日本語PDF

NLS_UPPER

構文

目的

NLS_UPPERは、すべての文字を大文字にしてcharを戻します。

charおよび'nlsparam'は、CHARVARCHAR2NCHARNVARCHAR2CLOBまたはNCLOBデータ型です。戻される文字列は、charが文字データ型の場合はVARCHAR2データ型になり、charがLOBデータ型の場合はLOBになります。charと同じ文字セットの文字列が戻されます。

'nlsparam'の書式および用途は、NLS_INITCAPファンクションと同じです。

関連項目:

NLS_UPPERの照合決定ルール、およびこのファンクションの文字の戻り値に割り当てる照合を定義する照合導出ルールは、『Oracle Databaseグローバリゼーション・サポート・ガイド』の付録Cを参照してください。

次の例では、すべての文字を大文字に変換して文字列を戻します。

SELECT NLS_UPPER('große') "Uppercase"
  FROM DUAL;

Upper
-----
GROßE

SELECT NLS_UPPER('große', 'NLS_SORT = XGerman') "Uppercase" 
  FROM DUAL;

Upperc
------
GROSSE

関連項目:

NLS_INITCAP