日本語PDF

DROP TABLESPACE SET

ノート:

このSQL文は、Oracle Shardingを使用している場合にのみ有効です。Oracle Shardingの詳細は、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

目的

DROP TABLESPACE SET文を使用すると、シャード・グループから表領域セットを削除できます。

削除した表領域セットは、ごみ箱内には移動しません。このため、削除した表領域セットを消去またはリカバリすることはできません。

関連項目:

「CREATE TABLESPACE SET」および「ALTER TABLESPACE SET」を参照してください。

前提条件

シャード・カタログ・データベースにSDBユーザーとして接続している必要があります。

DROP TABLESPACEシステム権限が必要です。アクティブ・トランザクションを保持するロールバック・セグメントを表領域に含む表領域セットは削除できません。

構文

drop_tablespace_set::=

セマンティクス

tablespace_set

削除する表領域セットの名前を指定します。

INCLUDING CONTENTS

この句では、削除操作中に表領域セット内の表領域に関連付けられているオブジェクトとデータファイルをデータベースで管理する方法を指定できます。INCLUDING CONTENTS句のセマンティクスは、DROP TABLESPACE文と同じです。この句のセマンティクスの詳細は、「INCLUDING CONTENTS」を参照してください。

表領域セットの削除: 例

次の文は、表領域セットts1を削除します。

DROP TABLESPACE SET ts1;