機械翻訳について

テンプレートのエクスポート

Oracle Cloud Stackから既存のスタック・テンプレートをYAMLドキュメントとしてエクスポートします。 テンプレートをエクスポートした後で、そのテンプレートを更新したり、そのテンプレートを使用して新しいテンプレートを作成することができます。

コンソールでの公開テンプレートのエクスポート

webコンソールを使用して、公開されたテンプレート・ファイルをOracle Cloud Stackからエクスポートします。

  1. Oracle Cloud Stackコンソールにアクセスし、「テンプレート」をクリックします。
  2. エクスポートするテンプレートの右側で、「このテンプレートをダウンロード」 「ダウンロード」アイコンをクリックします。
  3. Webブラウザの指示に従って、YAMLテンプレート・ファイルをローカル・マシンに保存します。

コンソールでの未公開テンプレートのエクスポート

webコンソールを使用して、未公開(ドラフト)テンプレート・ファイルをOracle Cloud Stackからエクスポートします。

  1. Oracle Cloud Stackコンソールにアクセスし、「テンプレート」をクリックします。
  2. 「非公開」をクリックします。
  3. エクスポートするテンプレートをクリックします。
  4. 「現在のテンプレートをエクスポート」 下矢印付きのクラウド・アイコンをクリックします。
  5. テンプレートのファイル名を入力し、OKをクリックします。
  6. Webブラウザの指示に従って、ローカル・マシンにYAMLファイルを保存します。

CLIを使用したテンプレートのエクスポート

CLIを使用して、Oracle Cloud Stackからテンプレート・ファイルをエクスポートします。

  1. エクスポートするテンプレートの名前を特定します。 stack list-templatesコマンドを実行します。
  2. stack export-templateコマンドを実行します。 テンプレートの名前を指定して、出力をファイルにリダイレクトします。
    psm stack export-template -n templateName > fileName

    例:

    psm stack export-template -n MyTemplateName > MyTemplateName.yaml
    

    コマンドによって、YAMLドキュメントにテンプレート定義が含まれます。

    ---
      template:
        templateName: MyTemplateName
        templateVersion: 1.0
        templateDescription: My Oracle cloud stack template
        . . .

テンプレートをエクスポートしたら、任意のテキスト・エディタを使用してテンプレートの定義を変更できます。 エクスポートしたドキュメントから新しいテンプレートを作成する場合は、ドキュメントのtemplateNameプロパティを変更します。 テンプレートの変更を終了した後は、文書をOracle Cloud Stackにインポートして戻します。 テンプレートのインポートを参照してください。

Oracle Cloud StackのCLIコマンドの詳細は、「psm stackコマンド」を参照してください。