日本語PDF

ALTER TRIGGER

目的

トリガーはPL/SQLを使用して定義されます。このため、この項では一般的な情報について説明します。構文およびセマンティクスの詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。

ALTER TRIGGER文を使用すると、データベース・トリガーを使用可能化、使用禁止化またはコンパイルできます。

ノート:

この文では、既存のトリガーの宣言または定義は変更されません。トリガーを再宣言または再定義する場合は、OR REPLACEキーワードを指定したCREATE TRIGGER文を使用します。

関連項目:

前提条件

トリガーが自分のスキーマ内にある必要があります。自分のスキーマ内にない場合は、ALTER ANY TRIGGERシステム権限が必要です。

DATABASE上のトリガーを変更する場合は、ADMINISTER DATABASE TRIGGER権限が必要です。

関連項目:

DATABASEトリガーに基づいたトリガーの詳細は、「CREATE TRIGGER」を参照してください。

構文

alter_trigger::=

(trigger_compile_clause: この句の構文の詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。)

セマンティクス

schema

トリガーが含まれているスキーマを指定します。schemaを指定しない場合、トリガーは自分のスキーマ内にあるとみなされます。

trigger_name

変更するトリガーの名前を指定します。

trigger_compile_clause

この句の構文とセマンティクスの詳細およびトリガーの作成とコンパイルの詳細は、『Oracle Database PL/SQL言語リファレンス』を参照してください。

ENABLE | DISABLE

ENABLEを指定すると、トリガーを使用可能にできます。また、ALTER TABLEENABLE ALL TRIGGERS句を使用することによって、表に対応付けられたすべてのトリガーを使用可能にできます。「ALTER TABLE」を参照してください。

DISABLEを指定すると、トリガーを使用禁止にできます。また、ALTER TABLEDISABLE ALL TRIGGERS句を使用することによって、表に対応付けられたすべてのトリガーを使用禁止にできます。

RENAME句

RENAME TO new_nameを指定すると、トリガーの名前を変更できます。トリガーの名前は変更され、名前が変更される前と同じ状態になります。

トリガーの名前を変更すると、USER_SOURCEALL_SOURCEおよびDBA_SOURCEデータ・ディクショナリ・ビューに記憶されているトリガーのソースが再構築されます。その結果、トリガー・ソースが変更されていなくても、これらのビューのTEXT列のコメントおよび書式設定が変更される場合があります。

EDITIONABLE | NONEDITIONABLE

この句を使用すると、schemaのスキーマ・オブジェクト・タイプTRIGGERのエディショニングが後で有効化されたときに、そのトリガーをエディション・オブジェクトにするか非エディション・オブジェクトにするかを指定できます。デフォルトは、EDITIONABLEです。エディション・オブジェクトと非エディション・オブジェクトの変更の詳細は、『Oracle Database開発ガイド』を参照してください。

NONEDITIONABLEの制限事項

crosseditionトリガーに対してNONEDITIONABLEを指定できません。