Oracle Databaseインストールの記憶域のチェックリスト

このチェックリストを使用して、記憶域の最小要件を確認し、構成プランニングに役立てます。

表1-5 Oracle Databaseの記憶域のチェックリスト

チェック内容 タスク
Oracleソフトウェアの最小ローカル・ディスク記憶領域

Linux x86-64の場合:
スタンドアロン・サーバー・インストール用のOracle Grid Infrastructureの場合は8.6GB以上
Oracle Database Enterprise Editionには、7.5 GB以上が必要です
Oracle Database Standard Edition 2の場合は7.5GB以上。

IBM: Linux on System zの場合:
スタンドアロン・サーバー・インストール用のOracle Grid Infrastructureの場合は6.5GB以上
Oracle Database Enterprise Editionには、5.7 GB以上が必要です
Oracle Database Standard Edition 2の場合は5.7GB以上。

注意:

既存のOracleホームの直下に将来のパッチを適用するために領域を追加できるように、約100GBを割り当てることをお薦めします。特定のパッチ関連のディスク領域の要件については、パッチのドキュメントを参照してください。
データベース・ファイル記憶域の選択

次のいずれかの記憶域オプションが使用可能であることを確認します。

  • サーバー上にマウントされたファイル・システム。オペレーティング・システムまたはOracleソフトウェアで使用されるファイル・システムとは異なるファイル・システムを選択することをお薦めします。オプションには次のものがあります。

    • 論理ボリューム・マネージャ(LVM)またはRAIDデバイス上のファイル・システム

    • 動作保証されているネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスでマウントされたネットワーク・ファイル・システム(NFS)

  • Oracle Automatic Storage Management(Oracle ASM)。

    Oracle ASMは、Oracle Grid Infrastructureインストールの一部としてインストールされます。記憶域にOracle ASMを使用する場合は、データベースのインストールおよび作成を行う前にOracle Grid Infrastructureをインストールする必要があります。

リカバリ計画の決定 インストール時にリカバリを有効にする場合、次のいずれかのオプションを選択する準備をします。
  • ファイル・システム: インストール時にファイル・システムに高速リカバリ領域を構成します

  • Oracle Automatic Storage Management: Oracle ASMCAを使用して高速リカバリ領域ディスク・グループを構成します。

リカバリの構成の詳細は、このドキュメントの記憶域構成に関する項を確認してください。