第4章 インストールと可用性

完全なOracle Linux 7更新2インストール・メディア・イメージをhttps://edelivery.oracle.com/linuxのOracle Software Delivery Cloudからダウンロードできます。 Unbreakable Linux Network (ULN)とOracle Linux yumサーバーから最新のOracle Linux 7パッケージを入手することもできます。

次の表は、Oracle Linux 7のULNおよびOracle Linux yumサーバーで使用可能ないくつかのチャネルおよびリポジトリの一覧です。

ULNチャネル

Oracle Linux yumサーバー・リポジトリ

説明

ol7_x86_64_latest

ol7_latest

Oracle Linux 7の最新パッケージ。

ol7_x86_64_u0_base

ol7_u0_base

Oracle Linux 7の最初のリリース(Update 0)の基本パッケージ。

ol7_x86_64_u0_patch

 

Oracle Linux 7の最初のリリース・パッケージのパッチ。

ol7_x86_64_uN_base

ol7_uN_base

Oracle Linux 7 Update Nの基本パッケージ。

ol7_x86_64_uN_patch

 

Oracle Linux 7 Update Nのパッチ。

ol7_x86_64_addons

ol7_addons

アップストリームをソースとするOracle Linux 7用のGPLライセンス付きパッケージ。

ol7_x86_64_Dtrace_userspace

 

UEK R3を持つOracle Linux 7用のDTraceユーザー・スペース・パッケージ。

ol7_x86_64_UEKR4_DTrace_userspace

 

UEK R4を持つOracle Linux 7用のDTraceユーザー・スペース・パッケージ。

ol7_x86_64_Ksplice

 

Oracle Linux 7用のKspliceパッケージ。

ol7_x86_64_MySQL55

ol7_MySQL55

Oracle Linux 7用のMySQL Community Edition 5.5パッケージ。

ol7_x86_64_MySQL56

ol7_MySQL56

Oracle Linux 7用のMySQL Community Edition 5.6パッケージ。

ol7_x86_64_optional_latest

ol7_optional_latest

アップストリームをソースとするOracle Linux 7用の最新オプション・パッケージ(ほとんどの*-develパッケージを含む)。

ol7_x86_64_oracle

 

Oracle Linux 7用のOracleソフトウェア・パッケージ。

ol7_x86_64_UEKR3

ol7_UEKR3

Oracle Linux 7用の最新のUnbreakable Enterprise Kernelリリース3 (UEK R3)パッケージ。

ol7_x86_64_UEKR4

ol7_UEKR4

Oracle Linux 7用の最新のUnbreakable Enterprise Kernelリリース4 (UEK R4)パッケージ。

ol7_x86_64_UEKR3_OFED20

 

Oracle Linux 7でのUEK R3用のOpenFabrics Enterprise Distribution (OFED)パッケージ。 4.2項「OracleでサポートされているOFEDパッケージのインストールまたはアップグレード」を参照してください。

ol7_x86_64_UEKR4_OFED

 

Oracle Linux 7でのUEK R4用のOpenFabrics Enterprise Distribution (OFED)パッケージ。 Unbreakable Enterprise Kernelドキュメントを参照してください。

ol7_x86_64_VirtualBox

 

Oracle Linux 7用のOracle VM VirtualBoxパッケージ。

注意

Oracle Linux yumサーバーは、ULN上で利用可能ないくつかのチャネルに対応するリポジトリを提供していません。 これらのチャネルでは、非オープン・ソース・パッケージを提供しています。

カーネルのソース・コードは、公開されているgitソース・コード・リポジトリ(https://oss.oracle.com/git/?p=linux-uek3-3.8.git)から、最初のリリース後に入手できます。

krb5-serverおよびkrb5-server-ldapパッケージのi686バージョンがインストールされている場合は、システムを更新する前に、次のようにこれらを削除します。

# yum remove krb5-server.i686 krb5-server-ldap.i686

OracleでサポートされているOFEDパッケージを以前にインストールしたシステムに更新をインストールする場合は、アップグレード時にこれらのパッケージを更新する方法について、次の各項を参照してください。

UEK R3は、Oracle Linux 7のフレッシュ・インストール時のデフォルトのブート・カーネルですが、UEK R4カーネルも使用できるようになりました。 詳細は、Unbreakable Enterprise Kernelドキュメントを参照してください。

UEK R3またはUEK R4を実行し、ULNのol7_x86_64_UEKR3またはol7_x86_64_UEKR4チャネルまたはOracle Yum Serverのol7_x86_64_UEKR3またはol7_x86_64_UEKR4リポジトリをサブスクライブするシステムは、次のように最新のUEKリリースにアップグレードします。

  1. カーネル・パッケージを含む、システム上のすべてのパッケージをアップグレードします。

    # yum update

    デフォルトでは、ブート・マネージャにより最新のカーネル・バージョンが有効化されるため、GRUB構成を変更する必要はありません。

  2. システムを再起動します。

    # systemctl reboot
重要

Oracle Linux 7 Update 2では、主なサブシステムの多くが更新されています。 更新されたシステムが正しく機能していることを確認するには、更新後にシステムを再起動してください。