日本語PDF

POWERMULTISET

構文

目的

POWERMULTISETは、入力としてネストした表を取り、入力されたネストした表のすべての空でないサブセットを含む、ネストした表のネストした表(サブ多重集合という)を戻します。

  • exprには、ネストした表に評価される任意の式を指定できます。

  • exprがNULLである場合、Oracle DatabaseはNULLを戻します。

  • exprが空のネストした表である場合、Oracleはエラーを戻します。

  • ネストした表の要素の型は、比較可能な型である必要があります。スカラー型以外の型の比較の可能性の詳細は、「比較条件」を参照してください。

    ノート:

    このファンクションは、PL/SQLではサポートされていません。

まず、cust_address_tab_typeデータ型のネストした表であるデータ型を作成します。

CREATE TYPE cust_address_tab_tab_typ
  AS TABLE OF cust_address_tab_typ;
/

次に、POWERMULTISETファンクションを使用して、customers_demo表から、ネストした表の列cust_address_ntabを選択します。

SELECT CAST(POWERMULTISET(cust_address_ntab) AS cust_address_tab_tab_typ)
  FROM customers_demo;

CAST(POWERMULTISET(CUST_ADDRESS_NTAB) AS CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP)
  (STREET_ADDRESS, POSTAL_CODE, CITY, STATE_PROVINCE, COUNTRY_ID)
------------------------------------------------------------------
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TYP
  ('514 W Superior St', '46901', 'Kokomo', 'IN', 'US')))
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TYP
  ('2515 Bloyd Ave', '46218', 'Indianapolis', 'IN', 'US')))
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TYP
  ('8768 N State Rd 37', '47404', 'Bloomington', 'IN', 'US')))
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TYP
  ('6445 Bay Harbor Ln', '46254', 'Indianapolis', 'IN', 'US')))
. . .

前述の例では、customers_demo表、およびデータを含むネストした表の列が必要です。この表およびネストした表の列を作成する方法は、「MULTISET演算子」を参照してください。