日本語PDF

NLS_INITCAP

構文

目的

NLS_INITCAPは、各単語の最初の文字を大文字、残りの文字を小文字にしてcharを戻します。単語は空白または英数字以外の文字で区切ります。

charおよび'nlsparam'は、CHARVARCHAR2NCHARまたはNVARCHAR2データ型です。戻される文字列は、VARCHAR2データ型であり、charと同じ文字セットです。

'nlsparam'の値は次の書式で指定します。

'NLS_SORT = sort'

sortは名前付き照合です。照合では、大文字と小文字の変換のために特別な言語要件を処理します。これらの要件によって、charと異なる長さの値が戻される場合があります。'nlsparam'を指定しない場合、ファンクションの決定済照合が使用されます。

このファンクションは、CLOBデータを直接的にサポートしていません。ただし、暗黙的なデータ変換を使用してCLOBを引数として渡すことはできます。

関連項目:

次に、ファンクションによって言語ソート基準がどのように異なる値を戻すかを示します。

SELECT NLS_INITCAP('ijsland') "InitCap"
  FROM DUAL;

InitCap
-------
Ijsland

SELECT NLS_INITCAP('ijsland', 'NLS_SORT = XDutch') "InitCap"
  FROM DUAL;

InitCap
-------
IJsland

関連項目:

照合の詳細は、『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』を参照してください。