4 DB2 for z/OSのサポート対象の理解

この章では、DB2 for z/OSデータベース上のOracle GoldenGateのサポート情報について説明します。

内容は次のとおりです。

サポートされているDB2 for z/OSのデータ型

この項では、Oracle GoldenGateでサポートされるDB2 for z/OSのデータ型と、このサポートの制限事項を示します。

  • Oracle GoldenGateは、マルチバイト・データを含む列の文字セットの変換を行いません。これには、GRAPHICVARGRAPHICDBCLOBの各データ型やENCODING_SCHEMEが'M'(複数CCSIDセットまたは複数エンコーディング方法)または'U' (Unicode)で定義された表のCHARVARCHARおよびCLOBがあります。これらのデータは、ソースとターゲットのシステムが同じCCSIDの場合にのみサポートされます。

  • Oracle GoldenGateでは、ASCII、EBCDICおよびUnicodeデータ形式がサポートされます。Oracle GoldenGateは、ASCIIとEBCDICの間でデータを自動的に変換します。Unicodeは変換されません。

  • Oracle GoldenGateでは、サポートされていないDB2 for z/OSのデータ型にリストされたもの以外のほとんどのDB2のデータ型がサポートされます。

サポートの制限事項

  • 浮動小数点数の範囲および精度のサポートは、ホスト・マシンによって異なります。通常は有効桁数が16桁の精度ですが、データベースのドキュメントで想定されている近似について確認してください。Oracle GoldenGateでは、サポートされる精度を超える値は丸められるか切り捨てられます。

  • Oracle GoldenGateでは、サイズが4Kを超えるオブジェクトのフィルタリング、列マッピングや操作はサポートされません。4K以下のオブジェクトには、Oracle GoldenGateのすべての機能を使用できます。

  • Oracle GoldenGateでは、最大9桁の小数値までのTIMESTAMPおよびTIMEZONEを伴うTIMESTAMPをサポートしますが、それ以上の桁数はサポートしません。

サポートされていないDB2 for z/OSのデータ型

この項では、Oracle GoldenGateでサポートされないDB2 for z/OSのデータ型を示します。サポートされないデータが、ソース・データとターゲット・データとの整合性に影響する場合があります。

  • XML

  • ユーザー定義型

  • 負の日付

DB2 for z/OSについてサポートされているオブジェクトおよび操作

この項には、Oracle GoldenGatでサポートされるデータベース・オブジェクトおよび操作のタイプをリストします。

  • 最大512KBの長さの行を含むDB2 for z/OS表でのDML操作の抽出とレプリケーション。このサイズは、DB2の最大行サイズを超えています。

  • IBM LOADユーティリティによるINSERT操作は、ユーティリティがLOG YESおよびSHRLEVEL CHANGEで実行されており、ロードされるソース表でDATA CAPTURE CHANGESが有効(Oracle GoldenGateで必要)で、この表がOracle GoldenGate Extract構成で指定されている場合、変更の取得についてサポートされます。Oracle GoldenGateでは、初期同期中にターゲット表をインスタンス化する、LOADユーティリティを使用した初期ロードもサポートされています。詳細は、『Oracle GoldenGateの管理』を参照してください。

  • Oracle GoldenGateでは、データベースによってサポートされている、表ごとの最大列数がサポートされています。

  • Oracle GoldenGateでは、データベースによってサポートされている最大列サイズがサポートされます。

  • DB2のデータ圧縮(CREATE TABLESPACE COMPRESS YES)を使用して格納されたデータの抽出およびレプリケーション。

  • TRUNCATE TABLEはサポートされていますが、このコマンドでは、行の削除を発行して切捨てを行うため、Oracle GoldenGate統計で削除として表示され、切捨て操作として表示されません。TRUNCATEをレプリケートするために、ReplicatプロセスではWHERE句を指定しないDELETE操作を使用します。

  • TRUNCATESはDB2 for z/OSソースから必ず取得されますが、IGNORETRUNCATESパラメータがReplicatパラメータ・ファイルで使用されている場合、Replicatによって無視されます。

  • EBCDIC表のUNICODE列がサポートされています。

DB2 for z/OSについてサポートされていないオブジェクトおよび操作

次のオブジェクトと操作は、DB2 for z/OS上のOracle GoldenGateでサポートされていません。

  • DDL操作の抽出またはレプリケーション

  • 表のクローニング

  • 次のようなユーザー指定のDB2出口ルーチン内で実行されるデータ操作(圧縮など)

    • 日付と時間のルーチン

    • 編集ルーチン(CREATE TABLE EDITPROC)

    • 検証ルーチン(CREATE TABLE VALIDPROC)

  • BATCHSQLによるレプリケーションはz/OS用のDB2では完全には機能しません。挿入以外の操作はサポートされないため、更新または削除操作を実行すると、Replicatが一時的にBATCHSQLモードから抜けます。トランザクションが停止し、エラーが発生します。