日本語PDF

CON_GUID_TO_ID

構文

目的

CON_GUID_TO_IDは、コンテナGUID(グローバル一意識別子)を引数に取り、コンテナIDを返します。container_guidには、RAW値を指定します。戻り値はNUMBERです。

この関数は、マルチテナント・コンテナ・データベース(CDB)で有益です。CDB以外でこの関数を使用すると、0が返されます。

次の問合せでは、CDBのすべてのコンテナのIDおよびGUIDが表示されます。GUIDは、16バイトのRAW値としてV$CONTAINERSビューに格納されます。この問合せは、32文字の16進表現のGUIDを返します。この例での出力例を示します。

SELECT CON_ID, GUID
  FROM V$CONTAINERS;

    CON_ID GUID
---------- --------------------------------
         1 DB0A9F33DF99567FE04305B4F00A667D
         2 D990C280C309591EE04305B4F00A593E
         4 D990F4BD938865C1E04305B4F00ACA18

次の文は、GUIDが16進数の値D990F4BD938865C1E04305B4F00ACA18で表現されたコンテナのIDを返します。HEXTORAW関数は、GUIDの16進表現をRAW値に変換します。

SELECT CON_GUID_TO_ID(HEXTORAW('D990F4BD938865C1E04305B4F00ACA18')) "Container ID"
  FROM DUAL;

Container ID
------------
           4