1 ライセンス情報

1.1 概要

このライセンス情報ドキュメントは、Oracleライセンス契約の条件に基づく製品またはプログラム・ドキュメントの一部であり、このドキュメントで説明されているOracleソフトウェア・プログラム(ここではプログラムと呼ぶ)に関連のあるプログラム・エディション、権利、制限、前提条件、特殊なライセンス権、または別個にライセンスを付与されたサード・パーティのテクノロジ条件(あるいはそれらすべて)をユーザーが理解する際に役立つよう作成されています。このドキュメントで説明されている、権利を有するか使用制限のある製品またはコンポーネントが、特定のプログラムで提供されていない場合は、Oracle Software Delivery Cloud Webサイト(https://edelivery.oracle.com)、またはOracleが提供するメディアから入手できます。ライセンスの権利と義務に関するご質問は、オラクル社の販売代理店にお問合せいただくか、Oracleのソフトウェア投資ガイド (http://www.oracle.com/us/corporate/pricing/software-investment-guide/index.html)の情報を参照するか、またはhttp://www.oracle.com/us/corporate/license-management-services/index.htmlの該当するOracle License Management Servicesの担当までご連絡ください。

1.2 Oracle Database製品および許可される機能

この項の内容:

1.2.1 Oracle Database製品

表1-1 Oracle Database製品

Oracle Database製品 製品タイプ このガイドで使用されている省略名 説明

Oracle Database Standard Edition 2

オンプレミス

SE2

Oracle Database Standard Edition 2には、ワークグループ、部門レベルおよびWebアプリケーションの開発に必要な機能が含まれます。

Oracle Database Enterprise Edition

オンプレミス

EE

Oracle Database Enterprise Editionは、大規模なオンライン・トランザクション処理(OLTP)アプリケーション、問合せが集中するデータ・ウェアハウスおよび要求の厳しいインターネット・アプリケーションなどのアプリケーションを開発するために、パフォーマンス、可用性、スケーラビリティおよびセキュリティを提供します。

Oracle Database Enterprise Editionは、Oracle DatabaseオプションおよびOracle Management Packを購入することで強化できます。

Oracle Exadataデータベース・マシン上のOracle Database Enterprise Edition

オンプレミス

EE-Exa

オンプレミスのOracle Exadataデータベース・マシンまたはオンプレミスのSuperclusterにインストールされるOracle Database Enterprise Editionソフトウェア。

Oracle Databaseのコンポーネントがすべて含まれます。Oracle Database Enterprise Editionは、Oracle DatabaseオプションおよびOracle Management Packを購入することで強化できます。

Oracle Database Personal Edition

オンプレミス

PE

Oracle Database Personal Editionは、Oracle Database Standard Edition 2およびOracle Database Enterprise Editionとの完全な互換性を必要とするシングルユーザーの開発およびデプロイメント環境をサポートしています。

Enterprise Editionに付属するすべてのコンポーネントが含まれる他、Oracle Databaseのオプションも、Personal Editionでは使用できないOracle RAC One NodeおよびOracle Real Application Clustersのオプションを除いて、すべて含まれます。Personal Editionは、LinuxおよびWindowsのプラットフォームでのみ使用できます。Oracle Management Packは、Personal Editionで使用できません。

Oracle Database Cloud Service Standard Edition

クラウド

DBCS SE

Oracle Database Standard Edition 2ソフトウェアが含まれています。

Oracle Database Cloud Service Enterprise Edition

クラウド

DBCS EE

Oracle Database Enterprise Editionソフトウェアが含まれています。

Oracle Database Cloud Service Enterprise Edition - High Performance

クラウド

DBCS EE-HP

Oracle Database Enterprise Editionソフトウェアと、多くのOracle DatabaseオプションおよびOracle Management Packを含みます。

Oracle Database Cloud Service Enterprise Edition - Extreme Performance

クラウド

DBCS EE-EP

Oracle Database Enterprise Editionソフトウェアと、すべてのOracle DatabaseオプションおよびOracle Database Cloud Serviceでの使用に適したOracle Management Packを含みます。

Oracle Database Exadata Cloud Service

クラウド

ExaCS

Oracle Database Enterprise Editionソフトウェアと、すべてのOracle DatabaseオプションおよびOracle Database Exadata Cloud Serviceでの使用に適したOracle Management Packを含みます。

ExaCSのライセンス方針は、Oracle Database Exadata Cloud at Customerにも適用されます。

1.2.2 Oracle Database製品で許可される機能、オプションおよびManagement Pack

この項の表には、Oracle Databaseの機能、Oracle DatabaseのオプションおよびOracle Management Packが、各Oracle Database製品での使用可否とともに示されています。列内の値Yはその製品で機能、オプションまたはパックが使用可能であることを意味し、Nは使用不可、N/Aは対象外であることを意味しています。これらの表は、簡単にOracle Database製品間の違いを理解して最適なものを判別するのに役立ちます。

表は次の機能カテゴリ別に編成されています。

  • 統合(Consolidation) - 表1-2

  • 開発プラットフォーム - 表1-3

  • 高可用性 - 表1-4

  • 統合(Integration) - 表1-5

  • 管理性 - 表1-6

  • ネットワーク - 表1-7

  • パフォーマンス - 表1-8

  • スケーラビリティ - 表1-9

  • セキュリティ - 表1-10

  • スナップショットおよびクローニング - 表1-11

  • 空間およびグラフ・データ - 表1-12

  • VLDB、データ・ウェアハウス、ビジネス・インテリジェンス - 表1-13

表1-2 統合

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Oracle Multitenant

1

252

4096

1

1

4096

4096

4096

各列の数値は、各製品に対して作成できるプラガブル・データベース(PDB)の最大数を示します。

  • すべての製品で、Oracle Multitenantのライセンスが供与されていない場合、コンテナ・データベース・アーキテクチャをシングルテナント・モードで使用できます。つまり、ユーザー作成のPDB、ユーザー作成のアプリケーション・ルートおよびユーザー作成のプロキシPDBをそれぞれ1つ使用できます。

  • EE: 追加費用オプションで、Oracle Multitenantのライセンスが供与されている場合、最大252個までPDBを作成できます。

  • EE-Exa: 追加費用オプションで、Oracle Multitenantのライセンスが供与されている場合、最大4096個までPDBを作成できます。

  • DBCS EE-HPDBCS EE-EPおよびExaCS: 付属オプションで、最大4096個までPDBを作成できます。

表1-3 開発プラットフォーム

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

SQLJ

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Oracle Programmerが必要

Oracle Developer Tools for Visual Studio .NET

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

Windowsのみ

Microsoft分散トランザクション・コーディネータのサポート

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

Windowsのみ

Active Directory統合

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

Windowsのみ

ネイティブ.NETデータ・プロバイダ — ODP.NET

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

Windowsのみ

.NETストアド・プロシージャ

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

Windowsのみ

表1-4 高可用性

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

アプリケーション・コンティニュイティ

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Active Data GuardオプションまたはOracle Real Application Clustersオプションが必要

Oracle Sharding

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: すべてのシャードにOracle Active Data Guard、Oracle GoldenGateまたはOracle RACのライセンスがある場合、プライマリ・シャードまたはスタンバイ・シャードの数は無制限です。Oracle Active Data Guard、Oracle GoldenGateまたはOracle RACのライセンスがない場合、シャードの使用はプライマリ・シャード3個と基本的なData Guardスタンバイに制限されます。

許可されているクラウド環境DBCS EEおよびDBCS EE-HP: プライマリ・シャードは3個の使用に制限されますが、スタンバイ・シャードの数は無制限です。

DBCS EE-EPおよびExaCS: プライマリ・シャードまたはスタンバイ・シャードの数は無制限です。

Oracle Fail Safe

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

Windowsのみ

Oracle RAC One Node

Y

Y

Y

N

N

N

N

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Data Guard — REDO Apply

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Oracle Data Guard — 遠隔同期スタンバイ

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Active Data Guardオプションが必要

Oracle Data Guard — SQL Apply

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Oracle Data Guard — スナップショット・スタンバイ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Oracle Data Guard — リアルタイム・カスケード・スタンバイ

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Active Data Guardオプションが必要

Oracle Active Data Guard

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

ローリング・アップグレード — パッチ・セット、データベースおよびオペレーティング・システム

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Active Data Guardを使用したローリング・アップグレード

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Active Data Guardオプションが必要

オンライン索引再ビルド

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

オンライン表編成

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

ALTER TABLE ...MOVE ONLINE操作

オンライン表再定義

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

DBMS_REDEFINITIONパッケージを使用

多重化バックアップ・セット

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

高速増分バックアップのブロック変更トラッキング

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

 

バックアップでの未使用ブロックの圧縮

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

ブロックレベル・メディア・リカバリ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

書込みの欠落保護

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

自動ブロック修復

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Active Data Guardオプションが必要

パラレル・バックアップおよびリカバリ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

表領域のPoint-in-Timeリカバリ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

試行リカバリ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

ファスト・スタート・フォルト・リカバリ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

フラッシュバック表

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

フラッシュバック・データベース

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

フラッシュバック・トランザクション

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

フラッシュバック・トランザクション問合せ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

フラッシュバック・データ・アーカイブの最適化

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

基本フラッシュバック・データ・アーカイブはすべての製品で利用できます。

EEおよびEE-Exa: フラッシュバック・データ・アーカイブの最適化にはOracle Advanced Compressionオプションが必要です

オンラインでのデータファイル移動

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Transaction Guard

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

クロス・プラットフォーム・バックアップおよびリカバリ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

グローバル・データ・サービス

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Active Data Guardオプションが必要

RMANバックアップから表や表パーティションを回復

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

表1-5 統合

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Oracle Streams

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

SE2: REDOからの取得なし

Database Gateways

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Database Gateway for ODBCはすべての製品に含まれます。

他のすべてのDatabase Gateway製品はすべての製品で使用可能ですが、個別の製品ライセンスが必要です。

Messaging Gateway

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

共有キュー

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Partitioningオプションが必要

表1-6 管理性

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Oracle Cloud Management Pack for Oracle Database

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Data Masking and Subsetting Pack

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Database

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Diagnostics Pack

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Tuning Pack

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプションで、Oracle Diagnostics Packも必要

Oracle Real Application Testing

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

データベース・リソース・マネージャ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

I/Oリソース管理

N

N

Y

N

N

N

N

Y

 

インスタンス・ケージング

Y

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

 

SQL計画の管理

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

SQLチューニング・セット

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: SQLチューニング・セットは、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。DBMS_SQLTUNEパッケージに含まれている次のサブプログラムは、SQLチューニング・セットを管理するためのインタフェースを提供し、EEおよびEE-Exa製品の一部です: ADD_SQLSET_REFERENCECAPTURE_CURSOR_CACHE_SQLSETCREATE_SQLSETCREATE_STGTAB_SQLSETDELETE_SQLSETDROP_SQLSETLOAD_SQLSETPACK_STGTAB_SQLSETREMOVE_SQLSET_REFERENCESELECT_CURSOR_CACHESELECT_SQLSETSELECT_WORKLOAD_REPOSITORYUNPACK_STGTAB_SQLSETUPDATE_SQLSET

Oracle Fleet Patching and Provisioning

(旧名称: ラピッド・ホーム・プロビジョニング)

N

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

EEおよびEE-ES: 複数のクラスタにわたってデプロイする場合は、ターゲットごとにOracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Database、Oracle Real Application ClustersまたはOracle RAC One Nodeが必要です。

表1-7 ネットワーク

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Infinibandのサポート

N

Y

Y

N

N

N

N

Y

 

Oracle Connection Manager

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

Oracle Databaseクライアント(通常、別のマシンまたはコンピュート・インスタンスにインストールされる)のカスタム・インストールを介して使用可能

ネットワーク圧縮

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプションが必要

ネットワーク暗号化(SSL/TLS)

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

 

表1-8 パフォーマンス

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

クライアント側問合せキャッシュ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

問合せ結果キャッシュ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

PL/SQLファンクション結果キャッシュ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cache

N

Y

Y

N

N

N

N

N

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

データベース・スマート・フラッシュ・キャッシュ

N

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

EE: SolarisおよびOracle Linuxのみ

Oracle Exadata Storage Serverソフトウェアのサポート

N

N

Y

N

N

N

N

Y

 

適応実行計画

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

UNIONおよびUNION ALLブランチの同時実行

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Oracle Database In-Memory

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

インメモリー列ストア

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Database In-Memoryオプションが必要

Active Data Guardスタンバイのインメモリー列ストア

N

N

Y

N

N

N

Y

Y

EE-Exa: Oracle Database In-MemoryオプションおよびOracle Active Data Guardオプションが必要

フォルト・トレラント・インメモリー列ストア

N

Y

Y

N

N

N

N

Y

EE: Oracle Database Appliance、Oracle Database In-MemoryオプションおよびOracle Real Application Clustersオプションが必要

EE-Exa: Oracle Database In-MemoryオプションおよびOracle Real Application Clustersオプションが必要

インメモリー集計

N

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Database In-Memoryオプションが必要

属性クラスタリング

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

ゾーン・マップ

N

N

Y

N

N

N

N

Y

EE-Exa: Oracle Partitioningオプションが必要

表1-9 スケーラビリティ

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)

Y

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

自動ワークロード管理

Y

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Real Application Clustersオプションが必要

サービスの品質管理

Y

Y

Y

N

N

N

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Real Application Clustersオプションが必要

Oracle NoSQL Database Basic Edition

N

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

 

表1-10 セキュリティ

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

列レベルの暗号化

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Securityオプションが必要

表領域の暗号化

N

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Securityオプションが必要

Oracle Advanced Security

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Database Vault

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Label Security

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

エンタープライズ・ユーザー・セキュリティ

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEEE-ExaDBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPおよびExaCS: エンタープライズ・ユーザー・セキュリティはデータベース・ユーザーのディレクトリベース管理機能です。対応するOracle Identity Management Directory Services Plusのライセンス供与が必要です。

ファイングレイン監査

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Privilege Analysis

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

Real Application Security

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

リダクション

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Securityオプションが必要

透過的機密データの保護

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

仮想プライベート・データベース

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

表1-11 スナップショットおよびクローニング

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

記憶域スナップショットの最適化

N

Y

Y

N/A

N/A

N/A

N/A

N/A

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプションが必要

表1-12 空間およびグラフ・データ

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Oracle Spatial and Graph

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

 

グラフおよびセマンティック・テクノロジ(RDF/OWL)

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

 

パラレル空間索引作成

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

SDO_GEOMETRYオブジェクトのマルチマスター・レプリケーション

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: SDO_GEOMETRYオブジェクトの単一のマスター/マテリアライズド・ビュー・レプリケーションがサポートされる

パーティション化された空間索引

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Partitioningオプションが必要

表1-13 VLDB、データ・ウェアハウス、ビジネス・インテリジェンス

機能/オプション/パック SE2 EE EE-Exa DBCS SE DBCS EE DBCS EE-HP DBCS EE-EP ExaCS 注意事項

Oracle Partitioning

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP)

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

Oracle Machine Learning (旧名称: Advanced Analytics)

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

Y

 

Oracle Advanced Compression

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: 追加費用オプション

アドバンスト索引圧縮

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプションが必要

接頭辞圧縮(キー圧縮とも呼ばれる)

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

ハイブリッド列圧縮

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

EE: ZFS、AxiomまたはFS1ストレージが必要

ハイブリッド列圧縮の行レベル・ロッキング

N

Y

Y

N

N

N

N

Y

EE: ZFS またはFS1ストレージと、Oracle Advanced Compressionオプションが必要

EE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプションが必要

Exadata Flash Cache Compression

N

N

Y

N

N

N

N

Y

EE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプションが必要

ヒート・マップ

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプション、またはOracle Database In-Memoryオプションが必要

自動データ最適化

N

Y

Y

N

N

Y

Y

Y

EEおよびEE-Exa: Oracle Advanced Compressionオプション、またはOracle Database In-Memoryオプションが必要

基本表圧縮

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

遅延セグメントの作成

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

ビットマップ索引、ビットマップ結合索引およびビットマップ計画変換

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

パラレル問合せ/DML

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

パラレル統計収集

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

パラレル索引作成/スキャン

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

パラレル・データ・ポンプ・エクスポート/インポート

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

インメモリー・パラレル実行

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

パラレル・ステートメント・キューイング

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

XStreamを介したパラレルの取得および適用

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

トランスポータブル表領域(クロス・プラットフォームかつフル・トランスポータブルなエクスポート/インポートを含む)

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

サポートされるトンスポータブル表領域をSE2にインポート

サマリー管理 — マテリアライズド・ビューのクエリー・リライト

N

Y

Y

N

Y

Y

Y

Y

 

1.2.3 Oracle Databaseオプションおよび許可される機能

表1-14には、Oracle Databaseオプション、各オプションを使用できるOracle Database製品および各オプションに含まれる機能が示されています。オプションの機能を使用するには、オプションのライセンスが必要です。

表1-14 Oracle Databaseオプションおよび許可される機能

オプション 使用条件 含まれる機能

Oracle Active Data Guard

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-EPExaCS

Oracle Active Data Guardに含まれる機能は、次のとおりです。

  • リアルタイム問合せを使用したフィジカル・スタンバイ

  • フィジカル・スタンバイでの高速増分バックアップ

  • 自動ブロック修復

  • Active Data Guard遠隔同期

  • グローバル・データ・サービス

  • リアルタイム・カスケード

  • アプリケーション・コンティニュイティ

  • Active Data Guardを使用したローリング・アップグレード

これらの機能を使用しているスタンバイ・データベースおよびプライマリ・データベースにOracle Active Data Guardのライセンスが必要になります。Oracle Data Guard構成にOracle Active Data Guard機能を使用していないスタンバイ・データベースが含まれている場合、それらのスタンバイ・データベースにはOracle Active Data Guardのライセンスは不要です。

Oracle Advanced Compression

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Advanced Compressionに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 高度な行圧縮

  • 高度なLOB圧縮

  • 高度なLOB重複除外

  • RMANバックアップ圧縮(RMAN DEFAULT COMPRESSにはOracle Advanced Compressionオプションが不要)

  • データ・ポンプ・エクスポート・データ圧縮(COMPRESSION=METADATA_ONLYにはAdvanced Compressionオプションが不要)

  • ヒート・マップ

  • 自動データ最適化

  • Data Guard REDOトランスポート圧縮

  • 高度なネットワーク圧縮

  • フラッシュバック・データ・アーカイブ履歴表の最適化

  • 記憶域スナップショットの最適化

  • オンライン移動パーティション(任意の圧縮形式に対応)

  • Exadataフラッシュ・キャッシュ圧縮(この機能はExadataストレージ・サーバーでのみ有効にすることが可能で、Exadataストレージ・サーバーにアクセスするすべてのデータベース・プロセッサには、Oracle Advanced Compressionのライセンスが必要です。)

  • アドバンスト索引圧縮

  • ハイブリッド列圧縮の行レベル・ロッキング(Exadata、Supercluster、ZFSまたはFS1ストレージが必要)

Oracle Advanced Security

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Advanced Securityに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 表領域および列(Oracle SecureFilesを含む)の透過的データ暗号化(TDE)

  • データ・ポンプ・エクスポート・ファイルの暗号化

  • ディスクへのRMANバックアップの暗号化

  • Oracle Walletまたは外部ハードウェアのセキュリティ・モジュールでのTDEマスター鍵の格納

  • アプリケーションへ戻される機密データのData Redaction (完全、部分的、正規表現およびランダム手法)

Oracle Advanced Securityには、特定のOracle Enterprise Manager機能の使用制限付きライセンスが含まれています。詳細は、「使用制限付きライセンス」のOracle Advanced Securityを参照してください。

注意: ネットワーク暗号化(ネイティブ・ネットワークの暗号化およびSSL/TLS)と厳密認証サービス(Kerberos、PKIおよびRADIUS)は、Oracle Advanced Securityの一部ではなくなり、ライセンスが供与されているすべてのサポート対象リリースのOracle Databaseに含まれるようになりました。

Oracle Database In-Memory

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-EPExaCS

Oracle Database In-Memoryに含まれる機能は、次のとおりです。

  • インメモリー列ストア

  • フォルト・トレラント・インメモリー列ストア(Exadata、Supercluster、Oracle Database ApplianceまたはExadata Cloud Serviceが必要)

  • インメモリー集計

  • ヒート・マップ

  • 自動データ最適化

Oracle Database Vault

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Database Vaultに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 職務の分離

  • レルム

  • コマンド・ルール

  • 信頼パス

Oracle Database Vaultには、Oracle Label Securityの特別なライセンス権限が含まれています。詳細は、「特別なライセンス権限」のOracle Database Vaultを参照してください。

Oracle Database Vaultには、特定のOracle Enterprise Manager機能の使用制限付きライセンスが含まれています。詳細は、「使用制限付きライセンス」のOracle Database Vaultを参照してください。

Oracle Label Security

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Label Securityに含まれる機能は、次のとおりです。

  • ラベル・ベースのアクセス制御(BAC)

  • 複数レベルのセキュリティ(MLS)

  • Oracle Database Vault用のラベル・ファクタ(Confidential、Sensitive)

  • ユーザー・ラベル認可(Confidential、Sensitive: PII)

  • データ・ラベル(Sensitive: PII)

Oracle Label Securityには、特定のOracle Enterprise Manager機能の使用制限付きライセンスが含まれています。詳細は、「使用制限付きライセンス」のOracle Label Securityを参照してください。

Oracle Machine Learning (旧名称: Advanced Analytics)

付属オプション: SE2EEEE-ESDBCS SEDBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Machine Learningに含まれる機能は、次のとおりです。

  • Oracle Machine Learning for SQL (OML4SQL) (旧名称: Oracle Data Mining)のデータベース内アルゴリズム:

    • モデルの構築(DBMS_DATA_MININGパッケージを介してアクセス)

    • データ変換(DBMS_DATA_MINING_TRANSFORMパッケージを介してアクセス)

    • モデルのスコアリング(SQL Scoring関数を介してアクセス)

    • 予測分析(DBMS_PREDICTIVE_ANALYTICSパッケージを介してアクセス)

  • Oracle Machine Learning for R (OML4R) (旧名称: Oracle R Enterprise) (オープンソースRと統合):

    • OML4R透過層: RユーザーはR言語の構文および関数を使用して、データベース内のデータを検索および準備できます。

    • データベース内機械学習アルゴリズムへのOML4Rインタフェース

    • 組込みR実行: ユーザー定義のR関数をデータベースにより生成および制御されるRエンジンで実行でき、さらにデータおよびタスク・パラレル実行を可能にします。

    • OML4Rの機能はすべて、OREパッケージを使用して呼び出されます。

Oracle Multitenant

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Multitenantに含まれる機能は、次のとおりです。

  • EEおよびPEでは、マルチテナント・コンテナ・データベースごとに最大252個のプラガブル・データベースを保持できます。

  • EE-ExaDBCS EE-HPDBCS EE-EPおよびExaCSでは、マルチテナント・コンテナ・データベースごとに最大4096個のプラガブル・データベースを保持できます。

Oracle Multitenantの使用制限付きライセンスはすべてのOracle Database製品に含まれています。詳細は、「使用制限付きライセンス」のOracle Multitenantを参照してください。

Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP)

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP)に含まれる機能は、次のとおりです。

  • OLAPキューブの定義、格納および問合せ

  • OLAP APIおよびメタデータ

  • OLAPキューブのマテリアライズド・ビュー

  • アナリティック・ワークスペース

  • OLAPキューブへのSQLアクセス

Oracle Partitioning

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Partitioningに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 表パーティションおよびサブパーティション

  • グローバルならびに索引パーティションおよびサブパーティション

  • 共有キュー

  • ゾーン・マップ(EE-ExaおよびExaCSでのみ使用可能 – ExadataまたはSuperclusterが必要)

Oracle RAC One Node

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: SE2ExaCS

Oracle RAC One Nodeに含まれる機能は、次のとおりです。

  • サーバーまたはインスタンスに障害が発生した場合の、クラスタ内の別のノードに対するデータベースのコールド・フェイルオーバー

  • 別のサーバーに対するデータベース・インスタンスのオンライン移行

  • データベース、Grid InfrastructureおよびOSホームのオンライン・ローリング・アップグレードのサポート

  • Oracle Real Application Clustersへのオンライン・アップグレード

  • ポリシー管理型サーバー・プール

  • サービスの品質管理

  • アプリケーション・コンティニュイティ

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: SE2DBCS EE-EPExaCS

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)に含まれる機能は、次のとおりです。

  • Oracle RAC One Nodeに含まれているすべての機能

  • 複数のサーバーへのReal Application Clustersの拡張

  • 接続ロード・バランシング

  • 高速接続フェイルオーバー

  • ホット・クラスタ・フェイルオーバー

Oracle Real Application Testing

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PEDBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Real Application Testingに含まれる機能は、次のとおりです。

  • データベース・リプレイ

  • SQLパフォーマンス・アナライザ(SPA)

  • データベース統合ワークベンチ

データベース・リプレイ

  • Oracle Real Application Testingのライセンスは、データベース・リプレイの取得システムおよびリプレイ・システムの両方で必要であり、これらのシステムでの合計CPU数に基づいてライセンス料が決まります。

  • 取得およびリプレイASH分析レポート、期間比較ADDMレポート、およびリプレイ期間比較レポートの使用にも、Oracle Diagnostics Packライセンスが必要です。

  • Oracle Real Application Testingライセンスでは、Oracle Enterprise Manager、およびDBMS_WORKLOAD_CAPTUREパッケージおよびDBMS_WORKLOAD_REPLAYパッケージのデータベース・サーバー・コマンドラインAPIからデータベース・リプレイ機能にアクセスできます。DBMS_WORKLOAD_REPLAY.COMPARE_PERIOD_REPORT()関数を使用する場合は、Oracle Diagnostics Packのライセンスも必要です。

SQLパフォーマンス・アナライザ (SPA)

Oracle Real Application Testingライセンスでは、Oracle Enterprise Manager、およびOracle Real Application Testingオプションの一部であるDBMS_SQLPAパッケージのデータベース・サーバー・コマンドラインAPIからSQLパフォーマンス・アナライザの機能にアクセスできます。

データベース統合ワークベンチ

  • Oracle Enterprise Manager Cloud Control 13cで提供されるデータベース統合ワークベンチは、憶測による作業や人的エラーをなくして、データドリブンの体系的なアプローチを実現します。データベース統合ワークベンチには主として、統合プランニング、データベース移行、パフォーマンス検証の3つの機能があります。

  • データベース統合ワークベンチの統合プランニング機能を使用するには、Oracle Diagnostics Packのライセンスが必要です。

  • データベース統合ワークベンチのデータベース移行機能を使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Oracle Real Application Testingライセンスでは、Oracle Enterprise Managerの「データベース統合ワークベンチ」ページの次のリンクにアクセスできます。

    • 「エンタープライズ」メニューから、「統合」「データベース統合ワークベンチ」の順に選択します。

    • データベース・ターゲットのホーム・ページで、「管理」メニューを選択し、「データベース統合ワークベンチ」を選択します。

    • このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、データベース統合ワークベンチの一部としてライセンス供与されます。

Oracle Spatial and Graph

付属オプション: PESE2EEEE-ESDBCS SEDBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

Oracle Spatial and Graphに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 地理空間データ機能

  • グラフ・データベース機能

地理空間データ機能

  • SPATIAL_VECTOR_ACCELERATION : 2Dおよび3D空間ベクターの問合せパフォーマンスを大幅に向上させる

  • 空間Java APIのoracle.spatial.geometry(sdoapi.jar)およびoracle.spatial.util(sdoutil.jar)パッケージ以外のパッケージに含まれるクラス

  • 線形参照システム(LRS)サポート

  • GeoRasterの格納、索引付けおよび問合せ

  • ネットワーク・データ・モデル

  • トポロジ・データ・モデル

  • 空間分析およびマイニングのサブプログラム(SDO_SAMパッケージ)

  • 空間ルーティング・エンジン

  • ジオコーディング・エンジン

  • OpenLSを含む空間Webサービスのサポート(ジオコーディング、マッピング、ビジネス・ディレクトリ(Yellow Page)、およびドライビング・ディレクション(ルーティング)サービスのサポートを含む)、Web Feature Service (WFS)のサポート(SDO_WFS_PROCESS およびSDO_WFS_LOCKパッケージ)、およびCatalog services for the Web (CSW)のサポート(SDO_CSW_PROCESSパッケージ)

  • 3-Dジオメトリ、等高線、不規則三角網(TIN)および点群の格納、索引付け、および問合せ

  • GeoJSON

グラフ・データベース機能

グラフ・データベース機能には次のモデルが含まれています。

  • ソーシャル・ネットワーク、サイバー・セキュリティ、公益、通信、ライフ・サイエンス、診療データおよびナレッジ・ネットワークで発見された関係性をモデル化および分析するためのプロパティ・グラフ。代表的なグラフ分析として、グラフ・トラバース、お薦め機能、コミュニティやインフルエンサの発見、パターン・マッチングがあります。含まれる機能は、次のとおりです。

    • 拡張可能なグラフ・データベース

    • リレーショナル、CSV、GraphML、GraphSON、GMLなどのソースからのデータ・インポート

    • Oracle定義フラット・ファイル形式のプロパティ・グラフ・データのパラレル一括ロードおよびエクスポート

    • 40以上のビルトイン分析(ランキング、中央性、レコメンダ、コミュニティ検出、パス検出など)を備えるパラレル・インメモリー・グラフ分析エンジン

    • Tinkerpop Blueprintsに基づく開発者ベースAPIおよびJavaグラフAPI

    • Oracle Text、Apache LuceneおよびSolrCloud(任意)との統合によるテキスト検索および問合せ

    • GroovyおよびPythonのスクリプト言語サポート

    • GroovyベースのコンソールでJavaおよびTinkerpop Gremlin APIを実行できる管理性

  • ネットワーク・データ・モデル(NDM)グラフ: 運輸、公益、通信などの業界で使用される物理ネットワークおよび論理ネットワークを表す、リンクノード・グラフのモデル化と分析を行います。含まれる機能は、次のとおりです。

    • リンク表およびノード表のグラフとネットワークを表す記憶域モデル

    • メモリーで分析を実行するJava API

    • 最短経路、コスト範囲、最近傍、巡回セールスマン、スパニング・ツリーなどの多数のグラフ分析機能

    • リンクレベル属性とノードレベル属性によるグラフの明示的な記憶域および接続性

    • コストあり、またはコストなしの有向グラフおよび無向グラフのサポート

  • RDFセマンティック・グラフ: ソーシャル・ネットワーク、リンク・データ、およびその他のセマンティック・アプリケーション用にトリプルとして表されたデータのモデル化と分析を行います。含まれる機能は、次のとおりです。

    • 圧縮されたパーティション表のトリプルとして表されるグラフ関係

    • 索引付け、問合せおよびオントロジ管理

    • RDFS、OWLおよびユーザー定義の推論(パラレル、バッチ、増分)

    • SPARQL 1.1およびSPARQLとSQLの混合問合せのサポート

    • Jena、Sesame、Joseki Web Servicesなどの拡張オープン・ソース・ツール

Oracle Spatial and Graphには、Oracle Partitioningの使用制限付きライセンスが含まれています。詳細は、「使用制限付きライセンス」のOracle Spatial and Graphを参照してください。

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cache

追加費用オプション: EEEE-Exa

付属オプション: PE

Oracle TimesTen Application-Tier Database Cacheに含まれる機能は、次のとおりです。

  • PL/SQL、JDBC、ODBC、ttClasses、OCIおよびPro*C/C++の各インタフェースを使用したデータ・アクセス

  • 変更通知用のトランザクション・ログAPI (XLA)

  • マルチノード・キャッシュ・グリッド

  • Oracleデータベースとの自動データ同期

  • インメモリー・キャッシュ・データベース間のトランザクション・レプリケーション

  • 自動障害検出およびデータベース・フェイルオーバー

  • Oracle SQL Developer用のTimesTen拡張

  • Oracle Enterprise Manager用のTimesTenプラグイン

1.2.4 Oracle Management Packおよび許可される機能

表1-15には、Oracle Management Pack、各パックを使用できるOracle Database製品および各パックに含まれる機能が示されています。これらのパックの機能は、Oracle Enterprise Manager、デスクトップ・ウィジェットおよびOracle Databaseソフトウェア付属のAPIを介してアクセスできます。Management Packの機能を使用するには、Management Packのライセンスが必要です。

表1-15 Oracle Management Packおよび許可される機能

Management Pack 使用条件 含まれる機能

Oracle Cloud Management Pack for Oracle Database

追加費用パック: EEEE-Exa

付属パック: DBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

機能:

Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseには次の機能が含まれています。

  • 物理的または仮想的インフラストラクチャでのDatabase-as-a-Service構成セルフサービス・データベースのプロビジョニング。

  • Enterprise Manager Cloud Control 12cをユーザーが1分足らずで設定および構成できる、DBaaS Rapid Start Kit。

  • マルチテナント・コンテナ・データベース(CDB)のプール上でセルフサービス型のプロビジョニングを提供する、Pluggable Database-as-a-Service (PDBaaS)。

  • 共有サーバー、共有クラスタおよび共有データベース(Schema-as-a-Service)デプロイメント・モデルのサポート。

  • 仮想アセンブリのプロビジョニング。たとえば、3つのVM (2つのWebLogic Server管理サーバーと1つのデータベース)のアセンブリ・トポロジがある場合、各層を対象にするには両方のパックが必要になります。

  • Oracleデータベースの高速で効率的な格納方法であるスナップ・クローニング。

  • RMANバックアップを使用した完全クローニング。

  • 割当ておよびリタイア・ポリシーによるロール・ベースのアクセスおよびリソース制御。

  • スケジュールおよびパフォーマンスベースのリソース管理ポリシー。

  • データベースの固定費、使用メトリックおよび構成パラメータに基づく測定とチャージバック。

  • セルフサービス・ポータルへのプログラムによるアクセス

  • クラウド操作のブループリント・ドリブンのオーケストレーション。

前提条件:

Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseが必要です。

ライセンス供与されているリンク:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

「エンタープライズ・サマリー」ホーム・ページで、「エンタープライズ」メニューをクリックします。次を選択します。

  • 「クラウド」、次に「インフラストラクチャ・ホーム」

  • 「クラウド」、次に「インフラストラクチャ・リクエスト・ダッシュボード」

  • 「クラウド」、次に「インフラストラクチャ・ポリシー」

  • 「クラウド」、次に「ミドルウェアおよびデータベース・ホーム」

  • 「クラウド」、次に「ミドルウェアおよびデータベース・リクエスト・ダッシュボード」

  • 「クラウド」、次に「セルフ・サービス・ポータル」

  • 「クラウド」、次に「サービス・インスタンス」

  • 「チャージバック」

  • 「プロビジョニングとパッチ適用」、次に「データベースのプロビジョニング」「データベースのプロビジョニング」ページの左メニュー・ペインにある「関連リンク」セクションで、「プラガブル・データベースのプロビジョニング」をクリックします。次に、「PDB操作」セクションから、「新規プラガブル・データベースの作成」を選択します。「起動」をクリックし、「プラガブル・データベースの作成オプション」から、「既存のPDBのクローニング」 -> 「スナップ・クローン」を選択します。

「エンタープライズ・サマリー」ホーム・ページで、「設定」メニュークリックします。次を選択します。

  • 「クラウド」「インフラストラクチャ」を選択します

  • 「クラウド」「データベース」を選択します

  • 「プロビジョニングとパッチ適用」、次に「ストレージ登録」

マルチテナント・コンテナ・データベースのホームページで、「Oracleデータベース」メニューから、「プロビジョニング」「プラガブル・データベースのプロビジョニング」の順に選択します。次に、「PDB操作」セクションから、「新規プラガブル・データベースの作成」を選択します。「起動」をクリックし、「プラガブル・データベースの作成オプション」から、「既存のPDBのクローニング」 -> 「スナップ・クローン」を選択します。

ライセンス供与されているAPI:

次のAPIを使用するには、Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • アセンブリ操作 — リソース・アセンブリ・テンプレートおよびアセンブリ・インスタンスに対する、/em/cloud/iaas URI空間でのすべてのPOST/GET/PUT/DELETE

  • DBaaS設定操作 — /em/cloud/dbaas URI空間でのすべてのPOST/GET/PUT/DELETE

  • DBaaS設定操作 — /em/websvcs/restful/extws/cloudservices/admin/cfw/v1 URI空間でのすべてのPOST/GET/PUT/DELETE

ライセンス供与されているコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞:

次のEnterprise Managerコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞は、Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。これらの動詞は、データベース・プールで操作します。

  • add_pool_members

  • create_charge_item

  • create_dbaas_quota

  • create_dbprofile

  • create_pool

  • create_service_template

  • delete_charge_item

  • delete_dbaas_quota

  • delete_pool

  • delete_service_template

  • get_dbaas_quota

  • get_dbaas_request_settings

  • get_metering_data

  • get_pool_capacity_data

  • get_pool_capacity_summary_data

  • get_pool_constraints

  • get_pool_criteria

  • get_pool_detail

  • get_pool_instance_data

  • get_pool_target_type

  • get_pools

  • get_service_template

  • list_charge_item_candidates

  • remove_pool_members

  • update_dbaas_quota

  • update_dbaas_request_settings

  • update_pool

ライセンス供与されているビューおよび表:

次のリポジトリ・スキーマ内のオブジェクトは、Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • 次で始まる表: EMCT_CBA

  • 次で始まるビュー: EMCT$CBA

  • GP_EMCT_CBA_TARGET_CHARGEビュー

  • MGMT$EMCT_CBA_CHARGE_DAILYビュー

  • MGMT$EMCT_CBA_CHARGE_HOURLYビュー

ライセンス供与されているチャージバック・レポート:

次のBI Publisherレポートは、Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • チャージ傾向レポート

  • チャージ・サマリー・レポート

  • 使用状況の傾向レポート

  • 使用状況サマリー・レポート

また、上記のレポートのようなBI Publisherの"類似作成"機能を使用して作成されたレポートは、このライセンスに含まれます。

Oracle Data Masking and Subsetting Pack

追加費用パック: EEEE-Exa

付属パック: DBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

機能:

Oracle Data Masking and Subsetting Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • 「アプリケーション・データ・モデリング」

  • データ・マスキング・フォーマット・ライブラリ

  • データ・マスキング定義

  • データ・サブセット定義

  • アプリケーション・データ・モデリング、データ・マスキングおよびサブセットのEnterprise Managerコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のデータ・マスキング・テンプレート

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のデータ・マスキング・テンプレート

Oracle Data Masking and Subsetting Packに含まれる使用制限付きライセンスは、次のとおりです。

  • Database Gateway for APPC

  • Database Gateway for DRDA

  • Database Gateway for Informix

  • Database Gateway for SQLServer

  • Database Gateway for Sybase

  • Database Gateway for Teradata

上にリストしたOracle Database GatewayをOracle Data Masking and Subsetting Pack以外に使用する場合は、Oracle Database Gatewayのフル・ライセンスを購入する必要があります。Oracle Data Masking and Subsetting Pack for non-Oracle databasesを使用している場合、Oracle Database Gatewaysは、個別にライセンス供与されたOracle Databaseでデータをステージングします。Oracle Data Masking and Subsetting機能は、Oracle以外のデータベースに対して直接実行できません。

Oracle Data Masking and Subsetting Packのライセンスが必要になるのはソース・データベース・サーバー(データが最初に生成されるデータベース)のみです。

マスキングおよびサブセット操作が実行されるステージング・データベース・サーバー、またはマスキングされたデータベースから作成されたコピーにパックのライセンスは不要です。

注意:

  1. Oracle Data Masking and Subsetting Packには、以前のOracle Data Masking Pack、Oracle Test Data Management PackおよびOracle Data Masking and Subsetting Pack for non-Oracle Databasesが含まれています。

  2. アプリケーション・データ・モデリングは、以前はデータ検出およびモデリングと呼ばれていました。

ライセンス供与されているリンク:

これらのOracle Enterprise Managerのメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Data Masking and Subsetting Packの一部としてライセンスされます。

「エンタープライズ・サマリー」ホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「クオリティ管理」をクリックして次を選択します。

  • 「アプリケーション・データ・モデリング」
  • 「データ・マスキング定義」
  • 「データ・マスキングのフォーマット」
  • 「データ・サブセット定義」

Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲットのホーム・ページで、「セキュリティ」メニューをクリックして、次を選択します。

  • 「アプリケーション・データ・モデリング」

  • 「データ・マスキング定義」

  • 「データ・サブセッティング」

Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Database

追加費用パック: EEEE-Exa

付属パック: DBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

機能:

Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseには次の機能が含まれています。

  • 変更アクティビティ計画

  • クライアント・システム・アナライザ

  • コンプライアンス

  • 構成収集の拡張性

  • 構成の比較

  • 構成の履歴

  • 構成インスタンス・ブラウザ

  • 構成の保存

  • 構成の検索

  • 構成トポロジ

  • オブジェクトのコピー

  • データベースのパッチ適用

  • データベースのプロビジョニング

  • データベースのアップグレード

  • Site Guardを使用した障害時リカバリ

  • Enterprise Data Governance

  • ファイルの同期

  • 通知

  • プラガブル・データベース(PDB)のクローン

  • PDBの作成/プラグ/アンプラグ(複数のターゲット操作で実行されるか、カスタムのデプロイメント手順を使用して実行されます。)

  • PDBの移行

  • RACスケール・バック

  • RACスケール・アウト

  • 構成変更のリアルタイム検出

  • スキーマ変更のリアルタイム検出

  • スキーマおよびデータの比較

  • スキーマおよびデータの同期

  • スキーマ変更計画

  • スキーマの比較

  • ユーザー定義デプロイメント・プロシージャ(UDDP)

Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseを購入すると、次の各項で説明する機能も使用する権利を持つことができます。これらの機能は、Oracle Databaseホームおよびライセンス供与されているCPUのプラットフォーム(ハードウェアおよびオペレーティング・システム)のOracle Databaseターゲットに制限されます。

  • Application Configuration Console

  • oplanユーティリティ(基本のOPlan機能は、Oracle Support契約を結んでいるすべてのユーザーが無償で利用できます。OPlanメタデータを使用してEnterprise Managerまたはカスタム/サードパーティ・スクリプトからオーケストレーション・ロジックを抽出する機能は、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部です。

  • ASMに移行

  • 自己更新

ライセンス供与されているパラメータ

init.oraパラメータのENABLE_DDL_LOGGINGTRUEに設定した場合、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。TRUEに設定すると、データベースにより、スキーマ変更がメッセージ・グループschema_ddlの下のデータベース・アラート・ログにリアルタイムにレポートされます。デフォルト設定はFALSEです。

ライセンス供与されているリンク:

次の項に記載のライセンス供与されているリンク、機能および関数は、Oracle DatabaseターゲットおよびOracle Databaseがデプロイされている関連ホストにのみ適用されます。Oracle Database以外のターゲットを管理するには、適切な管理パックを購入する必要があります。

ライセンス供与されているリンク – データベース・プロビジョニング・プロシージャ:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「プロシージャ・ライブラリ」の順にクリックします。データベースをクローニングおよびプロビジョニングするすべてのプロシージャは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseでライセンス供与されます。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「データベースのプロビジョニング」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲットのホーム・ページで、「Oracleデータベース」メニュー、「プロビジョニング」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – データベース・アップグレード:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「プロシージャ・ライブラリ」の順にクリックします。データベースをアップグレードするすべてのプロシージャは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseでライセンス供与されます。

  • Oracleデータベースまたはクラスタ・データベース・ターゲットのホーム・ページで、「Oracleデータベース」メニュー、「プロビジョニング」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – ユーザー定義デプロイメント・プロシージャ(UDDP)

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「プロシージャ・ライブラリ」の順にクリックします。プロビジョニング・ライブラリ・ページで、アクションのリストの「新規作成」オプションは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – RACスケール・アウトおよびスケール・バック

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「プロシージャ・ライブラリ」の順にクリックします。データベースまたはRACを拡張あるいはスケールするすべてのプロシージャは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseでライセンス供与されます。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「データベースのプロビジョニング」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • Oracleクラスタ・データベース・ターゲットのホーム・ページで、「Oracleデータベース」メニュー、「プロビジョニング」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – データベースのパッチ適用

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「プロシージャ・ライブラリ」の順にクリックします。データベース、ClusterwareまたはReal Application Clustersをパッチ適用するすべてのプロシージャは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseでライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – オフラインのパッチ適用

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「設定」メニュー、「プロビジョニングとパッチ適用」「オフライン・パッチ」の順にクリックします。「オンライン設定とオフライン設定」タブで、「接続」「オフライン」設定は、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseでライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成インスタンス・ブラウザ

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「ターゲット」「データベース」の順にクリックし、データベースを選択します。このデータベースのホーム・ページで、「Oracleデータベース」「構成」の順にクリックします。このメニューの「トポロジ」を除くすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • このデータベースのホーム・ページで、「Oracleデータベース」「構成」の順にクリックします。このメニューの「トポロジ」を除くすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成検索

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、構成および検索をクリックします。このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成の履歴

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、構成および履歴をクリックします。このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成の比較

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、構成および比較をクリックします。このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成保存

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、構成および保存をクリックします。このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成トポロジ

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」で、「Oracleデータベース」「構成トポロジ」の順にクリックします。「ビュー」ドロップダウンの「使用者」は、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」で、「Oracleデータベース」「構成トポロジ」「カスタマイズ」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • 「ターゲット・ホーム・ページ」で、「Oracleデータベース」「構成トポロジ」の順にクリックします。「ビュー」ドロップダウンの「使用者」は、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

    • 「ターゲット・ホーム・ページ」で、「Oracleデータベース」「構成トポロジ」「カスタマイズ」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成収集の拡張性

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニュー、構成およびカスタムをクリックします。このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – ファイルの同期

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • 構成の比較機能に関する項で説明しているように、比較結果の違いを確認するには、左側のツリーで構成の仕様を選択します。「ファイルの同期の有効化」を選択します。このページのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – スキーマの比較:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「ターゲット」「データベース」の順にクリックし、データベースを選択します。このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – スキーマとデータの比較:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「ターゲット」「データベース」の順にクリックし、データベースを選択します。このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – スキーマおよびデータの同期:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「ターゲット」「データベース」の順にクリックし、データベースを選択します。このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – オブジェクトのコピー:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「ターゲット」「データベース」の順にクリックし、データベースを選択します。このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – スキーマ変更のリアルタイム検出:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「ターゲット」「データベース」の順にクリックし、データベースを選択します。このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • 「ターゲット・ホーム・ページ」に直接または他のパスからアクセスできる場合は次のとおりです。

    • このデータベースのホーム・ページで、「スキーマ」「変更の管理」の順にクリックします。このメニューのすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているリンク – 構成変更のリアルタイム検出およびコンプライアンス:

Oracle Enterprise Managerの次のページおよびリンクを使用するには、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseのライセンスが必要です。

  • Enterprise Managerのホーム・ページで、「Enterprise」メニューおよび「コンプライアンス」をクリックします。「ライブラリ」、「結果」および「リアルタイム監視」ページに関連付けられているすべての機能、関数、リンク、ボタンおよびドリルダウンは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

ライセンス供与されているレポート:

次のレポートは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部です。次の各項のすべてのレポートは、このパックの一部としてライセンス供与されます。レポートにアクセスするには、Enterprise Managerのホーム・ページで、「レポート」、「情報パブリッシャ・レポート」または「BI Publisher Enterpriseレポート」をクリックします。

「情報パブリッシャ・レポート」の次のレポート領域、レポートおよびサブレポートは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • コンプライアンス

  • デプロイメントおよび構成

  • サンプル・ホスト・レポート、構成レポート

  • セキュリティ

「BI Publisher Enterpriseレポート」の次のレポート領域、レポートおよびサブレポートは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • コンプライアンス

  • デプロイメントおよび構成

  • サンプル・ホスト・レポート、構成レポート

  • セキュリティ

ライセンス供与されているコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞:

次のEnterprise Managerコマンドライン・インタフェース(CLI)の動詞は、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseの一部としてライセンス供与されます。

  • associate_cs_targets

  • clone_database

  • config_compare

  • config_db_service_target

  • configure_log_archive_locations

  • confirm_instance

  • create_database

  • describe_instance

  • describe_procedure_input

  • disable_config_history

  • enable_config_history

  • export_compliance_group

  • export_compliance_standard_rule

  • export_facet

  • export_standard

  • fix_compliance_state

  • get_config_searches

  • get_config_templates

  • get_executions

  • get_instance_data

  • get_instance_status

  • get_instances

  • get_oms_config_property

  • get_procedure_types

  • get_procedure_xml

  • get_procedures

  • get_retry_argument

  • get_saved_configs

  • ignore_instance

  • import_compliance_object

  • list_oms_config_properties

  • remove_cs_target_association

  • reschedule_instance

  • resume_instance

  • run_config_search

  • save_procedure

  • set_config_history_retention_period

  • stop_instance

  • submit_procedure

  • suspend_instance

  • update_and_retry_step

  • update_procedure_input

  • upgrade_database

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – コンプライアンス・ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内のコンプライアンス・ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • MGMT$CCC_ALL_OBS_BUNDLES

  • MGMT$CCC_ALL_OBSERVATIONS

  • MGMT$CCC_DIAG_ANALYTICS

  • MGMT$CCC_DIAG_QUEUEBACKLOG

  • MGMT$COMPLIANCE_STANDARD

  • MGMT$COMPLIANCE_STANDARD_GROUP

  • MGMT$COMPLIANCE_STANDARD_RULE

  • MGMT$COMPOSITE_CS_EVAL_SUMMARY

  • MGMT$CS_ASM_DISKGRP_SETTINGS

  • MGMT$CS_DB_CONTROL_FILE_COUNT

  • MGMT$CS_DB_INIT_PARAMS

  • MGMT$CS_DB_RBS_IN_SYSTEM

  • MGMT$CS_DB_REC_SEG_SETTINGS

  • MGMT$CS_DB_REC_TS_SETTINGS

  • MGMT$CS_DB_REC_USER_SETTINGS

  • MGMT$CS_DB_REDO_LOG_COUNT

  • MGMT$CS_DB_REDO_LOGS

  • MGMT$CS_DB_TABLESPACES

  • MGMT$CS_DB_TBSP_SEGSPACE_MGMT

  • MGMT$CS_EVAL_SUMMARY

  • MGMT$CS_FEATURE_USAGE

  • MGMT$CS_GROUP_EVAL_SUMMARY

  • MGMT$CS_GROUP_KEYWORD

  • MGMT$CS_HA_INFO

  • MGMT$CS_HIERARCHY

  • MGMT$CS_KEYWORD

  • MGMT$CS_RQS_HIERARCHY

  • MGMT$CS_RULE_ATTRS

  • MGMT$CS_RULE_EVAL_SUMMARY

  • MGMT$CS_RULEFOLDER

  • MGMT$CS_TARGET_ASSOC

  • MGMT$CS_TGT_ASSOC_TXF_REQ

  • MGMT$CSG_HIERARCHY

  • MGMT$CSG_SUBGROUP

  • MGMT$CSR_CURRENT_VIOLATION

  • MGMT$CSR_TARGET_ASSOC

  • MGMT$CSR_VIOLATION_CONTEXT

  • MGMT$CSRF_TARGET_ASSOC

  • MGMT$EM_CS_RULE_EVENT_ERROR

  • MGMT$EM_RULE_VIOL_CTXT_DEF

  • MGMT$ICS_TARGET_ASSOC

  • MGMT$REPO_RULE_CHK_DETAILS

  • MGMT$REPOSITORY_RULE_BIND_VARS

  • MGMT$REPOSITORY_RULE_PARAMS

  • MGMT$RULE_KEYWORD

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – プロビジョニングおよびパッチ適用ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内のプロビジョニングおよびパッチ適用ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • EM$PROV_APPTYPES

  • EM$PROVAPP_METADATA

  • EM$PROVAPP_METADATA_VERSION

  • EM$PROVAPP_TAG_PROPERTIES

  • EM$PROVAPP_TAGS

  • MGMT$PA_RECOM_METRIC_SOURCE

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – パッチ適用ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内のパッチ適用ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • GC$EM_PC_PLAN_PATCHES

  • GC$EM_PC_PLANS

  • GC$EM_PC_PLAN_TARGETS

  • GC_PC_EXECUTION_INSTANCES

  • GC_PC_PLAN_ANALYSIS_RS

  • GC_PC_PLAN_REMEDY

  • GC_PC_PLAN_REMEDY_DETAILS

  • GC_PC_PLAN_USERS

  • GC_PC_TARGETS

  • MGMT$APPLIED_PATCHES

  • MGMT$APPLIED_PATCHSETS

  • MGMT$ARU_FAMILY_PRODUCT_MAP

  • MGMT$ARU_LANGUAGES

  • MGMT$ARU_PATCH_RECOMMENDATIONS

  • MGMT$ARU_PLATFORMS

  • MGMT$ARU_PRODUCT_RELEASE_MAP

  • MGMT$ARU_PRODUCTS

  • MGMT$ARU_RELEASES

  • MGMT$ARU_TARGETS

  • MGMT$PA_AFFTED_HOST_GUID_OH

  • MGMT$PA_AFFTED_HOST_OH

  • MGMT$PA_AFFTED_TARGETS

  • MGMT$PA_FINAL_PATCH_LIST

  • MGMT$PA_TARGET_MAPPING

  • MGMT$PR_APPL_PATCHES_TO_OH

  • MGMT$PR_APPL_PATCHES_TO_OH_TGT

  • MGMT$PR_HOME_INFO

  • MGMT$PR_HOMES_AFFECTED_COUNT

  • MGMT$RECOM_METRIC_SOURCE

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – 構成ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内の構成ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • GC$ECM_COMP_PROPERTIES

  • GC$ECM_CONFIG_SUMMARY

  • GC$ECM_CURR_CONFIG

  • GC$ECM_CURR_CONFIG_FLAT_MEMS

  • GC$ECM_CURR_CONFIG_SNAPSHOTS

  • GC$ECM_CURR_TARGET_SNAPSHOTS

  • GC$ECM_DATA_RETENTION_TIME

  • GC$ECM_GEN_SNAPSHOT

  • GC$ECM_SAVED_CONFIG

  • GC$ECM_SAVED_CONFIG_FLAT_MEMS

  • GC$ECM_SAVED_CONFIG_SNAPSHOTS

  • GC$ECM_SAVED_CONFIG_TARGETS

  • GC$ECM_SAVED_TARGET_SNAPSHOTS

  • MGMT$CCS_DATA

  • MGMT$CCS_DATA_SOURCE

  • MGMT$CCS_DATA_SOURCE_VISIBLE

  • MGMT$CCS_DATA_VISIBLE

  • MGMT$DB_CONTROLFILES

  • MGMT$DB_DATAFILES

  • MGMT$DB_DBNINSTANCEINFO

  • MGMT$DB_FEATUREUSAGE

  • MGMT$DB_INIT_PARAMS

  • MGMT$DB_LICENSE

  • MGMT$DB_OPTIONS

  • MGMT$DB_REDOLOGS

  • MGMT$DB_ROLLBACK_SEGS

  • MGMT$DB_SGA

  • MGMT$DB_TABLESPACES

  • MGMT$DB_TABLESPACES_ALL

  • MGMT$ECM_CMP_JOB_LAST_RESULTS

  • MGMT$ECM_CMP_JOBS

  • MGMT$ECM_CMP_RPT_CCS_DS

  • MGMT$ECM_CMP_RPT_CCS_DS_DTLS

  • MGMT$ECM_CMP_RPT_CCS_PD_ALL

  • MGMT$ECM_CMP_RPT_CCS_PD_DIFFS

  • MGMT$ECM_CMP_RPT_CI_DIFFS

  • MGMT$ECM_CMP_VISIBLE_CONFIGS

  • MGMT$ECM_CURRENT_SNAPSHOTS

  • MGMT$ECM_VISIBLE_SNAPSHOTS

  • MGMT$SERVICETAG_INSTANCES

  • MGMT$SERVICETAG_REGISTRY

  • MGMT$UNPATCHABLE_DB_TARGETS

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – Oracleホームのパッチ適用ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内のOracleホームのパッチ適用ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • MGMT$APPLIED_PATCHES

  • MGMT$APPLIED_PATCHSETS

  • MGMT$APPL_PATCH_AND_PATCHSET

  • MGMT$CPF_ADVISORY_INFO

  • MGMT$CPF_HOMES_INFO

  • MGMT$CPF_PATCH_INFO

  • MGMT$EM_HOMES_PLATFORM

  • MGMT$HOMES_AFFECTED

  • MGMT$OH_CLONE_PROPERTIES

  • MGMT$OH_COMP_DEP_RULE

  • MGMT$OH_COMP_INST_TYPE

  • MGMT$OH_COMPONENT

  • MGMT$OH_CRS_NODES

  • MGMT$OH_DEP_HOMES

  • MGMT$OH_FILE

  • MGMT$OH_HOME_INFO

  • MGMT$OH_INSTALLED_TARGETS

  • MGMT$OH_INV_SUMMARY

  • MGMT$OH_PATCH

  • MGMT$OH_PATCHED_COMPONENT

  • MGMT$OH_PATCHED_FILE

  • MGMT$OH_PATCH_FIXED_BUG

  • MGMT$OH_PATCHSET

  • MGMT$OH_VERSIONED_PATCHV

  • MGMT$PATCH_ADVISORIES

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – セキュリティ・ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内のセキュリティ・ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • MGMT$ESA_ALL_PRIVS_REPORT

  • MGMT$ESA_ANY_DICT_REPORT

  • MGMT$ESA_ANY_PRIV_REPORT

  • MGMT$ESA_AUDIT_SYSTEM_REPORT

  • MGMT$ESA_BECOME_USER_REPORT

  • MGMT$ESA_CATALOG_REPORT

  • MGMT$ESA_CONN_PRIV_REPORT

  • MGMT$ESA_CREATE_PRIV_REPORT

  • MGMT$ESA_DBA_GROUP_REPORT

  • MGMT$ESA_DBA_ROLE_REPORT

  • MGMT$ESA_DIRECT_PRIV_REPORT

  • MGMT$ESA_EXMPT_ACCESS_REPORT

  • MGMT$ESA_KEY_OBJECTS_REPORT

  • MGMT$ESA_OH_OWNERSHIP_REPORT

  • MGMT$ESA_OH_PERMISSION_REPORT

  • MGMT$ESA_POWER_PRIV_REPORT

  • MGMT$ESA_PUB_PRIV_REPORT

  • MGMT$ESA_SYS_PUB_PKG_REPORT

  • MGMT$ESA_TABSP_OWNERS_REPORT

  • MGMT$ESA_TRC_AUD_PERM_REPORT

  • MGMT$ESA_WITH_ADMIN_REPORT

  • MGMT$ESA_WITH_GRANT_REPORT

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – クライアント構成ビュー:

次のリポジトリ・スキーマ内のクライアント構成ビューは、Oracle Database Lifecycle Management Pack for Oracle Databaseに基づいてライセンス供与されます。

  • MGMT$CSA_COLLECTIONS

  • MGMT$CSA_FAILED

  • MGMT$CSA_HOST_COOKIES

  • MGMT$CSA_HOST_CPUS

  • MGMT$CSA_HOST_CUSTOM

  • MGMT$CSA_HOST_IOCARDS

  • MGMT$CSA_HOST_NICS

  • MGMT$CSA_HOST_OS_COMPONENTS

  • MGMT$CSA_HOST_OS_FILESYSEMS

  • MGMT$CSA_HOST_OS_PROPERTIES

  • MGMT$CSA_HOST_RULES

  • MGMT$CSA_HOST_SW

  • MGMT$ECM_CONFIG_HISTORY

Oracle Diagnostics Pack

追加費用パック: EEEE-Exa

付属パック: DBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

機能:

Oracle Diagnostics Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • パフォーマンス監視と診断(データベースおよびホスト)

  • 自動ワークロード・リポジトリ(AWR)

  • AWRウェアハウス

  • 自動データベース診断モニター(ADDM)

  • 期間比較ADDM

  • リアルタイムADDM

  • アクティブ・セッション履歴(ASH)

  • ASH分析

  • パフォーマンス・ハブ

  • Exadata CELLグリッドの管理

  • Exadata CELLグリッドのパフォーマンス

  • Exadata CELLグループの「状態の概要」ページ

  • Exadataのリソース使用率

  • ブラックアウト

  • 通知

  • メトリックおよびアラートまたはイベント履歴

  • ユーザー定義のメトリックおよびメトリック拡張

  • 管理コネクタ

  • 動的メトリック・ベースラインおよび適応メトリックしきい値

  • 監視テンプレートおよびテンプレート・コレクション

  • リプレイ期間比較レポート

  • ストリーム当たりのボトルネック検出およびコンポーネント当たりの上位待機イベント分析を実行するためのサポート機能

前述した機能を使用するには、Oracle Diagnostics Packのライセンスを購入する必要があります。新しい初期化パラメータCONTROL_MANAGEMENT_PACK_ACCESSにより、Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Packへのアクセスが制御されます。このパラメータは、次の3つの値のうちのいずれかに設定できます。

  • DIAGNOSTIC+TUNING: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで有効化されています。

  • DIAGNOSTIC: Oracle Diagnostics Pack機能のみがサーバーで有効化されています。

  • NONE: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで無効化されています。

Oracle Diagnostics Pack機能にアクセスするには、Enterprise Managerコンソール、デスクトップ・ウィジェット、コマンドラインAPIを使用するか、基礎となるデータに直接アクセスします。これには、Oracle Diagnostics Packのライセンスが必要です。

ライセンス供与されているリンク:

Enterprise Manager内のどのリンクがOracle Diagnostics Packの一部であるかを判断するには、Enterprise Managerホーム・ページの右上にある「設定」リンクをクリックします。

  • 「設定」リンクをクリックした場合、ナビゲーション・バーには「Management Packのアクセス権」リンクが含まれます。このリンクをクリックします。

  • すると「Management Packのアクセス権」ページが表示され、ここですべてのManagement Packに対しアクセス権を付与および削除できます。

    • Enterprise Manager Database Controlの場合、Diagnostics Packの「アクセス権の削除」ラジオ・ボタンをクリックし、「適用」をクリックします。

    • Enterprise Manager Cloud Control,の場合、Diagnostics Packの適切なチェック・ボックスをクリックし、「適用」をクリックします。

これによって、Enterprise Manager内のOracle Diagnostics Packに関連付けられたすべてのリンクおよびタブが無効になります。無効化されたリンクおよびタブはすべてOracle Diagnostics Packの一部であるため、パック・ライセンスが必要です。

ライセンス供与されているコマンドラインAPI:

Oracle Diagnostics Packの機能は、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。

  • DBMS_ADDMDBMS_PERFDBMS_UMFおよびDBMS_WORKLOAD_REPOSITORYパッケージは、このパックのライセンスが必要です。

  • advisor_nameパラメータの値としてADDMを指定した場合、またはtask_nameパラメータの値にADDM接頭辞で始まる値を指定した場合、DBMS_ADVISORパッケージは、このパックのライセンスが必要です。

  • DBMS_WORKLOAD_REPLAY.COMPARE_PERIOD_REPORT関数は、このパックのライセンスが必要です。

  • V$ACTIVE_SESSION_HISTORY動的パフォーマンス・ビューおよびその基礎となる表X$ASHは、このパックのライセンスが必要です。

  • DBA_STREAMS_TP_PATH_BOTTLENECKビューは、このパックのライセンスが必要です。

  • DBA_ADDM_で始まるすべてのビューは、このパックのライセンスが必要です。

  • DBA_STREAMS_TP_COMPONENT_STATの一部のデータは、Oracle Diagnostics Packのライセンスが必要です。DBA_STREAMS_TP_COMPONENT_STATに対する問合せの次のフィルタ句により、Diagnostics Packに依存するデータが表示されます。

    where STATISTIC_UNIT = 'PERCENT'
    

    たとえば、次の問合せにより、Diagnostics Packに依存するデータのみが表示されます。

    SELECT * FROM DBA_STREAMS_TP_COMPONENT_STAT
      where STATISTIC_UNIT = 'PERCENT';
    
  • 接頭辞DBA_HIST_で始まるすべてのデータ・ディクショナリ・ビューと、これらの基礎となる表は、このパックのライセンスが必要です。例外は、DBA_HIST_SNAPSHOT, DBA_HIST_DATABASE_INSTANCE, DBA_HIST_SNAP_ERROR, DBA_HIST_SEG_STAT, DBA_HIST_SEG_STAT_OBJ, DBA_HIST_UNDOSTATの各ビューのみです。これらは、Oracle Diagnostics Packのライセンスがなくても使用できます。

  • DBA_ADVISOR_接頭辞を持つすべてのデータ・ディクショナリ・ビューは、これらのビューに対する問合せでADVISOR_NAME列内にADDMの値を持つ行、またはTASK_NAME列内にADDM*の値を持つ行またはそれに対応するTASK_IDの行が戻された場合、このパックのライセンスが必要です。

  • Oracleホーム・ディレクトリの/rdbms/admin/ディレクトリにあるawrrpt.sqlawrrpti.sqlawrgrpt.sqlawrgrpti.sqlawrgdrpt.sqlawrgdrpi.sqladdmrpt.sqladdmrpti.sqlashrpt.sqlashrpti.sqlawrddrpt.sqlawrddrpi.sqlawrsqrpi.sqlawrsqrpt.sqlawrextr.sqlawrload.sqlawrinfo.sqlspawrio.sqlおよびspawrrac.sqlのレポートは、このパックのライセンスが必要です。

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – モニタリング・ビュー:

次のモニタリング・ビューがOracle Diagnostics Packでライセンス供与されます。

  • MGMT$ALERT_ANNOTATIONS

  • MGMT$ALERT_CURRENT

  • MGMT$ALERT_HISTORY

  • MGMT$ALERT_NOTIF_LOG

  • MGMT$AVAILABILITY_CURRENT

  • MGMT$AVAILABILITY_HISTORY

  • MGMT$BLACKOUT_HISTORY

  • MGMT$BLACKOUTS

  • MGMT$METRIC_COLLECTIONS

  • MGMT$ALERT_CURRENT

  • MGMT$METRIC_DAILY

  • MGMT$METRIC_DETAILS

  • MGMT$METRIC_HOURLY

  • MGMT$TARGET_METRIC_COLLECTIONS

  • MGMT$TARGET_METRIC_SETTINGS

ライセンス供与されているリポジトリ・ビュー – テンプレート・ビュー:

次のテンプレート・ビューがOracle Diagnostics Packでライセンス供与されます。

  • MGMT$TEMPLATES

  • MGMT$TEMPLATE_METRIC_COLLECTION

  • MGMT$TEMPLATE_METRIC_SETTINGS

  • MGMT$TEMPLATE_POLICY_SETTINGS

Oracle Tuning Pack

追加費用パック: EEEE-Exa

付属パック: DBCS EEDBCS EE-HPDBCS EE-EPExaCS

機能:

Oracle Tuning Packに含まれる機能は、次のとおりです。

  • SQLアクセス・アドバイザ

  • SQLチューニング・アドバイザ

  • Oracle Database In-Memoryアドバイザ

  • 自動SQLチューニング

  • SQLプロファイル

  • リアルタイムSQLおよびPL/SQLの監視

  • リアルタイム・データベース操作の監視

  • オブジェクトの再編成

新しい初期化パラメータCONTROL_MANAGEMENT_PACK_ACCESSが導入され、データベース・サーバーでのOracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Packへのアクセスが制御されます。このパラメータは、次の3つの値のうちのいずれかに設定できます。

  • DIAGNOSTIC+TUNING: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで有効化されています。

  • DIAGNOSTIC: Oracle Diagnostics Pack機能のみがサーバーで有効化されています。

  • NONE: Oracle Diagnostics PackおよびOracle Tuning Pack機能がデータベース・サーバーで無効化されています。

Oracle Tuning Pack機能にアクセスするには、Enterprise Managerコンソール、デスクトップ・ウィジェット、コマンドラインAPIを使用するか、基礎となるデータに直接アクセスします。これには、Oracle Tuning Packのライセンスが必要です。

前提条件:

Oracle Tuning PackにはOracle Diagnostics Packが必要です。

ライセンス供与されているリンク:

Enterprise Manager内のどのリンクがOracle Tuning Packの一部であるかを判断するには、Enterprise Managerホーム・ページの右上にある「設定」リンクをクリックします。

  • 「設定」リンクをクリックした場合、ナビゲーション・バーには「Management Packのアクセス権」リンクが含まれます。このリンクをクリックします。

  • 「Management Packのアクセス権」ページが表示され、ここですべてのManagement Packに対しアクセス権を付与および削除できます。

    • Enterprise Manager Database Controlの場合、Tuning Packの「アクセス権の削除」ラジオ・ボタンをクリックし、「適用」をクリックします。

    • Enterprise Manager Cloud Control,の場合、Tuning Packの適切なチェック・ボックスをクリックし、「適用」をクリックします。

これによって、Enterprise Manager内のOracle Tuning Packに関連付けられたすべてのリンクおよびタブが無効になります。無効化されたリンクおよびタブはすべてOracle Tuning Packの一部であるため、パック・ライセンスが必要です。

ライセンス供与されているコマンドラインAPI:

Oracle Tuning Packの機能は、データベース・サーバーAPIおよびコマンドライン・インタフェースでもアクセスできます。

  • DBMS_ADVISOR(advisor_nameパラメータの値が「SQL Tuning Advisor」または「SQL Access Advisor」である場合)

  • DBMS_AUTO_SQLTUNE

  • DBMS_PERF

  • DBMS_SQL_MONITOR

  • DBMS_SQLTUNE (「注意」を参照)

  • V$SQL_MONITOR

  • V$SQL_PLAN_MONITOR

  • Oracleホーム・ディレクトリの/rdbms/admin/ディレクトリにあるsqltrpt.sqlのレポートは、このパックのライセンスが必要です。

注意: オンプレミスのOracle Database Enterprise Editionのライセンスを供与されている場合、Oracle Tuning PackのライセンスがなくてもDBMS_SQLTUNEパッケージ内の一部のサブプログラムを使用できます。詳細は、表1-6のSQLチューニング・セットの項目を参照してください。

1.2.5 機能、オプションおよびManagement Packの使用状況の確認

機能、Oracle DatabaseオプションおよびOracle Management Packのデータベースでの使用状況を確認できる、options_packs_usage_statistics.sqlスクリプトが用意されています。このスクリプトでは、次の2つの項が表示されます。

  • Oracle DatabaseオプションおよびOracle Management Packの使用状況

  • 各オプションおよびManagement Packで使用される機能

このスクリプトは、次のようにしてMy Oracle Supportから取得できます。

  1. Webブラウザを使用して、次のMy Oracle SupportのWebサイトを表示します。
  2. My Oracle Supportにログインします。

    My Oracle Supportにユーザー登録していない場合は、「登録」をクリックし、登録の指示に従います。

  3. ドキュメントID 1317265.1を検索するか、次のURLからドキュメントに直接アクセスします。

各データベースでスクリプトを手動で実行することも、Oracle Enterprise Managerジョブ・システムを使用して、複数のデータベースで自動的にスクリプトを実行することも可能です。Oracle Enterprise Managerジョブ・システムの詳細は、Oracle Enterprise Manager Cloud Control管理者ガイドを参照してください。

注意:

このスクリプトで取得される情報は、お客様の組織で使用されていると識別された、ライセンス供与可能なOracle DatabaseオプションおよびOracleManagement Packの概要を示すものです。情報として使用することを目的としたものであり、ライセンス資格または要件を表すものではありません。お客様のライセンス要件の詳細は、http://www.oracle.com/us/corporate/license-management-services/index.htmlのLicense Management Servicesの担当者に問い合せてください。

1.3 特別なライセンス権限

表1-16 特別なライセンス権限

機能/オプション ライセンス情報

Data Guard遠隔同期

遠隔同期インスタンスは、Oracle Databaseがインストールおよび使用されているサーバーとは異なるサーバーでインストールおよび使用できます。遠隔同期インスタンスを実行しているサーバー用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

エンタープライズ・ユーザー・セキュリティ

Oracle Database Enterprise Editionでエンタープライズ・ユーザー・セキュリティを使用する場合、KerberosおよびPKIベース認証のOracle Advanced Securityオプションに対するライセンスは必要なくなりました。対応するOracle Identity Management Directory Services Plusのライセンス供与は必要ありません。2004年4月5日以前に購入したOracle Advanced Securityライセンスでは、エンタープライズ・ユーザー・セキュリティをサポートするOracle Directory Services PlusのOracle Internet Directory (OID)コンポーネントの制限付きライセンスが含まれています。

グローバル・データ・サービス

GSMリスナーは、Oracle Databaseがインストールおよび使用されているサーバーとは異なるサーバーでインストールおよび使用できます。GSMリスナーを実行しているサーバー用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

インフラストラクチャ・リポジトリ・データベース

ライセンスを追加購入しなくても、独立した単一のインスタンスのOracle Databaseをインストールし、RMAN、Oracle Enterprise Manager Cloud Control、自動ワークロード・リポジトリ(AWR)ウェアハウス、グローバル・データ・サービス・カタログ、シャーディング・カタログおよびグリッド・インフラストラクチャ管理リポジトリのインフラストラクチャ・リポジトリとして使用できます。ただし、すべてのターゲットについて適切なライセンスを購入している場合に限られます。このデータベースは、他の用途で使用することもデプロイすることもできません。

RMAN、Oracle Enterprise Manager Cloud Control、AWRウェアハウス、グローバル・データ・サービス・カタログおよびシャーディング・カタログのインフラストラクチャ・リポジトリは、単一のデータベースで共有するか、または独立したデータベースにデプロイできます。インフラストラクチャ・リポジトリ・データベースにはEnterprise Editionを使用する必要があります。

Oracle RACがインフラストラクチャ・データベースに使用されている場合、すべてのサービスについてOracle RACライセンス、および最初以外のすべてのサーバーについてEnterprise Editionライセンスが必要です。

Data GuardがRMAN、Oracle Enterprise Manager Cloud Control、AWRウェアハウス、グローバル・データ・サービスおよびグリッド・インフラストラクチャ管理リポジトリのインフラストラクチャ・データベースに使用されている場合、スタンバイ・サーバーにEnterprise Editionライセンスが必要です。シャーディング・カタログのインフラストラクチャ・データベースは、2つ目のEnterprise EditionライセンスがなくてもData Guardを使用して保護できます。

Oracle ASMクラスタ・ファイル・システム(Oracle ACFS)

Oracle Database以外のファイルで使用する場合、すべてのOracle ACFS機能は無償です。

Oracle Databaseファイルで使用する場合、次の例外以外のOracle ACFS機能は無償です。

  • ACFS監査 - 利用不可(Oracle Audit Vaultを使用してください*)

  • ACFS圧縮 - 利用不可(Oracle Advanced Compressionを使用してください*)

  • ACFS暗号化 - 利用不可(Oracle Transparent Data Encryption (Oracle Advanced Securityオプションの一部)を使用してください*)

  • ACFSセキュリティ - 利用不可(Oracle Database Vaultを使用してください*)

* これらの製品やコンポーネントに対する適切なフル・ライセンスが必要です。

Oracle ACFSが稼働しているサーバー上で、Oracleサポート契約の対象であるOracle製品(Oracle LinuxやOracle Solarisなど)も稼働している場合、Oracle ACFS専用のサポート・サービスを提供します。

Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)

Oracle ASMは、無償で、すべてのOracleデータベースおよびOracle ACFSファイル・システムとともに使用できます。

Oracle Clusterware

Oracle Clusterwareでは、クラスタ・メンバーシップと高可用性の監視およびフェイルオーバーを提供します。Oracle Clusterwareは、アプリケーションを保護する(障害発生時のアプリケーションの再起動またはフェイルオーバー)用途において無償で使用することができます。Oracleでは、サーバーでOracle製品が実行されている場合にのみClusterwareのサポートを提供しますが、これにはOracleサポートの適用内のOracle LinuxまたはOracle Solarisも含まれます。

Oracle Connection Manager

Oracle Connection Managerは、Oracle Databaseがインストールおよび使用されているマシンと異なるマシン上にインストールし、使用できます。Oracle Connection Managerを実行しているマシン用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

Oracle Data Guardブローカ

ブローカ・コマンドライン・インタフェースDGMGRLをインストールし、Oracle Data Guardプライマリおよびスタンバイ・システムとは別のコンピュータ・システムでオブザーバ・ソフトウェアを実行できます。オブザーバをホストしているシステム用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

Oracle Database Backup Cloud Service

Oracle Database Backup Cloud Serviceでは、Oracle Advanced SecurityオプションまたはOracle Advanced Compressionオプションの2つの機能を、追加費用なしで使用できます。

  • RMANバックアップの暗号化

  • すべてのRMANバックアップ圧縮のアルゴリズム

Oracle Advanced SecurityオプションまたはOracle Advanced Compressionオプションの追加機能を使用するには、それらのオプションのライセンスを別途購入する必要があります。また、直接ディスクにRMAN暗号化バックアップを実行する場合も、Oracle Advanced Securityオプションのライセンスが別途必要です。

Oracle Database Gateway for ODBC

Oracle Database Gateway for ODBCは、Oracle Databaseがインストールおよび使用されているマシンと異なるマシン上にインストールし、使用できます。Oracle Gateway for ODBCを実行しているマシン用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

Oracle Database Provider for DRDA

Oracle Database Provider for DRDAは、Oracle Databaseがインストールおよび使用されているマシンと異なるマシン上にインストールし、使用できます。Oracle Database Provider for DRDAを実行しているマシン用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

Oracle Database Vault

Oracle Database Vaultを構成および有効化すると、Oracle Label Securityが構成および有効化されます。Oracle Label Securityの使用はOracle Database Vaultソフトウェアによる使用に制限されます。Oracle Label Securityポリシーを作成するには、Oracle Label Securityのフル使用ライセンスを購入する必要があります。

Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC)

次のライセンス情報は、Oracle Database Standard Edition 2とともに、クラスタ・サーバー環境でOracle Real Application Clustersを使用する際に適用されます。

  • Oracle Clusterwareを使用する必要があります。サード・パーティのクラスタウェア管理ソリューションはサポートされません。

  • すべてのOracleデータベース・ファイル・タイプを作成および管理するには、Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)またはOracle ASM Cluster File System (Oracle ACFS)が必要です。ロー・ボリュームやロー・パーティション、サード・パーティのクラスタ・ファイルシステムは、Oracle Database Standard Edition 2およびOracle RACを使用したOracleデータベース・ファイルの格納に対応していません。データベース関連ファイル・タイプの一覧は、Oracle Automatic Storage Management管理者ガイドを参照してください。

  • すべての非データベース・ファイルの格納には、Oracle ACFSまたはローカルのOSファイルシステムを使用する必要があります。Oracleによって複製された非データベース関連ファイルは、次の例外を除いて、それ以外の領域に格納することはできません。

    • スタンバイ・データベースのメンテナンス・スクリプトを手動で記述する場合は、アーカイブ・ログの2つ目のコピーをOracle ASM以外のLOG_ARCHIVE_DEST_nパラメータによって指定されたローカル・ファイルシステム上にのみ作成できます。

    • ファイルのRMANバックアップは、ローカルまたはネットワークにマウントされたファイル・システム上に置くことができます。

  • OCFS、OCFS2、サード・パーティのクラスタウェア、サード・パーティのクラスタ・ボリューム・マネージャ、サード・パーティのクラスタ・ファイルシステムなど、その他のクラスタ・ソフトウェアはシステムにインストールできません。

Oracle Real Application Testing

Oracle Real Application Testingのフル機能は、Oracle Database 11gリリース1以上でのみ利用可能です。ただし、Oracle9i Databaseリリース2またはOracle Database 10gからのアップグレードを希望しているお客様は、Oracle Real Application Testingの一部の機能を利用できます。

Oracle9i Databaseリリース2で利用可能な機能は次のとおりです。

  • データベース・リプレイ: ワークロードの取得機能のみがサポートされます。取得されたワークロードの再実行は、Oracle Database 11gでのみ可能です。この機能は、Oracle9i Databaseリリース2からOracle Database 11g以上へのアップグレードに役立てるためだけに使用できます。

Oracle Database 10gリリース2で利用可能な機能は次のとおりです。

  • データベース・リプレイ: ワークロードの取得機能のみがサポートされます。取得されたワークロードの再実行は、Oracle Database 11gでのみ可能です。この機能は、Oracle Database 10gリリース2からOracle Database 11gへのアップグレードに役立てるためだけに使用できます。

  • SQLパフォーマンス・アナライザ: リモートSQLのテスト実行、およびSQLチューニング・セットへのSQLの取得機能のみがサポートされます。これらの機能は、Oracle9i Databaseリリース2およびOracle Database 10gリリース1からOracle Database 10gリリース2以上へのアップグレードに役立てるためだけに使用できます。以前のリリース(Oracle 9i DatabaseまたはOracle Database 10gリリース1)からOracle Database 10gリリース2へアップグレードする際には、ターゲット・データベース(Oracle Database 10gリリース2)上でSQLをリモート実行するためにOracle Database 11gが必要です。Oracle Real Application Testingのライセンス取得は、Oracle Database 10gリリース2とOracle Database 11gの両方のシステムについて必要です。

Oracle Secure Backup

Oracle Secure Backup Cloud Module

Oracle Database Enterprise Editionのバックアップの場合、Oracle Secure Backupには次の使用制限付きライセンスが含まれます。

  • テープまたはAmazon S3へのRMANバックアップの暗号化

  • LOW、MEDIUM、BASICまたはHIGHアルゴリズムを活用したRMANバックアップ圧縮

Oracle Secure Backupの特殊な使用方法のライセンスは、Oracle Advanced SecurityオプションのコンポーネントであるRMANバックアップの暗号化と、Oracle Advanced CompressionオプションのコンポーネントであるRMANバックアップ圧縮レベルに適用されます。Oracle Advanced SecurityオプションまたはOracle Advanced Compressionオプションの追加機能を使用するには、それらのオプションのライセンスを別途購入する必要があります。また、Oracle Secure Backupがメディア・マネージャであるかどうかにかかわらず、直接ディスクにRMAN暗号化バックアップを実行する場合も、Oracle Advanced Securityオプションのライセンスが必要です。

Oracle Secure Backup Express

Oracle Secure Backup ExpressはOracle Databaseにバンドルされています。Oracle Secure Backup Expressに関するサポートは、オラクルの社員やコミュニティの専門家によってモニターされる無料のOracle Discussion Forumを通じてのみ提供されます。

Oracle Secure Backup Expressでは、Oracleデータベースおよびテープ保護を必要とするOracleホーム・ファイルおよびその他のファイル・システム・データをバックアップできます。

詳細は、Oracle Secure Backupライセンス情報を参照してください。

Oracle Wallet

Oracle WalletはPKCS#12コンテナで、認証および暗号化鍵を格納するのに使用されます。Oracleデータベースのセキュアな外部パスワード・ストア機能により、Oracleデータベースに対するパスワード・ベースの認証用にOracle Walletにパスワードが格納されます。Oracle Walletは、Oracle Databaseに対するPKI認証用の資格証明、ネットワーク暗号化の構成(SSL/TLS)およびOracle Advanced Security透過的データ暗号化(TDE)マスター暗号化鍵を格納するのにも使用できます。厳密な認証サービス(Kerberos、PKIおよびRADIUS)とネットワーク暗号化(ネイティブ・ネットワークの暗号化およびSSL/TLS)は、Oracle Advanced Securityの一部ではなくなり、サポートされているすべてのOracleデータベース・リリースの、すべてのライセンス取得済みエディションに含まれるようになりました。

シャード・ディレクタ

シャード・ディレクタは、Oracle Databaseがインストールおよび使用されているサーバーとは異なるサーバーでインストールおよび使用できます。シャード・ディレクタを実行しているサーバー用に別途ライセンスを取得する必要はありません。

XStream

XStreamは、クライアント・アプリケーションによるOracleデータベースからのリアルタイムのデータ変更の受信(XStream Out APIを使用)およびOracleデータベースへのリアルタイムのデータ変更の送信(XStream In APIを使用)を可能にするApplication Program Interface (API)を提供します。これらのデータ変更は、Oracleデータベースと他のシステム(ファイルシステムやOracle以外のデータベースなど)で共有可能です。XStreamは、Oracle GoldenGate製品を介してライセンス供与されます。この製品のライセンスの購入が、XStream APIを使用するには必要です。詳細は、Oracle担当営業にお問い合せください。

1.4 使用制限付きライセンス

表1-17 使用制限付きライセンス

機能/オプション ライセンス情報

Oracle Advanced Security

2004年4月5日以前に購入したOracle Advanced Securityライセンスでは、エンタープライズ・ユーザー・セキュリティをサポートするOracle Directory Services PlusのOracle Internet Directory (OID)コンポーネントの制限付きライセンスが含まれています。

Oracle Advanced Securityには、次のOracle Enterprise Manager機能の使用制限付きライセンスが含まれています。

  • アプリケーション・データ・モデル(旧称: データ検出およびモデリング)

  • 機密列タイプおよび機密データ検出

  • Application Accelerator

Oracle Advanced Security以外の目的で前述のOracle Enterprise Manager機能の使用を希望する場合は、Oracle Data Masking and Subsetting Packの完全使用ライセンスの購入が必要です。

Oracle Application Server Containers for J2EE

Oracle Application Server Containers for J2EE (OC4J)の使用制限付きライセンスが、(Oracle Database Express Editionを除く)すべてのエディションに含まれています。この組込みバージョンは、Oracle Enterprise Manager (DatabaseおよびCloud Control)、Advanced Queuing Servlet、Ultra SearchおよびApplication Expressをサポートする目的でのみ提供されており、他の目的で使用することもデプロイすることもできません。

Oracle Applications Unlimited

Oracle Applications UnlimitedアプリケーションのOracle Cloudデプロイメントをサポートする用途でOracle Database Cloud Service Enterprise Edition (DBCS-EE)インスタンスを使用している場合、次のオプションは使用に制限があります: Oracle On-Line Analytical Processing (OLAP)およびOracle Partitioning。これらのオプションはOracle Applications Unlimitedをサポートする用途でのみ使用でき、その他の目的で使用またはデプロイすることはできません。

Oracle Database Mobile Server

Oracle Database Mobile Serverは、集中管理コンソールからのモバイルまたは埋込みデバイス・ネットワーク制御用の強力なツールです。Oracleエンタープライズ・バックエンドに対するモバイルまたは埋込みデバイス上でローカルで実行されるアプリケーションにセキュアでスケーブルな接続方法を提供します。同期システムは、堅牢でフォルト・トレラントです。信頼性が低く、断続的に使用可能なネットワーク上でも同期できます。Oracle Database Mobile Serverでは、アプリケーション、ユーザーおよびデバイスを管理することも可能です。Oracle WebLogic、Oracle GlassfishおよびApache TomEEなど、各種アプリケーション・サーバー・プラットフォーム上で実行できます。

クライアント・デバイス側で、データ・ストアとしてOracle Berkeley DBと連携するよう設計されており、モバイルや埋込みデバイス上で、効率的かつ信頼性が高く、セキュアなデータ管理をローカルで実行できます。また、広く普及しているオープン・ソース・データ・ストアであるSQLiteとも互換性があります。Database Mobile Serverdは、Oracle Java、Linux、Windows (ラップトップ用やMobile/CE版)およびAndroidなど、多くの一般的なデバイス・プラットフォームをサポートしています。

Oracle Database Vault

Oracle Database Vaultには、次のOracle Enterprise Management機能の使用制限付きライセンスが含まれています。

  • アプリケーション・データ・モデリング(旧称: データ検出およびモデリング)

  • Oracle E-Business Suiteの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

  • Oracle Fusion Applicationsの選択バージョン用のアプリケーション・データ・モデリング・アクセラレータ

Oracle HTTP Server

Oracle HTTP Serverの使用制限付きライセンスは、HTTP Serverがデータベースと同じサーバー上で実行されている場合、(Oracle Database Express Editionを除く)すべてのエディションに含まれています。異なるサーバー上でOracle HTTP Serverを実行する場合は、Oracle DatabaseまたはOracle Application Serverのライセンスを通じて、そのサーバーにHTTP Serverの使用ライセンスが供与される必要があります。

Oracle Internet Directory

Oracle Identity Management Directory Services PlusコンポーネントのOracle Internet Directory(OID)の使用制限付きライセンスが(Oracle Database Express Editionを除く)すべてのエディションに含まれていますが、これはユーザーがOracle Net Servicesの構成にディレクトリ・ネーミング機能を使用する場合に制限されています。OIDは、他の用途で使用することもデプロイすることもできません。

Oracle Label Security

Oracle Label Securityには、次のOracle Enterprise Manager機能の使用制限付きライセンスが含まれています。

  • アプリケーション・データ・モデル(旧称: データ検出およびモデリング)

  • 機密列タイプおよび機密データ検出

  • Application Accelerator

Oracle Label Security以外の目的で前述のOracle Enterprise Manager機能の使用を希望する場合は、Oracle Data Masking and Subsetting Packの完全使用ライセンスの購入が必要です。

Oracle Multitenant

すべてのOracle Database製品に使用制限付きライセンスが含まれているため、Oracle Multitenantオプションのライセンスがなくてもコンテナ・データベース・アーキテクチャをシングルテナント・モードで使用できます。シングルテナント・モードは1つのユーザー作成プラガブル・データベース(およびオプションで1つのユーザー作成アプリケーション・ルートと1つのユーザー作成プロキシ・プラガブル・データベース)として定義されます。

Oracle Programmer

Oracle Programmerは、Oracle Databaseのすべてのエディションのプログラムで使用するインタフェースをアプリケーション・プログラマに提供します。ただし、Oracle Programmerを使用するには、Oracle Programmerライセンスを別途購入する必要があります。

Oracle Programmerに含まれる製品は、次のとおりです。

  • SQL形式の埋込みインタフェース: Pro*C/C++、Pro*COBOL、Pro*Fortran、SQL*Module for Ada、SQLJ

  • データベース・スキーマからホスト言語バインドを生成するユーティリティ: Object Type TranslatorおよびJPub

Oracle Real Application Testing

Load Testing Accelerator for Oracle Database、Oracle Load TestingおよびOracle Load Testing Controllerの使用制限付きライセンスは、Oracle Databaseのテスティング用としてOracle Real Application Testingに含まれており、アプリケーションのテスティングには使用できません。

Oracle Secure Backup Express

Oracle Secure Backup Expressは、単一サーバーのOracle Database環境に対するデータ保護を実現する中央集中型のテープ・バックアップ管理ソリューションです。Oracle Secure Backup Expressの使用制限付きライセンスはすべてのOracle Databaseエディションに含まれています。Oracle Secure Backup Expressは、直接接続テープ・ドライブが1つである単一ホストに制限されており、高度な機能の使用に関していくらかの制約があります。詳細は、Oracle Secure Backup ライセンス情報を参照してください。

Oracle Sharding

Oracle Shardingには、Global Data Servicesの使用制限付きライセンスが含まれます。

Global Data ServicesをOracle Sharding以外の目的で使用する場合は、Oracle Active Data Guardオプションのライセンスが必要です。

Oracle Spatial and Graph

Oracle Partitioningの制限付き使用は、次の空間、プロパティ・グラフおよびRDFグラフ・テクノロジ(RDF/OWL)機能をサポートする目的でのみ、すべての製品において無償で許可されています: 空間トポロジ、プロパティ・グラフ・スキーマおよびRDFセマンティック・グラフ。他のあらゆるOracle Partitioningの使用には、Oracle Partitioningオプションのライセンスが必要です(使用可能な場合)。