機械翻訳について

Cloud at Customerでのユニバーサル・クレジットについて

ユニバーサル・クレジットは、Oracle Cloudが提供する次世代のサブスクリプション・モデルです。 ユニバーサル・クレジットを使用すると、Oracle Cloudの経験を改善できる主要な利点があります。

内容は次のとおりです:

  • 単純な購買エクスペリエンス

    • 単一のクレジット・セット(すべてのPaaSサービス)にサブスクライブできます。

    • 特定のサービスまたはサブスクリプションSKUを使用してロックアウトされることはありません。

  • 柔軟性の向上

    • 新しいサービスは、導入されたらすぐにアクセスできます。 Oracle Salesにアクセスしたり、オーダーを変更する必要はありません。

    • ユニバーサル・クレジットは、使用する新しいPlatform as a Serviceサービスに使用できます。

    • アップ・フロント・コストのないPay As You Goサブスクリプションをサインアップするか、月次フレックス・サブスクリプションにコミットして金額を節約できます。

  • 簡易化拡張プロセス

    • 事前に説明したインスタンスの価格設定をより低くすることで、信頼度に拡張できます。

    • 別の契約サイクルを経ずに新規ワークロードに展開できます。

  • Cloud at CustomerとOracle Cloudの範囲にあるクラウド・クレジットの単一のセット

    • Oracle Cloud at Customer 18.1.4で使用可能です。 詳細および制限事項は、Oracle Salesにお問い合せください。

ユニバーサル・クレジットのサブスクリプション・モデルは、Oracle Cloud Servicesに対して柔軟な購買および使用モデルを提供します。 このサブスクリプション・モデルを使用すると、ユニバーサル・クレジットのサブスクリプション・モデルにサインアップしたOracle Cloud at Customerのすべての顧客は、適格なPaaSサービスすべてにアクセスできます。

ユニバーサル・クレジットのサブスクリプションがCloud at CustomerのPaaSサービスにのみ拡張されることに注意してください。 Cloud at Customer上のIaaSサービスは、非従量制クラウド・サービス・サブスクリプションの一部としてプロビジョニングされます。 詳細については、Oracle Sales代理店にお問い合わせください。

既存のCloud at Customerユーザーがあるときに、新しいCloud at Customerユニバーサル・クレジットのサブスクリプションを購入すると、ユニバーサル・クレジットをサポートするサービスの追加のクラウド・アカウントがプロビジョニングされます。 新規ユニバーサル・クレジット・アカウントには、独自のURLおよびサインイン資格証明があります。

次の2つの支払オプションがあります:

  • 起動コストがないOracle Cloudを使用するために、Pay As You Goサブスクリプションにサインアップします。 Oracleは、各月の使用量に対して延滞して請求します。

    注意:

    このオプションは、Oracle Cloud at Customer (Exadata Cloud at Customer)ではサポートされていません。
  • 予測月次使用量に基づいて特定の月次支払にコミットするには、「毎月のフレックス」サブスクリプションにサインアップします。 コスト・エスティメータを使用して、月次使用量を見積ることができます。 月次のフレックス・サブスクリプションを実現するには、少なくとも1年間US $ 1000を1か月間コミットし、Oracle Cloud使用率がPay As You Goサブスクリプションより低い頻度で請求されます。 低いレートは、月次使用量取引約定および契約期間に基づいて計算されます。

詳細は、「Oracle Universalクレジットの価格設定」を参照してください。