日本語PDF

Oracle Automatic Storage Managementクラスタ・ファイル・システムの構成

Oracle RAC Oracle Databaseホーム用にOracle ACFSを構成する場合は、この情報を確認します。

Oracle ACFSは、Oracle Grid Infrastructure 19cインストールの一部としてインストールされます。

ASMCAを使用して、ACFSの汎用ファイル・システム構成を作成することもできます。

Oracle RACデータベース用にOracle Databaseホーム用のOracle ACFSを構成するには:

  1. クラスタ用のOracle Grid Infrastructureをインストールします。

  2. Oracle Grid Infrastructureホームに移動します。次に例を示します。

    $ cd /u01/app/19.0.0/grid
    
  3. Oracle Grid Infrastructureインストール所有者が、使用するストレージ・マウント・ポイントに対する読込みおよび書込み権限を持っていることを確認します。たとえば、マウント・ポイント/u02/acfsmounts/を使用する場合は次のようになります。

    $ ls -l /u02/acfsmounts
    
  4. Gridインストールの所有者として、Oracle ASM Configuration Assistantを起動します。次に例を示します。

    ./asmca
    
  5. 「ASMの構成: ASMディスク・グループ」ページに、インストール中に作成したOracle ASMディスク・グループが表示されます。「ASMクラスタ・ファイルシステム」タブをクリックします。

  6. 「ASMクラスタ・ファイルシステム」ページでデータ・ディスクを右クリックし、「データベース使用のACFSの作成」を選択します。

  7. 「データベースのACFSの作成」ウィンドウで次の情報を入力します。

    • ボリューム名: データベース・ホームの名前を入力します。この名前は、組織で一意である必要があります。たとえば、dbase_01とします

    • マウント・ポイント: マウント・ポイントのディレクトリ・パスを入力します。たとえば、/u02/acfsmounts/dbase_01とします。

      後で参照するために、このマウント・ポイントをノートにとります。

    • サイズ(GB): データベース・ホームのサイズをGB単位で入力します。デフォルトは12GBで、最小の推奨サイズです。

    • 所有者名: データベースのインストールに使用するOracle Databaseインストール所有者の名前を入力します。たとえば、oracle1とします

    • 所有者グループ: データベースのインストール時に指定するメンバーが含まれるOSDBAグループを入力します。このグループのメンバーには、データベースに対するSYSDBA権限のオペレーティング・システム認証が付与されます。たとえば、dba1とします

    「構成コマンドの自動実行」を選択して、ASMCA構成コマンドを自動的に実行します。このオプションを使用するには、ASMCAの「設定」ページでroot資格証明を指定する必要があります。

    入力が完了したら、「OK」をクリックします。

  8. 構成コマンドを自動的に実行するように選択していなかった場合は、特権ユーザー(root)として、Oracle ASM Configuration Assistantによって生成されたスクリプトを実行します。Oracle Clusterware環境では、Oracle Clusterwareによって管理されるリソースとしてACFSが登録されます。リソースとしてACFSを登録することによって、ACFSがOracle RAC Oracle Databaseホームに使用される場合に、Oracle ClusterwareがACFSを適切な順序で自動的にマウントできるようになります。

  9. Oracle RACのインストール中に、Oracle RACをインストールするユーザーまたはDBAが、「マウント・ポイント」フィールドで指定したマウント・ポイントをOracleホームに選択するようにします(前の例では/u02/acfsmounts/dbase_01)。