日本語PDF

3 構成ファイルの構文規則

Oracle Net Servicesパラメータ、キーワード、アドレスおよびネーミング・メソッドの構文構成ルールに従う方法を学習します。

3.1 構成ファイルの構文の概要

構文ルールおよび標準規則に従って、Oracle Net Services構成ファイルを作成します。

Oracle Net Servicesの構成ファイルは、キーワード値ペアが含まれたパラメータで構成されています。キーワード値ペアは、カッコで囲まれています。

parameter=(keyword=value)

一部のキーワードには、その値として別のキーワード値ペアがあります。

(keyword=
    (keyword1=value1)
    (keyword2=value2))

たとえば、ローカル・ネーミング構成ファイル(tnsnames.ora)のアドレス部分には、次のような行が含まれる場合があります。

(ADDRESS=
   (PROTOCOL=tcp)
   (HOST=sales-server)
   (PORT=1521))

インデントによって、キーワード値ペアの親または所有者がどのキーワードであるかわかるように、構成ファイルを設定します。このようにファイルをインデントするよう選択しない場合、折り返した行を少なくとも1つの空白でインデントする必要があります。インデントされていないと、その行は新しいパラメータとして誤読されます。次の構文を使用できます。

(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)
  (HOST=sales-server)(PORT=1521))

次の構文は使用できません。

(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)
(HOST=sales-server)(PORT=1521))

3.2 構成ファイルの構文規則

構成ファイルの構造、階層および文字の要件に従います。

構成ファイルの構文には、次の規則が適用されます。

  • 1つ以上のキーワード値ペアを含むパラメータで始まる構成ファイルのキーワードは、行の最も左の列にしてください。キーワードの前に1つ以上の空白がある場合、そのキーワードは前の行の継続として解釈されます。

  • すべての文字は、ネットワーク文字セットに所属している必要があります。

  • キーワードの大/小文字は区別されません。ただし、値はオペレーティング・システムおよびプロトコルによって、大/小文字を区別する場合と区別しない場合があります。

  • キーワードと値のペアでは、等号(=)の前後のスペースはオプションです。

  • キーワードには階層があり、一部のキーワードの後ろには必ず他のキーワードが続きます。キーワードは、階層のどのレベルでも任意の順序で入力できます。たとえば、次の2つの構文は同じで、いずれも有効です。

    (ADDRESS=
       (PROTOCOL=TCP)
       (HOST=sales-server)
       (PORT=1521))
    
    (ADDRESS=
       (PROTOCOL=tcp)
       (PORT=1521)
       (HOST=sales-server))
    
  • キーワードに空白を含めることはできません。

  • 空白を含む値が二重引用符(")または単一引用符(')で囲まれていないかぎり、値に空白を含めることはできません。

  • キーワード値ペアで、等号の前後に単一語または連続語を入力する場合、カッコは不要です。

  • 接続記述子の最大長は4KBです。

  • 行の先頭にシャープ記号(#)を使用すると、コメントを含めることができます。シャープ記号の後から行の終わりまでが、すべてコメントとみなされます。

3.3 キーワードのネットワーク文字セット

キーワード値およびネットワーク文字セットには、許可されている文字セットを使用できます。

キーワード値に使用できるネットワーク文字セットには、次の文字があります。接続記述子は、シングルバイト文字にしてください。

A-Z, a-z
0-9
( ) < > / \
, . : ; ' "=- _
$ + * # & ! % ? @

この文字セットの中では、次の記号が予約済です。

( ) = \ " ' #

キーワードまたは値を引用符で囲まない場合は、予約記号をキーワードまたは値の一部としてではなくデリミタとして使用します。予約記号を含む値がある場合は、一重引用符または二重引用符を使用して値を囲みます。引用符で囲んだ値の中に引用符を挿入する場合は、異なる種類の引用符を使用します。円記号(\)は、エスケープ文字として使用します。

次の文字は接続記述子の中では使用できますが、キーワードまたは値の中では使用できません。

  • スペース

  • タブ

  • 改行(CR)

  • 改行(NL)

3.4 リスナーおよびネット・サービス名の文字セット

文字セット要件に準拠するクライアントのリスナー名およびネット・サービス名の作成方法を学習します。

リスナー名およびネット・サービス名は、次の文字セットに制限されています。

[a...z] [A...Z] [0...9] _

リスナー名またはネット・サービス名の最初の文字は英数字にする必要があります。一般的には、最大64文字の長さの名前を使用できます。また、データベース・サービス名は、データベース管理者が定義したグローバル・データベース名と一致している必要があり、データベース名とデータベース・ドメインで構成されています。ネット・サービス名とグローバル・データベース名は、いずれも大/小文字が区別されません。