クラスタ構成ファイルを使用したOracle Grid Infrastructureのインストール

Oracle Grid Infrastructureのインストール時には、クラスタ構成情報を手動で指定するか、クラスタ構成ファイルを使用するかを選択できます。

クラスタ構成ファイルはテキスト・ファイルで、gridSetup.shを起動する前に作成でき、このファイルによって、クラスタの構成に必要なクラスタ・ノード・アドレスがインストーラに提供されます。

テスト・クラスタへのインストールを繰り返し実行する場合、または多数のノードでインストールを実行する場合は、クラスタ構成ファイルの使用をお薦めします。サンプル・クラスタ構成ファイルはディレクトリGrid_home/install/response/sample.ccfにあります。

クラスタ構成ファイルを手動で作成するには、テキスト・エディタを起動し、各クラスタ・メンバー・ノードのパブリックIPアドレスと仮想IPアドレスの名前を提供するファイルを次の形式で作成します。

node1 node1-vip 
node2 node2-vip 
.
.
.

複数の異なるノードは、スペースまたはコロン(:)で区切って指定します。

次に例を示します。

mynode1 mynode1-vip
mynode2 mynode2-vip

別の例:

mynode1:mynode1-vip
mynode2:mynode2-vip

例9-1 クラスタ構成ファイルのサンプル

次のサンプル・クラスタ構成ファイルは、ディレクトリGrid_home/install/response/sample.ccfにあります。

# 
# Cluster nodes configuration specification file
# 
# Format:
# node [vip] [site-name]
# 
# node            - Node's public host name
# vip             - Node's virtual host name
# site-name       - Node's assigned site
# 
# Specify details of one node per line.
# Lines starting with '#' will be skipped.
# 
# (1) vip is not required for Oracle Grid Infrastructure software only
#     installs and Oracle Member cluster for Applications
# (2) vip should be specified as AUTO if Node Virtual host names are Dynamically
#     assigned
# (3) site-name should be specified only when configuring Oracle Grid Infrastructure with "Extended Cluster" option
# 
# Examples:
# --------
# For installing GI software only on a cluster:
# ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
# node1
# node2
#
# For Standalone Cluster:
# ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
# node1 node1-vip
# node2 node2-vip
#
# For Standalone Extended Cluster:
# ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
# node1 node1-vip sitea
# node2 node2-vip siteb
#
# For Domain Services Cluster:
# ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
# node1 node1-vip
# node2 node2-vip
#
# For Member Cluster for Oracle Database:
# ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
# node1 node1-vip
# node2 node2-vip
#
# For Member Cluster for Applications:
# ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
# node1
# node2
#