日本語PDF

イメージベースのOracle Grid Infrastructureのインストールについて

Oracle Grid Infrastructureソフトウェアのインストールおよび構成は、イメージベースのインストールによって簡素化されています。

Oracle Grid Infrastructureをインストールするには、必要なユーザー・グループ権限で新規Gridホームを作成し、新しく作成されたGridホームにイメージ・ファイルを展開して、セットアップ・ウィザードを実行してOracle Grid Infrastructure製品を登録します。

イメージベースのインストールでは、次のことが可能です。

  • 新規クラスタ用にOracle Grid Infrastructureを構成。

  • スタンドアロン・サーバー用のOracle Grid Infrastructure (Oracle Restart).の構成

  • Oracle Grid Infrastructureのアップグレード

  • ソフトウェアのみを設定。

  • Oracle Grid Infrastructureソフトウェアがすでにインストールまたは構成されている場合に、既存のクラスタに対してノードの追加または削除を行う。

このインストール機能によりインストール・プロセスが効率的になり、大規模なカスタム・デプロイメントの自動化がサポートされます。また、ベースリリース・ソフトウェアに対して必要なリリース更新(RU)またはリリース更新リビジョン(RUR)を適用した後に、このインストール方法を使用してカスタマイズ済イメージをデプロイすることもできます。

ノート:

Gridホームを配置するディレクトリにイメージ・ソフトウェアを展開し、%ORACLE_HOME%\gridSetup.shスクリプトを実行してOracle Grid Infrastructure設定ウィザードを開始する必要があります。作成したGridホーム・ディレクトリがOracle Optimal Flexible Architectureの推奨事項に準拠していることを確認してください。