機械翻訳について

クラウド・アカウントへのユーザーのバッチのインポート

クラウド・アカウント管理者の場合は、コンマ区切り値(CSV)ファイルを使用してユーザー・アカウントを一括インポートすることができます。

ユーザー・アカウントをインポートする前に、まずインポート・プロセス用に適切にフォーマットされたCSVファイルを作成する必要があります。 CSVファイルは、表形式(行と列)の単純なテキスト・ファイルです。 表の列(フィールド)を定義するファイルの最初の行には、ファースト・ネーム、ラスト・ネーム、作業電子メール、ユーザーIDなどの正確な列見出しが必要です。
ユーザー・アカウントをインポートするには:
  1. 任意の標準スプレッドシート・アプリケーションを使用してCSVファイルを作成します。 ユーザー・アカウントごとに新しい行(行)を作成し、各列(フィールド)にデータを入力します。 各行は1レコードに等しい。
  2. ファイルをCSV形式で保存します。
  3. サインイン資格証明でMy Servicesにサインインします。
  4. ダッシュボードで、「ユーザー」をクリックし、次に「インポート」をクリックします。
  5. 「ユーザーのインポート」ダイアログ・ボックスで、「ブラウズ」をクリックして、インポートするユーザー・アカウントを含むCSVファイルを探して選択します。 参照用のサンプルCSVファイルをダウンロードして使用することもできます。
  6. インポートをクリックします。
  • インポート・ジョブをすぐに処理できる場合は、ジョブIDリンクを含むダイアログ・ボックスが表示されます。 リンクをクリックすると詳細を確認できます。

  • ジョブをすぐに処理できない場合は、スケジュールIDが提供されます。 スケジュールIDを使用して、「ジョブ」ページでジョブを検索します。 インポート・プロセスが完了した後、このページにジョブが表示されます。

「Oracle Identity Cloud Serviceの管理」「ユーザー・アカウントのインポート」を参照してください。