機械翻訳について

ユーザーへのクラウド・アカウント・ロールの割当て

追加のユーザー・アカウントを作成した後、これらのアカウントのロールを割り当てて管理責任を委任することができます。

ユーザーに管理ロールとアプリケーション固有のロールの両方を割り当てることができます。 たとえば、特定のユーザーをOracle Cloud Infrastructure Compute Classicの管理者にする場合は、アプリケーション管理者のロールをアカウントに割り当てて、Compute Classic 「コンピュート操作」アプリケーション固有のロールをアカウントに割り当てます。

詳細は、次を参照してください。

管理ロールの割り当て

クラウド・アカウント管理ロールをユーザーに割り当てるには、次の手順を実行します:
  1. サインイン資格証明でMy Servicesにサインインします。

  2. ダッシュボードで、「ユーザー」をクリックします。

  3. サイド・ナビゲーション・バーで「セキュリティ」をクリックし、「管理者」をクリックします。

    使用可能なロールのリストが表示されます。 たとえば、アイデンティティ管理者、セキュリティ管理者、またはアプリケーション管理者などです。

  4. ユーザーに割り当てるロールを展開します。

  5. 管理者ロールにユーザー・アカウントを追加するには、「追加」をクリックします。

  6. ユーザーを選択し、OKをクリックします。

選択されたユーザーには、対応する管理者権限が与えられます。 「Oracle Identity Cloud Serviceの管理」「管理者ロールからのユーザー・アカウントの追加または削除」を参照してください。

アプリケーション固有のロールの割り当て

アプリケーション固有のロールをユーザーに割り当てるには、次のようにします:
  1. サインイン資格証明でMy Servicesにサインインします。

  2. ダッシュボードで、「ユーザー」をクリックします。

  3. サイド・ナビゲーション・バーで、「アプリケーション」をクリックします。

    関連するアプリケーションのリストが表示されます。 各アプリケーションは、Oracle Cloudアカウントで使用可能なOracle Cloudサービスに対応しています。

  4. リストからアプリケーションを選択し、「アプリケーション・ロール」タブを選択します。

    たとえば、ユーザーがCompute Classicを管理できるようにする場合は、Computeで始まる名前のアプリケーションを選択し、「アプリケーション・ロール」を選択します。

  5. 適用可能な定義済みロールのそれぞれについて、アクション・アイコン「アクション」をクリックし、次に「ユーザーの割当て」を選択します。

  6. ロール・ウィンドウで1人以上のユーザーを選択し、「割り当て」をクリックします。

サービス管理者向けのアプリケーション固有のロールの選択

Oracle Cloud at Customerで利用可能な各Oracle Cloudサービスには、アプリケーション固有のロールがあります。 たとえば、ユーザーがComputeインスタンスまたはオーケストレーションを作成および管理するようにするには、そのユーザーをCompute Classic Compute_Operationsロールに割り当てます。

いくつかの主要なOracle Cloudサービスで使用可能なアプリケーション固有のロールの詳細については、次の表を参照してください。 使用しているサービスが表に含まれていない場合は、「Oracleヘルプ・センター」でサービスのマニュアルを探します。 各サービス・ガイドには、そのサービスのロールをリストして説明する標準トピックが含まれています。

クラウド・サービス 詳細情報
Oracle Cloud Infrastructure Compute Classic Compute Classicのロールについて
Oracle Java Cloud Service Oracle Java Cloud Serviceのロールおよびユーザー・アカウントについて
Oracle Database Cloud Service Database Cloud Serviceのロールとユーザーについて