日本語PDF

13.61 SHARING句

この句は、アプリケーション・ルートでオブジェクトを作成する場合にのみ適用されます。このタイプのオブジェクトはアプリケーション共通オブジェクトと呼ばれ、アプリケーション・ルートに属するアプリケーションPDBと共有できます。SHARING句を記述できるのは、このコンテキストにおけるライブラリ、スタンドアロン・オブジェクト型、パッケージおよびスタンドアロン・サブプログラムの宣言内のみです。

SHARING句は、次のSQL文でアプリケーション共通オブジェクトを作成する際のコンテキストでのみ使用できます。

構文

sharing_clause ::=

セマンティクス

sharing_clause

次の共有属性のいずれかを使用してオブジェクトを共有する方法を指定します。

  • METADATA: メタデータ・リンクはメタデータを共有しますが、そのデータは各コンテナに固有です。このタイプのオブジェクトは、メタデータリンク・アプリケーション共通オブジェクトと呼ばれます。

  • NONE: オブジェクトは共有されません。

アプリケーションの操作中にこの句を省略すると、データベースではDEFAULT_SHARING初期化パラメータが使用され、オブジェクトの共有属性が決定されます。DEFAULT_SHARING初期化パラメータに値がない場合、デフォルトはMETADATAです。

SHARING句の制限

共有句は、アプリケーション・ルートでのアプリケーションのインストール、アップグレードまたはパッチ適用時にのみ使用できます。 ALTER PLUGGABLE DATABASE APPLICATION ... BEGIN文を発行して操作を開始し、ALTER PLUGGABLE DATABASE APPLICATION ... END文を発行して操作を終了する必要があります。このコンテキスト以外のsharing_clauseは不正であり、オブジェクトが共有されないことを意味します。

オブジェクトの共有属性を作成後に変更することはできません。

関連トピック

その他のドキュメント: