたは特定のスクリプトと関連付けられたホストを削除します。

書式

emcli delete_siteguard_script_hosts
      -script_id=<script_id>
      -host_name=<name1;name2;...>

パラメータ

  • script_id

    スクリプトに関連付けられたID。

  • host_name

    このスクリプトを実行するホストの名前。このパラメータは複数回指定できます。

emcli delete_siteguard_script_hosts
      -script_id="10"
      -host_name="BIHOST1"

出力列

ステップ番号、操作名、ターゲット名、ターゲット・ホストおよびエラー・モード

関連項目

create_siteguard_script

add_siteguard_script_hosts

delete_sla

ターゲットに対して1つ以上のSLAを削除します。

書式

emcli delete_sla
    -targetName=<target_name>
    -targetType=<target_type>
    -slaName=<SLA_name>

パラメータ

  • targetName

    ターゲットの名前。

  • targetType

    ターゲットのタイプ。

  • slaName

    SLAの名前。

この例では、ターゲットからgold_slaという名前のSLAを削除します。

    emcli delete_sla
          -targetName='my_service' -targetType='generic_service'
          -slaName='gold_sla'

delete_system

システムを削除します。

書式

emcli delete_system
      -name="name"
      [-type=<generic_system>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    削除するシステムの名前。

  • type

    システム・タイプ(generic_system)。デフォルトはgeneric_systemです。

この例では、システムmy_systemを削除します。

emcli delete_system -name=my_system

delete_target

Enterprise Manager Cloud Control監視フレームワークから指定されたターゲットを削除します。ターゲットを削除すると、管理リポジトリからは削除されますが、ターゲットそのものは削除されません。

get_targets verbを使用して、使用可能なターゲットと対応するタイプのリストを取得できます。

書式

emcli delete_target
      -name=<name>
      -type=<type>
      [-delete_monitored_targets]
      [-async]
      [-delete_members]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ターゲット名。

  • type

    ターゲット・タイプ。

  • delete_monitored_targets

    指定された管理エージェントにより監視されているターゲットを削除します。これはoracle_emdターゲット・タイプにのみ適用可能です。

  • async

    ターゲットを非同期で削除します。

  • delete_members

    ターゲットのすべてのメンバーも削除します。

例1

この例では、databaseという名前のoracle_databaseターゲットを削除します。

emcli delete_target
      -name="database"
      -type="oracle_database"

例2

この例では、test.example.com:1836という名前のエージェントと監視されているターゲットすべてを削除します。この操作を実行するには、Enterprise Manger Cloud ControlでUNREACHABLEとマークされている必要があります。

emcli delete_target
      -name="test.example.com:1836"
      -type="oracle_emd"
      -delete_monitored_targets
      -async

例3

この例では、farm01_base_domainという名前のexample_ias_farmターゲットとドメイン、クラスタ、サーバー、アプリケーション・デプロイメントなどのすべてのメンバーを削除します。

emcli delete_target
      -name="farm01_base_domain"
      -type="example_ias_farm"
      -delete_members

delete_test

テストを構成するステップおよびステップ・グループとともにサービス・テストを削除します。

書式

emcli delete_test
      -name=<target_name>
      -type=<target_type>
      -testname=<test_name>
      -testtype=<test_type>

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    サービス・ターゲット名。

  • type

    サービス・ターゲット・タイプ。

  • testname

    テストの名前。

  • testtype

    テストのタイプ。

この例では、MyTargetという名前のgeneric_serviceターゲットのTMyTestという名前のHTTPテストを削除します。

emcli delete_test -name='MyTarget' -type='generic_service' 
                  -testname='MyTest' -testtype='HTTP'

delete_test_threshold

テストのしきい値を削除します。

書式

emcli delete_test_threshold
      -name=<target_name>
      -type=<target_type>
      -testname=<test_name>
      -testtype=<test_type>
      -metricName=<metric_name>
      -metricColumn=<metric_column>
      [-beaconName=<beacon_name>]
      [-stepName=<step_name>]
      [-stepGroupName=<stepgroup_name>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    サービス・ターゲット名。

  • type

    サービス・ターゲット・タイプ。

  • testname

    テストの名前。

  • testtype

    テストのタイプ。

  • metricName

    メトリックの名前。

  • metricColumn

    列の名前。

  • beaconName

    ビーコンの名前。

  • stepName

    ステップの名前。

  • stepGroupName

    ステップ・グループの名前。

emcli delete_test_threshold 
      -name="Service Name"
      -type="generic_service"
      -testname="Test Name"
      -testtype="HTTP"
      -metricName="http_response"
      -metricColumn="timing"

delete_user

既存のEnterprise Manager管理者を削除します。

ユーザーを削除すると、そのユーザーが作成したジョブはすべて停止され、削除されます。そのユーザーが作成したブラックアウトも削除されます。ただし、ユーザーを削除するコールを発行したときに、そのユーザーが作成したブラックアウトがアクティブな場合、そのユーザーを削除することはできません。この状態は、ユーザー削除の無効状態とみなされます。まず、これらのアクティブなブラックアウトをすべて停止し、失敗したユーザー削除コールを再発行する必要があります。

書式

emcli delete_user
      -name=<user_name>
      [-new_object_owner=<user_name>]
      [-force]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    管理者名。

  • new_object_owner

    削除する現在の管理者が所有しているセキュア・オブジェクトを割り当てる管理者の名前。このオプションを指定しない場合、削除する管理者が所有しているセキュア・オブジェクトが削除されます。

  • force

    管理者が現在ログイン中であっても、その管理者を削除します。

例1

この例では、sysman3という名前のEnterprise Manager管理者を削除します。

emcli delete_user -name=sysman3

例2

この例では、user1という名前のEnterprise Manager管理者を削除し、user1が所有するすべてのセキュア・オブジェクトをuser5に割り当てます。

delete_pluggable_database

プラガブル・データベース(PDB)を削除します。

書式

emcli delete_pluggable_database
      -cdbTargetName="CDB_of_target_PDBs"
      -cdbTargetType="CDB_target_type"
      -cdbHostCreds="CDB_host_credentials"
      -cdbTargetCreds="CDB_target_credentials"
      -pdbName="PDB_names"
      [-cdbHostPrivCreds="CDB_host_privileged_credentials"]
      [-ignoreStorageWarnings]

[]は、オプションのパラメータであることを示します。

パラメータ

  • cdbTargetName

    削除するPDBが含まれるターゲット・コンテナ・データベース(CDB)。指定するターゲットCDBがEnterprise Managerの有効なターゲットであることを確認します。

  • cdbTargetType

    ターゲットCDBのデータベース・タイプ。oracle_database、rac_databaseなどを指定できます。

  • cdbHostCreds

    ターゲットCDBがあるホストの資格証明。

  • cdbTargetCreds

    ターゲットCDBの資格証明。

  • pdbName

    削除するPDBの名前。名前はカンマを使用して区切ります。

  • cdbHostPrivCreds

    スナップ・クローン記憶域のマウント・ポイントが配置されているホストの権限付き資格証明。このパラメータが必要となるのは、スナップ・クローンを使用して作成されたPDBを削除する場合のみです。

  • ignoreStorageWarnings

    このオプションを指定すると、スナップ・クローンを使用して作成されたPDBの削除時に生成される可能性がある、記憶域からの警告がすべて無視されます。

この例では、HOST_CREDSをCDBホスト資格証明、DB_CREDSをCDBターゲット資格証明として使用して、test_CDB (Oracleの単一インスタンスCDB)に含まれるtest_pdb PDBを削除します。

emcli delete_pluggable_database -cdbTargetName=test_database -cdbTargetType=oracle_database -pdbName=test_pdb -cdbHostCreds=HOST_CREDS -cdbTargetCreds=DB_CREDS

deploy_bipublisher_reports

このVerbは、Enterprise ManagerのOracleから提供されたすべてのレポート、または任意で特定のEnterprise Manager Plug-inレポートを、BI Publisherカタログにデプロイします。

また、このVerbを使用してレポートのjarファイルをアップロードすることもできます(jarファイルはOMSのファイルシステム上に置かれます)。この操作では、-forceオプションを指定しない場合、Enterprise Managerレポート・フォルダの既存のBI Publisherレポートは上書きされません。


注意:

このVerbにはEnterprise Managerスーパー管理者権限が必要です。

書式

emcli deploy_bipublisher_reports
    [-force]
    [-all | -reportsjarfile=<reports_jar_file> | (-pluginid=<plugin_id>  
[-pluginversion=<plugin_version>]) ) [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ


注意:

-forceを使用すると、操作全体に適用されます。パラメータが1つもない場合、-allを指定しているとみなされます。

-allオプション、-reportsjarfileオプション、または-pluginidオプションを使用できますが、3つを同時に使用することはできません。-pluginidオプションを使用する場合、-pluginversionオプションを含めることもできます。


  • force

    レポートを上書きします。このオプションを使用すると、BI Publisherサーバーのすべてのレポートが新しいコピーで上書きされます。

  • all

    レポートを上書きします。このオプションを使用すると、BI Publisherサーバーのすべてのレポートが新しいコピーで上書きされます。

  • reportsjarfile

    1つ以上のBI Publisherレポートが含まれる、単一のEnterprise ManagerレポートのJARファイルをデプロイします。このJARファイルはOMSの$ORACLE_HOMEと相対的な位置関係にあります。

  • pluginid

    Enterprise Managerシステム・レポートに加えて、ロードされているプラグインベースのBI Publisherレポートもデプロイします。

  • pluginversion

    プラグインを特定のバージョンに限定します。

例1

この例では、Enterprise ManagerのOracleから提供された、すべてのプラットフォームおよびプラグインのレポートをデプロイしますが、既存のレポートは上書きしません。

emcli deploy_bipublisher_reports -all

例2

この例では、チャージバック・レポートおよび傾向レポートのみをデプロイし、既存のレポートがある場合は上書きします。

emcli deploy_bipublisher_reports -force -pluginid=oracle.sysman.emct -pluginversion=12.1.0.3.0

deploy_bipublisher_selfupdates

自己更新Enterprise ManagerレポートをBI Publisherカタログにデプロイします。フォルダ内のすべてのレポートをデプロイするには、-folderオプションを指定します。単一のレポートをデプロイするには、-folderおよび-reportオプションを使用します。すべての自己更新レポートをデプロイするには、-allオプションを指定します。

-forceオプションが指定されないかぎり、デプロイ操作によってBI Publisherカタログ内の既存のBI Publisherレポートが上書きされることはありません。

書式

emcli deploy_bipublisher_selfupdates
    [-force]
    -all | (-folder=<folder> [-report=<reportname>]) 

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • force

    デプロイ中のコピーを使用してBI Publisherカタログ内の既存のレポートを上書きします。

  • all

    すべての自己更新レポートをデプロイします。

  • folder

    デプロイされるレポートを指定したフォルダに制限します。デフォルトでは、-reportオプションも指定されていないかぎり、フォルダ内のすべてのレポートがデプロイされます。

  • report

    指定した単一のレポートをデプロイします。-reportパラメータを使用する場合、-folderパラメータを指定する必要があります。

例1

次の例では、すべての自己更新レポートをデプロイしますが、既存のレポートは上書きしません。

emcli deploy_bipublisher_selfupdates -all

例2

次の例では、すべての自己更新レポートをCompliance Reportsフォルダにデプロイします。

emcli deploy_bipublisher_selfupdates -folder="Compliance Reports"

例3

次の例では、Compliance ReportsフォルダにあるConsolidation Reportという名前の自己更新レポートのみをデプロイし、既存のレポートを上書きします。

 emcli deploy_bipublisher_selfupdates -force -folder="Compliance Reports" -report="Consolidation Report"

deploy_plugin_on_agent

プラグインを管理エージェントにデプロイします。プラグインのデプロイメントには、エージェント名を指定する必要があります。


注意:

プラグインは管理サーバーに正常にデプロイされた後にかぎり、管理エージェントにデプロイできます。

書式

emcli deploy_plugin_on_agent 
        -agent_names=<agent1;agent2>
        -plugin=<plug-in_id[:version>]
        [-discovery_only]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • agent_names

    プラグインをデプロイする必要のある管理エージェント(host:port)。

  • plugin

    デプロイする必要のあるプラグインIDとバージョン。バージョンはオプションです。デフォルトは管理サーバーにデプロイされている適用可能な最新のバージョンです。新しいバージョンが使用可能でもエージェントのOSプラットフォームで認証されていない場合、最新のバージョンは選択されません。

  • discovery_only

    検出コンテンツをデプロイする必要のある場合にのみ使用します。

例1

この例では、管理エージェントmyhost1.example.comに最新バージョンのoracle.sysman.db2をデプロイします。

emcli deploy_plugin_on_agent -plugin="oracle.sysman.db2" 
-agent_names="myhost1.example.com:1838"

例2

この例では、管理エージェントmyhost1.us.example.comにバージョン12.1.0.1.0のプラグインoracle.sysman.db2をデプロイします。

emcli deploy_plugin_on_agent 
      -plugin="oracle.sysman.db2:12.1.0.1.0" 
      -agent_names="myhost1.us.example.com:1838"

deploy_plugin_on_server

プラグインを管理サーバーにデプロイします。プラグインのデプロイメント・プロセスが管理サーバーを再起動することがあります。プラグインがすでにサーバーのいずれかにデプロイされている場合、このサーバーはスキップされます。低いバージョンのプラグインがすでにデプロイされている場合、プラグインはアップグレードされます。低いバージョンのプラグインがすでにデプロイされている場合、新しいリビジョンが適用されます。

書式

emcli deploy_plugin_on_server 
        -plugin=<plug-in_id>[:<version>]
        [-sys_password=<sys_password>]
        [-prereq_check]
        [-use_last_prereq_result]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • plugin

    管理サーバーにデプロイするIDまたはID:バージョン。書式は-plugin=<oracle.sysman.db:12.1.0.1.0>です。プラグインID(oracle.sysman.dbなど)は必須パラメータです。バージョンはオプションです。バージョンを指定しない場合、ダウンロードされている中で最も高いバージョンのプラグインがデプロイメント用とみなされます。このプラグインのバージョンに複数のリビジョンがダウンロードされている場合、最も高いリビジョンがデプロイメント用とみなされます。

  • sys_password

    リポジトリDBA SYSのパスワード。これを指定しない場合、パスワードの入力を要求されます。prereq_checkを使用する場合、これは不要です。

  • prereq_check

    このオプションを指定した場合、プラグインがデプロイされるのではなく、このプラグイン・デプロイメントが正常終了するための前提条件を満たしていないものすべてについてのチェックの表示のみが行われます。このオプションを指定しない場合、前提条件チェックの後にプラグイン・デプロイメントが行われます。

  • use_last_prereq_result

    -prereq_checkオプションを使用して前提条件チェックが特定のプラグイン・セットについてすでに実行されていて、これらのプラグインに対して他のデプロイメント・アクティビティが発生しない場合、このオプションを使用すると、前提条件チェックをスキップしてデプロイメントを即座に開始できます。

例1

この例では、ダウンロード済の最新のバージョンのOracle Databaseプラグイン(プラグインID: oracle.sysman.db)を管理サーバーにデプロイします。

emcli deploy_plugin_on_server 
      -plugin=oracle.sysman.db 
      -sys_password=<sys_password>

例2

この例では、ダウンロード済の最新のバージョンのOracle Databaseプラグイン(プラグインID: oracle.sysman.db)およびOracle Fusion Middlewareプラグイン(oracle.sysman.emas)を管理サーバーにデプロイします。

emcli deploy_plugin_on_server 
      -plugin="oracle.sysman.db;oracle.sysman.emas" 
      -sys_password=<sys password> 

例3

この例では、Oracle Databaseプラグイン(バージョン12.1.0.2.0)およびOracle Fusion Middlewareプラグイン(バージョン12.1.0.2.0)を管理サーバーにデプロイします。SYSパスワードはコマンドラインで渡されていないので、入力を要求されます。

emcli deploy_plugin_on_server 
      -plugin="oracle.sysman.db:12.1.0.2.0;oracle.sysman.emas:12.1.0.2.0"

例4

次の例では、Oracle Databaseプラグイン(バージョン12.1.0.2..0)およびOracle Fusion Middlewareプラグイン(version 12.1.0.2.0)を管理サーバーにデプロイします。SYSパスワードはコマンドラインで渡されていないので、入力を要求されます。両方のプラグインの低いバージョンがすでにデプロイされている場合、これらは12.1.0.2.0にアップグレードされます。デプロイされるプラグインのいずれか一方のバージョンが低い場合、エラーになります。これらは別々にデプロイする必要があります。

emcli deploy_plugin_on_server 
      -plugin="oracle.sysman.db:12.1.0.2.0;oracle.sysman.emas:12.1.0.2.0"

例5

この例では、Oracle Databaseプラグインの前提条件チェックの実行のみを行います。プラグインのデプロイは行われません。

emcli deploy_plugin_on_server 
      -plugin=oracle.sysman.db:11.2.0.1.0 -prereq_check

deregister_forwarder_agents

エージェントのリストを使用し、各エージェントを転送エージェントとして登録解除します。

書式

emcli deregister_forwarder_agents
      -agent_list="agent_list"
[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • agent_list

    フォワーダとして登録解除する必要があるエージェントのリスト。エージェントは空白で区切る必要があります。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、agent1およびagent2を転送エージェントとして登録解除します。

emcli deregister_forwarder_agents 
      -agent_list="agent1 agent2..."  

describe_dbprofile_input

データベース・プロファイル作成の入力変数をすべてリストおよび記述します。

書式

emcli describe_dbprofile_input      [-data_mode={EXPORT/DBCA_TEMPLATE/RMAN/STORAGE_SNAPSHOT}]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • data_mode

    データベース・プロファイルを発行する必要があるデータ・モード。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、スナップショット・データベース・プロファイルを作成するために必要な入力変数をすべてリストします。

emcli describe_dbprofile_input -data_mode=STORAGE_SNAPSHOT

describe_fmw_profile

ソフトウェア・ライブラリのFusion Middlewareプロビジョニング・プロファイルの説明を指定します。

書式

emcli describe_fmw_profile
      -location="Profile Location" 

パラメータ

  • location

    プロファイルへの完全なソフトウェア・ライブラリ・パス。list_fmw_profiles verbを使用して完全パスを識別します。


注意:

名前および所有者のパラメータは同時に使用する必要があります。

次の例では、ソフトウェア・ライブラリのFusion Middlewareプロファイル「MyProfile」の説明を表示します。

emcli describe_fmw_profile       -location="Fusion Middleware Provisioning/Profiles/MyProfile" 

describe_job

ジョブを記述し、ユーザー・インタフェースまたはcreate_job Verbを使用して発行されたジョブのプロパティを取得します。出力をファイルにリダイレクトし、テンプレートとして使用できます。

このVerbはマルチタスク・ジョブをサポートしています。

書式

emcli describe_job
     -name=<"job_name">
     [-owner=<"job_owner">]
     [-verbose]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    記述するジョブの名前。

  • owner

    このジョブを所有するEnterprise Manager管理者。指定しない場合、現在ログイン中のEM CLI管理者が所有者として想定されます。ログイン中のEnterprise Manager管理者は、ジョブを記述するために少なくとも表示権限を持っている必要があります。

  • verbose

    ヘルプ・テンプレートとプロパティを出力します。

例1

この例では、ログイン中のEnterprise Manager管理者が所有しているmyJobという名前のライブラリ・ジョブを記述します。

emcli describe_job -name=myJob

例2

この例では、ログイン中のEnterprise Manager管理者admin1が所有しているyourJobという名前のライブラリ・ジョブを記述します。ログイン中のEnterprise Manager管理者にはこのジョブの表示権限があります。

emcli describe_job -name=yourJob -owner=admin1

例3

emcli describe_job -name=EMCLI_JOB_2

# Job Name : EMCLI_JOB_2

# Current status of the job is ACTIVE.

# Job Type: OSCommand.
# This job type supports the following target types only :
# host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver.
 
target_list=myHost:host
 
# Variable: args
# Description: Parameters of the command to run on the target
variable.args=hello
 
# Variable: command
# Description: Command to run on the target
variable.command=echo
 
# Credential Usage: defaultHostCred
# Description: 
cred.defaultHostCred.myHost:host=NAMED:Admin1:CRED1
 
schedule.frequency=REPEAT_BY_MINUTES
schedule.startTime=2012-02-01 01:01:01.0
schedule.endTime=2051-02-01 01:01:01.0
schedule.gracePeriod=-1
schedule.months=
schedule.days=
schedule.interval=1
schedule.timezone.type=TIMEZONE_TARGET
schedule.timezone.targetIndex=1
schedule.timezone.zoneOffset=0
schedule.timezone.region=

例4

emcli describe_job -name=EMCLI_JOB_2 -verbose

# Job Name : EMCLI_JOB_2

# Current status of the job is ACTIVE.

# Job Type: OSCommand.
# This job type supports the following target types only :
host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver.
 
 
# Target List. 
# In a target list, each member is specified using the target name and target type # in the fashion:
#    target_name:target_type
# To specify an element of the target list, the following notation is used:
#    job_target_list.1=target_name:target_type
# The suffix "1" after the key word "job_target_list" signifies that the entry is # for the first element.
# The target target_name:target_type should exists in EM.
# Permissible target types are: 
host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver.
# A sample target list could be: 
# job_target_list.1=<target_name>:host
# job_target_list.2=<target_name>:host
# The target list can only contain targets of the same target type. A cluster, 
# group, domain or system # target must not be intermixed with targets of the other target types. # Variable List. # In a variable list, each member is specified in the following way: # Scalar variable: A variable whose value can be represented as a single string. # variable.variable_name=variable_value # Here "variable" is a keyword. Variable name is the name of the variable whose
# value is being specified. # Value is specified on the right hand side after the equal to sign. # Vector variable: A variable whose value is represented as an array or list of
# string values. # variable.variable_name.1=value1 # variable.variable_name.2=value2 # Here the numbers suffixing the variable name signify the entry number in the
# list. # Large variable: A variable whose value is exceptionally large. Syntax is similar # to a scalar variable. # variable.large_variable_name=a_very_very_big_value # Credential List. # This is the list of credential usages declared by the job type. # Each entry takes the form: # cred.credusage_name.target_details=cred_type:cred_details # Here the prefix "cred" is a keyword signifying that this line represents a
# credential entry. # "credusage_name" would be substituted with the name of the credential usage
# declared in the job type. # This is followed by the target details, which take the following form: # target_name:target_type # The value for this credential usage entry is specified using the type of the
# credential and its details. # "cred_type" can take either "SET" or "NAMED" as its value, depending on whether # the credential is a credential set or a named credential. # "cred_details" can specify either the name of a credential set or the name of a # named credential based on the "cred_type" # A sample entry for a target target1:host for credential usage defaultHostCred
# for a credential set could look like: # cred.defaultHostCred.target1:host=SET:HostCredsNormal # A sample entry for a target target1:host for credential usage defaultHostCred
# for a named credential could look like: # cred.defaultHostCred.target1:host=NAMED:MyNamedCredential # A sample entry for a target target1:host for credential usage defaultHostCred
# for a named credential shared by EM Admin "admin1" could look like: # cred.defaultHostCred.target1:host=NAMED:admin1:MyNamedCredential # Schedule. # Specify a schedule for the job. Detailed instructions as per below: # Frequency: Specifies the frequency of repeatedly submitting instances of this
# job. # scheule.frequency=Frequency_Type # Frequency type could be either of IMMEDIATE, ONCE, WEEKLY, MONTHLY, YEARLY,
# REPEAT_BY_MINUTES, REPEAT_BY_HOURS, REPEAT_BY_DAYS, REPEAT_BY_WEEKS. # If frequency is IMMEDIATE, then other schedule fields do not matter. # Start Time: Start time for the schedule. # scheule.startTime=MM-DD-YYYY # End Time: End time for the schedule. # scheule.endTime=MM-DD-YYYY # Grace Period: Grace period in minutes for the schedule. # scheule.graceperiod= # Months : Months for repetition. January is denoted by 0 and December by 11 # schedule.months=0,1,2 # Days: Days of the week for repetition. Sunday is denoted by 0 and Saturday by 6. # schedule.days=0,1,2 # Timezone: Timezone information is further detailed into type, target index, zone # offset and region. # schedule.timezone.type: either of TIMEZONE_TARGET, TIMEZONE_SPECIFIED,
# TIMEZONE_REGION_SPECIFIED. # schedule.timezone.targetIndex : specify the index of the target whose
# timezone is to be used. # schedule.timezone.zoneOffset : timezone offset. # schedule.timezone.region : timezone region # Following is a complete schedule section, remove # and populate the values for # submission: # scheule.frequency=ONCE # schedule.startTime=12-21-2012 # schedule.endTime=12-21-2012 # schedule.gracePeriod=10 # schedule.months= # schedule.days= # schedule.timezone.type=TIMEZONE_TARGET # schedule.timezone.targetIndex=1 # schedule.timezone.zoneOffset= # schedule.timezone.region= job_target_list.1=myhost.us.example.com:host # Variable: args # Description: Parameters of the command to run on the target variable.args=hello # Variable: command # Description: Command to run on the target variable.command=echo # Credential Usage: defaultHostCred # Description: cred.defaultHostCred.myhost.us.example.com:host=NAMED:SYSMAN:CRED1 schedule.frequency=REPEAT_BY_MINUTES schedule.startTime=2012-02-01 01:01:01.0 schedule.endTime=2051-02-01 01:01:01.0 schedule.gracePeriod=-1 schedule.months= schedule.days= schedule.interval=1 schedule.timezone.type=TIMEZONE_TARGET schedule.timezone.targetIndex=1 schedule.timezone.zoneOffset=0 schedule.timezone.region=

describe_job_type

ジョブ・タイプを記述し、そのプロパティを取得します。出力をファイルにリダイレクトできます。

このverbは、ジョブ・システムの汎用EM CLIをサポートしているジョブ・タイプのプロパティ・ファイルをダンプ出力します。このファイルには、ドキュメント、必要なすべての資格証明の使用方法のリスト、およびそのジョブ・タイプの(ライブラリ)ジョブ・インスタンスを作成するために必要なすべての変数のリストが含まれます。

このVerbはマルチタスク・ジョブをサポートしています。

書式

emcli describe_job_type
     -job_type=<"job_type_internal_name">
     [-verbose]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • job_type

    記述するジョブ・タイプの名前を指定します。EM CLIを使用してジョブまたはライブラリ・ジョブを作成できるすべてのジョブ・タイプの名前を取得するには、get_job_types verbを使用します。

  • verbose

    ヘルプ・テンプレートとプロパティを出力します。

例1

この例では、ジョブ・タイプMyJobTypeを記述します。

emcli describe_job_type -job_type=MyJobType

例2

この例では、コンソール上にプロパティ・ファイルを作成します。これはファイルにリダイレクトして、何度も使用できます。

emcli describe_job_type -job_type=OSCommand

# Job Type: OSCommand.
# This job type supports the following target types only :
host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver.
 
 
# Variable: args
# Description: Parameters of the command to run on the target
variable.args=
 
# Variable: command
# Description: Command to run on the target
variable.command=
 
# Credential Usage: defaultHostCred
# Description: 
cred.defaultHostCred.<target_name>:<target_type>=

例3

このverboseオプションを使用する例では、ジョブの個々のプロパティの指定方法についてのヘルプを含むプロパティ・ダンプを生成します。

emcli describe_job_type -job_type=OSCommand -verbose

# Job Type: OSCommand.
# This job type supports the following target types only :
host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver.
 
 
# Target List. 
# In a target list, each member is specified using the target name and target type # in the fashion:
#    target_name:target_type
# To specify an element of the target list, the following notation is used:
#    job_target_list.1=target_name:target_type
# The suffix "1" after the key word "job_target_list" signifies that the entry is # for the first element.
# The target target_name:target_type should exists in EM.
# Permissible target types are: 
host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver. # A sample target list could be: # job_target_list.1=<target_name>:host # job_target_list.2=<target_name>:host # The target list can only contain targets of the same target type. A cluster,
# group, domain or system # target must not be intermixed with targets of the other target types. # Variable List. # In a variable list, each member is specified in the following way: # Scalar variable: A variable whose value can be represented as a single string. # variable.variable_name=variable_value # Here "variable" is a keyword. Variable name is the name of the variable whose
# value is being specified. # Value is specified on the right hand side after the equal to sign. # Vector variable: A variable whose value is represented as an array or list of
# string values. # variable.variable_name.1=value1 # variable.variable_name.2=value2 # Here the numbers suffixing the variable name signify the entry number in the
# list. # Large variable: A variable whose value is exceptionally large. Syntax is similar # to a scalar variable. # variable.large_variable_name=a_very_very_big_value # Credential List. # This is the list of credential usages declared by the job type. # Each entry takes the form: # cred.credusage_name.target_details=cred_type:cred_details # Here the prefix "cred" is a keyword signifying that this line represents a
# credential entry. # "credusage_name" would be substituted with the name of the credential usage
# declared in the job type. # This is followed by the target details, which take the following form: # target_name:target_type # The value for this credential usage entry is specified using the type of the
# credential and its details. # "cred_type" can take either "SET" or "NAMED" as its value, depending on whether # the credential is a credential set or a named credential. # "cred_details" can specify either the name of a credential set or the name of a # named credential based on the "cred_type" # A sample entry for a target target1:host for credential usage defaultHostCred
# for a credential set could look like: # cred.defaultHostCred.target1:host=SET:HostCredsNormal # A sample entry for a target target1:host for credential usage defaultHostCred
# for a named credential could look like: # cred.defaultHostCred.target1:host=NAMED:MyNamedCredential # A sample entry for a target target1:host for credential usage defaultHostCred
# for a named credential shared by EM Admin "admin1" could look like: # cred.defaultHostCred.target1:host=NAMED:admin1:MyNamedCredential # Schedule. # Specify a schedule for the job. Detailed instructions as per below: # Frequency: Specifies the frequency of repeatedly submitting instances of this
# job. # scheule.frequency=Frequency_Type # Frequency type could be either of IMMEDIATE, ONCE, WEEKLY, MONTHLY, YEARLY,
# REPEAT_BY_MINUTES, REPEAT_BY_HOURS, REPEAT_BY_DAYS, REPEAT_BY_WEEKS. # If frequency is IMMEDIATE, then other schedule fields do not matter. # Start Time: Start time for the schedule. # scheule.startTime=MM-DD-YYYY # End Time: End time for the schedule. # scheule.endTime=MM-DD-YYYY # Grace Period: Grace period in minutes for the schedule. # scheule.graceperiod= # Months : Months for repetition. January is denoted by 0 and December by 11 # schedule.months=0,1,2 # Days: Days of the week for repetition. Sunday is denoted by 0 and Saturday by 6. # schedule.days=0,1,2 # Timezone: Timezone information is further detailed into type, target index, zone # offset and region. # schedule.timezone.type: either of TIMEZONE_TARGET, TIMEZONE_SPECIFIED,
# TIMEZONE_REGION_SPECIFIED. # schedule.timezone.targetIndex : specify the index of the target whose
# timezone is to be used. # schedule.timezone.zoneOffset : timezone offset. # schedule.timezone.region : timezone region # Following is a complete schedule section, remove # and populate the values for # submission: # scheule.frequency=ONCE # schedule.startTime=12-21-2012 # schedule.endTime=12-21-2012 # schedule.gracePeriod=10 # schedule.months= # schedule.days= # schedule.timezone.type=TIMEZONE_TARGET # schedule.timezone.targetIndex=1 # schedule.timezone.zoneOffset= # schedule.timezone.region= # Variable: args # Description: Parameters of the command to run on the target variable.args= # Variable: command # Description: Command to run on the target variable.command= # Credential Usage: defaultHostCred # Description: cred.defaultHostCred.<target_name>:<target_type>=

describe_library_job

ライブラリ・ジョブを記述し、そのプロパティを取得します。出力をファイルにリダイレクトできます。

書式

emcli describe_library_job
     -name=<"job_name">
     [-owner=<"job_owner">]
     [-verbose]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    記述するライブラリ・ジョブの名前。

  • owner

    このライブラリ・ジョブを所有するEnterprise Manager管理者。指定しない場合、現在ログイン中のEM CLI管理者が所有者として想定されます。ログイン中のEnterprise Manager管理者は、ジョブを記述するために少なくとも表示権限を持っている必要があります。

  • verbose

    ヘルプ・テンプレートとプロパティを出力します。

例1

この例では、ログイン中のEnterprise Manager管理者が所有しているmyLibJobという名前のライブラリ・ジョブを記述します。

emcli describe_library_job -name=myLibJob

例2

この例では、ログイン中のEnterprise Manager管理者admin1が所有しているyourLibJobという名前のライブラリ・ジョブを記述します。ログイン中のEnterprise Manager管理者にはこのライブラリ・ジョブの表示権限があります。

emcli describe_library_job -name=yourLibJob -owner=admin1

例3

emcli describe_library_job -name=MYJOB1

# Job Name : MYJOB1

# Current status of the job is ACTIVE.

# Job Type: OSCommand.
# This job type supports the following target types only :
host,j2ee_application,metadata_repository,oracle_apache,oracle_apm,oracle_beacon,oracle_csa_collector,oracle_database,oracle_emd,oracle_emrep,oracle_home,oracle_ias_farm,oracle_oms,oracle_oms_console,oracle_oms_pbs,weblogic_domain,weblogic_j2eeserver.

 
job_target_list.1=myhost.us.example.com:host
 
# Variable: args
# Description: Parameters of the command to run on the target
variable.args=hello
 
# Variable: command
# Description: Command to run on the target
variable.command=echo
 
# Credential Usage: defaultHostCred
# Description: 
cred.defaultHostCred.myhost.us.example.com:host=NAMED:SYSMAN:CRED1
 
schedule.frequency=REPEAT_BY_MINUTES
schedule.startTime=2012-02-01 01:01:01.0
schedule.endTime=2051-02-01 01:01:01.0
schedule.gracePeriod=-1
schedule.months=
schedule.days=
schedule.interval=1
schedule.timezone.type=TIMEZONE_TARGET
schedule.timezone.targetIndex=1
schedule.timezone.zoneOffset=0
schedule.timezone.region=

describe_patch_plan_input

パッチ計画の入力データを記述します。

書式

emcli describe_patch_plan_input
        -name=<name>

パラメータ

  • name

    指定するパッチ計画の名前。

emcli describe_patch_plan_input -name="plan_name

関連項目


create_patch_plan
delete_patches
get_connection_mode
get_patch_plan_data
list_aru_languages
list_aru_platforms
list_aru_products
list_aru_releases
list_patch_plans
search_patches
set_connection_mode
set_patch_plan_data
show_patch_plan
submit_patch_plan

upload_patches

『Enterprise Managerライフサイクル管理者ガイド』のEM CLIによるパッチ適用に関する項も参照してください。

http://docs.oracle.com/cd/E24628_01/em.121/e27046/emcli.htm#BABDEGHB

describe_procedure_input

デプロイメント・プロシージャまたはプロシージャ構成の入力データを記述します。

書式

emcli describe_procedure_input
      [-procedure=<procedure_GUID>]
      [-name=<procedure_name_or_procedure_conf>]
      [-owner=<procedure_owner_or_procedure_config>]
      [-parent_proc=<procedure_of_procedure_config>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • procedure

    実行するプロシージャのGUID。

  • name

    プロシージャまたはプロシージャ構成の名前。

  • owner

    プロシージャまたはプロシージャ構成の所有者。

  • parent_proc

    プロシージャ構成のプロシージャ。プロシージャとプロシージャ構成の両方が同じ名前を持つ場合に、プロシージャ構成を記述するためにこれを適用します。

emcli describe_procedure_input -procedure=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 > describeDP.properties

diagchecks_deploy_status

各ターゲット・タイプに対して診断チェック・デプロイメントのステータスを取得します。

書式

emcli diagchecks_deploy_status
        [-target_type=<type>]*

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    ターゲットのタイプ。複数の値を指定できます。

diagchecks_deploy_tglist

あるターゲット・タイプについて特定のデプロイメント・タイプのターゲット・リストを取得します。

書式

emcli diagchecks_deploy_tgtlist
        -target_type=<type>
        -deploy_type=<CURRENT|OLDER|MISSING|ALL>
        [-show_excludes]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    ターゲットのタイプ。複数の値を指定できます。

  • deploy_type

    CURRENT、OLDER、MISSINGまたはALLのいずれかのデプロイメント・タイプ。

  • show_excludes

    除外が設定されているターゲットの場合、これらを出力します。

disable_audit

すべてのユーザー操作の監査を無効にします。

書式

emcli disable_audit

この例では、すべての操作の監査を無効にします。

emcli disable_audit

disable_config_history

ターゲット・タイプの構成履歴の計算を無効にします。

書式

emcli disable_config_history 
      -target_type="{target type|'*'}"

パラメータ

  • target_type

    構成履歴を無効にするターゲットのタイプ。値として、内部名か、すべてのターゲット・タイプを示す*を指定する必要があります。

例1

この例では、ホスト・ターゲット・タイプの構成履歴の計算を無効にします。

emcli disable_config_history -target_type="host" 

例2

この例では、すべてのターゲット・タイプの構成履歴の計算を無効にします。

emcli disable_config_history -target_type="*"

disable_sla

ターゲットのSLAを無効にします。

書式

emcli disable_sla
    -targetName=<target_name>
    -targetType=<target_type>
    -slaName=<SLA_name>

パラメータ

  • targetName

    ターゲットの名前。

  • targetType

    ターゲットのタイプ。

  • slaName

    SLAの名前。

この例では、ターゲットmy_service (generic_service)の
gold_slaという名前のSLAを無効にします。

    emcli disable_sla
          -targetName='my_service' -targetType='generic_service'
          -slaName='gold_sla'1

disable_test

サービス・テストの監視を無効にします。

書式

emcli disable_test
      -name=<target_name>
      -type=<target_type>
      -testname=<test_name>
      -testtype=<test_type>

パラメータ

  • name

    サービス・ターゲット名。

  • type

    サービス・ターゲット・タイプ。

  • testname

    テストの名前。

  • testtype

    テスト・タイプ。

この例では、MyTargetという名前のgeneric_serviceターゲットでMyTestという名前のHTTPテストを無効にします。

emcli disable_test -name='MyTarget' -type='generic_service'
      -testname='MyTest' -testtype='HTTP'

discover_bda_cluster

指定したホストに対してビッグ・データ検出を実行します。最新の構成変更の再検出または新規検出用として使用できます。

書式

emcli discover_bda_cluster
        -hostname="host_name"
        -host_credential="host_named_cred"
        -ilom_credential="ilom_named_cred"
        -infiniband_credential="ibswitch_named_cred"
        -cloudera_credential="cloudera_named_cred"
        -snmp_string="SNMP_community_string"

パラメータ

  • hostname

    ビッグ・データ・ネットワーク内のホストの名前。

  • host_credential

    管理エージェント・ホームを所有するoracle OSアカウントの名前付き資格証明。

  • ilom_credential

    ビッグ・データ・ネットワーク内のOracle Integrated Lights Out Manager (Oracle ILOM)サーバー上のroot OSアカウントの名前付き資格証明。

  • infiniband_credential

    ビッグ・データ・ネットワーク内のインフィニバンド・スイッチ上のnm2user OSアカウントの名前付き資格証明。

  • cloudera_credential

    CDHクラスタを管理するCloudera Managerのadminアカウントの名前付き資格証明。

  • snmp_string

    PDUおよびCiscoスイッチのトラップに対するSNMPコミュニティ文字列。読取り専用文字列はpublicです。

次の例では、acme101.comという名前のホスト上でBDAクラスタ検出を実行します。クラスタがすでに存在する場合、最新の構成を更新します。

emcli discover_bda_cluster
         -hostname="acme101.com"
         -host_credential="HOST_CRED"
         -ilom_credential="ILOM_CRED" 
         -infiniband_credential="IB_CRED"
         -cloudera_credential="CM_CRED"
         -snmp_string="public"

discover_cloudera_cluster

指定したCloudera ManagerホストのHadoopクラスタを検出します。最新のクラスタ構成変更の再検出用として使用することもできます。

書式

emcli discover_cloudera_cluster
        -hostname = "host_name"
        -cloudera_credential = "cloudera_named_cred"
        -host_credential  = "host_named_cred"

パラメータ

  • hostname

    クラスタを形成するホストの1つの名前。

  • cloudera_credential

    クラスタを管理するCloudera Managerの名前付き資格証明。

  • host_credential

    指定したホストの名前付き資格証明。

次の例では、指定した名前付き資格証明を使用して、acme101.comという名前のホストが含まれるHadoopクラスタを検出します。

emcli discover_bda_cluster
        -hostname="acme101.com"
        -cloudera_credential="CM_CRED"
        -host_credential="HOST_CRED"

discover_coherence

1つ以上のCoherenceクラスタを検出します。

書式

emcli discover_coherence
      -input_file=coherence_discovery_file:file_path
      [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • input_file

    Coherenceクラスタごとに1行の詳細を含むCSV形式ファイルの完全修飾パス。有効なWebLogicバージョンの値は10です。CSVファイルの構造は、次のとおりです。

    <Management Node host machine name>,
              <Management Node listen port>,
              <Management Node username - optional>,
              <Management Node password - optional>,
              <Management Node service name - optional>,
              <Agent url>        
    

    次に例を示します。

    host1.companyA.com,9910,,,,https://host1.companyA.com:3872/emd/main/,
    

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでverbを実行します。

この例では、my_clusters_info.csvファイルを読み取り、Cloud Controlに追加するクラスタを特定します。

emcli discover_coherence 
  -input_file=coherence_discovery_file:"c:\emcli\my_clusters_info.csv

discover_fa

Fusion Applicationsドメインの検出ファイルを読み取り、ホストで検出されたターゲットをホスト・エージェント・マッピング・ファイルに指定されたエージェントに保存して、複数のFusion Applicationsドメインを検出します。ホスト・エージェント・マッピング・ファイルが指定されていない場合、ローカルのエージェント(ターゲットと同じホストのエージェント)を使用して、検出されたターゲットも保存および監視します。ローカルのエージェントがない場合、デフォルトの検出エージェントを使用して、検出されたターゲットも保存および監視します。


注意:

このverbは、1つのファイルにすべての詳細を追加することにより、一度に複数のFusionインスタンスの検出をサポートしていますが、個々のEM CLI discover_faコマンドを複数回実行して、各Fusionインスタンスを別々に検出することをお薦めします。

書式

emcli discover_fa
      -input_file=fa_domain_discovery_file:file_path
      [-input_file=host_agent_mapping_file:file_path]
      [-input_file=pf_domain_cred_mapping_file:file_path]
      [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • input_file=fa_domain_discovery_file

    追加するドメインごとに1行の詳細を含むCSV形式ファイルの完全修飾パス。有効なWebLogicバージョンの値は10です。CSVファイルの構造は、次のとおりです。

    <WebLogic Server version>,
    <Administration Server host machine name>,
    <Administration Server listen port>,
    <Administration Server username>,
    <Administration Server password>,
    <External Parameters - optional>,
    <JMX Protocol - required only if SSL enabled>,
    <JMX Service URL - required only if SSL enabled>,
    <Unique Domain Identifier>,
    <Agent URL/>,
    <Discover Down Servers - optional - Default if not specified is false starting <PS1. Before PS1 the default for this is true>,
    <Use Same Credentials for All Domains in the Fusion Instance - optional - Default if <not specified is true>
    

    次に例を示します。

    10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,,my_farm_
    01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/,, 10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,,my_farm_
    01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/,true, 10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,,my_farm_
    01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/,true,true 10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,,my_farm_
    01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/,false,true

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=host_agent_mapping_file

    管理対象サーバーが監視され、エージェントが各ホストの管理対象サーバーを監視するために使用されるホストのシステム名(複数行)を含むCSV形式ファイルの完全修飾パス。

    次に例を示します。

    mycompany.com,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main
    

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=pf_domain_cred_mapping_file

    資格証明がfa_domain_discoveryファイルに追加された資格証明と異なるFusionインスタンスの各ドメインのWebLogic管理資格証明(複数行)を含むCSV形式ファイルの完全修飾パス。

    資格証明がpf_domain_cred_mappingファイルで上書きされない場合、同じ資格証明がFusion Applicationインスタンスのすべてのドメインに使用されます。

    次に例を示します。

    <UniqueKey - "<Fusion Instance 
    Identifier><CommonDomainDisplayName>">,<Administration Server
    username>,<Administration Server password>, <UniqueKey - "<Fusion Instance
    Identifier>-<CommonDomainDisplayName>">,<Administration Server
    username>,<Administration Server password>,<Administration Server Host
    Name> Example: fi9-FS,weblogic12,welcome1, fi9-PRJ,faadmin,fusionfa1, fi9-PRC,faadmin,fusionfa1,myhost.us.example.com fi9-PRC,,,myhost.us.example.com

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでverbを実行します。

例1

この例では、my_domains_info.csvファイルを読み取り、Cloud Controlに追加するFusionインスタンスを特定します。また、my_agent_mapping.csvファイルを読み取り、どのエージェントがホストのどの管理対象サーバーを監視するかを特定します。さらに、my_domain_cred_mapping.csvファイルを読み取り、個々の製品ファミリを検出するためにどの資格証明を使用するかを特定します。

emcli discover_fa 
      -input_file=fa_domain_discovery_file:c:\emcli\my_domains_info.csv 
      -input_file=host_agent_mapping_file:c:\emcli\my_agent_mapping.csv 
      -input_file=pf_domain_cred_mapping_file:c:\emcli\my_domain_cred_mapping.csv 

例2

emcli discover_fa -input_file=fa_domain_discovery_file:/tmp/emcli/
domain_discovery_file.txt -input_file=host_agent_mapping_file:/tmp/emcli/
host_agent_mapping_file.txt -debug

例3

emcli discover_fa -input_file=fa_domain_discovery_file:/tmp/emcli/
domain_discovery_file.txt -input_file=host_agent_mapping_filee:/tmp/emcli/
host_agent_mapping_file.txt -input_file=pf_domain_cred_mapping_file:/tmp/emcli/
pf_domain_cred_mapping_file.txt -debug

discover_gf

ドメインの検出ファイルを読み取り、ホストで検出されたターゲットをホスト・エージェント・マッピング・ファイルに指定されたエージェントに保存して、複数のGlassFishドメインを検出します。ホスト・エージェント・マッピング・ファイルが指定されていない場合、ローカルのエージェント(ターゲットと同じホストのエージェント)を使用して、検出されたターゲットを保存および監視します。ローカルのエージェントがない場合、デフォルトの検出エージェントを使用して、検出されたターゲットを保存および監視します。

書式

$emcli discover_gf
       -input_file=domain_discovery_file:file_path
       [-input_file=host_agent_mapping_file:file_path]
       [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • input_file=domain_discovery_file

    追加するドメインごとに1行の詳細を含むCSV形式ファイルの完全修飾パス。CSVファイルの構造は、次のとおりです。

    <Administration Server host machine name>,
    <Administration Server listen port>,
    <Administration Server username>,
    <Administration Server password>,
    <Unique Domain Identifier>,
    <Agent url - optional >,
    <Protocol - optional >,
    <Service URL - optional>,
    <External Parameters - optional>,
    <Discover Down Servers - optional - Default if not specified is false>,\n" +
    

    次に例を示します。

    mco01.mycompany.com,4848,admin,welcome1,my_domain_01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main
    mco01.mycompany.com,4848,admin,welcome1,my_domain_01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main,http,,,true
    

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=host_agent_mapping_file

    管理対象サーバーが監視され、エージェントが各ホストの管理対象サーバーを監視するために使用されるホストのシステム名(複数行)を含むCSV形式ファイルの完全修飾パス。CSVファイルの構造は、次のとおりです。

    <target_host1>,<save_to_agent1>
    <target_host2>,<save_to_agent3>
    

    次に例を示します。

    mycompany.com,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main
    

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでverbを実行します。

例1

$emcli discover_gf -input_file=domain_discovery_file:/tmp/emcli/domain_discovery_file.txt

例2

$emcli discover_gf -input_file=domain_discovery_file:/tmp/emcli/domain_discovery_file.txt -input_file=host_agent_mapping_file:/tmp/emcli/host_agent_mapping_file.txt -debug

discover_siebel

Siebelエンタープライズのインスタンスを検出します。

書式

 emcli discover_siebel
        -input_file=enterprise_info_file:<file_path>
        [-out_file='<fully_qualified_path_of_output_file>']
        [-precheck]
        [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • input_file

    入力ファイルはCSV形式である必要があります。CSVファイルの構造は、次のとおりです。

    GATEWAY_HOST = < Gateway Server Host >,
    PORT = < Gateway Server Port - optional Default if not specified is 2320 >,
    INSTALL_DIR = < Gateway Server Install Directory - optional >,
    ENTERPRISE_NAME = < Siebel Enterprise Name >,
    SIEBEL_USERNAME = < Siebel Enterprise User Name >,
    SIEBEL_PASSWORD = < Siebel Enterprise Password >,
    DATABASE_USERNAME = < Database User Name >,
    DATABASE_PASSWORD = < Database Password >
    

    注意:

    INSTALL_DIRは、Siebelバージョン8.2.2以上を検出する場合には必須パラメータです。

    この例は、Siebelユーザー名とパスワードに「sbluser」と「SBLpass」、データベースユーザー名とパスワードに「dbuser」と「dbpass」をそれぞれ使用し、場所「Location1」にインストールされ、ポート「23201」で実行され、ホスト「host1」にあるゲートウェイを使用するSiebelエンタープライズ(Siebel)の検出を示します。

    GATEWAY_HOST=host1,PORT=23201,INSTALL_DIR=Location1,
    ENTERPRISE_NAME=siebel,SIEBEL_USERNAME=sbluser,
    SIEBEL_PASSWORD=SBLpass,DATABASE_USERNAME=dbuser,
    DATABASE_PASSWORD=DBpass
    

    カンマに関する特殊なケース:

    • パスワードなどいずれかのエントリにカンマ(,)がある場合、CSVファイルにはそのエントリをバックスラッシュとカンマ(\,)として追加する必要があります。たとえば、SIEBEL_PASSWORDがwe,lco,me1の場合、CSVファイルのエントリはSIEBEL_PASSWORD = we\,lc\,ome1となります。

    • パスワードなどいずれかのエントリに、バックスラッシュの後にカンマが続く箇所(\,)がある場合、CSVファイルにはそのエントリをバックスラッシュ2個とカンマ(\\,)として追加する必要があります。たとえば、SIEBEL_PASSWORDがwe\,lco\,me1の場合、CSVファイルのエントリはSIEBEL_PASSWORD = we\\,lc\\,ome1となります。

      input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • out_file

    コマンドの出力は、このファイルにリダイレクトされます。指定しない場合、コンソールに出力されます。

  • debug

    冗長モードで実行し、追加のデバッグ・ログ・メッセージを生成して出力します。指定すると、詳細に出力されます。

  • precheck

    すべての確認と検証を実行して、Siebelエンタープライズの擬似的な検出を行います。このオプションでは、実際の検出に先立って、確認用にこれらのステップの結果をユーザーに示します。これにより、すべての前提条件が満たされていることが確認され、前提条件が満たされている場合は検出は行われません。

例1

この例では、my_enterprise_info.csvファイルを読み込み、Cloud Controlに追加するSiebelエンタープライズ・インスタンスを決定します。コマンドの出力は、discovery_output.txtファイルにリダイレクトされます。

  emcli discover_siebel 
        -input_file=enterprise_info_file:'c:\emcli\my_enterprise_info.csv'
        -out_file='c:\emcli\discovery_output.txt'
        -debug

例2

この例は上述の例と同じですが、-precheckオプションを追加することにより、事前チェックが成功するかどうかを確認し、失敗した場合はエラーを表示します。

  emcli discover_siebel 
        -input_file=enterprise_info_file:'c:\emcli\my_enterprise_info.csv'
        -out_file='c:\emcli\discovery_output.txt'
        -debug

discover_wls

目的

1つ以上のバージョン8.x、9.x、10.x,および12.xのWebLogicドメイン(およびこれにデプロイされるOracle Fusion Middleware 11gソフトウェア)を検出し、どの管理エージェントがどのホストの管理対象サーバーを監視するのかを指定するために使用します。どの管理エージェントがどのホストの管理対象サーバーを監視するかの指定は、バージョン9.x、10.xおよび12.xのWebLogic Serverのみにサポートされている機能です。バージョン8.xのWebLogic Serverを検出する場合、どの管理エージェントがどのホストの管理対象サーバーを監視するかを指定できません。検出を自動的に実行するために使用される管理エージェントが、バージョン8.xのドメイン内のすべてのWebLogic Serverを監視するためです。

機能

このverbは、1つ以上のOracle WebLogic Serverドメインを検出します。domain_discovery_fileというラベルの付いたファイルを読み取ってWebLogic Serverバージョン8.x、9.x、10.xおよび12.xを検出します。すでに検出済のWebLogic Serverを検出しようとする場合、検出済のWebLogic Serverドメインはリフレッシュされることに注意してください。

要件

WebLogic Serverを検出するには、管理サーバーが稼働している必要があります。最初の検出の後またはドメイン・メンバーシップのリフレッシュ中は、一般的なWebLogic Serverの監視のために管理サーバーが稼働している必要はありません。最初の検出の後またはドメイン・メンバーシップのリフレッシュ中は、WLSの監視のために管理対象サーバーが稼働している必要はありません。検出の際には、Cloud Controlによって管理されるすべての管理対象サーバーを稼働させておくことをお薦めします。

domain_discovery_fileが必要です。これがないと検出は行われません。検出を実行する前に、CSV(カンマ区切りの値)形式のファイルを作成する必要があります。検出済コンポーネント(WebLogic Serverバージョン9.x、10.xおよび12.xのみ)を監視用に特定の管理エージェントに保存するには、discover_wls verbでhost_agent_mapping_fileというラベルの付いた2番目のファイルを読み取ります。host_agent_mapping_fileが存在しない場合、domain_discovery_fileで指定されている、実際の検出を実行する管理エージェントは、すべての検出済のターゲットを監視するエージェントとして使用します。

generate_discovery_input Verbとの使用

generate_discovery_input Verbは、自動検出操作によって検出されたターゲットに基づいて自動的に検出入力ファイルを作成します。この検出入力ファイルをdiscover_wls Verbとともに使用して、検出されたドメインを完全に管理されているターゲットとしてプロモートする手順をさらに自動化するために使用できます。

書式

emcli discover_wls
        -input_file=domain_discovery_file:file_path
        [-input_file=host_agent_mapping_file:file_path]
        [-input_file=disable_target_types_file:file_path]
        [-debug]

[ ] indicates that the parameter is optional


パラメータ

  • input_file=domain_discovery_file

    追加するドメインごとに1行の詳細を含むCSV(カンマ区切りの値)形式ファイルの完全修飾パス。これは、WebLogic Serverバージョン8.x、9.x、10.xおよび12.xの場合に有効です。この後の「ファイル構造」の項で
    domain_discovery_fileの各行の形式が示されています。

    domain_discovery_fileの形式について次の点に注意してください。

    パラメータ

    • パラメータの順番は固定です。「ファイル構造」の項のdomain_discovery_fileで示されている順番と同じ順番で指定する必要があります。

    • 指定したパラメータのいずれかでカンマ(,)を使用する場合、次の例で示されているように、バックスラッシュでカンマをエスケープする必要があります。ここでは、パスワードmy,pwdのカンマの前にバックスラッシュを挿入しています。

      10,domain123.xyx.us,11990,weblogic,my\,pwd,,,farm_demo,https://myco01.mycompany.com:3872/emd/main/
      

    デリミタおよび要件

    • デリミタにカンマを使用します。

    • 対応するパラメータを指定しない場合でも、デリミタは指定する必要があります。「ファイル構造」の項のdomain_discovery_fileの最後の行を参照してください。

    • 指定したパラメータの1つでカンマ(,)を使用する場合、バックスラッシュでカンマをエスケープする必要があります。この例では、パスワードにカンマが含まれます。

      10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,welco\,me1,,,,my_farm_01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/
      
    • 指定したパラメータの1つでバックスラッシュを使用する場合、別のバックスラッシュでバックスラッシュをエスケープする必要があります。この例では、パスワードにバックスラッシュが含まれます。

      10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,we\,lco \ \ me1,,,,my_farm_01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/,true,false
      
    • トークンの合計数は各行で固定されていて、10にする必要があります。

    • パラメータの順番は固定です。「ファイル構造」の項のサンプル・ファイル構造で示されている順番と同じ順番でパラメータを指定する必要があります。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=host_agent_mapping_file

    管理対象サーバーが監視されるホストのシステム名(複数行)を含み、各ホストの管理対象サーバーを監視するために使用される管理エージェントを指定するCSV(カンマ区切りの値)形式ファイルの完全修飾パス。これは、WebLogic Serverバージョン9.x、10.xおよび12.xの場合にのみ有効です。各行の書式は次のとおりです。

    <Discovered_target_host_machine_name>,<Agent_URL_to_save/monitor_the_host>
    

    次に例を示します。

    myco01.mycompany.com,https://myco01.mycompany.com:3872/emd/main/
    myco02.mycompany.com,https://myco02.mycompany.com:3872/emd/main/
    myco03.mycompany.com,https://myco03.mycompany.com:3872/emd/main/
    

    パラメータの定義は次のとおりです。

    • Discovered_target_host_machine_name

      検出する必要のあるWebLogic Serverがインストールされているホスト・マシン。myco01ではなく、myco01.mycompany.comのように完全ホスト名を使用します。

    • Agent_URL_to_save/monitor_the_host

      対応するホストですべて検出されたターゲットを監視するために使用する管理エージェントのURL。

    デリミタおよび要件

    • デリミタにカンマを使用します。

    • トークンの合計数は各行で固定されていて、2にする必要があります。

    • パラメータの順番は固定です。「ファイル構造」の項のサンプル・ファイル構造で示されている順番と同じ順番でパラメータを指定する必要があります。

    • <target_host1>および<save_to_agent1>は、どちらも必須パラメータです。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=disable_target_types_file

    検出しない内部ターゲット・タイプ名の複数の行を含む、CSV(カンマ区切りの値)形式ファイルの完全修飾パス。

    次に例を示します。

    oracle_soa_composite
    j2ee_application
    

    discover_wls VerbをFusion Applications WebLogic Serverドメインに対して実行する場合、無効化するターゲット・タイプにFusion Applicationsターゲット・タイプを含めることができます。

  • debug

    デバッグのために冗長モードでこのverbを実行します。

ファイル構造

WebLogic Serverバージョン8.x用のdomain_discovery_file

この例では、WebLogic Serverバージョン8.x用のサンプルのdomain_discovery_fileの構造を示しています。同じ管理エージェントがターゲットの検出および保存に使用されています。OPTはオプション・パラメータを示しています。最後のエントリは、オプション・パラメータAdministration Server Home DirectoryおよびTrusted Keystore Filenameが指定されていない場合の書式を示します。

<WebLogic Server version>,
<Administration Server host machine name>,
<Administration Server listen port>,
<Administration Server username>,
<Administration Server password>,
<Trusted Keystore Filename - required only if SSL enabled>,
<Administration Server Home Directory>,
<Agent Host>,
<Agent Host username>,
<Agent Host password>

次に例を示します。

8,mco02.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,/u01/wls/,mco02.mycompany.com,oracle,oracle

WebLogic Serverバージョン8の場合のパラメータの定義は次のとおりです。

  • WebLogic Server version

    有効な値は8です。この例では、WebLogic Serverバージョン8を検出するための
    domain_discovery_file内のサンプル・エントリを示しています。

    8,myhost.us.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,myhost.us.mycompany.com,
    oracle,welcome1
  • Administration Server Host Machine Name

    検出する必要のあるWeblogic管理サーバーの完全ホスト名(たとえば、myhost.us.mycompany.comなど)。これは必須パラメータです。

  • 管理サーバーのリスニング・ポート

    Weblogic管理サーバーのリスニング・ポート。

  • Administration Server Username

    Weblogic管理サーバーのログイン・ユーザー名。

  • Administration Server Password

    Weblogic管理サーバーのログイン・パスワード。

  • Trusted Keystore Filename

    信頼できるキーストア・ファイル名の絶対パス。これは、管理サーバーのポートがSSL対応の場合に必要です。管理エージェントが管理対象のWebLogic Serverと異なるシステムにある場合、検出の前に信頼できるキーストア・ファイルを管理エージェント・システムのアクセス可能なディレクトリに手動でコピーしてから、このパスを使用する必要があります。

  • Administration Server Home Directory

    weblogic.jarファイルがあるディレクトリの絶対パス。管理エージェントが管理サーバーと異なるシステムにある場合、検出の前にweblogic.jarファイル(<WEBLOGIC_HOME>/server/lib/ディレクトリに存在)を管理エージェント・システムのアクセス可能なディレクトリに手動でコピーしてから、このパスを使用する必要があります。

  • Agent Host

    ターゲットを検出して監視するために使用する管理エージェントのホスト名。

  • Agent Host Username | Agent Host Password

    管理エージェント・ホストのオペレーティング・システム・ユーザーの資格証明。これらの資格証明を使用して、Oracle WebLogic Serverドメインを検出します。

WebLogic Serverバージョン9.x、10.xおよび12.x用のdomain_discovery_file

この例では、WebLogic Serverバージョン9.x、10.xおよび12.x用のサンプルのdomain_discovery_fileの構造を示しています。OPTはオプション・パラメータを示しています。最後のエントリは、オプション・パラメータExternal Parameters、JMX Protocol、JMX Service URLおよびManagement Agent URLが指定されていない場合の書式を示します。

<WebLogic Server version>,
<Administration Server host machine name>,
<Administration Server listen port>,
<Administration Server username>,
<Administration Server password>,
<External Parameters - optional>,
<JMX Protocol - Required only if SSL enabled>,
<JMX Service URL - Required only if SSL enabled>,
<Unique Domain Identifier>,
<Agent URL/>,
<Discover Down Servers - optional - Default if not specified is false 
(starting with the Fusion Middleware Plug-in 12.1.0.3 release. Before this, the
default was true)>, <Use Credential Store - optional - Default if not specified is false> <Enable Refresh Job - optional - Default if not specified is false> <Use Host Name in Service URL - optional - Default if not specified is false>

次に例を示します。

10,mco01.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,,my_farm_01,https://mco01.mycompany.com:3872/emd/main/,false,false

パラメータの定義は次のとおりです。

  • WebLogic Server Version

    有効な値は9、10または12です。この例では、WebLogic Serverバージョン10を検出するための
    domain_discovery_file内のサンプル・エントリを示しています。

    10,myco01.mycompany.com,7001,weblogic,welcome1,,,,soa_farm,
    https://myco02.mycompany.com:8723/emd/main/
    
  • Administration Server Host

    検出する必要のあるWeblogic管理サーバーの完全ホスト名(たとえば、myco01.mycompany.comなど)。これは必須パラメータです。

  • Port

    Weblogic管理サーバーのリスニング・ポート。

  • Username

    Weblogic管理サーバーのログイン・ユーザー名。

  • Password

    Weblogic管理サーバーのログイン・パスワード。

  • External Parameters

    これらのパラメータは、管理サーバーに接続するJavaプロセスに渡されます。これらの各パラメータの先頭は-Dである必要があります。

  • JMX Protocol

    管理エージェントは管理サーバーに対してJMX接続を実行し、ドメインのメンバーを検出します。有効な値はt3、t3s、iiopおよびiiopsです。プロトコルを指定しない場合は、デフォルトのt3が使用されます。

  • JML Server URL

    管理サーバーに対してJMX接続を実行します。このパラメータを指定しない場合、入力パラメータに基づいて作成されます。

  • Unique Domain Identifier

    ターゲットの一意の名前を作成します。このパラメータに使用できるのは、英数字と特殊文字「_」のみで、その他の特殊文字は使用できません。

  • Agent URL

    ターゲットを検出するために使用する管理エージェントのURL。値を指定しない場合は、ターゲットWebLogic Serverに存在するローカルの管理エージェントが使用されます。管理エージェントがターゲットWebLogic Serverで見つからない場合、エラーが表示されます。

  • Discover Down Servers

    この値がtrueの場合、停止しているサーバーが検出されます。falseの場合、停止しているサーバーは検出されません。

  • Use Credential Store

    この値がtrueに設定されている場合、資格証明ストアからWebLogic資格証明が取得されます。

この例では、my_domains_info.csvファイルを読み取り、Cloud Controlに追加するドメインを特定します。また、my_agent_mapping.csvファイルを読み取り、どの管理エージェントがホストのどの管理対象サーバーを監視するかを特定します。

emcli discover_wls
    -input_file=domain_discovery_file:\emcli\my_domains_info.csv
    -input_file=host_agent_mapping_file:\emcli\my_agent_mapping.csv
-debug

この例では、標準的な出力リダイレクトを使用して、手動でdiscover_wlsの出力をファイルにリダイレクトします。

emcli discover_wls input_file=domain_discovery_file:"<fully_qualified_path_of_domain_discovery_file/domain_discovery_file.csv>” > /tmp/emcli/output_file.out

download_ats_test_databank_file

所定のATSテストに対応する指定されたデータバンク・ファイルをダウンロードします。データバンク別名が指定されていない場合、テストのすべてのデータバンクがダウンロードされます。

書式

emcli download_ats_test_databank_file
        -name=<target_name>
        -type=<target_type>
        -testname=<test_name>
        -testtype=<test_type>
        [-databankAlias=<databank_alias>]
        [-output_dir=<output_directory>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ターゲットの名前。

  • type

    ターゲット・タイプの名前。

  • testname

    テストの名前。

  • testtype

    テストのタイプ。

  • databankAlias

    データバンク別名。

  • output_dir

    出力ディレクトリ。ディレクトリが存在していない場合は、作成されます。

例1

この例では、指定したテストについてalias1に対応するデータバンクをダウンロードします。

emcli download_ats_test_databank_file -name="Service Name"
                                      -type="generic_service"
                                      -testname="Test Name"
                                      -testtype="OATS"
                                      -databankAlias="alias1"

例2

この例では、指定したテストに対応するすべてのデータバンクをダウンロードします。

emcli download_ats_test_databank_file -name="Service Name"
                                      -type="generic_service"
                                      -testname="Test Name"
                                      -testtype="OATS"

download_ats_test_zip

指定したATSテストに対応するZIPバンドルをダウンロードします。

書式

emcli download_ats_test_zip
        -name=<target_name>
        -type=<target_type>
        -testname=<test_name>
        -testtype=<test_type>
        [-output_dir=<output_directory>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ターゲットの名前。

  • type

    ターゲット・タイプの名前。

  • testname

    テストの名前。

  • testtype

    テストのタイプ。

  • output_dir

    出力ディレクトリ。ディレクトリが存在していない場合は、作成されます。

emcli download_ats_test_zip -name="Service_Name"
                            -type="Generic_Service"
                            -testname="Test_Name"
                            -testtype="OATS"
                            -output_dir="outputDirectory"

download_update

更新をダウンロードします。

書式

emcli download_update 
        -id="internal id" 

パラメータ

  • id

    ダウンロードする更新の内部識別子。

この例では、更新をダウンロードする対象となるジョブを発行して、発行時にジョブ実行IDを出力します。

emcli download_update 
        -id="914E3E0F9DB98DECE040E80A2C5233EB"

dump_activity_list

現在のアクティビティすべてのリストを出力します。

書式

emcli dump_activity_list 

edit_dbprofile

既存のデータベース・プロファイルのスケジュールおよびパージ・ポリシーを編集します。

書式

emcli edit_dbprofile
      -comp_loc="Database Profile component location in software library"
        [-schedule=          [NONE]|[frequency:interval|weekly|monthly|yearly];
          start_time:yy-MM-dd HH:mm;
          end_time:yy-MM-dd HH:mm;
          [repeat:#m];
          [months:#,#,#,...];
          [days:#,#,#,...];
          [tz:{java timezone ID}];
          [grace_period:xxx];
        ]
        [-purge_policy= DAYS|SNAPSHOTS: number]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • comp_loc

    データベース・プロファイルの場所および名前の組合せ。

  • schedule

    • frequency: データベース・プロファイルを作成する頻度タイプ。間隔(分単位)、weekly、monthlyまたはyearlyを指定できます。

    • start_time: yy-MM-dd HH:mm書式のデータベース・プロファイル・コンポーネントの作成の開始時間を示します。

    • end_time: yy-MM-dd HH:mm書式のデータベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しの終了時間を示します

    • repeat: データベース・プロファイルを作成する繰返し率。頻度が間隔の場合、繰返しは分単位です。

    • months: データベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しが発生するまでの月数。

    • days: データベース・プロファイル・コンポーネントの作成の繰返しが発生するまでの日数。

    • tz: tz:America/New_Yorkなどのタイム・ゾーンID。

    • grace_period: データベース・プロファイルの作成を試行する際に許可される最大遅延を定義する期間(分)。ジョブ・システムでは、スケジュールされた時間に猶予期間を加えた期間内に実行を開始できない場合、データベース・プロファイルの作成のスキップが設定されます。デフォルトでは、猶予期間は無期限になっています。

  • purge_policy

    指定された日数(DAYS)またはスナップショットの数(SNAPSHOT)に基づいて収集されたデータをパージできます。purge_policyパラメータが指定されない場合、デフォルトはNONEです。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、スケジュールを編集し、場所Database Provisioning Profiles/11.2.0.4.0/linux_x64のポリシー・データベース・プロファイルRMAN_Profileをパージします。

emcli edit_dbprofile       -comp_loc="Database Provisioning Profiles/11.2.0.4.0/linux_x64/RMAN_Profile"
      -schedule="frequency:interval;start_time:14-10-05 05:30;end_time:
         14-10-12 05:23;repeat:30;grace_period:60;tz:America/New_York" 
      -purge_policy=DAYS:2        

edit_sl_rule

指定されたサービスのサービスレベル・ルールを編集します。

書式

emcli edit_sl_rule
      -name="target name"
      -type="target type"
      [-expSL="expected service level value"]
      [-repeatSequence="days repeat sequence"]
      [-startTime="start time"]
      [-endTime="end time"]
      [-availStatesInclude="included availability states"]
      [-availStatesExclude="excluded availability states"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ターゲット名を指定します。

  • type

    ターゲット・タイプを指定します。ターゲット・タイプを取得するにはemcli get_targetsを使用します。

  • expSL

    予期するサービスレベル・ルールを指定します。値として0から100までの任意の数を指定する必要があります。

  • repeatSequence

    サービスレベル・ルールを適用する曜日を指定します。「MON, TUE, WED, THU, FRI, SAT, SUN」のようなカンマ区切り値で曜日の値を指定します。

  • startTime

    サービスレベル・ルールの適用を開始する時刻を指定します。HH:minという形式で時刻を入力します。

  • endTime

    サービスレベル・ルールの適用を終了する時刻を指定します。HH:minという形式で時刻を入力します。

  • availStatesInclude

    サービスレベル・ルールを計算するときに含める可用性の状態(UP以外)を指定します。値はBLACKOUTまたはUNKNOWNです。

  • availStatesExclude

    サービスレベル・ルールを計算するときに除外する可用性の状態(UP以外)を指定します。値はBLACKOUTまたはUNKNOWNです。

例1

月曜日から木曜日の午前6時に開始するようにMyServiceサービスレベル・ルールを更新します。

emcli edit_sl_rule
      -name="MyService"
      -type="generic_service"
      -expSL="90.0"
      -repeatSequence="MON,TUE"
      -startTime="06:00"
      -endTime="23:00"
      -availStatesInclude="BLACKOUT"
      -availStatesExclude="UNKNOWN"

enable_audit

すべてのユーザー操作および基本的なユーザー操作の監査を有効にします。他の操作の詳細は、update_audit_settings verbを参照してください。

書式

emcli enable_audit
      [-level=basic]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • level=basic

    基本的なユーザー操作の監査を有効にします。

例1

この例では、すべての操作の監査を有効にします。

emcli enable_audit

例2

この例では、LOGIN、LOGOUT、DB_LOGINおよび
DB_LOGOUTの監査を有効にします。

emcli enable_audit -level=basic

enable_config_history

ターゲット・タイプの構成履歴の計算を有効にします。

書式

emcli enable_config_history -target_type="{target type|'*'}"

パラメータ

  • target_type

    構成履歴を有効にするターゲットのタイプ。値として、内部名か、すべてのターゲット・タイプを示す*を指定する必要があります。

例1

この例では、ホスト・ターゲット・タイプの構成履歴の計算を有効にします。

emcli enable_config_history -target_type="host" 

例2

この例では、すべてのターゲット・タイプの構成履歴の計算を有効にします。

emcli enable_config_history -target_type="*"

enable_forwarder_agents

エージェントのリストを使用し、各エージェントをフォワーダ・エージェントとしてマークします。

書式

emcli enable_forwarder_agents
      -agent_list="agent_list"

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • agent_list

    フォワーダとして登録する必要があるエージェントのリスト。エージェントは空白で区切る必要があります。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、agent1およびagent2を転送エージェントとして有効にします。

emcli enable_forwarder_agents 
      -agent_list="agent1 agent2..."  

enable_sla

ターゲットのSLAを有効にします。

書式

emcli enable_sla
    -targetName=<target_name>
    -targetType=<target_type>
    -slaName=<SLA_name>
    [-now]
    [-versionStart=<MM/dd/yyyy hh:mm a>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • targetName

    ターゲットの名前。

  • targetType

    ターゲットのタイプ。

  • slaName

    SLAの名前。

  • now

    すぐにSLAを有効にします。それ以外の場合、時間にversionStartを使用します。

  • versionStart

    SLAの計算を開始する日時を指定します。

例1

この例では、ターゲットmy_service (generic_service)のgold_slaという名前の
SLAをすぐに有効にします。

    emcli enable_sla
          -targetName='my_service' -targetType='generic_service'
          -slaName='gold_sla' -versionNum=2 -now

例2

この例では、ターゲットmy_service (generic_service)のgold_slaという名前の
SLAを有効にします。2012年9月23日午後3時30分にアクティブになり、計算を開始します。

    emcli enable_sla
          -targetName='my_service' -targetType='generic_service'
          -slaName='gold_sla' -versionNum=2 -versionStart='09/23/2012 3:30 PM'

enable_test

サービス・テストの監視を有効にします。サービス・テストの収集をすべてのビーコンにプッシュします。

書式

emcli enable_test
      -name=<target_name>
      -type=<target_type>
      -testname=<test_name>
      -testtype=<test_type>

パラメータ

  • name

    サービス・ターゲット名。

  • type

    サービス・ターゲット・タイプ。

  • testname

    テストの名前。

  • testtype

    テスト・タイプ。

この例では、MyTargetという名前のgeneric_serviceターゲットでMyTestという名前のHTTPテストを有効にします。

emcli enable_test -name='MyTarget' -type='generic_service'
      -testname='MyTest' -testtype='HTTP'

execute_hostcmd

一連のターゲットに対してホスト・コマンドを実行します。

書式

emcli execute_hostcmd
      -cmd=<host_command"
      -osscript=<script_to_be_executed>
      -targets=<name1:type1;name2:type2;...>
      -credential_set_name=<name>
      [-input_file=<parameter_tag:script_file>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • cmd

    host commandは有効な任意のホスト・コマンドまたはホスト・コマンドのグループです。

  • osscript

    cmdパラメータを指定して実行するOSスクリプト。

  • targets

    ターゲット名とターゲット・タイプのペアのリストです。ホスト・コマンドは、このリストのEnterprise Managerターゲットに対して実行されます。すべてのターゲットは、ターゲットのグループを表すhostまたはcompositeタイプである必要があります。グループの場合、グループはすべてのホスト・ターゲットを抽出するように展開され、ホスト・コマンドはそれらのホスト・ターゲットに対して実行されます。

  • credential_set_name

    credential_set_nameパラメータは、Enterprise Managerリポジトリに格納されている優先資格証明のセット名を参照します。このパラメータがない場合、ホスト・コマンドの実行にはHostCredsNormalが使用されます。hostターゲット・タイプの場合、次の2つの資格証明セットがあります。

    • HostCredsNormal - ホスト・ターゲットに対するデフォルトの権限のない資格証明セット

    • HostCredsPriv - ホスト・ターゲットに対する権限付きの資格証明セット

      資格証明セット・パラメータは、usernamepasswordなどの資格証明の上書きパラメータがない場合のみ指定できます。

      指定されている場合、資格証明の上書きパラメータを完全に指定する必要があります。ホスト・コマンドの場合、usernamepasswordを一緒に指定する必要があります。

  • input_file

    -osscriptオプションとともに使用すると、OSスクリプトの内容をロードできます。-input_fileでは、タグとローカルのファイル・パス間のマッピングを指定します。タグは、-osscriptの実際のOSスクリプトの内容のかわりに指定します。タグにはコロン(:)とセミコロン(;)は使用できません。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

例1

この例では、ターゲットstach.example.com:hostおよびグループgrpに含まれるホスト・ターゲットに対してホスト・コマンドls -l;を実行します。すべてのターゲットに対して、格納されているHostCredsPriv優先資格証明が使用されます。

emcli execute_hostcmd
      -cmd="ls -l;"
      -credential_set_name="HostCredsPriv"
      -targets="stach.example.com:host;grp:composite"

例2

この例では、スクリプト
/scratch/dba_scripts/shellscript.shの内容を-osscriptの値にロードし、ターゲットreference.example.com:hostおよびグループgrpに含まれるホスト・ターゲットに対して実行します。すべてのターゲットに対して、格納されているHostCredsNormal優先資格証明が使用されます。

emcli execute_hostcmd
      -cmd="/bin/sh -s" 
      -osscript="FILE"
      -input_file="FILE:/scratch/dba_scripts/shellscript.sh"
      -credential_set_name="HostCredsNormal"
      -targets="reference.example.com:host;grp:composite"

execute_sql

一連のターゲットに対してSQLコマンドを実行します。

書式

emcli execute_sql
      -sql=<sql_command>
      -targets=<name1:type1;name2:type2;...>
      -credential_set_name=<name>
      [-input_file=<parameter_tag:script_file>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • sql

    sql commandは、1つのSQL文です。

  • targets

    ターゲット名とターゲット・タイプのペアのリストです。SQLコマンドは、このリストのEnterprise Managerターゲットに対して実行されます。すべてのターゲットは、ターゲットのグループを表すoracle_databaseまたはcompositeタイプである必要があります。グループの場合、グループはすべてのデータベース・ターゲットを抽出するように展開され、SQLコマンドはそれらのデータベース・ターゲットに対して実行されます。

  • credential_set_name

    Enterprise Managerリポジトリに格納されている優先資格証明のセット名を参照します。このパラメータがない場合、SQLコマンドの実行にはDBCredsNormalおよびDBHostCreds資格証明セットが使用されます。どちらのターゲット・タイプにも、複数の資格証明セットがあります。

    • HostCredsNormal - ホスト・ターゲットに対するデフォルトの権限のない資格証明セット

    • HostCredsPriv - ホスト・ターゲットに対する権限付きの資格証明セット

    • DBHostCreds - oracle_databaseターゲット用のホスト資格証明セット

    • DBCredsNormal - oracle_databaseターゲット用のデフォルトの標準資格証明セット

    • DBCredsSYSDBA - oracle_databaseターゲット用のsysdba資格証明セット

    credential_set_nameパラメータは、[db_|host_]username
    [db_|host_]passwordなどの資格証明の上書きパラメータがない場合のみ指定できます。指定されている場合、資格証明の上書きパラメータを完全に指定する必要があります。SQLコマンドの場合、db_username
    db_passworddb_rolehost_usernameおよびhost_passwordが必要です。

  • input_file

    -sqlオプションとともに使用すると、SQLスクリプトの内容をロードできます。-input_fileオプションでは、タグとローカルのファイル・パス間のマッピングを指定します。タグは、-sqlの実際のSQLコマンドのかわりに指定します。タグにはコロン(:)とセミコロン(;)は使用できません。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

例1

この例では、ターゲットdatabase:oracle_databaseおよびグループgrpに含まれるデータベース・ターゲットに対してSQLコマンドselect * from sysman.mgmt_targets;を実行します。すべてのターゲットに対して、格納されているSYSDBA優先資格証明が使用されます。

emcli execute_sql
      -sql="select * from sysman.mgmt_targets;"
      -credential_set_name="DBCredsSYSDBA"
      -targets="database:oracle_database;grp:composite"

例2

この例では、スクリプト
/scratch/dba_scripts/enterprise_schema.sqlの内容を-sqlの値にロードし、ターゲットdatabase:oracle_databaseおよびグループgrpに含まれるデータベース・ターゲットに対して実行します。すべてのターゲットに対して、格納されているSYSDBA優先資格証明が使用されます。

emcli execute_sql
      -sql="FILE"
      -input_file="FILE:/scratch/dba_scripts/enterprise_schema.sql"
      -credential_set_name="DBCredsSYSDBA"
      -targets="database:oracle_database;grp:composite"

例3

この例では、asm:osm_instanceおよびグループgrpに含まれるASMターゲットに対してSQLコマンドを実行します。すべてのターゲットに対して、SYSASM優先資格証明が使用されます。

emcli execute_sql
      -sql="select * from sysman.mgmt_targets;"
      -credential_set_name="ASMCredsSYSASM"
      -targets="asm:osm_instance;grp:composite"

export_adm

アプリケーション・データ・モデルを指定されたファイル名で指定されたディレクトリにエクスポートします。

書式

emcli export_adm
     -adm_name=<application_data_model_name>
     [-directory=<directory_path>]
     [-file_name=<file_name>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • adm_name

    エクスポートするアプリケーション・データ名。

  • directory

    アプリケーション・データ・モデルをエクスポートするディレクトリ。ディレクトリが指定されない場合、ファイルは現在のディレクトリに保存されます。

  • file_name

    アプリケーション・データ・モデルをエクスポートするファイルの名前。ファイル名が指定されない場合、デフォルトのファイル名は、指定されたアプリケーション・データ・モデル名と同じになります。ファイル名に拡張子がない場合、デフォルト拡張子は.xmlです。

出力

成功またはエラーを示すメッセージ。

例1

この例では、アプリケーション・データ・モデルSample_ADMをsample_adm.xmlファイルにエクスポートします。

emcli export_adm
       -directory=/home/user
       -adm_name=Sample_ADM
       -file_name=sample_adm.xml

export_charge_plans

チャージ・プラン・メタデータをXMLファイルにエクスポートします。

書式

emcli export_charge_plans  
        [-charge_plan="plan_name"[-entity_type = chargeback_entity_type]]
        [-start_date=ddmmyyyy]
        -file=file_name
[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • charge_plan

    エクスポートするチャージ・プランの名前。このパラメータが指定されない場合、すべてのチャージ・プラン・メタデータがエクスポートされます。

  • entity_type

    チャージ・プランをエクスポートするチャージバック・エンティティ・タイプの名前。このパラメータが指定されない場合、チャージ・プランのすべてのエンティティ・タイプ・チャージ・レートがエクスポートされます。

  • start_date

    チャージ・プラン・メタデータをエクスポートするレポート・サイクルの開始日。開始日の値はddmmyyyy形式で指定する必要があります。このパラメータが指定されない場合、現在のレポート・サイクルの開始日が使用されます。

  • file

    メタデータのエクスポート先の絶対パス。

例1

この例では、現在のレポート・サイクルでアクティブだったすべてのチャージ・プランのメタデータを、ファイル/home/allplans.xmlにエクスポートします。

emcli export_charge_plans
        -file=/home/allplans.xml

例2

この例では、現在のレポート・サイクルでアクティブな場合にチャージ・プランPlan Aのメタデータを、ファイル/home/plans.xmlにエクスポートします。

emcli export_charge_plans
        -charge_plan="Plan A"
        -file=/home/plans.xml 

例3

この例では、現在のレポート・サイクルでアクティブな場合にチャージ・プランPlan Aに関連付けられているhostエンティティ・タイプのメタデータを、ファイル/home/plans.xmlにエクスポートします。

emcli export_charge_plans
        -charge_plan="Plan A"
        -entity_type=host
        -file=/home/plans.xml 

例4

この例では、01062014に開始するレポート・サイクルでアクティブな場合にチャージ・プランPlan Aのメタデータを、ファイル/home/plans.xmlにエクスポートします。

emcli export_charge_plans
        -charge_plan="Plan A"
        -start_date=01062014
        -file=/home/plans.xml 

export_compliance_group

名前、作成者およびバージョンを指定して、コンプライアンス・グループ定義およびすべての要素定義をエクスポートします。

書式

emcli export_compliance_group
      -name=<name>
      -author=<author>
      -version=<name>
      -output_file=<file>

パラメータ

  • name

    エクスポートするグループの名前。

  • author

    エクスポートするグループの作成者。

  • version

    エクスポートするグループのバージョン。

  • output_file

    エクスポート・ファイルの名前。

例1

emcli export_compliance_group \
     -name="foo" \
     -author="Jonas" \
     -version="99" \
     -output_file="$HOME/reports/group.xml"

export_compliance_standard_rule

指定したファイルにルールをエクスポートします。

書式

export_compliance_standard_rule
  -name=<name>
  -target_type=<target_type>
  -output_file=<file>

パラメータ

  • name

    エクスポートするルールの名前。

  • target_type

    エクスポートするルールのターゲット・タイプ。

  • output_file

    エクスポート・ファイルの名前。

例1

emcli export_compliance_standard_rule \
     -name="foo" \
     -target_type="weblogic_j2eeserver" \
     -output_file="$HOME/reports/rule.xml"

export_custom_charge_items

指定されたXMLファイルにユーザー定義チャージ・アイテム・メタデータをエクスポートします。

書式

emcli export_custom_charge_items
        -entity_type="entity_type"
        -file=output_file

パラメータ

  • entity_type

    チャージ・アイテム・メタデータをエクスポートするエンティティの名前。

  • file

    指定されたエンティティ・タイプに関連付けられたユーザー定義チャージ・アイテムを書き込むファイルのフルパス。

この例では、hostエンティティ・タイプに関連付けられたユーザー定義チャージ・アイテム・メタデータを、homeディレクトリのmyhost.xmlファイルに書き込みます。

emcli export_custom_charge_items
        -entity_type="host"
        -file=/home/myhost.xml

export_jobs

修正処理も含めて、Enterprise Manager内の一致するすべてのジョブ定義をエクスポートします。システム・ジョブとネストされているジョブは除外されます。

書式

emcli export_jobs 
   -export_file=<zip_file_name>"   
   [-name="job_name1;job_name2;..."]
   [-type="job_type1;job_type2;..."]
   [-targets="tname1:ttype1;tname2:ttype2;..."]
   [-owner="owner1;owner2;..."]
   [-preview]   

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • export_file

    作成するZipファイル名。

  • name

    フィルタリングに使用するジョブ名のパターン。ジョブ名をセミコロンで区切って指定できます。1つの値でフィルタする場合は、ワイルドカード文字(%または_)も使用できます。ワイルドカード%は1つ以上の文字と一致します。_ (アンダースコア)は1つの文字のみと一致します。

  • type

    フィルタリングに使用するジョブ・タイプのパターン。ジョブ・タイプをセミコロンで区切って指定できます。1つの値でフィルタする場合は、ワイルドカード文字(%または_)を使用できます。

  • targets

    フィルタリングに使用するターゲットの名前とタイプのパターン。ターゲットの名前とタイプをセミコロンで区切って指定できます。1つの値でフィルタする場合は、ワイルドカード文字(%または_)を使用できます。

  • owner

    フィルタリングに使用するジョブの所有者。ジョブ所有者をセミコロンで区切って指定できます。

  • preview

    Enterprise Managerサイト内のフィルタ基準と一致するジョブがstdoutに出力されます。ジョブはファイルにはエクスポートされません。

出力列

成功またはエラーを示すメッセージ。

例1

この例では、ジョブMYJOB1およびMYJOB2のジョブ定義をjob_data.zipにエクスポートします。

emcli export_jobs -name=MYJOB1;MYJOB2 -export_file=jobsdata.zip

例2

この例では、名前がADMINで開始するユーザーによって所有されるすべてのジョブのジョブ定義をエクスポートします。

emcli export_jobs -owner=ADMIN% -export_file=jobsdata.zip

例3

この例では、ジョブMYJOB1およびMYJOB2のジョブ定義をjob_data.zipにエクスポートします。

emcli export_jobs -name=MYJOB1;MYJOB2 -export_file=jobsdata.zip

例4

この例では、名前がADMINで開始するユーザーによって所有されるすべてのジョブのジョブ定義をエクスポートします。

emcli export_jobs -owner=ADMIN% -export_file=jobsdata.zip

export_masking_definition

マスキング定義をXML形式でエクスポートします。

書式

emcli export_masking_definition
     -definition_name=<masking_definition_name>
     [-path=file_path]
     [-file=file_name]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • definition name

    マスキング定義の名前。

  • path

    マスキング・スクリプトを保存するファイル名のパス。ファイル名は自動生成されます。-pathと-fileは相互に排他的です。絶対パスのみが許可されます。

  • file

    マスキング・スクリプトを保存するファイル名。ファイル名には絶対パスが含まれている必要があります。-pathと-fileは相互に排他的です。

出力列

成功またはエラーを示すメッセージ。

例1

この例では、指定したパスのXMLファイルにマスキング定義mask_hr_dataをエクスポートします。

emcli export_masking_definition
      -definition_name=mask_hr_data
      -path=/tmp/

例2

この例では、abc.xmlという名前のXMLファイルにマスキング定義mask_hr_dataをエクスポートします。

emcli export_masking_definition
      -definition_name=mask_hr_data
      -file=/tmp/abc.xml

export_metric_extension

メトリック拡張アーカイブ・ファイルをエクスポートします。

書式

emcli export_metric_extension
       -file_name=<metric_extension_archive_name>
       -target_type=<metric_extension_target_type>
       -name=<metric_extension_name>
       -version=<metric_extension_version>

パラメータ

  • file_name

    エクスポートするメトリック拡張アーカイブ・ファイルの名前。

  • target_type

    メトリック拡張のターゲット・タイプ。

  • name

    メトリック拡張の名前。

  • version

    エクスポートするメトリック拡張のバージョン。

この例では、指定したターゲット・タイプ、名前およびバージョンのメトリック拡張のアーカイブを作成します。

emcli export_metric_extension -file_name=<name of the metric extension archive> -target_type=<target type of the metric extension> -name=<name of the metric extension -version=<version of the metric extension>

export_report

タイトルと所有者を指定して、情報パブリッシャ・レポート定義およびすべての要素定義をエクスポートします。

書式

emcli export_report
      -title=<report_title>
      -owner=<report_owner>
      -output_file=<file>

パラメータ

  • title

    エクスポートするレポートのタイトル。Oracleによって提供されたレポートのコピーをエクスポートするには、タイトルの値に、リポジトリに保存された内部レポート・タイトル値を指定する必要があります。内部タイトルの使用を避けるには、レポートのコピーを作成して任意のタイトルを付け、そのタイトルを使用してレポートをエクスポートします。

  • owner

    エクスポートするレポートの所有者。ログインしているemcliユーザーは、レポートの表示権限を持っている必要があります。ターゲット名はエクスポートされません。レポートはタイトルと所有者により一意に定義されるため、その両方を指定する必要があります。

  • output_file

    エクスポート・ファイルの名前。

 emcli export_report       -title=Maintenance_Report       -owner=SHIFT1_OPERATOR       -output_file=$HOME/reports/maint_report.xml

export_sla

SLAの構成詳細をローカル・ファイルに抽出します。slaNameまたはバージョン(またはその両方)を指定しない場合、複数のSLAが同じ出力ファイルにエクスポートされます。

書式

emcli export_sla
    -targetName=<target_name>
    -targetType=<target_type>
    [-slaName=<SLA_name>]
    -output_file=<output_filename>

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • targetName

    ターゲットの名前。

  • targetType

    ターゲットのタイプ。

  • slaName

    SLAの名前。

  • output_file

    テンプレートの出力ファイル名。ファイルが存在しない場合は作成され、すでに存在している場合は上書きされます。(抽出操作が成功していると想定されます。操作が失敗すると、ファイルは作成されません。既存のファイルは変更されません。)

この例では、ターゲットmy_serviceのgold_slaという名前のSLAの構成詳細が含まれている、service_sla.xmlという名前の出力ファイルを作成します。

emcli export_sla
          -targetName='my_service' 
          -targetType='generic_service'
          -slaName='gold_sla'
          -output_file='service_sla.xml'

export_standard

リポジトリからXMLファイルに標準をエクスポートします。

書式

emcli export_standard
      -name=<name>
      -author=<author>
      -version=<name>
      -output_file=<file>

パラメータ

  • name

    エクスポートする標準の名前。

  • author

    エクスポートする標準の作成者。

  • version

    エクスポートする標準の作成者。

  • output_file

    エクスポート・ファイルの名前。

emcli export_standard \
     -name=foo \
     -author=Curly \
     -version=99 \
     -output_file=$HOME/reports/standard.xml

export_subset_definition

指定されたサブセット定義を、指定されたディレクトリの場所にXMLファイルとしてエクスポートします。

書式

emcli export_subset_definition
   -subset_name=<subset_definition_name>
   [-file_name=<file_name>]
   [-directory=<directory_path>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • subset_name

    エクスポートするサブセット定義名。

  • file_name

    エクスポートするファイルを保存するファイル名。ファイル名を指定しないと、サブセット定義名が付けられて保存されます。拡張子を指定しないと、デフォルトの拡張子として.xmlが使用されます。

  • directory

    エクスポートするファイルを保存するディレクトリの場所。ディレクトリを指定しない場合、ファイルは現在のディレクトリ内に保存されます。

出力

エクスポートの成功またはエラーを示すメッセージ。

例1

この例では、HR_Subsetという名前のサブセット定義を現在のディレクトリにXMLとしてエクスポートします。

emcli export_subset_definition -subset_name=HR_Subset

例2

この例では、HR_Subsetという名前のサブセット定義を、ディレクトリpath /scratch/subsetにHR_Subset_Exportという名前のXMLとしてエクスポートします。

emcli export_subset_definition -directory=/scratch/subset -subset_name=HR_Subset -file_name=HR_Subset_Export

export_template

監視テンプレートをエクスポートし、同時にテンプレートのUDMもエクスポートします。テンプレートは、XMLファイルの形式でファイル・システムにエクスポートするか、XML形式で標準出力に出力することができます。

書式

emcli export_template
      -name=<name>
      -target_type=<target_type>
      [-output_file=<file_for_exported_template>]
      [-archive]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    テンプレートの名前。名前とターゲット・タイプによりテンプレートは一意に識別されます。

  • target_type

    テンプレートのターゲット・タイプ。

  • output_file

    テンプレートを出力するファイルを指定します。指定しない場合、テンプレートはstdoutに出力されます。

  • archive

    テンプレートをZIPファイルとしてエクスポートする必要があることを指定します。メトリック拡張がテンプレートに含まれている場合、このオプションはテンプレートをZIPファイルとしてエクスポートするために必要です。

例1

この例では、HOST_TEMP1という名前とhostというターゲット・タイプで指定したテンプレートXMLを画面に出力します。

emcli export_template -name=HOST_TEMP1 -target_type=host

例2

この例では、HOST_TEMP1という名前とhostというターゲット・タイプで指定したテンプレートXMLをtest.xmlファイルに作成します。

emcli export_template -name=HOST_TEMP1 -target_type=host -output_file=test.xml

例3

この例では、HOST_TEMP1という名前とhostというターゲット・タイプで
指定したテンプレート・アーカイブをtest.zipファイルに作成します。

emcli export_template -name=HOST_TEMP1  -target_type=host -output_file=test.zip -archive

export_update

自己更新アーカイブ・ファイルをEnterprise Managerから指定した場所にエクスポートします。

書式

emcli export_update 
        -id="internal id" 
        -dir="dir" 
        -omslocal 
emcli export_update 
        -id="internal id" 
        -dir="dir" 
        -host="hostname" 
        [-credential_set_name="setname"] | -credential_name="name" 
-credential_owner="owner" [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • id

    エクスポートする更新の内部識別子。

  • dir

    更新がエクスポートされるディレクトリの完全パス。

  • omslocal

    ディレクトリがOMSからアクセス可能であることを指定するフラグ。

  • host

    更新がエクスポートされるホスト・ターゲットのターゲット名。

  • credential_set_name

    ホスト・ターゲットのリポジトリに格納されている優先資格証明のセット名。次のいずれかにすることができます。HostCredsNormal: デフォルト非特権資格証明セット HostCredsPriv: 特権資格証明セット

  • credential_name

    リポジトリに格納されている名前付き資格証明の名前。このオプションはcredential_ownerオプションと一緒に指定する必要があります。

  • credential_owner

    リポジトリに格納されている名前付き資格証明の所有者。このオプションはcredential_nameオプションと一緒に指定する必要があります。

例1

この例では、更新アーカイブ・ファイルを/u01/common/にエクスポートします。ディレクトリはOMSホスト上に存在している必要があります。複数のOMSが設定されている場合、リクエストは、どのOMSでも処理できます。そのため、ディレクトリは、リクエストを処理するOMSからアクセス可能である必要があります。これは、通常、ディレクトリがすべてのOMSからアクセス可能な共有の場所に存在している必要があることを意味します。

emcli export_update 
        -id="914E3E0F9DB98DECE040E80A2C5233EB" 
        -dir="/u01/common/" 
        -omslocal

例2

この例では、更新アーカイブ・ファイルをホストhost1.example.comにある/u01/common/にエクスポートします。ホストはEnterprise Managerの管理対象ホスト・ターゲットである必要があります。このホストの管理エージェントは稼働中でなければなりません。ホストhost1.example.comの優先非特権資格証明は、リモート・ファイルをプッシュするために使用します。

emcli export_update 
        -id="914E3E0F9DB98DECE040E80A2C5233EB" 
        -dir="/u01/common/" 
        -host="host1.example.com" 
        -credential_set_name="HostCredsNormal" 

例3

この例では、更新アーカイブ・ファイルをホストhost1.example.comにある/u01/common/にエクスポートします。ホストはEnterprise Managerの管理対象ホスト・ターゲットである必要があります。このホストの管理エージェントは稼働中でなければなりません。ユーザーadmin1が所有している名前付き資格証明host1_credsは、リモート・ファイルをプッシュするために使用します。

emcli export_update 
        -id="914E3E0F9DB98DECE040E80A2C5233EB" 
        -dir="/u01/common/" 
        -host="host1.example.com" 
        -credential_name="host1_creds" 
        -credential_owner="admin1"

extend_as_home

指定されたApplication ServerのOracleホームまたはソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントをターゲット・ホストから指定された接続先にクローニングします。新しいホストは既存のクラスタに結合されます。PortalまたはWirelessの場合、OIDユーザーおよびパスワードも必要です。データベースをベースとするリポジトリのみに接続しているJ2EEの場合、DCMスキーマ・パスワードが必要です。

EM CLI経由での変数の受渡し

%perlbin%または%oracle_home%のような変数を使用すると、EM CLIは値そのもののかわりに現在のローカル環境からの変数値を渡します。EM CLIコマンドを使用して変数を渡すために、-prescriptsまたは-postscriptsオプションを使用している場合があり、そのときはバッチファイルの中にEM CLIコマンドを設定しますが、%%%に置き換えて指定します。

書式

emcli extend_as_home
       -input_file="dest_properties:file_path"
       -list_exclude_files="list of files to exclude"
       -isSwLib="true/false"
       -tryftp_copy="true/false"
       -jobname="name of cloning job"
       -iasInstance=instance
       -clustername=name of the cluster to join
       -oldIASAdminPassword=oldpass
       -newIASAdminPassword=newpass
       [-oiduser=oid admin user]
       [-oidpassword=oid admin password]
       [-dcmpassword=dcm schema password]
       [-prescripts=script name to execute"]
       [-run_prescripts_as_root="true/false"]
       [-postscripts=script to execute"]
       [-run_postscripts_as_root="true/false"]
       [-rootscripts=script name to execute"]
       [-swlib_component ="path:path to component;version:rev"] 
       [-source_params="TargetName:name;HomeLoc:loc;HomeName:name;
         ScratchLoc:Scratch dir Location"
       [-jobdesc="description"]

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • input_file=dest_properties

    ターゲットに関する情報を含むファイル。ファイルの各行は、1つの接続先に関する情報に対応します。

    書式:

    Destination Host Name1;Destination Home Loc; Home Name; Scratch Loca

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • input_file=list_exclude_files

    除外するファイルをカンマで区切ったリスト。ソースがソフトウェア・ライブラリの場合は必要ありません。アスタリスク(*)をワイルド・カードとして使用できます。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • isSwLib

    ソースがOracleホーム・データベースかソフトウェア・ライブラリかを指定します。

  • tryftp_copy

    FTPでコピーするかどうかを指定します。コマンドラインからEM CLIを使用する場合は、FTPコピー・オプションをfalseに設定する必要があります。

  • jobname

    クローニング・ジョブの名前。

  • iasInstance

    Application Serverインスタンス。

  • clustername

    結合するクラスタの名前。

  • oldIASAdminPassword

    古いApplication Server管理者パスワード。

  • newIASAdminPassword

    新しいApplication Server管理者パスワード。

  • oiduser

    OID管理者ユーザー。

  • oidpassword

    OID管理者パスワード。

  • dcmpassword

    DCMスキーマ・パスワード。

  • prescripts

    実行するスクリプトのパス。


    注意:

    二重引用符で囲まれたパラメータは、エスケープ(\)文字を使用することによって受渡し可能です。次に例を示します。
    prescripts=" <some value here>=\"some value here\" " 
    

  • run_prescripts_as_root

    前処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • postscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • run_postscripts_as_root

    後処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • rootscripts

    実行するスクリプトのパス。ジョブ・システム環境変数(%oracle_home%%perl_bin%)を使用して、スクリプトの場所を指定できます。

  • swlib_component

    クローニングするソフトウェア・ライブラリへのパス。この場合、isSwLibをtrueに設定する必要があります。

  • source_params

    ソースOracleホーム情報。この場合、isSwLibをfalseに設定する必要があります。

  • jobdesc

    ジョブの説明。指定しない場合、デフォルトの説明が自動的に生成されます。

emcli extend_as_home
   -input_file="dest_properties:/home/destinations.txt"
   -list_exclude_files="centralagents.lst"
   -isSwLib="false"
   -tryftp_copy="false"
   -jobname="extend as home"
   -iasInstance="asinstancename"
   -isIas1013="false"
   -clustername=ascluster
   -oldIASAdminPassword="oldpassword"
   -newIASAdminPassword="newpassword"
   -prescripts="/home/abc/myscripts"
   -run_prescripts_as_root="true"
   -rootscripts="%oracle_home%/root.sh"
   -source_params="TargetName:host.domain.com;HomeLoc=/home/oracle/appserver1;
HomeName=oracleAppServer1;ScratchLoc=/tmp"

extend_crs_home

Oracleクラスタウェアのソース・ホームの場所またはOracleクラスタウェアのソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントを使用して、Oracleクラスタウェアのクラスタを指定された接続先まで拡張します。コンポーネントが使用されている場合、Oracleホーム名およびホームの場所とともに、現行クラスタに含まれるホストの情報を提供する必要があります。ソース・ホームからクローニングする場合、ソース情報(-srchost-home_name-home_location)を2度渡す必要はありません。この情報はホームから抽出されます。これらは、ソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントからクローニングする場合のみ必要です。

書式

 emcli extend_crs_home
    -input_file="dest_properties:file_path"
    -list_exclude_files="list of files to exclude"
    -clusternodes="node1;node2;node3;node4"
    -clustername="name of cluster to create"
    -isSwLib="true/false"
    -tryftp_copy="true/false"
    -jobname="name of cloning job"
     [-srchost=name of a host node present on the cluster being extended"]
     [-home_name="home name on a host for the existing Oracle Clusterware
       cluster"]
     [-home_location="location on a host for the existing Oracle Clusterware
       cluster"]
     [-prescripts=script name to execute"]
     [-run_prescripts_as_root="true/false"]
     [-postscripts=script to execute"]
     [-run_postscripts_as_root="true/false"]
     [-rootscripts=script name to execute"]
     [-swlib_component ="path:path to component;version:rev"] 
     [-source_params="TargetName:name;HomeLoc:loc;HomeName:name;
       ScratchLoc:Scratch dir Location"]
     [-jobdesc="description"]

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • input_file

    ターゲットに関する情報を含むファイル。ファイルの各行は、1つの接続先に関する情報に対応します。

    書式:

    Destination Host Name1;Destination Node Name;Scratch Location;PVTIC;VirtualIP;

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • list_exclude_files

    除外するファイルをカンマで区切ったリスト。ソースがソフトウェア・ライブラリの場合は必要ありません。アスタリスク(*)をワイルド・カードとして使用できます。

  • clusternodes

    クラスタ内の現行ノードのリスト。

  • clustername

    作成するクラスタの名前。

  • isSwLib

    ソースがOracleホーム・データベースかソフトウェア・ライブラリかを指定します。

  • tryftp_copy

    FTPでコピーするかどうかを指定します。コマンドラインからEM CLIを使用する場合は、FTPコピー・オプションをfalseに設定する必要があります。

  • jobname

    クローニング・ジョブの名前。

  • srchost

    拡張するOracleクラスタウェアのクラスタを構成するホストの名前。

  • home_name

    現行のOracleクラスタウェアのすべてのクラスタ・ノードが使用するホームの名前。

  • home_location

    現行のOracleクラスタウェアのすべてのクラスタ・ノードが使用するホームの場所。

  • prescripts

    実行するスクリプトのパス。


    注意:

    二重引用符で囲まれたパラメータは、エスケープ(\)文字を使用することによって受渡し可能です。次に例を示します。
    prescripts=" <some value here>=\"some value here\" " 
    

  • run_prescripts_as_root

    前処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • postscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • run_postscripts_as_root

    後処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • rootscripts

    実行するスクリプトのパス。ジョブ・システム環境変数(%oracle_home%%perl_bin%)を使用して、スクリプトの場所を指定できます。

  • swlib_component

    クローニングするソフトウェア・ライブラリへのパス。この場合、isSwLibをtrueに設定する必要があります。

  • source_params

    ソースOracleホーム情報。この場合、isSwLibをfalseに設定する必要があります。

  • jobdesc

    ジョブの説明。指定しない場合、デフォルトの説明が自動的に生成されます。

emcli extend_crs_home -input_file="dest_properties:crs.prop"  -list_exclude_files=""
   -isSwLib="false"
   -tryftp_copy="false" -jobname="crs extend job"
   -home_name="cloneCRS1"
   -home_location="/scratch/scott/cloneCRS1 "
   -clusternodes="node1;node2" -clustername="crscluster"
   -postscripts="%perlbin%/perl%emd_root%/admin/scripts/cloning/samples/
post_crs_extend.pl ORACLE_HOME=%oracle_home%" -run_postscripts_as_root="false" -rootscripts="%oracle_home%/root.sh" -source params="TargetName:testhost;HomeLoc:
/scratch/scott/cloneCRS1;HomeName:cloneCRS1;ScratchLoc:/tmp"

EM CLI経由での変数の受渡し

%perlbin%または%oracle_home%のような変数を使用すると、EM CLIは値そのもののかわりに現在のローカル環境からの変数値を渡します。EM CLIコマンドを使用して変数を渡すために、-prescriptsまたは-postscriptsオプションを使用している場合があり、そのときはバッチファイルの中にEM CLIコマンドを設定しますが、%%%に置き換えて指定します。

extend_rac_home

指定されたOracleホームの場所またはRACソフトウェア・ライブラリ・コンポーネントを指定された接続先にクローニングして、RACクラスタを拡張します。コンポーネントが使用されている場合、Oracleホーム名およびホームの場所とともに、現行クラスタに含まれるホストの情報を提供する必要があります。ソース・ホームからクローニングする場合、この情報はホームから自動的に抽出されます。

書式

emcli extend_rac_home
   -input_file="dest_properties:file_path"
   -list_exclude_files="list of files to exclude"
   -isSwLib="true/false"
   -tryftp_copy="true/false"
   -jobname="name of cloning job"
   -clusternodes="node1;node2;node3;node4"
    [-srchost=name of a host node present on the RAC cluster being extended"]
    [-home_name="home name on a host for the existing RAC cluster"]
    [-home_location="location on a host for the existing RAC cluster"]
    [-prescripts="script name to execute"]
    [-run_prescripts_as_root="true/false"]
    [-postscripts="script to execute"]
    [-run_postscripts_as_root="true/false"]
    [-rootscripts="script name to execute"]
    [-swlib_component ="path:path to component;version:rev"] 
    [-source_params="TargetName:name;HomeLoc:loc;HomeName:name;
      ScratchLoc:Scratch dir Location"]
    [-jobdesc="description"]

[ ] denotes that the parameter is optional

オプション

  • input_file

    ターゲットに関する情報を含むファイル。ファイルの各行は、1つの接続先に関する情報に対応します。

    書式:

    Destination Host Name;Destination Node Name;Scratch Location;

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • list_exclude_files

    除外するファイルをカンマで区切ったリスト。ソースがソフトウェア・ライブラリの場合は必要ありません。アスタリスク(*)をワイルド・カードとして使用できます。

  • isSwLib

    ソースがOracleホーム・データベースかソフトウェア・ライブラリかを指定します。

  • tryftp_copy

    FTPでコピーするかどうかを指定します。コマンドラインからEM CLIを使用する場合は、FTPコピー・オプションをfalseに設定する必要があります。

  • jobname

    クローニング・ジョブの名前。

  • clusternodes

    クラスタ内の現行ノード。

  • srchost

    拡張するRACクラスタを構成するホストの名前。

  • home_name

    現行のすべてのRACクラスタ・ノードが使用するホームの名前。

  • home_location

    現行のすべてのRACクラスタ・ノードが使用するホームの場所。

  • prescripts

    実行するスクリプトのパス。


    注意:

    二重引用符で囲まれたパラメータは、エスケープ(\)文字を使用することによって受渡し可能です。次に例を示します。
    prescripts=" <some value here>=\"some value here\" " 
    

  • run_prescripts_as_root

    前処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • postscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • run_postscripts_as_root

    後処理スクリプトをrootとして実行します。デフォルトでは、このオプションはfalseに設定されます。

  • rootscripts

    実行するスクリプトのパス。

  • swlib_component

    クローニングするソフトウェア・ライブラリへのパス。この場合、isSwLibをtrueに設定する必要があります。

  • source_params

    ソースOracleホーム情報。この場合、isSwLibをfalseに設定する必要があります。

  • jobdesc

    ジョブの説明。指定しない場合、デフォルトの説明が自動的に生成されます。

emcli extend_rac_home
       -input_file="dest_properties:clonedestinations"
       -list_exclude_files="*.log,*.dbf,sqlnet.ora,tnsnames.ora,listener.ora"
       -isSwLib="false"
       -tryftp_copy="false"
       -jobname="clone database home"
       -clusternodes="node1;node2"
       -prescripts="/home/joe/myScript"
       -run_prescripts_as_root="true"
       -rootscripts="%oracle_home%/root.sh"
       -source_params="TargetName:host.domain.com;HomeLoc:/oracle/database1;
        HomeName:OUIHome1;ScratchLoc:/tmp"

EM CLI経由での変数の受渡し

%perlbin%または%oracle_home%のような変数を使用すると、EM CLIは値そのもののかわりに現在のローカル環境からの変数値を渡します。EM CLIコマンドを使用して変数を渡すために、-prescriptsまたは-postscriptsオプションを使用している場合があり、そのときはバッチファイルの中にEM CLIコマンドを設定しますが、%%%に置き換えて指定します。

extract_template_tests

リポジトリ・テンプレートからローカル・ファイルに変数とテスト定義を抽出します。

書式

emcli extract_template_tests
      -templateName=<template_name>
      -templateType=<template_type>
      -output_file=<output_filename>
      [-encryption_key=<key>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • templateName

    テンプレートの名前。

  • templateType

    テンプレートのタイプ。

  • output_file

    出力ファイルの名前。ファイルが存在しない場合は作成され、すでに存在している場合は上書きされます。(抽出操作が成功していると想定されています。操作が失敗すると、ファイルは作成されません。既存のファイルは変更されません。)

  • encryption_key

    ファイルの内容を暗号化する鍵。同じ鍵がファイルの復号化に使用されます。

この例では、Webアプリケーション・テンプレートmy_templateの変数値とテスト定義を含む、my_template.xmlという名前のファイルを作成します。ファイルの内容は、my_passwordという鍵を使用して暗号化されます。

emcli extract_template_tests
      -templateName=my_template -templateType=website
      -output_file=my_template.xml -encryption_key=my_password

注意:

  • emcliユーザーは、リポジトリ・テンプレートに対してこの操作を実行するオペレータ権限を持っている必要があります。

  • ビーコン関連の情報は、ファイルにエクスポートされません。特に、監視ビーコンのリストと、ビーコン固有のプロパティまたはしきい値は、エクスポートされません。

  • パスワード変数の値は、エクスポートされません。


fix_compliance_state

すでに削除されたターゲットに関連する古いアソシエーションおよび結果を削除します。

書式

fix_compliance_state

emcli fix_compliance_state

fmw_discovery_prechecks

ホスト構成が収集されているかどうかをチェックします。まだ収集されていない場合、ホストの構成の収集を開始します。

書式

emcli fmw_discovery_prechecks
      -hostnames=<comma separated list of host names>

パラメータ

  • hostnames

    ホスト名のCSV (カンマ区切り値)リスト。

終了コード

Verb処理が正常終了した場合は0です。

0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

次の例では、ホスト構成が収集されているかどうかをチェックします。

emcli fmw_discovery_prechecks      -hostnames="host1.domain.com,host2.domain.com"

generate_activity_report

OMSの現在のアクティビティ・レポートを生成します。

書式

emcli generate_activity_report 

generate_discovery_input

Fusion Middlewareプラグイン・リリース12.1.0.6でこのVerbが導入されました。これによって、いくつかのWebLogicドメインをCloud Controlコンソールに追加する手順がさらに自動化されます。このVerbは自動検出によりいくつかのWebLogicドメインがすでに検出されているときに実行できます。

このVerbは、自動検出操作によって検出されたターゲットに基づいて自動的に検出入力ファイルを作成します。この検出入力ファイルをdiscover_wls Verbとともに使用して、検出されたドメインを完全に管理されているターゲットとしてプロモートする手順をさらに自動化するために使用できます。その結果、EM CLIでドメインの検出を実行するために検出入力ファイルを作成する必要がなくなります。

書式

emcli generate_discovery_input
        -out_file=<fully_qualified_path_of_output_file>

パラメータ

  • out_file

    出力ファイルが生成される場所。指定した場所に対する書込み権限をOMSユーザーが持っていることを確認します。このVerbをEM CLIクライアントから起動している場合は、指定した場所に対する読取り権限が自分にあることを確認します。

この例では、出力ファイル/tmp/myFile.csvを作成します。

emcli generate_discovery_input -out_file=/tmp/myFile.csv

generate_ui_trace_report

レンダリング速度が遅いページを特定できるUIページ・トレース・レポートを生成してダウンロードします。

コマンドライン形式

emcli generate_ui_trace_report
      [-user_name="user_name"]
      [-start_time="start_time"]
      [-duration="duration"]

[ ] indicates that the parameter is optional

対話またはスクリプト形式

generate_ui_trace_report(
         [user_name="user_name"]
         [,start_time="start_time"]
         [,duration="duration"]
         )

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user_name

    ページ・パフォーマンス・トレース・レポートを生成する必要があるユーザーの名前。デフォルトは現在ログイン中のユーザーです。

  • start_time

    レポートを生成する開始時刻、MM:dd:yy形式。デフォルトは現在時刻の1時間前です。

  • duration

    レポートを生成する期間、hh:mm形式。デフォルトは1時間です。

終了コード

  • 0: 成功

  • 100: 他のユーザーのUIページ・パフォーマンス・レポートを生成できるのはスーパー・ユーザーのみです。

  • 101: レポートを生成できません。指定されたパラメータに対するデータが見つかりません。入力パラメータを変更してください。

  • 102: レポートを生成できません。期間が無効です。24時間未満の期間をHH:MI形式で指定する必要があります。

この例では、過去6時間のUIページ・パフォーマンス・レポートを生成してダウンロードします。

emcli generate_ui_trace_report -duration 06:00

generate_masking_script

指定されたマスキング定義のマスキング・スクリプトを生成します。

書式

emcli generate_masking_script 
      -definition_name=masking_definition_name 
      [-tablespace_name=tablespace_name]
      [-parameters=<name1:value1;name2:value2;...>] 
      [-credential_name=cred_name]
      [-input_file=<parameter_tag:file_path>]
      [-generate_export=Y|N]
      [-generate_mask=Y|N]
      [-script | -format=[name:<pretty|script|csv>]; 
                         [column_separator:column_sep_string]; 
                         [row_separator:row_sep_string];

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • definition_name

    マスキング定義の名前。

  • tablespace_name

    マスキング定義の名前。

  • parameters

    データベース・インスタンスへの接続に必要な資格証明を示す名前と値のペアのリスト。サポートされているパラメータは、db_username、
    db_passwordおよびdb_roleです。

  • credential_name

    データベース資格証明の名前。db_usernameおよびdb_passwordパラメータ
    が指定されていない場合、このパラメータは必須です。

  • input_file

    parametersオプションとともに使用すると、ユーザー名やパスワードなどのパラメータ値を別のファイルで格納できます。タグとローカルのファイル・パス間のマッピングを指定します。タグは、parametersの特定のパラメータ値のかわりに指定します。タグにはコロン(:)とセミコロン(;)
    は使用できません。

    input_fileパラメータの詳細は、第5.2項「-input_fileの構文ガイドライン」を参照してください。

  • generate_export

    Oracle Data Pumpを使用して、マスキングされたデータを指定したソース・データベースからエクスポートするためのスクリプトを生成するかどうかを指定します。YまたはNを指定します。

  • generate_mask

    指定した(非本番)データベースでマスキングされたデータを使用して機密データをインプレースで置き換えるためのスクリプトを生成するかどうかを指定します。YまたはNを指定します。

  • script

    これは、-format='name: script'と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;row_separator:<row_sep_string>"は、verb出力の行を<row_sep_string>で区切ります。列はタブ文字で区切られます。

出力

成功またはエラー・メッセージ、および影響レポート(生成されている場合)。

例1

次の例では、mask_hr_dataという名前のマスキング定義のスクリプトを生成します。

emcli generate_masking_script
      -definition_name=mask_hr_data
      -parameters=db_username:system;db_password:password;db_role:NORMAL

例2

次の例では、mask_hr_dataという名前のマスキング定義のスクリプトを
生成します。データベース・パスワードはpwd.txtファイルから読み取られます。

emcli generate_masking_script
      -definition_name=mask_hr_data
      -parameters=PWD_FILE
      -input_file=PWD_FILE:pwd.txt

例3

次の例では、名前付き資格証明DB_NCからデータベース資格証明を読み取り、
mask_hr_dataという名前のマスキング定義のスクリプトを生成します。

emcli generate_masking_script
      -definition_name=mask_hr_data
      -credential_name=DB_NC

generate_subset

指定されたサブセット定義とターゲット・データベースを使用してサブセットを生成します。

書式

emcli generate_subset
      -subset_name=<subset_definition_name>
      -target_name=<target_name>      -target_type=<target_type>
      [-in_place_delete]
      [-db_pref_cred_name=<DBCredsNormal | DBCredsSYSDBA>]
      [-db_cred_name=<database_credential_name>]
      [-host_cred_name=<host_credential_name>]
      [-rule_parameters=<rule_parameters>]
      [-subset_directory=<database_directory_object_name>]
      [-custom_directory_path=<custom_directory_path> ]
      [-use_external_directory]
      [-external_directory=<external_directory_object_name>]
      [-export_file_name=<export_file_name>]
      [-max_file_size=<maximum_file_size>]
      [-max_threads=<maximum_number_of_threads>]
      [-compress_dump_file=<compress_dump>]
      [-encrypt_dump_file]
      [-encryption_password=<encryption_password>
      [-confirm_encryption_password=<encryption_password_confirmation>]
      [-seed_flag]
      [-seed_password=<seed_password>]
      [-log_file_name=<log_file_name>]
      [-job_name=<job_name>]
      [-job_description=<job_description>]
      [-is_non_prod_env]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • subset_name

    サブセットを生成する既存のサブセット定義の名前。

  • target_name

    データベース・ターゲット名。

  • target_type

    ターゲットのタイプ。ターゲット・タイプとして指定できる値は、oracle_database、rac_databaseおよびoracle_pdbです。

  • in_place_delete

    サブセット操作を生成するかどうかを決定します。デフォルトの操作では、データをダンプ・ファイルにエクスポートします。指定したターゲットからデータを削除するには、このフラグを設定します。

  • db_pref_cred_name

    Enterprise Managerリポジトリに格納されている優先資格証明の名前。db_pref_cred_nameまたはdb_cred_nameのいずれかに値を指定する必要があります。このパラメータに対する有効な値は次のとおりです。

    • DBCredsNormal - oracle_databaseターゲット用のデフォルトの標準資格証明セット。

    • DBCredsSYSDBA - oracle_databaseターゲット用のSYSDBA資格証明セット。

  • db_cred_name

    選択したターゲット・データベースに接続するための、Enterprise Managerリポジトリに格納されている既存の資格証明の名前。

  • host_cred_name

    ターゲット・ホストにアクセスするための、Enterprise Managerリポジトリに格納されている既存のホスト資格証明の名前。値を指定しないと、このターゲットに設定された優先ホスト資格証明が、ターゲット・ホストへのアクセスに使用されます。

  • rule_parameters

    値をルール・パラメータ名にマップします。いずれかのルール・パラメータの値がない場合、このパラメータの値を指定する必要があります。また、このオプションを使用して、指定された値を上書きすることもできます。

    次に例を示します。

    -rule_parameters="department_id_param:80;order_id_param:2400"
    
  • subset_directory

    ダンプ・ファイルとログ・ファイルを保存するディレクトリの場所のオブジェクト名。次に例を示します。

    DATA_PUMP_DIR
    
  • custom_directory_path

    ダンプ・ファイルとログ・ファイルを保存する、ターゲット・ホスト上のユーザー指定ディレクトリの場所。subset_directoryまたはcustom_directory_pathのいずれかに値を指定する必要があります。次に例を示します。

    /scratch/user/subset_dir
    
  • use_external_directory

    高速エクスポート・ダンプのために外部ディレクトリ(クラスタ化/共有ファイル・システムまたはASM)を有効化します。このパラメータを設定する場合は、
    external_directoryの値を指定する必要があります。

  • external_directory

    高速エクスポート・ダンプのための外部ディレクトリ(クラスタ化/共有ファイル・システムまたはASM)。次に例を示します。

    DATA_PUMP_DIR
    
  • export_file_name

    ダンプ・ファイルを保存するファイル名。値を指定しない場合はデフォルト値のEXPDAT%U.DMPになります。ファイル名に%Uを使用して、一連のダンプ・ファイルをワイルドカードによって指定できます。

  • max_file_size

    最大ファイル・サイズ(MB)。値を指定しない場合はデフォルト値の100になります。

  • max_threads

    エクスポート操作で作成されるスレッドの最大数。値を指定しない場合はデフォルト値の1になります。

  • compress_dump_file

    エクスポート操作中のデータ圧縮を有効にします。

  • encrypt_dump_file

    エクスポート操作中のデータ暗号化を有効にします。

  • encryption_password

    エクスポート操作中にデータを暗号化するパスワードの鍵。encrypt_dump_fileを設定したが、このパラメータの値を指定しないと、暗号化鍵を指定するように求められます。セキュアな操作のためには、パスワードをスクリプトに含めずに、プロンプトに対して指定することをお薦めします。

  • confirm_encryption_password

    このパラメータの値は、encryption_passwordと同じにする必要があります。encrypt_dump_fileを設定したが、このパラメータの値を指定しないと、暗号化鍵の確認を入力するように求められます。セキュアな操作のためには、パスワードをスクリプトに含めずに、プロンプトに対して指定することをお薦めします。

  • seed_flag

    サブセット定義に1つ以上のマスキング定義が含まれ、マスキング定義のいずれかに置換フォーマットまたは暗号化フォーマットが含まれることを指定します。

  • seed_password

    サブセット定義に1つ以上のマスキング定義が含まれ、マスキング定義のいずれかに置換フォーマットまたは暗号化フォーマットが含まれる場合に使用されるシード文字列。seed_flagを設定したが、このパラメータの値を指定しないと、シード・パスワードを指定するように求められます。シードには任意のテキスト文字列を使用できます。セキュアな操作のためには、パスワードをスクリプトに含めずに、プロンプトに対して指定することをお薦めします。

  • log_file_name

    ログ・ファイルを保存するファイル名。デフォルト値はEXPDAT.LOGです。

  • is_non_prod_env

    指定したデータベースが本番データベースではないという確認。in_place_deleteオプションが設定されている場合、このパラメータは必須です。

  • job_name

    サブセット・ジョブ名を生成します。

  • job_description

    ジョブの説明。

出力

成功またはエラー・メッセージ、およびジョブ名(該当する場合)。

例1

この例では、データをダンプ・ファイルにエクスポートします。

emcli generate_subset 
     -subset_name=hr_subset 
     -target_name=sample_database  
     -target_type=oracle_database 
     -export_file_name=EXPDAT.DMP 
     -db_cred_name=db_cred 
     -host_cred_name=host_cred  
     -subset_directory=DATA_PUMP_DIR

例2

この例では、優先データベース資格証明および優先ホスト資格証明を使用してデータをダンプ・ファイルにエクスポートします。優先ホスト資格証明に関してパラメータを指定する必要はありません。

emcli generate_subset 
      -subset_name=hr_subset 
      -target_name=sample_database  
      -target_type=oracle_database 
      -export_file_name=EXPDAT.DMP 
      -db_pref_cred_name=DBCredsNormal 
      -subset_directory=DATA_PUMP_DIR

例3

この例では、ユーザー指定の場所のダンプ・ファイルにデータをエクスポートします。

emcli generate_subset 
      -subset_name=hr_subset 
      -target_name=sample_database 
      -custom_directory_path=/scratch/user/custom_location 
      -target_type=oracle_database 
      -export_file_name=EXPDAT.DMP 
      -db_pref_cred_name=DBCredsNormal 

例4

この例では、ルール・パラメータを使用してデータをダンプ・ファイルにエクスポートします。

emcli generate_subset 
      -subset_name=hr_subset 
      -target_name=sample_database  
      -target_type=oracle_database 
      -export_file_name=EXPDAT.DMP 
      -db_cred_name=db_cred 
      -host_cred_name=host_cred  
      -subset_directory=DATA_PUMP_DIR 
      -rule_parameters="department_id:80;order_id:2400"

例5

この例では、暗号化を有効にしてデータをダンプ・ファイルにエクスポートします。encryption_passwordとconfirm_encryption_passwordの入力を求められます。

emcli generate_subset 
      -subset_name=hr_subset 
      -target_name=sample_database 
      -encryption_password  
      -target_type=oracle_database 
      -export_file_name=EXPDAT.DMP 
      -db_cred_name=db_cred 
      -host_cred_name=host_cred  
      -subset_directory=DATA_PUMP_DIR

例6

この例では、指定されたターゲット・データベースからデータを削除します。ターゲット・データベースからデータを削除するには、この例のようにin_place_deleteおよびis_non_prod_envフラグを設定します。

emcli generate_subset 
      -subset_name=hr_subset 
      -target_name=sample_database 
      -target_type=oracle_database 
      -db_cred_name=db_cred 
      -host_cred_name=host_cred 
      -subset_directory=DATA_PUMP_DIR 
      -in_place_delete 
      -is_non_prod_env

generate_ui_trace_report

レンダリング速度が遅いページを特定できるユーザー・インタフェース・ページのパフォーマンス・トレース・レポートを生成します。

書式

標準モード

emcli generate_ui_trace_report     [-user_name="user_name"]     [-start_time="start_time"]     [-duration="duration"]

インタラクティブまたはスクリプト・モード

generate_ui_trace_report(     [user_name="user_name"]     [,start_time="start_time"]     [,duration="duration"]     )

[ ] indicates that the parameter is optional. 

パラメータ

  • user_name

    ページ・パフォーマンス・トレース・レポートを生成するユーザーの名前。デフォルトは、現在ログインしているユーザーです。

  • start_time

    ページ・パフォーマンス・トレース・レポートを生成する必要がある開始時刻(mm:dd:yy形式)。デフォルトは現在時刻の1時間前です。

  • duration

    ページ・パフォーマンス・トレース・レポートを生成する必要がある期間(hh:mm形式)。デフォルトは1時間です。

次の例では、過去6時間のUIページ・パフォーマンス・トレース・レポートを生成してダウンロードします。

emcli generate_ui_trace_report -duration 06:00

get_add_host_status

ホスト追加セッションの最新のステータスが表示されます。

書式

emcli get_add_host_status
      -session_name="Session name"
      [-details]
      [-show_only_failed_hosts]
      [-host_name="Host name"]
      [-noheader]
      [-script | -format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:"column_sep_string"];
                 [row_separator:"row_sep_string"];
        ]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • session_name

    ステータスを表示するセッションの名前。

  • details

    指定したセッションに関する追加情報を表示します。

  • show_only_failed_hosts

    ホスト追加操作が失敗したホストのみを表示します。

  • host_name

    指定したホストの詳細を表示します。

  • noheader

    列見出しのない表形式の出力を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

出力列

ホスト、プラットフォーム名、初期化、リモート前提条件、エージェント・デプロイメント、エラー

例1

この例は、セッション「ADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PST」の現行のホスト追加ステータスを表示します。

emcli get_add_host_status -session_name=ADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PST 

例2

この例は、セッション「ADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PST」のホスト追加ステータスを、追加情報とともに表示します。

emcli get_add_host_status -session_name=ADD_HOST_SYSMAN_Dec_17_2012_2:02:28_AM_PST -details 

例3

この例は、セッション「ADD_HOST_SYSMAN_Jun_6_2013_11:26:43_PM_PDT」におけるホスト「example.com」の詳細ステータスを示します。

emcli get_add_host_status -session_name=ADD_HOST_SYSMAN_Jun_6_2013_11:26:43_PM_PDT -host_name=example.com

例4

この例は、セッション「ADD_HOST_SYSMAN_Jun_6_2013_11:26:43_PM_PDT」で失敗したホストのみを表示します。

emcli get_add_host_status -session_name=ADD_HOST_SYSMAN_Jun_6_2013_11:26:43_PM_PDT -show_only_failed_hosts

get_agentimage

入力として指定された特定のプラットフォームとバージョンの管理エージェント・イメージを取得します。

書式

emcli get_agentimage
   -destination=<download_directory> 
   -platform="<platform>"
   [-version=<version>]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • destination

    管理エージェント・ソフトウェアをダウンロードするディレクトリ。この場所への書込み権限を持っていることを確認します。

    宛先ディレクトリの名前に2つ以上の用語が空白で区切られている場合は、二重引用符でディレクトリ名を囲んでください。たとえば、宛先ディレクトリの名前が/tmp/linuxagentimageの場合、-destination="/tmp/linuxagentimage"のように値を入力します。

  • platform

    ソフトウェアをダウンロードするプラットフォーム。ソフトウェアをOMSホストで使用できるプラットフォームのいずれかと一致する必要があります。これを特定するには、emcli get_supported_platformsコマンドを使用します。

  • version

    ダウンロードする管理エージェント・ソフトウェアのバージョン。これを指定しない場合、デフォルトのOMSバージョンが使用されます。

emcli get_agentimage -destination=/tmp/agtImage -platform=Linux x86 -version=12.1.0.1.0

get_agentimage_rpm

入力として指定されたLinuxプラットフォームとバージョンの管理エージェント・イメージを取得し、イメージをrpmとして変換します。

書式

emcli get_agentimage_rpm
   -destination=<download_directory> 
   -platform=<platform>
   [-version=<version>]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • destination

    .rpmファイルをダウンロードするディレクトリ。この場所への書込み権限を持っていることを確認します。

    宛先ディレクトリの名前に2つ以上の用語が空白で区切られている場合は、二重引用符でディレクトリ名を囲んでください。たとえば、宛先ディレクトリの名前が/tmp/linuxagentimageの場合、-destination="/tmp/linuxagentimage"のように値を入力します。

  • platform

    .rpmファイルをダウンロードするプラットフォーム。ソフトウェアをOMSホストで使用できるプラットフォームのいずれかと一致する必要があります。これを特定するには、emcli
    get_supported_platformsコマンドを使用します。

  • version

    .rpmファイルをダウンロードする管理エージェントのバージョン。これを指定しない場合、デフォルトのOMSバージョンが使用されます。

emcli get_agentimage_rpm -destination=/tmp -platform=Linux x86 -version=12.1.0.1.0

get_agent_properties

管理エージェントのプロパティを表示します。管理エージェントの表示権限がある場合に、このコマンドを使用できます。

書式

emcli get_agent_properties      -agent_name="<agent_target_name>"      [-all]      [-format="<format_name>"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • agent_name

    管理エージェント・ターゲットの名前。

  • all

    すべての管理エージェント・プロパティを表示します。デフォルトでは、基本プロパティのみが表示されます。

  • format

    管理エージェント・プロパティを表示するための書式。有効な値は、pretty、scriptおよびcsvです。デフォルトでは、値はpretty書式で表示されます。

この例では、すべての管理エージェント・プロパティをCSV形式で表示します。

 emcli get_agent_properties -agent_name=agent.example.com:11850         -all         -format=csv

get_agent_property

特定の管理エージェント・プロパティの値を表示します。管理エージェントの表示権限がある場合に、このコマンドを使用できます。

書式

emcli get_agent_property      -agent_name=<agent_target_name>      -name=<agent_property_name>

パラメータ

  • agent_name

    管理エージェント・ターゲットの名前。

  • name

    管理エージェント・プロパティの名前。

この例では、emd.propertiesに含まれるUploadIntervalプロパティの現在の値を表示します。

emcli get_agent_property -agent_name=agent.example.com:11850
         -name=UploadInterval

get_agent_upgrade_status

エージェントのアップグレード結果を表示します。

書式

emcli get_agent_upgrade_status
      [-agent]
      [-job_name]
      [-status]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • agent

    指定のエージェント名、またはカンマで区切られたエージェント名のパターンについて、アップグレード・ジョブの詳細を表示します。

  • job_name

    指定のジョブ名について、アップグレード・ジョブの詳細を表示します。

  • status

    指定のステータスについて、アップグレード・ジョブの詳細を表示します。

パラメータの順列と組合せについては、次のとおりです。

パラメータなし — 各ジョブについて、<JOB NAME, JOB STATUS, NUMBER OF AGENTS IN THE JOB, JOB START TIME, JOB END TIME>を表示します。

-job_nameのみ — ジョブ名を-job_nameパラメータで渡した各ジョブのエージェントについて、<AGENT_NAME, UPGRADE STATUS OF AGENT, UPGRADE START TIME, UPGRADE END TIME>を表示します。

-agentのみ — エージェントが存在し、そのエージェント名が-agentパラメータで渡されたジョブについて、<JOB NAME, UPGRADE STATUS OF AGENT IN THE JOB, UPGRADE START TIME, UPGRADE END TIME>を表示します。

-agentおよび-statusのみ — エージェントおよびエージェントのアップグレード・ステータスを-agentと-statusで渡した各ジョブについて、<JOB NAME, UPGRADE START TIME, UPGRADE END TIME>を表示します。

-job_nameおよび-agentのみ — -job_nameおよび-agentパラメータで渡したエージェントのジョブの各ステップについて、<JOB STEP NAME, JOB STEP STATUS, JOB STEP START TIME, JOB STEP END TIME>を表示します。

-job_nameおよび-statusのみ — エージェントのアップグレード・ステータスが-job_nameと-statusでそれぞれ渡されたジョブの各エージェントについて、<AGENT_NAME, UPGRADE START TIME, UPGRADE END TIME>を表示します。

-job_name、-agentおよび-status — ステップのステータスが-job_name、-agentおよび-statusでそれぞれ渡されたエージェントのジョブの各ステップについて、<JOB STEP NAME, JOB STEP START TIME, JOB STEP END TIME>を表示します。

-statusのみ — ジョブのステータスが-statusパラメータで渡された各ジョブについて、<JOB NAME, NUMBER OF AGENTS IN THE JOB, JOB START TIME, JOB END TIME>を表示します。

例1

この例は、エージェントxyz.domain.com:1243のエージェント・アップグレード・ジョブの詳細を示します。

emcli get_agent_upgrade_status -agent="xyz.domain.com:1243"

例2

この例は、ジョブUPGRADE_JOB123のエージェント・アップグレード・ジョブの詳細を示します。

emcli get_agent_upgrade_status  -job_name="UPGRADE_JOB123"

例3

この例は、ステータスInprogressのエージェント・アップグレード・ジョブの詳細を示します。

emcli get_agent_upgrade_status -status="Inprogress"

get_aggregate_service_info

集約サービス・インスタンスのタイムゾーンおよび可用性評価関数情報を取得します。

書式

emcli get_aggregate_service_info
      -name=<name>
      -type=<type>
      [-noheader]
      [-script|-format=
               [name:<pretty|script|csv>];
               [column_separator:<sep_string>];
               [row_separator:<row_sep_string>]
      ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    集約サービス名。

  • type

    集約サービス・タイプ。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

 emcli get_aggregate_service_info -name=My_Name
      -type=aggregate_service

get_aggregate_service_members

集約サービス・インスタンスのサブサービスを取得します。

書式

emcli get_aggregate_service_members
      -name=<name>
      -type=<type>
      [-noheader]
      [-script|-format=
                      [name:<pretty|script|csv>];
                      [column_separator:<sep_string>];
                      [row_separator:<row_sep_string>]
      ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    集約サービス名。

  • type

    集約サービス・タイプ。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

emcli get_aggregate_service_members -name=My_Name
      -type=aggregate_service

get_blackout_details

指定されたブラックアウトの詳細情報を取得します。

書式

emcli get_blackout_details
      -name=<name>
      [-createdby=<blackout_creator>]
      [-noheader]
      [-script | -format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:<column_sep_string>];
                 [row_separator:<row_sep_string>];
      ]
[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ブラックアウトの名前。

  • createdby

    ブラックアウトを作成したEnterprise Managerユーザー。デフォルトは現行ユーザーです。emctlを使用して作成されたブラックアウトの詳細を表示するには、-createdby="<SYSTEM>"を使用します。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;row_separator:<row_sep_string>"は、verb出力の行を<row_sep_string>で区切ります。列はタブ文字で区切られます。

出力列

ステータス、ステータスID、ジョブ実行、次回開始、期間、理由、頻度、繰返し、日、月、開始時間、終了時間、タイムゾーン・リージョン、タイムゾーン・オフセット

例1

この例では、現行ユーザーによって作成されたブラックアウトblackout1の詳細な情報を表示します。

emcli get_blackout_details -name=blackout1

例2

この例では、ユーザーjoeによって作成されたブラックアウトblackout1の詳細な情報を表示します。

emcli get_blackout_details -name=blackout1 -createdby=joe

get_blackout_reasons

すべてのブラックアウト理由を1行に1つずつ表示します。

書式

emcli get_blackout_reasons

この例では、すべてのブラックアウト理由を1行に1つずつ表示します。

emcli get_blackout_reasons

get_blackout_targets

指定されたブラックアウトのターゲットをリストします。

書式

emcli get_blackout_targets
      -name=<name>
      [-createdby=<blackout_creator>]
      [-noheader]
      [-script | -format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:<column_sep_string>];
                 [row_separator:<row_sep_string>];
      ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    ブラックアウトの名前。

  • createdby

    ブラックアウトを作成したEnterprise Managerユーザー。デフォルトは現行ユーザーです。emctlを使用して作成されたブラックアウトの詳細をリストするには、-createdby="<SYSTEM>"を使用します。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;row_separator:<row_sep_string>"は、verb出力の行を<row_sep_string>で区切ります。列はタブ文字で区切られます。

出力列

ターゲット名、ターゲット・タイプ、ステータス、ステータスID

例1

この例では、現行ユーザーが作成したブラックアウトblackout1のターゲットをリストします。

emcli get_blackout_targets -name=blackout1

例2

この例では、ユーザーjoeが作成したブラックアウトblackout1のターゲットをリストします。

emcli get_blackout_targets -name=blackout1 -createdby=joe

get_blackouts

すべてのブラックアウト、または指定したターゲットあるいは1つ以上のホストのブラックアウトをリストします。ユーザーが表示権限を持つブラックアウトのみリストされます。

書式

emcli get_blackouts
      [-target=<name1:type1> | -hostnames=<host1;host2;...>]
      [-noheader]
      [-script | -format=
                        [name:<pretty|script|csv>];
                        [column_separator:<column_sep_string>];
                        [row_separator:<row_sep_string>];
      ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target

    このターゲットのブラックアウトをリストします。このオプションも-hostnamesオプションも指定されていない場合、ユーザーが表示権限を持つすべてのブラックアウトがリストされます。

  • hostnames

    指定されたホストの1つにターゲットを持つブラックアウトをリストします。ホスト名は、ホスト・ターゲットのターゲット名の部分です。たとえば、host.example.com:hostではなくhost.example.comと指定します。このオプションも-targetオプションも指定されていない場合、ユーザーが表示権限を持つすべてのブラックアウトがリストされます。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;row_separator:<row_sep_string>"は、verb出力の行を<row_sep_string>で区切ります。列はタブ文字で区切られます。

出力列

名前、作成者、ステータス、ステータスID、次回開始、期間、理由、頻度、繰返し、開始時間、終了時間、前回終了時間、タイムゾーン・リージョン、タイムゾーン・オフセット

例1

この例では、すべてのブラックアウトを一部の詳細情報とともに表示します。

emcli get_blackouts

例2

この例では、ターゲットdatabase2:oracle_databaseを対象とするすべてのブラックアウトを表示します。

emcli get_blackouts -target=database2:oracle_database

例3

この例では、ホストmyhost.example.comの一部のターゲットを対象とするすべてのブラックアウトを表示します。

emcli get_blackouts -hostnames=myhost.example.com

例4

この例では、ホストmyhost.example.comまたはホストyourhost.example.comの一部のターゲットを対象とするすべてのブラックアウトを表示します。

emcli get_blackouts -hostnames=myhost.example.com
-hostnames=yourhost.example.com

get_ca_info

Cloud Controlがインストールされてから作成されたすべての認証局(CA)についての情報を表示します。-detailsオプションを指定した場合、証明書がCAによって発行されている管理エージェントの名前も表示します。次の情報はCloud Controlリポジトリから取得されます。

  • Cloud Controlリポジトリ内の認証局(CA)の一意の識別子

  • CAの説明

  • CAの作成日

  • CAの有効期限

  • このCAに登録された管理エージェントの数

  • CAに登録されていないセキュアな管理エージェントの数

書式

emcli get_ca_info
        [-ca_id=<id1;id2;...>]
        [-details]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • ca_id

    認証局IDを指定します。

  • details

    各認証局について、この認証局によって証明書が発行されている管理エージェントの名前のリストを表示します。

この例では、IDが2として指定されたCAの出力を表示します。

    emcli get_ca_info -ca_id=2
 
     Info about CA with ID: 2
     CA is configured
     DN: EMAILADDRESS=Enterprise.Manager@myomshost.mycompany.com,
CN=myomshost.mycompany.com, OU=EnterpriseManager on myomshost.mycompany.com,
O=EnterpriseManager on myomshost.mycompany.com, L=EnterpriseManager on
myomshost.mycompany.com1, ST=CA, C=US, DC=com Serial# : 87539237298512593900 Valid From: Mon Oct 25 17:01:15 UTC 2011 Valid Till: Thu Oct 22 17:01:12 UTC 2020 Number of Agents registered with CA ID 2 is 1 Number of Agents to be re-secured, as OMS is secured using force_newca
: 1

最終行のforce_newcaオプションについては、新しい証明書がIDを2として作成されたことを示しています。2つの管理エージェントは、この新しい証明書に登録するために再保護されています。myomshost.mycompany.comで実行中のOMSは、新しく作成された証明書に登録するために再保護されています。新しい証明書に登録するために保護する必要のある管理エージェントがあります。管理エージェント名を取得するには、次の例で示すように、コマンドemcli get_ca_info -ca_id=2 -detailsを実行する必要があります。

この例では、ID 2のCAに登録された管理エージェントの名前を表示します。

emcli get_ca_info -ca_id=2 -details
 
     Info about CA with ID: 2
     CA is configured
     DN: EMAILADDRESS=Enterprise.Manager@myomshost.mycompany.com,   
CN=myomshost.mycompany.com, OU=EnterpriseManager on myomshost.mycompany.com,
O=EnterpriseManager on myomshost.mycompany.com, L=EnterpriseManager on
myomshost.mycompany.com2, ST=CA, C=US, DC=com Serial# : 87539237298512593900 Valid From: Mon Oct 25 17:01:15 UTC 2011 Valid Till: Thu Oct 22 17:01:12 UTC 2020 Number of Agents registered with CA ID 2 is 1 usagent1.mycompany.com:20872 Following Agents needs to be re-secured, as OMS is secured using force_newca
: ukagent1.mycompany.com:1830

get_cloud_service_instances

クラウド・サービス・インスタンスのリストを取得します。どのオプションも指定しないと、すべてのインスタンスが出力されます。

書式

emcli get_cloud_service_instances
      [-user="username"]
      [-family="family"]
      [-type="service type"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user

    サービス・インスタンスをフィルタするために使用するユーザーの名前を指定します。

  • family

    サービス・インスタンスをフィルタするために使用するサービス・ファミリの名前を指定します。

  • type

    サービス・インスタンスをフィルタするために使用するサービスのタイプを指定します。

例1

この例では、すべてのクラウド・サービス・インスタンスを表示します。

emcli get_cloud_service_instances

例2

この例では、特定のユーザー(user1)が所有するすべてのクラウド・インスタンスを表示します。

emcli get_cloud_service_instances -user="user1"

例3

この例では、指定されたサービス・ファミリ(family1)に属するすべてのクラウド・インスタンスを表示します。

emcli get_cloud_service_instances -family="family1"

例4

この例では、指定されたサービス・タイプ(type1)に属するすべてのクラウド・インスタンスを表示します。

emcli get_cloud_service_instances -type="type1"

get_cloud_service_requests

クラウド・サービス・リクエストのリストを取得します。どのオプションも指定しないと、すべてのリクエストが出力されます。複数のオプションを同時に使用することはできません。

書式

emcli get_cloud_service_requests
      [-user="username"]
      [-family="family"]
      [-ids="id1;id2..."]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user

    サービス・インスタンスをフィルタするために使用するユーザーの名前を指定します。

  • family

    サービス・インスタンスをフィルタするために使用するサービス・ファミリの名前を指定します。

  • ids

    クラウド・リクエストをフィルタするために使用するリクエストIDのリストを指定します。各IDはセミコロン(;)で区切ってください。

例1

この例では、すべてのクラウド・サービス・リクエストを表示します。

emcli get_cloud_service_requests

例2

この例では、特定のユーザー(user1)によって作成されたすべてのクラウド・サービス・リクエストを表示します。

emcli get_cloud_service_requests -user="user1"

例3

この例では、指定されたサービス・ファミリ(family1)に属するすべてのクラウド・サービス・リクエストを表示します。

emcli get_cloud_service_requests -family="family1"

例4

この例では、特定のリクエストID (1および2)のすべてのクラウド・サービス・リクエストを表示します。

emcli get_cloud_service_requests -ids="1;2"

get_cloud_user_objects

クラウド・ユーザー・オブジェクト、クラウド・サービス・インスタンスおよびクラウド・サービス・リクエストのリストを取得します。-userオプションを指定しないと、すべてのオブジェクトが出力されます。

書式

emcli get_cloud_user_objects
      [-user="username"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • user

    ユーザー・オブジェクトをフィルタリングするために使用するユーザーの名前。

例1

この例では、すべてのクラウド・ユーザー・オブジェクト、クラウド・サービス・インスタンス、クラウド・サービス・リクエストおよびその他のオブジェクトを表示します。

emcli get_cloud_user_objects

例2

この例では、指定されたユーザー(user1)のすべてのクラウド・ユーザー・オブジェクト、クラウド・サービス・インスタンス、クラウド・サービス・リクエストおよびその他のオブジェクトを表示します。

emcli get_cloud_user_objects -user="user1"

get_config_searches

保存された構成検索に関する情報を表示します。

書式

emcli get_config_searches
      [-target_type="<name_or_pattern>"] 
      [-format="name:<format_option>"] 
      [-noheader] 
     
[ ] indicates that the parameter is optional. 

パラメータ

  • target_type

    構成検索の基礎となるターゲット・タイプと一致する文字列。内部ターゲット・タイプ名を使用します。名前全体を指定するか、%をワイルドカードとして使用してパターン・マッチを指定します。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータ文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

      format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;row_separator:<row_sep_string>"は、verb出力の行を<row_sep_string>で区切ります。列はタブ文字で区切られます。

  • noheader

    列見出しのない表形式の出力を表示します。

次の例では、保存されている構成検索のうち、ターゲット・タイプ名に文字列dataが含まれるものをすべて表示します。

emcli get_config_searches 
      -target_type="%data%"      

get_config_templates

すべての比較テンプレートを取得します。

書式

emcli get_config_templates
      [-target_type="oracle_database"]
      [-template_name="host_template"]
      [-owner="SYSMAN"]
      [-list_default_templates="yes"]
      [-list_oracle_provided_templates="no"]
      [-format="[name:<pretty|script|csv>]; 
[column_separator:"column_sep_string"];
[row_separator:"row_sep_string"]"] [-noheader] [ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    比較テンプレートが作成されるターゲット・タイプ。この値は内部名にする必要があります。内部名を取得するには、次のEM CLIコマンドを実行します。

    emcli get_target_types
    
  • template_name

    テンプレートの名前。名前全体を指定するか、%を使用してパターン・マッチを指定できます。この値は内部名にする必要があります。

  • owner

    比較テンプレートの所有者。名前全体を指定するか、%を使用してパターン・マッチを指定できます。

  • list_default_templates

    有効な入力値はyesまたはnoです。このオプションの値がyesの場合、結果にはデフォルト・テンプレートが含まれます。このオプションの値がnoの場合、結果にはデフォルト・テンプレートが含まれません。このオプションを指定しないと、結果にすべてのテンプレートが表示されます。

  • list_oracle_provided_templates

    有効な入力値はyesまたはnoです。このオプションを指定すると、結果はOracle提供のテンプレートのみになります。このオプションの値がyesの場合、結果にOracle提供テンプレートが含まれます。このオプションの値がnoの場合、結果にはOracle提供テンプレートが含まれません。このオプションを指定しないと、結果にすべてのテンプレートが表示されます。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

  • noheader

    列見出しのない表形式の出力を表示します。

出力列:


テンプレートID、テンプレート名、ターゲット・タイプ、デフォルト(テンプレートがデフォルトの場合はYes、それ以外の場合はNoを表示)、Oracle提供(テンプレートがOracle提供の場合はYes、それ以外の場合はNoを表示)、
所有者、保存時間、タイムゾーン、説明

例1

この例では、ターゲット・タイプ「Test Database」に作成された比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -target_type="oracle_database" 

例2

この例では、ターゲット・タイプ「Test Database」に作成された、「Test Database Template」という名前の比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -target_type="oracle_database" -template_name="Test Database Template" 

例3

この例では、ユーザー名「Test Admin」によってターゲット・タイプ「Test Database」に作成された、template_nameが「Test Database Template」の比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -target_type="oracle_database" -template_name="Test Database Template" -owner="Test Admin"

例4

この例では、名前に文字列「Test」が含まれる比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -template_name="%Test%" 

例5

この例では、ユーザー名に文字列「Admin」が含まれるユーザーによって作成された比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -owner="%Admin%" 

例6

この例では、デフォルト比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -list_default_templates="yes" 

例7

この例では、Oracle提供の比較テンプレートすべてを表示します。

emcli get_config_templates -list_oracle_provided_templates="yes" 

get_connection_mode

My Oracle Support (MOS)の接続モードを取得します。MOSの接続モードはオンラインとオフラインの2つです。

書式

emcli get_connection_mode

パラメータ

なし

関連項目


create_patch_plan
delete_patches
describe_patch_plan_input
get_patch_plan_data
list_aru_languages
list_aru_platforms
list_aru_products
list_aru_releases
list_patch_plans
search_patches
set_connection_mode
set_patch_plan_data
show_patch_plan
submit_patch_plan

upload_patches

『Enterprise Managerライフサイクル管理者ガイド』のEM CLIによるパッチ適用に関する項も参照してください。

http://docs.oracle.com/cd/E24628_01/em.121/e27046/emcli.htm#BABDEGHB

get_credtype_metadata

資格証明タイプの資格証明タイプ情報を出力します。資格証明列名が出力されます。これらの列名は、create_named_credential verbおよびmodify_named_credential verbのパラメータ名として使用する必要があります。

書式

emcli get_credtype_metadata 
        -auth_target_type=<ttype>
        -cred_type=<name>

パラメータ

  • auth_target_type

    認証ターゲット・タイプ。

  • cred_type

    資格証明のタイプ。

emcli get_credtype_metadata 
          -auth_target_type=host
          -cred_type=HostCreds

get_dbaas_quota

SSAユーザー・ロール用のデータベース割当て制限設定をリストします。

書式

emcli get_dbaas_quota

次の例では、ロール用の割当て制限を正常に取得します。

emcli get_dbaas_quota

これにより、次のような情報が表示されます。

ROLE_NAME: SSA_USER_ROLE1 NUMBER_OF_SCHEMA_SERVICES: 99
MEMORY: 99
STORAGE: 99
NUMBER_OF_PLUGGABLE_DATABASES: 99NUMBER_OF_DB_INSTANCES : 99

Quotas for Roles retrieved successfully

get_dbaas_request_settings

データベース・リクエスト設定をリストします。

書式

emcli get_dbaas_request_settings

次の例では、データベース・リクエスト設定を正常に取得します。

emcli get_dbaas_request_settings

これにより、次のような情報が表示されます。

Future Reservation Length  : 2 Months
 Maximum Archive Duration : 10 Weeks
 Default Retirement Period : 1 Years
Request Settings retrieved successfully.

get_db_sys_details_from_dbname

一意のデータベース名からOracle Databaseシステム・ターゲットの詳細を取得します。

書式

emcli get_db_sys_details_from_dbname
      -db_unique_name="database unique name"

パラメータ

  • db_unique_name

    データベース・ターゲットの一意のデータベース名を識別します。この名前は、データベース・ターゲットの「最新収集」ページで見つけることも、問い合せることもできます。

次の例では、company_e_commerceデータベースの詳細を取得する方法を示します。

emcli get_db_sys_details_from_dbname -db_unique_name="company_e_commerce"

get_duplicate_credentials

指定したターゲット・スコープ名前付き資格証明と同じターゲット・スコープ名前付き資格証明
をすべて取得します。重複した資格証明は冗長です。名前付き資格証明は、再利用すると効率的に管理できます。同じ名前付き資格証明はすべての使用状況で再利用できます。

書式

emcli get_duplicate_credential 
        -cred_name=<cred_name>
        [-cred_owner=<cred_owner>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • cred_name

    この資格証明との重複を検索します。

  • cred_owner

    資格証明の所有者。デフォルトは現在のユーザーです。

この例では、名前付き資格証明MyOracleCredentialおよび資格証明の所有者Joeと同じ資格証明をすべて取得します。

emcli get_duplicate_credential 
        -cred_name=MyOracleCredential
        -cred_owner=Joe

get_executions

発行GUIDを使用して、発行の実行リストを取得します。

書式

emcli get_executions 
-instance=<Instance_GUID>

パラメータ

  • instance

    発行の実行をすべて表示します。

出力列

実行GUID、名前、ステータス

emcli get_executions instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61

get_ext_dev_kit

拡張開発キットをローカル・システムにダウンロードします。このverbはパラメータがありません。コマンドを実行するディレクトリへのedk.zipというキットのダウンロードのみを実行します。内容の抽出後、このキットを使用して、Enterprise Managerの拡張可能なコンポーネント(プラグイン)を開発できます。

書式

emcli get_ext_dev_kit

パラメータ

なし

get_group_members

指定されたグループのメンバーをリストします。

ターゲットがグループの複数のサブグループに存在する場合、そのターゲットは一度のみリストされます。

書式

emcli get_group_members
      -name=<name>
      [-type=<group>]
      [-depth=#]
      [-noheader]
      [-expand_non_groups]
      [-script | -format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:<column_sep_string>];
                 [row_separator:<row_sep_string>];
      ]
[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    グループのターゲット名。

  • type

    グループ・タイプ(group)。デフォルトはgroupです。

  • depth

    指定された深さまで、サブグループのターゲット・メンバーをリストします。デフォルトは1です。depthが0に設定されている場合、グループのターゲット・メンバーはリストされず、グループの存在のみが検証されます。depthが-1に設定されている場合、出力にグループが表示されない場合、すべてのグループとサブグループのターゲット・メンバーがリストされます。ターゲットは複数のサブグループのメンバーであっても、2回以上はリストされないことに注意してください。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • expand_non_groups

    集約のメンバーと集約ターゲットをリストします。デフォルトでは、サブグループ・ターゲット・メンバーのみがリストされます。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

出力列

ターゲット名、ターゲット・タイプ

例1

この例では、グループdb2_groupのデータベースをリストします。

emcli get_group_members -name=db2_group

例2

この例では、グループmy_hosts:groupが存在することを確認します。

emcli get_group_members -name=my_hosts -depth=0

例3

この例では、グループmy_group:groupとそのサブグループの一意のターゲットをリストします。

emcli get_group_members -name=my_group -depth=-1

例4

この例では、グループmy_group:groupとそのサブグループまたは集約の一意のターゲットをリストします。集約ターゲットもリストされます。

emcli get_group_members -name=my_group -depth=-1 -expand_non_groups

get_groups

すべてのグループをリストします。

書式

emcli get_groups
      [-noheader]
      [-script | -format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:<column_sep_string>];
                 [row_separator:<row_sep_string>];
      ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

出力列

ターゲット名、ターゲット・タイプ

この例では、すべてのグループをリストします。

emcli get_groups

get_instance_data

インスタンスの送信データをダウンロードします。

書式

emcli get_instance_data 
        [-instance=<instance_guid>] 
        [-exec=<execution_guid>] 
        [-name=<execution name>] 
        [-owner=<execution owner>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • instance

    インスタンスのGUID。

  • exec

    実行GUID。

  • name

    実行名。

  • owner

    実行の所有者。

出力

インスタンス・プロパティ・データ。

emcli get_instance_data -instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 > data.xml

get_instance_status

コマンドラインのGUIDで識別されたプロシージャ・インスタンスのステータスを表示します。


ヒント:

get_instancesおよびget_job_execution_detailも参照してください。

書式

emcli get_instance_status  
        -instance=<instance_guid> 
        [-exec=<execution_guid>] 
        [-name=<execution_name>] 
        [-owner=<execution_owner>] 
        [-xml [-details] [-showJobOutput [-tailLength=<last_n_characters>]]]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • instance

    GUID番号で識別されたプロシージャ・インスタンスの詳細を表示します。emcli get_instancesコマンドを使用すると、GUID番号を確認できます。

  • exec

    実行GUID。

  • name

    実行名。

  • owner

    実行の所有者。

  • xml

    XML形式で各ステップの完全なステータスを表示します。

  • details

    コマンド出力のより詳細な情報を表示します。このオプションには、-xmlオプションも必要です。

  • showJobOutput

    ジョブ実行ステップの出力またはエラーを表示します。このオプションには、-xmlオプションも必要です。

  • tailLength

    ジョブ・ステップ出力またはエラーの文字数を制限します。このオプションには、-showJobOutputオプションも必要です。

    <Last N Characters>は、0以外の正数であり、その数に達するまでジョブ・ステップ出力の最後から文字が選択されます。システムにより、ダンプ用の最大許容文字数が設定されます。このオプションを指定しない場合、最大許容文字数がダンプされます。

出力列

GUID、プロシージャ・タイプ、インスタンス名、ステータス

ステータス値

ステータス/戻り値は次のとおりです。

SUCCEEDED

FAILED

EXECUTING

COMPLETED

例1

この例では、プロシージャの詳細をCSV形式で示します。

emcli get_instance_status -guid=12345678901234567890123456789012

例2

この例では、XML形式で詳細を表示します。

emcli get_instance_status -guid=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 -xml -details

例3

この例では、完全出力のXML形式で詳細を表示します。

emcli get_instance_status -guid=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 -xml -details -showJobOutput

例4

この例では、出力の最後の1024文字で、XML形式の詳細を表示します。

 emcli get_instance_status -guid=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 -xml -showJobOutput -tailLength=1024

関連項目

get_instances

get_job_execution_detail

get_instances

プロシージャ・インスタンスのリストを表示します。


ヒント:

get_procedure_typesも参照してください。

書式

emcli get_instances 
      [-type=<procedure_type>]

[  ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • type

    タイプprocedure_typeのすべてのプロシージャ・インスタンスを表示します。

出力列

インスタンスGUID、実行GUID、プロシージャ・タイプ、インスタンス名、ステータス

例1

この例では、すべてのプロシージャ・インスタンスをリストします。

emcli get_instances

例2

この例では、タイプがPatchOracleSoftwareのすべてのプロシージャ・インスタンスをリストします。

emcli get_instances -type=PatchOracleSoftware

関連項目

get_procedure_types

get_internal_metric

指定したOMSから内部メトリックの値を取得します。このVerbは、list_internal_metrics Verbによって返される任意の内部メトリックのメトリック値を取得します。

書式

emcli get_internal_metric 
        -metric_name=<metric name>
        [-script | -format=
                           [name:<pretty|script|csv>];
                           [column_separator:"column_sep_string"];
                           [row_separator:"row_sep_string"];
        [-oms_name=<specific oms name> ]
        ]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • metric_name

    OMSから値を抽出する内部メトリックの名前。内部メトリックのリストは、list_internal_metrics Verbを使用して取得できます。

  • oms_name

    ターゲットOMSの名前。明示的なOMS名は、Cloud Controlコンソールの「管理サービス」ページで確認できます。このページにナビゲートするには、「設定」ページから「Cloud Controlの管理」、「管理サービス」を選択します。「サーバー」領域で、管理サービスの完全名(<host name>:<port number>_Management_Service)を探します。

    注意: oms_nameオプションを指定する必要があるのは、マルチOMS環境で特定のOMSにアクセスしようとする場合のみです。oms_nameオプションを省略すると、get_internal_metric Verbは、EMCLIの現在のインスタンスを実行しているOMSにアクセスします。

例1

次の例では、myserver.myco.com:17999_Management_Serviceという名前のOMSからメトリックpbc_WorkManagerStatisticsのメトリック値を抽出します。

emcli get_internal_metric -metric_name=pbs_WorkManagerStatistics -oms_name=myserver.myco.com:17999_Management_Service

例2

次の例では、EMCLIを現在実行しているOMSからメトリックpbc_WorkManagerStatisticsのメトリック値を抽出します。

emcli get_internal_metric -metric_name=pbs_WorkManagerStatistics 

get_job_execution_detail

ジョブ実行の詳細を表示します。

書式

 emcli get_job_execution_detail        -execution=<"execution_id">        [-xml [-showOutput [-tailLength=<"length">]]]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • execution

    ジョブ実行のID(execution_id)を指定します。

  • xml

    実行の詳細をXMLとして表示します。

  • showOutput

    ジョブ実行内部のステップの出力を表示します。このオプションは、常に-xmlオプションと組み合せて使用します。

  • tailLength

    出力の表示を、出力の最後からの一定の文字数に制限します。(length)は文字数です。このオプションは、常に-showOutputオプションと組み合せて使用します。このオプションを指定しない場合、システム生成の厳格な制限が適用されます。

例1

この例では、CSV形式で詳細を表示します。

emcli get_job_execution_detail -execution=1234567890123456789012345678901

例2

この例では、XML形式で詳細を表示します。

emcli get_job_execution_detail -execution=12345678901234567890123456789012 -xml

例3

この例では、完全出力のXML形式で詳細を表示します。

emcli get_job_execution_detail -execution=12345678901234567890123456789012 -xml -showOutput

例4

この例では、最終N文字出力のXML形式で詳細を表示します。

emcli get_job_execution_detail -execution=12345678901234567890123456789012 -xml -showOutput -tailLength=1024

get_jobs

既存のジョブをリストします。

コマンドライン形式

emcli get_jobs
        [-name="job_name_pattern"]
        [-owner="job_owner"]
        [-job_ids="ID1;ID2;..."]
        [-targets="type1:name1;type2:name2;..."]
        [-status_ids="status1;status2;..."]
        [-noheader]
        [-script | -format=
                           [name:<pretty|script|csv>];
                           [column_separator:"column_sep_string"];
                           [row_separator:"row_sep_string"];
        ]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

get_jobs
      [(name="job_name_pattern"]
      [,owner="job_owner"]
      [,job_ids="ID1;ID2;..."]
      [,targets="type1:name1;type2:name2;..."]
      [,status_ids="status1;status2;..."]
      [,noheader=True|False]
      [,script=True|False | ,format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:"column_sep_string"];
                 [row_separator:"row_sep_string"];
      ])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    フィルタリングのためのジョブ名のパターン。

  • owner

    フィルタリングのためのジョブの所有者。

  • job_ids

    出力フィルタとして使用するジョブIDをリストします。

  • targets

    出力フィルタとして使用するターゲット(名前とタイプのペア)をリストします。

  • status_ids

    出力フィルタとして使用する数値ステータスIDをリストします。

    設定可能なすべてのジョブ・ステータスの数値コードは次のとおりです。

    • ABORTED(Error)=3

    • ACTION_REQUIRED_STATUS=22

    • COMPLETED(Successful)=5

    • EXECUTING(Running)=2

    • FAILED=4

    • INACTIVE=14

    • MISSING_CREDS_STATUS=21

    • QUEUED=15

    • REASSIGNED_STATUS=20

    • SCHEDULED=1

    • SKIPPED=18

    • STOPPED=8

    • STOP_PENDING=12

    • SUSPENDED_AGENT_DOWN=7

    • SUSPENDED_BLACKOUT=11

    • SUSPENDED_EVENT=10

    • SUSPENDED_LOCK=9

    • SUSPEND_PENDING=13

    • SUSPENDED_USER=6

    • TARGET_NOT_READY_STATUS =26

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

出力列

名前、タイプ、ID、実行ID、スケジュール、タイムゾーン、完了、ステータス、ステータスID、所有者、ターゲット・タイプ、ターゲット名

これらの例では、指定したジョブID 12345678901234567890123456789012および09876543210987654321098765432100のジョブを表示します。

例1 - コマンドライン形式

emcli get_jobs
      -job_ids="12345678901234567890123456789012;09876543210987654321098765432100"

例2 - スクリプトおよび対話形式

get_jobs
    (job_ids="12345678901234567890123456789012;
       09876543210987654321098765432100")

これらの例では、mainhost.example.comという名前のホスト・ターゲットに対して実行される、スケジュール済または完了したすべてのジョブを表示します。

例3 - コマンドライン形式

emcli get_jobs
      -status_ids="1;5"
      -targets="mainhost.example.com:host"

例4 - スクリプトおよび対話形式

get_jobs
     (status_ids="1;5", 
      targets="mainhost.example.com:host")

これらの例では、payrollという名前のOracleデータベース・ターゲットに対して実行され、失敗したすべてのジョブを表示します。列セパレータにタブ、行セパレータに改行を使用した表形式の出力が生成されます。

例5 - コマンドライン形式

emcli get_jobs
      -status_ids="4"
      -targets="payroll:oracle_database"
      -script

例6 - スクリプトおよび対話形式

get_jobs
      (status_ids="4"
      ,targets="payroll:oracle_database"
      ,script=True)

これらの例では、名前がBACKUPで開始するすべてのジョブをリストします。

例7 - コマンドライン形式

emcli get_jobs 
      -name="backup%"

例8 - スクリプトおよび対話形式

emcli get_jobs
      (name="backup%")

これらの例では、admin1が所有するすべてのジョブをリストします。

例9 - コマンドライン形式

emcli get_jobs 
      -owner="admin1"

例10 - スクリプトおよび対話形式

emcli get_jobs
      (owner="admin1")

get_job_types

EM CLIからジョブ、ライブラリ・ジョブおよびマルチタスク・ジョブを作成するために使用できるすべてのジョブ・タイプをリストします。

EM CLIは、次のジョブ・タイプをサポートしています。

ASMSQLScript
ASSOCIATE_CS_FA
ASSOCIATE_DOMAIN_FA
AssociateClusterASM
BlockAgent
CoherenceCacheAddition
CoherenceNodesRefresh
Config Log Archive Locations
DbMachineDashboard
DiscoverPDBEntities
FusionMiddlewareProcessControl
GlassFishProcessControl
InstallKernelModuleJob
Log Rotation
OSCommand
OpatchPatchUpdate_PA
RMANScript
RefreshFromEMStore
RefreshFromMetalink
RefreshFusionInstance
SOABulkRecovery
SQLScript
ShutdownDB
StartDepartedCohNodes
StartDepartedCohStoreNodes
StartFusionInstance
StartupDB
StatspackPurge
StopFusionInstance
Upgrade Exalogic Systems
WebLogic Control
WebLogic Domain Discover
WebLogic Domain Refresh

書式

emcli get_job_types   [-type="job_type_pattern"]   [-target_type="target_type"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • type

    ジョブ・タイプの内部名パターン。ジョブ・タイプ名の全体または一部を指定します。

  • target

    ジョブ・タイプを実行する対象のターゲット・タイプ。

get_metering_data

使用状況の詳細を取得します。

書式

emcli get_metering_data 
     [-start_date=<start_date_in_mmddyyyy>] 
     [-end_date=<end_date_in_mmddyyyy>]
     [-charge]
     [-cost_center=<cost_center_name>] 
     [-target_type=<target_type>
     [-target_name=<target_name>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • start_date

    mmddyyyy形式のレポート・サイクルの開始日。このレポート・サイクルの開始日を指定しない場合、最後のレポート・サイクルが使用されます。

  • end_date

    mmddyyyy形式のレポート・サイクルの終了日。このレポート・サイクルの終了日を指定しない場合、最後のレポート・サイクルが使用されます。

  • charge

    チャージ・リレーション情報を出力します。

  • cost_center

    コスト・センター名。コスト・センター名を指定しない場合、ログイン・ユーザーがコスト・センター名として使用されます。

  • target_type

    ターゲット・タイプを指定しない場合、すべてのターゲットが使用されます。このリリースでサポートされているターゲット・タイプは、oracle_database、oracle_vm_guest、hostおよびweblogic_j2eeserverです。このパラメータは、target_nameパラメータを指定しない場合、有効ではありません。

  • target_name

    ターゲット名を指定しない場合、指定されたターゲット・タイプのすべてのターゲットが使用されます。このパラメータは、target_typeパラメータを指定しない場合、有効ではありません。

例1

この例では、ログインしているユーザーの最後のサイクル使用状況データを表示します。

emcli get_metering_data 

例2

この例では、開始日が10012011のレポート・サイクルのコスト・センターcost_center_internal_nameの使用状況データを表示します。

emcli get_metering_data     -start_date=10012011     -cost_center=cost_center_internal_name 

例3

この例では、開始日が10012011のレポート・サイクルのコスト・センターcost_center_internal_nameについて、my_targetという名前のOracle Guest VMターゲットの使用状況データを表示します。

emcli get_metering_data 
    -start_date=10012011 
    -cost_center=cost_center_internal_name 
    -target_type=oracle_vm_guest 
    -target_name=my_target 
    -charge 

get_metrics_for_stateless_alerts

指定されたターゲット・タイプに関して、アラートがステートレスであるために手動で消去できるメトリックをリストします。このコマンドの出力では、メトリック名とメトリック内部名の両方が表示されます。特定のメトリックに関連するステートレス・アラートを消去するには、clear_stateless_alerts verbを使用します。

書式

emcli get_metrics_for_stateless_alerts      -target_type=type

パラメータ

  • target_type

    内部ターゲット・タイプの識別子(host、oracle_database、oc4j、oracle_emrep、oracle_emdなど)。

この例では、Oracleデータベース(ターゲット・タイプの内部名はoracle_database)においてステートレス・アラートを手動で消去できるすべてのメトリックのリスト
を表示します。

emcli get_metrics_for_stateless_alerts -target_type=oracle_database

get_named_credential

名前付き資格証明の詳細を表示します。

コマンドライン形式

emcli get_named_credential 
        -cred_owner=<owner>
        -cred_name=<name>
        -out=<filename>

スクリプトおよび対話形式

get_named_credential 
        (cred_owner=<owner>
        ,cred_name=<name>
        ,out=<filename>)

パラメータ

  • cred_owner

    資格証明の所有者。

  • cred_name

    必須の資格証明の名前。

  • out

    出力ファイル名。同じファイルをcreate_named_credentialおよびmodify_named_credential
    の入力プロパティ・ファイルとして使用できます。

この例では、現在ログインしているユーザーが所有している名前付き資格証明NC1の詳細を表示します。

例1 - コマンドライン形式

emcli get_named_credential 
      -cred_name=NC1

例2 - スクリプトおよび対話形式

get_named_credential 
       (cred_name="NC1")

この例では、管理者CREDS_MGRが所有している名前付き資格証明NC2の詳細を表示します。

例3 - コマンドライン形式

emcli get_named_credential 
      -cred_name=NC2 
      -cred_owner=CREDS_MGR

例4 - スクリプトおよび対話形式

get_named_credential 
      (cred_name="NC2" 
      ,cred_owner="CREDS_MGR")

get_oms_config_property

指定したプロパティ名に対応するプロパティ値を取得します。

書式

emcli get_oms_config_property 
        -property_name="propertyName"
        [-oms_name="omsName"]
        [-details]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • property_name

    値を取得する必要があるプロパティの名前。

  • oms_name

    プロパティを取り込む必要がある管理サーバーの名前。

  • details

    プロパティ値の導出先の詳細、およびプロパティのグローバル値とデフォルト値を指定します。

例1

この例では、管理サーバーmyhost:1159_Management_Serviceから、プロパティ名propNameに設定されているプロパティ値を取得します。

get_oms_config_property -property_name=propName -oms_name="myhost:1159_Management_Service"

例2

この例では、すべての管理サーバーから、プロパティ名propNameに設定されているプロパティ値を取得します。

get_oms_config_property -property_name=propName 

例3

この例では、すべての管理サーバーから、プロパティ名propNameに設定されているプロパティ値を詳細とともに取得します。

get_oms_config_property -property_name=propName -details

get_oms_inventory

OMSバージョン、プラグインの詳細、および各ホームに適用されているパッチを表示します。

書式

emcli get_oms_inventory 
      [-xml]|[-map]

[ ] indicates that the parameter is optional. 

パラメータ

  • xml

    出力をxml形式で表示します。

  • map

    出力を名前:値の形式で表示します。

get_oms_logging_property

指定したロギング・プロパティ名に対応するプロパティ値を取得します。

書式

emcli get_oms_logging_property 
        -property_name="propertyName"
        [-oms_name="omsName"]
        [-details]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • property_name

    値を取得する必要があるロギング・プロパティの名前。

  • oms_name

    プロパティを取り込む必要がある管理サーバーの名前。

  • details

    プロパティ値の導出先の詳細、およびロギング・プロパティのグローバル値とデフォルト値を指定します。

例1

この例では、管理サーバーmyhost:1159_Management_Serviceから、プロパティ名propNameに設定されているプロパティ値を取得します。

get_oms_logging_property -property_name=propName -oms_name="myhost:1159_Management_Service"

例2

この例では、すべての管理サーバーから、プロパティ名propNameに設定されているプロパティ値を取得します。

get_oms_logging_property -property_name=propName 

get_on_demand_metrics

collect_metric EM CLI Verbで即座に収集できるメトリックのリストを取得します。このリストのメトリック名の列で特定のメトリックを識別し、それに対応するメトリック内部名をcollect_metric verbで使用します。

書式

emcli get_on_demand_metrics      -target_type=type
      -target_name=name

パラメータ

  • target_type

    内部ターゲット・タイプの識別子(host、oracle_database、oc4j、oracle_emrep、oracle_emdなど)。

  • target_name

    ターゲットの名前。

この例では、hostname.example.comというホスト・ターゲットの収集可能なメトリックのリストを表示します。

emcli get_on_demand_metrics -target_type=host -target_name=hostname.example.com

get_onetime_registration_token

1回かぎりの使用のエージェント登録トークンを生成します。

書式

標準モード

emcli get_onetime_registration_token
[-validity="number of minutes"]

インタラクティブまたはスクリプト・モード

get_onetime_registration_token([validity="number of minutes"]
)

[ ] indicates that the parameter is optional. 

パラメータ

  • validity1

    登録トークンの有効時間(分)。デフォルトの有効時間は15分です。最大許容有効時間は720分です。

終了コード

正常終了した場合は0。0以外の値は、verb処理が正常終了しなかったことを示します。

例1

次のコマンドでは、有効時間が25分である1回かぎりの登録トークンを生成します。

emcli get_onetime_registration_token 
      -validity=25

例2

次のコマンドでは、有効時間が15分である1回かぎりの登録トークンを生成します。

emcli get_onetime_registration_token  

get_operation_plan_details

指定された操作計画に関する手順ごとの詳細な情報を提供します。

書式

emcli get_operation_plan_details
      -name="plan name"

パラメータ

  • name

    操作計画の名前。

emcli get_operation_plan_details
      -name="BISystem1-switchover"

関連項目

create_operation_plan

get_operation_plans

get_operation_plans

構成されたすべての操作計画を一覧表示します。

書式

emcli get_operation_plans
      -name=<operation plan_name>
      -operation=<operation_name>

パラメータ

  • name

    操作計画の名前。

  • operation

    スイッチオーバー、フェイルオーバー、起動または停止などの操作の名前。

出力列

計画名、操作名、構成GUID

emcli get_operation_plans
      -name="austin-switchover"
      -operation="switchover"

関連項目

create_operation_plan

submit_operation_plan

get_paas_zone_detail

PaaSインフラストラクチャ・ゾーンの詳細を取得します。

書式

emcli get_paas_zone_detail
      -name="<Name of PaaS Zone>"

パラメータ

  • name

    既存のPaaSインフラストラクチャ・ゾーンの名前。

この例では、My PaaS Zoneに関するPaasインフラストラクチャ・ゾーンの詳細を取得します。

emcli get_paas_zone_detail
    -name="My PaaS Zone"

次の情報が表示されます。

Name                            My PaaS Zone 
Description                     This is a test PaaS Zone 
Named Credentials               ZoneNamedCredentials 
Number of Hosts                 2 
Roles                           CLOUD_ADMIN_ROLE 
Maximum Memory Allocation (%)   75 
Maximum CPU Utilization (%)     85 

注意:

このPaaSインフラストラクチャ・ゾーンのメンバーを取得するには、次の手順を実行します。
emcli get_system_members -name="My PaaS Zone" -type="self_service_zone"

get_patch_plan_data

パッチ計画のユーザー編集可能データを取得します。

書式

emcli get_patch_plan_data
        -name="name"

パラメータ

  • name

    指定するパッチ計画の名前。

関連項目


create_patch_plan
delete_patches
describe_patch_plan_input
get_connection_mode
list_aru_languages
list_aru_platforms
list_aru_products
list_aru_releases
list_patch_plans
search_patches
set_connection_mode
set_patch_plan_data
show_patch_plan
submit_patch_plan

upload_patches

『Enterprise Managerライフサイクル管理者ガイド』のEM CLIによるパッチ適用に関する項も参照してください。

http://docs.oracle.com/cd/E24628_01/em.121/e27046/emcli.htm#BABDEGHB

emcli get_patch_plan_data -name="plan_name" 

get_pool_allowed_placement_constraints

プール・ターゲット・タイプの配置制約のリストを取得します。

書式

emcli get_pool_allowed_placement_constraints
      -target_type="<Target type of Software Pool>"

パラメータ

  • target_type

    ソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

次の例では、mwaas_zoneターゲット・タイプの配置制約のリストを取得します。

emcli get_pool_allowed_placement_constraints
     -target_type="mwaas_zone"

次のような出力が表示されます。

Name                       Description
MAX_INSTANCES              Maximum Number of Java Servers (per host)

get_pool_capacity

ホスト当たりのCPU使用率、メモリー割当て、インスタンス数などの、ソフトウェア・プールの容量の詳細を取得します。

書式

emcli get_pool_capacity
    -name="<Software Pool name>"
    -target_type="<Target type of Software Pool>"

パラメータ

  • name

    既存のソフトウェア・プールの名前。

  • target_type

    ソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

get_pool_detail

ソフトウェア・プールの詳細を取得します。

書式

 emcli get_pool_detail
      -name="<Software Pool name>"
      -target_type="<Target type of Software Pool>"

パラメータ

  • name

    既存のソフトウェア・プールの名前。

  • target_type

    ソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

次の例では、MyPoolソフトウェア・プールの詳細を取得します。

 emcli get_pool_detail
        -name="My Pool"
       -target_type="mwaas_zone"

次の情報が表示されます。

   Name                         My Pool 
   Target Type                  mwaas_zone 
   Description                  This is a test Pool 
   Paas Infrastructure Zone     My PaaS Zone 
   Number of Members            1 
   Placement Constraints        MAX_INSTANCES : 25 
   Member Constraints           VERSION : 10.3.5.0 

注意:

このソフトウェア・プールのメンバーを取得するには、次の手順を実行します。
emcli get_system_members -name="My Pool" -type="mwaas_zone"

get_pool_filtered_targets

指定した基準に基づき、ソフトウェア・プールの作成に使用可能なフィルタ処理済ターゲットを取得します。

書式

emcli get_pool_filtered_targets
      -target_type="<Target type of Software Pool>"
      -paas_zone="<Paas Infrastructure Zone of Software Pool>"
      [-member_constraints="<constraint1=value1, constraint2=value2>"
]

[]は、オプションのパラメータであることを示します。

パラメータ

  • target_type

    ソフトウェア・プールのターゲット・タイプ。

  • paas_zone

    フィルタ処理済ターゲットの取得先であるPaaSインフラストラクチャ・ゾーンの名前。

  • member_constraints

    設定基準によってソフトウェア・プールへのメンバー・ターゲットの追加を制限するカンマ区切りのキー値ペア。

次の例では、プール・ターゲット・タイプに対して使用可能なメンバー制約のリストを取得します。

emcli get_pool_allowed_member_constraints -target_type=<Target type>

get_plugin_deployment_status

特定のプラグインのデプロイメントまたはアンデプロイメント・アクティビティのステータスを、ステップのリストとともに表示します。

書式

emcli get_plugin_deployment_status 
       [-plugin_id="plugin_id"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • plugin_id

    デプロイメントまたはアンデプロイメント・ステータスを表示する必要のあるプラグインのID。指定しない場合、デプロイされている最新のプラグインのステータス、すなわち最後にデプロイまたはアンデプロイされたものが表示されます。

例1

最後のプラグインのデプロイメントまたはアンデプロイメント・アクティビティのステータスを表示します。

emcli get_plugin_deployment_status

例2

この例では、特定のプラグインの最後のデプロイメントまたはアンデプロイメント・アクティビティのステータスを表示します。

emcli get_plugin_deployment_status -plugin_id=oracle.sysman.db

get_procedures

デプロイメント・プロシージャおよび事前に保存済のプロシージャ構成のリストを記述します。


ヒント:

get_procedure_typesも参照してください。

書式

emcli get_procedures [-type=<procedure_type>]
      [-parent_proc=<procedure_associate>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • type

    タイプprocedure_typeのすべてのデプロイメント・プロシージャを表示します。

  • parent_proc

    プロシージャ構成に関連付けられたプロシージャ。

出力列

GUID、プロシージャ・タイプ、名前、表示タイプ、バージョン、作成者、プロシージャ名

関連項目

get_procedure_types

get_procedure_xml

get_procedure_types

すべてのデプロイメント・プロシージャ・タイプのリストを取得します。

書式

emcli get_procedure_types

出力列

プロシージャ・タイプ

この例では、すべてのプロシージャ・タイプをリストします。

emcli get_procedure_types

get_procedure_xml

デプロイメント・プロシージャXMLファイルを取得します。XMLは標準出力に表示されます。

書式

emcli get_procedure_xml 
      -procedure=[procedure_guid]
      [-name=<procedure_name>]
      [-owner=<procedure_owner>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • procedure

    プロシージャのGUID。

  • name

    プロシージャ名。

  • owner

    プロシージャの所有者。

出力

デプロイメント・プロシージャのXML。

emcli get_procedure_xml -procedure=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 > proc.xml

get_reports

すべてのユーザーまたは指定したユーザーが所有し、表示可能な情報パブリッシャ・レポートのリストを返します。このレポートの出力では、レポートのタイトルと所有者の文字列は空白で区切られ、引用符で囲まれます。各レポートはそれぞれ独自の行に出力されます。

書式

emcli get_reports   [-owner="<report_owner>"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • owner

    特定のEnterprise Managerが所有する表示可能なレポートのリスト表示を有効にします。

出力

引用符で囲まれた、空白義理のレポートのタイトルと所有者の文字列、およびそれぞれ独自の行に出力されるレポート。

emcli get_reports –owner=username
”report 1”,”username”
”example report 2”,”username”
emcli get_reports
”report A”,”username1”
”report 1”,”username2”
”example report 2”,”username2

get_resolution_states

インシデントと問題の管理に使用されている既存の解決状態のリストを取得します。状態の表示位置も出力します。新規とクローズ済の固定の解決状態はリストに含まれません。

書式

emcli get_resolution_states 

パラメータ

なし

この例では、インシデントの定義済状態(OnHold、Waiting、Processed)および問題の定義済状態(OnHoldとProcessed)のサンプル出力を表示します。

Incident resolution states
   5     OnHold
  10     Waiting
  25     Processed
 
Problem resolution states
   5     OnHold
  25     Processed

get_retry_arguments

再試行できる失敗したステップの引数を取得します。

書式

emcli get_retry_arguments 
      [-instance=<instance_guid>] 
      [-exec=<execution_guid>] 
      [-name=<execution_name>] 
      [-owner=<execution_owner>] 
      [-stateguid=<state_guid>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • instance

    インスタンスのGUID。

  • exec

    実行GUID。

  • name

    実行名。

  • owner

    実行の所有者。

  • stateguid

    状態のGUID。

emcli get_retry_arguments -instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61
emcli get_retry_arguments -instance=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 -stateguid=51F762417C4943DEE040578C4E087168

get_runtime_data

実行のランタイム・プロパティ・データをダウンロードします。インスタンスGUID、実行GUIDまたは名前と値のペアを使用して、実行を取得できます。

書式

emcli get_runtime_data
        [-instance={instance_guid}] 
        [-exec={execution_guid}] 
        [-name={execution name}] 
        [-owner={execution owner}]

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • instance

    インスタンスのGUID。

  • exec

    実行GUID。

  • name

    実行名。

  • owner

    実行の所有者。


注意:

名前および所有者のパラメータは同時に使用する必要があります。

この例では、実行のランタイム・プロパティ・データを表示します。

emcli get_runtime_data -exec=16B15CB29C3F9E6CE040578C96093F61 > data.xml

get_saved_configs

保存済構成をリストします。

書式

emcli get_saved_configs 
        [-target_type="<target_type>"] 
        [-target_name="<target_name>"] 
        [-owner="<owner>"] 
        [-format=name:<pretty|script|csv>;
        [column_separator:"column_sep_string"];
        [row_separator:"row_sep_string"];]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • target_type

    "Oracle Database"に対するoracle_databaseのような内部タイプ名。get_target_typesコマンドを使用して、ターゲット・タイプの内部名を取得できます。

  • target_name

    ターゲットの名前。名前全体を指定するか、%を使用してパターン・マッチを指定します。

  • owner

    保存済構成の所有者。

    完全な値または%を使用したパターン・マッチを指定できます。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format="name:script;column_separator:<column_sep_string>"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • format="name:script;row_separator:<row_sep_string>"は、verb出力の行を<row_sep_string>で区切ります。列はタブ文字で区切られます。

  • noheader

    列見出しのない表形式の出力を表示します。

出力列

名前(保存済構成の名前、すなわちターゲット名、ターゲット・タイプ、YYYYMMDDHH24MISS形式保存時間を連結したもの)、ターゲット・タイプ、ターゲット名、保存時間(形式: yyyy/MM/dd HH:mm)、タイムゾーン、所有者、説明

例1

この例では、ターゲット・タイプhostに作成された保存済構成をすべてリストします。

emcli get_saved_configs -target_type="host" 

例2

この例では、ターゲット・タイプhostかつターゲット名test hostに作成された保存済構成をすべてリストします。

emcli get_saved_configs -target_type="host" -target_name="test host" 

例3

この例では、test userという名前のユーザーによってターゲット・タイプhostかつターゲット名test hostに作成された保存済構成をすべてリストします。

emcli get_saved_configs -target_type="host" -target_name="test host" -owner="test user"

例4

この例では、ターゲット名に文字列Testを含むターゲット名の保存済構成をすべてリストします。

emcli get_saved_configs -target_name="%Test%" 

例5

この例では、ユーザー名に文字列Adminが含まれるユーザーによって作成された保存済構成すべてをリストします。

emcli get_saved_configs -owner="%Admin%"  

get_service_template_detail

サービス・テンプレートの詳細を取得します。

書式

emcli get_service_template_detail
        -name="<Service_Template_name>"
        -service_family="<Service_family_name>"

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    既存のサービス・テンプレートの名前。

  • service_family

    サービス・テンプレートが属するサービス・ファミリ。たとえば、データベースの場合はDBAAS、ミドルウェアの場合はMWAASです。

emcli clear_problem 
      -problem_key="ORA-600" 
      -target_type="oracle_database"-preview

次のような出力が表示されます。

Name Middleware service template August 
Service Family MWAAS 
Description Middleware small instance service template 
Roles CLOUD_USER_ROLE_1 
Software Pools mwaas_zone:pool1 
Configurations 
{ 
"type" : "CDP" 
"serviceFamily" : "MWAAS", 
"payloads": null,
"configurations" : [ { 
"name" : "WebLogic Username *", 
"value" : "weblogic",
"id" : "wlsUserName",
"displayName" : null,
"description" : "Username for the WebLogic Server",
"values" : null,
"required" : false,
"secret" : false,
"subconfigurations" : null
}, { 
"name" : "WebLogic Password *",
"value" : "Welcome_123",
"id" : "wlsUserPassword",
"displayName" : null,
"description" : "Password for the WebLogic Server",
"values" : null,
"required" : false,
"secret" : true,
"subconfigurations" : null
},{ 
"name" : "Topology",
"value" : "1",
"id" : "topology",
"displayName" : null,
"description" : "Enter 1 for single cluster, 0 for no cluster. For physical provisioning it is auto populated based on the profile selected. For virtual provisioning it is defaulted to 1. Please change based on the actual topology of the assembly. ",
"values" : null,
"required" : false,
"secret" : false,
"subconfigurations" : null
}, 

この例ではすべての構成が表示されるわけではないことに注意してください。

get_service_templates

使用可能なサービス・テンプレートをリストします。

書式

emcli get_service_templates
        [-service_family="<Service_family_name>"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • service_family

    サービス・テンプレートのフィルタリングに使用されるサービス・ファミリ名。たとえば、データベースの場合はDBAAS、ミドルウェアの場合はMWAASです。

get_signoff_agents

サインオフに使用できるエージェントを示します。

オプションを1つも指定しない場合、サインオフ可能なエージェントをすべて表示します。オプションを2つ以上指定した場合、渡したそれぞれのオプションに属する、サインオフ可能なエージェントの和集合を表示します。

書式

emcli get_signoff_agents 
      [-agents="List_of_agents"]
      [-platforms="List_of_platforms"]
      [-versions="list_of_versions"]
      [-groups="list_of_group_names"]
      [-output_file="location_of_output_file"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • agents

    エージェント名またはエージェント名パターンのカンマ区切りリストに一致する、サインオフ対象エージェントのリスト。

  • platforms

    指定したプラットフォーム上でサインオフできるエージェントをリストします。

  • versions

    指定したバージョンでサインオフできるエージェントをリストします。

  • groups

    指定したグループに属する、サインオフできるエージェントをリストします。

  • output_file

    古いOracle Management AgentホームとOracleホーム・ターゲットを削除して、アップグレード済のOracle Management Agentのディレクトリをバックアップするためのクリーンアップ・ジョブに送信できる出力ファイルに、エージェントを追加します。

例1

この例は、オプションに指定したエージェントに一致するエージェントのリストをクリーンアップ用に表示します。

emcli get_signoff_agents -agents="abc%,xyz.domain.com:1243"

例2

この例は、オプションに指定したプラットフォームに一致するエージェントのリストをクリーンアップ用に表示します。

emcli get_signoff_agents -platforms="Linux x86,Microsoft Windows x64 (64-bit)"

例3

この例は、オプションに指定したバージョンに一致するエージェントのリストをクリーンアップ用に表示します。

emcli get_signoff_agents -versions="12.1.0.1.0,12.1.0.2.0"

例4

この例は、オプションに指定したグループ名に一致するエージェントのリストをクリーンアップ用に表示します。

emcli get_signoff_agents -groups="GROUP1,GROUP2"

例5

この例は、エージェントのリストをクリーンアップ用に/scratch/agents_file.txtファイルに追加します。

emcli get_signoff_agents -output_file="/scratch/agents_file.txt"

get_signoff_status

エージェントのサインオフ結果を表示します。

書式

emcli get_signoff_status 
      [-agent="full_agent_name"]
      [-job_name="job_name"]
      [-status="status"]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • agent

    指定のエージェント名、またはカンマで区切られたエージェント名のパターンについて、サインオフ・ジョブの詳細を表示します。

  • job_name

    指定のジョブ名について、サインオフ・ジョブの詳細を表示します。

  • status

    指定のステータスについて、サインオフ・ジョブの詳細を表示します。

パラメータの順列と組合せについては、次のとおりです。

パラメータなし — 各ジョブについて、<JOB NAME, JOB STATUS, NUMBER OF AGENTS IN THE JOB, JOB START TIME, JOB END TIME>を表示します。

-job_name — ジョブ名を-job_nameパラメータで渡した各ジョブのエージェントについて、<AGENT_NAME, STATUS OF JOB, START TIME, END TIME>を表示します。

-statusのみ — ジョブのステータスが-statusパラメータで渡された各ジョブについて、<JOB NAME, NUMBER OF AGENTS IN THE JOB, JOB START TIME, JOB END TIME>を表示します。

-agentのみ — エージェントが存在し、そのエージェント名が-agentパラメータで渡されたジョブについて、<JOB NAME, STATUS OF JOB, START TIME, END TIME>を表示します。

-job_nameおよび-agentのみ — -job_nameおよび-agentパラメータで渡したエージェントのジョブの各ステップについて、<JOB STEP NAME, JOB STEP STATUS, JOB STEP START TIME, JOB STEP END TIME>を表示します。

-job_name、-agentおよび-status — ステップのステータスが-job_name、-agentおよび-statusでそれぞれ渡されたエージェントのジョブの各ステップについて、<JOB STEP NAME, JOB STEP START TIME, JOB STEP END TIME>を表示します。

-job_nameおよび-statusのみ — エージェントのアップグレード・ステータスが-job_nameと-statusでそれぞれ渡されたジョブの各エージェントについて、<;AGENT_NAME, START TIME, END TIME>を表示します。

-agentおよび-status — エージェントおよびクリーンアップ・ステータスを-agentと-statusでそれぞれ渡した各ジョブについて、<JOB NAME, START TIME, END TIME>を表示します。

例1

この例は、エージェントxyz.domain.com:1243のサインオフ・ジョブの詳細を示します。

emcli get_signoff_status -agent=xyz.domain.com:1243

例2

この例は、ジョブ名cleanup_123のサインオフ・ジョブの詳細を示します。

emcli get_signoff_status -job_name="cleanup_123"

例3

この例は、ステータスSuccessのサインオフ・ジョブの詳細を示します。

emcli get_signoff_status -status="Success"

get_siteguard_aux_hosts

システムに関連付けられているすべての補助ホストのリストを導出します。

書式

emcli get_siteguard_aux_hosts
        -system_name=name_of_the_system

パラメータ

system_name

リストを表示しようとする補助ホストが含まれるシステムの名前。

この例では、austin-systemに構成された補助ホストのリストを導出します。

emcli get_siteguard_aux_hosts 
        -system_name="austin-system"

get_siteguard_credential_association

システムに構成された資格証明アソシエーションをリストします。

書式

emcli get_siteguard_credential_association
      [-system_name=<name_of_system>]
      [-target_name=<name_of_target>]
      [-credential_type=<type_of_credential>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • system_name

    システムの名前。

  • target_name

    ターゲットの名前。

  • credential_type

    資格証明のタイプ。HostNormal、HostPrivileged、WLSAdminまたはDatabaseSysdbaのいずれかです。

出力列

ターゲット名、資格証明名、資格証明タイプ

例1

emcli get_siteguard_credential_association
      -system_name="austin-system"
      -credential_type="HostNormal"

例2

emcli create_siteguard_credential_association
      -system_name="austin-system"
      -target_name="austin-database-instance"
      -credential_type="HostNormal"

関連項目

create_siteguard_credential_association

update_siteguard_credential_association

get_siteguard_health_checks

操作計画に対するヘルス・チェックのスケジュールを表示します。

書式

emcli get_siteguard_health_checks
        [-operation_plan="name_of_the_operation_plan"] 
 
[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

operation_plan

ヘルス・チェックがスケジュールされた操作計画の名前。

この例では、austin-switchover操作計画でシステムにスケジュールされたヘルス・チェックに関する情報を表示します。

emcli get_siteguard_health_checks 
        -operation_plan="austin-switchover"

get_siteguard_lag

システムのすべてのデータベースまたは選択されたデータベースに対する適用ラグとトランスポート・ラグの制限の構成を取得して表示します。

書式

emcli get_siteguard_lag
        [-system_name="name_of_the_system"] 
        [-target_name="name_of_the_target_database"] 
        [-property_name="lag_type"] 
                
[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • system_name

    詳細を表示しようとする構成が含まれるシステムの名前。

  • target_name

    詳細を表示しようとするラグ構成が含まれるデータベースの名前。

  • property_name

    構成されているラグ・プロパティの名前。有効な値はApplyLagおよびTransportLagです。

例1

この例では、システムaustin-systemのすべてのデータベースに構成されている適用ラグ制限の詳細を表示します。

emcli get_siteguard_lag 
        -system_name="austin-system" 
        -property_name="ApplyLag"

例2

この例では、austin-systemのデータベースOID-dbに構成されているトランスポート・ラグ制限の詳細を表示します。

emcli get_siteguard_lag 
        -system_name="austin-system" 
        -target_name="OID_db" 
        -property_name="TransportLag"

get_siteguard_script_credential_params

Site Guardスクリプトのすべての資格証明パラメータを取得します。

書式

emcli get_siteguard_script_credential_params        -script_id="Id associated with the script"         -credential_name="name of the credential"         [-credential_owner="credential owner"] 

[ ] indicates that the parameter is optional.

パラメータ

  • script_id

    スクリプトID。

  • credential_name

    資格証明の名前。このパラメータが指定されない場合、スクリプトのパラメータとして関連付けられたすべての資格証明がリストされます。

  • credential_owner

    資格証明の所有者。この引数が指定されない場合、スクリプトのパラメータとして関連付けられたすべての資格証明がリストされます。

例1

次のコマンドは、ID 1および名前NAMED_CREDENTIAL_XのスクリプトのSite Guard資格証明パラメータを取得します。

emcli get_siteguard_script_credential_params 
      -script_id="1" 
      -credential_name="NAMED_CREDENTIAL_X" 

例2

次のコマンドは、スクリプトID 3のすべてのスクリプトのSite Guard資格証明パラメータを取得します。

emcli get_siteguard_script_credential_params 
      -script_id=3"

例3

次のコマンドは、ユーザーSG_ADMINが所有するスクリプトID 3のすべてのスクリプトのSite Guard資格証明パラメータを取得します。

emcli get_siteguard_script_credential_params 
      -script_id="3"  
      -credential_owner="SG_ADMIN"  

get_siteguard_script_hosts

スクリプトが実行されるように設計されたすべてのスクリプトに関連付けられたホストをリストします。

書式

emcli get_siteguard_script_hosts
      [-script_id=<script_id>]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • script_id

    スクリプトに関連付けられたID。

出力列

ホスト名

emcli get_siteguard_script_hosts
      -script_id="10"

関連項目

create_siteguard_script

add_siteguard_script_hosts

get_siteguard_scripts

指定されたシステムに関連付けられたSite Guardスクリプトを取得します。

書式

emcli get_siteguard_scripts
      -system_name=<system_name>
      -operation=<operation_name>
      [-script_type=<type_of_script>]
      [-role=<role_of_system>]

パラメータ

  • system_name

    システムの名前。

  • operation

    スイッチオーバー、フェイルオーバー、起動または停止などの操作の名前。

  • script_type

    スクリプトのタイプ。例: mount、unmount、pre-script、post-script、failoverまたはswitchover。

  • role

    システムに関連付けられたロールに基づいてスクリプトをフィルタ処理します。例: PrimaryまたはStandby。

出力列

スクリプト、ID、タイプ、操作、パス、ロール

例1

emcli get_siteguard_scripts
      -system_name="BISystem1"
      -operation="Switchover"
      -script_type="Pre-Script"

例2

emcli get_siteguard_scripts
      -system_name="austin-system"
      -operation="Switchover"
      -script_type="Pre-Script"
      -role="Primary"

関連項目

create_siteguard_script

delete_siteguard_scripts

get_supported_platforms

管理エージェント・ソフトウェアがOMSホストで使用できるプラットフォームをリストします。

書式

emcli get_supported_platforms

出力

コマンドの出力は、この例のように表示されます。

--------------------------
Platform Name : Linux x86
--------------------------

get_supported_privileges

指定したタイプに基づいてEnterprise Managerの使用可能な権限のリストを取得します。

書式

emcli get_supported_privileges
        -type="ResourceType"
        [-noheader]
        [-script | -format=
                           [name:<pretty|script|csv>];
                           [column_separator:"column_sep_string"];
                           [row_separator:"row_sep_string"];
        ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • type

    Enterprise Managerから取得する権限のタイプ。可能な値は次のとおりです。

    • ALL (デフォルト値)

    • SYSTEM

    • TARGET

    • JOB

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

出力列

権限名、権限タイプ、リソース・クラス、リソースGUID列、リソースID列

get_system_members

指定されたシステムのメンバーをリストします。

書式

emcli get_system_members
      -name="name"
      [-type=<generic_system>]
      [-depth=#  (default 1)]
      [-noheader]
      [-script | -format=
            [name:<pretty|script|csv>];
            [column_separator:"column_sep_string"];
            [row_separator:"row_sep_string"];
      ]

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • name

    システムのターゲット名。

  • type

    システム・タイプ(generic_system)。デフォルトはgeneric_systemです。

  • depth

    指定された深さまで、サブシステムのターゲット・メンバーをリストします。depthが0に設定されている場合、システムのターゲット・メンバーはリストされず、システムの存在のみが検証されます。depthが-1に設定されている場合、すべてのシステムおよびサブシステムのターゲット・メンバーがリストされます。

  • noheader

    列見出しのない表形式の情報を表示します。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。対話およびスクリプト・モードでは、値はTrueまたはFalseである必要があります。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

出力列

ソース・ターゲット名、メンバー・ターゲット名、メンバー・ターゲット・タイプ、レベル

例1

この例では、システムdb2_systemのデータベースをリストします。

emcli get_system_members -name=db2_system

例2

この例では、システムmy_system:generic_systemが存在することを確認します。

emcli get_system_members -name=my_system -depth=0

例3

この例では、システムmy_system:generic_systemとそのサブシステムの一意のターゲットをリストします。

emcli get_system_members -name=my_system -depth=-1

get_target_properties

指定されたターゲット・タイプのすべてのプロパティ名をリストします。

書式

emcli get_target_properties
         -target_type="target_type"

パラメータ

  • target_type

    ユーザー定義のプロパティ名をリストするターゲット・タイプ。

emcli get_target_properties -target_type="host"

Comment
Contact
Deployment Type
Line of Business
Location
Target properties fetched successfully

get_target_types

入力プラグインのターゲット・タイプとそれらの詳細を取得します。

書式

emcli get_target_types
      -plugin="Plug-in Id for which the targets types needs to be retrieved" 

出力列: 表示ターゲット・タイプ、ターゲット・タイプがコンポジットか(Y/N)

パラメータ

  • plugin

    ターゲット・タイプを取得する必要があるプラグインID。

次の例では、データベース・プラグインのすべてのターゲット・タイプを表示します。

emcli get_target_types
      -plugin=oracle.sysman.db       

get_targets

ターゲットのステータスおよびアラート情報を取得します。

コマンドライン形式

emcli get_targets
        [-targets="[name1:]type1;[name2:]type2;..."]
        [-alerts]
        [-noheader]
        [-script | -format=
                           [name:<pretty|script|csv>];
                           [column_separator:"column_sep_string"];
                           [row_separator:"row_sep_string"];
        ]
        [-limit_rows="maximum_targets_to_be_retrieved"]
        [-config_search="configuration_search_UI_name"]
        [-unmanaged]
        [-properties]
        [-separator_properties="properties_sep_string"]
        [-subseparator_properties="properties_subsep_string"]

[ ] indicates that the parameter is optional

スクリプトおよび対話形式

get_targets
      [(targets="[name1:]type1;[name2:]type2;..."]
      [,alerts=True|False]
      [,noheader=True|False]
      [,script=True|False | ,format=
                 [name:<pretty|script|csv>];
                 [column_separator:"column_sep_string"];
                 [row_separator:"row_sep_string"];
      ]
      [,-limit_rows="maximum_targets_to_be_retrieved"]
      [,-config_search="configuration_search_UI_name"]
      [,-unmanaged]
      [,-properties]
      [,-separator_properties="properties_sep_string"]
      [,-subseparator_properties="properties_subsep_string"])

[ ] indicates that the parameter is optional

パラメータ

  • targets=name:type

    名前またはタイプは、完全な値または「%」を使用したパターン・マッチです。また、名前はオプションなので、タイプのみを指定できます。

  • alerts

    各ターゲットのクリティカル・アラートと警告アラートの数を表示します。スクリプトおよび対話モードでは、値はTrueまたはFalseのいずれかに設定する必要があります。

  • noheader

    列見出しのない表形式の出力を表示します。スクリプトおよび対話モードでは、値はTrueまたはFalseのいずれかに設定する必要があります。

  • script

    これは、-format="name:script"と同じです。スクリプトおよび対話モードでは、値はTrueまたはFalseのいずれかに設定する必要があります。

  • format

    書式指定(デフォルトは-format="name:pretty")。

    • format="name:pretty"は、スクリプトによる解析を目的としない読取り可能な書式で出力表を出力します。

    • format="name:script"は、デフォルトの列セパレータをタブに、デフォルトの行セパレータを改行に設定します。列および行セパレータの文字列を指定して、これらのデフォルトを変更できます。

    • format="name:csv"は、列セパレータをカンマに、行セパレータを改行に設定します。

    • format=column_separator:"column_sep_string"は、verb出力の列を<column_sep_string>で区切ります。行は改行で区切られます。

    • row_separator:"row_sep_string"は、Verb出力の行を
      <row_sep_string>で区切ります。行はタブ文字で区切られます。

  • limit_rows

    取得するターゲットの最大数。指定しない場合はデフォルトの2000行になります。

  • config_search

    検索UI名には、構成検索の表示名を指定する必要があります。

  • unmanaged

    管理対象外ターゲットを取得します(ステータスまたはアラート情報なし)。

  • properties

    取得するターゲットの最大数。指定しない場合はデフォルトの2000行になります。

  • separator_properties

    separator_propertiesを使用して管理対象外ターゲットのプロパティを表示します。

  • subseparator_properties

    subseparator_propertiesを使用して管理対象外ターゲットのプロパティを表示します。

出力列

ステータスID、ステータス、ターゲット・タイプ、ターゲット名、クリティカル、警告

この例では、すべてのターゲットを表示します。クリティカル列と警告列は含まれません。

例1 - コマンドライン形式

emcli get_targets

例2 - スクリプトおよび対話形式

get_targets()

この例では、すべてのターゲットを表示します。クリティカル列と警告列が表示されます。

例3 - コマンドライン形式

emcli get_targets
      -alerts

例4 - スクリプトおよび対話形式

get_targets
      (alerts=True)

この例では、すべてのoracle_databaseターゲットを表示します。

例5 - コマンドライン形式

emcli get_targets
      -targets="oracle_database"

例6 - スクリプトおよび対話形式

get_targets
      (targets="oracle_database")

この例では、タイプに文字列oracleを含むすべてのターゲットを表示します。

例7 - コマンドライン形式

e