62 DBMS_EDITIONS_UTILITIES

DBMS_EDITIONS_UTILITIESパッケージは、エディション関連の操作用にヘルパー・ファンクションを提供します。

この章の内容は次のとおりです。

62.1 DBMS_EDITIONS_UTILITIESの概要

DBMS_EDITIONS_UTILITIESパッケージは、エディション関連の操作用にヘルパー・ファンクションを提供するインタフェースを実装します。

62.2 DBMS_EDITIONS_UTILITIESのセキュリティ・モデル

このパッケージは、PUBLICに実行アクセス権限が付与されているSYS所有のパッケージです。このパッケージは、実行者権限(コール元のセキュリティ・プロファイル)で実行されます。

62.3 DBMS_EDITIONS_UTILITIESの例外

このトピックの表では、DBMS_EDITIONS_UTILITIESによって作成された例外メッセージを示します。

表62-1 DBMS_EDITIONS_UTILITIESエラー・メッセージ

エラー 説明

ORA-38817

権限が不十分です。

ORA-942

表がありません。

62.4 DBMS_EDITIONS_UTILITIESサブプログラムの要約

この表は、DBMS_EDITIONS_UTILITIESパッケージのサブプログラムについて説明しています。

表62-2 DBMS_EDITIONS_UTILITIESパッケージのサブプログラム

サブプログラム 説明

SET_EDITIONING_VIEWS_READ_ONLYプロシージャ

このプロシージャは、スキーマ名と表名が指定されると、すべてのエディションの対応するエディショニング・ビューをREAD ONLYまたはREAD/WRITEに設定します。

SET_NULL_COLUMN_VALUES_TO_EXPRプロシージャ

エディションベースの再定義(EBR)の演習でのみ使用します。

62.4.1 SET_EDITIONING_VIEWS_READ_ONLYプロシージャ

このプロシージャは、スキーマ名と表名が指定されると、すべてのエディションの対応するエディショニング・ビューをREAD ONLYまたはREAD/WRITEに設定します。

構文

DBMS_EDITIONS_UTILITIES.SET_EDITIONING_VIEWS_READ_ONLY (
   table_name IN VARCHAR2,
   owner      IN VARCHAR2 DEFAULT NULL,
   read_only  IN BOOLEAN  DEFAULT TRUE);

パラメータ

表62-3 SET_EDITIONING_VIEWS_READ_ONLYプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

table_name

エディショニング・ビューの元表。

owner

元表のスキーマ。デフォルト(またはNULL)は現行のスキーマです。

read_only

TRUEの場合、ビューを読取り専用に設定し、FALSE (またはNULL)の場合は、ビューをREAD/WRITEに設定します。デフォルトはTRUEです。

使用上の注意

ユーザーには次の権限が必要です。

  • 表の所有者であるか、ALTER ANY TABLEシステム権限を持っていること。

  • ビューが定義されているすべてのエディションに対するUSEオブジェクト権限。

62.4.2 SET_NULL_COLUMN_VALUES_TO_EXPRプロシージャ

このプロシージャは、置換列のNULL値を式の値に置換します。

式の評価コストは、将来の更新や問合せまで先送りされます。このプロシージャは、エディションベースの再定義(EBR)の演習でのみ使用します。

参照:

構文

DBMS_EDITIONS_UTILITIES.SET_NULL_COLUMN_VALUES_TO_EXPR;
   table_name    IN  VARCHAR2,
   column_name   IN  VARCHAR2,
   expression    IN  VARCHAR2);

パラメータ

表62-4 SET_NULL_COLUMN_VALUES_TO_EXPRプロシージャのパラメータ

パラメータ 説明

table_name

スキーマで修飾される可能性のある表の名前。

column_name

更新する列の名前。

expression

同じ表の列、定数およびSQLファンクションから構成される式。