日本語PDF

POWERMULTISET_BY_CARDINALITY

構文

目的

POWERMULTISET_BY_CARDINALITYは、入力としてネストした表およびカーディナリティを取り、指定されたカーディナリティを持つネストした表のすべての空でないサブセットを含む、ネストした表のネストした表(サブ多重集合という)を戻します。

  • exprには、ネストした表に評価される任意の式を指定できます。

  • cardinalityには、任意の正の整数を指定できます。

  • exprがNULLである場合、Oracle DatabaseはNULLを戻します。

  • exprが空のネストした表である場合、Oracleはエラーを戻します。

  • ネストした表の要素の型は、比較可能な型である必要があります。スカラー型以外の型の比較の可能性の詳細は、「比較条件」を参照してください。

    ノート:

    このファンクションは、PL/SQLではサポートされていません。

まず、cust_address_tab_typeデータ型のネストした表であるデータ型を作成します。

CREATE TYPE cust_address_tab_tab_typ
  AS TABLE OF cust_address_tab_typ;
/

次に、ネストした表のすべての行内の要素を複製し、ネストした表の行のカーディナリティを2に増やします。

UPDATE customers_demo
  SET cust_address_ntab = cust_address_ntab MULTISET UNION cust_address_ntab;

次に、POWERMULTISET_BY_CARDINALITYファンクションを使用して、customers_demo表から、ネストした表の列cust_address_ntabを選択します。

SELECT CAST(POWERMULTISET_BY_CARDINALITY(cust_address_ntab, 2)
         AS cust_address_tab_tab_typ)
  FROM customers_demo;
CAST(POWERMULTISET_BY_CARDINALITY(CUST_ADDRESS_NTAB,2) AS CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP)
  (STREET_ADDRESS, POSTAL_CODE, CITY, STATE_PROVINCE, COUNTRY_ID)
----------------------------------------------------------------------------------------
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP
  (CUST_ADDRESS_TYP('514 W Superior St', '46901', 'Kokomo', 'IN', 'US'), 
   CUST_ADDRESS_TYP('514 W Superior St', '46901', 'Kokomo', 'IN', 'US')))
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP
  (CUST_ADDRESS_TYP('2515 Bloyd Ave', '46218', 'Indianapolis', 'IN', 'US'), 
   CUST_ADDRESS_TYP('2515 Bloyd Ave', '46218', 'Indianapolis', 'IN', 'US')))
CUST_ADDRESS_TAB_TAB_TYP(CUST_ADDRESS_TAB_TYP
  (CUST_ADDRESS_TYP('8768 N State Rd 37', '47404', 'Bloomington', 'IN', 'US'), 
   CUST_ADDRESS_TYP('8768 N State Rd 37', '47404', 'Bloomington', 'IN', 'US')))
. . .

前述の例では、customers_demo表、およびデータを含むネストした表の列が必要です。この表およびネストした表の列を作成する方法は、「MULTISET演算子」を参照してください。