日本語PDF

x86-64でサポートされているOracle Linux 7のディストリビューション

次の情報を使用して、サポートされているOracle Linux 7のディストリビューションを確認します。

表4-1 x86-64 Oracle Linux 7オペレーティング・システムの最小要件

項目 要件

SSH要件

サーバーにOpenSSHがインストールされていることを確認します。OpenSSHは必須のSSHソフトウェアです。

Oracle Linux 7

Unbreakable Linux NetworkでOracle Linux 7チャネルにサブスクライブするか、Oracle Linux yumサーバーWebサイトからyumリポジトリを構成した後、Oracle Preinstallation RPMをインストールします。このRPMにより、Oracle Grid InfrastructureとOracle Databaseのインストールに必須のすべてのカーネル・パッケージがインストールされ、他のシステム構成が実行されます。

サポートされているディストリビューション:

  • Unbreakable Enterprise Kernel 4を使用したOracle Linux 7.4: 4.1.12-124.19.2.el7uek.x86_64以上

  • Unbreakable Enterprise Kernel 5を使用したOracle Linux 7.4: 4.14.35-1818.1.6.el7uek.x86_64以上

  • Red Hatと互換性があるカーネルを使用したOracle Linux 7.4: 3.10.0-862.11.6.el7.x86_64以上

Oracle Linux 7のパッケージ

次のパッケージの最新リリース・バージョンをインストールします。

bc
binutils
compat-libcap1
compat-libstdc++
dtrace-modules
dtrace-modules-headers
dtrace-modules-provider-headers
dtrace-utils
elfutils-libelf
elfutils-libelf-devel
fontconfig-devel
glibc
glibc-devel
ksh
libaio
libaio-devel
libdtrace-ctf-devel
libXrender
libXrender-devel
libX11
libXau
libXi
libXtst
libgcc
librdmacm-devel
libstdc++
libstdc++-devel
libxcb
make
net-tools (Oracle RACおよびOracle Clusterwareの場合)
nfs-utils (Oracle ACFSの場合)
python (Oracle ACFS Remoteの場合)
python-configshell (Oracle ACFS Remoteの場合)
python-rtslib (Oracle ACFS Remoteの場合)
python-six (Oracle ACFS Remoteの場合)
targetcli (Oracle ACFS Remoteの場合)
smartmontools
sysstat

注意:

32ビットのクライアント・アプリケーションを使用して64ビットのサーバーにアクセスする場合は、この表にリストされているパッケージの最新の32ビット・バージョンもインストールする必要があります。