プライマリ・コンテンツに移動
Oracle® Databaseリファレンス
12c リリース1 (12.1)
B71292-12
目次へ移動
目次
索引へ移動
索引

前
次

1.126 JOB_QUEUE_PROCESSES


プロパティ 説明

パラメータ・タイプ

整数

デフォルト値

1000

変更可能

ALTER SYSTEM

PDBで変更可能

はい

値の範囲

0から1000

基本

いいえ

Oracle RAC

複数インスタンスには、異なる値を指定可能。


JOB_QUEUE_PROCESSESには、DBMS_JOBジョブおよびOracle Scheduler(DBMS_SCHEDULER)ジョブの実行用に作成可能な、インスタンスごとのジョブ・スレーブの最大数を指定します。DBMS_JOBおよびOracle Schedulerは同じジョブ・コーディネータとジョブ・スレーブを共有し、いずれもJOB_QUEUE_PROCESSESパラメータによって制御されます。

JOB_QUEUE_PROCESSESの値を0(ゼロ)に設定すると、DBMS_JOBジョブおよびOracle Schedulerジョブはそのインスタンス上で実行されません。

JOB_QUEUE_PROCESSES1から1000の範囲の値に設定した場合は、DBMS_JOBジョブおよびOracle Schedulerジョブが実行されます。Oracle Schedulerジョブ用に作成されるジョブ・スレーブの実際の数は、使用可能なリソース、リソース・マネージャ設定、現在実行中のジョブなどの複数の要因に応じて、スケジューラにより自動チューニングされます。ただし、インスタンス上でDBMS_JOBジョブおよびOracle Schedulerジョブを実行しているジョブ・スレーブの合計数が、そのインスタンスのJOB_QUEUE_PROCESSESの値を超えることはできません。

アドバンスト・レプリケーションでは、データ・リフレッシュにOracle Schedulerが使用されます。Oracle Streamsアドバンスト・キューイングでは、メッセージ伝播にOracle Schedulerが使用されます。マテリアライズド・ビューでは、自動リフレッシュにOracle Schedulerが使用されます。JOB_QUEUE_PROCESSを0に設定することにより、これらの機能および、Oracle SchedulerまたはDBMS_JOBを使用するその他の機能がすべて無効になります。

関連項目:

  • DBMS_SCHEDULERパッケージの詳細は、『Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンス』を参照してください。

  • マテリアライズド・ビュー管理の詳細は、『Oracle Databaseアドバンスト・レプリケーション』および『Oracle Databaseデータ・ウェアハウス・ガイド』を参照してください。

  • ジョブ・キュー・プロセスの詳細は、『Oracle Databaseアドバンスト・キューイング・ユーザーズ・ガイド』を参照してください。

  • スケジューラ・ジョブ・プロセスの最大数の詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。