機械翻訳について

Cloud at Customerデータ・リージョンについて

Oracleデータ・センターは、世界中のデータ・リージョンにグループ化されています。 Oracle Cloudアカウントにサインアップする場合、Oracle Cloudサブスクリプションのデフォルトのデータ・リージョンを選択します。 サブスクリプションを別のOracleデータ・リージョンに拡張することもできます。 Oracle Cloud at Customerにサインアップすると、世界中の他のデータ・リージョンにアクセスする場合と同じように、Cloud at Customerにアクセスできます。

複数のデータ・リージョンが役に立ちたのはなぜですか。

別のデータ・リージョンへのサブスクリプションの拡張は、デフォルトのデータ・リージョンで使用できないクラウド・サービスにアクセスする場合や、世界の他の地域に従業員のステーションがある場合に役立ちます。 サブスクリプションを別のデータ・リージョンに拡張すると、追加データ・リージョンに個別のサインイン資格証明セットが付与されますが、既存のユニバーサル・クレジットを両方のリージョンで使用できます。

Oracle Cloud at Customerデータ・リージョンについて

Cloud at Customerインストール(データ・センター内)は、Oracle Cloudサブスクリプションでのみ使用可能な追加のデータ・リージョンとして扱われます。 ユニバーサル・クレジットを使用してOracle Cloud at Customerにサブスクライブすると、最初に、ユニバーサル・クレジット(Oracleデータ・リージョン内)を使用してOracle Cloudアカウントへのアクセス権が付与されます。 その後、Oracle Cloudサブスクリプションを拡張してOracle Cloud at Customerデータ・リージョンにアクセスできます。

データ・リージョンとしてCloud at Customerにアクセスする利点

Oracle Cloudでクラウド・アカウントをOracle Cloud at Customerデータ・リージョンに拡張すると、Oracle Cloud (Oracleデータ・センター内)およびOracle Cloud at Customer (データ・センター内)の両方のサービスにアクセスできます。 また、Oracle CloudサービスとOracle Cloud at Customerサービスでユニバーサル・クレジットを共有することもできます。

自分のOracle Cloudデータ・リージョンとCloud at Customerデータ・リージョンの切替え方法

他のデータ・リージョンと同様に、Oracle Cloud at Customerデータ・リージョンは別のサインイン資格証明のセットを介してアクセスされ、Oracle Cloud at Customerデータ・リージョンで使用するサービスおよびリソースのユニバーサル・クレジットを使用できます。